5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

警察学校クビになった人

1 :名無しピーポ君:2006/10/22(日) 06:12:23
クビになった人いない?

2 :名無しピーポ君:2006/10/22(日) 06:16:42
首になる訳がない。

3 :名無しピーポ君:2006/10/23(月) 03:06:36
警察官に向かないと思われたら、クビみたいになんるんじゃあ?

4 :名無しピーポ君:2006/10/23(月) 03:24:37
終盤の試験で赤点、さらに追試も落とすなら在り得る。
年に、数人いるらしい。
県・場合にもよるが、試験は楽でなく難しいけど皆、必死でやるから
何とかなるけどね。


5 :名無しピーポ君:2006/10/25(水) 23:13:10
警察学校の間は、公務員ではあってもお試し期間。
解雇もあるみたいだよ。

6 :名無しピーポ君:2006/10/25(水) 23:54:36
労働基準法上の試用期間は14日。
ここで言う「14日」とは、労働日のみならず休日も含んだ日数である。
雇用契約を締結した日より、15日が経過した後は、
一方的な解雇は出来ない。

7 :名無しピーポ君:2006/10/26(木) 00:50:31
いや、警察学校の半年は条件付採用って状態なんだ。
だから解雇できるんだよ。

8 :名無しピーポ君:2006/10/26(木) 01:38:26
>>7
雇用主が、就業規則を以て、条件付採用期間を適宜定めることができる。
一般には半年から一年。
公務員に関しては、法令で半年間の使用(試みの使用)期間が定められている。
採用後、14日未満で解雇する場合は、予告なく即時解雇が可能。
15日目以降は、労基法20条に則り、解雇予告が必要。
また解雇権が留保されているとはいえ、本採用を拒否し、解雇する場合は、
正社員に対する解雇と同じように客観的に合理的な理由が必要になる。
例えば、「作業ミスが多い」から本採用しないというのは、客観的に合理的な理由とはいえず、
「作業ミス」を少なくするため、事業主として指導や措置を充分採ったのかということも使用者側に求められる。

9 :名無しピーポ君:2006/10/30(月) 00:40:12
>>7

長期は10ヶ月、つまり初任科の機関はお試し期間

10 :名無しピーポ君:2006/10/30(月) 13:13:06
>>8
県の条例で警察学校長はだめな初任科生をクビにできるって書いてある。

11 :名無しピーポ君:2006/11/16(木) 21:14:29
もし採用試験受ける人なくなったら(それはありえないが)どうなるんだろう?

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)