5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

『産経抄』ファンクラブ第73集

1 :文責・名無しさん:2006/12/21(木) 06:28:23 ID:hfzVdJXK
     。_o=oヽ  / 教育基本法はその制定より後に生まれた首相により、
    (__ U)<  ようやく改正された。「国を愛する態度を養う」などの
    _φ  ⊂)_\ 文言も入った。
 . /旦/三/ /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
 | 3K新聞  |/
 
                     ∩ ∧ ∧∩/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ∩∧ ∧∩\( ゚∀゚)< 頬かぶり 李下に籠(かご)持つ 愛国者
汚 名 挽 回 !  >( ゚∀゚ ) / |    / \_____________
________/ |    〈  |   |
                / /\_〉 / /\〉
                ̄     / /
                      ̄
産経抄  http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/sankeisho/sankeisho.htm
過去ログ http://www.sankei.co.jp/news/[yy][mm][dd]/morning/column.htm
イザ!  http://www.iza.ne.jp/news/column/sankeishou/
第72集   http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1164268548/

2 :文責・名無しさん:2006/12/21(木) 07:07:37 ID:dBNRi7Bk
>【産経抄】
>産経新聞の「顔」とも言える一面の名物コラム。35年間、執筆を担当してきた不屈のコラムニスト、石井英夫が「耳かき一杯ほどの毒
>を盛ることをモットーにしてきた」という辛口の伝統は、今も脈々と受け継がれている。鋭くかつ温かく社会を見つめ、ぶれない視点から
>の日本の「今」が浮かび上がっている。

3 :文責・名無しさん:2006/12/21(木) 08:10:11 ID:hfzVdJXK
【産経抄】
 政権に盾突く著名な人物の暗殺、怪死事件の続出は暗黒の共産主義社会に
多く見られた。いまのロシアが、これとは違うと否定する材料は乏しい。プーチン
政権を批判する女性記者が抹殺され、その死の真相を探る元情報将校が怪死
した。ソ連時代への先祖返りかと誰もがいぶかる。
 ▼中国はそこが違うと思いたい。当局の正史に逆らう論文を掲載した週刊紙
「氷点週刊」の元編集主幹、李大同さんが来日した。週刊紙は停刊処分になり、
李さんは職を解かれた。でも、当局の嫌がらせも受けずに日本に入国できた。
李さんは「中国当局の弱体化が進んでいる」と痛烈だ。
 ▼近く始まる日中歴史共同研究には、中国側は政府お抱え学者ばかりで、
日本側は私学の学者も交じっていると、見るべきところは見ている。「中国は
国家を代表し、日本は学者個人の見解を語る。結果は言いっぱなしでしょう」。
 ▼「氷点週刊」のように、政治的な正史に対する学術的な研究の差になるとの
真っ当な予測だった。それにしても、李さんが当局にとがめられずに、政権
批判が可能なのは不思議だ。実際、かの地ではシンガポール紙の香港駐在
記者やニューヨーク・タイムズ紙の中国人助手が拘束されている。
 ▼反体制作家ソルジェニーツィンほど有名になると、当局といえども手出しは
できなかったとロシア通はいう。有名度が身を救うらしい。いま、李さんに何かが
あれば外国からは袋だたきだ。「平和的台頭」を演出する中国には大変な
ダメージだ。
 ▼中国内で波乱要因にならなければ、外地での政権批判には目をつぶろうと
いうことか。歴史共同研究の成果も、現地メディアが素直に報じれば、何が
事実で何がプロパガンダかが白日の下にさらされる。
(2006/12/21 05:04)

4 :文責・名無しさん:2006/12/21(木) 10:02:25 ID:tCKydMr9
>>1


 
>>3
  
御用学者に私立も公立もないわけだが。
  
氷点週刊は既に復刊されている。
氷点は停刊の原因になった袁偉時の論文「近代化と中国の歴史教科書問題」に対する批判論文を掲載。
袁氏も、氷点への論文掲載は断られたが、論文発表自体は止められていない。
中国共産党中央宣伝部のメディア規制には党内部から批判が出ている……と言う形で、
この件は既に"正常化"しており、いまさら李氏をどうこうする必要はないのだろう。
 
>いま、李さんに何かがあれば外国からは袋だたきだ。
>「平和的台頭」を演出する中国には大変なダメージだ。
 
そんなんでもないだろ。
中国人ジャーナリストの10人や20人がどうなったっても、気にするやつは少ない。

5 :文責・名無しさん:2006/12/21(木) 14:11:32 ID:vqW5LKkk
中国暴発という言葉が最近は聞かれなくなったが、まだですか?

6 :文責・名無しさん:2006/12/21(木) 14:39:34 ID:3iHvwqtX
最近は中朝に対して腰が引けてるな。
やはりご主人様のアメリカが中朝に弱腰だからだろうか。
対北朝鮮でも、3Kの願望とは正反対に、アメリカのほうが
苦しい言い訳をしてるありさまだし。

金融制裁はマカオが実施したもの。アメリカは警告しただけ。駐韓米大使

http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=022006122100600&FirstCd=06
(ソウル市内で開かれたフォーラムでの講演でバーシュボウ大使は)
 バンコ・デルタ・アジア(BDA)の問題に関しては、米国はBDA問題を交渉のカードに
使っていないと述べ、この問題は6カ国協議とは別個の国際金融システムの保護という側面から
考えているとの姿勢を示した。また、BDAの北朝鮮口座を凍結したのは米国ではなくマカオの
金融当局であることを強調し、米国がBDAに制裁を加えたのではなく、米国の銀行にBDAの
評判が良くないので注意が必要だと警告したにすぎないと説明した。


7 :文責・名無しさん:2006/12/21(木) 15:21:49 ID:u5dIHgHm
ソースがいつも駐韓大使でホルホルしに来る在日君が
1人いるね。

8 :文責・名無しさん:2006/12/21(木) 15:41:58 ID:vqW5LKkk
3Kは、歴史の共通認識なんてものを完全に否定していたのだが、
なんだこの変わり身の早さは。

9 :文責・名無しさん:2006/12/21(木) 15:58:00 ID:3iHvwqtX
>>ソースがいつも駐韓大使でホルホルしに来る在日君が

そんな人は君の脳内にしか存在しないと思うが。
対北強硬派だと思っていたバーシュボウ大使が
手のひらを返したからって、妄想で反論されても困るんだが。

10 :文責・名無しさん:2006/12/21(木) 16:39:38 ID:hHJjKvNC
大使級にライスかヒルと同種の権限があるかどうかを考えれば
自分がいかに藁をも掴む思いに苛まれているか、気がつくんじゃないかな。>>9
「消息筋」の方がまだ使えるよ。

「偽ドルは流通過程で混ざったもの。ウリナラは関係ない。」
これに勝てるネタきぼん。>>9

11 :文責・名無しさん:2006/12/21(木) 19:09:04 ID:3iHvwqtX
>>10
アメリカは裏切らない。日本の味方だと思い込みたくて藁をもつかむ
気持ちなんでしょうね。産経新聞を真面目に読んでるとこうなって
しまうんでしょうね。可哀想に。

>>10 これに勝てるネタきぼん。>>9  

難しいリクエストだが、こんなのはどうかな?

偽札なんて陽動作戦のための単なる撒き餌、釣りのための餌ですよw。
六カ国の足並みを乱して、核実験の時間を稼ぐためのね。

12 :文責・名無しさん:2006/12/21(木) 19:17:24 ID:CD7oJEQX
>>10

>ライスかヒルと同種の権限

ライスもヒルも、もはやレームダック状態のブッシュの部下ですが何か?

13 :文責・名無しさん:2006/12/21(木) 20:09:54 ID:Vvj2lv96
>>11
アメリカに用があるのは、将来
ミサイル原潜を1隻出してもらう件だけだなぁ。
ほかの件では、アメリカもアメリカサイドで
考えればいいことだし。人権カードにしても、
アメリカが切らないなら切らないで一向にかまわないけどな。
北の再実験は大歓迎だねぇ。
送金停止の大ナタがいつ振り下ろされるか
在日の人たちは今から戦々恐々かな。
北と縁を切るチャンスと思わないのかね。不思議なミンジョクだよ。

>>12
で?北京協議に一枚かむような権限が、駐韓大使にあるの?
何の話をしてるか、読めてる?

14 :文責・名無しさん:2006/12/21(木) 21:10:52 ID:wDeVEEnT
明日の産経抄は

現都知事閣下親友の前都知事を語る。

15 :文責・名無しさん:2006/12/21(木) 21:14:14 ID:3iHvwqtX
>>13 北の再実験は大歓迎だねぇ。

日本人がそう思ってくれると本当にありがたいねぇ。
(まあ君が日本人代表じゃないことは良く分かってるけど)
日本からの送金停止だけで、核保有国の地位が確立されるんだからね。
北朝鮮にはアメリカの核ミサイルが沢山標準を合わせてるんだから、
潜水艦の一隻や二隻大したことないし。
蛇足だけど、日本の核武装はダメというハーシュボウ大使の発言は、
安保条約がある限り、変わらないと思うよ。


16 :文責・名無しさん:2006/12/21(木) 22:08:21 ID:zNH0Zurh
>>15
>核保有国の地位

何その三日天下

17 :五十川卓司:2006/12/22(金) 00:03:59 ID:FDwU24lW
日本国民を右派と左派とに強引かつ単純に二分して、己が持論を
傲慢に展開していく産経、朝日ら言論機関の姿勢はあたかも、
身の周りの人間をNTT関係者とそうでない者の二種類のみで
勝手に色分けしてしまう私と酷似している。このような輩の思考
回路は歪んだ社会認識と被害妄想と選民思想により築き上げられた
自己中心的で脆弱なもので、何ら耳を傾ける必要もないと言えよう。
始めから対話や相互理解が成立するはずがないのであり、これは
北朝鮮に対する外交的働きかけと同じく無駄なことである。


18 :文責・名無しさん:2006/12/22(金) 03:11:53 ID:3lo0fkIk
親米独裁KKK新聞のお友達ニヤゾフ閣下追悼

19 :文責・名無しさん:2006/12/22(金) 06:04:39 ID:Z342F8kj
【産経抄】
 北朝鮮がまたまた面白いことを言い出した。国家による個人の拉致を「人道に
対する罪」とし、これを禁じる「強制的失踪(しっそう)条約」が国連総会で採択
されたが、直後に「日本が90年代にサハリンにいた北朝鮮国籍の男性を拉致
した」と“告発”したのだ。
 ▼むろん、何の根拠もない、根も葉もないいいがかりなのだが、拉致は極悪
非道の犯罪であるという常識が北朝鮮の外交官にも芽生えつつあるのは大変
喜ばしい。金正日総書記も喜んでこの条約を批准することだろう。
 ▼政府がやっと拉致問題解決に本腰を入れて取り組みだした効果が国際
社会でも出始めている。19日の国連総会で採択された北朝鮮の外国人拉致を
非難する決議への賛成票も、昨年より11増え99票を数えた。前回棄権した
韓国も賛成にまわった。
 ▼それでも決議に反対した国が21もあった。その中に中国、ロシアも含まれて
いる。拉致問題解決のためには、この両国の協力が必要だ、としたり顔で語る
人々もいるが、こと人権問題に関しては、北朝鮮と中露は同じ穴のムジナなの
である。
 ▼北京でだらだらと続いている6カ国協議の合間に、北朝鮮の首席代表は、
日本だけをはずして米中韓露との2国間協議を行った。制裁措置を強める安倍
政権への精いっぱいの面当てだろうが、日本人のほとんどが、拉致や核問題の
解決なくして国交正常化はできないと考えていることを将軍様はまだご存じない
らしい。
 ▼きょうは、1年のうちで最も昼が短く、夜が長いとされる冬至だ。朝のこない
夜はなく、冬が終われば春がくる。凍土の共和国に残された人々を一刻も早く
救出するには圧力をかけ続けるしかない。くれぐれも「対話も必要だ」などという
甘い言説に騙(だま)されないようにしたい。
(2006/12/22 05:49)

20 :文責・名無しさん :2006/12/22(金) 07:15:16 ID:RRiCt5al
昨日出没してた馬鹿を釣るためのようなコラムだな。

寒くなれば北は折れる(安倍壺三)
北朝鮮も中国もロシアも全部敵。

「日本や米国が経済制裁で兵糧攻めにしても、
北朝鮮が政策を変えることは百に一つもない」
伊豆見元静岡県立大教授
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061218-00000040-kyt-l26

21 :文責・名無しさん:2006/12/22(金) 09:41:16 ID:iErXiJoZ
>>19
>強制的失踪(しっそう)条約

拉致禁止条約、国連で成立 過去の拉致には効力及ばず
http://www.sankei.co.jp/kokusai/world/061221/wld061221000.htm
>国連総会は20日午前(日本時間21日未明)、本会議を開いた。国家による外国人拉致などを
>禁じる「強制的失踪(しっそう)防止条約」を採決、全会一致で採択され成立した。国連によると、
>国家による拉致などに焦点を絞った国際条約は初めて。20カ国の批准で発効する。同条約の
>成立は、拉致問題解決に向けた取り組みの追い風になるとみられるが、条約に拘束されるのは
>締約国に限られ、条約の規定は批准前の外国人拉致などには適用されないため、北朝鮮による
>過去の日本人拉致には効力が及ばない。
>45条で構成される条約は特定国を名指ししていないが「広範または組織的に実行された強制的
>失踪は国際法で定義される通り、人道に対する罪になる」と明記。拉致は国際刑事裁判所(ICC)
>などの処罰対象になると規定した。(共同)(2006/12/21 01:34)

>拉致は極悪非道の犯罪であるという常識が北朝鮮の外交官にも芽生えつつあるのは大変喜ば
>しい。金正日総書記も喜んでこの条約を批准することだろう。
当然のことながら、日本は批准するだろうし、産経抄子の希望通り北朝鮮が批准してくれるといい
ですね。「テロとの戦い」と称して、軍によって「テロ容疑者」を拘束しているアメリカも批准してくれ
るでしょう。

22 :文責・名無しさん:2006/12/22(金) 09:52:53 ID:R6h342PU
3Kの言うように、「国連は百害あって一利無し」だな。

23 :文責・名無しさん:2006/12/22(金) 09:55:59 ID:dnQGAC3r
今日の3K新聞には、韓国のカジノの広告が載っていたよ。
本格的になってきたな。

24 :文責・名無しさん:2006/12/22(金) 10:55:33 ID:oQctGrLB
産経のサイトめっちゃ見にくくなったね。見ててこんなイライラさせる画面構成はじめて見た。
ちゃんとしたデザイナーに見た目指導受けた方がいい。

25 :文責・名無しさん :2006/12/22(金) 13:00:37 ID:RRiCt5al
「朝のこない 夜はなく、冬が終われば春がくる。」
などという甘い言説に騙(だま)される人はいるのかな?



26 :文責・名無しさん:2006/12/22(金) 13:01:19 ID:a2tYA9mh
今日は青島幸男と今の都政について書くと思ってたが。
また後出しジャンケン?

27 :文責・名無しさん:2006/12/22(金) 13:47:22 ID:NoicSvY8
トルクメニスタンのニヤゾフ大統領の死に絡めて、
北朝鮮ネタを書くか?

でも「恥辱の殿堂パワー」が発動して、
独裁者の死によって民族・宗教対立が噴出して泥沼化するのもイヤだな。



28 :文責・名無しさん:2006/12/22(金) 13:50:41 ID:noTodB58
水○建設が青島さんにもお金渡してた記録を目を皿のようにして検索中です。
なければスルー。

29 :文責・名無しさん:2006/12/22(金) 15:31:13 ID:oXrwyHn8
石井氏やめてから明らかにつまらなくなったよね。

30 :文責・名無しさん:2006/12/22(金) 16:20:35 ID:KdFWooyl
http://www.chojin.com/history/syokyoundo.htm

●文鮮明先生について
勝共運動と文鮮明師 元筑波大学長・理学博士・自民党綜合政策研究所長
福田 信之
私と勝共運動 伊藤忠商事理事・元アラビア石油副社長
宮内 俊之
文鮮明先生と勝共青年 元中京大学長(商学)
小山 福松
文鮮明先生の「為に生きる」精神に感銘 東大名誉教授・元防衛大教授(船舶工学)・勲二等
加藤 弘
文先生の世界平和統一運動 元防衛庁長官・元総務長官・元文部大臣・勲一等
三原 朝雄

なんか不安だが自民党にはどれくらい統一がいるんだ?

31 :文責・名無しさん:2006/12/22(金) 16:31:46 ID:nY+WIjEe
>30
こんなんもあるが・・・
ウヨは本当にこれらをどう考えているんだろう

http://www.chojin.com/person/jp.htm

32 :文責・名無しさん:2006/12/22(金) 18:24:18 ID:rZfxruVx
一番の旬なネタは本間辞任だと思うがKKK的にはスルー?

33 :文責・名無しさん:2006/12/22(金) 20:45:02 ID:HUBCCtfu
>>19
つーか、余裕ふかしてる場合じゃねえぞ。
六カ国協議も何の進展も無く終わったし。
年が明けてアメリカ様が心変わり(北チョンに妥協)
してしまいそうで怖い。

34 :文責・名無しさん :2006/12/22(金) 22:29:49 ID:RRiCt5al
>>33
日本と違って、アメリカは適当に妥協しないと
イラン、イラク、北朝鮮の3正面作戦を強いられるわけだからね。
(アフガニスタンやレバノン、ベネズエラなんかも安心できないし)
アメリカが、たとえ北朝鮮には強硬姿勢を貫いても、中国には
妥協を重ねるという展開もありえるし。
アメリカが北に強硬姿勢を貫いても、やはり日本は辛いでしょうな。

35 :文責・名無しさん :2006/12/22(金) 23:59:09 ID:RRiCt5al
北朝鮮を批判するようなレスは一切無いまま、日付が変わりそうですな。


36 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 00:37:49 ID:PBnjHJmp
ダウンロードするだけでエロ番組見放題…その方法は?
ttp://www.zakzak.co.jp/top/2006_12/t2006122225.html

高い道徳性と倫理観を備えた教養ある保守主義者を
育成する産経新聞社

37 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 02:25:42 ID:aZoEmb4V
百人斬り訴訟最高裁敗訴については、朝日での記事を読んでから?
それとも三連敗を苦にして完全スルー?

38 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 03:52:09 ID:dwTdYUsC
一審判決のときは次の日に社説(たぶん石川水穂)で爆笑社説を書いてくれたんだけどな。

その時の社説の結び
「朝日、毎日両紙は訴訟の法的な問題とは別に、報道機関として自らの報道を謙虚に反省すべきである。」


39 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 05:14:04 ID:5uyzSfeW
>>6
遅レスだがこれ「苦しい」言い訳」とかじゃなく
以前からのスタンス。
「自分たちが意図して金融制裁している」だと交渉しろとなるが
「注意喚起しただけで相手がやっていること」だと難しい

「わしは別にかまわんのじゃが、
うちの若いもんは血の気が多くて
押さえが利かなくてのう」

を苦しい言訳してる、ととるか?

40 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 06:45:45 ID:28z+/4BM
今年もお騒がせのクマたちは、そろそろ冬眠だろうか。上野動物園では、冬眠はしない飼育中のクマを眠らせる実験をしている。
秋口からエサをたっぷり食べさせ、その後徐々に室温を下げ、エサも減らしていくと「お休み」の状態になったそうだ。

 ▼一方、兵庫県の六甲山で遭難、3週間ぶりに救出された35歳の男性はこの間「冬眠状態」になっていたという。
体温が極度に下がったためで、ヘビなどの変温動物が冬眠するのと同じ理屈だ。
おかげで食べ物だけでなく水すらひと口も飲まなかったのに助かったらしい。

 ▼ヒトも人工的に体温を下げ、体の動きを鈍くすれば冬眠できると言われる。
お天気博士の倉嶋厚さんは『季節おもしろ事典』の中で「百年後の日本を見るために、冬眠することにしました」
などというあいさつ状がくるようになるかもしれないと書いている。

 ▼しかしいくら可能になっても、今「冬眠」するのは考えものだ。厚生労働省の推計によれば、日本の人口は急激に減り続ける。
40年後には1億人を割り、100年後には4000万人台になっているという。冬眠から目覚めてみて、寂しい思いをするだろうからだ。

 ▼いうまでもなく人口は国力や社会の活力の源泉である。このままだと100年後には、世界からあまり注目されない「東洋の小国」に
なっている可能性は強い。いや、どことは言わないが、威勢のいい近隣国の支配下になっていないという保証もないのだ。

 ▼100年後など人ごとだとは考えず、今すぐ子供を増やしていく方策を考えるべきだろう。「浦島太郎」をガッカリさせないためにも。
もっとも、豊かでなくともいい、少ない人がひっそりと暮らしていけばいい、ということになればまた別である。

-------------------
政府の経済政策を間接的に批判しているのかな?

>「東洋の小国」

小国でもきちんとやっている国はありますけどね。
人口が多ければ「大国」(大国でいつづける条件)?

41 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 07:00:06 ID:IFmL1O1i
クマスレ?

42 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 07:22:12 ID:yQeoZJAB
>>40
でも、人口を増やす具体的な方法に言及すると、政府批判&フェミっぽくなるから、
やらない産経であった。そうだ、七夕の短冊に「日本の人口が増えますように」って
書けばいいんじゃねぇ?
まあ、人口を増やす(最低でも維持)べきってのは、反対しない。団塊とか見てても、
やっぱり「数は力」って感じるときがある。大勢が大きな声で騒げば、へんてこな
意見でも結構通っちゃうことも多い。
しかし、天皇誕生日、百人斬り記述訴訟、A級戦犯処刑、全部スルーかいっ。

43 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 09:57:12 ID:NIVJV4yF
そもそも100年後の日本がどういう国になってるか
保障できるやつっているのか?
少子化を別にしても、資源枯渇や環境破壊などの問題は無視できないし
今と同じ生活を100年後も続けられる可能性は皆無だろ。

44 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 11:37:53 ID:G2JZkxBY
このまま進むともうすぐ「御一新」的な革命がおきてもおかしくないな。
虐げられたサラリーマンがさすがに怒り出すぞ。


今日のWeb最初の記事が「アベノミクス(安倍晋三流経済学)」と名づけて
安倍の経済政策の批判になってるのが新鮮だな。もうレームダックなのか?

45 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 11:42:43 ID:UaNLjkjC
産経抄とネットウヨの願望とは見事に正反対の結果に。

北朝鮮独り勝ち 木村幹神戸大学教授(毎日新聞3面)

見事に進展が無く、結局は北朝鮮の独り勝ちだった。
北朝鮮の核保有の既成事実化が進めだけだろう。
 米朝協議も進展せず、米国は北朝鮮からいかなる
譲歩も取り付けることが出来なかった。
(中略)
金融制裁では北朝鮮に打撃を与えられなかったわけだ。
今後六カ国協議を再開しても、米国にはもほや打つ手がないのではないか。
強硬路線を取って来た安部外交も機能せず、今後、六カ国協議での
発言権を失っていくだろう。

46 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 12:42:24 ID:FarbT5Pz
>>44
マスコミが完全に閉じてしまい、マスコミ内部の嗜好に沿ったムードを
垂れ流すようになってるからな。よほどルサンチマンが溜まってると見える。

>>45
静岡の大学のいずみなんかもそう言ってるな。北朝鮮関係の学者とマスコミが
「北のひとり勝ち」と口を揃える。そしてクリスマス。

普通に考えれば、変化無しの状態で朝中韓以外の誰も困らない。それをさも
米は方針の練り直しを余儀なくされました、みたいな解説をする。
またカーター級の訪朝だとかひいては米朝首脳会談が目当てなのは見え見えで、
ゴールはここだここだと触れ回るんだが、まさにこれが北の思惑通りの代物
だという自覚は、この人達にあるんだろうか?

47 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 13:19:28 ID:UaNLjkjC
>>普通に考えれば、変化無しの状態で朝中韓以外の誰も困らない。

君はイランの核問題というのを知らないのか。まあ知らなければ別に構わないが。
中韓が困るというのもかなり願望が入ってるし。

>>カーター級の訪朝だとかひいては米朝首脳会談が目当て

北が求めてるのはアメリカ本土に届く核ミサイルだ。
カーター級の訪朝とか米朝首脳会談自体が目的ではない。

48 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 13:22:14 ID:RmLCNXVc
低体温の仮死状態か。
北見市で救急隊員に死亡と判断された女性が、
警察署の安置室で蘇生したって事件があったな。
(ぐぐってもブログ記事ぐらいしか出てこなかった) 
 
人口冬眠と言えば、
ハイラインの小説「夏への扉」とか、
アニメ「カウボーイビバップ」のフェイ・ヴァレンタインあたりを思い浮かべる。

>>41
 
月ノ輪熊之介ファンクラブw
 
http://www.terao.info/
 
>>42
 
>でも、人口を増やす具体的な方法に言及すると、
>政府批判&フェミっぽくなるから、やらない産経であった。
 
産むのは女だからな。
男も派遣や契約社員があたりまえの時代、
夫の給料だけをあてに子供を産むのは無計画すぎる。
 
自治体の赤字解消のために税金や公共料金も高くなる。
主婦も外に出て働かないとならないご時世、出産育児は厳しいな。
 
>>43
  
関税を撤廃してゆくから食糧自給率は上がらない。
輸入頼みの日本が人口維持の政策をとっていったら、
外国での環境破壊や異常気象の影響をモロに受けるようになるだろうな。

49 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 13:51:41 ID:PeR1ikS5
>>47
そのイランだが地方選挙で大統領派が惨敗している。
北朝鮮ではありえないことだ。
中韓は明らかに困る。懸念先が北朝鮮とは限らないが、北を含め、
相手方は問題にしないだろう。

北朝鮮の核が引き起こすのは人道上の懸念であって
国際政治上は何の問題にもならない。北が核を持ってもよい
という意味ではもちろんなく、北が核を持っても
関係国の誰も相手にしませんよ、という意味。

50 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 14:21:43 ID:3AnwMuGD
労働市場改革:正社員待遇を非正規社員水準へ 八代氏示す

・経済財政諮問会議の民間メンバーの八代尚宏・国際基督教大教授は18日、内閣府の
 労働市場改革などに関するシンポジウムで、正社員と非正規社員の格差是正のため
 正社員の待遇を非正規社員の水準に合わせる方向での検討も必要との認識を示した。

 八代氏は、低成長のうえ、国際競争にさらされた企業が総人件費を抑制している中、
 非正規社員の待遇を正社員に合わせるだけでは、「同一労働・同一賃金」の達成は
 困難と指摘。正規、非正規の待遇を双方からすり寄せることが必要との考えを示した。

 また、八代氏は現在の格差問題が規制緩和の結果生じた、との見方を否定し「既得権を
 持っている大企業の労働者が、(下請け企業の労働者や非正規社員など)弱者をだしに
 している面がかなりある」と述べた。

 八代氏は、労働市場流動化のための制度改革「労働ビッグバン」を提唱しており、
 近く諮問会議の労働市場改革の専門調査会の会長に就任する予定。

 http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/seisaku/news/20061219k0000m020089000c.html


51 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 14:33:06 ID:aZoEmb4V
>>40
つ【貧乏人の子沢山】

52 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 14:49:58 ID:ZZwchnKa
産経に限らないがいろんな未来予想学者の予想なんて10年単位でころころ訂正が入る。
いちばんは40年前の予想ではもう枯渇していなくては行けない原油だな。

53 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 15:42:56 ID:0dD433x5
172 :名無しさん@七周年:2006/12/23(土) 00:12:54 ID:aY5R/0lf0
「格差なんていつの時代でもある。じゃあ朝日新聞の給料はいくらなんですかと言ったら終わっちゃう話なんだよ」
  (安倍晋三  第90代内閣総理大臣 世襲3世)

「少子化を憂う必要はない、格差社会が広がりコンドームを買えない貧困層が増えれば子どもはすぐ増える」
  (中西輝政  国際政治学者 京都大学大学院人間環境研究科教授 安倍晋三ブレーン)

「競争が進むとみんなが豊かになっていく」
  (竹中平蔵  経済学者 元政治家)

「格差があるにしても、差を付けられた方が凍死したり餓死したりはしていない」
  (奥田 碩  元日本経団連会長 元トヨタ自動車会長)

「パートタイマーと無職のどちらがいいか、ということ」
  (宮内義彦  オリックス会長 元規制改革・民間開放推進会議議長)

「非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいいんです」
  (三浦朱門  作家 元教育課程審議会会長)

「格差論は甘えです」
  (奥谷禮子  人材派遣会社ザ・アール社長 日本郵政株式会社社外取締役 アムウェイ諮問委員)

「格差は能力の差」
  (篠原欣子  人材派遣会社テンプスタッフ社長)

「フリーターこそ終身雇用」
  (南部靖之  人材派遣会社パソナ社長)

「業界ナンバー1になるには違法行為が許される」
  (林 純一  人材派遣会社クリスタル社長)

54 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 15:51:40 ID:UaNLjkjC
>>49
何を言いたいのか理解不能だ。


55 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 16:15:28 ID:kqRLIxtM
>>40
産経の目指す社会って、昔風に言うと「富国強兵」、今風に言うと某国の「強盛大国」「先軍政治」
になるのかな?

>このままだと100年後には、世界からあまり注目されない「東洋の小国」になっている可能性
>は強い。いや、どことは言わないが、威勢のいい近隣国の支配下になっていないという保証も
>ないのだ。
表向きは日本も独立国家だが、今でも威勢のいい太平洋の彼方の国の支配下になっている気が
する。某合衆国51番目の「州」と揶揄されているんじゃない?

56 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 16:40:24 ID:GIJBPByq
>>55
>某合衆国51番目の「州」と揶揄されているんじゃない?

中国は嫌だがアメリカなら良いという事でしょう
表面的にはいろいろ勇ましいことを言っていても
どこかの国に事実上支配されないと日本はやっていけない
という『自虐』世界観が根底にあるから
そういう発想しか出てこない

57 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 17:26:24 ID:zdYtJRdW
>55
日本は米国の州ではなく、保護国です。
州なら、市民権も選挙権があるでしょーが。
ズビグニュー氏が明言してます。

58 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 17:31:47 ID:RSXlmJOu
相手が中韓なら協調、アメリカなら属国ですかw

いや、中韓なら謝罪と賠償かw

59 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 18:27:50 ID:zdYtJRdW
>58
なるほど>56氏の言うとおりの反応ですね。
誰かの奴隷になるしか生きる選択肢が存在しないのは不幸なことだと思いますが、
奴隷にはその自覚すらないのですね。
だから自虐と感じられないw


60 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 18:30:12 ID:RSXlmJOu
>>59
いや君のことを言ってるんだけどw

61 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 18:51:42 ID:AQZ4+y9D
>>50
とかく大企業優遇と罵られがちな現下の経済政策だが方向性は正しい。
組合側はベア要求の一辺倒をやめて、査定基準の公定化とサビ残撲滅に尽力すべき。
労働者の待遇改善や個人消費の伸張は企業体を通して計るのが常識であり、
やれ資本家が資本家がと喚き立てて所得税減税や保障増額などを
ちまちまバラ撒いても、消費が掘り起こせるわけがないのだ。

62 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 18:55:08 ID:lPt0QDWw
「中国の威信が決定的に低下した」という論評が多いね。


63 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 19:01:40 ID:KEL4P9my
>>40
危機屋

>>58
そっくり裏返せる程度の発言乙

>>62
で、結局サービス残業は合法化され、企業の取り分が増えて、
どうやって消費が増えるんですか?

何が、どう、正しいのか理解しかねます。

あぁ、金持ちが貧乏人の10倍消費すればOKって発想なんですね。

64 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 19:04:51 ID:VYt/VhXI
>>62
威信とやらが何の足しになるのか具体的に分からない。
それよりも分かりやすいのは、金融協議をNYに切り離したのが
議長国だったこと。
中国はむしろ進んで北のパシリを買って出た格好だったかと。

65 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 19:39:55 ID:lAygnUW3
>62
この記事とかだね。

岐路の6カ国協議 威信損なった中国、戦略見直し急務
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/32598
 【北京=伊藤正】(以下略)

66 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 20:11:13 ID:UaNLjkjC
>>65
そもそも中国は6カ国協議自体あまりやる気がないような気がするが。


67 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 20:19:18 ID:zdYtJRdW
>66
アメリカが何らかの譲歩をしないとどうしようもない状況だから仕方ない。
焦点はどう面子を保って譲歩するかだから。
中東問題が泥沼化している現在、アメリカの不利は明らか。
ロシアの動きも抑えられなくなってきているしね。
もうさ、思い切り足元見られてるよ。

68 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 20:26:45 ID:+obqHjN0
>61
同じことを言った人がいますね。ロナルド・レーガンという人ですが。

ちなみに彼の進めた経済政策、いわゆるレーガノミクスは、現在
呪術経済学(Voodoo Economics)と呼ばれています。

69 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 22:42:59 ID:TU8NJeJ3
人口が富の源泉だなんていうのは貧しかった戦後の日本や共産主義中国の
ような発想だな。それ発想こそが日本の今の問題の発端だよ。
人口がどこまでも増えつづけないとその発想ではもたん。

70 :五十川卓司:2006/12/23(土) 22:47:28 ID:R7EhdKBn
産經新聞では、明治維新での廃藩置県で職場を喪失した不平士族
や、第二次世界大戦の敗戦で職場を喪失した不満軍部の残滓係累
を、その胎内に宿営させているので、現在の亜米利加合州軍部の
失政と失敗とへの批難轟々において、「冬眠」での遣り過ごしを
決め込む所存なのでしょう。

そういう稚拙で短絡的な、「国家」(中央政府)の方針や煽動に
依存した「正義」は、他人に利用され、捨てられるだけになって
しまうということを学習しましょう。

暴力団山口組や暴力団稲川会も、大榮等が手動した「流通革命」
や「価格破壊」の錦之御旗に触発されて、外資系列の金融業者に
NTTの通話明細を漏洩させて、その手先として、日本域内への
市場侵略や政治侵略に利用され加担させられたのでした。>>40

71 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 23:09:57 ID:G7j+5t1m
>69
生めよ、殖やせよ、地に満ちよ。
我々には広大な宇宙に広がっていく天命があるのだから、人口が増えすぎ
て困ることはない。
すぐ近くにも月や火星がある。

72 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 23:29:58 ID:lAygnUW3
>71
なるほど。中絶反対、避妊は教えるな、生命は偉大な知性が創造した、
というわけですね。産経の思想にぴったりだ。

73 :文責・名無しさん:2006/12/23(土) 23:38:09 ID:LDP7JIdR
とりあえず、産経賞のいう人口増加のためには
格差是正や子育て環境の整備が急務だと思うのだけど
政府にそれを期待できるんでしょうか?

74 :五十川卓司:2006/12/24(日) 00:02:47 ID:pyRmFiUD
自慰を行うために普段右手を使っているのなら、左手を使用する
ことで思いがけず新鮮な気持ち良さを得ることができます。
同じように外交政策も柔軟な発想で政略を切り替えることで、
別の打開策が打ち出す事ができそうです。暴力団山口組や暴力団
稲川会も錦の御旗の元で踊り狂うことでしょう。




75 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 00:20:37 ID:PZJqC8EP
拉致の家族会の人たちは、今回の六者会談の結果を見ても
安倍の空手形を信じてるのかな?
安部外交が完全に無能だとはっきりしたと思うんだがな。
拉致問題の解決=遺族の寿命が尽きる時というのが確定したな。


76 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 00:24:16 ID:oWOYY3s3
社民が大きく時間を止めたからなあ。
自民も小泉前までは同罪。

77 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 00:48:41 ID:0JOqlelq
百人斬り裁判のことはもう書かないんですかぁw?

78 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 06:38:48 ID:smXobV8w
>>65
それこそ朝日も「中国の威信低下」を見出しにしてたよ

79 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 07:14:37 ID:V3TYsG0O
産経抄                                         12月24日
6カ国協議が始まる前、米国がクリスマスにかかるような日程を嫌っているという報道が
あった。そのせいかどうか、協議は何の成果も残せないまま、クリスマスの前にあっけ
なく終わった。米国代表団も、そそくさと北京を後にしたという。
▼北朝鮮の核をめぐるせめぎ合いも「クリスマス休戦」ということだろうか。だとすれば日
本人には何だか腑(ふ)に落ちない。しかし、今やキリスト教大国といえる米国の人にと
って「救い主」の誕生を祝う方が、国際交渉より大切ということになっても不思議ではな
いのだ。
▼明日はそのクリスマスである。だが、なぜ前夜に盛大に祝うのだろう。カトリックの神
父に聞くと、当時のユダヤの暦は不定時法で、日暮れとともに日付が変わった。だから
キリストの生誕は25日といっても、24日の夜だった可能性が強いからということだった。
▼それも理屈だが、やはりクリスマスには「夜」が似合う。クリスマスツリーやキャンドル
サービスがそうだ。サンタクロースが真っ昼間にソリに乗ってくるというのでは、サマにな
らない。これはクリスマスが「冬至」と深く結びついているからに違いない。
▼キリスト教が広まる前の古代ローマにミトラという太陽神の誕生を祝う祭りがあった。
冬至のころ弱まった太陽のよみがえりを願うのである。これを教会が取り入れ、冬至に
近い25日をクリスマスとしたのだという。冬至だから当然、夜の行事が増えていったのだ。
▼この時期、太陽の光の復活を願う習慣は世界中にある。日本でも各地で火祭りが行
われ、太陽を思わせるカボチャを食べ、ゆず湯につかる。まるで冬至の闇に沈んだようで
光が見えない北朝鮮問題も、クリスマスの後に「一陽来復」を祈るしかない。
-------
神頼みかよっ。「北朝鮮は冬を越せない。向こうから折れてくるはずだ」ぐらいの勢いを見
せて欲しいな。
学術的には、イエスの誕生日を、12月25日とするのは極少数だろ。ここでも紹介されてい
るように、ローマカトリックが、ドルイドやミトラの冬至の祭りにぶつけたイベントというのが、
有力な説だ。

80 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 07:34:35 ID:PZJqC8EP
>>まるで冬至の闇に沈んだようで 光が見えない北朝鮮問題も、クリスマスの後に「一陽来復」を祈るしかない。

単に圧力を強めるだけで解決するような単純な問題ではないと明らかになったからといって、そう来るのか・・・、

アサヒコムの記事から
(イラン制裁決議を巡って)
 「何としてもクリスマス前に決着させたい」とする英仏を、ロシアの国連外交筋は「クリスマスと一口にいうが、
ロシア正教のクリスマスは来年1月7日だ」と意に介さなかった。
http://www.asahi.com/international/update/1223/011.html

81 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 08:28:51 ID:smXobV8w
今回は「協議、話し合いだけで解決するような単純な問題ではない」と分かった

82 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 08:35:45 ID:n2BB+kjI
アメリカ人は、北朝鮮の脅威よりもクリスマスのほうが
何倍も重要だということだが、こんな当たり前のことに
今ごろ気が付いたのか?

83 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 10:16:59 ID:vy0sBDcR
>>73
「格差なんていつの時代でもある。じゃあ朝日新聞の給料はいくらなんですかと言ったら終わっちゃう話なんだよ」
  (安倍晋三  第90代内閣総理大臣 世襲3世)

「少子化を憂う必要はない、格差社会が広がりコンドームを買えない貧困層が増えれば子どもはすぐ増える」
  (中西輝政  国際政治学者 京都大学大学院人間環境研究科教授 安倍晋三ブレーン)

だ、そうですよ?
ついでに言うなら避妊を教えるのは行き過ぎた性教育だそうですから。

84 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 14:00:58 ID:6wYL0ROg
次は非人道的な一人っ子政策の犠牲になるなら中国から赤ん坊を輸入しよう
かな?

85 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 15:10:31 ID:TJs4+BUn
>79
酷い内容だと思うが、
まず、憶測から始まり、あまり意味のないクリスマスの薀蓄。最後は神頼み。
なんじゃこりゃ?だ。
おまけに、いまやクリスマスはクリスチャンでもない日本人が年に一番お祭り騒ぎをする
ビッグイベントで、それを煽ったのはマスコミを中心とする広告業界だろ。
世界有数のクリスマス大国の日本に居て、なぜ腑に落ちないw
しかも最後は神頼みのお手上げ宣言。
右翼的には日本は神国だから神頼みが正しいってか?
そんな馬鹿だから、六十年前にも大敗北を喫したのに全く反省しないどころか、
挫折の忘却とアメリカの奴隷としての服従の屈辱から逃避するために他者への
責任転嫁と憎悪を繰り返すことしかできないんだよ。
共産主義の挫折の前に自分たちがとっくの昔に終わってることにいい加減向き
合えってw

86 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 17:00:01 ID:M630p8yT
つーか、韓国のように国内の北朝鮮の内通者の取り締まりでもあれば
少しは期待出来るんだが。
北チョン製覚せい剤の続報も出てこないし。
この国の闇は深いね。

87 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 18:02:41 ID:PZJqC8EP
>>北朝鮮の内通者の取り締まりでもあれば

ヒント 日本での北朝鮮内通者=統一教会関係者


88 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 18:08:54 ID:GkHDworr
>>79
 
アメノウズメに踊ってもらえばいいよ。

89 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 18:24:50 ID:8vPGpp9b
>>88
産経抄的には、ストリップはまずいんじゃねえ?

90 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 20:41:50 ID:6wYL0ROg
ベトナム戦争の時もクリスマス休戦とか一方的に決めて停戦したつもりが、ベトコンから攻撃受けて
激怒した事もあったし中東戦争の時もクリスマス休戦を言い出して味方のサウジからまで呆れられた
実績があるのがアメリカ合衆国。

91 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 21:50:04 ID:gHLPAii6
>「クリスマスと一口にいうが、 ロシア正教のクリスマスは来年1月7日だ」


旧ソ連がアフガンに侵攻したのも12月24日だったな、たしか。

92 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 22:32:27 ID:OGKFtF+O
    ____
   /∴∵∴∵ ヽ    ________
  |∵  ∧ ∧ |  /
  |.∴.  ・ヘ・  | < メリークリスマス!ミスターローレンス!
  (61   └┘  |   \
   ||    ー  |     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  │\___ノ

93 :文責・名無しさん:2006/12/24(日) 22:48:18 ID:n3gxoKGA
明朝のサンケイショーは

塾が必要になったのは日教組の責任

94 :五十川卓司:2006/12/24(日) 23:39:09 ID:pyRmFiUD
クリスマスイブだというのに、ぐだぐだと非生産的な思索などして
産経がどうとか日教組だの北朝鮮だのつまんない連中ですね。
オナニーでもしてとっとと寝るがいい。


95 :文責・名無しさん:2006/12/25(月) 07:15:33 ID:vdYm8G4f
産経抄                                        12月25日
カキの美味について「何か海が口のなかにある感じがする」と表現したのは、食通で
知られた英文学者の吉田健一だった。確かにカキは1日に何百リットルもの海水を体
内で循環させている。海の恵みをそのまま受け取る気分になるのは当然だ。
▼もっとも時には変なものまで吸い込んでしまう。今猛威をふるっている感染性胃腸炎
の原因となるノロウイルスもそのひとつ。米国オハイオ州の地名から名前がついたこの
ウイルスは、人間の腸でしか増殖しない。便の中に排出されると、下水の塩素消毒で
も生き残って海に出ることがある。
▼カキにはなんの責任もないが、生食した場合感染の可能性があることは事実だ。た
だ今回の大流行では、調理に当たる人が保持していたウイルスが、料理や仕出し弁当
を介して感染するなど、人から人へのケースが目立つ。カキが原因となった例は、今の
ところほとんどない。
▼ウイルス対策として、各漁場では頻繁に検査が行われている。それでも風評被害は
おさまらない。火を通せば問題はないのに、加熱用カキまで売れなくなった。「まったく
食中毒というと、いつもカキばかりが目の敵にされる」と憤懣(ふんまん)やるかたない
のは、三陸で50年近くカキの養殖業を営んできた畠山重篤さん(63)だ。
▼エッセイストでもある畠山さんは、世界のカキを食べ歩き、養殖の歴史を調べあげて、
『牡蠣(かき)礼讃』(文春新書)を上梓(じょうし)したばかり。畠山さんによれば、カキは、
グリコーゲン、亜鉛、ビタミンB12などが豊富な「人類を救う食品」なのだ。
▼「風評のために、冬の至福を堪能しないのは人生の損。むしろインフルエンザの予防
のためには、カキのおかゆがピッタリですよ」。こんな読者への伝言を畠山さんから頼ま
れた。
------
牡蠣食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺
まあ、食中毒が流行ったら、生カキは控えろ、ってのは鉄則だからなぁ。いくらカキ自体
の鮮度に問題がなくても、水が汚染されてたらNG。でも、加熱すれば大丈夫だから、鍋
物なんかはOK。そういう意味では、加熱用まで食べないのは、ちょっと過剰反応かもし
れないな。

96 :文責・名無しさん:2006/12/25(月) 07:46:33 ID:yX410zf2
もしも牡蠣という食材が日本であまり採れず米国からの輸入が主だという事に
なってたら、この情勢下でも当然輸入に縛りをかけずもちろん生でガツガツ
食うよう提唱してたんだろうなあ。


97 :T:2006/12/25(月) 08:05:44 ID:uyUco4JK
火を通せばと言っても調理の時に他の物に移れば・・
今回の流行はカキが原因と思えないケースが多い

>>83
だから朝日新聞の給料にそろえてほしい(w
3kの社員もそう思うだろう

98 :文責・名無しさん:2006/12/25(月) 11:28:19 ID:yhRsvtah
>95
亜鉛が豊富な牡蠣を食べて少子高齢化から人類を救おう、
とまではさすがに書かなかったか。

99 :五十川卓司:2006/12/25(月) 13:01:50 ID:wX6pqTMk
私の記述ではありません。>>17,>>74,>>94

http://www.geocities.jp/isotaku503/NotMyDescription.htm

100 :五十川卓司:2006/12/25(月) 13:02:22 ID:wX6pqTMk
通話明細の蓄積漏洩事件でも、NTTの内部の指摘者や告発者に、
食事に精神薬物を混入させて、脳機能を低下させ阻害し、告発者
を廃人化して、その犯罪事実を隠蔽しようとする策謀が観察され
ていた。私(五十川卓司)を「俳人化」する計画として、「石川
啄木」という暗号符牒が有ったそうだ。冗談にしても、出来すぎ
であろう。事実は小説よりも奇なりである。>>3

そのような犯罪事実を、情宣工作(ぷろばがんだ)により「正義
」の隠蓑で偽装するにおいて、「流通革命」や「価格破壊」での
「消費者の利益」が鼓吹されていた。

しかし、消費者は生産者でもある現実において、純粋な消費者は、
年金生活者や不労所得者(相続財産や世襲地位に依存した富裕層
)だけであり、一般の人々は、給与の削減と家賃や地代などでの
費用の高騰により、生活に困窮するようにされてしまっただけで
あった。

TV画面では、不労所得者と婚姻した女性を「勝組」と賞賛して
いるが、女性の結婚の減少が、「負組」を意味するように為って
しまったのである。

101 :五十川卓司:2006/12/25(月) 13:02:39 ID:wX6pqTMk
牡蠣に包含される亜鉛成分には、元素周期表を視察すれば理解を
できるであろうが、その周期性質において、体内に蓄積をされた
Cd(かどみうむ)やHg(水銀)を排出する作用を促進する。

http://www.suginami.ac.jp/study/chemistry/atom000.htm

昨今、周知されるようになった排毒(でとっくす)の作用が有る
食品の一つである。勿論、その作用は牡蠣においても同様であり、
周囲に汚染された海域の汚泥から牡蠣にCdやHgが吸収されて、
害毒の原因となることもある。

牡蠣の産地では、そのような害毒を防止するために、重金属等を
使用せず、健康な牡蠣を生産する努力をしているが、理解不足に
より、養殖用網や船底に付着する貝類を除去するために重金属類
が使用されていた時期もあった。

農業でも観察されるように、品種や農薬や肥料での土壌汚染での
地味の低下が、漁業での地味の低下により、農産物や海産物での
滋養の低下と汚染の高上という問題や弊害の原因と為っていると
いう事態を憂慮して、土壌検定や海域検定を実施するべきである。

農地や海域での病毒菌類の繁殖は、農産物や海産物である植物や
動物の免疫機能の低下としても認識され把握されるべき事態なの
であり、生物機能に必要な遺伝形質で、亜鉛で形成をされている
部分が、CdやHgで置換されてしまい、異常な遺伝作用や癌化
作用を惹起してしまう事態について、情報を公開するべきである
と考える。

102 :文責・名無しさん:2006/12/25(月) 13:43:49 ID:vMpgxU66
>>86
>国内の北朝鮮の内通者の取り締まりでもあれば


ヒント:日本での北朝鮮内通者=統一教会関係者=3K関係者

103 :文責・名無しさん:2006/12/25(月) 14:33:09 ID:UNhR4uam
トイレ掃除は使い捨ての手袋とマスク着用でってことだな。

104 :文責・名無しさん:2006/12/25(月) 17:31:18 ID:LAWDuIc6
牡蠣は好物だから価格が安いのは歓迎したいところだけど
漁師さんたちが困っているのを見ると喜んでいられない。

105 :文責・名無しさん:2006/12/25(月) 17:54:01 ID:NYTuRb8d
>>83
これ、朝日の給料が高いのを批判してるってんなら、
「朝日は企業収益の多くを社員に配分している」ことになる訳だから、
つまり朝日は自ら模範となっている訳で、安倍の正当性の証明にはならんよな。


なんでこんなに安倍って頭悪いの?
バカでも世襲で政治家になれるのが美しい国だからいいの?

106 :文責・名無しさん:2006/12/25(月) 18:57:14 ID:KJcleYXU
30年以上株主にすら収益を配分できなかった新聞社ってのもあったな。

107 :文責・名無しさん:2006/12/25(月) 19:34:00 ID:5ZOlPEeg
産経新聞の今日の一面トップ記事はすごかった。

核弾頭試作に3年以上 費用2000〜3000億円 政府内部文書
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061225-00000000-san-pol

この記事てっきり北朝鮮のことだと思ったんだが、中身は日本の核武装に
かかる費用と時間の話だった。
それを一面トップにするとは、やはり産経は平凡な一般紙とは違う。

108 :文責・名無しさん:2006/12/25(月) 19:41:52 ID:2vCb9toY
>>107 この報道は立派な事だと思うよ、特に馬鹿ウヨが愛読している可能性のある新聞だけに。
現実を知らないバカで1、2ヶ月で仕上がると思ってそうなのいっぱいいるから。

109 :文責・名無しさん:2006/12/25(月) 21:17:31 ID:lGPPjx0q
>>108
石原慎太郎による有人ロケット云々という実例もあったからなぁw
本当に一年で作ったロケットに、慎太郎を乗せて飛ばしたら面白そうとも思ったが。

110 :文責・名無しさん:2006/12/25(月) 21:37:15 ID:m3frPFk/
親の口癖
  ↓
「朝日は何かと言うと軍国主義の復活だ、侵略戦争を反省しアジアに謝罪しろだと政府を批判
するが、戦争中は大東亜戦争は聖戦だ、戦争に反対する奴は米英の間諜で非国民だと書いて
おった新聞だ。朝日の言うことなど、信用ならん」

「大東亜戦争を悪し様に罵る奴は死ぬべきだ。当時、日本によかれと思ってやったことだ。みんな、
お国のために尽くすのが正しいと信じてやったことだ。戦争中も反戦を貫いたと自慢げに言う馬鹿
がおるが、そんな奴は敵の手先だ。朝日のような変節漢も同罪だ。そんな輩は死んだ方がましだ」

「軍部に無理矢理、聖戦翼賛記事を書かされていたとかいうのは言い訳にならん!結局、書いたん
じゃないか。それなら、岩波のように潰されるまで反戦記事を書くべきだ。わしは左翼など大嫌い
だが、ブンヤ如きは左翼と呼ぶにも値せぬわ。下世話なことを書き立てて生活する胡散臭い連中
が選良を気取るとは世も末だ。ブンヤなど所詮、賎業じゃないか。昔は皆、そういう見方をしていた
ものだ。それが、こともあろうに社会の木鐸を自称するとは笑止千万だ」

「日共はきれいごとを並べておるが、戦争直後、朝鮮人を煽動して日本国民を襲わせた売国奴だ。
朝鮮人は戦後、密造酒で儲け、配給品を略奪して闇市で暴利をむさぼった虫けらだ。どさくさ紛れに
日本人をぶっ殺し、土地と金を強奪したような連中だ。戦前は日本人気取りで台湾人を馬鹿にして
いたくせに、何が苛酷な植民地支配だ、謝罪しろだ、馬鹿野郎。差別差別とやかましいが、あんな
奴らを人間扱いする方がどうにかしておる。今の者が知らんと思って被害者面しておるが、虫酸が
走るわ。おまえも、朝鮮人だけは信用するな

111 :文責・名無しさん:2006/12/25(月) 21:40:06 ID:VbJzPaFQ
自分の親のDQNぶりをコピペするのも
戦後教育が悪いのか。  

112 :文責・名無しさん:2006/12/25(月) 22:46:17 ID:NJB6ZnPF
>110
なるほど。所詮ブンヤ上がりの者が総理大臣になるなんてのは以ての外
というわけですね。
安倍総理にも早めに教えてあげないと。

113 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 00:28:41 ID:339IUR5G
>>105と同じタイミングでこんな発言をしていたようだ。

安倍首相「高収益企業は家計に分配を」 経営者に求める
http://www.asahi.com/politics/update/1225/009.html
 安倍首相は25日、東京都内で開かれた日本経団連主催の会合で
あいさつし、「収益を上げている企業の皆様が、企業から家計に所得が
移っていくようにご尽力をたまわりたい。みんなが実感できる景気にして
いかなければならない」と経営者らに求めた。税制論議などで高まる
「企業優遇」批判を踏まえ、企業に改善努力を促す異例の呼びかけとなった。
 首相はまた、「非正規労働者が均衡待遇を得られるよう同一労働・同一賃金も
ぜひ」とも強調した。


さて、この発言を産経は取り上げるかな。

114 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 00:51:44 ID:jguxTugV
言うだけならタダ

115 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 01:34:54 ID:s3NpUn3t
で、その発言を引っ込める代金として幾ら経団連から献金貰うつもり?

116 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 06:38:21 ID:339IUR5G
【産経抄】 
 中国を旅行して驚くことのひとつが、紙幣に落書きの多いことだ。メモ代わりに
使う人も多いらしい。和歌山市内のクラブでダンサーをしている中国人女性も
例外ではなく、一万円札の福沢諭吉に、サインペンでせっせと「チョビひげ」を
書き込んでいた。
 ▼ある日、クラブの経営者からもらった給料袋の中を確かめて驚いた。チョビ
ひげの札が含まれているではないか。女性はすぐ警察に通報し、経営者の
男は、女性の部屋から現金を盗んだ疑いで逮捕された。今年6月の出来事だ。
 ▼「緑色の特殊インク付着の紙幣にご注意ください!」。こんな呼びかけで
はじまるセブン銀行の広告が、今月10日の各紙に載った。その3日前、栃木
県内のセブン−イレブンから、ATM(現金自動預払機)が車で引きずり出され、
現金758万円が抜き取られる事件があったばかり。
 ▼実はATMを不正にこじあけると、特殊インクが流れ出て、紙幣を着色する
仕掛けがあることを、広告は明らかにしていた。緑色の紙幣は各地で見つかり、
すでに茨城県警に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された男が犯行を自供し、
共犯者の名前も供述している。
 ▼一部の不心得者をのぞいて、お金をそうそう粗末に扱えるものではない。
諭吉のひげもセブン銀行の秘密兵器も、仕掛けの規模は違うにしても、そんな
常識を逆手に取った“トリック”といえなくもない。まんまと引っかかったクラブ
経営者とATM強奪犯はあっけにとられたことだろう。
 ▼変造を禁じられている硬貨と違い、紙幣の落書きや着色が法に触れることは
ない。ただし「偽札防止にもつながるので、なるべくきれいに使っていただきたい」。
これが通貨の番人、日本銀行の見解である。
(2006/12/26 05:00)

----
豆知識コーナーだな。

117 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 07:10:25 ID:6rNlDMxi
>>116
程度によるから「法に触れることはない」と言い切るのはNGだな。
意図的に激しく汚損させたときには、通貨偽造・変造罪に問われることもあるそうだ。
またイギリスなどの外国紙幣だと、罪に問われることもある(紙幣へのサインが問題視
されたこともあったな)。
まあ、どちらにせよ、通貨というのは、国の経済の血液みたいなもんだから、セブンの
例はともかくとして、中国人ダンサーのような意図的に汚す行為を容認するようじゃ、
愛国者とは言えないな。

118 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 07:28:20 ID:DI3zmOdF
>>116
>▼変造を禁じられている硬貨と違い、紙幣の落書きや着色が法に触れることは
>ない。

セブンの事例は詳しいことがわからないけれど
こういう書き方だと紙幣の変造を罰する規定は
ないように受け取られかねないんじゃないかな?
セブンの事例の続きで書いていることと相俟って。

しかも「ない」と断定しているし。

第十六章 通貨偽造の罪

(通貨偽造及び行使等)
第百四十八条 行使の目的で、通用する貨幣、紙幣又は銀行券を偽造し、又は変造した者は、
無期又は三年以上の懲役に処する。

2 偽造又は変造の貨幣、紙幣又は銀行券を行使し、又は行使の目的で人に交付し、若しくは輸入した者も、
前項と同様とする。

http://www.ron.gr.jp/law/law/keihou.htm#2-16-tsuuka

119 :五十川卓司:2006/12/26(火) 07:55:43 ID:GwN37HPH
映画での表現では、マルサの女で、鋼球遊技場の球売機に赤線を
落書した紙幣を投入し、鋼球遊技場の裏金を摘発した國税庁査察
担当者の活躍が表現されている。

今回は、黒色や緑色の標識により、盗難紙幣を発見する方法では
あるが、紙幣には、各種の色彩で紙幣番号が印刷されているので、
その番号をATM(現金自動支払機)で文字認識して記録をする
ことにより、どの紙幣が何処で使用され銀行に還流してきたか、
という情報が把握可能なのである。

話は違うが、海生動物である烏賊や蛸は、墨で敵を霍乱するが、
その方法には違いがあるようだ。烏賊の墨は粘性があり、海中に
放出した墨は団塊として、忍術としては空蝉(うつせみ)として
の身替(みがわり)として機能し、烏賊の墨は拡散して、煙幕と
しての機能をするそうだ。

昨今、NTT(日本電信電話)等での通話明細の蓄積漏洩事件が、
日本域内への外資系列の金融会社による経済侵略であった事態が
露呈しつつあるにおいて、NTTCommunications
の社長である和才博美氏の自宅(社宅)から個人電脳装置が窃盗
され、その個人電脳端末から、ある企業の顧客情報である、個人
情報が漏洩した事件が惹起されたとの風説を聴取したが、直後に、
日産自工の500万人の顧客情報が漏洩された事実が流布されて、
その事件への煙幕による隠蔽工作が犯行されたようである。

犯罪対策としての通話明細や通貨明細が、犯罪の温床とされない
ようにする対策と覚悟とが必要であると言える。>>116

120 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 07:57:29 ID:fwGEI3pT
あと正確にいうと現在の日本には紙幣は流通していない。
流通しているのは銀行券です。「日本銀行券」
ちゃんとそう印刷されてます。
明治初期の太政官札・民部省札などが(政府)紙幣の代表例です。

紙幣と銀行券との区別は
政府の発行によるものか、政府認可の特定銀行の発行によるものかによります。
おおまかにいうと。

豆知識お粗末。

121 :五十川卓司:2006/12/26(火) 07:58:43 ID:GwN37HPH
参考資料>>119

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/regulate/1162812685/220
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/regulate/1162812685/223
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/regulate/1162812685/228

122 :T:2006/12/26(火) 08:07:50 ID:K5Rda0MU
映画の「ペーパームーン」でも同じような場面があった
詐欺の手口でだけど(w

中国人=一部の不心得者じゃなくて
まんまと引っかかったクラブのオーナーが悪いだろ?
マナーの面からいえば悪いが

123 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 08:11:56 ID:iolD5XXW
「一万円札には日本銀行券と書いてあるだろ。
これは馬券とかと同じで、いつ無効になるかわからないという意味だ。」
BY 両津勘吉(かなり古い台詞なので、うろ覚え)

124 :五十川卓司:2006/12/26(火) 08:15:01 ID:GwN37HPH
電話会社が賃貸している住宅でも、風俗店舗が賃貸している住宅
でも、その錠鍵は、大家である経営者が、従業員の住宅に侵入を
して、金品を窃盗したり、会話を盗聴したりしているという意味
で、同類であったということだろう。>>122

125 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 09:44:08 ID:mc1r0gRP
例によって中国のマナー意識の遅れを批判するのかと思ったら
日本もハイテクで同じことをしてるわけか。
まあ、現金自動預け払い機が街中にあって24時間使えるという点では
日本より香港のほうが進んでいたから、この技術も中国からの輸入かもしれんが。

中国が遅れた日本ではなく、未来の日本の姿かもしれない、というのは
イヤだな。

126 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 11:04:33 ID:U2Jxhltt
中国人は、物を粗末に扱うのか、拝金主義じゃないのか、
はたまた、国の権威をありがたがらないのか。
まあ、日本人でも札を踏んで段ボールに押し込んだ、
って連中もいるようだから、他人の事はいえないか。
 
というか、コンビニのATMって、700万も入ってたのな。
吃驚だ。

127 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 11:36:39 ID:b0uyxjrh
中国人ダンサーは合法的に滞在しているのかなあ?
不法滞在、不法就労は窃盗と同じくらい重い犯罪だよ。

128 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 11:42:59 ID:QAFZjEet
たまに見かける人もいるはずなんだが、小売店舗で集金勘定して束にした札のはしに
鉛筆で記号や番号書いてそろえておくとか、その程度はやるから絶対何か書いては行けませんと
言われるとそう言った行為も当然違反。良識の範囲で汚さないようにと言う事を周知するのが
日本流だろう。あまり汚すと読み取り機が読まなくなるから結局自分が困る事になったりもするし。

129 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 14:26:16 ID:b0uyxjrh
3Kの記者は良識がないよな。

130 :>116<119、中国も日本も半島も同じようなものなのか?:2006/12/26(火) 18:05:49 ID:xp/ty/jU
糸山英太郎元自民党衆院議員の元秘書が家族ともども“行方不明状態”2006/12/25 夕刊フジ
http://www4.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=429793&log=20061213
糸山・石原連合に手も足も出ない地検特捜部
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
■石原都知事がもらった2000万円(佐藤立志のマスコミ日記)
(前略)日時は今年の9月14日、場所は高級料亭の吉兆。
金は糸山が1500万円を出している。
石原は糸山になんでそんな高額な金をもらう下賤な奴になりさがったのかと思いきや、
もともと金にはきたなかったようだ。
この記事で指摘しているのは三男は2000万円のうち500万円をもらってるのに
政治資金収支に記載がない。当然、本人はもらったなんていわないわな。    
公費使ってヨットだの、馬鹿息子に迂回の公費だの、石原は都民の血税を何と思っているのか。
東京オリンピックでごまかすなよ。
石原のでたらめぶりは、このサイトがまとめている。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/chintaro05.htm
えらそーに天下国家を論じながら、糸山ごとき怪しげな人物から金を押し戴く、
品性のいやしさ。海外に妻を公費でファーストクラスで連れて行く傲慢さ。
小泉改革と同じだ。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
石原宏高衆院議員(自民党)が昨年九月、水谷建設元会長と料亭で500万円。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-12-10/2006121015_02_0.html


131 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 20:18:58 ID:izMeFMuw
二週間ほど前、日本銀行から100mほどしか離れていない日本橋一丁目で
自販機荒らしが行われていたのを見て驚いた。
ま、日本銀行自体の警備が厳重なだけで、ちょっとでも離れたところは、
人気の少ない狙い目の場所なのかもしれんが。
あと、日本銀行も外堀通り沿いなんかからは簡単に入れそうな気もする。

132 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 21:22:18 ID:7YOWM2sI
「週刊現代」記事に政府が抗議文 拉致問題で講談社に
http://www.asahi.com/national/update/1225/TKY200612250330.html

たかだか週刊誌の記事に政府が抗議というのは正直違和感が否めないな。
よほどこの問題には立ち入って欲しくないものと見える。そうなると逆に興味
が沸いてくるものだが。
そういえば最近地村夫妻の話がとんとニュースにはなりませんな。元気に
なさっていればよろしいのですが。


133 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 22:03:57 ID:2kRLc2zX

地村夫妻に何か工作中ですか?>>132

134 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 22:17:39 ID:izMeFMuw
>>132
蓮池が抗議するなら分かるが、政府が抗議する理由がさっぱり分からんな。
ていうか、政府が抗議して、蓮池が抗議していないってのがあべこべ。

135 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 22:19:53 ID:Gd8ymRMp
>>132
爺さんの乳舐め事件でタブーになったんじゃね?

136 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 22:30:33 ID:IRjNfSN/
日本政府は最近ピンチだから、拉致問題で話を逸らしたい
だけだと思う。

137 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 23:10:36 ID:vSK1LdIy
>134
記事が事実でもおかしくないでしょ。責めるつもりもないが。
この記事が重要なのは、目下拉致で話題になってる人が何している(た)のか
に思い至る人たちがたくさん出てくることじゃないの?

138 :文責・名無しさん:2006/12/27(水) 00:02:22 ID:OoN6PDJV
自民党がやばくなったら自民党北朝鮮支店のジョンイル君がミサイル飛ばしてくれるよ

139 :文責・名無しさん:2006/12/27(水) 00:31:31 ID:7FARseiQ
そういや切手刷るの外国に外注に出してなかったっけ。

140 :文責・名無しさん:2006/12/27(水) 06:19:29 ID:/xneAnrX
>>138
産経新聞には載ってないかもしれないが、今だにイラクではアメリカ兵が
死にまくってるんだぞ。自民党の選挙対策で北が核実験したらアメリカが
困るじゃないか。


141 :文責・名無しさん:2006/12/27(水) 06:40:10 ID:Yb8Uq68W
耐震強度偽装事件の張本人、姉歯秀次被告(49)が、構造計算書を偽造し、強度不足が明らかになった
マンションのひとつ、グランドステージ池上の解体工事がきのうから始まった。近くの池上本門寺の境内
には、関東最古の五重塔や幸田露伴の墓がある。

 ▼露伴の名作『五重塔』を持ちだすつもりはない。70万円のブルガリの時計、850万円のベンツ、
愛人には30万円のネックレス−。ぜいたくな生活を求めてやまない金銭欲が、
検察側のいう「巨大な鉄とコンクリートの凶器」を生み出した。

 ▼1級建築士の資格そのものを汚した人物といっしょに語るのは、暴風雨にもびくともしない五重塔を
作り上げたのっそり十兵衛とそれを見守った川越の源太に失礼というものだ。姉歯被告は、不正発覚後は
他人への責任転嫁に努める。木村建設の東京支店長に圧力をかけられたとの、国会での証言もまっかなうそ。
仕事を請け負う前から偽装に手を染めていた。

 ▼法廷では「震度5の地震にも、偽装物件は倒れなかった」とうそぶき、裁判長が「あなたの話には切迫感
がない」とたしなめる場面もあった。きのう東京地裁が下した判決は、懲役5年、罰金180万円。求刑通りだった。

 ▼父、露伴の隣に眠る幸田文に『崩れ』という作品がある。文は70歳をすぎてから自然の猛威が残した
つめ跡を各地に訪ねた。作家の感性はそこに荒々しさだけでない、生あるものの哀(かな)しみ、優しさまで
見いだしている。

 ▼もっとも人命軽視、拝金主義、無責任…姉歯被告のモラルハザードがなだれを打った後の荒涼たる風景には、
さすがの文も共感を寄せるのは難しいだろう。そこには、住む家を失い、ローンにあえぐ被害住民の嘆きの声が
響くばかりである。

142 :文責・名無しさん:2006/12/27(水) 06:44:36 ID:UYMoVKNy
>141
>露伴の名作『五重塔』持ちだすつもりはない
といいつつその後でしっかり触れているのはいかがなものか。

143 :文責・名無しさん:2006/12/27(水) 06:49:59 ID:slngQooh
自民=産経的には、姉歯の単独犯、ということで・・・。

144 :文責・名無しさん:2006/12/27(水) 06:53:18 ID:4TNjRvj5
失礼だが、これこそ境界的。

145 :文責・名無しさん:2006/12/27(水) 07:26:58 ID:YDVYpFZD
偽装と金銭欲と関係あるのかな?
なんか変だよ。

146 :T:2006/12/27(水) 08:08:50 ID:98pUSUbt
「まっかなうそ」と言いきるのは無理があるな
設計料だって単価からいえば金銭欲とも言い切れない

スケープゴートという言葉そのもの

147 :文責・名無しさん:2006/12/27(水) 09:35:41 ID:LODAFgAi
藤田元社長が姉歯をかばいだして、国を責めてるのも不思議だ。

148 :文責・名無しさん:2006/12/27(水) 10:32:35 ID:xFmyMIPM
>>141
>もっとも人命軽視、拝金主義、無責任…姉歯被告のモラルハザードがなだれを打った後の荒涼たる
>風景には、さすがの文も共感を寄せるのは難しいだろう。そこには、住む家を失い、ローンにあえぐ
>被害住民の嘆きの声が響くばかりである。
姉歯被告の実刑は当然としても、耐震偽装を見抜けなかった指定確認検査機関(何のための「建築確認・
検査の民間開放」か?w)や、実際に姉歯物件を扱った不動産会社と建築会社だって、「人命軽視、拝金
主義 、無責任」のオンパレードだよ。産経抄子はそのような連中に共感を覚えるのかな?
耐震偽装の罪を姉歯被告だけに被せるのは“トカゲのしっぽ切り”にしか見えないね。

149 :文責・名無しさん:2006/12/27(水) 11:14:37 ID:GgpZs/iw
このままだとほんとに行政の検査機関や行政が民間に委託した検査制度については
まったく触れられないで終わってしまうな。モラルハザードで日本が滅びてももう仕方がないかもしれない。

150 :文責・名無しさん:2006/12/27(水) 12:34:00 ID:JhNAgk+Q

森元総理大臣とAPAグループと産経新聞の関係

おもしろいよ


151 :文責・名無しさん:2006/12/27(水) 18:14:40 ID:/tyyQ/rR
民間企業の経営は素晴らしいんですよ。
民間企業が人命を軽視するはずありません。
公立小中学校にも民間企業の手法をw 
 
>>141
 
池上本門寺は日蓮宗の大本山なんだな。
http://www.honmonji.or.jp/
 
五重塔は徳川秀忠の病気平癒の御礼に寄進されたんだって。
これで耐震偽造してたら、それはそれで凄いドラマだw

152 :文責・名無しさん:2006/12/27(水) 20:38:41 ID:y1Ae8p2Y
>>142
産経社員の言行不一致は毎度のこと。

153 :文責・名無しさん:2006/12/27(水) 20:52:19 ID:nHM1G+Fe
「言行不一致」(書いたものと実際の行動が違う)ならまだいいけど、
産経記者の場合は「原稿不一致」(1本の原稿の中で一致しない)だからな・・・。

154 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 06:00:07 ID:7w1/chpu
石油ジャブジャブの産油国のいくつかは、独裁国家やテロ国家というから憂いは尽きない。 それでも、「アラブの暴れん坊」
が率いたイラクとリビアでは、大きく明暗を分けた。イラクの元大統領フセインは毒ガスで罪なき人々を虐殺し、運が尽きて
死刑が確定した。 少しは処刑される側の恐怖が分かるだろう。

 ▼米大統領に刺客まで送ったリビアのカダフィ大佐は、もう少しずる賢い。 「悪うございました」と米国に恭順の意を示し、
いまは石油収入でウハウハだ。一昨年には米国の経済制裁が解かれ、このたび、日本企業が油田の2鉱区を 落札できたのはめでたい。

 ▼カダフィ大佐のことを「純粋な指導者」と持ち上げた新聞もあったが、大佐の過去は血塗られている。40年近くも前に、
首都トリポリでクーデターを起こし、国王の縁者を欧州まで追いかけ回して皆殺しにした。

 ▼現地商社マンだった浮貝泰匡さんは著書『カダフィに狙われた男』で、 縁者のリビア人社長との間一髪の脱出行を描く。
社長は欧州中を逃げ回った揚げ句にミラノ駅頭で凶弾に倒れた。カダフィの狂気は西ベルリンのディスコ爆破、ローマ、
ウィーンの空港爆破にとどまらない。

 ▼レーガン大統領にまで暗殺団が差し向けられると、さすがの米国も切れた。大佐の居宅をピンポイントで空爆し、
末娘が死んだ。このとき大佐が、日本のラブホテルで使われる回転ベッドを愛用しているのがばれたことはおかしい。

 ▼そのカダフィもイラク戦争後の標的になることを恐れ、核放棄を宣言して査察団を受け入れた。米国はこの
「リビア方式」で北朝鮮を説得する。迷える北の将軍様は、どちらが得かで天秤(てんびん)にかけているだろう。
「生き残り」のすべは、核より食糧だろうに。

-------
戦争しないですむならいいと思うんですが・・。
「将軍様」も核は手段にすぎないとわかってやっているでしょ?
金・食料と交換するための。

>>153
座布団1枚


155 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 06:18:48 ID:Jv+0eV9m
>>154
血塗られたカダフィ大佐のことを「敬虔なる伝道者のよう」「丹波哲郎さんみたい」
と持ち上げたコラムニストがいました。


2003.12.26 産経抄
▼米CNNテレビのインタビューに答えているリビアの最高指導者・カダフィ大佐が、敬虔
(けいけん)なる伝道者のように見えた。俳優の丹波哲郎さん似の風貌(ふうぼう)で、北朝鮮
やイランに対し「自国民に降りかかる悲劇を避けるために、リビアを見習え」と。

156 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 07:18:12 ID:Dt5IRKkQ
>>154
リビアは、アラブといっても北アフリカだからな。
早くからローマ帝国の支配地域だったリビアと、イラクとは歴史文化が違う。
実際に戦争をした、という重みも違う。欧州との地理的文化的結びつきも違う
から、欧州の関与の度合いも違う。だから、フセインが欧州に仲介役を期待し
て、査察受け入れで打開を図っても、無駄だった。アメリカは最初から「やる気」
だったから。
同様に、北朝鮮には北朝鮮の地政学がある。核を放棄したって、石油はわいて
こないわけだしね。

157 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 08:43:58 ID:9SM4AxBX
でも、今日の産経抄は、お下品で扇情的でいかにもって感じでいいぞ。

158 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 09:56:52 ID:yFvooZxU
「南京虐殺は捏造」「東京裁判は勝利者の一方的な裁きで無効」という主張から
産経は手を引くつもりなんだろうな。

159 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 10:38:49 ID:9BJ9lHcm
「アメリカ様に土下座すれば幸せになれます」の一文で済むな

石井なみの人材が育ちつつあるようで、何よりだw

160 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 11:03:48 ID:PsZoHDHd
カダフィ大佐って昔、米プレイボーイ誌にインタビュー受けたとき女性記者に「オレの2号に
ならないか?楽しいぞ」って迫ったらしいね。
ナショジオ誌のインタビューもあったけど、凶暴ではあるが話は通じる合理主義者って印象
だった。「敵国」のジャーナルのインタビューを受け入れて、自分の言葉で語るという態度
がフセインと明暗を分けたんじゃないだろうか。後知恵だけどフセインの態度は米にとって
も日本にも不幸だった。イランと関係を修復しないかぎり、こんどは悪夢再びのソマリアだ。
原油やガスの売り手市場が強気にさせてるけど、もう「原理主義ドミノ」だねこりゃ。

161 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 14:35:39 ID:WTp7Lw2Y
昭和天皇の殺害をこころみた奴の本を出版してる新聞社が偉そうなことを言うな

雄誥―大東亜戦争の精神と宮城事件
西内 雅 (著), 岩田 正孝 (著)
出版社: 日本工業新聞社 (1982/01)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4819105183


162 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 15:09:41 ID:7zJsgt0T
方法論知ってる?改正/破棄/無効確認 ●http://www.youtube.com/watch?v=DmX6lgYd4UI
方法論知ってる?改正/破棄/無効確認 ●http://www.youtube.com/watch?v=DmX6lgYd4UI
方法論知ってる?改正/破棄/無効確認 ●http://www.youtube.com/watch?v=DmX6lgYd4UI
方法論知ってる?改正/破棄/無効確認 ●http://www.youtube.com/watch?v=DmX6lgYd4UI
方法論知ってる?改正/破棄/無効確認 ●http://www.youtube.com/watch?v=DmX6lgYd4UI

163 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 15:50:17 ID:g41McDgk
>>154
>イラクの元大統領フセインは毒ガスで罪なき人々を虐殺し、運が尽きて死刑が確定した。
>少しは処刑される側の恐怖が分かるだろう。
そのような独裁者でも、利害が一致したこそ、一時的にせよアメリカもフセインと手を組ん
でいたけどな。アメリカにとって都合が悪ければ、使い捨てられるということか。

164 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 16:19:55 ID:IOO+BP3Z
退任したアナン事務総長が言うように、イラクはフセインに任せといた
方が良かったんじゃない。アメリカ軍、イラクの一般市民ともに膨大な
犠牲を出し続けてるわけで。
それに今日の産経抄は北朝鮮の核問題に関して、軍事的な解決は無理だから
金で解決しようといってるようなもので、それじゃあ膨大な金額を吹っかけられる
だけだろ。(資金援助を渋る日本からは、思いやり予算として徴収して、北朝鮮に
流すつもりなのかな。)

165 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 16:35:19 ID:FzpOKL/r
夕刊紙のコラムはいちいち書くことが下品だな。

166 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 16:58:03 ID:dAaEj80l
産経新聞は朝刊紙ですが。夕刊は夕刊フジにお任せ。
夕刊フジよりはいくらか上品なんだよなあ。これでも。

167 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 20:58:32 ID:fn2m71Wf
>>154
「イラク戦争後の標的になることを恐れ」って・・・www
イラク戦争はいまだに終わっていないし、十年たったって、
終わっているかどうか分からないというのに。
産経社員の脳内お花畑って凄いね。

リビアが核放棄を宣言したのは、チヌークダウンがあって、
イタリア軍基地の入り口で自爆攻撃があって、多国籍軍の死
者が初めて三桁に達した2003年11月の翌月。
アメリカが戦線拡大を行うなんて、誰の目にも不可能だと明
らかになっていた頃の話。
翌年のカダフィの行動を見れば、アメリカなんか眼中になく、
EUの拡大に合わせた行動であったことは明白。
EU拡大の式典にはカダフィ自身が出席して首脳会談も行った。
アメリカには一度も行かなかったのに。
逆に、アメリカがリビアに特使を派遣したことはあったが。

>>157>>159
確かに。産経抄以外では、滅多に見られない内容だ。

168 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 21:29:54 ID:/TDie43K
毒ガスで罪なき人々を殺すのは汚い殺人。
大量破壊兵器がうんぬんと言って通常兵器で罪なき人々を殺すのは綺麗な殺人。

という事なんでしょうな。罪なき人々なんて言ってたらアメリカ人なんて大統領を選出した責任で
全員死刑にせんとならんくなる。

169 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 21:47:41 ID:IOO+BP3Z
>>迷える北の将軍様は、どちらが得かで天秤(てんびん)にかけているだろう。

北の将軍様はイラクモデルでもリビアモデルでもなく
パキスタンモデルで行くとかなり前に決断してると思われ。
リビアモデルとの間で悩んでるというのは、産経抄の願望だろう。



170 :T:2006/12/28(木) 23:57:22 ID:o1ZB6FUf
リビア空爆の時に国王の宮殿で寝ずに庭にテント貼ってねていたから
回転ベッドも旧国王の持ち物だったんじゃないの?(w
カダフィは大統領でも将軍様でもなくクーデターの時のまま「大佐」で勲章も着けない
権力欲も私利私欲なく本当に愛国心のみが行動原理の人なんだろうな

だからかえってたちが悪い(w

171 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 00:19:32 ID:NU3m0WkC
>>154
>大佐の居宅をピンポイントで空爆し、末娘が死んだ。
>このとき大佐が、日本のラブホテルで使われる回転ベッドを
>愛用しているのがばれたことはおかしい。

人が死んでんねんで(´・ω・`)

172 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 03:15:13 ID:gq3xDe5/
>171
アメリカのテロは正義のテロ!

173 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 06:47:32 ID:pdOl60yh
血は水よりも濃い、とはよくいったものだ。佐田玄一郎前行政改革担当相の辞任で急遽(きゅうきょ)、ピンチヒッターに立った
渡辺喜美氏は、顔立ちはむろん、栃木なまりのしゃべり方もおやじのミッチーこと故・美智雄元外相そっくりになってきた。

 ▼父親は、歯に衣(きぬ)着せぬおしゃべりが売り物で、放言癖もあったが、議員や記者の相手をしたあと、深夜一人で何時間
も机に向かっていたという。それも息子に遺伝したようで、何事にも一言多く、自民党の長老たちから疎んじられながらも経済政策
では一家言持っている。

 ▼そんな一匹オオカミ的存在である渡辺氏を安倍晋三首相は「突破力がある」と抜擢(ばってき)した。確かに安倍政権にいま
足りないのは難局を打ち破る力だ。政権の一大事に党の大黒柱である中川秀直幹事長が海外旅行中とは、あまりに緊張感がなさすぎる。

 ▼9月の自民党総裁選にライバル視された福田康夫元官房長官が出馬せず、楽勝で総理の座を得たのが結果的によくなかったようだ。
党・内閣人事は論功行賞と仲良し登用に終始し、苦みと馬力に欠けた。そのツケが就任3カ月で一気に噴出しているようにみえる。

 ▼きょうから首相官邸も年末年始の休みに入る。行く年の反省点をじっくり点検し、来る年に備える絶好の機会だ。
その折にぜひとも考え直してもらいたいのが靖国神社参拝である。

 ▼首相は「行くとも行かないともいわない」と繰り返すが、一国の首相がこのまま曖昧(あいまい)な態度を続けて
いいはずがない。映画「硫黄島からの手紙」のクリント・イーストウッド監督は「国のために戦い亡くなった人々を
忘れてはならない」と語る。戦死者を心から慰霊する、首相として当たり前のことができなくては政権の再生もおぼつかない。

--------

政局かと思えば靖国かよ。
天皇陛下も行かねって言っているし、産経太鼓もち乙。

174 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 07:46:58 ID:/KL3VzA3
>173
それにしてもなんでいったいここまできて産経は、
「安倍が悪い」あるいは「安倍も悪い」といった
ごく普通のことを一言も書かないんだろう。
靖国参拝すべきという論ならそれはそれで、
「参拝を明言しない安倍はけしからん」とか
言えばいいのに、なんで言えないんだろう。

175 :T:2006/12/29(金) 08:13:31 ID:dQikDPVa
佐田にしても本田にしても解任できずに
「一身上の理由」で辞任
安倍は操り人形としては優秀なんだろうが自分自身の考えで発言や行動が出来ない
後は野となれ山となれと放り投げた小泉の責任もある

しかし・・日本は世襲議員ばかりの封建主義時代に逆戻り


176 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 08:16:21 ID:qOWWqx2t
【産経抄】

 血は水よりも濃い、とはよくいったものだ。佐田玄一郎前行政改革担当相の辞任
で急遽(きゅうきょ)、ピンチヒッターに立った渡辺喜美氏は、顔立ちはむろん、栃木
なまりのしゃべり方もおやじのミッチーこと故・美智雄元外相そっくりになってきた。

 ▼父親は、歯に衣(きぬ)着せぬおしゃべりが売り物で、放言癖もあったが、議員
や記者の相手をしたあと、深夜一人で何時間も机に向かっていたという。それも息
子に遺伝したようで、何事にも一言多く、自民党の長老たちから疎んじられながら
も経済政策では一家言持っている。

 ▼そんな一匹オオカミ的存在である渡辺氏を安倍晋三首相は「突破力がある」と
抜擢(ばってき)した。確かに安倍政権にいま足りないのは難局を打ち破る力だ。政
権の一大事に党の大黒柱である中川秀直幹事長が海外旅行中とは、あまりに緊張
感がなさすぎる。

 ▼9月の自民党総裁選にライバル視された福田康夫元官房長官が出馬せず、楽
勝で総理の座を得たのが結果的によくなかったようだ。党・内閣人事は論功行賞と仲
良し登用に終始し、苦みと馬力に欠けた。そのツケが就任3カ月で一気に噴出してい
るようにみえる。

 ▼きょうから首相官邸も年末年始の休みに入る。行く年の反省点をじっくり点検し、
来る年に備える絶好の機会だ。その折にぜひとも考え直してもらいたいのが靖国神
社参拝である。

 ▼ 首相は「行くとも行かないともいわない」と繰り返すが、一国の首相がこのまま
曖昧(あいまい)な態度を続けていいはずがない。映画「硫黄島からの手紙」のクリン
ト・イーストウッド監督は「国のために戦い亡くなった人々を忘れてはならない」と語る。
戦死者を心から慰霊する、首相として当たり前のことができなくては政権の再生もお
ぼつかない。
(2006/12/29 06:22)


177 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 08:23:07 ID:GM1rjOZy
名前が出てきたのすべてが世襲議員ってのがすごいな。
世襲じゃないのはクリント・イーストウッドだけか?

178 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 09:16:30 ID:WEMB6PwP
「国のために戦い亡くなった人々を忘れてはならない」て書くけど、
「父親たちの国旗」とセットで見れば、その「国」の意図するものが、
産経的な「国」のあり方とは真逆なんてすぐわかるのにな。

179 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 09:34:57 ID:UKUoN7mR
>>173
相変わらずの頓珍漢ぶりだが、実に産経抄らしくて良い。
唐突に靖国神社参拝を持ち出すあたりなんか、お爺ちゃんが憑依したのかとさえ思った。
佐田玄一郎の辞任の原因には全く触れないところも、産経らしくて素晴らしい。
「苦み」ってのも意味不明で産経らしい。
クリント・イーストウッドの「追悼」についての発言の直後に「慰霊」の話にすり替える
あたりも、産経の伝統を受け継いでいこうという気概が感じられて頼もしい。

180 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 09:46:25 ID:L+wBWvdd
せっかく、うやむやになったのに、また靖国を持ち出すとは、
産経は、いったい、どちらの側なのだ。

181 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 10:27:27 ID:zG7czDB4
中国政府
(工作資金)

産経
(靖国記事)

反中世論喚起高揚

「歴史カード」有効期間延期

中国政府ウマー




産経は中共の工作員?

182 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 11:45:44 ID:GloMrWld
>>180
しょせん『ファンクラブ』という釣り堀のまき餌だからね。
じっさい面白いほど釣れる。

183 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 13:06:16 ID:HA1OEXdo
販売店のものです。スレ違いかもしれないけど書かせていただきます。
産経本社はEXは初期コンセプトとして「無読層に向けた安い新聞」
として 販売店に言ってきました。
もちろん販売店も今の無読層に危機感を持っているわけでして最初は売る気
でやるわけですが・・試読なら結構申し込みがきます。
でもお客さんに感想を 聞くとほとんどが「週刊誌みたいだね」
「読んで見たけどやっぱり違う」 「チラシ入らないからいいよ」等批判的な意見が多いです。
自分も見ていますがたしかに片手間で暇な時に読むならいい新聞です。
でも無読層自体読まない理由が「忙しいから読んでる暇が無い」 「ネット等で情報が取れる」
が大半です。
EXの記事自体ネットの丸写し状態で 意味が無いわけで紙面改革しても
今までの印象はぬぐえないと思います。
チラシを入れても産経のチラシ状態じゃ意味無いと思いますしねw
十分なリサーチもしないいまま無読対策名目で新媒体出しても売れるわけ無い。
本社はこのEXが売れないと本社が潰れるとのたまわってますが本当にそうなら
潰れた方がいい。全責任を販売店に押し付けるアホ専務が居る限り産経は無理



184 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 15:48:06 ID:n34CrcpC
首相が特定の宗教に肩入れするのはどうか、などの批判があれば
「個人の心の問題だ」とか言いつつ、
首相が参拝に対し曖昧な発言をすると、
「参拝すると公言しろ」と言う。
矛盾してるよ・・・

靖国に参拝しなきゃ戦死者を追悼することにはならない、
というのは産経としてはそうなんだろうけど、
相手は宗教団体なんだから、宗教に入信しろ、と強要してるようにも受け取れてしまう。

185 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 16:07:47 ID:HA1OEXdo
>> 映画「硫黄島からの手紙」のクリント・イーストウッド監督は
「国のために戦い亡くなった人々を忘れてはならない」と語る。

忘れてはならないも何も、アメリカ軍のイラクでの戦死者が数日中にでも
3000人を突破しそうな勢いなんだが。
よその国の慰霊とか追悼とかいう前に、現在進行中の戦争を何とかしろよ。
アメリカは。それから3Kは五十年以上前の戦争やさらに前の日露戦争は覚えていても
イラクで現在進行してる戦争は見事なぐらい忘れてるじゃないか。

186 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 16:08:20 ID:gxrPuITC
::::::::::::::::::::::   ____,;' ,;- i                            ト------ ┤
::::::::::::::::::   ,;;'"  i i ・i;         _____           |      |
:::::::::::::::  ,;'":;;,,,,,, ;!, `'''i;        /⌒   ⌒  \        |      |
:::::::::::  ,/'"   '''',,,,''''--i      /  −、 −、       \   vvvvvvvvvvvvvvv
:::::::::  ;/  .,,,,,,,,,,,,,,,,,   ;i'di;   / /|  ・|・  | ̄ ̄\   ヽ  |≡≡≡≡≡≡≡|
:::::::  i;"     ___,,,,,,,  `i" .    |/  `-●−′      \ |  | コーンポタージュ味 .|
::::::: i;    ,,;'""" `';,,,  "`i;  |.               ヽ.|  |          ..|
::::::: |  ''''''i ,,,,,,,,,,  `'--''''"    | (______      l   |  ─   ┼ |  |.│
::::::: |.    i'"   ";          ヽ               /   | ──┐┼ |  |.│
::::::: |;    `-、.,;''"           \             /    |    /.◯\レ |.│
::::::::  i;     `'-----j         l━l><l━━━━┥   

187 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 17:05:24 ID:GloMrWld
ほんとにつまらんスレだね
ビチビチと喰らいつきなよ

188 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 17:36:42 ID:zd9HhBCL
>>184
やたらと軍靴の足音が聴こえてくる奴と同じような精神状態だな。

>首相が特定の宗教に肩入れするのはどうか、などの批判があれば

そもそもこんな批判はサヨの脳内にしかない。小泉が神道の普及を
願っていたなんて誰も思ってないだろ(笑)。

>首相が参拝に対し曖昧な発言をすると、

本来中国のいちゃもんだが、靖国参拝のせいで日中関係が悪くなったと
いいはるサヨ世論を考慮しての曖昧戦略だから、本来の保守は不満だろう。
なんの矛盾も無い。

>靖国に参拝しなきゃ戦死者を追悼することにはならない、
>というのは産経としてはそうなんだろうけど、

産経がこういう主張をしているかどうか俺は知らないが、もちろん
靖国以外でも追悼はできる。しかし、中国とサヨのいちゃもんで
靖国に堂々と参拝できないのはいかにも残念だ。

189 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 19:16:26 ID:kRdaNIIZ
>>188
相変わらず産経を普段から読んでない人ほど「サヨ」認定した相手と
シャドーボクシングして勝利宣言することが多いですね(笑)

190 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 19:33:21 ID:zd9HhBCL
勝利宣言にみえたのか? 不満があるなら具体的に批判してもいいんだぞ。

191 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 19:41:53 ID:nEj3AC6M
とりあえず産経読んでない人間はお断り(笑)
とりあえずサヨって言っておけば自分が優位とか何年前の流行?(笑)

192 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 20:31:24 ID:6JkDGdwB
シャドーボクサー相手に具体的な批判を試みるほどには
マニアックじゃないんだ。ごめんな。


193 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 21:23:21 ID:n34CrcpC
「行くな」とか言われると「個人の心の問題、信教の自由だ」とか言いつつ、
一方で「参拝しろ」と言う。

さすが、としか言いようがない。

194 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 21:41:51 ID:QHJuHYt8
アメリカから見れば、東条英機もフセインもカダフィも一緒だろ。
サダムフセインを死刑にしたら、フセインを殉教者と崇めるイラク人が出てきて
アメリカと衝突すると思うのだが、そのときはどうするんだろうな。


195 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 21:48:45 ID:N0tOMIEW
>>173
これって「信仰しろ!」と強要してるに等しいな。
産経マジで狂ってる。

196 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 22:23:02 ID:zd9HhBCL
>>195
日本人はキリスト教徒でなくてもチャペルで結婚式をやるだろ。

「靖国に参拝しろ=神道を信仰しろ」ではないことは自明だと
俺は思うが。そもそも、産経がいっているのは「はっきりしろ」
ということだろう。参拝しなければ、それはそれで批判する
だろうが、それと今日の産経抄の文意は一応別だ。

というか、日本の政治家、とくに自民党の政治家は多く靖国に
参拝しているが、神道の信者か? 信仰心から参拝している
わけではなかろう。

なぜこんな薄っぺらなことを書くのかよくわからんな。

197 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 22:30:27 ID:HA1OEXdo
>>信仰心から参拝しているわけではなかろう。

韓国の国立墓地に参拝した北朝鮮代表団みたいだな。
それを本家世界日報が高く評価してたような気がするが。
(靖国参拝はもちろん強く批判してた。)



198 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 23:16:44 ID:3IiaACzd
今日の3k抄は本当に珍妙だねえ。ここまで靖国問題に粘着しているのに、それを
弁護できる、と思っている変な人もここに湧いているようだし。なんで書き出しから
結論が靖国参拝に繋がるのか、よほど靖国を国の骨格に据えたいようだなあ、もはや
カルト並の基地害新聞に成り果てたのだろうか...。まあ、元々こんな感じと言って
しまえばそれだけの事かも知れないが。

199 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 23:31:38 ID:kRdaNIIZ
>>196
>日本人はキリスト教徒でなくてもチャペルで結婚式をやるだろ。

全て個人の自由意思によってね。
で、わざわざ新聞紙面で強要するのとどう繋がるんだ?

>「靖国に参拝しろ=神道を信仰しろ」ではないことは自明だと
>俺は思うが。

で、これは裁判で係争中だと思うんですが?
自明って程自明ですか?

200 :文責・名無しさん:2006/12/29(金) 23:47:14 ID:THJseoDK
>>196
> >>195
> 日本人はキリスト教徒でなくてもチャペルで結婚式をやるだろ。

野放図な馬鹿を日本人の基準にせんでくれ。

201 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 00:04:36 ID:MjRe6ocg
仏教徒がキリスト教式で結婚式をやってもいい、ということは
戦没者慰霊のために靖国神社に行く必要はないし、
新しい追悼施設で慰霊を行ってもよいということだな。

202 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 00:14:03 ID:BmD3PUav
天皇に そっぽをむかれ でも神道


203 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 06:29:10 ID:nCnXCP16
【産経抄】
 年末寒波の襲来というのに、高松塚古墳が「丸裸」になってしまった。石室を解体、飛鳥美人などの
壁画を保存するため、その上を覆っていた墳丘を発掘し取り除いたからである。今更ながら見納めを
しておかなかったことが悔やまれる。
 ▼だが、発掘したおかげで新たな事実がいくつかわかった。名前の由来になった松の木がかつては
確かに植えられていた。南海地震では無数の亀裂が入るほどの影響を受けたことなどである。中でも
大きいのは、墳丘の土の間に「むしろ」を敷いた跡が見つかったことだという。
 ▼墳丘を築いたとき、土を数センチ積んではむしろを敷き、その上から「突き棒」で突き固める。そうし
て土の層がずれて崩れないようにしていったらしいのだ。道路などの地盤強化のため、土の間にシート
を敷く現代の土木工法にも通じる優れた技術と推定される。
 ▼技術もさることながら、感心するのは古代の人たちが丁寧に心をこめて古墳を築いたらしいことだ。
高松塚より200年以上古いが、世界最大の仁徳陵古墳について堺市博物館の樋口吉文さんに伺った
ことがある。すると、当時の古墳も実に丹念に造られていたというのだ。
 ▼それは一人が簡単に持てるほどの土を、長い年月をかけて積み上げていく工法である。樋口さんは
そのことから、古墳の造営は人々が強制されたのではない。自分たちの幸せを守ってくれた人を守ると
いう一種の宗教行事ではなかったかと推測しておられた。
 ▼高松塚古墳の被葬者は確定していないが、天武・持統期の皇子級の人物には間違いないだろう。だ
が被葬者と墳墓を築いた人たちの間は、通説の支配・被支配だけでなく、どこか心が通い合ったものでは
ないか。そんなメッセージを感じた。
(2006/12/30 05:03)
--------------------------------------
>古墳の造営は人々が強制されたのではない。
これはピラミッド造営でも同じようなことが言われているな。単なる強制ではあれほどの物は出来ないだろう
と現在では推定されている。そう、強制で取り繕うことが出来るのは一時的なものだ。


204 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 07:14:11 ID:UA8rwWbl
臣民根性を誇るなよ

205 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 08:12:19 ID:wKH2+PAy
まあ、根本的な問題としてすべての天皇陵とか言われてる物が現代においては誰が入ってたか
わかりませんって事になってる事だな。
なんせ、内部調査が禁止されてるんだから。わかってるのはお墓だろうって事くらいですね。

206 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 08:55:32 ID:G+LJEC3L
それに、古墳は間違いなく朝鮮からの渡来技術。

207 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 09:42:44 ID:Im3WYKTX
>>204
そう言うなよ。奴隷根性の染みついた、産経らしい結論ではないか。

>>206
ま、慶州なんか行くと、本当に古墳だらけだからな。
俺なんかは奈良のようなところだと感じたが、古墳の数は慶州の方が
桁違いに多いので、奈良の方が後追いなんだろうな。

208 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 10:07:25 ID:8wnjDFXM
東京裁判否定派の産経さんたちは、フセイン死刑には反対しなかったのかなぁ。

>>206
朝鮮で道具として使われていた銅鐸を、
日本ではありがたがって祭事に使ってたという、当時の文明の差とかね

209 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 10:08:56 ID:uj71RS52
主張を見ると堀江は日本最悪の犯罪者みたいですねw

210 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 10:10:04 ID:c9/fPIc6
>>東京裁判否定派の産経さんたちは、フセイン死刑には反対しなかったのかなぁ。

フセイン大統領はイラクの国内法に基いて死刑にされたんだと。
説得力ゼロだという気がするが。


211 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 10:34:43 ID:BCXH6ieL
>世界最大の仁徳陵古墳
いいなあ、このなにかと、他のものと比較して誇らざるを得ない哀れな精神状態。3k精神を
具現しているなあ。
>>210 フセイン統治下の法体系でフセインは死刑に相当する罪を犯したのだろうか?おら、
よく分かんね。

212 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 12:05:15 ID:xBxs7y5I
>世界最大の仁徳陵古墳
いいなあ、このなにかと、他のものと比較して誇らざるを得ない哀れな精神状態。3k精神を
具現しているなあ。

許してあげましょう。
大仙陵古墳は世界最大の面積の墓なのです。
高さは知りません。
でも、始皇帝陵よりもピラミッドよりも広いのです。

大仙陵の面積は世界一ィィィィィィィィィッ。
でいいじゃないですか。

213 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 12:18:41 ID:b9N7mxsx
墓を暴くなんて一生懸命に作った人々は嘆いているぞ。


214 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 12:27:33 ID:c9/fPIc6
産経が盲目的に支持してきたブッシュ大統領が一番の悪役に。

「06年の悪役」はブッシュ大統領1位・米国で世論調査
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061230STXKF042929122006.html
【ワシントン29日共同】米国人がイメージする2006年を代表する
「悪役」はブッシュ米大統領で、逆に一番のヒーローも同大統領―。
AP通信などが29日までに行った世論調査で、混迷するイラク情勢と
米国内のムードを反映した結果が明らかになった。
 米国人に「今年一番の悪役」として真っ先に思い浮かぶのは誰かと
質問したところ、 25%が米大統領と回答、2位となった国際テロ組織
アルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン容疑者の8%を大きく引き離した。
 3―5位はイラクのフセイン元大統領、イランのアハマディネジャド大統領、
北朝鮮の金正日総書記の順で、米大統領が「悪の枢軸」と呼んだ3カ国の指導者を
上回る皮肉な結果になった。
「今年一番のヒーローは」との質問でも、13%がブッシュ大統領と答えた。
調査は19―21日、約1000人に電話で行われた。 (11:27)

215 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 12:31:45 ID:Mg7DgiJb
その調査がきっと自虐的アメリカ人が行ったせいに決まってるよ。
きっとアメリカの「保守的な」メディアにとっては金とかフセインが最大の悪役。
そうじゃないと産経が困るからw

216 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 12:38:08 ID:iPQ6Mwrl
AFNで流してるAPのニュース構成がもろにそれだね。フセインの処刑とフォード元大統領の国葬の
ニュースが必ずセット。悪の権化の処刑と正義の合衆国大統領の死を比較させてる。
つーか産経は極東軍事裁判を「勝利者による一方的断罪」と言ってるんだから当然フセイン裁判にも
異議を唱えてるんでしょ?

217 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 13:38:57 ID:BCXH6ieL
>>216 3kに理屈が通じると思っているの?あと、ここに出没するウヨちゃんによると
例えば独裁国家とまがりなりにも民主国家であった日本は区別しなけりゃならないそうだ。
翼賛会以来は到底民主主義とは言えないと思うが、(そしてそれ以前のテロの横行の下で
どれだけの発言が出来るか、もあるが)実はそれでも彼の論理は破綻しない、無所属で
受かった人もいっぱいいるから。対外的にはその人達が「民主国家」の顔になり、国内では
同じ人達が今でも「アカ」呼ばわりってなわけだな。。

218 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 14:46:49 ID:7J+nG0C2
…などと「A級戦犯の位牌は怪しからん!」─叫ぶボクちゃん達でち>216>217

219 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 15:12:20 ID:qq/nST0X
いや、「位牌」はどーでもいいんだが。
靖国神社に祀られている名簿(正式名称忘れた)が問題なだけで。
岸信介の位牌は晋三の弟(岸家の養子)が守っているのかな。
それはそれでいいことだと思う。他家のことだからどーでもいいけど。

220 :217:2006/12/30(土) 15:27:49 ID:BCXH6ieL
>>218のような、脳内になんか変なものが湧いている人物を可哀想には思うが、同情は一切
できないなあ。ここら辺に湧いている「俺は云々・・・」かましている君よ、早く>>218
幼児を引き取ってくれよ。

221 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 15:30:14 ID:V+f43Flp
411 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 00:32:22 ID:Ll9SxmH80
【日本国終了のお知らせ】

皆様に永い間ご愛顧頂いた日本国は間もなく終了する運びとなりました。
幕引きの手順はサラリーマン終了→内需終了→日本経済終了→日本国終了の順でございます。
二千年の長きに亘るご愛顧、本当に有難う御座いました。
なお、跡地には「奴隷列島Japan(仮称)」が設置される予定でございます。

【政治】「ホワイトカラー残業代廃止制」など提言 安倍首相「しっかり受け止めてやりましょう」…規制改革会議が最終答申★3
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1167119925/

222 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 16:03:41 ID:7J+nG0C2
>>220
やや、琴線ならず、何本あるか知らずキミの脳線の1本にひっかかったかや?
位牌すら靖国にないこと知ってた?特亜三国では遺体が埋葬されていると思
われてたらしい。ボクちんの方が事情に詳しそうだね。
位牌も銘が記された抽象的なものであることは、墓を暴いて遺骸を毀損するこ
とで鬱憤を晴らすなる野蛮、幼児性の民族には理解できぬ。ボクちんのお仲間。

223 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 19:09:36 ID:GRcFQwEj
ネットウヨ得意の、脳内サヨクとのシャドウボクシングだな。
A級戦犯の位牌は、遺族が持ってるだろうし、墓は愛知県の三ヶ根山にあるよ。
「靖国にある」とか「どこにもない」とか、誰も言ってないだろ。

224 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 19:58:56 ID:zD+NcJsH
相手の言っていないことを脳内で作り出してしまうのは
相手の話をきちんと聞くことができません
と言っているに等しいな。

人の話はきちんと聞きましょうって
教えられなかったのだろうか?

225 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 20:47:30 ID:MgsrIoUx
>>216
東京裁判とは違うらしい……

2004年7月3日付「主張」

>悪名高い東京裁判のような「勝者による復讐(ふくしゅう)」劇にしてはならないこと
>は言うまでもないが、元大統領らは国民には与えなかった「公正な裁判を受ける権利」
>を、今度の裁判では与えられている。心に刻むべきだろう。

226 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 23:15:41 ID:Mg7DgiJb
・・・・で、戦中の日本ではあったのか?「公正な裁判を受ける権利」ってのは。
で、フセインが受けた裁判の公正さを、なんで2年も前に確信してたんだ?

227 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 23:19:51 ID:BCXH6ieL
>>226 まあ、あんまり突っ込みなさんな。馬鹿以外に関しては戦中の日本は法治国家で
無かったことなんて周知の事実なんだから。フセインの裁判に関しては何が
公正なのか、俺はそのあたりちゃんと理解していないので何とも言えない。

228 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 23:30:26 ID:LEzlxhZu
つまり東條も奥さんに陸軍の車を融通しなかったので
サイパン送りにして戦死させた塚本少佐や
懲罰召集での死者数百人や中野正剛を脅迫して自殺させた件で
有罪死刑にすればよかったわけですね。

229 :文責・名無しさん:2006/12/30(土) 23:39:11 ID:YDs18Six
>>191
>とりあえずサヨって言っておけば自分が優位とか何年前の流行?(笑)

そんな流行があったとは知らなかったな。つい10年位前までは、他ならぬ
サヨがウヨ側を、右翼、タカ派、保守反動などと言っていて、取り合えずそういう
レッテルを貼って自分が優位に立っているつもりになっていたみたいだぞ。

俺は「ここの住人」「サヨ」を連発しているが、それで優位に立っているつもりは
ない。意見の中身をいつも問題にしている。>>192みたいなカスは「ここの住人」
呼ばわりする価値も無いな(笑)。

230 :五十川卓司:2006/12/30(土) 23:47:29 ID:VUu/l61m
靖国神社において、軍隊の幹部と、徴兵された一般の人々の間で、
心の交流があって、「一体」として合祀されているのかどうかは、
非常に疑問である。

天皇崇拝は、「現人神」との虚偽において、洗脳であった事実が
明白であり、戦死者や戦没者と、職業軍人との間に、支配被支配
があったことは疑いの余地が無い。

海軍部と陸軍部とを藩閥支配していた薩長藩閥関係者が、旧幕府
関係者を差別して奴隷として前線に派兵していた事態において、
旧長岡藩の山本五十六氏が、どのような苦渋の決断をしたか、に
ついて、彼に全責任を押付していた岡崎久彦氏の産經新聞紙上に
掲載された言説は、事実に反して特異であったと言える。>>203

231 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 00:12:38 ID:G1wddk2G
>>229
いつも通りの
産経を読んでなくて
このスレの「住人」じゃなくて
サヨじゃない
事だけがアイデンティティの人のいわれのない優越感の吐露だけを書き込む
お約束レスでした。

来年もよろしくお願いします。

いなくなっても一向に構わないけど。

232 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 00:49:45 ID:ln0V+bwI
>>231
サヨじゃないことで俺が優越感を感じていると思うのは何故だ?

なんだかしらんがえらい自虐的というか、卑屈なことを書いてるぞ。

>来年もよろしくお願いします。

ここだけ礼儀正しいな。こちらこそ来年もよろしくな。

>いなくなっても一向に構わないけど。

まあそういわず、俺を感心させるようなことを書いてくれよ。

233 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 01:41:46 ID:BU3RR6V9
ID:ln0V+bwI
相手してもらえてすごく嬉しそう…キモチワル。

234 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 07:24:43 ID:pZa5ZXYs
 日本の正月はもともと、「年の神」を家に迎え、豊作を祈るものだった。「神聖な日」だったのである。
だから、大晦日までには身も心も清めておかねばならなかった。初詣でも大晦日の夜、物忌みして身を清める
風習が変じたのだといわれる。

 ▼借金も返済をすましておくものだった。樋口一葉の『大つごもり』では、大店(おおだな)に奉公して
いるお峯という娘が、育ての親である伯父の借金の利息だけでも大晦日までに返そうと、身の破滅まで覚悟
して奉公先の金に手をつける。清算はそれほど大事なことだったのだ。

 ▼その大晦日を前にフセイン元大統領の死刑執行のニュースが飛び込んできた。刑確定後、執行の時期に
ついてさまざまな情報が錯綜(さくそう)した。1カ月以上かかるとの見通しもあった。しかし結局は
「年内に決着をはかる」というマリキ政権の方針が貫かれたようだ。

 ▼一刻も早く「フセイン時代」を清算し、新年は新たな気持ちで国づくりに臨みたい。そういう正月の
ような発想なのだろうか。亡くなったフォード元米大統領が「長い悪夢は終わった」とニクソン時代への
決別を宣言、一時的に国民の支持を得たことも頭にあったかもしれない。

 ▼元大統領の死刑には反対も多かった。単純な死刑廃止論はともかく、イラクの治安が一段と悪くなる
との懸念は当然だろう。だが、刑確定後首相顧問の話として「死刑執行人になりたいというイラク人が
数百人に上る」との報道(米ABCテレビ)も無視はできまい。

 ▼最後まで揺れ動いた今年も、今日1日限りとなった。日本はといえば、教育基本法の改正こそなった
ものの、多くの課題を清算できず「借金」を抱えたまま年越しとなる。とはいえ、気持ちだけでも良い年
を迎えられますように。

-------
死刑を急いだのはなぜでしょうね?

>このスレの皆様

よいお年を。


235 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 07:58:45 ID:eoUFjxWW
>>234
一応、イラク人がフセインを裁き、処刑した、って筋書きは堅持したいわけね。
彼の身柄は、米軍が拘束してたとしても。でも、今日の日経朝刊には、彼が「人道
に対する罪」で裁かれた、とはっきり書いてあるな。ありきたりな意見だが、一説
には五万とも言われるイラクの民間人を殺したブッシュが「平和に対する罪」で裁
かれるのは、いつになるのかな。
「なぜ急いだか」はよくわからない。意外に、そもそも通常の手続きで別に急い
でない、みたいなつまらない理由だったのかもしれない。

236 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 08:09:12 ID:PU4WkIXe
イラクで昨日処刑で年内決着うんぬん言っといてマリキ政権?
イスラム圏の新年が西暦で語られるんだ。
ふーん。

237 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 10:05:42 ID:UVXnxmD8
それよりもフォード元大統領云々のくだりだろう

マリキはあれか?アメリカ近現代史の研究者だったのか?
フォードが死んだからと言って
世界中の人々が等しくその功績と言動を思い出すわけじゃないだろ

相変らず気持ち悪い『脳内共感』だな

238 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 10:15:53 ID:HGLJjpPZ
3K笑「処刑されたくなかったら、金将軍は核を放棄すべきである。」
本スレ「処刑されたくないから、核武装して対抗するんだろ。」
というやり取りを期待してたが、意外とまともな内容だ。
大晦日なので守りに入ってしまったようで、残念だ。

239 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 10:28:42 ID:ZsG0knSK
>>234
フセイン・イラクの「育ての親」がアメリカなのは完全にスルーされているな。マリキ政権の行く末は
どうなのかな?

>元大統領の死刑には反対も多かった。単純な死刑廃止論はともかく、イラクの治安が 一段と
>悪くなる との懸念は当然だろう。だが、刑確定後首相顧問の話として「死刑執行人になりたい
>というイラク人が 数百人に上る」との報道(米ABCテレビ)も無視はできまい。
サダム・フセインは日本の東条英機のように、特定の支持者によって「殉教者」「英雄」として崇め
立てられる存在になってしまったし、産経抄子の予測通り(?)、マリキ政権が火に油を注ぐ形にな
って、イラクの治安は悪化してしまったな。

>教育基本法の改正
タウンミーティングでの世論操作で汚点を残してしまったね。汚点を残したままでの「愛国心」教育
とは何だろうね?

240 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 10:42:00 ID:ZEKCBWRS
主張ひどいな。
イラク戦争も今度の裁判も評価は後世の歴史にゆだねようって、
2年前にフセインの裁判の公正さを確信してて、
イラク戦争が長いびいて泥沼化するって言ってたジャーナリストを恥辱の殿堂でつるし上げようって書いたのは
他でもない産経新聞だと思うんですが。

>>234
教育基本法に粘着。
アメリカ大統領の死(しかも「唯一の選挙で一度も勝ってない大統領」なのが一番の特徴の人)が、
現イラク政権の政治的判断に影響を与えたと言うお花畑っぷり。

最後まで産経抄でした。

>>238
まず産経抄の方がはっちゃけてくれないとどうしようもないw

241 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 11:06:21 ID:72kw7Jt2
>>239 実際我が国に何をトチ狂ったか東條如きを英雄視する馬鹿がネットなんかで
騒いでいる以上かの国ではフセイン派がネットなんぞでなく暴力をふるいまくるのかな、
と思うと憂鬱になるな。ただフセインがおとなしかった所見ると彼の同族は裏取引でもあって
騒がないんじゃないか?
>>240 中央公論で阿川尚之が半世紀もすれば今回の戦争は結果OKでよく捉えられているかも
知れないって言ってた。彼はブッシュをリンカーンになぞらえていたよ。でもその筆法は確かに
ペシミスティックな見方からすれば間違いの無いものだった。

242 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 11:16:07 ID:PU4WkIXe
>>241
そんなこと書いたのか?お父さんに殴り倒されるぞw


243 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 11:38:48 ID:ckPJnCHR
>▼元大統領の死刑には反対も多かった。単純な死刑廃止論はともかく、
 
裁判の公正さに疑義があるから反対してるんだよ。バーカ。
産経はもう二度と東京裁判批判はするなよ。

244 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 12:43:45 ID:HGLJjpPZ
フセイン裁判を不当と批判してきたリビアは30日、3日間の服喪を宣言、
犠牲祭の政府主催祝賀行事を中止して、強い遺憾の意を表明。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061230it11.htm

数日前の産経抄は、フセイン大統領とカダフィ大佐を取り上げていたが、
リビアは心根までアメリカ服従になったわけではないようだ。
日本とは大違いだな。

245 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 14:16:28 ID:yFhyN3tP
「世界日報」社説
むしろ自民党執行部は一時的な世論調査や支持率に動揺することなく、憲法改正
をはじめ総裁選で掲げた安倍首相の政権構想を薄めることなく着実に打ち出し実行
するため、より大きく政治的勢力を束ねることを目指すべきだ。
www.worldtimes.co.jp/syasetu/sh061129.htm


統一教会の機関紙であり3Kの姉妹紙でもある世界日報に
世論を気にせずガンバレ!って言われる安倍。


246 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 14:26:40 ID:nUY4j8J+
東京裁判の最新の研究は、国内外問わず
国際法秩序の確立という世界史の流れで
捉えて進められており、勝者による一方的な裁き
だから意味が無いといったような極端な
見方で捉える研究者はあまりいないそうだ。


247 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 15:20:05 ID:XvqhbS6A
>>245
つまり、ただひたすら文鮮明御父様のお言葉のみに従って
大政翼賛会の復活を果たせ、と、そういう事やね。

248 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 16:38:27 ID:WJWYGK4W
>刑確定後首相顧問の話として「死刑執行人になりたいというイラク人が
数百人に上る」との報道(米ABCテレビ)も無視はできまい。

この中にほとんどスンニ派がいないというのが、すでに戦争状態になっているイラクの
もう一つの姿なんで、甘い事夢見てると来年も産経はブッシュるな。

249 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 17:41:32 ID:kvn3SLDa
フォード大統領をコラムで取り上げるのなら
この記事使えよ。

イラク戦争「間違い」 故フォード元大統領

 【ワシントン=有元隆志】28日付の米紙ワシントン・ポストは、26日に死去したフォード元米大統領(共和党)の
生前のインタビューを掲載した。元大統領はイラク戦争を「大きな間違い」と位置づけ、
ブッシュ大統領をはじめフォード政権の首席補佐官だったチェイニー副大統領、
国防長官だったラムズフェルド前国防長官の3人を痛烈に批判していた。

 元大統領は特にチェイニー副大統領について「素晴らしい首席補佐官だったが、
彼は好戦的になってしまった」と批評した。元大統領は自身が大統領の立場だったら、
イラク戦争に踏み切らなかっただろうと語った。

 インタビューは、米政界の内幕報道で有名な同紙のボブ・ウッドワード記者が
「死去後の解禁」を条件に2004年7月に行っていた。
(2006/12/30 01:16)

250 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 19:41:56 ID:ZEKCBWRS
>>249
イラク戦争以降の産経の裏目っぷりは神がかってるなw

251 :文責・名無しさん:2007/01/01(月) 07:10:10 ID:I9vbFE+o
元旦の産経抄
あけおめ、ことよろ。
産経抄は正月から飛ばしてますな。「神の国」発言がヤバイのは、(1)政治家として、神
社関係の圧力団体の会合の席で、(2)「天皇を中心とした神の国」という国家神道体制
に、(3)日本を近づけていく、という保守反動の発言だったからだ。それは、公明党党首
が創価学会との会合で、「創価学会を国教化するために努力していく」と宣言するのと
同じぐらいヤバイ発言。だから、叩かれたんだよ。「日本は八百万の神のまします国だと
思う」っていうような民間神道的な日本観を語る個人的発言なら、それほど叩かれてな
かった。
そして、今日の産経が言うような地縁・血縁(反個人主義)まで含めて「美しい国」におけ
る個人を語るならば、安倍は、美しくない影響から逃れるために「パチンコ御殿」から出
るべきだろうな。

252 :文責・名無しさん:2007/01/01(月) 07:29:00 ID:d35C7Wdf
【産経抄】
 あけましておめでとうございます。元旦だから、新年のあいさつか
ら始めたいが、本来は人間同士でかわす言葉ではない。読者の家
に、そして小欄宅にもお迎えしている「年の神」への、祝福の言葉
なのだ。
 ▼年神は農耕神であると同時に祖先神でもある。だからお盆の迎
え火のように、松飾りを目印にしてやってくる。日本の神々を愛して
やまなかった小泉八雲ことラフカディオ・ハーンは、松江で迎えた初
めての正月には、羽織袴(はかま)姿であいさつ回りをしたという。
 ▼それなのに、神に供えたお下がりをみなで食べ合うものだった
おせち料理は、デパートの目玉商品に成り下がった。神が宿る餅
(もち)を食べて、その力をもらうのがお年玉だったのが、今や臨時
の小遣い扱いだ。コンビニエンスストアは通常通りの営業だし、テ
レビ番組の多くは、常にもましてのばか騒ぎ。
 ▼伝統的な行事が時代とともに変わっていくのはやむを得ないに
しても、神様を迎えるのにふさわしい厳粛さが失われた正月は寂し
い。平成12年、当時の森首相は「神の国」発言で袋だたきにあっ
たが、全文を読むと実はいいことをいっている。
 ▼「人の命というものは、お父さま、お母さまから…もっと端的に
いえば、神様から頂いたもの、神様から頂いた命はまず自分の命
を大切にしなければならないし、人様の命もあやめてはならない」。
金銭ばかりを拝んで、命を軽んずる風潮が強まるのは、日本人の
多くが、現世を超越したなにものかに、畏怖(いふ)する心を失った
結果ではないか。
 ▼安倍首相のいう「美しい国」では、個人は両親や生まれた土地、さらに文化や伝統や歴史から、切り離せないものとして存在している。ゴタゴタ続きの新政権だが、その方向性は間違っていない。

(2007/01/01 04:59)



253 :文責・名無しさん:2007/01/01(月) 08:13:28 ID:USFd/0w9
戦争における殺人を推奨した靖国神社は、日本古来の宗教観とは
隔絶した戦争集狂であったことを、産經新聞として明確に表明を
した文章として、今年の決意としたものであろう。

個人主義とは、個人が美しいことで、組織も地域も美しくなると
いうことであり、個人が醜いままで、組織で抑圧して、美化する
だけの組織や地域が美しいはずが無い。

中央政府(国)において、醜い行政職員の欲暴を、電通等の宣伝
広告で美化したところで、第二次世界大戦当時の大本営発表での
虚偽報道と隠蔽工作とで、個人を堕落させ、組織を壟断し、地域
の政治社会や市場経済を荒廃させてしまうだけなのである。

文化や伝統や歴史という形骸した権威に依存した政権構想の危険
が、この記述において露呈しているとも言えよう。

本人が、如何に正義を貫徹しようとしても、周囲の欲暴や思惑で、
その意志が歪曲されてしまう事態は、日本政府において頻発する
傾向が有るが、文化や伝統や歴史への依存は、そのような傾向を
助長しているようだ。

254 :いそたく503:2007/01/01(月) 08:16:51 ID:USFd/0w9
戦争における殺人を推奨した靖国神社は、日本古来の宗教観とは
隔絶した戦争集狂であったことを、産經新聞として明確に表明を
した文章として、今年の決意としたものであろう。

個人主義とは、個人が美しいことで、組織も地域も美しくなると
いうことであり、個人が醜いままで、組織で抑圧して、美化する
だけの組織や地域が美しいはずが無い。

中央政府(国)において、醜い行政職員の欲暴を、電通等の宣伝
広告で美化したところで、第二次世界大戦当時の大本営発表での
虚偽報道と隠蔽工作とで、個人を堕落させ、組織を壟断し、地域
の政治社会や市場経済を荒廃させてしまうだけなのである。

文化や伝統や歴史という形骸した権威に依存した政権構想の危険
が、この記述において露呈しているとも言えよう。

本人が、如何に正義を貫徹しようとしても、周囲の欲暴や思惑で、
その意志が歪曲されてしまう事態は、日本政府において頻発する
傾向が有るが、文化や伝統や歴史への依存は、そのような傾向を
助長しているようだ。

255 :五十川卓司:2007/01/01(月) 08:17:17 ID:USFd/0w9
戦争における殺人を推奨した靖国神社は、日本古来の宗教観とは
隔絶した戦争集狂であったことを、産經新聞として明確に表明を
した文章として、今年の決意としたものであろう。

個人主義とは、個人が美しいことで、組織も地域も美しくなると
いうことであり、個人が醜いままで、組織で抑圧して、美化する
だけの組織や地域が美しいはずが無い。

中央政府(国)において、醜い行政職員の欲暴を、電通等の宣伝
広告で美化したところで、第二次世界大戦当時の大本営発表での
虚偽報道と隠蔽工作とで、個人を堕落させ、組織を壟断し、地域
の政治社会や市場経済を荒廃させてしまうだけなのである。

文化や伝統や歴史という形骸した権威に依存した政権構想の危険
が、この記述において露呈しているとも言えよう。

本人が、如何に正義を貫徹しようとしても、周囲の欲暴や思惑で、
その意志が歪曲されてしまう事態は、日本政府において頻発する
傾向が有るが、文化や伝統や歴史への依存は、そのような傾向を
助長しているようだ。

256 :五十川卓司:2007/01/01(月) 08:19:21 ID:USFd/0w9
メール欄の記述で、書込を拒否する設定にしたようだ。>>253-255

257 :五十川卓司:2007/01/01(月) 08:23:31 ID:USFd/0w9
追記>>256

つまり、私の名義を偽装する関係者にのみ、便益を供与している
ということなのだろう。NTT関係者の圧力があったのか。

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1160864187/

電電公社から電々会社に移行して、公務員を会社員と新聞紙上で
記述する隠蔽工作も助長されている。

258 :文責・名無しさん:2007/01/01(月) 11:31:50 ID:eAT9M0Fz
>>252
相変わらずのカルト新聞ぶりですなw
「気を放つと物が吹っ飛んだ」なんてことを事実のように
書き立てる新聞らしいよ。

259 :文責・名無しさん:2007/01/01(月) 12:05:30 ID:lk8a6pQc
古森@恥辱の殿堂には今年も頑張ってもらいたい。

イラクの米兵死者、3千人 ブッシュ政権の失敗鮮明に  2007/01/01 08:42
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20070101&j=0026&k=200701016454

【ワシントン31日共同】AP通信によると、2003年3月のイラク戦争開戦以来の駐留米軍兵士の死者数が
12月31日、3000人に達した。ブッシュ米政権のイラク政策の失敗が鮮明になり、
同30日のフセイン元大統領の死刑執行で懸念される治安悪化の阻止が一層急務となる。

イラクはイスラム教シーア、スンニ両派の対立激化で事実上の内戦状態に陥っており、
民間のイラク人の犠牲者も少なくとも5万人に上るとみられている。
ブッシュ大統領は1月23日に一般教書演説を行う予定で、それまでにイラク情勢打開のための新たな政策づくりを急ぐ。

既に米中枢同時テロの犠牲者数(2973人)を上回っていた米兵の死者数が3000人になったことで、
米軍の早期撤退を求める圧力がさらに高まることも予想され、米政権の選択の幅は狭まりつつある。

260 :文責・名無しさん:2007/01/01(月) 12:40:48 ID:mNfVWG1M
>>252
・生命の神授説を国民全員の共通認識とすべき理由がない
・森の「日本は天皇を中心とした神の国」発言は前後の文脈からしても別にいい話でもなければ、
 前後の文脈が報じられれば批判されない類のものではない。

残りの正月の行事期限豆知識など、わざわざ新聞の一面コラムで書きたてる程のものでもなく、
それを堕落と捉える必要もない。

その方向性とやらも、そういう共同体意識とやらは世襲政治家・世襲資産家には益することが多く、
下層の労働者には益するところが少ない代物。

まして、国や自治体の保護が手薄くなる一方で帰属意識だけは肥大化させろなどとはムリな話。

261 :文責・名無しさん:2007/01/01(月) 13:04:21 ID:gT8hNrgR
>テレビ番組の多くは、常にもましてのばか騒ぎ。

産経新聞と、もっとも関係の深いフジテレビが一番のばか騒ぎですが…

262 :文責・名無しさん:2007/01/01(月) 15:05:49 ID:/GmuzLEQ
祭りのバカ騒ぎも美しい国の一部じゃないんでしょうかね。でなきゃほんとフジが率先して
バカ騒ぎのテレビ番組やめりゃいいし。新聞も誰も読まないような特集版なんかつけなきゃいいし。

263 :文責・名無しさん:2007/01/01(月) 16:06:18 ID:H4sA/TGj
>>252
つまらんと言うか、しょうもない内容だな……

264 :文責・名無しさん:2007/01/01(月) 17:35:09 ID:O9nmdCmi
いわゆる、じじいの昔は良かったって奴を元旦の一発目に持ってくる神経は
さすがにどうでしょう。
まあ、産経抄だからこれでいいんだろうけども。

265 :文責・名無しさん:2007/01/01(月) 18:28:27 ID:biHSKqY8
昔がよかった面もあった。過去より現在がよいことばかりじゃないし。
拉致問題が表面化してから、売国奴サヨクが炙り出されたのはいいことだ。

266 :文責・名無しさん:2007/01/01(月) 18:59:45 ID:6WmB9t04
天下の(笑)毎日新聞が元日1面使って2ちゃんねる叩き、毎日的には
渾身の特大スクープらしいw
もう産経も後追いするしかないな。2ちゃんねるの有名コテハンにでも
連載させるとかなwww
しかしフジテレビ正月番組の低劣さは群を抜くな。あと例の産経エクス
プレスが入っていると思ったら、早稲田大学特集だった、広告入らない
から安売りでもしたかw

267 :文責・名無しさん:2007/01/01(月) 19:26:48 ID:lk8a6pQc
>>265
安倍シンゾウなんかがバカウヨを動員して拉致拉致騒いでたんで
北朝鮮は余裕で核実験できた。立派な核保有国になれたんだから、
将軍様も安倍とバカウヨに感謝してるだろう。

268 :文責・名無しさん:2007/01/01(月) 20:37:42 ID:c9kQVWBo
カネをばら撒いてヤラセしているアベ政権のどこが
間違っていないというのだ?

269 :文責・名無しさん:2007/01/02(火) 00:19:35 ID:nD/c6CN9
test

270 :文責・名無しさん:2007/01/02(火) 00:20:49 ID:nD/c6CN9
新年の御挨拶

271 :文責・名無しさん:2007/01/02(火) 00:21:33 ID:nD/c6CN9
http://www.geocities.jp/
isotaku503/nenga/
2007.htm

272 :文責・名無しさん:2007/01/02(火) 00:22:08 ID:nD/c6CN9
新年の御挨拶

http://www.geocities.jp/
isotaku503/nenga/
2007.htm

273 :文責・名無しさん:2007/01/02(火) 00:23:20 ID:nD/c6CN9
文化や伝統や歴史を過度に強調する行為とは、老化現象の一つの
顕れである。>>264

勿論、文化や伝統や歴史を温故知新して、再生して創造する過程
と、その結実とは重要である。

結局、中央政府や地方政府に資金や資本が欠乏してきているので、
愛国心を喧伝しているのであるが、二代目三代目の馬鹿息子が、
浪費や濫費により、相続会社の経営を劣化させ、従業員に愛社心
での耐乏を要求するような愚劣が、戦後60年を経過して、政府
にも蔓延してしまっていると言える。>>260

跡継の馬鹿息子(息男、息女)が、「文化」を名目とした「芸術
活動」や「芸能活動」で、浪費や濫費をする行為を、芸能業界の
資金源泉としている状態が、TV画面から流出し、視聴者である
若年者の学業意欲や勤労意欲を阻害し、健全に努力しようとする
意志や才能を毀損してしまっているのである。>>262

274 :Takuji Isogawa:2007/01/02(火) 00:23:50 ID:nD/c6CN9
文化や伝統や歴史を過度に強調する行為とは、老化現象の一つの
顕れである。>>264

勿論、文化や伝統や歴史を温故知新して、再生して創造する過程
と、その結実とは重要である。

結局、中央政府や地方政府に資金や資本が欠乏してきているので、
愛国心を喧伝しているのであるが、二代目三代目の馬鹿息子が、
浪費や濫費により、相続会社の経営を劣化させ、従業員に愛社心
での耐乏を要求するような愚劣が、戦後60年を経過して、政府
にも蔓延してしまっていると言える。>>260

跡継の馬鹿息子(息男、息女)が、「文化」を名目とした「芸術
活動」や「芸能活動」で、浪費や濫費をする行為を、芸能業界の
資金源泉としている状態が、TV画面から流出し、視聴者である
若年者の学業意欲や勤労意欲を阻害し、健全に努力しようとする
意志や才能を毀損してしまっているのである。>>262

275 :文責・名無しさん:2007/01/02(火) 01:52:44 ID:b2/2Dqzg
とりあえず三浦朱門と曽野綾子の対談なんて、三浦家のお茶の間から外に出さないで下さい

276 :文責・名無しさん:2007/01/02(火) 07:46:45 ID:tRV2sXuP
国会議員の息子にして、成蹊大学ってゆとり教育か?

277 :文責・名無しさん:2007/01/02(火) 09:17:50 ID:nD/c6CN9
test

278 :五十川卓司:2007/01/02(火) 10:35:48 ID:nD/c6CN9
http://www.geocities.com/isotak503/

279 :五十川卓司:2007/01/02(火) 10:36:42 ID:nD/c6CN9
私の記述です。>>269-274,>>277

280 :文責・名無しさん:2007/01/02(火) 14:22:25 ID:qF9qhjtu
うp遅れました


わが産経はよくよく人騒がせな、いや世騒がせな新聞のようである。
こんどはやはり首都圏と近畿圏で休刊日に即売朝刊を発行することになった。
しかし休刊日の朝も活字を目にしたいというご要望は多い。そこで駅売店やコンビニで、休刊日にも
ワンコイン(百円)作戦で新聞を出すことにしたのである。
作家の司馬遼太郎氏(本名・福田定一)が産経新聞大阪本社の出身であることはご存じの方も多い。
「ぼくが新聞社でやりたかったのは、社長でなく編集局長なんだ。今でもそんなつもりで新聞を読ん
でいる自分に気づいて苦笑する…」。
昔の記者仲間の集まりでは「生まれ変わっても新聞記者になりたい、それも産経のだ」。
大先輩・福田定一さんがそれほど愛したこの新聞を立派に受け継いでいるか。顧みれば恥じ入るば
かりだが、休刊日の返上はささやかな前進の一歩かもしれない。ただ労務対策上、定期購読の宅配
読者におこたえできないのは何とも申しわけないこと。
さて二月の休刊日明けは十二日あさ、駅やコンビニで初めて産経新聞を手にされる読者にお目にか
かれるかもしれない。
小欄は“人見知り”だから。初めての方にも気に入っていただけるようおもいきって過激に?書きたい。

281 :文責・名無しさん:2007/01/02(火) 15:10:15 ID:yl7vwS++
>>280


282 :文責・名無しさん:2007/01/02(火) 17:29:51 ID:VeAb5vbc
>>252
>コンビニエンスストアは通常通りの営業だし、テレビ番組の多くは、常にもましてのばか騒ぎ。
大型ショッピングセンターだって元日から営業しているよw。それにしても、なぜコンビニエンス
ストアだけが叩かれるのかな?
フジテレビ「新春かくし芸大会」も、ばか騒ぎしている番組のひとつだねw。

>当時の森首相は「神の国」発言で袋だたきにあったが、
蜃気楼は「天皇を中心とした神の国」と言って袋だたきにあったんだが。

>金銭ばかりを拝んで、命を軽んずる風潮が強まるのは、日本人の多くが、現世を超越した
>なにものかに、畏怖(いふ)する心を失った結果ではないか。
拝金主義を助長させる「新自由主義」を推奨している産経に、そんなことが言えるのか?w

>安倍首相のいう「美しい国」では、個人は両親や生まれた土地、さらに文化や伝統や歴史
>から、切り離せないものとして存在している。
日本の文化や伝統って、良くも悪しくも大陸や朝鮮半島からの文化や伝統を吸収・融合して、
日本の気候や風土に合わせたものが多いと思うのだが?

283 :文責・名無しさん:2007/01/02(火) 19:10:33 ID:mPc1FWM7
>>267
>安倍シンゾウなんかがバカウヨを動員して拉致拉致騒いでたんで
>北朝鮮は余裕で核実験できた。

すごい認識だな(笑)。それでこそ、ここの住人だ。

284 :文責・名無しさん:2007/01/02(火) 22:31:43 ID:b2/2Dqzg
恒例

2003.3.21 産経抄
 ▼戦いは「イラクの自由作戦」と名づけられ、ブッシュ米大統領は「戦争」という言い方を慎
重に避けて「武装解除」という表現を使った。しかし大量破壊兵器の廃棄をめざす戦争であるこ
とに変わりはない。その実体から目をそらさず、真正面から見すえなければならないだろう

2003.7.24 産経抄
 ▼権力と暴虐をほしいままにする独裁者が、自分の息子を世継ぎにした悪政は北東ア
ジアにも例がある。イラクの人びとにとって独裁政権の崩壊は歓迎することだったのか
どうか。それがこの戦争の大義と是非を問うカギの一つと見てよい

2004.1.29 産経抄
▼ 国会は相も変わらぬ不毛の論議をやっている。その一つが、野党側の
「イラク戦争に大義はあったのか」という愚論である。大量破壊兵器が
見つからない問題のむし返しだが、一体、戦争や革命に大義や正義という
レッテルを張る必要があるのだろうか。

2004.9.18 産経抄
▼またぞろ「戦争の大義はどこに?」と“鬼の首”でもとったように言い立てている
新聞がある。パウエル米国務長官が上院公聴会で「イラクで大量破壊兵器の備蓄が見
つからず、今後も発見の見通しは少ない」と述べたことに、小躍りしているらしい。
▼小欄はこれまで再三、戦争に大義や正義を主張することのおかしさや、うさん臭さを書いてきた。


285 :文責・名無しさん:2007/01/02(火) 22:59:54 ID:u1httqFj
松岡農水相秘書がNPO審査照会 大臣の会見と矛盾
http://www.asahi.com/national/update/0101/TKY200612310224.html
末松信介議員、8百万円記載漏れ 政治資金報告書訂正へ
http://www.asahi.com/national/update/0102/OSK200701020014.html

今年に入ってまだ二日しか経ってないのにもう政治家のスキャンダルがぼろぼろかよ。
これじゃ政権末期と言われても仕方がないんじゃないかと小一時間。そもそもの原因
は情実人事にあるんじゃないのかと激しく問い詰めたい。

286 :文責・名無しさん:2007/01/02(火) 23:11:14 ID:cckHmEvy
核兵器の実験までやっていると公言している金将軍が安穏と新年を迎えたのに対して、
大量破壊兵器は持っていなかったと思しきフセインは死刑執行か・・・

北朝鮮にガンガン石油が出ていたら今頃は金将軍も鬼籍に入ってそうだなあ、
いや、それ以前に第二次大戦時点で歴史が変わっていたんだろうなあ、
と思った。


287 :文責・名無しさん:2007/01/03(水) 07:21:26 ID:Z3SWlG7B
産経抄                                         1月3日
「湯の中で屁(へ)をたれたよりもつまらないものである」。考証史家の三田村鳶魚(え
んぎょ)が書いているように、娯楽のとぼしい江戸の正月は、庶民にとっては退屈なも
のだったようだ。もっとも武家はいろいろな儀式があって、なかなかに忙しい。
▼大名は行列を作って江戸城に向かった。本丸奥には、5層5階、57・6メートルの大
天守が天を突き、1657年の正月にも、てっぺんの金のしゃちほこは初日を浴びてま
ばゆく輝いていたに違いない。まもなく江戸の大半を焦土と化した「明暦の大火」によ
って焼失し、今は石垣を残すのみだ。
▼その雄姿に触れたかったら、きのうから両国の江戸東京博物館で開かれている『江
戸城展』に足を運べばいい。図面や屏風(びょうぶ)絵から模型、バーチャル映像まで
使って、幻の天守閣に迫っている。
▼大火の直後から、幕閣の間で強まった再建を望む声に対して、民政に関係のない無
用の長物だと、反対を貫いたのが4代将軍家綱の輔弼(ほひつ)役を務めていた会津
藩主、保科正之だった。金を惜しんだのではない。被災民の救済と江戸再建のために
は、16万両という途方もない金額の出費を決めている。
▼凶作に備えて米を備蓄する「社倉」を設け、身分男女を問わず90歳以上の者に米を
給付するなど、その福祉政策は現在でも通用する。正之の生涯にくわしい作家、中村
彰彦さんによれば、人口の変動がほとんどなかった江戸時代にあって、会津藩だけは
増え続けたという。
▼最近、パリのベルサイユ宮殿、ロンドンのビッグベンに匹敵する東京の観光の目玉
にしようと、天守閣再建をめざす動きが民間から出てきた。結構なことだ。その一方で、
正之が決断した「再建先送り」が、現在まで引き継がれていることの意味も忘れたくない。
---------
脳内補足すれば、いわんとするところはわかる。しかし、皇居の話をしてるのに、皇室
の"こ"の字もでないのが、愛国者の言うことで?

288 :文責・名無しさん:2007/01/03(水) 07:40:17 ID:/DaLfhJJ
新年の一面看板コラムがいきなり屁で始まるところがやはり我らがKKK抄。

289 :文責・名無しさん:2007/01/03(水) 08:29:56 ID:ObnSI/IY
>凶作に備えて米を備蓄する「社倉」を設け、身分男女を問わず90歳以上の者に米を
給付するなど、その福祉政策は現在でも通用する。

平均年齢が40〜45歳の時代に、90歳以上の人間なんて、
日本全国でも、ほんと数えるほどだぞ。しかも、そいつらは
長老だから力がある。これほど、無意味な福祉政策が意味の
ないことが分からないコラムニストはおかしい。

290 :文責・名無しさん:2007/01/03(水) 08:50:47 ID:mB90UeSY
だって、建築物って、歴史的な背景があるからすごいわけでしょ。
つーか、天守閣なんて模造しても、世界各地にある歴史的な建築物に比べればお笑いだと思うの。
それより、皇居という廃墟そのものに価値があるのにね。

291 :文責・名無しさん:2007/01/03(水) 09:31:22 ID:DoXVcXUf
「天守閣再建」って、元の場所、つまり今の皇居の中につくるのか?
それとも、お台場あたりに作るのか?

民間人が皇居の中に江戸城天守閣を再建しようというのは、
産経的にはアリなのか?

292 :文責・名無しさん:2007/01/03(水) 09:48:31 ID:0WzrgFNn
今日の産経抄は暗に石原都知事の進める日本橋再生計画を批難しているのかな?

293 :五十川卓司:2007/01/03(水) 10:04:24 ID:ZhCXoR75
保科正之氏は、徳川秀忠氏の庶子であったそうで、松平姓を固辞
しており、いろいろと思うところがあったのであろう、と思われ
ます。しかし、この時代、神童とされる学業に優秀な児童を推挙
して、養子としたり庶子とする傾向も有るので、血統世襲よりも
能力主義を武家組織内部で採用し、世間一般には、血統世襲での
相続が実施されているかのように偽装することもあったようで、
御簾の裏側の容貌は、天皇家でも将軍家でも、千変万化であった
ように思われます。そういう場合には、女系の血筋により、補完
される場合もあるのでしょう。

最初から、血統での財産相続や地位世襲が約束されているなら、
人間は努力をしないもので、才能も無ければ、周囲からの誘惑に
腐敗して、政府や企業を滅亡させてしまうのは、世の常であると
言えるところです。

さて、民生の立場からは、皇居を公園として、天皇の地位を世襲
させられた個人(男性、女性)は、国事行為をするために、国会
に出席するなどの儀式をしなければなりません。職業選択の自由
を保証するのも、一つの見識ですが、東京在住であることになる
のでしょう。

その静養や休暇の動向が、政治的に利用されるような行為も徐々
に削減されていくことになろうと思われます。

江戸城天守閣を再建しても、観光の目玉にはならないことは必定
であるので、豊臣政権末期に神社仏閣の造営で巨費の浪費濫費を
させられて滅亡していく王朝形態の失敗を再演するだけになって
しまいそうです。>>287

294 :文責・名無しさん:2007/01/03(水) 11:46:13 ID:F9Gn7eej
52 :名無しさん@七周年:2007/01/02(火) 17:14:19 ID:Ak5mPHcL0
「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」を見れば判るけどさ、
基本的に日本上層部って日本人を大事にしないんだよ。日本の国民を
「当然のように自己犠牲の精神で働く消耗品」としか思ってないんだ。
一方、米国は「国民も資源だが、浪費させてはいけない資源だ」と思ってる。
だから米軍の装備や衛生兵の思想は「可能な限り兵士を死なせない」だった。

その延長上に、経済活動の言わば指揮官である高級管理職のみにWEを適用する米国と、
ほぼ全ての国民にWEによる自己犠牲を押し付けておいて公務員には適用せず、経団連企業と
そこから献金を受ける政治家だけが甘い汁を吸う日本との違いがある。

295 :文責・名無しさん:2007/01/03(水) 11:54:56 ID:KjJvoffB
開戦のほんの半世紀前が江戸時代だったんだから、封建制度的な考え方が支配していたのは
やむをえないけどな。

296 :文責・名無しさん:2007/01/03(水) 12:15:46 ID:LZ5Ig6CM
終戦後さらに半世紀以上経って、なぜかクソくだらない自己犠牲精神を
涵養させようとする素晴らしい人々が沢山いるな。

297 :文責・名無しさん:2007/01/03(水) 12:42:13 ID:naz+ciaZ
元旦の産経抄にも登場した島根県松江市には
現存十二天守のひとつで重要文化財でもある松江城がある。

現存建築は天守閣のみだが近年になって周辺にいくつかの櫓が再建されている。
ただ内堀より中は国指定史跡である関係上、勝手な推測による模造建築では
文化庁の許可が下りないそうで幕末の古写真によって外観が分かって
いるもののみである。江戸城はどの程度信頼性のある資料があるんでしょうかね。

298 :文責・名無しさん:2007/01/03(水) 13:52:42 ID:ygL58Dop
いつもの事だが始まりと終わりに一貫性がないな。
昨日休刊日だったんだし、もっと練る時間はあっただろうに。

299 :文責・名無しさん:2007/01/03(水) 15:46:29 ID:wstpaid+
産経抄って、子供には見せない方が良いなって思う事がままある。
内容的な理由ではなく、文の構成の仕方とかがどうにも…

300 :文責・名無しさん:2007/01/03(水) 19:38:13 ID:f9UpVcaw
美しい国語でございます。

301 :文責・名無しさん:2007/01/03(水) 20:16:31 ID:CAoBAnrt
最近の子供は新聞なんて読まんだろ。新聞業界は斜陽産業だ。

302 :文責・名無しさん:2007/01/03(水) 23:51:28 ID:yS4bcHBC
>>287
産経は大阪の読者に食わして貰ってるんだから、市民の寄付により
再建された大阪城のことも書け。
もっと実質大阪のブロック紙だという自覚を持て。
もっと大阪の読者に感謝しろ。
実際の読者数に合わせて内容を関西よりにシフトしろ。

303 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 01:33:04 ID:VYyOCMeg
なぜか関西の話を中心に書くとあまり買わない関西人と言うのが新聞業界の定説だそうだ。
グローバルとか高感度都市東京とか言う記事がメインだと買うそうで、最後にちょっとだけ
関西の話が載ると喜ぶんだとか。難儀な性格だなあ。

304 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 01:39:24 ID:WTXMLh0h
コンクリート建築で観光資源として天守閣が再建された例はあるし、
もう少し実例出して語っても良かったとは思うけどね。

305 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 07:06:01 ID:qjWjDXry
【産経抄】

 明治13年開校という伊豆・松崎町の旧岩科学校は、漆喰(しっくい)のなまこ壁を生かした洋風の建築物だ。
甲府の旧睦沢学校、松本の旧開智学校に次ぐ古い学校だという。お正月らしく、前庭のゴザに羽子板、竹馬、
お手玉を置いて来訪者を楽しませている。大人には懐かしく、子供にはもの珍しい。心憎い演出だ。

 ▼立ち寄った親子がはねつきに興じていた。小学生の女の子が見よう見まねで打ち返す。でも、かつて見た
振り袖姿のはねつきとはどこか違う。何度やっても2回と続かない。まもなく、それが母親のテニス式サーブの
せいだと理解した。

 ▼振りかぶったサーブでは、強すぎて小さな子供には受けられない。下からすくい上げるように打たなくちゃ、
といらぬつぶやきがでる。父親はやはりお兄ちゃんにベーゴマを教えている。だが、伝授というには情けない
ほどへたくそだ。

 ▼はねつきもベーゴマも、子供が初めてなら親もまた初めてらしい。昔の遊びには、これを操るコツと工夫
と戦術が必須だった。その伝承がなくてはうまくいかない。いまはメンコもビー玉も廃れ、ゲーム機という電気
魔法箱が幅を利かしている。

 ▼ この岩科学校は、村人の寄付を核に開校したというから、教育熱心な地域なのだ。正面玄関にある「岩
科学校」の扁額(へんがく)は、ときの太政大臣、三条実美の書であり、その上にある龍の彫り物は、松崎が
生んだ漆喰鏝絵(こてえ)の名人、入江長八が彫った優れものだ。近代日本の曙を象徴している。

 ▼安倍内閣は新年から教育再生に取り組むという。ベーゴマと同じで、教える側にはコツと工夫が欲しい。
岩科学校の子供たちは冬でさえ、火もない教室でカスリにわら草履で勉学に励んだという。地域、教師、
子供の意欲が岩科を支えた。

(2007/01/04 05:09)

306 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 07:27:30 ID:L9FMsyeO
>>305
そう言えば小泉の時には"俵百俵の精神"なんて話もあったな。具体的に、何に結びついたのか
は知らんが。今日のような地域住民が作り上げた初等教育とか、旧制高校の話とか、昔の教育
の上澄み部分を持ってきて、昔はよかった的な議論をしても、現在の教育問題には、何の足し
にもならんと思うが。今の状況を直視し、手持ちのカードで勝負するしかなかろう。

307 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 07:36:46 ID:FZvVpijU
>>305
>教える側にはコツと工夫が欲しい

去年成立した教育基本法は、中央集権化を強化する改正案だったから、
教える側の意見なんて現状以上に通らなくなるのに、今更何いってんだか。
(今でも、下からの意見は文科省影響下の都道府県教育委員会で潰される)

目の前の問題を改善することなくノスタルジーにおしこめて懐古趣味を楽しむのが、
産経的保守なのかなあ。


308 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 07:53:17 ID:0w5g/ev8
>>302
当たり前の話だが、大阪に嫌われたら産経はオシマイ。
確かに、もっとブロック紙としての意識(郷土愛)を産経は持っても良い。

>>303
読売(大阪本社版)は「グローバルとか高感度都市・大阪」を前面に出した
記事を頻繁に載せて、大阪でトップの部数を誇るようになったが。

梅田の大再開発関連の記事もここが一番積極的に載せている。

309 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 08:02:40 ID:NJlVqAF5
でも、はねつきなんて正月しかしないんだから、下手で当然だよね。
普段しないことをするから面白いのに。
何でも、上手くなきゃ駄目とかいうのってどっかおかしいと思うの。

310 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 08:16:34 ID:XDhUloVV
そのうち
蹴鞠が下手だから
W杯で勝てないとか言いだしそうだな

311 :五十川卓司:2007/01/04(木) 08:28:00 ID:vdyFuWPw
明治維新を実施した薩長の下級武士達が、教育に熱心であったの
は周知の事実であるが、現在の薩長藩閥の末裔達が、旧海軍閥や
旧陸軍閥の軍閥復古には熱心で、亜米利加の阿富汗や伊拉克への
遠征派兵にばかり協力し、軍閥復古を嘆願していた様子は、非常
に見苦しい。>>305

叛乱軍討伐とは言っても、それぞれの事情が有りそうだ。結局は、
軍備解除を廃藩置県のように進捗させていくことになるのだろう。

そもそも、反乱軍も、侵略軍の煽動により組織される傾向がある
と言える。

武器商人は、二重スパイである。

明治維新当時でも、幕府軍側にフランス、薩長軍側にイギリスが、
武器や兵器を援助して、内戦を激化させようとした。

徳川慶喜氏は、内戦を回避して帰順し、坂本竜馬氏は、この行動
を絶賛したが、薩長連合軍は、この行動を評価せず、坂本竜馬氏
を暗殺したと言えるだろう。

そのような無知の弊害は、薩長連合の末裔である海軍部と陸軍部
との対立での手柄争奪として、内戦を回避した海外派兵の過剰と
して、旧大日本帝国を崩壊させた。

http://www.geocities.jp/->isotaku503/nenga/2007-English.htm

312 :五十川卓司:2007/01/04(木) 08:29:24 ID:vdyFuWPw
追記>>311

日本でも、明治維新以後に、不平士族の叛乱があったり、第二次
世界大戦の敗戦後に、不満軍部の叛乱計画が発覚したりと、栄耀
栄華をしていた藩閥関係者や軍閥関係者の造反が有りました。

現在も、そのような不平士族や不満軍部が、政治社会や市場経済
の外部に八九三や暴力団として存在し、その不平不満を吸収して
政党選挙が実施されたりしています。

自由民主党の薩長と民主党の旧幕というような派閥対立の構図を、
外部から利用されて漁夫之利の道具にされている傾向が有ります。

結局、長岡藩出身である田中真紀子氏や天皇雅子氏が排除される
傾向は、日本の内戦での怨恨や確執が、いまだに残存していると
いう弊害を露顕させていると言えるでしょう。

下手な外交戦略に金銭を浪費しても、派閥対立を助長させるとの
現実は日本には有りますが、アメリカの南北戦争での怨恨や確執
は、どの程度なのでしょう?

民主党(北部)と共和党(南部)との対立という構図は、未だに
有るように見受けられますが。九・一一事件も、南部からの北部
への攻撃と見えますね。

Comments->
http://blog.drecom.jp/norinorimissile/archive/726

313 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 08:46:27 ID:bCMiuIQo
べーごま、はねつきなんて、今のゲーム機みたいなもんだが、
ゆとり教育そのものではないか?べーごま、はねつきブームに
なったところで国益になるとでも考えているのか?
しかし、このコラムニスト性格が歪んでいる。
人を見れば文句をいうことしかできないのか?
今時の親ならべーごまやはねつきに興味を示さないのに、
親たちがそれを子供に教えようとする意欲があるだけ、
教育再生の掲げるゴールがあるのではないのか?

314 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 08:48:36 ID:6DqsjqCT
コツと工夫って、ヤラセとか買収かね?

315 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 09:00:40 ID:VYyOCMeg
>>308
雑誌だが大阪益で一番売れるのは東京の情報誌だという。新幹線のホームじゃないよ。

316 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 09:48:07 ID:CYCJt2kI
今のゲーム機がコツや工夫を昔の遊びと比べて必要としてないという前提がないと
最後の段に繋げるのは意味をなさないがその前提ははたしてそうなのか。
あえて昔の遊びとTVゲームを比較するなら他人とのコミュニケーションの密度だと思うけど。
もっとも最近の携帯ゲーム機はそれを促す有用なツールになってるようだがね。

317 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 13:09:02 ID:t0kTF5E+
>>315
そりゃ、今の雑誌のほとんどは東京発だろうに(笑)

318 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 13:27:13 ID:zzJpJVvN
>317
情報誌って東京walkerとかなのでは。(大阪walkerではなく)

>313
体を動かす遊びに熱中させるのはいいことだと思うが
(ゲームが悪いというわけではないが、携帯ゲームは動かなさすぎる。
そういう意味ではWiiがどうなるかは興味深いところだけど)
それなら羽根突きじゃなく、それこそテニスサーブを学べる
バドミントンでもソフトテニスでも遊ばせれば
オリンピックやプロトーナメントへの道も開けるのにな。

319 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 13:58:43 ID:SvQ7Py6Q
>>318
下段の意味がよくわからない(笑)。産経抄が指摘しているのは、小さい子供が
打ち返しやすいように下から打つという程度のこともわからない親をみて、
嘆いているんだろう。伝統の断絶というよりは、常識の欠如、思いやりのなさ
といったほうが適当かもしれん。

320 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 14:10:59 ID:/iN4I/kY
>>317
コラコラ・・・東京walkerは関西でほとんど売られていない。
あと、大阪walkerという雑誌もない(関西walkerならあるが)。

321 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 15:18:19 ID:ToICsJmO
安倍シンゾーの美しい国とか教育再生とか空疎な言葉に対して、
産経がこれまた下らない内容で答える。
このパターンで今年もいきそうだな。

322 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 19:24:43 ID:XQQAFRwS
愛国心が必要なのは政界財界官界のお歴々だとおもう今日この頃。

323 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 20:02:15 ID:blx1vwUY
http://www.okayama-fureai.or.jp/index.html
無職のお前ら、ここで職員を募集しているぞ。

324 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 20:30:43 ID:bDDielmQ
>>305
今日の産経抄の趣旨。「戦前の日本の教育はよかった!」。

はねつきは、バラエティ番組の「競技」でしか見ることができないし(罰ゲームとして敗者
の顔に墨を塗るのがウケる…のかな?)、羽子板は、はねつきの道具としてではなく、
装飾用でしかお目にかかれない。
http://www.kyugetsu.com/news/061218.html

>>307
産経の場合、懐古趣味というよりは「復古趣味」または「復古主義」かと。

325 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 21:10:40 ID:qmrVrf4A
>岩科学校の子供たちは冬でさえ、火もない教室でカスリにわら草履で勉学に励んだという。地域、教師、
子供の意欲が岩科を支えた。

伊豆は、冬でも暖かいのだが…  昔から冬でも浴衣で過ごせる地域の一つだ。

326 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 21:22:44 ID:0gisIqLt
明朝のサンケイショーは

美しい憲法改正

327 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 21:23:46 ID:BV/7GBiC
どうでもいい話しだが、今はテレビゲームで大人が子供を圧倒する時代だからな。
昔はテレビゲームなら子供の方が上手かったけど、今のぬるいゲームだとファミコン時代以前からの
無茶な難易度を経験してる大人の方が圧倒的にゲームが上手い。
実家で甥っ子と遊んで思いっきり実感した。

いや、だからどうしたってわけでもないんですけどね。

328 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 22:16:18 ID:Qj+fGpoR
あさってのKKKショーは

妹殺しと教育改革
野党の反対で教育基本法改正が遅れていなければ云々

329 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 22:21:41 ID:NCG6xfh6
>>321
安倍政権発足後の産経抄は、そのパターンが非常に多いね。
不祥事に関しては、スルーしたり、役人をスケープゴートにして、
必死に擁護したり。
おかげで具体的な方法論には全く触れない漠然とした話ばかり。

330 :文責・名無しさん:2007/01/04(木) 22:33:42 ID:rAtAFD6B
具体的な方法論を述べたマスコミってどっかにある?

331 :五十川卓司:2007/01/04(木) 23:13:48 ID:vdyFuWPw
運動競技により、四肢の動作を円滑かつ精密に実施するためには、
脳髄神経の機能を駆使する必要があり、記憶に依存した受験勉強
では記憶の入出力しかできず、機能を高度化することは困難です。

つまり、健全な肉体に健全な精神を宿命させる必要があるのです
が、受験勉強ばかりで運動競技をしていない受験合格専門学校を
卒業して政府省庁や企業本社に入省入社しただけの粗雑な記憶の
入出力だけでは、政策立案や施策実施はおぼつかないという実情
が有るのです。

そのような人々には、四肢の精密で円滑な動作を制御する必要が
ある貝独楽も羽根突もできないのでしょう。とは言っても、私も
竹馬は苦手でした。

私が小学生の頃、面子(めんこ)や硝球(びーだま)で遊戯して
いたら、突然に、高速走行車輌の形をした字消護謨を、球筆での
發條(ばね)で飛ばす遊びが流行しました。接着剤や溶剤で硬く
したりとか、知識や技能よりも、金銭で、遊戯の勝利を獲得する
ような傾向が、その頃から開始されたようにも思われます。

富裕層の愚劣な子孫が、その金銭で、遊戯での勝利や、学校での
学歴を獲得するようになった熟れの果てが、「美しい国」なので
はないかと危惧されるところです。>>305

332 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/04(木) 23:16:01 ID:vdyFuWPw
追記>>331

そのような愚劣な子孫が、受験合格専門学校に潜伏して、優秀な
友達を使役するような構造問題が、昨今の経済破綻や社会破壊の
原因であると言えるでしょう。

333 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 02:49:16 ID:mWrxDO3k
イソタク氏はもう40なのか。どーでもいいけど。
スーパーカー消しゴムも、あれはあれでテクは必要だったし
メンコもあるていど金がものを言う世界だったぞ?

334 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 06:22:24 ID:5A94AKSK
仕事始めを絵に描いたようないでたちのサラリーマンやOLで、きのうの神田明神は終日、ごったがえした。
オフィス街の丸の内や大手町に近いためもあるが、今年はなんと4日だけで約1500社の企業がお祓(はら)い
を受けたという。

 ▼会社経営者が、部下を引き連れ商売繁盛や従業員の安全を祈念して氏神さまにお参りする光景は、死語と
なりつつある「企業一家」という言葉を思いださせてくれる。だが、政府が検討しているあの制度が導入され
れば、神田明神の風景も一変するだろう。

 ▼あの制度とは、「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション」。簡単に言えば、「管理職一歩手前」の
事務系サラリーマンの残業代を企業は払わなくてもいい、という仕組みだ。

 ▼旗振り役となった厚労相の諮問機関は、制度導入の見返りとして週2日相当の休日を義務づけ、一定時間
を超える労働には、割増賃金を支払うとしている。自分で仕事の量や配分を決め、実績で賃金が決まる仕組み
作りも必要だろうが、企業が新制度を人件費削減の道具に使う疑念は消えない。

 ▼労働者の働き方は多様になっている、と凡庸な経営者やお役人は言うが、短時間で効率よく高い成果が
あがる仕事なんて小欄は寡聞にして知らない。額に汗して試行錯誤を重ね、一見無駄な時間とカネを使って
はじめて果実を得られる場合の方が多いのではないか。第一、残業代がカットされれば、士気にも景気にも響く。

 ▼そんなに良い制度ならまず、霞が関から導入してみてはどうだろう。時間では成果を適切に評価でき
ない業務に従事し、年収が高いという条件にぴったりだ。「官から民へ」範を示す絶好の機会でもある。
まあ、お役人の味方である人事院がウンとは言うまいが。


335 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 06:56:08 ID:rdf1USgC
>334
内容そのものに不満はないが、与党から慎重論が出始めてからこの話という
間の悪さがいかにもKKK抄。

336 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 07:10:57 ID:3NdN5WUJ
もしかしたら、オレが中央官庁の役人に騙されてるのかもしれないが・・・

霞ヶ関の長時間労働の大半は、サービス残業だったはずだ。

337 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/05(金) 07:25:34 ID:tyv52jlW
頭脳労働に残業費用を支払する行為自体が、睡眠不足による疲弊
や消耗での統合失調や鬱病状態の原因になってしまっている事態
を考慮すると、残業不払での残業禁止による睡眠時間の確保は、
有効な施策であろう。>>334

実質年収(手取)500万円以上の給与所得者に適用すれば問題
が無いと言える。そうすれば自主的に早期退社をするであろう。

338 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 07:59:48 ID:mWrxDO3k
>334
つーか、産経はホワイトカラーエグゼンプションに賛成じゃなかったっけ?

339 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 08:54:58 ID:a9qB606k
主張は憲法改正を国防問題だけ話題に出して、残りの問題点は黙殺。
「国民の国家に対しての制限ではない憲法」
なんて事をのたもうたお花畑な連中がいたことはスルーか?

>>334
いつぞやの主張と矛盾しないか?

340 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 10:25:35 ID:hnaT0Vg4
>>336
霞ヶ関の残業は民間企業だと過労死認定されるレベルらしい。
中央省庁に行った奴を知ってるけど一日6時間残業が普通らしい。まあ、その分の給料は
出ないので残業と言えるかわからんけど。
それ以外にも、大企業と言われるところの残業はアホみたいらしいな。


341 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 10:32:07 ID:5A94AKSK
>「国民の国家に対しての制限ではない憲法」
>なんて事をのたもうたお花畑な連中がいたことはスルーか?

>「国民の国家に対しての制限ではない憲法」

まじっすか?
明治憲法起草者に伊藤博文でさえ憲法制定趣旨
のひとつに君権の制限をあげてましたが…。


342 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 10:42:44 ID:ZnOXO6wa
霞ヶ関について言えば、今じゃ民間企業では廃止になっていく傾向の強いタクシーチケット使い放題とか
旧態依然な業務の恩恵みたいなものが平然とまかり通ってるし、なによりはっきり言えば民間企業では
光熱費をカットするのに残業を禁止するところもあるのにあそこは不夜城状態。
断言してもいいが霞ヶ関の収支報告を作るから経費を削減せよと号令されれば、今の”残業”は劇的に減るよ。
要するに国民の金だからいくら浪費してもいいという発想しかないんだよ。

343 :五十川卓司 ◇soalaRO1Zo:2007/01/05(金) 11:21:04 ID:tX6pvwdV
新年だよ! レッツゴー卓司!!


344 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 11:45:28 ID:zib64BxN
>>334
社会主義や共産主義を全否定した、いつぞやのコラムとは正反対の内容だね。

-参考- Wikipediaより「国際労働機関」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%8A%B4%E5%83%8D%E6%A9%9F%E9%96%A2
>日本の主な未批准条約
>1号条約(一日8時間・週48時間制)、47号(週40時間制)、132号(年次有給休暇)、140号
>(有給教育休暇)などの労働時間・休暇関係の条約。
>1998年のILO新宣言(「労働における基本的原則及び権利に関するILO宣言」)で「最優先
>条約」とされた8条約のうち、105号(強制労働の廃止)、111号(雇用及び職業における
>差別待遇)の二条約。
>その他、94号(公契約における労働条項)、148号(作業環境)、151号(公務労働者)、
>155号(労働安全衛生)、158号(使用者の発意による雇用の終了)、171号(夜業)、
>173号(労働者債権の保護)、175号(パートタイム労働)、177号(在宅形態の労働)、
>183号(母性保護)など。
>日本では特に、労働時間関連、雇用形態についての条約批准に消極的である傾向がうか
>がえる。 連合、全労連など、日本の労働団体はこれら未批准の条約の早期批准を求めている。

>>338
産経に投稿している「識者」でさえ、慎重派が多いね。条件さえ整えれば、産経は
いつでも賛成に回るのだろうけど。

2006-11-27 【主張】労働時間規制除外 年収要件の独り歩き防げ
http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/shucho/061201/shc061201007.htm
2006-12-29 【主張】労働時間規制除外 まだ議論する余地はある
http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/shucho/061229/shc061229000.htm
2006-12-16【コラム・断】英語を使ってごまかすな (作家・中村文則)
http://www.sankei.co.jp/keizai/kseisaku/061216/ksk061216001.htm
2006-12-26【コラム・断】「垂範」の意味かみしめよ (漫画家・さかもと未明)
http://www.sankei.co.jp/keizai/kseisaku/061226/ksk061226002.htm

345 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 12:50:15 ID:C8a4lBsx
まあ、筆者の身近の問題になれば、やたらに政権のヨイショもしてられないってことでしょ。
自分にはどうでもいいことだからこそ、放言もできる。

346 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 14:44:20 ID:tVI8hRKh
能力に自信がないから俺には時間で給料くれとさ。

産経抄一本書いたら帰っていいのでは困るのかね。
それともいつも8時間以上悩んで書いてるとでも言いたいのかな。

霞ヶ関なんてのは、たとえすることが無くても、そこに居ることが仕事だから、
それこそ時間給でやらないとかわいそうだろ。

347 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 17:24:35 ID:rm773lGI
>>341
国民に役割分担を強いる為の規範にするらしいですよ?

http://www.jimin.jp/jimin/kenpou/finish13.html

憲法を論ずるに当たり、まず、国家とは何であるかについて、わが党の考え方を明らかにし、
国民各層の理解を深めていく必要があると思われる。
 次に、憲法の意義を明らかにすべきである。すなわち、これまでは、ともすれば、憲法とは
「国家権力を制限するために国民が突きつけた規範である」ということのみを強調する論調が目立っていたように思われるが、
今後、憲法改正を進めるに当たっては、憲法とは、そのような権力制限規範にとどまるものではなく、
「国民の利益ひいては国益を守り、増進させるために公私の役割分担を定め、
国家と国民とが協力し合いながら共生社会をつくることを定めたルール」としての側面も持つものであることを
アピールしていくことが重要である。
 さらに、このような憲法の法的な側面ばかりではなく、憲法という国の基本法が国民の行為規範として機能し、
国民の精神(ものの考え方)に与える影響についても考慮に入れながら、議論を続けていく必要があると考える。


348 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 17:36:36 ID:Nrq4IN9D
霞ヶ関に限らず、お役所でサビ残は日常茶飯事。役所は「サービス業」だから、最後は拘束時間や頭数が物を言う。
官僚の労基法に対する遵法意識の無さが、私企業に対する監督の甘さになっているという指摘もあるくらいだよ。

349 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 18:10:18 ID:PvD12LUK
>347
知らなかった。自民党は憲法改正だけじゃなく、
近代憲法の概念そのものを覆そうとしていたのか。
これは革命なんてレベルじゃないなあ。
ある意味で近代国家の否定だ。

超革新政党・自民党を産経新聞は超応援します。超頑張れ、
って感じなのかな。

350 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 18:28:06 ID:a9qB606k
>>349
「国民の政府への信頼」になぜか絶対の自信があるみたいです。
政治家の側から言われるとこれ程疎ましい言葉はないんですが。
勢力的にはアメリカ様に土下座しながら、国民にはアジア的って理由で土下座を強要。
素晴らしいにも程があります。

>第3編 憲法調査会の調査の経過 及びその内容 第1章 調査の経過ファイルタイプ: PDF/Adobe Acrobat
>A国民が政府を信頼するといった「アジア的価値観」については、政. 府が人民を抑圧した経験を持つ欧州とは異なった歴史
>www.shugiin.go.jp/itdb_kenpou.nsf/html/kenpou/houkoku-02.pdf/$File/houkoku-02.pdf - 関連ページ

>ttp://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/162/0089/16202100089002c.html
>○平井委員
> 国家と個人を対立するモードとしてとらえる憲法観は、やはり何となく日本人にはなじまないような気が私はします。
>日本の歴史とか文化、伝統、日本人の思想に深い影響を与えているアジア的な価値観などと比較した場合、
>この国家と個人の対立というのは国民性に合ったものとは言いがたいような気がします。

政府が国民を抑圧した事がアジアにおいては無いらしいですし、
政府と国民が対立することもありえないらしいです。
初耳です。

平井卓也
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E4%BA%95%E5%8D%93%E4%B9%9F

351 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 19:28:38 ID:eUS51Ddb
うわぁ、正体晒してんなお前ら。

352 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 20:01:22 ID:rm773lGI
ではその正体とやらを適切な単語で表現したらいかがですか?
もしくは書き込みの内容を批判してはいかが?

ここは言論の自由が認められている国なのですよ?

353 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 20:09:27 ID:i+EmheYo
>>334
なんだ。全然産経らしくないな。産経なら

・ホワイトカラーエグゼンプション(以下WE)をやり玉に上げ、一部のマス
 コミや評論家が、鬼の首を取ったかのようにはしゃいでいる。
・滅私奉公は日本の伝統であったはずだ。そしてWEはその伝統にかなうものだ。
・戦後民主主義や戦後教育のせいで、自己犠牲の精神が失われてしまった。
・安倍総理は堂々とWEを導入してもらいたい。

くらいのことを書いて、おれらを笑わして欲しい。

354 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/05(金) 20:10:38 ID:iS/NJMP2
外資系列の金融会社や顧問会社としてみれば、中途採用の若者や
中年を、高給を餌にして集めたのは好いが、それ以上の管理者や
監督者には昇進をさせたくなく、残業での給与も制限したいので
あろう。

「釣った魚に餌はやらない」という外資企業の本音が反映されて
おり、自工企業や電器企業には、輸入制限等の非関税障壁で圧力
圧迫をしている状態である。

豊田自工や佳能電器が、どのような態度を提示するかにおいて、
外資系列の金融会社や顧問会社による経済侵略行為を、日本域内
の後進地域への転落を防止する観点が必要であると言える。>>344

355 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 20:18:10 ID:WmfwMM48
>>351 ともあれ、「浜の真砂は尽きるとも、世にクソウヨの種は尽きまじ」でOK
かしら?

356 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 20:35:51 ID:t8rJH4r8
馬鹿産経馬鹿産経ソ連のスパイだったて・・・???へ〜
さもありなんだね。産経なんて胡散臭い。

357 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 21:20:25 ID:ZnOXO6wa
実際能率が上がれば1時間仕事をしたら帰ってもいいなんてのは”きれいな仕事”にしか当てはまらない話で、
サービス業なんかは管理職だろうと現場が忙しければ応援に入るのが当たり前。
労働法で制限つけなきゃほんとに身体壊すよ。

358 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 21:44:46 ID:qV3+JcII
明朝のサンケイショーは

美しい照会

359 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 21:53:13 ID:xznzbaOh
>>345
自分に直接関係ないから日本でぬくぬく暮らしているサヨが共産国を持ち上げてきた、
という言い方もできると俺は思うぞ。

>>346
日本の官僚機構がそこまでダメなら、日本は経済大国にはなれなかったであろう。
その辺の見方にバランス感覚が働かないのがサヨの弱点だ。何事も是々非々の
視点が必要だろう。

360 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 22:20:53 ID:q4lqYu86
>>334
フリーターが200万人いるんだからそれを民間にぶち込んで時間シフトで働かせれば
30時間労働を選挙公約にできそうなものを。

あと、査定基準がいまだに実働時間しかないのがおかしい。
ホワイトカラーとかいっても同じだろう。

なんでもいいからサービス残業をやめさせてくれ。
それから工場なんかは、残業代は出るけど残業が半強制という所も多い。
ボーナスで収益分配が間違いなければベア0でいいから。ほんとに。
高い給料、年功序列なんかいらないから自分の時間が欲しいんだよ俺達は。

361 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 22:36:55 ID:hnaT0Vg4
結局のところ、慢性的に違反ばかりの労働基準法を徹底させるところから始めないとならないのに
他の事やろうとするからダメなんだよな。
この辺りは、身内にまともな人間いないのに美しい国だとか改憲だとか遠くて印象的な事しか言え
ない安倍内閣らしいちゃらしいけど。

まあ、基本は小泉の時代の物だろうけど。

362 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 22:58:45 ID:dIHlvc+m
慢性的に違反だから法律のほうを変えちゃえってのがWEってやつだわな。
派遣法を変えようって話もある。なんでそういう法律が出来たのかっていう
話は誰も考えつきもしないようだ。

昔工場に勤めていたことがある。まだ景気の良かった頃だが、当時は残業予算
なんてものがあった。月予算が20時間だとその月は必ず20時間以上は残業し
ないといけなかった。当時は止めてくれと思ったが、その分残業代はきちんと出
ていただけ今よりははるかにマシだった。なんて世の中になったんだ。

363 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 23:15:00 ID:xznzbaOh
>>362
かわいそうだと思わないでもないが、景気がよかった頃というのはバブル景気の頃だな?
あの時の日本はやはり狂っていた。現在の日本は、バブルがはじけた後失われた10年が
あり、その後ようやく小泉と竹中が回復基調に持ってきた。

少しは評価していいだろう。安倍がどこまでやれるのか疑問ではあるが。

364 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 23:22:02 ID:rm773lGI
回復基調ってカタログデータだけだろ。
懐が温かい人間なんて一部なのに、この上企業側の取り分だけ増やそう路線を継続されても困る。

365 :文責・名無しさん:2007/01/05(金) 23:45:36 ID:ahJJ/0ZJ
景気回復といっても外需で稼いで設備投資などにまわしてるだけで
ぜんぜん一般の人には恩恵ないんだよなあ。

法律を現実にあわせるんなら、駐車禁止をやめろよw

366 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 00:20:18 ID:vNo8TQqk
>>336>>340>>342
ま、だいたい当たっているはず。
俺が知っているのは、20世紀の話だけどな。
大喪の礼があった月、I種で入省した外務省職員が、超過勤務250時間で
超過勤務手当が50時間分だったそうだ。
初任合同研修で流布していた噂も、2割が相場だった。
省庁によって、どこが多いなんて噂もあったが。
ま、俺のところは>>362に近かったが。
予算が少なすぎて、実際の超過勤務の方が圧倒的に長かったけどな。

そもそも、すぐに管理職になるから、ホワイトカラー・エグゼンプション
は実行されているようなものだけだし。
管理職になる前は、長時間のサービス残業だし。
II種、III種に関しては知らないけどな。

>>346>>348>>359
「国会待機」で検索してみろ。
特に、いつもアホなことを書いている>>359
俺の予想以上に、現実を暴露している奴がいっぱいいる。

367 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 01:06:54 ID:oKbUNU4P
国会待機て・・・・セコっ

368 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 01:19:17 ID:qEtMz1cj
>>363
今μ即では潮目が変わりジミン党がボロクソw
回復基調に乗ったはずの小泉政権の間、リーマン所得が4兆円減ってるからな。
いくら実力社会とはいえ不良債権も一息ついて人件費くらい増えないとおかしい。
庶民にとっては失われる21世紀が続いていく。


369 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 01:37:50 ID:y4XxNqzu
>>368
俺はあまり経済は詳しくないから「庶民の実感」といういいかたに共感を
持っているが、失われた10年の頃は、大手企業の業績も悪かっただろ。

日本のような経済大国が持ち直すには、大企業の業績が上向きになってから、
下々にもその恩恵が降りてくるという流れ以外は有り得ない。小泉と竹中の
経済政策に対する批判というより悪罵を憶えているか?

多少の紆余曲折はあったが、サヨやら極右に「禿鷹に日本を売る」と批判されながらも、
銀行の不良債権を強引に売り払ったのは慧眼であった。あれをやれたのは小泉の
手柄であって、それくらいはサヨだってわかっているはずだ。

全てを誉めろとはいわないが、日本経済にとっていいこともしたくらいは
認めたうえでの批判でなければ、その批判には説得力が無い。

370 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 02:05:48 ID:3Sn8xICZ
まず企業を成長させ(回復させ)、成長した分を労働者(労働者w)に分配する。
この流れ以外はあり得ない。

なにやら商品券構想のごとく所得税減税や手当ての拡充などで
家計にばらまけ的な共産党系バッシングが、このスレでは多いが、
そんなことをしても消費が回転を早めることはない。
家計と企業はまったく違う。たとえば家計に設備投資の概念はない等。

家計の貯蓄を消費にまわすためには、年金の将来不安を解消することが必要だ。
これなら、サヨクが政権批判に使っても問題はない。

371 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 02:47:25 ID:qEtMz1cj
>>369
曲がりなりにも98年頃にITバブルがあって給与水準もやや改善された時期あり。
ところが金融機関の相次ぐ破綻でしぼんだために、今回日銀が量的緩和に慎重。
非正規労働やサービス残業横行による民間待遇悪化と企業優遇税制に拍車をかけている。

>多少の紆余曲折はあったが、サヨやら極右に「禿鷹に日本を売る」と批判されながらも、
>銀行の不良債権を強引に売り払ったのは慧眼であった。あれをやれたのは小泉の
>手柄であって、それくらいはサヨだってわかっているはずだ。

こういう見方の一方で、残念ながら不満はそこに留まらないわけで。
これまで血を流し続けながらも外交的理由ジミン党を支持してきた若年層が
事実根本的なネオリベ嫌いに転じつつある。
また輸出品の消費税がまるごと還付される法制で、
大企業は国内需要をどんどん切り捨てにかかってる。軽以外の自動車が最近売れなくなってきた。
http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/syouhi/050912/050912.htm

ついでに今回の労働改悪も例に漏れずアメリカの要求が絡んでいて、
最近のトイレ経団連の提案や大義名分もほとんどこの丸写し。

「2006年日米投資イニシアティブ報告書」p10
http://tokyo.usembassy.gov/j/p/tpj-j20060630-51.html
第二に、米国政府は、解雇紛争に関し、復職による解決の代替策として、金銭による解決の導
入を要請した。
第三に、米国政府は、労働者の能力育成の観点から、管理、経営業務に就く従業員に関し、労
働基準法による現在の労働時間制度の代わりに、ホワイトカラーエグゼンプション制度を導入する
よう要請した。
第四に、米国政府は、労働者派遣法による規制については、限られた時間の仕事や職場(選
択)の自由を希望する者を含む労働者により多く雇用の機会を提供する必要があるとの観点から、
これを緩和すべきであると指摘した。

労働力ダンピングで獲得した利潤を外国株主(湯○屋金融資本)に流出して、そのオコボレも財界党に献金される。
デフレスパイラルで庶民の(大袈裟でもなんでもなく)切実な将来不安が広がる限り、小泉リフォームの評価はまだまだ先だ。

372 ::2007/01/06(土) 03:03:58 ID:9B/kKy89
「日銀が」じゃなくて「日銀の」だったわ。
福井と与党内の方針対立してるから訂正

373 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 07:36:10 ID:k5cqUKjL
産経抄                                         1月6日
「台湾の新幹線」こと台湾高速鉄道は相当な難産だったようだ。日本の新幹線の技術
を導入、「のぞみ」によく似た列車が、一昨年10月には走り出しているはずだった。そ
れが遅れに遅れ、年を2回もまたいでようやくスタートを切った。
▼車両などは日本の新幹線の技術だが、信号システムや土木工事面は日本と欧州が
別々に落札した。台湾をめぐる国際情勢を反映してのことだが、その調整などで遅れた
という。しかし、そのことでさほど自虐的になることもない。日本の新幹線はもっともっと
難産だったからだ。
▼計画が動きだしたのは昭和30年、当時の十河信二国鉄総裁の鶴の一声によってだ
った。しかし東京・大阪間に新たな鉄路を敷き、高速列車を3時間余りで走らせる計画を、
政治家や財政当局が簡単に認めるわけもない。説得して着工にこぎつけるまで4年か
かっている。
▼着工後も、250キロのスピードに耐えられるよう、何度も走行実験を行った。鳥が窓に
当たったときのテストまでしている。しまいには建設費が2倍もかかり、十河総裁が責任
をとって辞任することになり、営業開始はさらに5年後の昭和39年だった。
▼それでも「世界一の列車」を走らせることができたのは十河氏をはじめ当時の国鉄マ
ンの情熱だった。本紙連載「戦後史開封」によれば、起工式のクワ入れで十河総裁のク
ワは力余って先が抜け、参列者の前まで飛んだ。いかに全身全霊を傾けていたかを語
るエピソードだ。
▼台湾高速鉄道は在来線で4時間以上かかっていた台北〜高雄間を1時間半で結ぶ
という。快適な旅の間、ちょっとだけでも「生みの親」たちの苦労と情熱とを思い浮かべ
てくれるといい。むろん、日本の新幹線の乗客たちにもであるが。
---------
台湾人の知人に聞いた話では、台湾での鉄道開発が難しいのは、技術的な問題という
よりも、むしろ用地所得に、政治家やらヤクザやらが絡んできて大変だから、と聞いたが。
まあ、技術的な問題ということにしておこう。新幹線も、徹底的に安全性を求めたという点
は、日本人らしくていいが、予算が見込みの二倍というのは、やっぱり計画が甘かった
んだよね。

374 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 07:38:10 ID:CwPSnejS
【産経抄】

 「台湾の新幹線」こと台湾高速鉄道は相当な難産だったようだ。日本の新幹線の技術を導入、
「のぞみ」によく似た列車が、一昨年10月には走り出しているはずだった。それが遅れに遅れ、
年を2回もまたいでようやくスタートを切った。
 ▼車両などは日本の新幹線の技術だが、信号システムや土木工事面は日本と欧州が別々
に落札した。台湾をめぐる国際情勢を反映してのことだが、その調整などで遅れたという。しか
し、そのことでさほど自虐的になることもない。日本の新幹線はもっともっと難産だったからだ。
 ▼計画が動きだしたのは昭和30年、当時の十河信二国鉄総裁の鶴の一声によってだった。
しかし東京・大阪間に新たな鉄路を敷き、高速列車を3時間余りで走らせる計画を、政治家や
財政当局が簡単に認めるわけもない。説得して着工にこぎつけるまで4年かかっている。
 ▼着工後も、250キロのスピードに耐えられるよう、何度も走行実験を行った。鳥が窓に当
たったときのテストまでしている。しまいには建設費が2倍もかかり、十河総裁が責任をとって
辞任することになり、営業開始はさらに5年後の昭和39年だった。
 ▼それでも「世界一の列車」を走らせることができたのは十河氏をはじめ当時の国鉄マンの
情熱だった。本紙連載「戦後史開封」によれば、起工式のクワ入れで十河総裁のクワは力余っ
て先が抜け、参列者の前まで飛んだ。いかに全身全霊を傾けていたかを語るエピソードだ。
 ▼台湾高速鉄道は在来線で4時間以上かかっていた台北〜高雄間を1時間半で結ぶという。
快適な旅の間、ちょっとだけでも「生みの親」たちの苦労と情熱とを思い浮かべてくれるといい。
むろん、日本の新幹線の乗客たちにもであるが。
(2007/01/06 05:22)

-----------------------------
初日からトラブル続出だそうだが、まあ開業時なんてそんなもんだろう。確かに新幹線もそうだった。
でも同じことをKTXを叩いてる厨にも言ってやってもいいんでないかね。

375 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 08:37:19 ID:KC8LZLRW
正論と阿久悠のコラムで安倍に支持率を気にする必要ないから正しいことをやれだってさ。
自民党内の権力闘争で勝手に首相になった上に、アレの頭の中だけにあるビジョンを
国民の支持がなくても押し通すべき程に正しい理想って言われてもなぁ。
しかも正論の方は今更「普通の国」とか「美しい国」とかを無批判に基準にしてるよ。

本当に産経は民主主義が嫌いなんだな。

あぁ、絶対的に賢くて正しい安倍様を支持しない側に合わせると「衆愚政治」になるのね。
どこまで人をバカにしてるんだ。

>>370
>たとえば家計に設備投資の概念はない等
食料費や光熱費以外にも自家用車や地デジの導入やらはそれに当たりますよ?

376 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 09:00:30 ID:1dXitjCp
東海道新幹線は東京オリンピックに間に合わすための強引な突貫工事じゃ
なかったのかなあ。

377 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 09:00:53 ID:jQwe7n4F

設備投資の意味が分かってないな。>>375

378 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 09:17:22 ID:qjxp07Ql

●日本経団連「希望の国、日本」(御手洗ビジョン)

  「教育現場のみならず、官公庁や企業、スポーツイベントなど、
   社会のさまざまな場面で日常的に国旗を掲げ、国歌を斉唱し、
   これを尊重する心を確立する」


●御手洗冨士夫経団連会長

  「偽装請負は、法律が悪い」 


●サミュエル・ジョンソン

  「愛国心とは悪党どもの最後の隠れ蓑である」

379 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 09:46:28 ID:sKcZCoEW
>373-374 >377
営業路線500kmの開通に5年ってのは、相当な突貫工事だよなあ。
いくら戦時中の弾丸列車計画で用地買収してあったとはいえ。
単純比較はできないが、在来の東海道線や第二東名高速の開通に
何年かかった(かかっている)か考えると、東海道新幹線の5年や
東名高速の3年というのはあきらかに異常。

380 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 10:24:25 ID:A1ifO3JT
ここで見られる建設記録映画最高。
お奨めは日本初のカラー記録映画佐久間ダム総集編 突貫工事三年で96名殉職
黒四ダムはありません
http://www.stream.tepia.jp/streaming/displayContentsView

381 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 11:06:37 ID:1dXitjCp
台湾ネタだと盛り上がらないので(差し障りがある人が多いのか?)
山拓訪朝の話でもしよう。現時点で行くのはネタ枯れの3K抄のために
いくようなものかもしれないが。

<山崎前副総裁>北朝鮮訪問で調整 拉致問題など打開探る
http://www.ocn.ne.jp/news/data/20070106/m20070106p1500m010166000c.html?TNt
 自民党の山崎拓前副総裁が9日に北朝鮮を訪問する方向で調整していることが分かった。
関係者が5日、明らかにした。北朝鮮の核・ミサイル問題や拉致問題で、打開の糸口を探る
狙いとみられるが「日本政府とは別の動き」という。山崎氏は同日の会見で
「自ら乗り込んで対話と説得の努力をしたい」と訪朝に意欲を示した。
[毎日新聞社:2007年01月06日09時05分]

382 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 11:31:15 ID:MbW/Z6g8
>>375
> 食料費や光熱費以外にも自家用車や地デジ

あのー、設備投資の意味知ってるか?

383 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 11:35:10 ID:vNo8TQqk
>>373
やはり、産経新聞は台湾の新聞なのかねぇ。
「さほど自虐的になることもない」なんて書いた直後に、日本の新幹線を卑下して、
「台湾の方がまだマシ」というのだから。
産経新聞は日本の新聞だというのなら、今朝の産経抄は、この上なく自虐的だ。

ま、産経新聞の記者が日本語の正確な意味を知らないだけなんだろうが。

>>374
初日からトラブル続出っていうより、開業前から脱線事故を起こしているくらいで。
死傷者が出ていないだけで、ありとあらゆるトラブルを発生済み。
新幹線やKTX程度のトラブルなんて話題にならないくらい、レベルが違いすぎる。

384 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 11:41:09 ID:KlI8lN0c
岸が無能だったから遅れただけ。池田で一気にゴー!
それだけ。
岸は安保改定以外全く何も実績無き無能者。
鳩山内閣で土台の出来た北方領土問題は外交交渉すら放棄し
韓国には竹島取られ、警職法改正や治安維持自衛隊出動で
独裁を目指した。岸の目指したのは韓国朴や台湾蒋介石の
ような政権だった。


385 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 13:40:43 ID:WZFi8Ew9
とりあえず>>375が何か考えるよりも安倍の独裁の方がマシなのは確実www

386 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 14:46:38 ID:y5jQzR0V
正直、日本は参加して欲しくなかった>台湾高速鉄道
各国チャンポン状態のシステムなんて恐ろしすぎる。
TVニュースでも券売機が故障してスロットマシンのようにジャリ銭出まくっていたが。
台湾の大ざっぱでルーズな国民性も気掛かり。
各メンテナンス等も大丈夫なんだろうか。

387 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 15:29:59 ID:vNo8TQqk
>>386
JR東海の葛西が個人的な好みで入札したからな。
ホント、馬鹿ウヨは国益を害してばかり。

388 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 15:30:24 ID:ES6hV5gE
IBMのPC/ATも途上国で作ったLSIの寄せ集めだったけど
熟成すればだいじょぶじゃないの
今もバグやウィルス混入しまくりだけど

389 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 15:34:47 ID:e/lXCrE7
>>385 俺思うに、安倍に総理が務まるなら、きっと375にも務まるんじゃなかろうか?
小泉だって務まったんだし。

390 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 16:16:28 ID:WZFi8Ew9
>>389
自演擁護乙www

391 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 16:28:38 ID:dWNc5vYY
>>388
なんか勘違いしているようだがハードウェアにバグやウィルスが混入しまくっていると言う話は
聞いた事ないぞ。バグやウィルスに荒らされているのは主にOSであってハードは無関係。

392 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 18:20:30 ID:kYcqReyw
でも、自虐的って言葉がよほど好きなんだろうね。
つーか、そんなことで自虐的になるってどういう精神構造なのかわかりません。

393 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 18:52:41 ID:vNo8TQqk
>>391
ハードウェアにウィルスが混入しまくっているという話は聞いたことがないが、
ハードウェアにバグが多いのは事実。
ほぼ全てのMPUにバグがある。

http://f35.aaa.livedoor.jp/~luins/iroiro/Intel_AMD_bug_etc.htm
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/970507/intel.htm
http://www.wdic.org/w/SCI/Pentium
http://www.intel.com/support/processors/pentiumii/sb/CS-023729.htm
http://support.intel.com/support/processors/pentium/ppiie/

394 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 18:57:28 ID:+0Oq11tT
>>375
 ↓これやったのお前だろ。この精神異常者www
http://ura.tanteifile.com/otona/2007/01/06_01/index.html

395 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 19:00:43 ID:ES6hV5gE
出来の悪いOSも含めたPC/ATてことでいいんじゃないの

396 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 19:23:59 ID:dWNc5vYY
MPUのハード制御にバグはなくせと言う方が無理だし、どう読んでもATとOSが一体化していると誤解してるだろ。
それで言ったらmacだろうが昔のNECやTRONマシンだろうと同じ事なんだし。

397 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 20:48:48 ID:8tJdxV30
首相、労働時間規制除外制度に慎重姿勢だそうだ。
安倍ちやん、評判悪いとすぐに撤退。
いい傾向だよ。この調子で参議院選突破できるかな。

398 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 23:07:12 ID:y4XxNqzu
>>397
どうだかな。小泉は一匹狼で自民党内での基盤が弱かったから支持率だよりの
政権運営をせざるを得なかったが、安倍の方は初期の小泉よりは基盤は強い。

ただ、あちこちに配慮しすぎているように見えるのが、小泉政権と比べると
心許なく感じてしまうということはあるだろう。参院選での被害を最小限に
止めた上で憲法改正まで持っていければ、安倍としては本望だろうが、
どうなることかよくわからんな。

399 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/06(土) 23:16:54 ID:c/KVqGk3
「憲法改正」にしても、薩長藩閥の私利私欲と暴走暴発とにより
日本域内の人々に戦争と惨禍とを巻込した責任の所在を、不明確
にしようとしている薩長藩閥(財閥、官閥、軍閥)関係者等が、
外資系列の金融会社に煽動されているだけのように見えるのだが。>>398


日本國憲法前文

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動
し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果
と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の
行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを
決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確
定する。

400 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 23:31:21 ID:KC8LZLRW
>>397
で、参院選で過半数ならば「議論は尽くされた」で即可決だろ。

なぜか年収基準が300万とかに下がってw

401 :文責・名無しさん:2007/01/06(土) 23:50:25 ID:Xt/ztVRu
いやあ、年収基準の記述はなくなってんじゃねーか?

402 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 00:23:03 ID:ALGUWYhg
政省令でこれを定める。

403 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 02:43:45 ID:grIduhof
@ 産経抄 2003年3月21日(→戦争の“大義”は「大量破壊兵器の廃棄」)

▼戦いは「イラクの自由作戦」と名づけられ、ブッシュ米大統領は「戦争」という
 言い方を慎重に避けて「武装解除」という表現を使った。
 しかし大量破壊兵器の廃棄をめざす戦争であることに変わりはない。
 その実体から目をそらさず、真正面から見すえなければならないだろう

A 産経抄 2003年7月24日(→戦争の「大義」を「独裁政権の崩壊」に変更)

▼権力と暴虐をほしいままにする独裁者が、自分の息子を世継ぎにした悪政は
 北東アジアにも例がある。 イラクの人びとにとって独裁政権の崩壊は
 歓迎することだったのかどうか。 それがこの戦争の大義と是非を問うカギの一つ
と見てよい

B 産経抄 2004年1月29日(→戦争の「大義」を問うのは「愚論」という立場に再変更)

▼ 国会は相も変わらぬ不毛の論議をやっている。その一つが、野党側の
 「イラク戦争に大義はあったのか」という愚論である。
 大量破壊兵器が見つからない問題のむし返しだが、
 一体、戦争や革命に大義や正義というレッテルを張る必要があるのだろうか。

C 産経抄 2004年9月18日(→以前、「小欄」が戦争の「大義」を主張していたことを忘却?)

▼またぞろ「戦争の大義はどこに?」と"鬼の首"でもとったように言い立てている新聞がある。
 パウエル米国務長官が上院公聴会で「イラクで大量破壊兵器の備蓄が見つからず、
 今後も発見の見通しは少ない」と述べたことに、小躍りしているらしい。
▼小欄はこれまで再三、戦争に大義や正義を主張することのおかしさや、うさん臭さを書いてきた。


404 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 03:21:56 ID:p0jnqC86
3Kの愛国は、フセインを懐かしむイラク人の愛国と同じだ。

405 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 03:38:51 ID:UM3tcF5j
昔はバグダッド市内を爆薬満載車が走り回るような事は無かったが

406 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 07:17:50 ID:YfvfwkOD
産経抄                                         1月7日
昭和47年2月19日、「連合赤軍」を名乗る過激派5人が長野県軽井沢の山荘に立て
こもった。人質をとっている。以来10日間、包囲した機動隊との攻防は連日テレビ中
継され、日本国民の目をくぎづけにした。「あさま山荘事件」である。
▼そのテレビ中継を見ていた日清食品社長の安藤百福さんはあっと息をのんだ。機動
隊員が雪の中で、カップヌードルを湯気を立てながら食べている場面が大きく映し出さ
れたのだ。氷点下の寒さである。包囲作戦の合間にかきこむ非常食としてこれ以上の
ものはなかった。
▼カップヌードルは安藤さんが渡米したときに思いついた。米国人にチキンラーメンを試
食してもらおうとすると、紙コップにめんを割って入れ、お湯を注いで食べた。そこで箸
(はし)やどんぶりがなくても食べられるカップめんとして売り出したのだが、テレビ中継
がひとつの契機となり爆発的に売れる。
▼安藤さんが自叙伝『魔法のラーメン発明物語』で明らかにしている話だ。カップめんだ
けでない。安藤さんが大阪の闇市でヒントを得て、小さな自宅から世に出した即席めん
の歴史は日本の戦後そのものである。特に団塊の世代には切っても切れない発明品
だった。
▼育ち盛りのころにはお湯を注ぐだけのチキンラーメンがおやつ代わりだった。受験勉
強や貧乏な学生時代は、インスタントラーメンで空腹をしのいだ。企業戦士となった後は、
カップめんをカバンいっぱいに詰め込み世界を渡り歩いたのである。
▼その団塊の世代が定年を迎えだす年の初めに、安藤さんが突然逝った。亡くなる前
日まで、お昼には必ずチキンラーメンを食べていたのだという。これほどまでに、日本と
自らの戦後史を映し出す訃報(ふほう)は、ちょっと見あたらない。
---------
地味な分野だったが、偉人だったな。インスタントラーメン・カップめんが、世界に広く普
及したのは、この人が製造法特許を公開したおかけだ。名前の通り、人々に多くの「福」
をもたらした。でも、カップヌードルを歩きながら食べるのは流行しなかったなw

407 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 09:04:40 ID:yxGl0uCz
家庭の主婦のアイデアでカップ麺が出来たとか言うのはなにか俺勘違いしてるのかな?

408 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 09:17:24 ID:UTbBJXcI
安藤さんが台湾出身であることには触れずに
あさま山荘事件を真っ先に持ってくるあたりが産経抄か。

409 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 09:46:56 ID:3bmMn6T2
インスタントラーメン、電気釜、味の素が
アジアの伝統的な食文化を破壊した日本の三大発明なのだが
産経的には手放しでほめていいのか?

410 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 10:13:36 ID:qcGFeHdu
今日の投書欄に核武装すべきってあったけど、産経の本音と感じた。


411 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 10:59:23 ID:W/AIyffw

憲法制定当時の、吉田茂と野坂参三の「戦争放棄」条項問答

野坂
「自衛戦争は正義の戦いだ。自衛権まで放棄しているのは行き過ぎではないか」
「戦争一般放棄という形でなしに、我々は之を侵略戦争の放棄、こうするのがもっと的確ではないか」

吉田
「そんな考え方は有害だ。近年の戦争の多くは国家自衛権の名のもとに行われている。
故に正当防衛権を認めることは戦争誘発の原因となる」
「自衛権による交戦権、侵略を目的とする交戦権、この二つを分けることが、多くの場合に
おいて、戦争を誘起するものであるが故に、かく分ける事が有害なりと、申したつもりです」
「日本が戦争放棄を宣言して漸く世界の信を得ようとしているとき、自衛権についてとやかく
論議することは再び世界の疑惑を招くことで有害無益な論だ。なぜなら従来の侵略戦争は
いずれも自衛権発動の名目で為されたからだ」


アメリカのタカ派がやれと言うからです。

http://www.washtimes.com/world/20050808-121636-3027r.htm



412 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 13:03:56 ID:idwZAHkc
>>407
たぶんそれは嘘だろう。この手の発明秘話には嘘伝説が大量にあるから。
メーカーが宣伝の為にあえて嘘を広める事もある。

413 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 14:41:01 ID:POR2JTRW
>>410
なんで北朝鮮の核武装は無条件の批判対象なのが当然で
日本の核武装は受け入れられると思ってるのかね。

414 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 14:49:25 ID:F7glYyGm
それもアメリカのタカ派が許してくれるからです

415 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 16:16:29 ID:SyJkHpSq
>>409

青海チベット鉄道では、カップ麺を車内販売している。
各車両に備え付けられた給湯器でお湯を注ぎ、3分待つ。
ココシリ自然保護区の景色を眺めながら啜る麺は格別だとか。

416 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 17:21:14 ID:h3X6ctMh
団塊の世代が育ち盛りのころ(発売間もないころ)、チキンラーメンは
おやつ代わりに食べられるような値段ではなかったはずなんだが。
中華そば屋の中華そばより高かったような。

417 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 18:41:39 ID:yxGl0uCz
>>414
日本が空母一つ持つのも許さない連中なんでそれはない。ここ一番と言う時には
日本の軍備強化に必ずけちをつけてきたのがアメリカ議会だし。

418 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 22:09:18 ID:OmxsX4ml
>>408
他のコラムで真っ先に安藤が台湾出身であることに触れてあるのか?
他の新聞のコラムでは触れているのに産経だけ違うということでなければ、
そもそも批判の土台が崩れるだろう。

いちいち調べるのは面倒だから調べていないが>>408は批判のための批判を
繰り返す「ここの住人」の典型だな。

>>409
産経的にどうかは知らないが、インスタント食品の隆盛は功罪相半ばするだろ。
朝日的にはどうなんだ? 或いは>>409的にはどうだ?

419 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 22:18:01 ID:8cE9i7fX
他のコラムを語るスレではありませんサンケイショーのスレですあしからず

420 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 22:24:34 ID:POR2JTRW
面倒だからと言って手間を惜しみつつ他人の上に立っているという幻想だけは毎回律儀に書き込む住人じゃない人乙

421 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 22:50:32 ID:0vHxzYMX
しかし、なんで台湾出身に触れないのがさすが3K抄なんだ?

422 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 22:58:38 ID:+IaJL/4c
インスタントラーメンもう食べ飽きた

423 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 22:59:44 ID:OmxsX4ml
>>420
面倒だから調べていないが、常識的に考えて日清の安藤の逸話なら、
産経抄に書いてあるあさま山荘事件はつとに有名でそれに触れるのは
不思議でもなんでもない。

そっちに触れずに安藤が台湾出身だなんてことを書くほうが余程俺は不自然だと
思うし、そんなコラムはないだろうと思うが。

俺の思い込みを否定し、>>408の文章に理があると思うなら、他の新聞のコラム
で安藤が台湾出身であることに真っ先に触れてあるコラムを探し出してみろ。

もうひとつ気になるが、「他人の上に立っているという幻想」というのはなんの事だ?
俺の意見を読んで具体的に反論できない引け目で自分が俺に見下されていると
誤解でもしているのか?

俺の書いていることに間違いがあるなら具体的に批判しろと何度も何度も書いてるぞ。

424 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 23:03:04 ID:3D+QC9Oy
何も具体的な事言っていないのに妄想するおぢさん乙

425 :文責・名無しさん:2007/01/07(日) 23:48:41 ID:qcGFeHdu
>>413
N速+のネトウヨとか小林よしのりなんかは諸外国は日本には経済制裁は出来ない、しても逆に相手側が困るだけって言ってた。だから核武装しても何も問題ないし持った者勝ちらしいな、こいつらの論理は。

426 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 01:01:33 ID:UpdT+G8c
@ 産経抄 2003年3月21日(→戦争の“大義”は「大量破壊兵器の廃棄」)

▼戦いは「イラクの自由作戦」と名づけられ、ブッシュ米大統領は「戦争」という
 言い方を慎重に避けて「武装解除」という表現を使った。
 しかし大量破壊兵器の廃棄をめざす戦争であることに変わりはない。
 その実体から目をそらさず、真正面から見すえなければならないだろう

A 産経抄 2003年7月24日(→戦争の「大義」を「独裁政権の崩壊」に変更)

▼権力と暴虐をほしいままにする独裁者が、自分の息子を世継ぎにした悪政は
 北東アジアにも例がある。 イラクの人びとにとって独裁政権の崩壊は
 歓迎することだったのかどうか。 それがこの戦争の大義と是非を問うカギの一つ
と見てよい

B 産経抄 2004年1月29日(→戦争の「大義」を問うのは「愚論」という立場に再変更)

▼ 国会は相も変わらぬ不毛の論議をやっている。その一つが、野党側の
 「イラク戦争に大義はあったのか」という愚論である。
 大量破壊兵器が見つからない問題のむし返しだが、
 一体、戦争や革命に大義や正義というレッテルを張る必要があるのだろうか。

C 産経抄 2004年9月18日(→以前、「小欄」が戦争の「大義」を主張していたことを忘却?)

▼またぞろ「戦争の大義はどこに?」と"鬼の首"でもとったように言い立てている新聞がある。
 パウエル米国務長官が上院公聴会で「イラクで大量破壊兵器の備蓄が見つからず、
 今後も発見の見通しは少ない」と述べたことに、小躍りしているらしい。
▼小欄はこれまで再三、戦争に大義や正義を主張することのおかしさや、うさん臭さを書いてきた。


427 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 01:02:40 ID:scOk/aUT
産経的云々朝日的云々って具体的か?。
おもいっきり抽象的だろ?。

428 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 01:55:16 ID:rSkDIpJ0
>>425
日高義樹のワシントンリポートで、キッシンジャー博士は日本も核武装の研究は進めていない方が驚きだと
言っていたけどな。ただ核を北朝鮮が持っているのは本来アメリカに対する抑止力に使っているんで、日本に核を
打ちこんでもアメリカにはせいぜいかすり傷程度しかつかない。無傷の米軍戦力をまともに受けるような発狂した選択を北朝鮮が
選ぶとしたら、日本が核抑止力持っていても役に立たないのは同じなんだよな。

429 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 02:26:00 ID:fdd7m65c
>>423
構い方を指定する構ってちゃんってのも斬新で面白いかもね。

430 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 02:44:33 ID:G7eUSPqQ
>>425
経済制裁はともかく、原発用のウラン他核燃料が輸入停止になるから
日本経済オワタになるんだけどな。

431 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 02:50:10 ID:kJ6+3y4E
>>423
具体的なことを書かず「サヨ」とか「住人」とかの抽象を相手に論破ヅラしてる人に
具体的な反論なんて出来る人はいないよw

432 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 08:02:22 ID:xu7TunTb
【産経抄】
 京都産業大学の所功教授は今月下旬、遺骨収集のボランティアに参加するため沖縄に向かう。父親がソロモン
諸島で戦死している所さんの慰霊活動は、すでに20回を数える。大学の同僚だった若泉敬氏が平成8年に亡くな
ってからは、その遺志を継ぐ思いも強い。
 ▼若泉氏といえば、若き日に福井大空襲に遭遇して平和研究を志した政治学者であり、昭和44年の沖縄返還
交渉では、佐藤栄作首相の密使として、対米工作にあたった。政治の舞台を去ってからは沈黙を守り、硫黄島、
沖縄での遺骨収集など慰霊の旅を続けていた。
 ▼ところが、平成6年に『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』(文藝春秋)を発表。「核抜き」の返還に、極東有事の際は
核の再持ち込みを認める秘密合意があったことを初めて証言し、世に衝撃を与えた。
 ▼ 実はその直後に、沖縄で自裁するつもりだった。関係者に託した遺書には、返還実現のためにほかに方法は
なかったにせよ、密約にかかわった責任の重さがつづられていた。「返還後も基地の負担をかけ続けている県民へ
の自責の念もあったのでは」と所さんはいう。思いとどまって著書の英訳に取り組み、膵臓(すいぞう)がんで66歳
の生涯を終えたのは、米国出版の契約をかわした日だった。
 ▼雑誌『正論』(昨年9月号)に載った英語版序文の元原稿では、現代社会の精神的堕落を批判する一方で、戦争
で犠牲になった日米の若者が共有するはずだった夢と理想を、若い世代が実現することへの「熱い期待」を述べている。
 ▼所さんによれば、遺骨収集にかかわる人々の高齢化が進むなか、今回は大学生や30代の会社員の参加もあっ
た。きょうは成人の日。若泉氏の思いが、あなたたちの時代にも引き継がれていくと信じたい。
(2007/01/08 05:12)
----------------------------
若泉氏への思いを新成人へ、というのはわかる。でもなぜ若泉氏かというのがまるでわからない。命日とも関係がないし。
そもそも京都産業大学の所教授が誰かというのもよく知らない。突っ込んで考えると分からないことだらけ。

>若泉 敬(わかいずみ けい、男性、1930年3月29日 -- 1996年7月27日)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E6%B3%89%E6%95%AC

433 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 08:28:07 ID:gNjGLGDG
>432
所功 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%80%E5%8A%9F
皇室史の専門家(?)で日本会議系の人。
なんで成人の日か?というのは、やはりわからんなあ。

434 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 10:13:10 ID:EuyMS2FO
>>432

>若泉氏の思い

・遺骨収集と慰霊
・平和研究
・核持ち込みの密約を悔やむ=反核?
・戦争で犠牲になった日米の若者が共有するはずだった夢と理想の実現。
  
この辺りかと思うが、夢と理想というのがわからん。
具体的な引用がないからな。
太平洋戦争を戦った若者達が核廃絶を目指してたとは思えないし、
現在の日米は同盟関係にあるから、日米の平和友好でもないだろうし。
 
>>433
 
皇室が無くても成人式はあるだろうからな。

435 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 11:33:43 ID:lf2rEKo8
国民を裏切るような行為を隠れて裏でやるのが愛国なのか?
北方領土のロシアに2島引渡しも愛国とでも考えていそうだな。

436 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 12:31:03 ID:rSkDIpJ0
>現代社会の精神的堕落を批判する一方で

いつも思うんだがそんなに戦前は精神的に健全で高尚な日本人だけしかいなかったのか?
戦前の互助精神は立派だとは思うが、一面封建制による思想統制の産物でもあったし
差別や傷病者に対する弱者迫害のひどさは、今の良識から言えば犯罪的ですらあった。
放任が野放図を生むと言うなら統制しかないんだが。

437 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 14:01:12 ID:HgCl+pFa
>>432
ガイシュツだが結局何が言いたいのかサッパリわからんな。
メッセージ性がまるで無い。
『正論』の愛読者なら分かるのか?

438 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 14:01:28 ID:fdd7m65c
>>432
日本政府が密約の存在を否定し続けていることには全く触れないんだな。
産経は、別の密約を暴露した毎日新聞の記者を、機密漏洩と称して叩きまくってきた訳だが、
そのことについても全く触れないんだな。
「世に衝撃を与えた」なんて大げさに書いているが、実際には大して話題にならなかった。
毎日新聞の記事が出た時は、大騒ぎだったようだが。

↓の判決が出た時の、産経の反応が楽しみだな。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061226-00000087-mai-soci

439 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 14:26:10 ID:kJ6+3y4E
石原、結局産経では息子の事を書かずに「都知事選出馬表明をしているから連載休止」で逃げたな。
石原がらみのスキャンダルは、産経読者は週刊誌の広告の範囲でしか知らない訳だ。
さすが、ものを言う新聞は違うな。
戦前の美しいとなり組互助の精神を体現して、身内を守っているようだ。

>>432
初めて名前を聞いた若泉とやらの考えを、全ての人間に啓蒙すべきとは思えんな。
あと「自裁」と「自殺」の使い分けが相変わらず恣意的ですね。
自殺したいやつはすればいいと言いつつ、持ち上げたい人間の時は「自裁」w

まぁ、きっと若泉さんとやらを知らないのが不勉強で、知ってるのが常識なんでしょうが。

>>436
相変わらず主張では「個の尊重」批判。
戦前の人間が公正無私な聖人ぞろいと言う妄想なんて産経だって信じちゃいないだろうね。
「お国の為」ってお題目さえあれば
思考停止して唯々諾々として死ぬ構造が羨ましいだけだろ。

440 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 14:43:19 ID:rSkDIpJ0
公害病訴訟、薬禍訴訟、難病差別訴訟など、国や行政体が訴えられた訴訟は昭和の時代には
ことごとく原告が敗訴してきたのが、平成に入ってから世論がはっきりお上意識で退けるのはおかしいと
意思表示しだして逆転勝訴や原告優位な和解に変わってきている。精神が堕落していない時代とやらで
いちばん声が大きかった世代は昭和の頃には「お上が決めたんだから仕方が無い」で済ませてきた。
今が立派だとか言うつもりはないが、堕落していない精神の老人たちは何を残してきたのか聞きたいもんだ。

441 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 15:19:24 ID:zgyLNJAR
京都産業大学って60年安保での学生運動に危機感を持った右翼や陸軍の残党が
右翼学生を育てるために立てた大学じゃネーか。

でもその結果が笑福亭鶴瓶だけど・・・

442 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 15:29:14 ID:MhFvfeCI
でも、今日の産経抄も産経だと思うから変なんで、普通のコラムだと思えば格別問題ありませんよ。
産経抄が平和主義者を称揚するようになったというのは、すばらしいことではないですか。


443 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 16:59:08 ID:ut/f06mz
>>432
毎年、沖縄での遺骨収集をボランティアでしている個人や団体には頭の下がる思いだね。産経新聞や
ある種の偏った歴史観をもつ人たちのように、沖縄戦を戦争美談にすることなく、沖縄戦はなぜ起こっ
たのか、沖縄戦の実態がどうだったのかを考えてほしいと思う。
そして、「核抜き、本土並み」の建前とは裏腹に、北朝鮮の脅威を煽って「愛国者(ぱとりおっと)」という
名の迎撃ミサイルを配備して米軍基地の強化を図っている沖縄の現状に思いを馳せてほしいね。
あと、「西山事件」も忘れてほしくないな。

444 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 17:40:15 ID:6Uhv55Em
>>438
>別の密約を暴露した毎日新聞の記者を、機密漏洩と称して叩きまくってきた

機密漏洩だから記者はけしからん
という議論は産経もどこもしてないぞ。

445 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 17:57:50 ID:myrLQP5h
判決文のどこかに「情を通じて」とあったことに毎日新聞のアホどもが反発して、
当時の世論を読めなかっただけだな。

自社の記事にすればまだしも、横路にリークしたのはジャーナリストの
風上にも置けない愚考であった。自民党が権力なら社会党だって権力
だということがわからなかったのだろう。だからサヨマスコミはバカなのだ。

446 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 19:08:47 ID:GZfR4828
>現代社会の精神的堕落を批判する一方で
その先頭に立っているのがマスコミ新聞社なんだが。

447 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 19:17:39 ID:OxXvjnzv
いつまでも変わらない永遠のネクストキャビネット

(1)グローバリゼーションと情報化に伴う新しい変化や価値に応えるために。
 ◆国家主権の移譲や主権の共有へ
 ◆アジアとの共生
http://www.dpj.or.jp/seisaku/sogo/BOX_SG0057.html


サンケイで突っ込んでくれないかなあ?
朝日にゃ無理だろうから。

448 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 20:29:59 ID:rSkDIpJ0
>>444
した。

449 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 20:34:03 ID:myrLQP5h
しつこいと思うかもしれないが、産経があれにふれないこれにふれない
と言っても虚しいだけだぞ。

他の新聞社が当然触れていることに産経だけスルーという
時だけその批判は成り立つ。これくらいの理屈はわかるだろ?

450 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 21:42:17 ID:gNjGLGDG
安倍晋三の統一協会祝電問題とかですね。<<他紙が触れて産経が触れない

451 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 22:10:28 ID:fdd7m65c
>>444
あからさまな嘘、乙。

>>445
判決文?
なんだか訳の分からない妄想をされているようですな、相変わらず。

>>449
笑わせて頂きました。有り難うございます。

452 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 22:45:38 ID:myrLQP5h
>>451
ああ、判決文ではなく、検察側の起訴状に「情を通じて」とあったのが大問題になったと
いうことだな。これは西山を擁護したい奴には大問題なんだろうが、一般人にはどうでも
いいことなので勘違いしていた。一応訂正しておく。

わかっているならすぐに指摘すればいいものを(笑)。

453 :足引:2007/01/08(月) 23:05:15 ID:KYQjPLRK
 2チャンネル全てに言えることだけど、文体がヒ・ジ・ョ・ウに幼い。
 ウンコとチンコの世界観丸出し。
 大人になって、こういったところには登場してね。

454 :文責・名無しさん:2007/01/08(月) 23:44:40 ID:KPHyjAWd
>>453は推定年齢150歳

455 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 00:27:45 ID:7yM4xvJs
>>452
別に、おかしなのは「判決文」だけではないのだが。
おかしなところだらけだったので、一番最初の単語を選んだだけで。

他人に間違いを訂正して貰おうなんて甘えすぎ。
ま、そんなことだから、現実の世界はつらすぎて妄想に逃げ込むのだろうが。
せいぜい、妄想の世界で面白おかしく生きてみたら?

456 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 00:46:10 ID:PUEMaWMx
>>455
何をいいたいかよくわからんぞ。主張したいことをコンパクトな文章にまとめる
訓練をしたほうがいいだろう。

「西山事件」では「情を通じて」というのは非常に有名なフレーズだ。
要するに毎日新聞の西山記者が外務省の女性時事務官を色仕掛けで
篭絡し、内部情報を手に入れたことが明らかになり、当時の世論は、
なんて恥知らずな、という方向になった。

サヨはそれが気に入らないのだろうが、西山がやった恥知らずなことと、
当時の政府の密約を分けて考えたほうがいい。それすら出来なかった
から毎日新聞は層化に頭が上がらなくなった。

こんな昔話をいまさら持ち出す意図がよくわからんが、サヨの恥を
上塗りするだけだろう。

457 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 01:25:39 ID:+pPX1iNJ
色仕掛けといえば・・・


「安倍昭恵のスマイルトーク」から、昭恵さんの不倫相手を割り出す作業。
http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50335652.html
「昭恵さんは、酔うほどに朗らかで、下ネタもオッケーで、
さらに酔うと親愛の情であるキスをしてくれる。あ、オレには、
親愛の情を抱かなかったようで、キスしてくれなかったけど。
そのことで恨みがあるわけでないわけでもないが・・・それは
それで水に流していくとして、ようは大らかなのだから、昭恵
さんのブログには大らかに、ご自身の利発にして、奔放にし
て、自由闊達にしてなおかつ、つつましい衝動というか、交
流もあったわけで、その辺をブログにさりげにかかれたりする
と、おもうわけで、つまり、そこからセレブな昭恵さんのご交
流とご交際振りを推察するのは、下世話な雑誌記者の宿
命なのである」

458 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 01:35:19 ID:dLh848vG
そういえばこういう事件ありましたなあ
情を通じ麻薬捜査情報を流した中川秀直

2000年、写真週刊誌等に中川が愛人(とされる女性)と一緒に
撮影した写真やビデオが掲載された。
2000年10月、東京放送、フジテレビジョン、テレビ東京など主要
テレビ局は、中川が愛人(とされる女性)に捜査情報を漏らす会
話の録音テープを公開した(『ニュース23』(東京放送系列。2000
年10月26日放送分)など)。
録音テープの内容は、「警視庁保安課が内偵捜査している」こと
を女性(捜査対象者本人)に漏洩しているやり取りであった。
当該女性は覚醒剤取締法違反容疑で家宅捜索を受けた経験
があった。
中川は録音テープの会話は「自分の声であったかもしれない」と表
明し、一連の愛人騒動の責任をとる形で内閣官房長官辞任を発
表した。
職務上知り得た秘密を捜査対象者に漏らす行為は国家公務員法
違反、捜査妨害容疑に該当する可能性があり、野党から指摘されている。



459 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 01:47:59 ID:cli0njOi


産経新聞が日本の新聞で唯一掲載した統一協会合同結婚式協賛広告

http://g002.garon.jp/gdb/GQ/1K/dy/9x/wD/Qy/FP/9-/3W/AS/9U/XT1.jpg



460 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 07:04:50 ID:V7Wtt9xS
【産経抄】1月9日
 平成8年の『文藝春秋』新年号で、人気漫画家たちが「人間の品性」を
テーマに座談会を行っている。山藤章二さんがその席で提唱したのが
「シルバー・ハンマー」なるもの。テレビのお笑い番組で使われる、たたくと
「パコン」と音がするおもちゃのハンマーのことだ。
 ▼65歳以上になると国からライセンスをもらい、電車のなかで、人目を
はばからずいちゃついているカップルや、大また開いて座席を占領する
若者に、鉄槌(てっつい)を下すというのだ。「いいアイデアだ」と出席者一同
大いに盛り上がったが、残念ながらいまもって実現していない。
 ▼「パコン」と一発くらわせたい手合いは、増えるばかりだというのに。まずは、
高級外車に乗るような生活をしていながら、給食費を払おうとしない一部の
親たち。教師が立て替えたものの踏み倒されたり、給食の質や量を落とす
事例が報告されている。
 ▼きのうの小紙の報道では、滞納額が全国で年間20億円にも達している
という。国会に目を移せば、国民の選良のはずだった議員たちは、本会議
中にも携帯電話の操作に忙しいらしい。ヤジと怒号が最近減っているのは、
「メール私語」のせいだったのか。
 ▼ 粗大ごみの放置、図書館の本の破損など、モラル溶解の例をあげれば
きりがない。日本人がかつての品性を取り戻すために、何より教育の再生が
急がれる。子供たちには、できるだけ美しい文章、絵画、音楽に触れてほしい。
同時にみっともない大人の姿を反面教師にして、こういってきかせるのも大事
ではないか。
 ▼「美しく見えることが正しいことなのである。ミットモナイことは悪である」。
作家の山口瞳さんが、マナーについて語っているのだが、人の生き方にも
そのままあてはまる。

----
とりあえず、子供には「産経抄」を読ませないことが大切らしいです。

461 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 07:10:01 ID:TWV9hG2z
アク禁ウザ
シルバー・ハンマーは、都知事にも持たすのか?
高齢者→高モラル、何て偏見。犯罪統計見ろって。
それと美学と倫理を混同するな。

462 :T:2007/01/09(火) 08:06:41 ID:QqA9Pb4H
野村秋介とピコハンで殴り合ってください

まあゴミ屋敷にする人はたいてい高齢者だね
貧しい時代の記憶からもったいないオバケが暴走してしまうんだろうが・・

>>461
男の美学>ルパン三世とか(w

463 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 08:09:54 ID:y4rVeOFc
65歳以上の高齢者の犯罪は全体の10.9%
18年前の6.9倍

464 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 09:43:54 ID:7Es9McAk
大半が金に困って病むに病まれずって奴のようなのが悲しすぎる。

465 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 10:53:32 ID:azGrJha+
3Kが美しくないのは悪だからか?

466 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 11:23:37 ID:AsuyNfbO
でも、こういう人たちって、本当に昔の日本人は品性があったとか思ってるのかな?


467 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 11:29:40 ID:TaO4JPPY
>>460

むかつくことが多いので何とかしてやりたいというだけの話に、
わざわざ十年も前のこの程度の座談会記事を持って来る。本当に
いつもいつも頭が下がります。

468 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 11:32:33 ID:KmzO1Mna
こういう時って絶対中年のサラリーマンの醜態が出てこないのは、何故だろう?
どう考えてもそっちのほうが問題が多い気がするんだけど…

469 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 11:52:54 ID:Q02lOj07
確かに、中高年のマナー違反も目立つな。
耳が悪いという理由もあるんだろうが、ところかまわず大声で喋る中高年とか。
歩きタバコやポイ捨てをする中高年とかもいるな。
 
>>460
>滞納額が全国で年間20億円にも達しているという。
  
え〜と、地方自治体が抱える無用の赤字公共施設や無用な土木工事などに遣われた税金が、
年間20億円以下とでも?
それとも、現在65歳以上の首長や元首長、天下りした官僚、土建業者、元土建業者には、
関わりのないこととでも?

470 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 12:17:11 ID:7Es9McAk
>>469
その時代ごとの公衆マナーに合わせた道徳観念がまずある。昔は歩きながら煙草を吸うのは
おしゃれだったからどんなに周囲に迷惑になったって平気でやっていたし、立小便も当たり前だったから
野外では女性がいようと構わずやっていた。男尊女卑な習慣なんかは特にひどかった。
要するに社会や国家から強制されるから従うってのが大半で、本当に他人の気持を考えた
マナーを自分たちで作って守っていたかと言えば違うと思う、

471 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 12:50:04 ID:C3t4yByp
年寄りの繰り言の域を出ないことをコラムにしてもね。

確かに昔の方がモラルは悪かったのだが、年寄りには今が気に入らないから
昔の方がよかったといって、それを公共道徳だと言うんだね。

自分に対する反省のない人間が文章を書いても無意味な典型だ。
まず「シルバー・ハンマー」で殴るべきは自分の頭だとどうして気がつかないんだろう。

472 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 13:16:30 ID:DEdvQSXy
少子化なんだし、給食費くらい税金で賄えば良さそうなもんだけどなぁ。

まあ、言い尽くされてるが、産経は、人間の最低限のマナー、
「嘘をつかない」だけでも守って欲しいところ。

473 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 14:48:18 ID:/ZXbLndb
>>460
>日本人がかつての品性を取り戻すために、何より教育の再生が急がれる。
タウンミーティングのやらせ質問でつくった「改正教育基本法」の下で、ギャンブル(toto)の
胴元である文科省が教育の再生をするんだ。心もとないな。

474 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 16:38:12 ID:L4F4K05a
>>460
瑣末なことには目くじらを立てるのに大局がおかしいってことは言わないんだな、産経抄は。

475 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 18:09:50 ID:4wQ5cecs
産経販売員が逮捕されると速攻で「無職」になってたり、他紙も扱ってるからといって
そっちの社名で報道したりするような腐ったマスメディアにマナーを語る資格があるのか?

476 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 18:13:36 ID:Dqtq4TgJ
産経新聞が去年ホワイトカラーエグゼンプションについて
おこなったアンケート結果、やはりもみ消したってこと?
今HP覗いたらNo187-189番号飛んでるんだが。
それとも私の勘違い?

477 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 18:14:49 ID:IJZ7SwgV
作家の山口瞳さんは、酒場で大酒飲んだ挙げ句、ホステスを送って帰る
タクシーの中でうんこ漏らした人だよね。男性自身などで読んだよ。

478 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 21:05:28 ID:mYyi8QdO
>476
izaに結果が載ってる
(本来結果が載っている場所とは別の場所に結果を載せるなんて卑怯だ)
ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/33373/

479 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 21:08:05 ID:zJlJFnw5
>子供たちには、できるだけ美しい文章、絵画、音楽に触れてほしい。

で、美しい文章に慣れ親しんだ子供たちが大きくなって、産経の醜い文章
を読んでズッコケると。
なんという自虐的ギャクだ。

480 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 21:57:51 ID:CkD1UchB
明朝のサンケイショーは

5500万円の防衛省

481 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 22:23:07 ID:zKRiCG3m
防衛省昇格の日になんとなく貼ってみる。まあ比べるべきモンじゃないとは分かってるけどさ。

>1月9日付・よみうり寸評
>http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20070109ig05.htm

482 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 22:32:13 ID:L4F4K05a
ニュー即+の人たちに言わせると読売は左過ぎてだめらしい。もう産経しかないってことになっている。

483 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 22:34:16 ID:azGrJha+
シルバーハンマーとかいう発想自体、どうしようもないお笑いの
世界と混同することこそ、日本人としての品が無いんだよ。

484 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 22:43:05 ID:E+HfoHyl
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/seikatsu/070108/skt070108000.htm
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/seikatsu/070109/skt070109000.htm
中面で連載してるからね、その関連だね。
それにしても、歩きながら、自転車で走りながら、
道路に痰や唾を吐くのはやめろって。
チャンコロじゃないんだから。

そもそも、ピコピコハンマーをコントで使った元祖は、
ナンセンストリオだって知ってた?
(メガホンはなべおさみ)

485 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 22:52:43 ID:gZJQxf5I
差別語を使うなんて
さすが美しい国の品のある人ですね。

486 :文責・名無しさん:2007/01/09(火) 23:52:23 ID:yMPa0Shj
>>482
せいぜい他の新聞へのアンチとしての感情としか思えんw

487 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 00:02:47 ID:M3DLkLXD
山拓罵倒コラム来るのかな。
安倍内閣が短命で終わることを前提に北朝鮮まで行ってしまう
山拓は正直すごいと思うが。



488 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 00:14:07 ID:+MaGMRee
>>487
政治センスがなさすぎるだろう(笑)。山拓のどこがすごい?

489 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 00:42:59 ID:8lhmSvp/
報捨てでは山拓ヨイショだったらしいよw

490 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 00:52:42 ID:v7UJ5Okw
筑紫も期待感をにじませたコメントだったよw
今度ばかりは山拓も正論を吐いているので仕方ないが

491 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 00:59:09 ID:X0MpIeFL
>>490
………w

492 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 01:04:51 ID:/bWs7buw
わかりやすすぎますw

493 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 01:05:36 ID:bgc/kJP+
明朝の産経抄は

秘書が総会屋でも政治家に責任はない

494 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 01:13:38 ID:M3DLkLXD
山拓のどこがすごい?

「拉致より核」と明言したこと。
まあ当たり前のことが言えない今の日本が異常だとも言えるが。


495 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 01:38:31 ID:9RYoITaQ

ナゾの団体、10億円CM攻勢…全国紙の大半“制覇”
聖書読め、中絶反対…キリスト教右派と関係深く
http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_01/g2007010914.html

     ↑
なんやねんこれ。気持ち悪りーな。



496 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 02:43:49 ID:+MaGMRee
>>494
拉致と核、二者択一でどちらかを選択しないといけないところまで
追い詰められれば、当然核問題をどうにかするというのはわかる。

しかし、サヨは、そんな状況に追い込まれるはるか以前から拉致問題を
矮小化したくてしょうがない。だから批判されているんだぞ(笑)。

現在の状況で日本政府が拉致も核も問題にしているのは当然だ。

497 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 03:04:57 ID:bgc/kJP+
唯一の被爆国でありながら核問題に定見もなく
軍事外交では米国の命令に従うことしか考えていない総理が、
核問題を話し合うためにようやく設定された会議に対して
「拉致の話もしてくんなきゃやだやだ、だってボクちゃんの支持率下がるもん」
と駄々をこね、当事者の北朝鮮からさえ
「お前は話になんないから来なくていいよ」
とか言われてしまう日本政府

にしてみれば、拉致も核もというのは当然ですね。

498 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 05:24:01 ID:oNcsf11/
>当事者の北朝鮮からさえ
>「お前は話になんないから来なくていいよ」
>とか言われてしまう日本政府

北朝鮮、最強だな。さすが核保有国(w

499 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 05:58:44 ID:EjrfV2jO
久米宏のテレビスクランブル夢のハリセンおじさん。

500 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 06:50:55 ID:FmqwIA+v
【産経抄】

 ついこの間出たばかりと思っていた本が絶版と聞かされ、がっかりすることが多いだけに、慶賀す
べきことなのだろう。昭和55年に出版された『非武装中立論』が、昨年9月に復刊されていることを
つい最近知った。

 ▼ 著者の元社会党委員長、石橋政嗣氏は、自衛隊や日米安保条約の存在を認めない立場から
いう。「周囲を海に囲まれた日本は、自らが紛争の原因をつくらない限り、他国から侵略されるおそれ
はない」。それでももし、攻めてくる国があったらどうするのか。抵抗の手段はいろいろあるという。デ
モ、ハンストから非協力、ゼネストまで。

 ▼その3年前に、横田めぐみさんが拉致されている。すでに北朝鮮が頻繁にテロを仕掛けていること
を、友好党の社会党はもちろん、だれも察知できなかった。防衛、外交は親代わりの米国任せ、ひたす
ら経済の繁栄を謳歌(おうか)していた当時の日本社会では、こんな空想論を受け入れる人も少なくなか
ったようだ。30万部を超えるベストセラーとなった。

 ▼時は移り、北朝鮮は核兵器所有を宣言し、その背後にいる軍事大国中国は、覇権国家への道をひた
走る。そんな東アジアの緊迫した情勢のなかで、日本が“少年時代”と決別する日がついにやってきた。

 ▼きのう実現した、防衛庁の省昇格は、確固とした安全保障戦略をもつ大人の国への第一歩だ。自国
の幸福を追うばかりではなく、トラブルを抱えた他国の世話を焼く機会も多くなる。自衛隊の海外活動が
本来任務に格上げされるのは、そんな意味がある。

▼占領下の日本に連合国軍最高司令官として君臨したマッカーサー元帥は、米国に帰ってすぐ、日本人
のことを「12歳の少年のよう」と語って、日本国民を憤慨させた。今なら何歳と見るだろう。
(2007/01/10 05:00)

501 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 07:08:00 ID:3MGmoekW
>>500
アメリカに従順なだけなら、今でも12歳だろ。防衛省昇格も、アメリカの都合。日本の防
衛力は、単独では機能しないが、アメリカと共同なら機能する方向性で、ますます整備
されていくだろうね。古代ローマは、本国の軍団兵を支援するための資金と補助兵の供
出を属州に義務付ける安全保障体制をとったが、それと同じ。

>>499
実を言うと私も思い出したが、あんな短期の企画、よく覚えてたね。

502 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 09:01:16 ID:M3DLkLXD
イラク攻撃では迷走の末開き直り、核武装の誘惑に駆られるKKKのような筆者じゃなくて、
普通に常識を持った人が書けば説得力を持ちそうなコラムだな。
産経が書くと危ない大人、不良成人に向かってるんじゃないかという懸念を抱かせる。



503 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 09:11:05 ID:og7pf5A7
>>500
おかしなことを言う。戦後マッカーサーがいたころの日本人は、産経が誇る戦前戦中教育を
受けたバリバリの日本人じゃないのか?それが12歳なんだから今はもっと子供じゃなきゃ
おかしいんじゃないのか?

504 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 09:27:04 ID:rVlwOCJa
>>503
いいこと言うね

505 :五十川卓司:2007/01/10(水) 09:28:34 ID:gzysVCim
山拓氏の北朝鮮訪問は女好き同士という下劣なレベルから外交
政策を仕切り直そうという新思考外交であろう。
江呂話猥談に大いに華が咲いたであろうし、将軍御自慢の喜び組の
あらゆるところに気配りのきいた接待に彼は歓喜したに違いない。


506 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 10:44:13 ID:bgc/kJP+
>500
ダグラス・マッカーサー
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
>民主主義の成熟度について「アメリカがもう40代なのに対して日本は12歳の少年、
>日本ならば理想を実現する余地はまだある」と述べた。これは成熟した民主主義を
>もちながら確信犯でファシズムに走ったドイツのケースと日本のケースを比較し、
>日本を擁護した文脈であった。

戦後史を語ろうというなら、このぐらいは常識だと思ってたんだが。

507 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 10:47:44 ID:asZwo+zq
今は「何が悪いんだじいさん」が政界で幅をきかせているような…

508 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 11:12:11 ID:G21BilyU
>>500
>時は移り、北朝鮮は核兵器所有を宣言し、その背後にいる軍事大国中国は、覇権国家への
>道をひた走る。
肥大化した軍事組織がロクな結果しか生まないことは、大日本帝國や北朝鮮を見れば一目瞭然
のはずなのに、北朝鮮や中国と同じことをしている防衛「省」はバカとしか言えないわなw。

そういえば、北朝鮮の核実験に便乗して、核武装「論」を唱えた産経新聞や中川昭一の件はどう
なったのかな?

>きのう実現した、防衛庁の省昇格は、確固とした安全保障戦略をもつ大人の国への第一歩だ。
人間の健康にたとえると、これまでの防衛「庁」はすでにメタボリックシンドロームの域に達してい
るんだが、より権限の増した防衛「省」への昇格は、生活習慣病への第一歩ともいえるな。

509 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 11:12:42 ID:V2IY5wMC
昨日のコラムと合わせれば、
未成熟なまま年取った老人にシルバーハンマー持たせるって話にならないか?
 
>>500 
>自国の幸福を追うばかりではなく
 
まず、自国の幸福だろうよ。
加担する側を間違えない保証なんて無い。
国連決議に従うなら、言い訳のしようもあろうが、
アメリカに追従するだけなら、責任を厳しく問われる。
 
>トラブルを抱えた他国の世話を焼く機会も多くなる。

シベリア出兵の夢よ再びってか。

510 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 11:45:15 ID:r6YLWtE/
大人になっていて自国の国民とその資産を守るのが防衛省の第一の任務なら、
当然タンカーにぶつかってきてあやうく大事故を引き起こしかけた米潜水艦について、
きちんと情報を要求した上で3度と、事故をこさないように抗議出来るはずだよね?
報道も大人か子供かえひめ丸以来の事故で暴露されるよね。

511 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 11:45:33 ID:ycUBkucc
とりあえず、防衛省になったからもう拉致事件は起らない、って短絡的に考えていいのかな?

512 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 13:38:02 ID:lSVQs/Td
>>500
日本は永遠の12歳だろう。
政権交代のおこらない訳のワカラン幼稚な民主主義国家で、自民党政権
が永遠に続くことを望んでいる産経新聞さんよ。

513 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/10(水) 13:49:37 ID:s31RB4/v
電電公社(NTT)からの通話明細や設備資金を漏洩流出させた
外資系列の金融会社が、暴力団体や政治団体を煽動して、「流通
革命」や「価格破壊」などと経済侵略をさせ、日本域内の社会を
犯罪組織(不平士族→やくざ、不満軍部→暴力団)の風俗風習で
ある略奪や侵略の色に染めてきた経緯があり、その傾向が、昨今
の日本政府の右傾化である「有事法制」やら「防衛省令」やらに
反映されてきた経緯があります。

もちろん、そのような外資系列の金融会社に煽動され教唆された
右傾化は、第二次世界大戦当時の軍部の暴走や暴発において観察
されていたものでしたが、その前段に大正浪漫主義などと呼称を
された風紀紊乱が、薩長藩閥系の子孫において乱脈されていたの
でした。

風紀紊乱を煽動しておいて、それに逆行する風紀引締を誘導し、
支配権を獲得する手口は、金融分野でも、泡沫経済と引締経済に
よる政府主導の中央集権を誘導し、そして、その政府を傀儡政権
とした植民地化の侵攻という手口でも観察されます。>>500


私の記述ではありません。>>505

http://www.geocities.jp/isotaku503/NotMyDescription.htm

514 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 14:59:41 ID:QFZ8Zyzw
http://www007.upp.so-net.ne.jp/rindou/tv.html

>その背景には、昨年度の志願者数が激減したという事情がある。他の条件はまったく変化
>なく、大学側も激減原因を「わからない」としているので、明らかに私の名誉教授不授与
>問題に対する世間の批判の現れとしか考えられない。それが今年も尾を引いて志願者数が
>減少したままになるのではないかという危機感が執行部にはあるだろう。

林ドーギタン、思い込み激しすぎw

515 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 16:00:14 ID:bgc/kJP+
>514
さすがフジサンケイグループ、お抱えのお笑い芸人には不自由しませんなあ。

516 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 21:03:35 ID:HvLQoimH
石井御大の爆笑心変わりを筆頭に数年でコロコロ言ってる事が変わったり
なかった事にする産経さんがなんだったそんな昔の本を引っ張りだしてく
るかね。思いっきり自分にはね返ってくるだろうに。

>>514
そこまで妄想も激しいとなんらかの精神疾患だと思うんだけど。



517 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 21:14:48 ID:fhb2JR6b
1980年ごろの産経新聞はというと
中国や北朝鮮にはあまり関心がなく、ひたすらソ連の脅威を煽るばかりだったけどな。


518 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 21:23:12 ID:rYcOwEMA
>>423
「ぴったんこ…」が、志願者を増やす対策の一環だというのは当たっていると思うけど、
この先生の名誉教授云々のことまで考えて志望をやめたり
入学辞退する人は、あんまりいないだろうね。




519 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 21:27:03 ID:Dzjo4MzB
>>508
>肥大化した軍事組織がロクな結果しか生まないことは、大日本帝國や北朝鮮を見れば一目瞭然
>のはずなのに、北朝鮮や中国と同じことをしている防衛「省」

>これまでの防衛「庁」はすでにメタボリックシンドロームの域に達してい
>るんだが、より権限の増した防衛「省」への昇格は、生活習慣病への第一歩


http://obiekt.seesaa.net/article/30001043.html
日本国は5年連続で軍縮中なのです

520 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 21:30:00 ID:M3DLkLXD
>>518
そもそも女子高生右翼とか女子大生右翼ってリアル世界にはいないし。


521 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 22:52:38 ID:wO3Ky/zA
明朝のサンケイショーは

駅売一位
日経入れると
一位プルート

522 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 22:53:36 ID:F6PbC7s3
>>509
>まず、自国の幸福だろうよ。
無能な為政者は、内政に問題があれば外に敵を作ることで逃げるもんだし、
経済的・物質的な問題からは論点をモラルに摩り替えることで逃げるもんだ。
日本人にとっては北朝鮮より例えば年金のほうが大事なんだし、
自殺や犯罪の増加もモラルの問題などではなく純然たる経済的問題なんだがね。

523 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 22:59:28 ID:+MaGMRee
>>517
1980年頃の状況でソ連の脅威より北朝鮮や中国の脅威を言い立てていたら
おかしいだろ。

まだ10年も経たない昔だが、海保が北朝鮮(と思われる)不審船に体当たりしたら、
土井たか子が猛然と抗議していた。サヨも北朝鮮の脅威なんてつい最近まで感じて
なかったみたいだぞ(笑)。

524 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 23:33:45 ID:RXb/pAJc
しかし、甘いのはテロ国家といいながら、拉致被害者が
生きているなどという矛盾だよ。テロ国家なんだから
拉致被害者を切り捨て国交断絶が3Kの主張であるべきだ。

525 :文責・名無しさん:2007/01/10(水) 23:55:30 ID:p1BpBPoh
経済的な腐れ縁が出来てしまったおかげで
中国を公然と仮想敵国に仕立てられなくて
冷戦時代のソ連より
はるかに小物の北朝鮮を「重宝」してる方が
よほど滑稽だと思うが

526 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 00:07:41 ID:Dzjo4MzB
「小物」さを「キチガイ度」の高さで補ってるってだけで。

ガリガリに痩せた重度のシャブ中のチンピラを
「あいつは痩せてるからプロレスラーより怖くない」
とはならんな。

527 :T:2007/01/11(木) 00:33:02 ID:+li0/s3s
>>500
おいらはきちんと憲法で防衛力を定義した上で永世中立すべきと思っているんで
(以下ウヨサヨ禁止)

吉田ドクトリンはアメリカの思惑による日本の無力化を逆手にとって
戦後復興と朝鮮戦争の日本本土への波及を阻止した意味でこれ以上ないほど素晴らしい方針だった
戦争放棄を言い出したのはアメリカ様なんだから文句を言われる筋合いはない(w
しかし冷戦も55年体制も終わった(あるいは終わりつつある)現在に日米安保も米軍基地も意味はない
キングギドラが襲ってきてもゴジラはただでは戦ってはくれない(w

テロをしようと言う相手には軍事力は何の壁にもならないし

>他国の世話
と、いいつつ常に権益が絡んでいるね

>>506
日本が12歳ならアメリカ様は癇癪おこす3歳児(w

>>512
自信過剰もここまでのレベルになるとある意味うらやましい
本人の脳内では「幸せ」なんだろうな(もちろん周りは不幸だが・・

528 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 00:53:13 ID:ksOUfPJu
>>524
3行程度の文章で最初から最後までおかしいというのも珍しいな。
錯乱しているとしか思えない。

529 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 00:53:33 ID:LXpCucK/
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070110-00000118-jij-spo

サンケイショー子は採り上げてくれんかのぉ?。

530 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 01:08:28 ID:fzDVuDJS
平成18(2006)年8月22日[火]
 大逆転の連続、そして37年ぶりの決勝再試合と今年の夏の甲子園は、普段野球に興味を示さない人まで、
テレビの前に釘(くぎ)付けにした。まさに「ベースボールほど愉快にてみちたる戦争は他になかるべし」。無類
の野球好きだった正岡子規が、随筆『筆まかせ』に記した通りである。

 ▼その子規が、試合前日の練習で、数十分間ピッチャー役を務めただけで、肩のつかえを感じたことがあった。
宿舎に帰ってもんでもらうと、あまりの気持ちよさに「眠り入りたき心地せり」ともある。名捕手といわれた子規も
だらしない。

 ▼それにひきかえ、2日がかりの決勝戦を投げ抜いた駒大苫小牧の田中投手、早稲田実業の斎藤投手の気
力、体力は驚嘆に値する。37年前に同じような死闘を演じた松山商の井上、三沢の太田の両投手はそれぞれ
「眠れなくて、明け方下痢するんですよ」「朝起きられなかったですもの、肩あがらないし」と再試合の朝の体調
について語っている(『「延長十八回」終わらず』、田澤拓也著)。

 ▼金属バットの脅威や変化球の多投など、当時に比べて投手の負担はずっと大きい。にもかかわらず再試
合でも、2人の球威は衰えを見せず、スライダーも切れていた。もし田中が最初から投げていれば…。いやそ
れはいうまい。

 ▼最終回、2ランホームランで1点差に詰め寄られた場面で、斎藤は打者田中を三振に切って取り、優勝を
もぎ取った。どんなピンチにも表情を変えなかった斎藤が目を真っ赤にはらし、感情が表に出るタイプの田中
は、泣き崩れるチームメートをよそに涙をこらえた。

 ▼「自分たちの世代でもっともいいピッチャー」と田中をたたえた斎藤の言葉がいい。2人のライバル物語は
始まったばかりである。

531 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 01:10:39 ID:dcUbX01X
>>524
うーむ。524は拉致被害者がみんな生きていると

  知  っ  て  い  る 

のか!
素晴しい!
是非、被害者の方にそれを伝えて安心してもらって欲しいものだ。
ついでにすぐさま全員日本に帰す様に将軍様に伝えてくれ。

532 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 01:20:29 ID:utbJoEkV
531の日本語理解力がなんかおかしい件

533 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 03:41:53 ID:UGOompPY
>>523
森・野中wwwww

534 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 06:35:59 ID:6/XsnnIg
 政権にガタがくると、政治指導者は例外なく暴言を吐くものらしい。支持率
15%でウロウロする韓国の盧武鉉大統領のことだ。韓国のマスコミを「欠陥
品」とけなし、お国のことを「アメリカの股間(こかん)にしがみつくな」と品の
ないことをいってひんしゅくをかった。
 ▼その盧大統領が、昨年秋の日韓首脳会談で日本海を「平和の海」と
称したらどうかと持ちかけたという。韓国は官民挙げて「東海」と主張してきた
から、国内では「余計なことを」と総スカンだ。日韓関係の改善のためのアイ
デアだそうで、市民運動好きのこの人らしい。
 ▼盧大統領はついでに、「友好の海」「和解の海」も候補に挙げたらしい。
あちらの歴代大統領は、首脳会談で「未来志向でいこう」と言いながら、
国内では反日で支持率を稼ごうとする。日本海の呼称変更もそのたぐい
なのか、腹の底が見透かされる。
 ▼政治家が平和や友好を持ち出すときは、「誰のための」と問い返す方が
いい。パクス・ロマーナ(ローマの平和)は帝国内部が対象で、周辺部では
略奪、破壊、残虐行為が横行した。だから征服された側には「汝(なんじ)
平和を欲せば、戦争に備えよ」が“平和の概念”になった。
 ▼盧大統領が好きな左派の革命は、過去を否定してまず地名を変えた。
ロシア革命も中国の紅衛兵運動もそうだ。北京の目抜き通り長安街は毛沢東
賛歌の曲名「東方紅大路」になり、外国公館街は反帝国主義を意味する「反帝
路」に化けた。
 ▼韓国は近年、韓国名の「東海」を国連に働きかけている。だから、大統領の
気まぐれ発言に人々が怒るのも無理はない。日本としては、「勝手に論争され
ては」と距離を置くのが正解だ。安倍首相が誘いを無視したのは大人の所作と
いうべきか。
(2007/01/11 06:10)

----
冒頭部が正しいなら、産経の大好きな安倍もそろそろ暴言を吐きそうですな。

535 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 07:00:44 ID:wtt2Aiuc
http://news.google.co.jp/news?sourceid=navclient-ff&ie=UTF-8&rls=GGGL,GGGL:2006-10,GGGL:ja&ncl=1106157581&hl=ja

まあ普通こういう状態は政権にガタが来てるというわな。

536 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 07:03:58 ID:uML/ryoV
平和の海も美しい国も五十歩百歩

537 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 07:09:10 ID:vfBAF9k+
日本海を「美しい海」にすれば日韓の教会関係者は大満足。

538 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 07:49:55 ID:f7Nw8iHs
>>531

おまえは日本語も理解できないのか?

539 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 07:55:20 ID:xMTRXKda
>>534
なんつーか、頼んでもないのに日本の総理に色目を使う酋長も、
通らない原則に沿って自国の代表を叩いてる彼の国民も、
あほですな。

540 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 09:22:55 ID:IVN1j3GQ
>▼政治家が平和や友好を持ち出すときは、「誰のための」と問い返す方が
いい。
つ【大東亜共栄圏】

541 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 09:41:15 ID:QXGKBTFp
「平和」「友好」の他に「愛国心」「テロとの戦い」も加えてくれよ。

542 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 09:58:58 ID:th3fV1bN
>>529
結局王シュレット事件の反省が全然生かされてなかったというわ…
いやそもそも反省とか検証とかそんな『自虐的』な事は最初からしてもいなかったんだろうな。

543 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 11:02:46 ID:q1TKgdTp
というか王事件反省すると、あれもダメって話になるのか?

544 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 11:11:24 ID:UGOompPY
伝統と歴史のある地名や史跡名をセンスのかけらもないネーミングにころころ変えてる
日本の行政官僚は、選挙で選ばれていない分よっぽど始末に悪いと思うんだが。

545 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 12:09:53 ID:/nlcVngL
産経新聞が好きな明治政府も廃藩置県で由緒ある国名を変えまくったけどな。


546 :ノムノム:2007/01/11(木) 12:41:00 ID:niLL+iSi
ヨロブンオレガンマニムニダ。
日本の新しい首相があまり美しくない韓国人風の妻を連れて
ウリナラまで北のは、ちょうど北が核実験をした日でした。
わたしはわざわざウリナラの遅い夏休みを返上してソウルに戻り
事前にXデーに備えており、その日も外交・安保関係の幹部と会議を
重ねていました。こんな忙しい時に押しかけてくるなと思いながらも
緊急対策会議の合間に、アベ君とも会ったわけです。
特に話すことも無く、はっきり言ってテンパッていたので、
いつものノムヒョンジョークを披露しているうちに会談時間が終了しました。
色々話した記憶がありますが、内容は思い出せません。トンヘを平和の海に
というのは多分その中で一番面白いものだったのでしょう。(忙しすぎて
ジョークも冴えませんでした。)
そして少し落ち着いてから、わたしは北の金将軍にホットラインで
「安倍は日本で言われているように間抜けだ。来年中には退陣するだろう。」
と伝えました。金将軍は「感謝する、南北関係には今後も充分配慮する」と応えました。
それに対してわたしも非難声明は出すが、制裁は骨抜きにすると応えました。
金将軍のいつもの笑い声が聞こえてきました。

547 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 12:50:55 ID:M+GuFoWm
>>534
他国が「正義」を持ち出す時のことも考えると良いかもしれません
パクス・アメリカーナって単語もありますしね

548 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 13:20:52 ID:th3fV1bN
>>546
こんな時期にお国訛り出したら逆効果だよ統一協会サンppp

549 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 13:31:59 ID:2LXep2UT
>>534

たしかに、森や小泉が首相の時は暴言なんて無かったし、
石原都知事も以前は品格と礼節のお手本のような話し方をしていた。
 
……………そんなわけないかw

550 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 13:36:26 ID:HC/Y/dAU
>>534
安倍は大人の対応したんだから、産経も大人の対応しろ。
いちいちノムぴょんの妄言に噛みつくな。
不味いエサで豪快に釣られてしまってるぞ。
みっともない。

551 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 14:13:39 ID:FilEf/hp
>542 ま、高野連のやってっることも、岡村の屁と同じくらい結構うさん臭いものだが。

552 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 14:22:36 ID:6/XsnnIg
>542
番組審議会でただの雑談するのがフジサンケイクォリティみたいだしな。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/infotech/34561

高野連の発表はタイミング的に入れ違いだったようだから、
それに触れてないのはまあしかたないとしても、
これが「審議会」の内容だからな。

553 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 15:49:48 ID:IVN1j3GQ
>>547
しかしなあ、常々思うに
オレンジ計画やハルノートやルーズベルトの陰謀(p で日本を真珠湾攻撃に
『引きずり込み』、全国空襲や沖縄戦や原爆で散々殺しまくって降伏させ、
戦後はGHQを置いて憲法改正はじめ産経の大好きな戦前の美しい国柄を
徹底破壊した上12歳呼ばわりした鬼畜米英と、
こんにち産経が献身してやまない現在のアメリカ様って、共和・民主の
政権違いこそあれ本質的にはさして変わっていないはずなのだが。
それこそ戦前戦後の日本の変わり様に比べれば微々たるものとさえ言えんでしょ。
当時の打倒必勝の信念と現在の全面的忠誠の線引きっていったいどこで
区切られたんだろう…

554 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 16:06:29 ID:CuENAomE
護憲護憲と喚くサヨ坊の方が不思議w

555 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 16:17:03 ID:th3fV1bN
また幻覚持ちのシャドーボクサーか…
一度尿検査してもらえ。

556 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 16:22:46 ID:6/XsnnIg
>553
っ「ストックホルム症候群」

監禁事件の被害者が、犯人に対して疑似恋愛感情を抱くこと。
ストレスフルな状況を「この人は自分を外部から保護してくれているんだ」と
合理化することで安心を得ようとする心理的機制。

557 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 17:37:40 ID:liUexpT9
江戸を東京に

558 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 18:14:09 ID:++ajK7+6
>>534
縄張り意識ってのは、昆虫にすらあるようなプリミティブな感情だから、妥協点を
見出して解決を目指すっていうような通常の外交手段が成り立ちにくい。もっと端
的に言えば、ナショナリストなんてアホの集団なんだから、建前論を振りかざして
適当にあしらっておけばいいんだよ。そういう意味では、ノムヒョンの行為は、政
治的にクレバーではなかったし、逆にとりあわなかった安倍はクレバーだった。
それは、たとえば、安倍が、ノムヒョンやプーチンに対して、竹島や北方領土を「友
好の島」として両国の共同管理にしよう、と提案するようなものだ。すでに自分の
ものと思ってるあちらはハナから相手にしないだろうし、国内的には「売国奴」と罵
られるだろう。ナショナリストという生き物は、領土問題において"満額回答"以外
のものを認めようとはしない。だから、50パーセントの利益を提示するぐらいなら、
0%のままにしておいた方が、政治家としては賢明なんだよ。

559 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 18:44:40 ID:57V97zFI
満たされぬ自己愛をナショナリズムで
癒してもらおうとする傾向は古今東西同じかも。

まあ、自尊心のある人間には無縁のものだな。

560 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 19:04:11 ID:JLOoUEY4
この人達の自尊心って、支那朝鮮の言いなりなんだよな〜

561 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 19:21:14 ID:6/XsnnIg
>560
言葉遊びをしているだけなのかもしれないが、
(少なくとも自覚的に)だれかの言いなりになっている状態を
「自尊心がある」とは、普通は言わないと思うよ。日本語では。

アメリカの言いなりになることに疑問すら持たなくなってくると、
そういう区別もできなくなる例ならたくさん見てるけど。

562 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 19:33:38 ID:38ZvXc9m
>>561
結果の言いなりは、言いなりのうちに入らないんでしょ?
君の場合。
結果が中韓朝の意に沿う場合。

はっきり中朝に付けと言わないのが、君の小ずるい所だよ。
ま、言えないんだろうけど。

563 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 19:36:31 ID:57V97zFI
自尊心があれば選択妥協の余地はあるが
ナショナリストは選択妥協の余地を持たない。

564 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 19:37:57 ID:DbQN39Fr
元々利権とか全然関係ないからな

565 :ノムノム:2007/01/11(木) 19:40:06 ID:niLL+iSi
>>558
つ 麻生外相の北方領土等分案。
ていうかですね、主要懸案には無気力で、北方領土等分案のような大ボケを
かまし、主な支持者がドキソネチズンって、まるでノムヒョン大統領みたいじゃ
ないですか。日本の将来が思いやられます。

566 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 19:52:32 ID:oSooGVZ9
>>563
>自尊心があれば選択妥協の余地はある

たった1行で矛盾をさらす特定アジアのクオリチー発見

567 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 20:02:00 ID:N2pyXQhd
>>534
>あちらの歴代大統領は、首脳会談で「未来志向でいこう」と言いながら、国内では反日で
>支持率を稼ごうとする。
日本の歴代首相は、首脳会談で「未来志向でいこう」と言いながら、国内では「靖国神社」や
「愛国心」「新しい歴史教科書」など偏狭なナショナリズムで支持率を稼ごうとしていた(稼いだ)
からね。その意味では五十歩百歩だが。
ところで、産経の好きなハンナラ党は親日なのかな?


>>519 ID:Dzjo4MzB
http://obiekt.seesaa.net/article/30001043.html
>日本国は5年連続で軍縮中なのです
核武装など物騒なことを考えず、リバウンドをせず未来永劫、「軍縮」が続くことを期待しています。

568 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 20:03:05 ID:dDaPVvJ/
>>563
お題が「自尊心」では君にまともなカキコは無理と思う。

569 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 20:05:32 ID:Rh1OTwJf
「反省」は得意>お題

570 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 20:10:59 ID:EcKjLJDY
山形の「2ちゃんねらー裕子」が1の絵を書きまくってるって話だね
ねらー裕子http://www.yuko2ch.net/

571 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 20:28:14 ID:48q7LMOl
> ガリガリに痩せた重度のシャブ中のチンピラを
> 「あいつは痩せてるからプロレスラーより怖くない」
> とはならんな。

うまいな。

572 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 20:35:00 ID:g0J28kwl
あまりに酷いことになっているので、一言。>>566 おまえは頭が悪すぎる。今からでも
遅くは無い(まあ実は遅いと思っているので偽善と言われればそうなのだが)、自分の
愚かさ加減を真摯に見つめて出直すんだ。このままじゃあ、君は本物の低能だよ、もっと
自分を磨けよ。もっと「自尊心」を高めろ、コリンウィルソンじゃないが、君がいつか
ちっぽけな自尊心のせいで犯罪を犯さないか心配だ。もっと大きな自尊心のあり方を考えるんだ。
最後の方は本気の忠告だよ?もっと「自尊心」のあり方を真剣に考えて欲しい。

573 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 21:13:29 ID:UGOompPY
そもそも国際的に認知されてる地名を2国間の合意だけで変えられるものなのかなあ。
中国辺りも言いたいことはありそうだが。朝鮮半島ではなく中国半島東部とか。

574 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 21:36:53 ID:7X6oTNXz

こういう中身ゼロで行数だけ稼いでるレスが、ときどき出てくるスレだなぁ。>>572

575 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 22:09:13 ID:ZfkXiJNV
安倍さんは暴言吐くまで政権がもたないと思う。すでに満身創始という言葉すらヌルいくらい
ボロボロ。今は小泉政権の時の高支持率のお陰でもってるようなもんだし。

576 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 22:18:23 ID:LyhI1I4t
>>575
やる前から前首相のツケが一気に噴出すのが分かりきっていた訳だし
ある意味損な役回りだ。もっとも本人に(組閣を見る限り)その自覚は当初
無かったようだけど。

577 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 22:27:53 ID:tkzCdrfi
>>575
安倍よりもマスコミの方が焦りまくりでおもしろい。
年末に目一杯煽っておいたしこのまま雪崩の一途とでも皮算用をはじいていたようで。
それが1月調査で逆に上がってしまったので、今必死。
松岡と伊吹で小躍りしていたら「国会の問題」なのが明らかになったものだから
一夜で情勢逆転。松岡伊吹を矢面に残したまま逃げ支度に入ってるよ。

安倍の態度は、焦るでもなし支持率どこ吹く風でもなし、
腹がすわってる。そのあたりが、人柄支持の高まりにあらわれているんだろう。

578 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 23:22:43 ID:ksOUfPJu
ここの住人がアメリカに従属している日本の状況に苛立ってるのはわかるが、
それは極右だって同じ苛立ちを感じて安倍政権を批判している。

俺はウヨだと自称しているが、穏健派なので、ではアメリカとの関係の距離感を
どの程度にすれば満足なのかと問わずにはいられないな。民主党が政権をとったら
今より極端に中国よりになって政権運営をできるはずはない。村山が首相になれば
自衛隊を認めたが如しだ(笑)。

その辺のバランス感覚を踏まえた上で意見を述べてほしいな。

579 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 23:25:28 ID:vt+OhhWA
妄想乙

580 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 23:56:54 ID:M+GuFoWm
>>577
妄想乙
落ちた時には支持率なんて気にしないと言ってた人が微増したら即鬼の首を取ったようにw

産経は一貫して美しい国とか改憲とか言ってればよくて気が楽ですね

581 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 00:10:18 ID:GcHEO7BW
>>580
正直、上がるとは君も思ってなかったのでは?
歴代内閣の中ではまだ全然高い、となら言ったけど、支持率気にしないと言ったことは
ないな。
すごく気にしてるのが事実だから。

ま、正月のご祝儀とでも強がっていなさい。

582 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 00:19:34 ID:2KmFp43Y
安倍叩いてるのは支持率下がらないと困る連中の組織的書き込みだってハッキリしてるしなw

583 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 00:21:30 ID:ZVU0MUHs
>>577
支持率上がったってどこの調査?産経とも縁のある報道2001に出てた調査だと
支持率は下がって不支持率と並んでいたけど。
ttp://www.fujitv.co.jp/b_hp/2001/chousa/chousa.html

584 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 00:44:24 ID:IGa25+xX
>>580
>産経は一貫して美しい国とか改憲とか言ってればよくて気が楽ですね

これはむしろ逆だろう。反対派は平和憲法を守れとか現実と合わないことを
言い募っている。安倍政権でどうかはわからないが、憲法は改正される。
それが2年後か、5年後か、或いは10年後かはわからないが、絶対変わる。

ウヨが妄言を言っているのではなく、憲法改正が現実的な状況になったことを
認められないサヨがなんだかんだといってるだけではないか?

585 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 00:47:09 ID:F1nyNGc7
美しい妄想

586 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 00:52:30 ID:89+qxrlb
ねー、パパ。アメリカの「構造障壁イニシアチブ」(「日本政府へのアメリカ政府の
年次改革要望書」)を忠実に履行するだけの植民地官僚売国奴のサイコパス小泉
を「改革者」だと崇め奉っていた勘違い追従野郎のエセ愛国者の呆れ返った歩く
死体同然の喜び組信者たちって、一体、いつになったら、真実に目覚めるのー?


587 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 00:53:53 ID:FNpmdiT0
自民が色々、穴掘ってくれているのに、ちっとも存在感を示せない民主党。ナサケナス…。
流石、敵に国家の主権委譲する政党だけの事はある。
もうちょっとこの点をみんなにアピールしたら存在感を示せると思うなあ。
色々説明不足だとも思うし。

588 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 01:05:19 ID:nXmno4ky
>>584
自民の出す憲法案が話にならなくても通るのが当然と。
何しろ国家の権利制限の為じゃなくて国民の国家への信頼を前提としたアジア的な憲法にするらしいしな。

まぁ、普通の国だの国防だの押しつけ憲法の脱却だのって言ってれば内容を読まない過半数は騙せるだろうしね

589 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 01:07:19 ID:IXjsToD9
>>588
なんかもう素性が丸出しすぎて痛々しい。

590 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 01:08:10 ID:2KmFp43Y
>>588
過半数の人間が賛成するならばそれの方が正しいのは当たり前ですが?

過半数の国民が「アジア的な国家への信頼」を是とするのならば
ヨーロッパ的な国家の権利制限なんて概念は必要ないですね

591 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 01:17:25 ID:0Ryr9ex5
そうなれば最早
国家に対する制限に基づく「自由」「人権」という
西欧的価値観は反故同然。



592 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 01:32:06 ID:jc5TqutU
>>591
宗教教育とどっちが良い?w

593 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 02:01:44 ID:IGa25+xX
>>588
>自民の出す憲法案が話にならなくても通るのが当然と。

そんなことは言ってない。民主案がいいならそれでもいいぞ。

>何しろ国家の権利制限の為じゃなくて国民の国家への信頼を前提とした
>アジア的な憲法にするらしいしな。

らしいなといわれても困るし、「アジア的な憲法」の意味もわからんが、
何かの勘違いだろう(笑)。そんな憲法案は誰も認めない。

>まぁ、普通の国だの国防だの押しつけ憲法の脱却だのって言ってれば
>内容を読まない過半数は騙せるだろうしね

この認識が一番問題だな。自分はわかっているが一般庶民はわかっていない。
そんなことはないから安心しろ(笑)。それにしても、2重3重に馬鹿なことを書くなよ(笑)。

594 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 04:08:46 ID:oEyM6ZWo
>593
>>347

憲法改正そのものは個人的に賛成。
今は、環境権もプライバシー権も情報公開義務も明記されてないからね。
そういう意味で国民投票法案は重要だと思う。
で、明朝とは言わないが近いうちに3k抄が
明後日の方向でこれを取り上げそうな悪寒がする。

595 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 06:47:44 ID:CNa4Dylh
産経抄                                         1月12日
さすが21世紀に遺(のこ)された最後の秘境だけのことはある。自民党の山崎拓元副
総裁が、9日から北朝鮮を訪問したようだが、その後、現地からは平壌に支局を置いて
いる某通信社を含めウンともスンとも何の音沙汰(さた)もない。
▼聞くところによると、山崎氏は金正日総書記との面会も希望しているという。日本の
著名な政治家が、首相官邸の説得も振り切って訪朝したのだから、さぞや下にも置か
ぬもてなしを受けておられることだろう。
▼それにしても今ごろ何を好んで平壌詣でなのか。ご本人自ら「二元外交とか、北朝鮮
に媚(こび)を売るとか言われると思う」と語っているように世間の目は厳しい。にもかか
わらず訪朝に踏み切ったのは、「朝鮮半島の非核化実現には対話と説得の努力が必
要だ」との信念からだという。
▼残念ながら「対話と説得」が通じる相手ではない。厳しい冬を迎え、人民が深刻な食
糧不足に直面しようかというのに核兵器開発にうつつを抜かす人間が、何の権限もない
他国の政治家の言葉に耳を傾けるだろうか。すべての行動は自らの体制を守るための
もので、対話は時間稼ぎの道具でしかない。
▼いや、ひょっとすると、山崎氏は「よど号事件」の故事にならおうとしているのだろうか。
37年前の春、ソウルで乗っ取り犯との交渉にあたった山村新治郎氏は、乗客の身代
わりとなって人質となり、「男ヤマシン」とたたえられた。
▼親が子を、兄が妹を、妻が夫を殺す陰惨なニュースがあふれかえる中、拉致被害者
を救うため「男ヤマタク」が一身を投げ出すとあれば、人々は涙を流し、日本の政治家も
捨てたものではないと感動するだろう。小欄もこれまでの非礼をわび、頭を丸めたい。ま
あ、それは初夢に過ぎぬだろうが。
--------
我、金正日政府ヲ相手ニセズ。カコイイよ。交渉の道を模索するヤツは、私利私欲には
しる売国奴だ。きっと金でももらってるに違いない(皮肉)。
「外交交渉は時間稼ぎ」ってのは、日米開戦前に、アメリカにさんざん言われたことだ。
まあ、実際、そうだったわけだがw

596 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 06:56:16 ID:Jw+XW2mb
>親が子を、兄が妹を、妻が夫を殺す陰惨なニュースがあふれかえる中、

って、その男ヤマシンも実の娘に刺殺されたんだよなぁ。

597 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 07:10:25 ID:oEyM6ZWo
>595
「男ショーラン」が一身を投げ出せばすべて解決すんじゃね?
産経の理想郷なんだし。

しかしあくまで、拉致>>>核、なんだなあ。
山拓が身代わり以外でなにか劇的な成果でも出したら、
頭丸めるのかね。別にやらんでもいいけど。

>596
うわ、ほんとだ・・・。

598 :T:2007/01/12(金) 08:04:27 ID:55FmgEYv
本人も成果なんて期待などしていないだろう
宝くじ程度はしているかな?(w

>残念ながら「対話と説得」が通じる相手ではない
その不可能を可能にした田中均をつぶしたのは誰でしたっけ?

599 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 08:11:15 ID:e6yk/Uzy
昨日、今日と半島ネタを連発してるが、産経抄の必死さは常軌を逸してるな。
今回の山拓訪朝は安倍の対北政策が求心力を失ってることと表裏一体だろう。
「寒くなれば北は折れる」という大法螺を吹いて首相になった安倍が窮地に
陥ってるんで、とにかく相手は絶対悪と断言することで切り抜けようとしてる
というか。

600 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 09:04:07 ID:2k1OOj2p
>>595
山崎拓の訪朝で何らかの成果が出れば、それは安倍壺三の成果に直結し、失敗すれば山崎拓本人の責任になる。

>平壌詣で
某通信社の平壌支局開設に絡んで、地酒持参で平壌詣でした産経新聞社の役員の責任はどうなった?

>核兵器開発にうつつを抜かす人間
北朝鮮の核実験に便乗して、「核武装論」でうつつを抜かす人間が日本にいた気がするんだが?

601 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 09:41:10 ID:nXmno4ky
>>593
>>自民の出す憲法案が話にならなくても通るのが当然と。
>そんなことは言ってない。民主案がいいならそれでもいいぞ。

どっちも話にならなければどっちも通らない方がいいんですが(笑)
憲法改正自体が目的なんですね(笑)

>>まぁ、普通の国だの国防だの押しつけ憲法の脱却だのって言ってれば
>>内容を読まない過半数は騙せるだろうしね

>この認識が一番問題だな。自分はわかっているが一般庶民はわかっていない。
>そんなことはないから安心しろ(笑)。それにしても、2重3重に馬鹿なことを書くなよ(笑)。
で、貴方は自民の憲法試案に賛成なんですか?(笑)
読売案がお好き?(笑)

602 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 10:55:57 ID:2KmFp43Y
>>601
どっちにしても他国の人に心配されることじゃないですね(笑)
自国をもっと良くする事に努力してくださいね?(笑)

603 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 11:09:52 ID:NywcrGzX
>小欄もこれまでの非礼をわび

社会人なら礼を失するようなことは最初からするなよ。

604 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 11:10:44 ID:EWZ0JHhS
おやおや自由な意見を言える国で、自分の意見と合わなければよその国の人間扱いw
統制国家がよっぽどオ好きなようだw

605 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 12:45:20 ID:lixx1MW9
ニュー即プラスでは気の利いた皮肉として大受けしてるよw

606 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 13:15:38 ID:4fJPc4EY
>>603
そもそも、ハナから非礼なんて思っちゃいないんだから。

607 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 13:19:05 ID:wJ815AUn
>>605 603の指摘通りだと思う。やっぱりおこちゃまの集団なんだねえ。でも、2ちゃんと
一応ちゃんとした新聞のコラム欄の重みの区別がつかない人達は無茶苦茶増えていると思う、
世代を問わず。まあ、あれだ45年の夏から秋の2ヶ月で少年少女にしてすでに黄昏れちまった
人々と、その教育を受けた人々の影響が強まったんだろう。

608 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 13:22:10 ID:Pu59aSfo
>>595
ヤマタクの行動は一にも二にも参議院選挙の為だろう。
とにかく選挙で勝つためには何でもやる。平気で悪魔に魂を売る。
それが自民党。
それに行動は単独だが、平沢とかヤマタクに同調してる議員がちらほら
いるらしいし。
本来ならこう言う問題こそ、党から追放したり、除籍したりの話に
ならないといけないと思うのだが。


609 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 14:08:39 ID:e6yk/Uzy
>>608 党から追放したり、除籍したりの話にならないといけない

本音では誰も安倍外交に期待していないから。
もし安倍政権に求心力があれば、山拓も行かないだろう。

それはともかく独断で訪朝というと統一教会の文鮮明教祖が有名ですな。
文教祖の独断専行が契機となって、現役自衛隊員の北朝鮮訪問という快挙が
実現したわけだから、法律さえ無視した独断訪朝も有意義ではないでしょうか。


610 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 14:30:26 ID:8QAFu3vN
でも、外交なんてどんな局面だって対話と説得ですよ。
戦争したいなら、まず産経だけでやればいいのに。

611 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 16:20:37 ID:2KmFp43Y
>>604
そりゃ、日本人の過半数は改憲に賛成って統計はありますから。
護憲護憲五月蝿い人は半々以上の確率で外国人でしょうねw

612 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 16:25:06 ID:wJ815AUn
>>611 日本語でお願いね。

613 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 16:35:54 ID:e6yk/Uzy
>>611
君の確率計算は滅茶苦茶だ。
産経新聞なんて読んでないで、たけしのコマネチ大学(フジテレビ深夜)
をみて、数学の勉強をしなさい。もし難しすぎるなら、DSの脳トレでも良いから。


614 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 17:24:30 ID:pwu/oToq
>>611
久しぶりに腹抱えて笑った。
こいつ、アホすぎ。

615 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 17:46:18 ID:oEyM6ZWo
>611
すごいなー。ここまでものを考えなくても生きていけるもんなんだなー。
こーゆー人がいるから、夕刊フジみたいな飛ばし記事専門の新聞でも
生き延びていられるんだろーなー。

616 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 17:48:13 ID:pJfJztvV
この4連投、えらいダメージを食らったようだなw

617 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 18:15:38 ID:2KmFp43Y
>>612-615
必死ですね。

改憲の流れは変わりませんし、与党はこのまま自民中心のままでしょう。
つまり自民の憲法案が次の憲法になる可能性が最も高いという事実は変わりません。

今の内にせいぜい論点ずらしで護憲の夢を見ていればいいんじゃないですかね(笑)

618 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 18:34:02 ID:SulL4zLp
イラク戦争の
先も見通せなかった連中が
何を偉そうに

619 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 18:46:40 ID:oEyM6ZWo
>616-617
いや、>611が小学校の算数レベルで面白いこと言ってるから
みんな大爆笑してるだけだと思うんだが。少なくとも俺はそう。

616は>611見て、なにも思わなかったの?

620 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 18:55:35 ID:typ+CfpU
2ch閉鎖を夕刊フジが最初に報じるというのも

なんだか面白いもんだな。

621 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 18:58:57 ID:ZPuyR5zD
産経はホワイトカラーエグゼンプションに賛成なんでしょう
ね。この権力新聞め。

622 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 19:04:46 ID:3BG8N/6Y
必死なのに論点ずらししかできないのか。

623 :612:2007/01/12(金) 19:26:35 ID:wJ815AUn
>>619 見てりゃ分かるように、>>611は2ちゃん語は達者(俺には611とか
622は良く分からないのだが、611に同情的と解して。君は私より達者のようで。)だが、
日本語が不自由なんだっば、しかも恐らく母国語が日本語。思考できなきゃ、普通の人が
出来る事も出来なくなるだけの事と思われ。

624 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 19:37:57 ID:cwVHRneu

「日本語が不自由」を訴えるにふさわしい文章だな。>>623
まぁ、必死なのは分かる。

625 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 19:44:51 ID:PLREYrKN
「なんだっば、」とかw
すごいねw

626 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 20:22:52 ID:N9NIdLVW
>>623
馬鹿野郎、食ってたお菓子吹き出しちまったじゃねーか。
今年一番笑わせやがって。

627 :612、623:2007/01/12(金) 21:00:05 ID:wJ815AUn
>>626 書いた自分でももらい笑いした。幸いにも口に入っていなかったよ。ともあれ折角
2ちゃんで3k抄を読む楽しみと、別の読み方を知らされる楽しみを知ったのに閉鎖になるの
かな。まあ、やろうと思えば前者は個人的にも続けられるが、やっぱ3k的なお笑いは個人で
楽しむものじゃあ無いなあ。嗤いより抄子の精神状態を心配するのも大変だから。

628 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 21:23:23 ID:EWZ0JHhS
絶対行くなと言う事なら党議拘束かければいいんで、政府にもひょうたんからなにか出てくるのを
期待している節がある。なんか最近の政府はやる事が中途半端だな。

629 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 21:34:08 ID:e6yk/Uzy
>>628
安倍がピンチになったら小泉が訪朝できるように準備してるとかね。


630 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 22:14:33 ID:BSdfRy+1
>>595
勝手に妄想しておいて、「初夢に過ぎぬだろう」って・・・w
ホント、チラシの裏にでも書いて、一人で喜んでろよと。
他人に読ませる文章じゃない。

今日の産経抄子に、「厳しい冬を迎え、人民が深刻な食糧不足に直面しようかと
いうのに核兵器開発にうつつを抜かす人間が」、経済制裁や金融制裁で、拉致や
核に関する対応を変えると思うのか聞いてみたいものだが。

>>596
ま、産経抄を書いているような馬鹿は、そんなこともは知らないだろ。
調べたりは、決してしないし。

>>599
安倍晋三の記者会見で、北朝鮮関連の話になったところで、「北朝鮮は、この冬
を越せると思いますか?」と聞いてくれる記者は現れないものかねぇ?

631 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 23:04:35 ID:MOykdz7z

■ ネット上で "中傷・名誉毀損、プライバシー侵害" をした人物の住所や氏名を、 同意なしで
開示できるガイドラインについて、ネット事業者や総務省が意見募集中です ■

プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会
「プロバイダ責任制限法 発信者情報開示関係ガイドライン(案)」に係る意見募集について
意見提出期限
平成19年2月9日(金)正午
http://www.telesa.or.jp/consortium/provider/2007/20070110.htm

総務省(報道資料)
プロバイダ責任制限法第4条に基づく発信者情報開示制度の
円滑かつ適切な運用を支援する取組
http://www.soumu.go.jp/s-news/2007/070110_1.html

--関連
ネット上のプライバシー侵害や名誉毀損、発信者情報開示へガイドライン
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/01/10/14420.html


2ちゃんねる差し押さえ反対off
http://off4.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1168580932/-100

632 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 23:42:51 ID:zvYhpfwJ
>>611

改憲派の筆頭アーミテージはアメリカ在住アメリカ国籍の人だが。
 
>>595
>親が子を、兄が妹を、妻が夫を殺す陰惨なニュースがあふれかえる中
 
拉致被害者が帰国しようがしまいが、陰惨な事件は起こると思うが。
ニュースと絡めるなら潘事務総長執務開始辺りが良いんじゃないかな。
 
>それにしても今ごろ何を好んで平壌詣でなのか。
  
本間氏や佐田氏の辞任で安倍が苦しいとみて、
次期総裁戦への影響力を強めるべく点数稼ぎに走ったとか?
朝鮮半島の非核化と言っているのだから、
拉致問題の解決は期待していないんじゃ?

633 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/12(金) 23:57:13 ID:4YiG4kFt
山崎拓氏の選挙区がある福岡市一帯が、かつて、通話明細の蓄積
漏洩により、外資系列の金融会社からの融資や投資で急成長した
大榮(だいえー)の根拠地とされ、神戸市を拠点とする暴力団で
ある山口組の九州侵略の拠点とされていた事態を考慮するとなる
と、山崎拓氏が、そのような外資系列の金融会社に煽動されて、
戦争や危機での株価操作の道具とされている朝鮮半島北部の軍事
政権に忠告をする行動を、産經新聞が揶揄している行為に、その
ような侵略行為の傀儡とされた無知と無能とが露顕している、と
言える。

昨今の家族の崩壊や社会の殺伐は、そのような暴力団体の侵略に
より、その風俗風習である略奪と侵略とが、その地域における「
強者の論理」として蔓延している事態を表象していると言える。

産經新聞社は、そのような侵略行為や略奪行為を、「流通革命」
や「価格破壊」や「消費者の利益」などと喧伝して煽動する行為
に加担してきた過去が有るか無いかを、胸に手を当てて、反省を
するべきなのである。>>595

634 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 00:37:04 ID:WoxLw8r6
わざわざ日経関連のサイトにかいても、このスレの住民なら
見出しを見ただけで、著者も内容もほぼ分かる所がすごい。

米民主党も中国に甘くない、“反中派”3議員が中枢ポストに
http://www.nikkeibp.co.jp/news/biz07q1/521937/?cd=ad&M=bp&KW=036975



635 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 00:56:56 ID:XHwTNq9/
北朝鮮を甘やかしジャパンパッシング(素通り外交)をやったのはクリキントンなのにw

636 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 01:40:32 ID:6GyaniV7
>>634
民主党と名がつく所はどうしてこう両極端な人が集まるんだ?

637 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 02:22:19 ID:4AEp9PUJ
>>628
ある議員が北朝鮮に行くのを止めるために「党議拘束」かけると?
適当なことを書くのはやめたほうがいいと思いつつ、

>政府にもひょうたんからなにか出てくるのを期待している節がある。
>なんか最近の政府はやる事が中途半端だな。

こういう印象をもっている庶民は多いだろうとも思う。

638 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 02:49:28 ID:w9k6MAEQ
>>636
書いてるのが古森だから、その点は割り引いて考えないとw

639 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 06:27:17 ID:VTrA9iS7
産経抄                                          1月13日
ソフィア・ローレンといえば、やはり『ひまわり』だろうか。戦争が終わっても帰ってこない
夫を捜して新妻がイタリアからロシアまで出かける。大地に咲き乱れるひまわりの畑を
彷徨(ほうこう)するのだが、この花が彼女のイメージにぴったりくるのだ。
▼南イタリア育ち、大きな目に大きな口、情熱的で野性味のある女性を演じればこの女
優の右に出る人はいない。だが、私生活ではそんなイメージと裏腹に、たった一人の男
性に静かに寄り添ってきた。先日94歳で亡くなった映画プロデューサー、カルロ・ポン
ティである。
▼ジュリエッタ・マシーナの名演技で知られる『道』や『鉄道員』などの名作を世に出して
きた。イタリア映画を語るのに欠かせない製作者であった。『ひまわり』もこの人のプロデ
ュースである。その二人が出会ったのは、やはり映画を通じてだった。
▼まだ少女だったソフィアを一目で気に入った22歳年上のポンティは、せっせと自分の
作品に出演させる。芸名もつけてやりスターに押し上げる。当然二人の仲は急接近する
のだが、ポンティには妻がいる。それでも熱愛を貫き結婚したのは1966年のことだった。
▼結婚と離婚を繰り返すのはこの世界の常である。有名になったとたんに、育ての親を
見捨てて他の男に走ったスターもいる。そんな中でこの大女優は最後まで「恩人」のもと
を離れなかった。2人の子供に恵まれ、家に帰れば夫と子供のため料理をしていたという。
▼むろん結婚生活の内実など外からは分からない。それでも日本でも死語となりつつあ
る「糟糠(そうこう)の妻」を思わせる夫婦の絆(きずな)だ。訃報の中でもどこかホッとさせ
られた。同じ日の新聞に、夫を殺してバラバラにした妻のニュースがあったからではないが。
-------
産経の保守思想って、与謝野晶子のような不倫略奪愛を肯定してみたり、こういう関係
も肯定したり、と、「夫婦相和し」みたいな一般的な保守思想とは、一種独特なとこがあ
るな。

640 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 06:41:29 ID:9N08bGiQ
今日の産経抄は不倫のすすめか
こんなこと書いたら山谷えりこに怒られるぞ
「片親だけで育った」と書いたら不倫の勧めになるらしいからな

641 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 06:59:50 ID:Rtzz2o+d
不倫つーか、ロリコン肯定じゃね? 紫の上とか。
「マイ・フェア・レディ」が産経の理想なのかも。

642 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 07:23:42 ID:WoxLw8r6
>>635 北朝鮮を甘やかしたのはクリキントンなのにw

今思うと、これはブッシュの無策をごまかすための
プロパガンダの側面が大きいと思う。
少なくともクリントンはブッシュのように
「北朝鮮が公然と核開発を続けること」を放置しなかったのは確実。



643 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/13(土) 07:46:14 ID:LRLg3VuJ
古森義久氏は、旧大日本帝国軍部が、亜米利加合州軍部の教唆や
煽動により、中華大陸への侵攻をしていて、中華大陸政府からの
訴求により、旧大日本帝国軍部を裏切して、石油禁輸により対米
開戦へと追込していった歴史的事実について、無知であるように
思われます。>>634

644 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/13(土) 08:01:45 ID:LRLg3VuJ
男性の視点からすれば、欲暴を貫徹して、女性を交換する行為に
快感を感覚し、それを制度的に肯定していた武家の風俗風習を、
至上の愉悦としている心理状態が露顕している記述であると言え
そうです。

江戸幕府や明治軍閥において、血統世襲での財産相続や地位世襲
が制度や隠微とされている場合に、男性優位な一夫多妻での子孫
繁栄が、至上命題とされていました。

明治軍閥においては、江戸幕府のような正妻での血統世襲よりも、
婚外での妊娠や出産により、部下に妻子を押付して育児育成させ、
成人において学業学歴に優秀であれば、軍閥に取立して、出世や
昇進を約束するというような仕組を採用していたようです。

しかし、結局は情実人事で、試験設問が漏洩され捏造された学業
学歴では、愚劣な作戦を「最高」や「至上」としてしまう、改革
や革新ができない、過去の成功体験の反復反芻でしか無く、容易
に突破されてしまったのでした。>>639

645 :T:2007/01/13(土) 08:06:15 ID:PRD5XG6w
小川範子・・






646 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 08:47:30 ID:OGNK1OxY
N東の低脳どもすら手懐けられず
逆に虐めにあって追い出されたイソ卓が組織論を打ったところで振り返る人間は誰もいない


647 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/13(土) 09:10:41 ID:LRLg3VuJ
そういうNTT東日本の低脳な中高年者を、外資系列の金融業者
や顧問業者が、詐欺行為により、日本域内の通信設備の光化投資
に必要な資金や資本を略奪して、域外に流出された行為について、
あなたは反省しないのですね。>>646

外資系列の顧問会社であるMcKinseyやANDERSEN
が、NTTを教唆して、通話明細を使用した「共同営業」を提案
し、通話明細により組織間や個人間の電話会話の相手や回数での
顧客分析や料金割引をしていたのです。

648 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/13(土) 09:14:19 ID:LRLg3VuJ
あなたの組織論では、固定電話や携帯電話の通話明細を使用した
電話交流統計での疎密関係分析により、政府や企業の組織内部の
個人交流(人脈)や、政府や企業の組織外部の個人交流(人脈)
を分析して、その関係性を、外資系列の顧問会社を経由して金融
会社に漏洩し、企業買収や政府買収の幇助をする行為が目的なの
でしょう。>>646

649 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 09:41:47 ID:UnJyO575
懐柔のために大甘な利益供与して、裏でおかまいなしに進められたら
「放置はしなかったからマシだ」となるのか

650 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/13(土) 09:49:25 ID:LRLg3VuJ
In Britsh or American English or maybe Japanese English.>>648

In your organizational theory, communication logs should
be necessary for analysis of enterprises and governments.
For your teory, communication logs of fixed-line phones
and mobile phones should be used to analise condensation
and rarefaction of between individuals and associations.

But such communication logs of phones have been used to
invade enterprises and governments in U.S.A. and Japan.

Within and without, both domestic and international, such
analysises have been used for crimes and invades to not
only associations but also home and person.

Message serial phone number have been disguised and message
voices have been mimicked as financial frauds for merger
and acquisition(M&A) to enterprises and corrupt and puppet
(C&P) to governments.

651 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 10:37:53 ID:37TTaTAM
>>639
 
糟糠の妻ってのは、貧しい時を一緒に過ごしてくれた妻のことで、
一緒に苦労してくれた妻は捨てられない、っていう意味だな。
ということは、カルロ・ポンティは、糟糠の妻の思想とはかけ離れた人物ってことだ。
ソフィア・ローレンにしても、カルロ・ポンティが粗食に耐えた妻的存在と言うのは、おかしいだろう。
 
>同じ日の新聞に、夫を殺してバラバラにした妻のニュースがあったからではないが。
 
「ないが」と書いておいて良かったな。
「糟糠の妻」と対比させるなら、妻殺しをもてこないと不自然だからな。
 
>育ての親を見捨てて他の男に走ったスターもいる。
 
産経抄は、育ての親による子供への性的虐待とか、
運動部のコーチによる女子選手へのセクハラとかも
親やコーチに認められた当然の権利と考えているのだろうか。

652 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 10:46:19 ID:wVo2dd/y
糟糠の妻を捨てて若い美人に走った男としか思えないんだが、産経抄子の
独特な感覚には脱帽する。

「ひまわり」たとロシアでマストロヤンニと結婚していたほうが好みだな。

653 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 11:11:27 ID:XHwTNq9/
>>642
放置したんだけど。軽水炉援助だけ合意して監視についてはIAEAに丸投げしてしまった。
また偽ドル発行についてもFBIから北朝鮮の国家的関与の報告もあったのに放置した。
いずれも中国の体面を重んじた結果。

654 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 11:23:06 ID:yq5gIiSb
当時37歳だった男性は、審査員を務めていた美人コンテストに出場した当時15歳の女性と親密になり、
語学や演技を勉強させ、芸名を与えて自分の製作する多くの映画に出演させました。

男性が44歳、女性が22歳の年、二人は結婚します。
しかし男性には既に妻子がいたため、教会は二人の結婚を認めませんでした。
二人は弁護士と共にメキシコで結婚式を挙げますが、重婚罪で告訴される事になります。
結局二人はフランスに移住し、市民権を取得して前妻との離婚を成立させ、晴れて結婚を果たしました。
この離婚成立までの9年間に女性はアカデミー主演女優賞を獲得、男性も映画において多くの名声を得ます。

日本でも死語となりつつある「糟糠の妻」を思わせる夫婦の絆です。

655 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 11:49:56 ID:EIjK+iHv
産経は労働者階級の男の新聞だから、この程度のことを書かないと売れないんですよ。

656 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 12:01:40 ID:WoxLw8r6
>>653
IAEAに加入してれば、監視はIAEAが行うのは当然。
それにアメリカが査察に関わっていなかったわけではないし。
またクリントン政権の関心が偽札よりも核とミサイルに向いていたのも
核とミサイルの影響の大きさを考えれば自然なこと。

657 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 12:48:07 ID:Rtzz2o+d
>654
映画会社の社長と女優の不倫が騒ぎになったとき、
「女優を妾にしたんじゃない。妾を女優にしたんだ」
と言い放った、というエピソードをなんとなく思い出した。

658 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 13:29:44 ID:4877cdKI
糟糠の妻を捨てて若いソフィア・ローレンに走っただけのようなw

659 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 14:03:22 ID:8O6vZjWQ
>>639
今日の筆者は既婚なのか、独身なのか。
男性の既婚者なら自分にも思い当たる節があるのか。
夫婦仲はうまくいってるのか。
親子仲はどうなのか。
色々と想像してしまった。

660 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 14:11:51 ID:iBgX/e+u
くだらねーこと書くなで充分ぢゃねえの?

661 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 14:24:26 ID:MPM16EPI
こーいう場合、残された奥さんはどー思ってるんだろうなぁ。

ちょっと違うけど、松田優作の前の奥さんの松田美智子とか。松田美由紀が鬱陶しいからこそw

しかし、なんか、良妻賢母を標榜する保守っぽい側に限って
男の甲斐性にはダラシナイのがずるい気がする。

662 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 14:45:30 ID:qpin5f6F
ここに居た民主工作員は1面トップの小沢記事はスルーですか?(笑)

政府が国民を統治する機関であることは藤岡勝信が正論で証明してますし、
政府の権力制限≠セのの薄っぺらい憲法観を書いてた人はドコに行きました?(笑)

もう、安倍政権の存続と安倍首相政権下での改憲は決定ですね。

663 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 15:16:03 ID:Rtzz2o+d
>661
男尊女卑のひとことで片づきそうな。
しかしこれを、男が言うならわかるけど女で言ってる人もいるんだよなー。
山谷えり子(元産経記者)とか。
ああいうのは、「女としてなにも考えたくない」という意思表示なんだろうか。

>662
いや、「産経」スレじゃなくて「産経抄」スレだし。
話がそれることが多いのも確かだけど。
(1bit思考ネトウヨ君をいじって遊んだりね)

>小沢
議員板とかでやってますがなにか。

>藤岡
「人民の政府」という言葉が理解できない人の発言に
ツッコミ入れてもしかたないでしょう。

664 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 15:20:47 ID:jP5t4C4j
ttp://gogen-allguide.com/so/soukounotsuma.html
糟糠の妻の語源を探してきた。ちょっといくらなんでも酷すぎる違訳だな。
産経が日本語教育の重要性を訴えるのは自分達というサンプルがあっての事だとわかりました。
でも、さすがにここまで馬鹿なのは産経だけだから大丈夫だよね^^

>>662
産経抄のスレで一面がどうこうとか。ほんと産経信者には日本語教育が必要ですね^^
でも、日本語が不自由なのは産経信者くらいだから国の教育には口出さないでね。
馬鹿を基準に教育を変更されると標準的な人間の教育水準下がるから^^

665 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 15:27:21 ID:RQGrY/KV
>>662
松岡騒ぎに野党が乗ってこなかったわけだ。
ちょっと、マスコミの狼少年っぷりは目に余る。
そういうものだと知れ渡るならいいんだろうけど、
ペナルティが何もないのがいまいましい。

666 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 15:50:37 ID:x+JRX4Fo
>>662
藤岡勝信なんてのもいるのか。
新キャラが多すぎて、覚えきれんな。

667 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 16:03:53 ID:Ss+Nev4y
>>662
君がどういう憲法観を持とうと勝手だけど
憲法の教科書は読んでなさそうなのはわかったw

ところで藤岡勝信って誰?

668 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 16:18:32 ID:qpin5f6F
勝信じゃなくて信勝でしたね。
で、それで?

そんな揚げ足取りでしか反論できないんですね。
ここの住人は(笑)

669 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 16:20:48 ID:gydni9WH
>>662
まったく同意。
サイレントマジョリティーはもうとっくに情報構造を知ってしまったから、
次は国民投票法案に一直線だわね。
じつは国鉄をJRにしたのも根はまったく同じことなんだよね。裁判を続ける
声高な化石貧乏人もごく少数はいるけれど…
例えば>667

670 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 18:49:10 ID:x+JRX4Fo
>>668
「揚げ足取り」ねぇ・・・w
typoでもなく、変換ミスでもない、純粋にお前の脳の機能不全だというのに。
反省することも出来ないようじゃ、お前の記憶力の悪さが改善される見込みはないな。

671 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 18:55:41 ID:6oW69OC7
こういうみみっちいことで揚げ足を取る以外に気晴らしのない連中の駆け込み寺だから。
ここは。
向こう3年いじいじ食い下がられたくなかったらケアレスミスには気をつけとけ。>>668
自前の文章なら少々の書き損じは無問題だがな。記事の書き起こしなど、
ソースの転載でミスる奴はここの住人以下の迷惑野郎だが。

672 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 19:17:56 ID:qpin5f6F
>>670
さぁ?名前を打ち間違える程度のこと、しかもすぐに訂正もした事で、
一々反省する必要があるとも思えませんがねぇ(笑)
で、論旨に対しての具体的な反論はないんですか?

>>671
まぁ、負け犬の遠吠えと聞き流してやることにしますよ(笑)

673 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 20:39:10 ID:VnXTo3uj
>>672
具体的な反論 「スレ違いはよそでやれ」

674 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 20:39:52 ID:2yEoQkcb
また逃げてやんの>>673

675 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 20:55:27 ID:r+OmXqft
>662=668=672

あれを論旨と言い切るのも何気にスゲーと思うが・・・
その件は663と664がもう答えていると思うのだがスルーか?

名前を打ち間違える程度のこと」揶揄されたぐらいで
スレ違いなのに居座って言い訳してる方が見苦しいけどな

676 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 20:55:36 ID:saiZlo7c
>662
>政府が国民を統治する機関
なるほど。お説は拝聴しておきましょう。
ところでそれは大きな政府になるのですかな、それとも小さな政府ですかな。
政府が国民ひとりひとりを統治するのなら、それは必然的に大きな政府となるはず
ですが、藤岡氏はそれがふさわしい政府のあり方だと論じておれらるのですかな。

アメリカの所謂保守派は、いうまでもなく小さな政府を指向しているわけですが。


677 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 21:12:58 ID:Xve/EXiG
美しいい1bit思考

678 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 21:14:34 ID:P2M05/R+
化石貧乏人にされてしまったw
書き込みで氏素性やらがわかる人がいるようですが
なんとも不思議な能力をお持ちのようですw

法の支配と法治主義の区別も内容もわからん人が
憲法云々言ってもねぇ。

679 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 21:20:30 ID:AfsnfeVq
あああ、あほくさかー!!!!

何なの大きな小さなってw>>676
自分の方はどんぶりめしみたいな議論でいいんかい。なんつー勝手な。

あ、「論旨」に反論してるつもりなのかw

680 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 21:29:19 ID:NgvK1oKe
拉致問題】中山恭子首相補佐官(拉致問題担当)が訪米へ 
「美しい国造り」へ国民運動と塩崎官房長官
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1168505749/

 一方、塩崎長官は安倍晋三首相が唱える「美しい国造り」に向けた
国民運動を始める考えを表明。具体案の1つとして、官邸中心で、
身近にある美しい景色などを国民から募集してコンクールを開く方針を示した。 

産経が好きそうなコンクールだな。

681 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 21:35:40 ID:GlVcIbUn
>>680
シャッター街とか送りつけたくなった?w

682 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 22:25:44 ID:x+JRX4Fo
>>671
>ソースの転載でミスる奴はここの住人以下の迷惑野郎
それは、「FOX」と書いてあった世界日報の記事を「CNN」と転載した石井英夫のことですか?
それとも、「息子から母へ」と書かれていた毎日新聞の記事を「母から息子へ」と転載した石井英夫のことですか?
それとも、「マイブーム」と書かれていた「中央線なヒト」の内容を「マイホーム」と転載した石井英夫のことですか?

>>672
>打ち間違え
お前は、脳で「信勝」と打とうと考えると、指が「勝信」と打ち間違えるのか?
面白い体をしているんだな、お前はw

>>679
>あほくさかー
また、「打ち間違え」ですか?

それにしても、必死なかまってちゃんが、希望通りのかまい方をしてもらえなくて、キレるところを見られるなんてwww


683 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 23:02:45 ID:r+OmXqft
小さな政府・大きな政府を「どんぶりめしみたいな議論」とは
ある意味新鮮だなw ウケタ

684 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 23:08:02 ID:l8ht3eN8
自尊心高い人ほど尾を引いちゃうんだよね。

気持ちは分かる、同情はしない。

685 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 23:19:31 ID:Fsm2CcCp
まずは、今の糞みたいな内閣を美しい内閣にしろよな。

686 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 23:20:37 ID:saiZlo7c
なるほど、「どんぶりめしみたいな議論」って何のことだか全く分からなかったけど、
そういうことだったのかー。
すごいな、素で知らなかったのか。それで憲法観を論議できるとは、素晴らしいにも程がある。



687 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 23:37:35 ID:KAsgzzU9
確かに突然どんぶりめしみたいな切り口だけど、
要は公安が怖いってことなわけで。

住人の素性が透けてる。
こんなことばっかり日頃気に病んでるわけだね。

ところでどんぶりめしは気に入った。具体性のないレスを見かけたら
使わせてもらうとしよう。

688 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 23:51:10 ID:4oYi0cGn
>>639
この記者が「糟糠の妻」の意味を知らないということはわかった。
日本では死語になりつつあるからしょうがないのか。

689 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 23:56:58 ID:arRYPW+T
糖尿の妻

690 :文責・名無しさん:2007/01/13(土) 23:59:39 ID:x+JRX4Fo
たまに「警察の取り調べに対し、意味の分からないことを喋っている」という
フレーズがニュースで出てくるが、>>687のようなんだろうな。

691 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 00:04:18 ID:Cp1d78tP
公安を恐れてるのって朝日とかTBSとかNHKの中の人じゃないのかな?
あと人権活動とか平和活動とかしてる人たちもヤバイ。
知り合いにいたら近付かない方がいいかもよ?
一緒にマーク…まではされなくても、色々調べられる可能性が高い。
痛くない腹でも探られると鬱陶しいものだしね。

692 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 00:05:05 ID:z8DqO6Cn
逮捕されて取り調べで
「わたしは小さな政府を望みます!」
と喚くようなもんだな。

693 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 00:15:06 ID:JQmWJ5+1
>691-670
人権活動とか平和活動とかしてる人たちに
近付くだけでヤバイ国をそんなにお望みなようで

・・・ウヨの理想国家が北朝鮮ってほんとだったんだな
そりゃ憲法改悪もしたいわな

694 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 00:19:08 ID:YNrBZLLm
今にして漸く気付いたが、あれかな、大学入学が決まって、高校に通う事も
無くなって暇を持て余してる坊ちゃん達が押し寄せているのか?まあ、ここは
>>671のような可哀想な人達の駆け込み寺でもあるから、1ビットちゃん達の
レスにも暫くは辛抱ってことだな。ただ残念なのは「俺」君がこういう糞レスが
頻発する時に限って無口な事。至らない同類を教え諭して退去させてくれたなら大した
もんだ、と思っているのに.....。

695 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 00:19:17 ID:UsImbrva
本当に今日の産経抄は、>>688がいうとおり「糟糠の妻」の意味を知らないとしか考えられないな。
知っていれば、プロデューサーの別れた妻こそ「糟糠の妻」であるとすぐにわかるはずなんだけどなあ。
これもゆとり教育の弊害かw

696 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 00:27:00 ID:JAPLOKy7
>>693
お望みなんじゃなくて今現在そうなってるんですがw

697 :文責・名無しちゃん:2007/01/14(日) 00:38:50 ID:aNLPKwtB
>>695
ゆとり教育開始は1977年らしいのですが、639の抄氏はそんな若手でしょうか。

698 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 00:40:09 ID:muoh8RpH
ヒント:ゆとり教育が始まる前から、一定の割合で馬鹿はいた

699 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 00:44:28 ID:Cp1d78tP
>>697
まず「ゆとり教育」をしようという法案を作りたいと思った人間がいるんだから
年寄りもいるんじゃないか?
今はその馬鹿な法案で育った馬鹿が馬鹿な行動を初めていると。


700 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 02:38:22 ID:vVKF31Un
>>699
あぁ、夫婦のお茶の間トークをわざわざ元旦に載せた旦那の方なw>ゆとり教育したがった人

701 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 06:24:38 ID:J1CEn7hZ

APAグループと産経新聞の関係

というスレッドを立てようかなー

702 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 06:39:56 ID:vVKF31Un
2006年1月14日

 確か、福田赳夫氏が首相となり組閣にあたったときのことだ。
ある議員を主要閣僚に起用しようとして、その身辺を調べさせた。
俗に言う「身体検査」である。その議員は特に艶福家(えんぷくか)
として知られており、女性関係は綿密に調査するよう命じた。

 ▼すると出るわ出るわ。数え切れないほどの「報告」が上がってきた。
あきれた福田氏は「この人はもう特別だ」と覚悟を決め、議員を予定通り主要閣僚に起用したという。
まさかとも思うが、以前何かの本で読み、笑ってしまった話である。

 ▼昨年末、佐田玄一郎行革担当相が架空の事務所費計上問題で辞めたとき
「なぜきちんと事前調査しなかったのか」と、安倍首相に批判が集まった。
だが今年に入って、不明瞭な事務所費を計上していた例が他にも次々と出てきた。
しかも伊吹文明文科相ら閣僚や自民党三役の政治資金収支報告だ。

 ▼福田氏ではないが、これではもうお手上げかもしれない。かといって野党・民主党の方も、
小沢一郎代表の4億円という余りにも突出した「事務所費」が明らかになった。
国民年金未納問題のときのように「みんなで渡れば怖くない」状態になってしまった。
 ▼それぞれのケースは微妙に異なっている。しかし、あまり明らかにしたくない微妙なカネを、
領収書のいらない事務所費として計上したらしい点では共通している。政治資金規正法には触れないというが、
政治家のカネの流れを明白にしようというその趣旨には反したものだ。

 ▼むろん身辺の清さだけが政治家の条件ではない。政治手腕や思想信条はもっと大事だろう。
だが、政治浄化のため自分たちで作った法の抜け道をみんなで探しているようではその言動も
信用されない。その意味で重大な危機である。

−−−−−−−−−−−−−−−−
自民以外から一人出たら掌返して話題にする知能程度が>>662レベルな「全国紙」1面コラム執筆者
で、安倍周辺の人間は「身辺の清さ」以外は素晴らしいとおっしゃりたいので?

703 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 09:24:45 ID:TzZKGJCq
>>687
>要は公安が怖い

そういうことかw
いきなり、大きな政府小さな政府の話を持ってくるから
何考えてんじゃ!と面食らった。そういうことね。

あほくさか。

704 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 09:59:48 ID:Ta51j1NB
>>702
小沢の場合、既に不動産の購入などとして適切な使途であったことが明らかにされている訳だが。
伊吹文明文科相らの場合は、飲食費などを含めるといった政治資金規正法違反が明らかになっている訳で。

それにしても、佐田玄一郎に始まって、先月からずーっと続いていた話なのに、一度も取り上げなかった
くせに、昨日、小沢の話が出た途端に、この反応。ホントに、>>662そっくりで笑った。

>>703
二度繰り返すってことは、「打ち間違え」ではないようだな。
富田林市の方言か?
ていうか、お前一人の口癖で、↓もお前が書いたと考える方が妥当か。

"あほくさか" の検索結果 1 件中 1 - 1 件目 (0.19 秒)
富田林市民集合 61
kinki.machi.to/bbs/read.pl?BBS=osaka& KEY=1163899172&LAST=50

705 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 10:44:46 ID:jbLHpRoT
艶福家は個人の問題で済むが公費の使途不明金をそんなものと同列にして
「これはもうしかたがないかも」だって?

馬鹿じゃないのか?

706 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/14(日) 10:50:09 ID:6qdqb2xw
立法議員の不正を助長して、それを材料に、立法議員を脅迫恫喝
して、彼等に好都合な法律や政令を制定させようとする行政職員
の野望が、遮断されている実態が、報告されていると言える。

707 :五十川卓司:2007/01/14(日) 11:06:55 ID:697qF6EG
私の記述ではありません。>>706

http://www.geocities.jp/->isotaku503/NotMyDescription.htm


708 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/14(日) 11:09:48 ID:6qdqb2xw
私の記述ではありません。>>707

http://www.geocities.jp/->isotaku503/NotMyDescription.htm

709 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 11:32:51 ID:muoh8RpH
>702
福田(父)のころの政治家は、今から見ると豪傑が多かった、
というような話は面白いね。今が小物過ぎるんだろうけど。
ただ、福田組閣といえば三木退陣を受けてのもので
ロッキード事件の処理でてんやわんやになった直後だから、
女関係には目をつぶっても政治資金関連の身体検査は
あくまで慎重に行われたと思うんだがね。

小沢4億円は産経の「スクープ」らしくていろいろはしゃいでるけど、
佐田や伊吹の4千万円とはかなり性格が違いそうだけどねえ。
道義的にどうかはともかく。

>703
これは俺の頭が悪いから理解できないのかもしれないが、
「大きな政府小さな政府」と「公安が怖くなる」の繋がりが本気でわからない。
自分(たち)だけで納得してないで、できれば教えてもらえないだろうか。

710 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/14(日) 11:42:58 ID:6qdqb2xw
「愚劣な人民を恐怖で統制しなければならない」と妄想している
官僚の方が余程に愚劣であるという笑え無い実態がありますね。>>709

711 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 12:23:43 ID:jbLHpRoT
>>709
宇野みたいに妾のリークで人間性まで失格とわかってしまう実にだらしない人間も
いるのが下半身の実態なんで、豪傑とか言うのは男の勝手な願望に過ぎないと思う。

712 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 14:39:31 ID:zpxwVErR
>>702
>昨年末、佐田玄一郎行革担当相が架空の事務所費計上問題で辞めたとき「なぜきちんと事前調査しなかった
>のか」と、安倍首相に批判が集まった。だが今年に入って、不明瞭な事務所費を計上していた例が他にも次々と
>出てきた。しかも伊吹文明文科相ら閣僚や自民党三役の政治資金収支報告だ。
佐田玄一郎も含めて、「改正教育基本法」の伊吹文明、「核武装論」の中川昭一と、「愛国」に満ち満ちた立派な御仁
たちが疑惑をもたれているとはねぇ。『愛国心は悪党の最後の砦』とはよく言ったものだなw。

>むろん身辺の清さだけが政治家の条件ではない。政治手腕や思想信条はもっと大事だろう。だが、政治浄化の
>ため自分たちで作った法の抜け道をみんなで探しているようではその言動も信用されない。その意味で重大な
>危機である。
『醜い、安倍内閣』が、「改正教育基本法」「防衛省」、そして「憲法改正」と、『美しい国』づくりに邁進している姿は、
ブラックユーモアにすらならないな。このような状態で『美しい国 日本』と掛け声をかけても誰も信用しないし。むしろ
危険な存在でしかないと思うけどねw。

713 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 14:42:59 ID:muoh8RpH
で、誰なんだろ。

福田内閣 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E5%86%85%E9%96%A3

714 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 14:45:37 ID:xDE1nm8v
一人を殺せば犯罪者だが、千人を殺せば英雄って事なんだろうな。
一人の愛人では問題だが、何十人といるとなにがなにやらになって問題じゃなくなるんだろう。

715 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 15:25:21 ID:7ot/4iRC
小沢って自民党時代からダーティーなのがデフォだからな。
そのへんが強みといえば強みだな。

716 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 15:40:05 ID:cEefZXxu
>>712
>このような状態で『美しい国 日本』と掛け声をかけても誰も信用しないし

失礼な事を言うな!>>680美しい国造りは国民運動だ!

717 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 15:48:58 ID:9Qb1Lx+G
『美しい国 日本』ってあったらいいな(はぁと)と国民の思わせただけでも
意義があるような。

別に美しい国を作るのは誰でもいいが。
つか国民一人一人の意識で十分なわけだが。

718 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 15:55:17 ID:UsImbrva
昨日といい今日といい、産経抄は男の不倫や妾の話には甘いな。
それより問題なのは与党の醜聞には寛容すぎる点だな。

719 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 16:07:40 ID:wh9gsOA0
>>718
身の下の話は男にとっては相身互いだからな。例えば細野や
菅直人の不倫を基地外みたいに批判して、だから民主党はダメだ
みたいな報道ならどこかおかしいと感じるだろ?

宇野のときはまさにそんな感じだった。

720 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 16:30:52 ID:AZlD2/qK
やっぱり、産経は下品が売りなんだろうな。
でも、正論や本音と下品ってちょっと違うよね。

721 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 16:31:33 ID:DEq46G4g
>>717
最初から絵空事て、一部の妄想家の為の幻想だって透けて見えてますが?
いいなもクソもないな。

722 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 16:45:56 ID:9Qb1Lx+G
>>721
自虐教育なれの果て?
教育基本法が改正になって良かった。

723 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 16:59:26 ID:Vbo4fUHj
『奥ゆかしさ』こそ『美しい』日本の伝統
二言目には「国益!国益!」と騒ぎ立てる連中に
理解できるはずもあるまいが

724 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 17:35:27 ID:YNrBZLLm
>>721 可哀想に「リンリリンリは虫の声」の80年代自民党政権以降に生まれた子供達は
自民党政権の拝金主義に毒されて、「美しい」という言葉の価値さえ分からなくなって
いたんですよ。あまりいじめるのも良く無いかと。こう言う風に考えてみると可哀想な
人々じゃあありませんか。

725 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 17:36:18 ID:0dDbbUSV
>713
この面子じゃ鳩山威一郎あたりが本命かな。対向は宇野宗佑を押しておこう。


726 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 17:40:59 ID:vVKF31Un
>>722
自分が騙されやすい人である事をわざわざ自慢に来る人もいるんだな。
このスレって。

727 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 19:05:37 ID:CBT6uWBS
実際宇野さんの時の産経(当時だとまだサンケイ?)の論調ってどうだったの?

728 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 19:09:32 ID:YF34PbmK
どうだったんだろ?
縮刷版を見れば…




あっ、なかったかw

729 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 20:22:47 ID:wh9gsOA0
>>727-728
産経が当時どう報道したかはまったくわからんな(笑)。忘れたのではなく、
最初から知らない。

このスクープを抜いたのはサンデー毎日で、当時の編集長は鳥越だったと
記憶している。確かに宇野の対応も悪かったし、当時の政治状況としては、
リクルート事件で混乱していて窮余の一策中継ぎリリーフなのは明らかだった。

そこを集中的にマスコミが責めたから、何がなにやらわからないくらいの
混乱だった。芸者を愛人にしてもいいだろうと俺は思うが、肝心の愛人に
刺されたんだから、宇野の男としての度量に問題があったのは確かだな(笑)。

730 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 20:49:36 ID:XAG7k4QK
>702
ていうか、我らがKKK抄はどうしてこの話を本間元税調会長辞任の後に書かないのかねw。


731 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 21:27:19 ID:wh9gsOA0
>>730
自民党に不利すぎたからだろう(笑)。小沢の件が明日から検証されるだろうから、
その結果を見てからいろいろ判断することがある。どうも小沢の一件は、毎日新聞
が問題なしと勝手に結論付けられるほど簡単な問題ではないらしいぞ。

732 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 21:46:42 ID:9Qb1Lx+G
http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/93901/
若宮は2chの玩具。
弄られてナンボなキャラ。

残念ながらサンケイにまだそこまでのキャラは生まれていない。

733 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 22:18:46 ID:9cv2lzwo
>>676
馬鹿かね?
「政府が人民を統治するなら大きい政府になってしまう」
が、あの藤岡の論への反論になると思っているなら相当に救いがたいぞ。

734 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 22:33:45 ID:muoh8RpH
>732
いやいやいや。
このスレがもともと石井翁ファンクラブだったことを忘れてもらっては。
といっても引退しちゃったからなー。
小物、いや古森義久じゃそこまでの力はないし。

>733
まともなツッコミが入るまで25時間かかったかw
正直、676は話逸らしすぎじゃね?と思ってたんだが、
さらに四次元の方向に話が逸れていたからなあww

735 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 04:22:31 ID:LAcA/JRK
>>719
細野や菅直人と宇野じゃ、話が違いすぎるだろ。
宇野の場合、金で雇った愛人だったのだから。
少なくとも、愛人の話によると。

736 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 06:32:51 ID:7UqAP9/y
【産経抄】

 土曜日の午後に千島列島沖で起きた地震には、ドキリとさせられた。幸い津波による人的被害は
なかったものの、避難した住民がごくわずかだったことが気にかかる。
 ▼警報や注意報に対する反応の鈍さは、同じ海域で昨年11月に起きた地震のときにも指摘され
ている。このとき岩手県釜石市では、1万7636人の住民に「避難指示」が出されていたにもかかわ
らず、避難場所に現れたのはわずか74人。
 ▼群馬大が釜石市内の小学校でアンケート調査を行ったところ、高学年児童の半数近くが、「逃げ
よう」と家族に訴えても、聞き入れてもらえなかったと答えている。中には「来るわけない、うるさい」と
怒られた児童もいたと、今月はじめに小紙が伝えていた。
 ▼長年の経験から、「海のことはわかっている」とうそぶいて、自分で判断してしまう。大人に防災
教育をほどこす難しさを示す生々しいエピソードだ。その意味で、和歌山県広川町の試みは注目に
値する。
 ▼1854年、死者数千人を出した安政南海地震に見舞われた際、この地の豪商、濱口梧陵(ごり
ょう)は、津波への危機意識が薄い村人を高台に誘導するため、刈り取った稲の束に火をつけた。
この実話に基づいた『稲むらの火』の物語を後世に伝えるために、町では10月中旬、松明(たいま
つ)行列を行っている。今年4月には梧陵の記念館もオープンするそうだ。
 ▼地震が起きたころ、東京では土光杯全日本学生弁論大会が行われていた。皇位継承問題を
論じて、フジテレビ特別賞を受賞した東大大学院生の萩野了子さんをはじめ、今年は、伝統文化
の尊重を訴える弁士が目立った。まもなく阪神大震災から丸12年を迎える。地震、津波への備え
もまた、世代を超えて語り継ぐべきものである。
(2007/01/15 06:15)

---------------------------------
途中まではよかったのにな。最後の学生弁論大会って何だw。このぶちこわし具合がKKK抄ならでは。

737 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 06:33:20 ID:wWTlihFu
【産経抄】
 土曜日の午後に千島列島沖で起きた地震には、ドキリとさせられた。幸い
津波による人的被害はなかったものの、避難した住民がごくわずかだった
ことが気にかかる。
 ▼警報や注意報に対する反応の鈍さは、同じ海域で昨年11月に起きた
地震のときにも指摘されている。このとき岩手県釜石市では、1万7636人の
住民に「避難指示」が出されていたにもかかわらず、避難場所に現れたのは
わずか74人。
 ▼群馬大が釜石市内の小学校でアンケート調査を行ったところ、高学年
児童の半数近くが、「逃げよう」と家族に訴えても、聞き入れてもらえなかったと
答えている。中には「来るわけない、うるさい」と怒られた児童もいたと、今月
はじめに小紙が伝えていた。
 ▼長年の経験から、「海のことはわかっている」とうそぶいて、自分で判断して
しまう。大人に防災教育をほどこす難しさを示す生々しいエピソードだ。その
意味で、和歌山県広川町の試みは注目に値する。
 ▼1854年、死者数千人を出した安政南海地震に見舞われた際、この地の
豪商、濱口梧陵(ごりょう)は、津波への危機意識が薄い村人を高台に誘導する
ため、刈り取った稲の束に火をつけた。この実話に基づいた『稲むらの火』の
物語を後世に伝えるために、町では10月中旬、松明(たいまつ)行列を行って
いる。今年4月には梧陵の記念館もオープンするそうだ。
 ▼地震が起きたころ、東京では土光杯全日本学生弁論大会が行われていた。
皇位継承問題を論じて、フジテレビ特別賞を受賞した東大大学院生の萩野了子
さんをはじめ、今年は、伝統文化の尊重を訴える弁士が目立った。まもなく
阪神大震災から丸12年を迎える。地震、津波への備えもまた、世代を超えて
語り継ぐべきものである。

----
とってつけたような弁論大会の話題がw 地震と関係ないじゃん。

738 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 07:24:20 ID:2VXTd0M6
稲むらの火もなんとなく嘘臭いんだけど
パラオにあるニミッツ提督の詩文といい勝負じゃネーか

739 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 07:28:08 ID:mu+Vth5f
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/soc/1152543620/l50

平和憲法を馬鹿にする愚かな人達の共通点について激論を交わそう!!  

注意1、護憲派出入り禁止
注意2、市民を脅さない事
注意3、アジア諸国を批判しない事
注意4、日本の過去の過ちを認める事
注意5、正しい歴史認識を述べる事
注意6、軍国主義者はスルー
注意7、日本の侵略戦争を肯定しない事
注意8、9条を守ろう


http://society4.2ch.net/test/read.cgi/soc/1152543620/l50


740 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 07:31:06 ID:C2Jear0c
最後のパラグラフは確かにおかしすぎる(笑)。阪神大震災の話につなげたかった
のはわからんでもないが、文章の流れが強引過ぎるぞ。

741 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 08:00:16 ID:snNoDsVM
産経抄は「外交のことはわかっている」とうそぶいて、自分で判断してしまう。
大人に国際関係についての教育をほどこす難しさを示す生々しいエピソードを
このスレで毎日のように目撃している。


742 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 08:02:50 ID:+QzBesyA
まるでこのスレでの外交問題に関する産経批判が、まともであるか
のような書き方だなw

743 :T:2007/01/15(月) 08:07:13 ID:IxD0RfBP
まあ大人なら仕事の都合とかあるけど(NHKでは船が心配でも見に行くなとか言ってたが)
子供と年寄りは避難させるべきだな
避難することのデメリットってなんだろう?
田舎の方が同調圧力が強いと思うんだが

弁論大会はただ言いたかっただけ

744 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 08:15:14 ID:wWTlihFu
まあ、めんどくさいんだろ。
北海道で冬の夜中に外出して
ろくに暖房もない避難所へ行けといってもなかなか。

745 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 08:18:11 ID:2VXTd0M6
>津波への危機意識が薄い村人を高台に誘導する
>ため、刈り取った稲の束に火をつけた。

真実はこっちの方でしょう
火をつけたのは真夜中に津波が襲って大混乱におちいった後ですね
http://www.bo-sai.co.jp/hamagutigoryou.htm


746 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 08:23:15 ID:cv+9IaIe
でも、土光杯全日本学生弁論大会ってあんまり聞いたことないね。
どこがやってるんだろうとか、お題は何だろうとか考えちゃうな。

747 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 08:44:11 ID:cNv0cgZ/
>>743
公民館などは寒いからお年よりはつらいらしい。

散々言われてるけど、最後の一段はすごい違和感だな。
土光さんもこんな弁論大会に名前を使われて可愛そうだ…

748 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 08:46:17 ID:C2Jear0c
>744
このへんが実際のところだろうな(笑)。
海岸線ぎりぎりに住んでない限りは、滅多に
津波被害なんてないから。

749 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 10:03:58 ID:XeVWSjCk
阪神大震災の日も近いことだしと思っていたら
なんじゃこれはーっ?

中学生の作文以下だなこのコラムは。

750 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 10:11:19 ID:J7ykrK5s
皇位継承問題を論じて、フジテレビ特別賞を受賞した東大大学院生の萩野了子さんをはじめ、今年は、伝統文化
の尊重を訴える弁士が目立った
皇位継承問題を論じて、フジテレビ特別賞を受賞した東大大学院生の萩野了子さんをはじめ、今年は、伝統文化
の尊重を訴える弁士が目立った
皇位継承問題を論じて、フジテレビ特別賞を受賞した東大大学院生の萩野了子さんをはじめ、今年は、伝統文化
の尊重を訴える弁士が目立った
皇位継承問題を論じて、フジテレビ特別賞を受賞した東大大学院生の萩野了子さんをはじめ、今年は、伝統文化
の尊重を訴える弁士が目立った
皇位継承問題を論じて、フジテレビ特別賞を受賞した東大大学院生の萩野了子さんをはじめ、今年は、伝統文化
の尊重を訴える弁士が目立った
皇位継承問題を論じて、フジテレビ特別賞を受賞した東大大学院生の萩野了子さんをはじめ、今年は、伝統文化
の尊重を訴える弁士が目立った
皇位継承問題を論じて、フジテレビ特別賞を受賞した東大大学院生の萩野了子さんをはじめ、今年は、伝統文化
の尊重を訴える弁士が目立った

防災意識となんにも関係ありません・・・・・

751 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 11:11:29 ID:izDL2ZC7
>>746
第23回 土光杯全日本学生弁論大会
平成19年1月13日(土)12:30〜17:30(開場12:00)
【テーマ】 いま、日本が選ぶ未来
【会 場】 東京サンケイビル サンケイプラザ4階ホール
【主 催】 フジサンケイグループ行革キャンペーン実行委員会
【後 援】 日本航空
【協 賛】 東京財団
【賞 品】 土光杯 (最優秀賞?)、 副賞あり
      産経新聞社杯 フジテレビ杯 ニッポン放送杯 (特別賞?)、 副賞あり
      東京財団賞 、副賞あり
--------------------------------------
過去のテーマ
第22回 「日本にあるもの ないもの」
第21回 「改めて問う日本の精神・美徳」
第20回 「私たちが描く新しい日本の姿・若い力の発揮」
第19回 「変革の時代に、活力ある日本を築くためにいま何をなすべきか」
http://www1.odn.ne.jp/~aal99510/meiji-shouwa/dokou_hai.htm

*公式HPを探せなかったので、各種情報をつなぎ合わせたことを断っておく。
 多少、不正確な部分があるかもしれないがご容赦を。

752 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 11:16:40 ID:cNv0cgZ/
協賛の東京財団って日本財団のビルに入っているのね。
どうでもいいような大会だな。

753 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 11:34:46 ID:QbdhhFk5
津波が来るかどうかは、気象庁より地元の人間の方がよく知ってるということだろ。
実際、何回警報出しても津波は来なかったもんね。

産経抄の糞な所は、庶民をいつも見下してるところだね。


754 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 11:47:19 ID:JyTE7Ca1
津波警報が出ても、たいていの場合、
潮位が50センチも上がらないんだが
それでも何十年、何百年に一度かは大津波が来るし
それが今日かもしれないから、常に警戒しなくてはならないわけだ。

で、その理屈でいえば、この格差社会の中で
「王様マンセー、わが民族は世界一ィイイイ」
と主張する人間も、ファシズムの萌芽として警戒しなくちゃならん、
ということになると思うんだが。

755 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 11:52:07 ID:R6i9YoqE
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
【じゅ〜すぃ〜】ラウンジ三国志1514【ずきゅーん】 [ラウンジ]
VIPPERで三国志〜ラウンコ間借り編16〜 [ラウンジ]
NTTS63以降入社大卒社員、会社への不満を語ろう!26 [regulate]
【存続希望しません】ラウンジ三国志1515【犬氏頼む】 [ラウンジ]
【気がつけば】ラウンジ三国志1516【板系国家ばかり】 [ラウンジ]

何でピックアップがこんなに偏ってるんだ。

756 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 12:15:25 ID:N++BZyNF
この弁論大会って、主催がKKKで協賛が東京財団、
でもってテーマが「いま、日本が選ぶ未来」か。

ふつうの常識で考えて、この大会で賞をとろうとしたら
皇位継承とか伝統文化とか、そりゃそっちに流れるわな。
受験小論文の「傾向と対策」みたいなもんだ w

757 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 12:24:58 ID:C2Jear0c
>>754
いや、後段の理屈はいかんな(笑)。

それにしても小沢のおかしげな錬金術に関する報道がないのは残念。


758 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 12:29:27 ID:EsdAlYx/
>>736
>>737
 
釜石市・津波防災情報
http://www.city.kamaishi.iwate.jp/
 
>警報や注意報に対する反応の鈍さは
  
東京にも注意報は出ていましたが。
大手町のサンケイビルはともかく、お台場での反応は?
 
>刈り取った稲の束に火をつけた。
  
現代なら放火で捕まるが。
それでも、警鐘やサイレンでもないと腰を上げないと思うんで、
「防災サイレン」でググってみた。
 
荒尾市 防災サイレン・警鐘
http://www.city.arao.kumamoto.jp/life/bosai/siren.html
 
防災サイレンの種類・見附市
http://www.city.mitsuke.niigata.jp/Contents/ePage.asp?CONTENTNO=668&PNO=
 
これらをみると、避難指示の警鐘やサイレンは、結構喧しい。
これで避難をしないのなら、伝統文化云々の問題じゃないな。

759 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 17:14:06 ID:7ZEvsdIb
>>753
そのTSUNAMIの概念すらないとこで地元民がずいぶん死んだがね

逆に「この地震による津波の発生はありません」の公報は勇気がい
ると思うよ。アンタには癌のひとつもないと言い切るのと同じでね

760 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 18:27:27 ID:ax5nnJC8
本気で人命を尊重するなら避難「命令」を出すべきだね。

761 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 19:10:38 ID:0lMUFnne
ようやくアク禁が解除されたな。
津波などの警報問題は、危機管理の古典的な例。警報(アラーム)ってのは、かならず誤報(エラー)が
混じる。アラームを出す側で言えば、エラーに対する罰則が厳しすぎれば、必要なときにアラームが
出なくなる。逆に緩くしすぎれば、エラーが続発する。そのバランスが難しい。これは、アラームの
受け手にも同じようなことが言える。
アラームに従って非難するデメリットがメリットに対して、大幅に超過すれば、アラームを無視する
のが合理的な行動になる。例えそれが命に関わる問題であっても。つまり「狼少年」と同じになるん
だね。解決策としては、津波警報の二段階(注意報と警報)と、災害時の政府の補償をリンクさせる等
の措置が有効だと思う。たとえば、警報なしの状態での死亡・傷害の見舞金を100とすると、注意報で
避難せずに被害に遭った場合には、50。警報時の不避難の被害を0にする。つまり、自分の行動に責任
を負ってもらうってこと。アラーム出す側も同様。誤報時には、ボーナス10パーセントカット。正解
時にはボーナス50パーセントアップ。こんな感じにすれば、今のような「とりあえず警報出しとけ」「ど
うせ津波なんて来ないから避難しなくていいよ」って、双方の"甘え"はなくなるだろう。

762 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 19:33:11 ID:7ZEvsdIb
おそらくニダちゃんたちはこう言うだろう
そして、ウチの婆さがTVのコードに足をかけてすっ転んで骨折した。ついて
一生面倒見露、面倒見る一家全員の面倒も見露、壊れたTVも50インチ以上の
サンヨーにしろ。寒村のような朝鮮モドキぢゃ嫌だ、視るだけで寒けがする!

だから軽軽しく命令などできんのさ。この国に60万の不良外国人(ほとんどは
特亜人)がいなければ話は別だけど>>760

763 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 20:01:40 ID:R6i9YoqE
>>762
何が書いてあるか分からん。
日本語で書いてくれ。

764 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 20:27:34 ID:ZVJ8OyzX
おちんちんびろーん

765 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 20:51:57 ID:XeVWSjCk
>>755
>このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)

>NTTS63以降入社大卒社員、会社への不満を語ろう!26 [regulate]

これは五十川さんだろうけど…

>【じゅ〜すぃ〜】ラウンジ三国志1514【ずきゅーん】 [ラウンジ]
>VIPPERで三国志〜ラウンコ間借り編16〜 [ラウンジ]

>【存続希望しません】ラウンジ三国志1515【犬氏頼む】 [ラウンジ]
>【気がつけば】ラウンジ三国志1516【板系国家ばかり】 [ラウンジ]

なんて見てるのは家に籠っている学生さんかいな?

766 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 20:59:33 ID:J7ykrK5s
実際のところは一昨年のインドネシア沖地震の津波被害で過敏なくらい警戒警報出すことになったせいで、
イソップの狼が来た!状態になってるんじゃないか?いくら津波の被害は予測がつきにくいとはいえ
今まで日本は津波の被害に懲りてそれなりの体制組んでいたのが、かえって津波の被害圏をおおげさに報知する
習慣がついてこの状況になったとも思える。逆に危険な気がするが。

767 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 21:42:57 ID:OsCDJf+B
今日は横領に飲酒運転に年収流出と、えらいことになってたんだな。
その間に安倍ちゃんはヨーロッパとセブ島で名を上げている。
そういや小沢の名前が出たとたん、政治とカネの件は撤収ですか?

768 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 21:43:07 ID:C2Jear0c
>>766
なぜ逆に危険なのかよくわからんが、ちょっといきすぎではないかという
論旨には賛成だな。今の日本の速報体制はやかましいくらいで、テレビを
見ている人間なら嫌でも気づく。おそらくラジオもいっしょだろう。

これで津波の被害にあうならそんなもの自己責任で片付けて問題なしだ。

769 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 21:47:15 ID:1ZMQiaOb
小沢の件、ここでは問題ないって人もいたけど
どうなるかな

770 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 21:52:10 ID:cNv0cgZ/
産経抄で取り上げてくれたら話題になるんだけどね、小沢さんの件。

771 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 21:56:38 ID:GhasUZe+
小沢の件大きく取り上げたの産経だけかよ

772 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 22:12:56 ID:j/g3qH+b
集合行動論は大昔に囓ったことがあるので少し。

災害警報で一番問題になるのはなにかというと、実は、ほとんどの人が避難をしないということなのだ。
目の前に危険が迫っている場合はともかくとして、今回のような津波の場合もほとんどの人が避難
行動をしなかったことが伝えられているし、あるいは台風、それから今後発生する地震予知などで
警報が出た場合にも、しないだろうと考えられている。これは関係者の間ではよく知られた事実ではある。

理由はいくつかある。一番多いのがまだ大丈夫だろうと自分で判断してしまう場合だ。なぜならほとんど
の場合、警報が出されるのは危機が目前に迫る前、つまりまだ危機が感じられない場合だからなのだ。
ところが避難行動を開始しないといけないのは、その「まだ大丈夫だろう」という時点でなければならない。
危機が迫ったと感じられるようになった時点では既に遅すぎるのだ。
そして、警報を信じないという場合も多い。今まで警報が出て大したことが無かったから今回もそうだろう
と判断をしてしまう場合だ。今回の津波の場合がそうだ。

大きな災害はめったに発生しない。それ故に災害警報が現実の物となる場合もめったにない。大抵の
警報は空振りに終わるものなのだ。そこのところがうまく理解されていないと、警報の空振りの繰り返し
から警報への不信へ進み、本当の災害が起きた場合には誰も避難していなかったということが起こり
かねない。それを何とかしなければならないのだが。



773 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 22:22:48 ID:C2Jear0c
>>769-771
見たくない人間の視野には入らないだろうが、現在ささやかれている情報から
考えると、小沢の件は自民党の閣僚より悪質だな。というか、質が違う(笑)。

どうなるか判らんが、これでマスコミが沈黙するなら大笑いだ。ついでに
自民党の事務所費疑惑追及もなくならるなら、日本のマスコミは自らその
正体をあかしたも同然だな。安倍政権潰しにキャンペーンを張ってみたら、
思わぬ大物がかかってしまい狼狽してるんじゃないか?

774 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 22:32:25 ID:wWTlihFu
>768
一日中テレビ見てる人間ばかりでもないんだな。

775 :文責・名無しさん:2007/01/15(月) 23:34:20 ID:1UiMw/Ox
産経なんて都合が悪くなれば簡単に記事でも主張でも引っ込める新聞社だろ。
小沢の件もなにか都合が悪くなったんだよ。
おそらくは閣僚どころかもっと多くの議員が同じ事をやってると言ったところだろう。


しかし、今日の産経抄は自社グループの宣伝するにしてももう少しうまくできなかった
もんかね?
>>地震が起きたころ、
共通点は時間だけじゃん。

776 :T:2007/01/15(月) 23:46:15 ID:IxD0RfBP
>>772
逆に「ほとんどの人が」避難すれば100%近く避難すると思うよ
日本人を海に飛び込ませるなら「みんな飛び込みましたよ」というジョークもある(w
実際前回の有珠山噴火の時は噴火前に避難が完了していた(約1名のぞいて・・)

地震予知も出来るようになったし、100年に一度の竜巻のためにドップラーレーダー建てると言うし
警報を出す方はどんどん進歩しているのに
受け手が動かなければ宝の持ち腐れにしかならん

避難と考えずに一種の「祭り」と考えればどうだろう(w
八百屋お七みたいにすてきな出会いがあるかもよ(ォィォィ

3kの1面単独スクープはガセ
当然2チャンネル閉鎖もガセ。心配ご無用

777 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 00:26:29 ID:QOKidkda
>現在ささやかれている情報

この手の具体性のないフレーズで事情通を気取るのがはやってるの?
どこでささやかれてるの?
ねぇ?

778 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 00:30:50 ID:Uk0QT4hJ
>>777
見たくない人間には見えないところでささやかれているんだよ(笑)。
興味があればすぐにわかるし、興味がないなら知らなくてもいいだろう。

779 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 00:35:42 ID:pLVABWOA
今回の津波って一応50cmとかは観測されてるから
条件が揃えば2−3mか軽く行ったかもだ。
たまたま観測地点がその条件になかっただけで。

780 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 01:02:25 ID:g5WbdjvY
>>778
なかなかうまい逃げ方だな。ソースもないのに捏造した情報でみんなにレスして欲しい時
見習わせてもらおう。
逃げるなら乾燥肌用クリームを塗っておくとすっごい滑るよ!

781 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 01:14:46 ID:yBbT1G0c
安倍は東亜サミットでも拉致を盛り込んだな。今朝までは
東南アジアには北朝鮮の友好国もあるので見込みは薄い、だったのだが。
NHKの柳沢が悔しそうだった。

782 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 01:36:36 ID:oTslRlvE
盛り込むだけなら自由じゃね?

783 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 02:53:33 ID:QWcm+tNz
最近の若いもんには「皮肉」や「お愛想」は通じない
初の戦後生まれの首相も然りだろw

とにかく、会議の議題にしたり
まとめに盛り込ませる事が目的化してる

本来それは問題を解決するための(頼りない)手段であるのに

784 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 06:36:56 ID:qxKU0oAG
 「歌会始の儀」のお題は「月」だった。「雨降りお月さん」「朧(おぼろ)月夜」
「荒城の月」「月の沙漠」。文化庁が選んだ「日本の歌100選」にもお月さまの
歌が目につく。万葉の時代から、人々はもっとも身近な天体に、さまざまな
思いを託し、数多くの歌や物語を紡いできた。
 ▼それだけに難しいお題ともいえるが、いきなり変化球が飛んできた。「帰省
した兄とボールを蹴りに行く土手一面に月見草咲く」(大阪府 吉田敬太さん)。
「実験のうまくゆかぬ日五ケ月の胎児動きてわれを励ます」(東京都 一杉定恵
さん)。
 ▼平成生まれの高校生と33歳の主婦は、あえて「ムーン」ではない月を詠み
込んで入選を果たした。日本語のおもしろさを若い世代が教えてくれる。召人
(めしうど)を務めた元住宅金融公庫総裁の大津留温(おおつる・おん)さん
(85)は「天の原かがやき渡るこの月を異境にひとり君見つらむか」と歌った。
 ▼「天の原ふりさけみれば春日なる三笠の山にいでし月かも」。奈良時代の
遣唐使、阿倍仲麻呂が詠んだ望郷の歌の“本歌取り”であろう。はたまた、
「異境の君」とは、北朝鮮に拉致され囚(とら)われの身になっている人たちとも
とれる。横田滋、早紀江夫妻は、夜空を見上げ、同じ月を眺めているかも
しれないめぐみさんの無事を祈って、幾度涙したことか。
 ▼親子の情愛といえば、皇太子妃雅子さまのお歌に目がいく。「月見たしと
いふ幼な子の手をとりて出でたる庭に月あかくさす」。昨秋のお月見のころ、
愛子さまと東宮御所の庭に出られた際の情景だという。
 ▼月の光を浴びて、ちょっぴり興奮気味の愛子さまと、目を細める雅子さまが
目に浮かぶようだ。母親であることの喜びにあふれたお姿を、儀式で拝見した
かったのに、残念だ。
(2007/01/16 05:02)

----
歌会始のことはよく知らんのだが、召人がそこまで政治的な歌を詠むものなのか?

785 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 08:35:49 ID:hc7Lfl5h
>>784
 都々逸に、「映るものなら映してみたや月の鏡にぬしの影」とある。月は夜空に浮かん
だ鏡のように見える。古来、数限りない人々がいとしい人を、懐かしい昔を、鏡に映して
きただろう
 ◆きのうの「歌会始の儀」、今年のお題は「月」だった。「天の原かがやき渡るこの月を
異境にひとり君見つらむか」。天皇陛下に招かれた召人の元住宅金融公庫総裁、大津留温
さん(85)の一首である
 ◆以前ならばすぐに阿倍仲麻呂を思い浮かべただろう。奈良時代、留学生として唐に渡り、
40余年を唐朝の官吏として過ごした人は、帰国の夢を果たさぬまま異郷の土と帰した
 ◆「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」。唐土で仰ぐ月に、遠い昔、
故国春日の三笠山にのぼった懐かしい月を重ね、「古今和歌集」に収められた歌は望郷の絶
唱として知られる
 ◆大津留さんの歌を聞き、仲麻呂よりも先に浮かんだ幾つかの名前と顔がある。北朝鮮
のどこかで、救いの手が訪れる日を待ち焦がれているだろう拉致被害者の方々である。
「この月を異境にひとり君…」
 ◆13歳、中学1年生の横田めぐみさんが新潟市内で下校途中に拉致されて、今年11月で
30年になる。月の鏡に幾度、まだ若かった父母の面影を、幼い弟たちの姿を、一家団欒の
情景を映したことだろう。むごい国もある。
                            読売新聞編集手帳 1月16日
----
日本人なら似たような発想をするらしい

786 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 08:46:47 ID:PKxL9thw
>>日本人なら似たような発想をするらしい

「安倍応援団なら」とか「政府の太鼓持ちなら同じような発想をする」だろ。
拉致問題で中国が協力表明とあるが、今の安倍内閣の面々は
曽我ひとみ・ジェンキンスの再会を北京から強引にインドネシアにして
日中協力をいきなりぶち壊した連中だからな。ここ数年で多少は進歩してるか
推移を見守りたいところだ。

787 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 09:12:44 ID:BnL8M485
中国と協力することが目的化してるなw

ジェンキンス自身が北朝鮮からの監視、圧力を相当に感じていたのだから
あのインドネシアを舞台にしたのは正解。
中国には「友好的な相手」より「油断のならない相手」であったほうが
よかったりする。

788 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 11:29:34 ID:g5WbdjvY
皇位継承問題であれだけ皇太子一家にネガティブキャンペーン張っておいて、産経新聞には恥と言うものを感じる
神経がないのだろうか。

789 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 12:07:49 ID:PKxL9thw
>>787
北の分断作にまんまと嵌っただけなのに、そういうふうに勘違いする連中がいるから
安倍みたいな間抜けが首相になるわけだ。「油断のならない相手」というより
短絡的な志向しか出来ないただの間抜けだ。2回目の小泉訪朝以後の拉致問題対応は。


790 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 13:04:15 ID:Uk0QT4hJ
>>789
圧力より対話を重視する、いわゆる鳩派が首相になっていたら
拉致問題が前進していたかといえばそれも望み薄だな。
北朝鮮のトッププライオリティは金政権の永続で、日本に求めている
のは金(money)だけだ。そんな状況では誰がどうやっても
日本が主体的に拉致問題を解決なんてできない。

安倍批判するにしてもあさってな批判だぞ。

791 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 13:21:29 ID:5FF7QZeu
そう言えば、小泉訪朝に尽力した(とされる)田中均も干されちゃったな。
平沢や石原珍太郎や産経に一時期やたらバッシングされていたが。
何が悪くて叩かれるのか根拠もはっきりしないままに。
それ以降、拉致問題は全く進展無しだ。

自民党の政権維持装置として生かさず殺さず出来るだけ長く引っ張りたい
ってのがホンネだろう>拉致問題

792 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 13:51:01 ID:xciiMR+H
今後、拉致問題の解決には米中の協力が不可欠だと思います。
日本政府もそれがようやく分かってきたのではないでしょうか。

しかし米中両国にしてみれば、核の解決のほうに比重を置くのは
致し方ない事情もあるように思えます。
両国とも他国の言うことになかなか耳を貸さないという現実もありますし。
米国はイラクに目が行きがちでしょうし。

そこを日本政府は粘り強く主張していくしかないんでしょうが。

あと、米国はテロリスト(とその容疑者)に対する取り扱いが人道に反していると叩かれていますし、
中国は言わずもがなで、両国とも人道というものを軽視しているように思えます。
米で民主党が政権を取ってくれたほうが、
拉致解決への協力の度合いは高まると思うんですが、どうでしょうか。

793 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 14:04:37 ID:g5WbdjvY
無理でしょ。大統領次第という側面があまりに強いアメリカでは、候補がどこの党かはあまり関係ないし
民主党政権もずいぶん人権問題では失敗重ねてる。まあ日本は韓国の執念深さを見習うしかないんじゃないか。

794 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 21:47:32 ID:vv/ZiCjI
>>784
>>785
これは、産経の勝利と言っていいくらいだな。かたや万年一回戦負けの高校の野球チームが
甲子園出場歴ありの強豪校に引き分けたみたいなもんだし。

そういや、事務所費問題が拡大して来ましたね。「小沢の件はスルーかよ」とか言ってた人は
どうしてるかな(^^
都合が悪いのかな?さすが産経信者さんですね。

795 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 23:00:10 ID:PKxL9thw
産経新聞はもう必死ですね。聖教新聞、赤旗、世界日報に猛迫してるというか。

- 東アジアサミット閉幕 主張外交、成果はこれから 首相、まずは順調(産経新聞) (16日8時0分)
- 松本さんの情報、今後も要求 官房長官(産経新聞) (16日8時0分)
- 議長声明に「拉致」 東アジアサミット 対北懸念、異例の明記(産経新聞) (16日8時0分)
- 東アジアサミット閉幕 「拉致」明記、中国も同調(産経新聞) (16日8時0分)


796 :文責・名無しさん:2007/01/16(火) 23:46:07 ID:XQQO+ehW
>>789
なんだ、北朝鮮の「分断策」ってw
北朝鮮のあのときの”戦略”はもうちょっとアグレッシブ(笑)で
ジェンキンスさんを脅しと懐柔で操って「私は今の境遇に満足です。
(曽我)ひとみ、一緒に北に戻ろう」と説得するというものだったw

そしてそれは、北のサポーターだった北京だったら、成功したかも
しれないな。、

>>791
「死亡者リスト」の公表を控えようとした一件だけでも十分じゃね?
ミスターXとの交渉を自分個人のルートとして、その交渉経緯を記録と
して残してもいないといわれてるし。


797 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 00:15:10 ID:KTt65gE5
どうでもいいが、なんで未だに

■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
【じゅ〜すぃ〜】ラウンジ三国志1514【ずきゅーん】 [ラウンジ]
VIPPERで三国志〜ラウンコ間借り編17〜 [ラウンジ]
△▼△今週のモーニングPart105△▼△ [漫画]
【ネガキャン】ラウンジ三国志1517【しゅっしゅ】 [ラウンジ]
[07]第21回参議院議員選挙総合スレ 25 [議員・選挙]

なんだ?

798 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 00:22:49 ID:AMJZ/hHC
田村ゆかり(の声)が可愛いからじゃないかな?

799 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 00:47:20 ID:b+B8SLlc
やな即レスだなw
つーか田村ってだれだよ

800 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 06:42:59 ID:AMJZ/hHC
 夕方まで売れ残った洋菓子の処分が悩みの種だった。明治43(1910)年に、
25歳で横浜・元町に、店を開いたばかり。腐っているわけではないから、十分
おいしく食べられる。
 ▼しばらくは近所に無料で配っていたが、売れゆきの悪いのを宣伝するような
ものだ。夜になって川に捨てにいくこともあったが、生クリームを使った製品などは
、絶対に翌日まで持ち越すことはなかった。『不二家五十年の歩み』にある創業者、
藤井林右衛門のエピソードだ。
 ▼その後の会社の発展ぶりはめざましかった。ペコちゃん人形に、子供時代の
思い出を重ねる人も少なくないだろう。100周年を記念して新たな社史が刊行
されたら、成功物語の続編がつづられるはずだったろうに。
 ▼消費期限が切れた牛乳でシュークリームを作り、プリンの消費期限を1日
長く表示する。都合の悪い情報は、報道されるまで隠し続ける。食品メーカーに
あるまじき不正の数々には、あいた口がふさがらない。
 ▼ジャーナリストの野村進さんは、日本にだけ老舗企業が多く残っている謎を
探るために、企業を訪ね歩いて、いくつかの共通点に気づく。そのひとつが、
利益には結びつかなくても、これだけは譲れないという代々受け継がれてきた
意志のようなものだ(『千年、働いてきました』角川書店)。どうやら、不二家の
経営陣は、創業者の意志を失念したらしい。
 ▼『五十年の歩み』にはこんな記述もある。「その日その日の味とサービスとの
待ったなしの一本勝負で鍛え抜かれ、いつでも大衆の声をじかに聞きながら、
大衆のまんなかでここまで育ってきた」。記者会見で言葉を詰まらせながら、
社長辞任を表明した孫の姿に、泉下の林右衛門は何を思っただろう。
(2007/01/17 05:01)

----
「都合の悪い情報は報道されるまで隠し続ける」あたり、
産経新聞社も顧みてみた方がいいですね。

>799
「じゅ〜すぃ〜」とか言ってる中の人。

801 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 07:10:38 ID:geaSbMg3
>>800
>産経新聞社も顧みてみた方がいいですね。

顧みるにも縮刷版が…

802 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 07:14:55 ID:+7QrszgI
>ジャーナリストの野村進さんは、日本にだけ老舗企業が多く残っている謎を

こういう記述を見るとついついホントかよと突っ込みたくなるのだが。
たまたま我々がよく知っている外国企業のほとんどがアメリカの企業で、その
アメリカがたかだか二百数十年の歴史しかないからそう見えるだけじゃないのか?



803 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 07:34:44 ID:rHZeBzXl
>>796
安倍陣営が描いた、彼らに都合の良い報道に洗脳されてるな。
インドネシアなら説得可能で北京なら不可能なんて、馬鹿馬鹿しい話だ。
当時日本の政治家の誰かが中国からの協力を求めて、中国側も同意したんで、
日中を分断したかったんだろうが。北朝鮮は。
田中均のことは小泉の直接の指示でやっていたこと。
田中を批判するような類のことではない。
君みたいのがいるから、まぬ安倍が総理になるんだ。
まあ君は安倍と心中するつもりで頑張ってくれたまえ。


804 :T:2007/01/17(水) 07:57:55 ID:tGLaGGc5
牛乳余っているのに・・

つマイセン

805 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 09:06:59 ID:l7unpOQa
製造年月日から賞味期限や消費期限に変更してなおこれだからなあ。
まあミスタードーナツとかはうまい事最小限の傷で済ませたし喉本過ぎればみんな忘れてくれるんじゃないの?
産経新聞やフジテレビもスキャンダルの忘失法をうまく処理した会社から教えてもらうといいよね。

806 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 09:17:54 ID:jBuSBs5z
>>788
小堀桂一郎なんかは正論で公然と東宮批判してたな。とりわけ皇太子妃に対しては男子を産むのは最大の義務だ、それをやらないなら皇室から出ていけと言わんばかりだった。

807 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 09:20:25 ID:/M5rMgLX
いつも思うけど、何で産経抄は今日、「阪神淡路大震災」を扱わないんだろう?
確か去年もその前も扱ってないと思う。何か扱っちゃいけない理由でもあるのかな?

808 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 10:02:02 ID:oW4MM6er
>>800
産経新聞が社史を発行するとしたら、どのような記述になるか気になるな。

>どうやら、不二家の経営陣は、創業者の意志を失念したらしい。
新自由主義での効率・利益優先主義にさらされては、創業者の意思や理念などが失念
するだろうし、 同族会社の弊害が出た、とも言えるのだが。
まあ、今回は不二家が問題になったけど、某トラック会社の再リコールや、保険会社の
保険金不払い、サラ金のグレーゾーン金利など、効率・利益優先主義にまつわる企業の
不祥事を数えあげればきりがないし(他社で隠蔽されている出来事だってあるだろうし)、
そのような効率・利益優先主義を推進した国の政策や、新自由主義を推奨している産経
新聞にも責任の一端がありそうですね。
もちろん、ペコちゃん人形には何の罪もないことを書いておく。

809 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 10:14:54 ID:vuOLw3bq
>日本にだけ老舗企業が多く残っている謎を探るために、

とりあえず、イタリア、フランス、イギリス、ドイツ、オーストリア、スペイン、オランダetcあたりに
老舗の企業がないことを確認してから、日本企業の謎を探ろうよ。

810 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 10:48:12 ID:l7unpOQa
老舗がいっぱいある=日本は歴史が途切れていない万世一系の国である
がほんとの本音だろうなw

811 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 11:13:44 ID:Hbfj0JPQ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070117-00000001-yom-soci
無家賃の議員会館、22人が事務所費1000万超計上

閣僚らの資金管理団体が家賃のかからない議員会館内の事務室を「主たる事務所」としながら、
政治資金収支報告書に多額の事務所費を計上していた問題で、2003〜05年に
年間1000万円以上の事務所費を計上したことがある国会議員は22人に上ることが、
読売新聞の調べでわかった。
地元事務所の経費を含めていたケースが大半だが、会合での飲食費も合算するなど
適正さが疑われる会計処理も新たに判明。領収書の必要がない事務所費のあり方が改めて問われそうだ。
政治資金収支報告書によると、05年の資金管理団体の所在地として議員会館を届け出ていた国会議員は
167人。このうち03〜05年に1回でも1000万円以上の事務所費を支出していたのは、
衆院議員18人、参院議員4人。
内訳は、自民党19人、民主党、国民新党、新党日本各1人だった。

(1月17日10時39分配信 読売新聞)

>内訳は、自民党19人、民主党、国民新党、新党日本各1人だった。
>内訳は、自民党19人、民主党、国民新党、新党日本各1人だった。
>内訳は、自民党19人、民主党、国民新党、新党日本各1人だった。
>内訳は、自民党19人、民主党、国民新党、新党日本各1人だった。
>内訳は、自民党19人、民主党、国民新党、新党日本各1人だった。
>内訳は、自民党19人、民主党、国民新党、新党日本各1人だった。
>内訳は、自民党19人、民主党、国民新党、新党日本各1人だった。
>内訳は、自民党19人、民主党、国民新党、新党日本各1人だった。
>内訳は、自民党19人、民主党、国民新党、新党日本各1人だった。
>内訳は、自民党19人、民主党、国民新党、新党日本各1人だった。


812 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 11:42:52 ID:XOPEj0Xd
>>811
でも一番叩かれるのは小沢w
一応議員会館の外に買った事務所の実態があるのに小沢w

813 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 11:44:19 ID:/M5rMgLX
まあ、固定資産を費用で落とすってのはちょっと

814 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 12:50:36 ID:rHZeBzXl
産経だけを読んでたら、こういう流れは読めませんね。

北核放棄の具体化めぐり議論 ベルリンで米朝協議
http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070117/usa070117002.htm
【ワシントン=有元隆志】ケーシー米国務省副報道官は16日の記者会見で、
北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の再開に向けベルリンで行われた米国と北朝鮮の
2カ国協議について、「昨年暮れの協議の際に出された提案に焦点が当てられた」と述べ、
北朝鮮の核放棄の具体化をめぐり突っ込んだやりとりがあったことを明らかにした。
 協議の首席代表を務めるヒル米国務次官補と北朝鮮の金桂寛外務次官の会談は、
16日午前と午後の2回、数時間にわたり、ベルリン市内の米国大使館で行われた。
同副報道官は「よい意見交換であり、前向きな雰囲気だった」と説明した。
17日も引き続き会談が行われる可能性もあるという。
 次回の6カ国協議の日程は決まっていないが、同副報道官は「近い将来に
再開されるよう希望している」と語った。
 6カ国協議は昨年12月、北朝鮮の核放棄の手順に関し米国が提案を行ったものの、
北朝鮮は米国による金融制裁の解除を最優先事項に掲げ、次回日程も決められないまま
進展なく終わった。
(2007/01/17 12:35)

815 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 12:55:35 ID:W4ZuyGcg
ドイツの自称老舗ビールメーカー・レーベンブロイは創業500年。
イギリスの紅茶ブランド・トワイニングなんかだと、創業たったの300年。
老舗企業と言ってもこんなもの。
やはり日本は素晴らしい!

816 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 13:22:57 ID:XOPEj0Xd
>>807
自衛隊カコイイ
今すぐ国軍化しよう
文句のあるヤツは瓦礫に埋まって死ね

出来た

817 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 13:36:32 ID:Gfeh5uFY
>日本にだけ老舗企業が多く残っている謎

なんじゃこれ?
産経読んだり扶桑社の教科書で勉強すると、こう言うゆがんだ
日本至上主義厨房が量産されてしまいそうだな。

818 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 14:25:35 ID:U/p8zN5k
>ジャーナリストの野村進さんは、日本にだけ老舗企業が多く残っている謎を

この本についての書評がいくつかの新聞に紹介されていますが、アジアという地域では100年以上の老舗は
非常に少ないが、その中で日本のみには生き残っている老舗が多く、その理由を追求したということのよう
です。

世界の中でどうのこうのという話ではないみたいですね。産経抄さんということなので大目に見てあげまし
ょうね。

819 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 14:57:37 ID:Hbfj0JPQ
きれいなミスリーディング?ふざけんなwww

820 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 15:02:05 ID:/M5rMgLX
>>819
所詮産経だからってことでしょw

821 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 15:25:35 ID:iLpXQOpF
>アジアという地域では100年以上の老舗は
>非常に少ないが、その中で日本のみには生き残っている老舗が多く、

中国、ベトナム→共産主義になった
その他の国→植民地化されて、その後独立した
日本→上のいずれでもない、
からじゃないの?
それとも深い理由があるのだろうか?
タイも日本と同じだけど、タイと比べてどうなんだろうか?

822 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 15:35:31 ID:VQ4QTXGH
儒教が骨がらみのところは工、商で成功してもそれをあとに継がせたがらない。

823 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 18:40:48 ID:XD/EglOn
アジアの老舗の半分くらいは日本軍が潰したのかも。


824 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 18:42:16 ID:5hE4XnRu
>>800
創業者を持ち出すまでもなく、食品メーカーとして、決してやっちゃいけないことだ。
社長を始めとして、経営陣がこういう基本中の基本に、誰も関心を示さなかったことが、
一般人の予想の範囲を超えている。みんなしてネトゲにでも嵌ってて、現実の生活に関
心を失ってたのか?
でも、せっかくだからISO問題にも切り込んで欲しいトコだな。

825 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 19:05:44 ID:QUZ/0hch0
産経新聞もはやし社史を発行しろよw

826 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 19:17:00 ID:3XZqJbev0
>>812
まさか本気でそう感じてるのか? 細かいようだが小沢サイドの説明では、
事務所ではなく給与の低い秘書のための独身寮購入費だと朝日か毎日で報道
されていたはずだ。

金額が多いから悪いとはいわんが、上の説明はどう考えても不自然だ。むしろ、
あまりに不自然すぎてうかつに突っ込めなくてマスコミが小沢の件をどう扱うか
困っていたように見えた。

827 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 20:48:35 ID:KTt65gE50
>>818,>>822を総合すると職業選択の自由の幅が狭かったから、ということになるな。


828 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 21:43:32 ID:UriNEx0H0
>>803
「インドネシアが舞台は北の日中分断の仕掛け」のほうが何倍も馬鹿馬鹿しい。
北京でどういう日中協力ができるんだ。
つーか「中朝協力」について考えが及んでないんだよw

田中については、なんで小泉に上げるべき情報の制限を、小泉の指示で行うんだ?


829 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 22:31:42 ID:rHZeBzXl0
対北朝鮮でアメリカが動き出したので、産経抄はしばらく様子見を決め込むんだろうな。
基本的に日本じゃなくて、アメリカの国益を第一に考える新聞だからw
>>828
遂に平沢勝栄や蓮池兄まで安倍批判を始めたね。
中国排除、田中均排除(ついでに平沢+山拓排除もあったなw)で
拉致問題を袋小路入りさせたと、彼らも本音では思ってるんだろうね。


830 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 22:55:12 ID:3XZqJbev0
>>829
どうして拉致問題を袋小路入りさせているのが北朝鮮だとわからんのだ?
積極的に北朝鮮が内部問題をクリアすべき問題だぞ。拉致被害者を帰して
くれれば経済援助してもいいとまで日本政府は最初から譲歩している。
犯罪者に金を払うから人質を帰してくださいと頼んでるんだぞ(笑)。
それを、強硬派のせいで云々はサヨの寝言だ。

前にも書いたが、鳩派なら拉致問題を前進させられたと思っているのか?
思っていまい。単に強硬派が気に入らないだけだろ。その辺のサヨの心情は
不思議だが、要するに、日本全体の世論が右にシフトし、憲法改正も現実の
問題になってきていることが嫌なだけだろう。

拉致問題は最初から最後まで北朝鮮が悪い。これを認めたくないサヨの意見は
いつも破綻している。


831 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 23:06:40 ID:yQ8qcDHx0
>830
拉致問題は北朝鮮が悪い。んーとそれは当たり前のことですが何か。というかその点を
論議している人なんてどこにいるんでしょ。なにか他のものを見てはいませんか。

こういう言葉がある。
馬を川辺まで連れて行くことは出来る。でも馬に水を飲ませることは出来ない。

認めたくない気持ちはやまやまなのはよく分かりますが、アレでも一応北朝鮮は主権国家
なのでしてね。他の国が強権的に出来る事というのは限られているんですよ。強権一辺倒
では遅かれ早かれ手詰まりになるのは最初から見えていることです。問題はそこから先な
のでしてね。


832 :文責・名無しさん:2007/01/17(水) 23:20:24 ID:Rjeovq+e0
>>831
で、そこから先を日本が何かしろ、になるから笑われる。

833 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/17(水) 23:24:47 ID:AU8QUpNi0
NTTという電話会社でも、創業期の志を忘れて、維持管理だけ
しかしていない親爺達が、通話明細を漏洩させて、「割引料金」
だの「市場調査(まーけてぃんぐ)」だの「相互接続」だのと、
日本域内の人々に多大な迷惑と犯害とを波及してしまいました。

地震落雷火事親爺と言いますが、そのような恐怖の災害が、怠惰
で放縦な親爺達によって惹起されたことは、教訓の真意を忘却し、
単純に「恐怖」を煽動してきた政府や企業の責任であるでしょう。

地震落雷は天災でしょうが、火事親爺は人災であるのです。その
人災は、忘却と怠惰とによる不作為により惹起され、浪費と放縦
とにより、経済を破綻させ、その隠蔽による犯害の多発により、
社会を疲弊させ消耗させてしまうのです。

その最たるものが、あの第二次世界大戦であり、財閥や官閥での
放縦や浪費を隠蔽するために、軍閥に謀叛や戦争を煽動しておき、
戦争を惹起することで戦時国債を増発させて、その放縦や浪費の
穴埋と継続とを欲望したのが、あの戦争の原因であり「目的」で
あったと言えるのです。

さて、今回の不二家での食品での違法行為ですが、怠惰と放縦に
よる不作為の原因は、同族企業における情実人事による士気低下
であることが指摘されることになるでしょう。現在の日本政府も
立法議員や行政職員が世襲により同族政府を傾城しつつあるので、
注意と警戒とが必須であると言えます。そのような同族政府での
怠惰や放縦を、「伝統や文化の維持存続だ」などという美名での
美辞麗句で隠蔽してはならないと言えます。

そのような欲暴は、内心の醜態を外体の振舞の美麗で隠蔽すると
いう作法や行儀などで、江戸時代での停滞の原因となっていたの
でした。>>800

834 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 00:19:53 ID:p6/K3EGy0
>>831
よくこんなおろかなことを書けるな(笑)。日本政府が最初から強行的で圧力
ばかりだったせいで拉致問題解決が停滞しているならこういう意見はあり得る
だろう。ところが実際は違う。日本政府はずっと見て見ぬ振りをしてきた。それを
批判するならまだしもだが、安倍が強硬派だから拉致問題が云々というのは
サヨの寝言だ。

小泉政権時代にこのまま安倍政権になれば日本政府はより強硬な措置を
取らざる得ないというシグナルは何度も送っている。それをして小泉は弱腰
だという批判もあったくらいだ(笑)。

拉致問題が解決しないのは日本人にとっては精神的な問題で、日本経済が
どうこうなることはない。だから表面的には沈静化しているが、確実に日本人は
北朝鮮に対してストレスを貯めている。これはお互いよいことではないだろう。
拉致問題を積極的に解決する努力をすべきなのは北朝鮮のほうだ。

835 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/18(木) 00:36:51 ID:po04VDrd0
朝鮮半島北部の軍事政権は、亜米利加(あめりか)合州軍部との
連携において、日本政府を軍拡へと巻込していくことで、政権の
存続を取引している。>>834

日本政府が拉致問題を強調しているのは、そのような軍備拡張を
欲暴する軍隊組織の通弊の恐怖の連鎖とは無縁であるとの意思を
表示しているのである。

朝鮮半島北部の軍事政権は、外敵を喪失すれば、誇大表示を継続
できなくなり、短命な恒星過程を経由して、小規模な白色矮星の
ように収縮していくことになるだろう。

その過程において、黒穴(ぶらっくほーる)が形成された場合、
周囲の資源や資本を吸引していく危険が、東徳意思のように潜伏
していると言える。

東西徳意思の統合のように、劇的な演出をして耳目を集めておき、
広告宣伝や旅行宿泊での観光事業を実施する必要もあるだろう。

836 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 00:49:33 ID:zPWlv9bn0
>>834 確実に日本人は北朝鮮に対してストレスを貯めている。これはお互いよいことではないだろう。

それがそう単純ではないのだよ。
北朝鮮と関わりのある国は日本だけじゃないので、
各国の足並みの乱れを招きやすくなるから。


837 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 00:53:44 ID:k3VJ827h0
>>834
まあ少なくとも安倍が政府の決定として
「一時帰国」の蓮池さんたちは帰さないと発表した事で
その子供たちの「帰国」は延びたわな

日本に来ているという事をのらりくらりと既成事実化させるか
政府決定ではなく被害者家族の総意としてメッセージを送っていれば
その後の展開(他の被害者への影響)も違ったものになっただろう

838 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 00:58:57 ID:v+InrYFP0
手詰まりの原因は
日本政府が、5人をいったん北へ帰すといいながら帰さなかった、ことにある。
それで北朝鮮や総連や朝日新聞や社民党や筑紫は日本を信用しなくなり
身代金交渉ができなくなった。

839 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 01:01:48 ID:EJ89bLMR0
・米朝交渉のニュースが入るとアメリカが制裁解除に動いたと願望を言って勝ち誇る
・山拓訪朝の成果がこれから現われるかのような贔屓目をまき散らす
・そんで日本政府は北と対話をしていないとウソを言い出す
・かりに日朝協議をやると、結果が出ないのを日本のせいにする
・拉致事件では日本にボールがあるような言い方ばかりする

こういうのもううんざり。

840 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 01:13:17 ID:dZ1FpjS+0
拉致家族全員が、寺越武志さん化するというわけだ

841 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 01:19:26 ID:p6/K3EGy0
>>836
>各国の足並みの乱れを招きやすくなるから。

6者会談での駆け引きの仕方を工夫する必要はあるだろうが、
こんな理由で拉致問題追求を緩める国なんてなかろう。そもそも
中韓露みたいに人権に鈍感な国以外の先進国なら、日本のような
温い対応はしていない。

>>837
寺腰事件と日本人妻一時帰国の先例があるから、安倍の決断は
当然だっただろう。もしも日本政府の決定で蓮池らを残さなければ、
その後の家族奪回もできなかった。子供たちが人質に取られた状態
では何も証言できない。拉致問題のような場合には、国家権力が強引
に保護する姿勢を見せないといけないこともある。
脱北した平島筆子というおばちゃんが北朝鮮にもどり北朝鮮マンセー
と言いながら記者会見していたが、あれが本心に見えたか?

>>838
一瞬、市ねと書きかけてしまった(笑)。


842 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 01:32:52 ID:k3VJ827h0
>>841
子供たち人質状態はどちらにしろ変わらなかったわけだがw

俺は小泉は今でも大嫌いだが(安倍はもちろん)
一国の首相に返礼外交もないまま2度も訪問させるという
屈辱外交をさせた不手際を一生忘れない

843 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 02:24:17 ID:iNAWtb8I0
社民は拉致の件はちっとも反省してないなあ。

ところで昨日は阪神大震災から12年だったわけですが
村山氏のコメントは無しですか?
いくら大阪人とはいえ見殺しはいかんでしょ?

844 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 03:13:26 ID:p6/K3EGy0
>>842
>子供たち人質状態はどちらにしろ変わらなかったわけだがw

蓮池らを一時帰国扱いで北朝鮮に返していれば、その子供たちを
取り戻すなんてできなかったと書いているのに、それがわからんか?

845 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 03:48:40 ID:dZ1FpjS+0
>842
国と国とのまともなプロトコルを、北に期待するほうがヴァカだろう。
(韓国ですら、金大中訪朝の返礼なしだ)
だから逆に、実務的に型破りをやってもいい。


846 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 04:04:50 ID:k3VJ827h0
>>844
誰が北朝鮮に戻せと言った?

>日本に来ているという事をのらりくらりと既成事実化させるか
>政府決定ではなく被害者家族の総意としてメッセージを送っていれば
>その後の展開(他の被害者への影響)も違ったものになっただろう

いったん日本に来てしまったものを
本人たちが泳いでも帰るとか言いださない限り
主導権はこちら側にあるわけで
(戻す)約束があっただの向こう側の体面だのという話は
肉親が「もう離れたくない」と訴えれば
何人も介入出来る問題ではなくなる

それで向こうがギャーギャー言ってきたら
「そもそも、どちらが悪いんでしたっけ?」とか
「肉親の情を無視するんですか?」など
的確なカウンターパンチを浴びせつつシレっとかわす
それが外交あるいは交渉術というもんだろ

847 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 04:58:19 ID:p6/K3EGy0
>>846
>いったん日本に来てしまったものを
>本人たちが泳いでも帰るとか言いださない限り
>主導権はこちら側にあるわけで

これは後付けだな。実際は、田中パイプで一時帰国のつもりで北朝鮮は許可した。
ところが戻ることを安倍その他「強硬派」が反対し、その意見は正論なので最終的に
日本に留まることを小泉・福田も許可した。

>(戻す)約束があっただの向こう側の体面だのという話は
>肉親が「もう離れたくない」と訴えれば
>何人も介入出来る問題ではなくなる

ここもおかしい。肉親が離れたくないと訴えれば介入できなくなる程度の問題であれば、
寺腰でも日本人妻の問題でも解決しているだろう。

>それで向こうがギャーギャー言ってきたら
>「そもそも、どちらが悪いんでしたっけ?」とか
>「肉親の情を無視するんですか?」など
>的確なカウンターパンチを浴びせつつシレっとかわす
>それが外交あるいは交渉術というもんだろ

ここはもう中学生レベルの話で、本気で外交を語ろうと思っているなら恥ずかしすぎる。
翻って、ID:k3VJ827h0(>>837)は

>まあ少なくとも安倍が政府の決定として
>「一時帰国」の蓮池さんたちは帰さないと発表した事で
>その子供たちの「帰国」は延びたわな

どういう意味で書いたんだ? 蓮池らをすんなり一時帰国させていたら、子供たちは
もう少し早く日本にこれたということか? 子供たちも一時帰国はできただろうと? 
何を言いたいのか不明すぎる。

848 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 05:28:11 ID:XGpScWz20
産経抄                                         1月18日
誰しも、自宅の蔵書には一冊ごとに思い出がある。本の扉に「〇×蔵書」の朱印を押し
てご満悦の人がいた。百科事典を買い入れて、寂しい書棚を埋めた人もいる。はやりも
のがあれば廃りものがある。本が“社会的地位”の座から滑り落ちてすでに久しい。
▼公立図書館に行くと、廃棄する本が段ボール箱に放り込まれていた。「ご自由にお持
ち帰りください」との張り紙があっても、持っていく人が少ない。用済みの本を古本屋に
持参しても、いまは「カネを取られかねない」と同僚が嘆く。
▼それでも、捨てる神あれば拾う神がある。哀れな本に情けをかけた町があると聞いて
うれしくなった。「合併しない宣言」をした福島県矢祭町だ。町民サービス調査で1位だ
ったのが図書館開設だったと聞くと、さらに気分がいい。ところが、10億円あまりの建
設予算がない。そこで町は全国に図書寄贈を呼びかけた。
▼当初、もくろんだ3万冊に対して、ほぼ10倍の29万余冊がドーンと送られてきた。柔
剣道場を図書館に改修し、収め切れない本のために隣に書庫をつくった。残りは町内の
小中学校に収めて一件落着だ。「矢祭もったいない図書館」と命名したと聞いて、心が
痛む人も多かろう。
▼以前なら、記者は何か知りたいときは人を探し、足りなければ図書館で本を探した。
ときに神保町の古本屋街まで足を延ばしたものだ。その古本屋街もシャッターをおろす
店が増えているという。
▼わが論説室で矢祭町を褒めそやしたら、岩手にも北上市というユニークな町があると
の声が上がった。作家の井上靖も名誉館長を務めた日本現代詩歌文学館がある。全
国から明治以降の詩集を集めている。本の敵、ネットも、まだここまではできまい。
------
古本屋じゃなく、古紙回収業者に持っていけば、トイレットペーパーぐらいにはなるよ。
もちろん、紙の質にもよるが。本を捨てなきゃならない現状は、自分で蔵書の管理をし
てれば、説明するまでもない。矢祭町のアイデアをほめるのもいいが、わざわざ宅配
便で送ってくれた人々の善意を軽視しちゃダメよ。

849 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 05:35:35 ID:p0gfahZL0
>以前なら、記者は何か知りたいときは人を探し、足りなければ図書館で本を探した。
そうですか。
今はちゃんと本も読まないから、産経抄で明らかな読解力不足が目立つんですね。

>本の敵、ネットも
敵対関係だったのか。しらなんだ。

850 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 05:51:09 ID:p6/K3EGy0
>>848
言葉遣いなどから判断して山本夏彦の文章に影響されている。
というか、模倣したいが失敗している感じだな。

>本の敵、ネットも、まだここまではできまい。

この1行が書きたかったコラムだと判断するが、岩手のユニークな町が、
日本現代詩歌文学館の蔵書をデジタル化してインターネットに開放すると
すぐにネットの利便性がまさってくる。ボランティアを募ることになるだろう
からタイムラグはあろうが、紙媒体だけの優位性はどんどんなくなって
いくだろう。個人的には紙の触感が廃れるとは思わないが。

851 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 07:18:03 ID:9+HqcERz0
>公立図書館に行くと、廃棄する本が段ボール箱に放り込まれていた。「ご自由にお持
>ち帰りください」との張り紙があっても、持っていく人が少ない。

つい最近こんな記事を読んだ私としては違和感のある話なのだが。

メトロ文庫 閉鎖相次ぐ 29か所が半減「マナー違反」
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20070115bk13.htm

852 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 09:29:41 ID:gmJyEiWI0
>848
国立国会図書館-National Diet Library:電子図書館の蔵書
http://www.ndl.go.jp/jp/data/endl.html
青空文庫 Aozora Bunko
http://www.aozora.gr.jp/
Google ブック検索
http://books.google.com/googlebooks/about.html

著作権の問題が解決されれば、あるいは課金制度が確立すれば、
ネットと(コンテンツとしての)本は対立するものではないんだけどな。
古書だって今はネットで検索して通販が主流だし。
(だからリアル店舗を畳む古書店が増えたわけだが)

853 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 09:45:01 ID:egdHph9q0
>>848 「本の敵がネット」は違和があるな。それをいうならBook Offでしょ
ネットが赤肥や朝鮮総連の大便党ミンスの敵であることは確からしいけど、
ウチでもネットでの書籍注文がとって変わって久しい。本屋はノロイから。

ちなみにBook Offが子供や将来のクリエーターを殺すことはコバァがゴーセ
ンに描いたけど賛成だな。本の価値がわからなくても外見のキレイか否かで
選別する手法はBook Offのオバサンの発明らしい。合理的かもしれないが、
人間自身に適応されるとSF的殺伐が待っていそう。大むかし共産主義者が人
間の一工作部品化に気が付きもせず「疎外」やらを叫んだという。華氏k°の
映画があったね(大気濃度圧下、紙の発火点…忘れた)。

>>850 書籍が宝物化しちゃうと、普段はショーケースみたいな本棚に格納し
て手袋やマスクして頁を捲るようになるらしい話が今日の読売「人生相談」に
あった。貴重な美術書ならともかく、手袋まですると紙の触感なんかはどうな
のかな?不安神経症の一種なんだろうけど、この類いの相談が最近増えてる。

854 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 10:17:13 ID:qR6uNtLZ0
そこでbookoffで買って、古本屋やオークションで売るっていうビジネスモデルが生まれるんですよ

本当の価値を知らないからできる大胆な商売だよね。

855 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 10:46:47 ID:w3uhoIiA0
ブクオフが「クリエーター」を殺すというのはさてどんなものか。残酷だが商品は商品だ。
小林よしのりは漫画喫茶が漫画作家の権利侵害になると反対した時にはなんにもしなかった。
自分には固定客がいて必ず買ってくれるとたかをくくっていたんだろうね。

856 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 12:10:49 ID:zPWlv9bn0
今の公立図書館はベストセラー書籍は同じものを何冊も買っているので
ブームがされば、一部を残して捨てることになる。
利用者の満足度を高めようとすれば、ゴミも大量に生み出すことになるという一例だ。



857 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 13:35:37 ID:4IfiwP4V0
阿川弘之「井上成美」定価2000円・ケース付き美装汚れ無し
をBOOKOFFで105円(税込み)で買いましたw

858 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 14:59:42 ID:SI9/mGLX0
俺はネットも本も図書館も好きなんだが、
産経新聞も図書館で過去の新聞を読めるよう縮刷版作ってくれよ。
引き出し氏がファンクラブを離れた今、過去の記事が読めないんだから。

859 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 15:19:43 ID:2Tp7SpeF0
>>848
>本の敵、ネット
…に依存しているフジテレビ。

「恋に落ちたら 〜僕の成功の秘密〜」
「鬼嫁日記」
「電車男(ドラマ版)」
「今週、妻が浮気します」

「カワズ君の検索生活」

860 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 15:37:41 ID:gmJyEiWI0
>859
2ちゃんねる叩きで売上増を目指す夕刊フジと
イザ!で企画のネタ集めしてる産経新聞も加えてくれ。

861 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 16:05:43 ID:w3uhoIiA0
だいたいネットが本を殺すって言うが、ネットで売ってるのも新刊書なんだから本屋の品揃えが悪いと
買われる機会をなくしていた本も新しい販路を開いた事になる。それに読書と言う習慣にはネットはまだ到底
手軽さや眼への負担などの点で対処できていない。基本的にはデータ検索での利用だろう。本が売れないのは
昔と違いマーケティング戦略だけが重視される今の本に、時代を越える価値がなくなっているのがむしろ大きな
理由じゃないのか?

862 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 17:30:11 ID:p0gfahZL0
本がどれだけ嵩張る娯楽かってのをそもそも分かってなさそうだ。
それこそ格差社会による収入の低下だの住宅事情の悪化だのってので読まれなくなった
という強弁は「強弁である」と意識した上でなら可能なんだが。

そもそもが「本の社会的地位が高い」状況ってのは、
「一般には読まれていない=ごく一部の富裕・学識者のみが本を読める状態」にも言える訳で、
>本が“社会的地位”の座から滑り落ちてすでに久しい。
の一文が何を指しているのかが不明瞭に過ぎるが。

新聞をアジビラ程度の心持ちで作っている「読ませる側」の人に、
読書を趣味としている人間の意識なんて分かりっこないとは思うけど、
本を寄贈した人たちがBOOKOFFなりに送り付ければ0円はあっても金は取られず、
小銭にはなる可能性があるってのに、
あえて図書館に無償で寄贈した気持ちが分からないんだろうか?
これは本は安易に捨てられてはならないと言う意識がある人にしか出来た事じゃないよ。

あと本はよく言われるように「読まれなくなった」のではなく
「買われなくなった」かも知れない。
発行部数や売り上げ部数は分かっても、
図書館の貸し出し全体数の推移なんて正確には分からんのだし、
図書館を行政サービスとして希望する人が多いのが矢祭町特有の現象であるとの
根拠も、実のところはない。

あと、合併したがらないのは産経的には罪悪の側に属してるんじゃなかったっけ?

あぁ、もう、読めば読むほど疑問だらけだ・・・・

863 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 17:34:49 ID:cY+G0jGS0
ネットの発展した社会=ペーパーレスていう考え方なら、
何年前のSFだよって言いたい。
時代錯誤だよ
 
>>848

>その古本屋街もシャッターをおろす店が増えているという。

新古書店や漫画喫茶なんてのもあるが、元々扱うジャンルが違うからな。
閉店1番の理由はテナント料の高さだろう。
 
品揃えに関しては、出版点数に対して売り場面積が狭すぎるんだろうな。
新刊を扱う書店も年々店舗を大きくしてるんだが、ネット書店と比べると、
品揃えが劣る。

>本の敵、ネットも、まだここまではできまい。
 
>>852が書いてあるように、ネット古書店の存在を忘れてはいけない。
専門書もネットで入手出来る。
 
実のところ、古書はネット登場以前から、
古書店から顧客に在庫リストが郵送されてくる形で、通販を行っていた。
ネットの時代になって、在庫リストのコンピュータ検索が可能になり、
利便性が増した。
 
>>854
  
「せどり」ってやつか。

864 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 18:23:18 ID:w3uhoIiA0
第一例えば古森義久なんて人が5年くらい前にしきりに「ネオコンなんてものは存在しないし、
アメリカでネオコンなんて言葉は使われてもいない。日本ででっちあげた捏造だ」なんて
書いていた本、今じゃあ完全に大うその情報操作だったってばれてるし。
そんな本は社会に流通させるより資源ゴミにだした方がいいわけだからな。

865 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 19:27:13 ID:rRvbhY2/0
>864
そういう本を重点的に収集している人もいますけどね。と学会とか。

866 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 22:56:11 ID:qR6uNtLZ0
まじめな話、何で産経は縮刷版を出さないんだろう?

867 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 22:59:56 ID:WMDVVNmC0
需要がない

868 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 23:00:22 ID:R+1Q00vu0
>>864 それ本当?知らなかった。古森ってそんなちゃちな嘘ついていたの?恥ずかしいなあ。
 今日の3kに関して言えばまだ紙媒体の方が俺としては教養を身につけたり、素早く探索する
には有利だな。後者は勿論かなり絞り込めてからの話。本はぺらぺらめくれるから、「この本に
目指す情報が載っている」と分かった時点で好きなように調べられる。ネットはできない。まあ
茫洋とした情報に関してはもう何年もネットに頼りっぱなしですが。で、教養に関して言えば
百科事典引くと、つい当面関係ない部分も見て色々勉強になる。ネットなんかでもランダムに
別の話を載せてくれているページもあるが、いいレイアウトのものにはまだ出会っていない。

869 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 00:18:57 ID:jcouzERd0
紙媒体は週刊誌の減少が激しい一方で、
普通の本はそれほど減ってないみたいだが。
本屋は町の小さな店が減る一方で、ターミナル駅付近の巨大書店の出店もあるし。
そういうことも調べないで、フィーリングで書いてしまうのが産経抄らしいところ。


870 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 01:04:27 ID:3HZM2Snk0
http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/070117/skk070117000.htm

はいはい。
ここのサヨがキャンキャン吼えてる間に、もう改憲間近ですよ?(笑)
これで愛国者が主導権を握った美しい国が出来上がります。
真の日本の繁栄と発展の始まりですね。

なぜか日本が繁栄する事が忌々しいらしいこのスレの住人は
どこか別の国に行く準備をした方がいいですよ?(笑)

871 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 01:15:15 ID:X9GkkRvy0
ところでこのスレに、改憲反対の護憲派はどのぐらいいるのだろうか。
どう改正するかはともかく、改憲そのものに反対している意見は
ほとんど見かけなかったと思うのだが。

872 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 01:16:25 ID:VYR90z990
なるほどね。硬直した価値観しか認めない一部の人のためだけの「美しい国」ですかw
自由な意見ならウヨもサヨもないが、そんな統制国家にしたいなんて考えているのは
>>870だけだろうねw 凶悪犯罪だけは起こすなよな、家族がかわいそうだ。

873 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 02:03:54 ID:PCaUlhtX0
>>872
改憲そのものが悪ではなし、変えることになりそうだから、自分の思うところの
理想の憲法について語って欲しいところだな。

「国家統制」が好きなやつなんてどこにもいないだろう。

874 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 02:08:01 ID:V383pyta0
支持率1てん何パーセントの少数意見が通らない時、いつもそうやって
統制国家呼ばわりすることにしてるの?>>872


875 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 03:01:25 ID:3HZM2Snk0
>>874
自分がマイノリティであることをなぜか誇りたがる性癖があるんですよ。
この手の人たちって(笑)

876 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 03:21:59 ID:MjR5XE/c0
じゃあとりあえず>>870は「美しい国」のために時給800円のバイトをがんばってくれ。

877 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 06:27:09 ID:sa8Jcu3T0
自給800円のバイトがなぜ出てくるのか分からんが、
そういうバイトは「世界唯一の平和憲法を持つ国」にも存在してそうだなw

878 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 06:42:53 ID:X9GkkRvy0
 「利上げへ最後の詰め」と17日付朝刊で大見出しを打った朝日新聞(東京)
だけを読んでいる人は、面食らったことだろう。日銀はきのうの金融政策決定
会合で、追加利上げ見送りを決めた。
 ▼鈍い個人消費の勢いと企業業績の改善のどちらを重くみるか。9人の政策
委員の判断は据え置き賛成6、反対3と分かれたが、記事にあったように「政府も
利上げを容認」していたわけではなかった。
 ▼もっと大胆だったのは、毎日新聞だった。先週末に「日銀0・25%利上げへ」
と宣言、市場を驚かせた。スクープと誤報は紙一重。自戒の念をこめて書くの
だが、記者の思いこみほど怖いものはない。
 ▼それよりもこの新聞で首をかしげたのは、自民党の山崎拓元副総裁と
拉致被害者である蓮池薫さんの兄、透さんとの会談記事(18日付)だ。
透さんは山崎氏の訪朝を評価し、「一つの風穴を開けた。弟も喜んでいる」と
語ったとある。記事では「安倍政権の対北朝鮮『圧力』強硬路線に、被害者
家族から疑問符が付けられた」とご丁寧に解説している。
 ▼案の定、薫さんは「自分(薫)が喜んでいるとの報道がなされていますが、
そのような事実は一切ありません」とのコメントをきのう発表した。「それは北に
利用されるだけであると考えています」と怒っている。
 ▼山崎氏と透さんの会談には平沢勝栄内閣府副大臣も同席していたという。
テレビで思わせぶりな発言を繰り返す平沢氏は、山崎氏の代理人なのか、
安倍内閣の一員なのか立場をはっきりさせてほしい。後者の立場なら拉致
問題に首をつっこまず、中山恭子首相補佐官に任せ、本業に力を入れられては
いかがだろうか。「二元外交」の片棒を担ぐようでは、それこそ北に利用される
だけだ。
(2007/01/19 06:02)

----
たぶん抄子は、「自戒の念」という言葉の意味を知らないんだと思う。

879 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 06:58:05 ID:NRve2YzJO
いや、火曜日の夕刊フジでは利上げは決定事項で上げないと日銀の独立性が保てないとやってたし
平沢の連載まで載せて二元外交批判は間違いでありチャンネルを開いた点を評価すべきと
朝日や毎日と同じことを産経が編集発行している夕刊フジはやってたし自戒でいいんじゃない。

880 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 07:03:09 ID:PClRAH9A0
朝日毎日の利上げ報道は確信犯というやつだろう。むしろ利上げ報道を
することで逆に日銀の行動を縛るという意図があったのじゃないかと。そう
いう意味で記事が外れるのはいわば織り込み済みというやつで、そんなこと
ではしゃいでいるのはもちろん我らがKKKくらいなもんだろう。


881 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 07:10:52 ID:jcouzERd0
ヒル−キムゲガン会談の直後なので、
北ネタはスルーするかと思ってたが、
産経抄にしては、勇気があるな。
もはや中山恭子になんて期待できないのは、
誰でもわかることなので、全然説得力の無い平沢批判だが。



882 :T:2007/01/19(金) 08:07:49 ID:zWC4pkXA0
アテネ五輪の野球監督が星野とやった3kさんの誤報が
4年後に本当になったね。おめでとう(w

福井があれだけ批判されながらやめないのは利上げの泥をかぶって
花道を飾るつもりだと思うんだが
ますますやめ辛くなったな



883 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 10:59:16 ID:VYR90z990
産経新聞を読んでいると朝日新聞を全く読まなくても朝日新聞について良くわかるから便利だな。
まるで朝日新聞を利用しないと何も書けないのかと思えるくらい、実に丁寧に朝日新聞の記事を
解説してくれる。俺が朝日新聞なら記事の引用料請求してもいいんじゃないかと思えるほどだ。
なんて便利な産経新聞。

884 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 11:11:51 ID:WDnbg22w0
それなら産経など購読せず、直接朝日を読めばいい、という話になるのが
問題だな。
実際、このスレにたまに現れる「アンチこのスレ住人」も、
産経新聞は読んでないみたいだし。



885 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 12:06:51 ID:jcouzERd0
>>「二元外交」の片棒を担ぐようでは、それこそ北に利用されるだけだ。

産経の常識は世界の非常識

米下院外交委員長、今春に北朝鮮訪問の意向
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070119AT2M1900719012007.html
 【ワシントン=丸谷浩史】米下院外交委員会のラントス委員長(民主党)は18日の公聴会で、
今春に北朝鮮を訪問すると表明した。ラントス委員長は「過去10年にわたる相互不信を打開するには、
北朝鮮との新たな対話のチャンネルを開かなければならない」と述べ、米朝間の対話を強化する考えを示した。 (10:19)

886 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 12:12:11 ID:8KmDJpdt0
ところでボルトンを日本に招いて
好き勝手にしゃべらせてる黒幕は誰なの?
完全なピエロ役になってるけどw

887 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 12:32:52 ID:LuYxPYSz0
>>878
蓮池透さんはクレバーな人なので、あえて確信犯的に今回の行動を
とったんだと思う。
自分がテレビにどう写るか、どういう報道のされ方をするか、すべて
計算ずくでね。

888 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 13:39:26 ID:MLdNPeEH0
>>878
株板の住人だが、
先週から今週にかけての日経のマーケット欄を読めばわかるけど、
利上げ報道は、別に朝日と毎日のスクープでも勇み足(誤報)でもなくて、
当時は、市場関係者のかなりがそう考えていた。
それを、朝日や毎日の誤報のように書くのは、
「産経抄は経済や市場の動きが全くわかっていません」と告白するに等しい。
今日の産経抄は、朝日と毎日の馬鹿をさらすつもりで、
逆に、自分のアホさ加減をさらしている。
産業経済新聞の名が泣いているよ。

889 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 16:20:45 ID:HE7lcp/P0
>>888
市場関係者のかなりって、1てん何パーセントぐらい?

890 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 16:49:40 ID:pPH8+rqf0
>>889
今週はじめの時点で、市場は利上げをかなり織り込んでいたから、
そんな少数なわけない。

興味があるなら、先週月曜以降の日経を読んでみれば、わかるよ。

891 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 17:03:03 ID:g0amQZYn0
産経は朝日の付録として売れば部数を伸ばせるかも。

892 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 17:10:58 ID:ubba7RuC0
>>891
逆、「産経新聞とればもれなく朝日新聞がついてくる。」って売りのほうがいいんじゃない?

893 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 17:14:30 ID:k6pwozeE0
>889
そろそろ日本人の朝日の購読率って、1てん何パーセントぐらい?って聞いたらどうだ?

894 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 17:36:16 ID:Dq66xnre0
新聞屋が購読率を笠に着るようになったら終わりだねぇ>>893

895 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 17:41:30 ID:5zF5w55E0
>>888
何のかの言っても誤報だしょ?
キミは経済や市場の動きを全て見通してるの?
そりゃ神にも似た領域じゃあるまいか?では100戦100勝で大儲け
だろうから雀の涙でもかまわない、社会還元をお願いしますよ〜・
88888…

896 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 18:14:26 ID:2I7tOhB00
>>895
くだらない煽りはいいから、
とりあえず、先週から今日までの日経のマーケット欄を読んでね。
話はそれからだ。

897 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 18:15:49 ID:4DSGlKw90
>>871
 
護憲ではないが、今の憲法にはそこそこ満足している。
武装中立が最適だと考えているが、武装には現行法でも十分だろう。
アメリカの要請によるアメリカネオコンを助けるための憲法改正には反対だ。
 
>>878
 
予測が100%的中する方が気持ち悪いがな。
 
>それよりもこの新聞で
 
って、どの新聞だよ。朝日?毎日?産経?

898 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 19:13:48 ID:5zF5w55E0
>>896
日経マーケット欄やらが、いくらハズれを糊塗しようとも無駄でしょう?
上の方には「確信犯的に外した」という奇弁があるよ。自己レスだろうが

>話はそれからだ。
相変わらず支那への投資を煽るの?日経大丈夫?…ではないようねボクち

899 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 20:00:23 ID:/FCxtjOm0
日本語もきちんと書けない妄想癖のある奴を相手にしてたのか。
まじめに相手をして損したorz

900 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 20:12:53 ID:5zF5w55E0
いよいよ日本語でOKかあorz

いずれ「確信犯的」虚報なら詐欺にも該当するんじゃない?
せめて後日「支那投資詐欺の日経」と記憶に残されるかも・

901 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 20:15:33 ID:hcAGyPyf0
自分で取材しない産経の記者さんは知らないかもしれないけど、昔から、衆院解散
と公定歩合については、政府はウソついてもいい、って暗黙の了解があるんだよ。

902 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 20:45:19 ID:iQqbI8AL0
>>878
別に、二元外交でも三元外交でも百元外交でも構わない訳で。
成果を上げることが大事で、誰が上げるかは、どうでもいいのだから。
山崎が何か日本の国益に損害を与えたのなら、その損害について、具体的に
批判すればいい訳で。
産経は、安倍や中山が何の成果も上げないのに、山崎や平沢が成果を上げて
しまうのを恐れているだけだろ。
小泉再訪朝が実現した時のように。

903 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 20:46:21 ID:VYR90z990
マーケットのかなりのトレーダーが利上げありと読んでいたから失望感が広がって
ひさびさに円が121円まで円安にぶれた。先週後半の株価乱高下も利上げの影響を
受けている。スクープはたいてい政府と日銀との綱引きを生じるのも経験則。

産経新聞も以前長期金利情報ではスクープしたつもりが政策担当者の怒りを招いて
結果誤報になりえらい目に会っている。少なくともあの時の記事の担当者ならこういうコラムは書かないだろうね。

904 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 21:08:33 ID:14OuAGlj0
>878
そういえば、このKKK抄を読むまでひとつ勘違いしていたことがある。
昨日の時点で、透さんが「弟も喜んでいる」と言ったという報道に対して、それは間違いだ
とのコメントがあったことはwebで読んでいた。で、「記者の思いこみほど怖いものはない」
というのだから、それはてっきり否定のコメントを出したのは透さんだと思いこんでいたのだ。
その場で言ったコメントを適当につぎはぎして都合の良いコメントに仕立て上げるということは
良く行われていることだ。それを本人が後から否定することもよくある。やれやれ、また誤報か
と思っていたのだ。

ところが記事を良く読むと、そのコメントを出したのは薫さんであって、透さん自身が何かの
コメントを出したという報道はない。つまり、透さんがそういうコメントを出したと言うことは間
違いがないようなのだ。これはいったいどういうことだろう。
普通なら、当の本人が否定しているというのだからそれは単なる誤報ということになるかも
しれない。しかし、透さんがそう言ったということを報道しただけでは、ぎりぎり「誤報」とは
言えなくなる。なぜなら、例え言った内容が間違いだとしても、その人がそう言ったということ
自身は事実だからだ。
さらにこれは興味深い事実を浮かび上がらせてくれる。明らかにこの兄弟の間での意志の
疎通には齟齬がある。これは家族会の内部で何かが起きているのではないかということを
伺わせる生の証言という事が出来るだろう。これはもう誤報などではなく、大変貴重な証言
と言うことが出来る。充分に報道する価値のあることだ。

そう思ってKKK抄をもう一度読みかえしてみると、めずらしいことにどこにも「誤報」とは書いて
いない。KKK抄にしてはめずらしく慎重なことだ。これもまた興味深いことだ。

>903
新聞辞令という言葉を知らない人もいるようですね。



905 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 21:54:07 ID:PCaUlhtX0
>>902
いや、2元外交は原則としていけない。政府の思惑と違う話を勝手にされては混乱の元だ。
ちょっと思考が短絡的に過ぎるぞ。小泉再訪朝のときは飯島が総連ルートを使い、半ば
評価され半ば批判されているが、飯島が動いたなら政府の意向で動いたのだろうから
混乱は少ない。何かあれば小泉が責任を取ればいい話だった。

何か進展があって山崎がヒーローになるならいいが、逆の場合は山崎が責任を取れば
いいというほど拉致問題は単純ではない。だから安倍や塩崎が不快感を表明している
のだろう。



906 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 22:00:10 ID:+U6Cc1pn0
山拓といっても口約束をしてくるほどバカじゃないだろう。
「それは先生の管掌なんですか?」などと親切なことを言ってくれる
相手じゃないし。

907 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 22:07:20 ID:8KmDJpdt0
>>904
透氏のスタンスが他の家族会メンバーと違うのは
事務局長を降りた時点でハッキリしてるだろう

そういう意味では山拓に対する批判も
横田夫と増元の間では微妙な表現の違いがあった
(横田氏の人間性のなせる技であろうが)

とにかく横田妻を黙らせ
スポークスマンを横田夫に限定すれば
それだけで道が開けてくるような気がする

908 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 22:13:38 ID:eNKCKmiO0
>>907
すんごく正直なカキコだなw

909 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 22:30:34 ID:14OuAGlj0
>898 >900
中国への投資をあおる経済紙。

http://www.fujisan.co.jp/Product/152
>中国の経済情報が魅力
>投稿者 keith 会社員 ★★★★
>毎日中国の経済情報が見れるのが何よりありがたい。

910 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 22:51:37 ID:PCaUlhtX0
>>906
自民党で派閥の長になるくらいの政治家だからうかつなことは
いってないだろうと思うが、原則として2元外交はだめだ。

政府というのは継続性があり、小泉や安倍は「河野談話」「村山談話」
に納得はしていなかったと思われるが、やはり村山政権というのは
日本のれっきとした政権であったわけだから勝手に否定できない。

いまや大した実権のない山宅とはいえ元副総裁なんだし、勝手に
訪朝したのを批判するのは、産経だろうが朝日だろうが当然だろう。

911 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 23:07:53 ID:ZMluwQ9R0
重村の情報によると、ヤマタクはアメリカで統一教会系のワシントンタイムズ
(ポストじゃないよw)のこれまた在米チョン人社長に会って、訪朝をたき付
けられたらしいが。
ま、ヤマタク自身以前(今も?)統一教会の女と関係があったとの噂があるし、
どうもきな臭い。

で、産経がヤマタク訪朝を他人行儀の書き方をしてるのも、かえってわざとらしい。
産経社内にいると思われる統一のシンパの連中が、その辺の事情を知ってるかも
しれないのに。

912 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 23:31:09 ID:jcouzERd0
>>905 >>885で書いたようにアメリカの国会議員や州知事も
普通に訪朝してるわけで。変な誤解を招いたりしなければ
基本的に問題ない。逆に飯島のような奴が選挙目当てで短絡的な
行動を起すのが、一番悪い。

>>911 重村の情報によると・・・・

これも眉唾物だが。重村はかつては北朝鮮当局者から情報をもらっていて、
その中には結構貴重なものもあったが、北からの情報提供が無くなった
最近では三流コメンテーターと同レベルだ。


913 :文責・名無しさん:2007/01/19(金) 23:46:45 ID:PCaUlhtX0
>>912
日本の民主党の誰かが訪朝するなら日本政府の意向だと誤解される
ことはないだろうから、それこそ好きにすればいい。問題なのは、山拓が
自民党の大物議員だということだろう。

飯島が動いて最終的に拉致被害者の家族を取り戻した件は、批判も
あるが、誰が見ても当時の最高権力者小泉の意向なのがわかるから、
北朝鮮もそう理解した上での対処だっただろう。

それがいいか悪いかはまた別の問題で、悪いなら小泉政権が解散なり
すればよかったわけだ。今回の山拓の件との違いがわからないのか?

914 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 01:10:45 ID:4wfUfEs+0
明朝のサンケイショーは

19年ぶり発見の娘

915 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 04:32:27 ID:0qM/5An50
>>909
日経叩くネトウヨってビジネスアイの存在全く知らないんだよなw
まあ改名後の部数の惨状みれば仕方がないんだがw

916 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 06:28:11 ID:wDFjxYJ30
産経抄                                         1月20日
東京の上野駅に初めての「就職列車」が着いたのは昭和29年春のことである。青森
発だった。地方の中学校を卒業した少年・少女たちがまとまって都会に出てくる集団就
職が始まったころだ。以来、上野は彼らが東京に一歩をしるす玄関口となった。
▼その集団就職パワーがその後の日本の経済発展を支えた。茨城県から東京の古
書店に就職した直木賞作家、出久根達郎さんは以前、産経新聞の取材に「暗いイメー
ジはなかった」と答えている。「自分たちが日本を支えているんだという自負心があっ
た」とも語っていた。
▼それでも、都会や職場になじめない若者たちが上野駅辺りを徘徊(はいかい)するこ
ともよくあった。ここが故郷との接点だったからだ。駅員たちはそんな少年・少女をみか
けると、駅長室に連れてきて、激励会を開くなどしたのだという。昭和40年前後の話で
ある。
▼そういう席に呼ばれて「あゝ上野駅」を歌っていたのが井沢八郎さんだった。ずばり集
団就職の歌だが、歌詞はタイトルほどセンチメンタルではない。「くじけちゃいけない」と
、社会から脱落しそうな子供たちのシリをたたく。そんな前向きな「応援歌」だった。
▼いや彼らだけでなく、日本社会全体への「応援歌」だったのかもしれない。だからこそ、
集団就職や就職列車がなくなった後も、オジサンたちにカラオケで歌い継がれた。新幹
線が走り上野駅の雰囲気がガラリと変わってからも、歌だけは生き続けてきたのだ。
▼その井沢さんが69歳で亡くなった。自身も若くして青森から歌手を目指し上京してい
る。集団就職世代の最年長の人たちとほぼ同じ時代を生きた。「戦後」の文字でくくると、
先日亡くなった即席ラーメンの安藤百福さんとも姿がダブって見える。
-----
「戦後」派って、一般的に、戦後生まれのことを指すんじゃないの?

917 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 06:33:07 ID:M83Fl1zd0
>「戦後」派って、一般的に、戦後生まれのことを指すんじゃないの?

明治に活躍し「明治人」と呼ばれている人間の多くが実は江戸時代生まれ
だったことからすると違うんじゃないか?

918 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 07:09:26 ID:2kYgaG4q0
その昔、昭和20年代にはアプレ・ゲールなんて言葉があった。黒澤明の映画の中の
台詞にも出てくる。昭和20年代に20代になった世代を指す言葉だ。フランス語から
来た言葉で、アプレは英語のアフター、ゲールは戦争。つまり英語にするとアフター
ウォーということになって、日本語に訳せば戦後派ということになろう。
もちろん、そんな言葉は完全に死語になっているわけだが。

919 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 07:40:37 ID:a/I9iSK/0
>>913
大きな勘違いをされてるようですが、今回の山拓訪朝は政府の意向を
伝えるためではなくて、安倍外交を破綻させ、強引に軌道修正をせまることが
目的です。(安倍は威勢が良いだけで無能じゃないかという見方を広めること)
そして安倍政権に一定のダメージを与えるのが可能と判断したから
北朝鮮も中国政府も山拓をそれなりの待遇で迎えたわけですね。
それじゃあ山拓を処分しろとなるんでしょうが、
米朝共にベルリンで「一定の合意」と発表したように、アメリカも軌道修正を
図ってる時期でもあり、安部外交には全く展望が開けないので、処分するどころか
平沢勝栄や蓮池兄などが支持するという展開になったのではないでしょうか。



920 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 07:47:39 ID:6YRhEr370
>916
いつものことだが、追悼記事は突っ込みづらいな。
安藤氏の名前が出てくるのがいささか唐突だけど、
理解できないでもないし。

921 :T:2007/01/20(土) 08:05:31 ID:mG53WihD0
もう何度も指摘しているが

2chの書き込みなら別にかまわないんだけど
「シリ」「ダブって」はカタカナにすべきじゃないな
「ガラリ」は微妙・・
「オジサン」は我々「おじさん」ではなく実は「おじいさん」と
呼ばれている世代(60−70代)を若作りで言ってるのが分かるから
これはこれで良いと思うけど

自称美しい新聞なら美しい日本語を使いなさい

922 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 08:20:31 ID:o1g3yuDQ0
>>920
「それに比べて今の若者達は」
的な方向に行けばいくらでも突っ込みようはあったけど、
行かなかったしな。

923 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 08:42:01 ID:6YRhEr370
>921
んー。
「ダブって」は「ダブル」の動詞化だから、カタカナでしか書けないと思う。
「シリをたたく」も「オジサン」と同じで、実際に子供の尻を叩くのではなく
比喩的表現であることを強調している、と言えないこともない。
しかしそんな配慮をしなきゃいけない表現を使うことはなくて、
「発奮させる」あたりでもよさそうだなあ。
「ガラリ」はひらがなだと思う。

そもそも、集団就職世代を上から見る視点で語っているが、
今日の筆者は60代以上なのか? という疑問が浮かんできた。
「あゝ上野駅」や井沢八郎さんに思い入れがある世代は、
就職当時はそりゃ子供だったろうけど、筆者より上だろうと思うのだが。

924 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 09:00:52 ID:U8zawYFm0
ダブるじゃなくて、重なって見えるとか、思い起こされるとかの方が表現がきれいじゃないかな。

925 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 09:27:00 ID:t8rlF5ti0
でも、戦争に負けたのが昭和20年でしょ。
占領が何年も続いて、集団就職が昭和29年。
いったい、10年近く日本は何してたんだろうかとも思うよね。
成功物語もいいけど、同時にいろんなことが起きていたはず。

926 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 09:39:55 ID:SiwQPVFG0
>新幹線が走り上野駅の雰囲気がガラリと変わってからも、歌だけは生き続けてきた
東北新幹線が上野駅に乗り入れるようになった頃には物心が付いていたし、その後、
付き合いで「オジサン」世代の人とカラオケに行ったこともあったが、「あゝ上野駅」
なる歌は聴いた記憶がない。ていうか、カラオケ以外でも。
「歌だけは生き続けてきた」は、「オジサン」世代の人には実感としてあるのかな?
俺には、とてもそんな風には感じられないのだが。
あっ、「オジサン」世代といっても、大卒の人ばかりだったからかな?

927 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 09:47:59 ID:M83Fl1zd0
>>921
産経新聞が「美しい新聞」などと自称しているのか?
おそらくそんなことはなくて、安倍が「美しい国」と言ったのが
なぜか気に入らないだけだろ(笑)。

何が気に入らないのか、深呼吸してから冷静に300字くらいで
説明してくれ。

928 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 09:50:32 ID:ETJe3HER0
>>923
現在の産経抄は30〜40代の若手記者の輪番制になってるからそれは有り得ない。
それを考えると今日の筆者はかなりませてると思った。

http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/shucho/070120/shc070120001.htm
どうでもいいが党籍離脱中という点には触れてないのね産経は。


929 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 09:55:19 ID:2kYgaG4q0
>927
美しい新聞。
http://reader.sankei.co.jp/express/

SANKEI EXPRESSが産経新聞ではないというのなら話は別だが。

930 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 10:38:32 ID:54Y16oW60
井沢八郎さんの話はよくわからないが、なんとなく石川啄木の短歌
「故郷の なまりなつかし停車場の人ごみの中に そを聞きにゆく」を
思い出した。昔から変わらないんだね。

>>929
SANKEI EXPRESSは、一昨日ぐらいにポストに入っていたから読んだ。
っていうか、読むところがほとんどなかった。紙が白くてカラーが多い
のだけが売りなのかな?あれだけとっていてもぜんぜん役に立たないな。


931 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 10:42:32 ID:SiwQPVFG0
>928
産経のダブスタは徹底しているなw

932 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 12:15:02 ID:n229RXNq0
戦後まもなく活躍した高齢者が亡くなる度に戦後世代というレッテルを引っ張り出されても、
今年定年を迎える人たちすら戦争を知らないんだから、郷愁と言うよりもう歴史上の事跡
紹介されてるだけにしか思えないなあ。

933 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 14:02:08 ID:MT1IvW4S0
さすが団塊。言うことが違う。

934 :文責・名無しさん:2007/01/20(土) 14:05:03 ID:1qiLnotc0
>「くじけちゃいけない」と
、社会から脱落しそうな子供たちのシリをたたく

井沢氏の功績にかこつけて強調したかったのはここだろ
都合のいいところだけを取り上げて都合よく解釈してる

要するに「使われる」側の人間は時代(経済)状況の変化に関わらず
「使う」側の人間の為に文句を言わず黙って働けと言いたいのだろう

自分たちが言論界から脱落しそうな存在のくせに

935 :産經抄:2007/01/21(日) 08:47:50 ID:OAypMIvd0
【産経抄】
 日本ばかりでなく、ロシアのクマも「不眠症」にかかっているという。通常、気温が下がれば冬眠に入るのだが、この暖冬で眠気が催さない。せっかく眠くなっても雪や氷が解けて増水した川で巣穴が浸水、冬眠場所を探し回るクマも多いらしい。

 ▼昨年は「100年に1度」の寒波に見舞われたロシアだが、今年は一転して「記録的な暖冬」だ。モスクワでは新年になっても氷点下にならない日が多いという。クマだけでなくタヌキやハリネズミも冬眠できず、イノシシやシカは元気にエサをあさっているそうだ。

 ▼それにしても「眠らぬロシアのクマ」と聞いただけで苦笑したくなる。クマと言えば国際社会ではロシアを指すからだ。長年の近隣諸国との抗争の歴史によって生まれた代名詞である。
それも「大きくて獰猛(どうもう)、そのくせ狡猾(こうかつ)」と、およそ良いイメージではない。

 ▼もっともソ連が崩壊してしばらくは、カワイゲがあるようにも見えた。それがこのところ、冬眠から覚めたように攻撃的になっている。特にベラルーシとの原油関税問題では、原油の供給を止める強硬手段でベラルーシを屈服させた。「獰猛なクマ」そのものである。

 ▼ほかに国家による暗殺疑惑などもあり、欧州では「強いソ連」が復活するのでは、との警戒心が強まっている。その強気の背景には、石油や天然ガスを中心とした経済の好調さがあるという。
この暖冬で、人の動きが活発なのもプラスになっているのかもしれない。

 ▼日本にとっても人ごとではない。経済援助と引き換えに返ってくるのではという北方領土への期待も、ロシアの威勢の良さとともにしぼんでいく。「少し冬眠したら」と言っては失礼だが、この「元気なクマさん」、いささか扱いづらいのだ。

(2007/01/21 05:06)

936 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/21(日) 08:52:32 ID:OAypMIvd0
封建的な貴族政権や武家政権が、欧米の軍国主義を採用し、殖産
興業と富国強兵とを輸入し、域内の人々には、あたかも、旧貴族
や旧武家が、それらを創造したかのように偽装する共産主義政権
が、蘇維埃連邦への封込状態から、民主主義を採用したかのよう
に偽装して、先進の知識や技能を輸入し、経済破綻や社会堕落を
克服した途端に、民主主義を放棄して、封建主義に回帰しようと
する欲暴での衝動は、日本域内でも、封建的な地域において観察
されている。>>935

937 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 09:24:37 ID:9PyGTzcS0
>封建主義に回帰しようと する欲暴での衝動は、日本域内でも、
>封建的な地域において観察 されている。

相変わらずの妄想だね、例えば何処で?>>936

938 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 09:25:45 ID:8DCkDDsO0
>>935
民主化運動を煽って、旧ソ連圏からの分離工作をしてるような"自由と民主主義の国"は、
獰猛でも狡猾でもないんだろうな。

939 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 09:29:31 ID:s3DKmlha0
>935
>日本ばかりでなく、ロシアのクマも「不眠症」にかかっているという。

って、日本の不眠症って何の話?

940 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/21(日) 09:29:45 ID:OAypMIvd0
「美しい国」だとかで、定義が曖昧な伝統や文化を重視する政策
が教育基本法などで標榜されている。>>937

941 :五十川卓司 ◆soalaRO1Zo :2007/01/21(日) 09:56:04 ID:OAypMIvd0
連合会長の木剛氏は、国家独占資本主義の共産主義や社会主義
のような発想でしか弁論できておらず、地球規模での企業競争に
おける企業や政府の有様についての議論ができていないようだ。

942 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 10:13:34 ID:H9ApIb6U0
>935
モスクワ五輪のマスコットは「子グマののミーシャ」だったなあ。
外国から「大きくて獰猛(どうもう)、そのくせ狡猾(こうかつ)」と
言われるだけじゃなくて、セルフイメージでもある。
たぶん「普段は優しく賢いが戦うときは強い」とかね。

>カワイゲがある
昨日の続きだが、これはもうあきらかに駄目だろ。

943 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 10:14:07 ID:7qp/vlw/0
>>939
暖冬で日本の一部の地域ではクマが冬眠しないで民家に侵入したとかのニュースを
読者はみんな知っているだろうと勝手に思いこんだ上での前振り。

暖冬で言えばその乱暴なロシアですら京都議定書にはサインしたが、サイン拒否の最大のCO2排出国は
いまだに対策立てるというだけでなにもしないんだよな。

944 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 10:43:22 ID:s3DKmlha0
>943
なるほど。それなら「最近クマが冬眠しないで民家に上がり込んでいるニュースが…」とかいう一文をつけて
おけばまるで違うのにな。そもそもこれでは不眠症は「日本」にかかるとも読めてしまう。美しくないな。
あ、美しいのはEXPRESSの方だけでいいのかw。

>カワイゲがある
それにしてもなんでこんなに偉そうなんだろうねw。

945 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 11:04:25 ID:v7ocX8eZ0
>それにしてもなんでこんなに偉そうなんだろうねw。

東側代表のソ連が国家存続できずに脱落したからだろ。

946 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 11:10:38 ID:9lq1gOV50
うわぁ、ここはロシアも擁護か。
なんていうか、教科書通りの人達だね。
教科書じゃないか。何?アジビラかな。

947 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 11:11:39 ID:3zUWsYDZ0
フジサンケイグループ不祥事二連発。あるあるの他に産経ウェブのフライング発表も。

番組ねつ造 「あるある」に消費者から怒り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070121-00000002-maip-soci

解答を解禁前にネット掲載=センター試験は終了後−産経ウェブ
1月20日21時31分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070120-00000104-jij-soci

 大学入試センター試験初日の20日、産経新聞のインターネットサイト「産経ウェブ」上で、
公民と地理歴史の解答が解禁前に30分間にわたって掲載されたことが分かった。
両教科の試験は終わっていたが、この日の全日程終了時が解禁時間だった。
 ネット掲載は午後2時10分から30分間。同社サイトを閲覧した入試センターからの指摘を受け、
削除された。公民は午前10時30分、地理歴史は午後零時15分が一般受験者の試験終了時刻だった。
 産経新聞によると、掲載の解禁時間について、同サイトの担当者に伝わっていなかったという。 


948 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 11:29:08 ID:1FyEnVT5O
>>943
京都議定書って、裏の目的は欧州によるアメリカ叩きだからね。

949 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 12:19:59 ID:irqxX9bc0
480 :名無しさん@七周年:2007/01/21(日) 02:09:22 ID:ENckNi+K0
統一教会機関紙「世界日報」社説
むしろ自民党執行部は一時的な世論調査や支持率に動揺することなく、憲法改正
をはじめ総裁選で掲げた安倍首相の政権構想を薄めることなく着実に打ち出し実行
するため、より大きく政治的勢力を束ねることを目指すべきだ。
www.worldtimes.co.jp/syasetu/sh061129.htm


統一教会に“世論を気にせずガンバレ!”って言われる総理大臣。


支持しますか?しませんか?


950 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 12:50:54 ID:eqr0WyPZ0
>>927はいまだ逃亡中w



927 文責・名無しさん 2007/01/20(土) 09:47:59 ID:M83Fl1zd0
>>921
産経新聞が「美しい新聞」などと自称しているのか?
おそらくそんなことはなくて、安倍が「美しい国」と言ったのが
なぜか気に入らないだけだろ(笑)。

何が気に入らないのか、深呼吸してから冷静に300字くらいで
説明してくれ。

929 文責・名無しさん sage 2007/01/20(土) 09:55:19 ID:2kYgaG4q0
>927
美しい新聞。
http://reader.sankei.co.jp/express/

SANKEI EXPRESSが産経新聞ではないというのなら話は別だが。

951 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 14:13:14 ID:aeb0r1ih0
これはひどい。
意味合いが全く変わる言葉のすり替え。

http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070120/jkn070120009.htm
× 納豆ダイエット効果を誇張 「発掘!あるある大事典II」
○ 納豆ダイエット効果を捏造 「発掘!あるある大事典II」




952 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 14:18:35 ID:3zUWsYDZ0
>>951
ダイエット効果があるという「証明されていない学説」があるだけで、
番組がやったのは完全に捏造じゃないか。親が親(フジテレビ)なら
パラサイトしてるどら息子(産経新聞)も報道失格だな。

953 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 14:48:15 ID:NQqOBueF0
>951
ちなみにビジネスアイの方は割と客観的に書いているのが興味深い。

>関テレ「発掘!あるある大事典II」 「納豆やせ効果」データ捏造
>http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200701210011a.nwc

さらにこんな話もあるようだ。

>納豆ダイエット、番組情報が事前漏洩!
>http://society4.2ch.net/test/read.cgi/mass/1169357173/

なるほど、こんなことになっていたから、捏造してでも番組を作らなければ
ならなかったということかもしれない。



954 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 15:05:06 ID:cQCPGToZ0
>カワイゲがあるようにも見えた

見下し目線でカタカナ表記。
なんか目茶苦茶厨房臭いんですが。

955 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 15:24:14 ID:3zUWsYDZ0
捏造番組の片棒を担いだ産経記事

「あるある大事典」で紹介 納豆が品薄に
http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070111/wdi070111005.htm
ダイエット食材として放映

 フジテレビ系の情報番組「発掘あるある大事典II」(関西テレビ制作)が
納豆をダイエット食材として放映した影響で、全国のスーパーなどで納豆が
品薄になった。増産が間に合わないメーカー各社は、11日付の全国紙朝刊に
「おわび」の広告を掲載し、生産態勢を強化するなど対策に追われている。

 騒動のきっかけは7日放映の「食べてヤセる!!!食材Xの新事実」。
納豆をダイエット食材として、1日2パックを朝晩に分けて食べるだけで
効果があると紹介、番組の出演者が2週間で数キロやせたと報じた。
翌8日からスーパーなどで納豆を大量に買い求める人が相次ぎ、品薄状態になったという。

 ミツカン(愛知県半田市)には、小売店から通常の約3倍にのぼる注文が殺到。
全3工場で増産態勢を敷いたが追いつかず、11日、全国紙5紙に広告を掲載した。

 広報担当者は「これまでも情報番組で紹介されると売れ行きが伸びることもあったが、
今回は異例。納豆をあまり食べない関西からも引き合いが相次いでいる」と話す。

 通常の約2倍の注文が殺到している旭松食品(大阪市淀川区)は、
納品先1店当たりの供給を減らし、全店に行き渡るようにするなどの対策をとった。
担当者は「ありがたいというのが一番。予想を大幅に超える反応だった」。

 納豆は、仕込みや豆の発酵などで製造に3〜4日かかるとされ、
増産分が店頭に並ぶまでには時間がかかる見通し。スーパーのダイエーは
「12日ごろには入荷が7〜8割回復するだろう」とみている。

(2007/01/11 17:37)

956 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 16:06:08 ID:7qp/vlw/0
捏造!あるある大辞典

957 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 19:28:52 ID:TSzpFGth0
産経みたいなのを英語でイエローペーパーって言うらしいね。

958 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 19:58:53 ID:JuG2GLMc0
嘘作るマスコミ、見る凡人、買いに走るバカ

959 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 20:00:03 ID:mu1eqbiF0
嘗てヒトラーは大衆は馬鹿だと言ってたそうだが、今回の納豆騒ぎは見事にそれを証明したな(w


960 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 20:10:44 ID:3zUWsYDZ0
>>959
納豆を食べるだけで数キロもやせるのは確かにおかしいが、
各種数値まで捏造しておいて騙される方が馬鹿というのはひどい話だ。



961 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 21:29:15 ID:U3xOBolH0
あさってのKKK抄は、そのまんま東、か

>そのまんま東氏が“漁夫の利”当確 宮崎県知事選
>http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/070121/skk070121003.htm

毎読も当確を出したが朝日が慎重にもまだ当確を出さない。

962 :T:2007/01/21(日) 21:58:06 ID:6kGRc3U/0
『あるある』の代わりに放送された『スタメン』
1時間検証番組をするとも思わなかったが頭にアナウンサーが経緯を話しただけで
本編では全くふれず・・
おわったな爆笑問題(そっちかよ

『下流社会』で名指しで下流御用達テレビ局と言われているのに
信用する視聴者の自己責任も当然ある
これからは「この番組はフィクションであり実在の議員特権、議員宿舎とは関係ありません」と
テロップを入れましょう

zakzakに釣られて2ch閉鎖オフなんかする奴は居ないだろうな?(w

>>935
パイプラインの問題って結局、金を払うか払わないかの契約違反の問題なのに
3kの脳内では一方的な経済制裁になって居るんだね(w
ロシアが熊、アメリカが鷲、中国がパンダだとすると日本はなんだろう?
キジ?


963 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 22:00:31 ID:QSPWcBGw0
明朝のサンケイショーは

週間朝日であるある探検隊

964 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 22:00:44 ID:3zUWsYDZ0
マラソン大会すら、ちゃんと実施できないフジ産経グループ。
(サンスポのミスじゃないみたいだが、失敗続きだなあ。)

<千葉マリンマラソン>誘導ミスでコース短く 参考記録扱い
http://www.ocn.ne.jp/news/data/20070121/m20070122p1500m050065000c.html?TNt
 千葉市の千葉マリンスタジアム周辺で21日に行われた「第31回サンスポ千葉マリンマラソン」
(千葉市陸上競技協会、サンケイスポーツなど主催)のハーフマラソンの部で、同協会が間違った
誘導を行い、コースが2350メートル短くなるミスがあった。計6332人が参加していたが、
記録はすべて参考記録扱いとなった。

965 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 22:10:55 ID:zfA9am370
>>916
>「戦後」派って、一般的に、戦後生まれのことを指すんじゃないの?

違う。


966 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 22:30:02 ID:rfofgv010
>961
「知名度に釣られてミーハー気分で投票するのイクナイ!!」
とかやらかしてくれないかなあ。

>964
陸上協会のミスなんだろうが、サンスポが関わっただけでこんな事件が起きる。
これを『法則』と言って(ry

967 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 23:08:21 ID:mu1eqbiF0
>>962
ドラマ板ではフジの一連の不祥事はレガッタの呪いだと言われているな(w
新社屋の呪いに続いて新たな呪い発生の予感。

968 :文責・名無しさん:2007/01/21(日) 23:10:44 ID:QSPWcBGw0
明後日のサンケイショーは

そのまんま再チャレンジで壺?。

969 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 00:03:19 ID:oLkA52kD0
現行憲法無効宣言問答集 http://www.meix-net.or.jp/~minsen/mondou/framepage1.htm
新無効論 / 帝国憲法>講和条約[日本国憲法]>現議員の地位 ●http://www.youtube.com/watch?v=ZGRXpc-bmRY
Playlist: 憲法無効論か?憲法改正論か? 小山常実、渡部昇一 ●http://www.youtube.com/view_play_list?p=E8B4E9CFE1B6826B
米製憲法無効論/大日本帝国憲法改正論/西村眞悟 ●http://www.youtube.com/watch?v=DLNXofQTAu4
大日本帝国憲法に一旦戻すのが正しい ●http://www.youtube.com/watch?v=1cOzPGdD_R8
憲法「改正」とは言わないほうがよい! 水島 総 / 渡部昇一 ●http://www.youtube.com/watch?v=uW6SJYrPfu4
日本国憲法無効破棄論 / 石原都知事 ●http://www.youtube.com/watch?v=4NusqDSK_Mw
新無効論〈一連講和条約説〉南出喜久治 (2-1) ●http://www.youtube.com/watch?v=ePIWDLdFAq8
新無効論〈一連講和条約説〉南出喜久治 (2-2) ●http://www.youtube.com/watch?v=onKAKm_1Jl4
Playlist: 憲法無効宣言「帝国憲法違反」南出喜久治 ●http://www.youtube.com/view_play_list?p=829DA76F3D399292
Playlist: 憲法と占領典範の無効宣言/南出喜久治 ●http://www.youtube.com/view_play_list?p=9ACB443698C49605
Playlist: 靖国神社と 現行憲法  南出喜久治 ●http://www.youtube.com/view_play_list?p=C5B286C5F3B1BF51
Playlist: 渡部昇一の大道無門 / 弁護士 南出喜久治 ●http://www.youtube.com/view_play_list?p=B224B48D09A16017

970 :五十川卓司 ◇soalaRO1Zo :2007/01/22(月) 00:26:17 ID:ZVmlN/sv0
富士TVの健康情報番組での捏造問題は裏番組にあたるTBSが
「華麗なる一族」の視聴率を上げんがための業務命令を受けて
NTT総人労を下請け制作会社に侵入させ、納豆を究極の栄養
食品として恣意的に宣伝させたと言うのが真相であろう。


971 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 00:30:20 ID:mbm4LyLX0
「新聞を疑え」by産経新聞


「テレビを疑え」byフジテレビ

972 :五十川卓司 ◇soalaRO1Zo :2007/01/22(月) 00:31:23 ID:ZVmlN/sv0
追記>>970
フリフリフリ、ハッチャキ、マチャアキ知ってる?
ハッチャキ、ウー、セブン!
さよならと書いた手紙、テーブルの上に置いたよ♪
おっかみさ〜ん、時間ですよ〜


973 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 00:33:14 ID:iUD13Frx0
おーい、あの山本雄史が全国版デビューだぞー奉祝。
転向したのか、世間にもまれたのか、数年目のウヨクの片鱗も見当たらないw

東氏当選 タレント候補脱却の陰に20代ブレーン集団
http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/070121/skk070121005.htm

そのまんま東氏の勝利に貢献した若者。
http://yamamotot.iza.ne.jp/blog/entry/105138/


974 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 01:16:01 ID:nV5tTF8t0
>>962 滅多な事を言うもんじゃないよ、とたしなめてみる。連中(敢えてどういう類かは
明記しない)なら高麗雉が多く放たれているのだって「**特権!!」とか叫びかねないよ?

975 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 01:30:26 ID:NMcpFtur0
あるあるで放送していた健康体操もう1年続けているんだが、まさか実は筋肉や関節を
著しく傷めますとか言う話になるんじゃないだろうなあ・・・

976 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 01:36:57 ID:iUD13Frx0
そのまんま東氏の勝利に貢献した若者。
http://yamamotot.iza.ne.jp/blog/entry/105138/
>どういうわけか、多摩支局にいる私が、ひそかに取材を進めて
> いた「20代のブレーン集団」の記事が日の目を見た。

今読み返すと臭い臭い。
山本雄史記者本人がそのまんま東の「20代のブレーン集団」に深くコミットメントしていたように思える。

977 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 04:25:50 ID:GBNhj6RJ0
発掘あるある大事典U 納豆捏造謝罪
http://www.youtube.com/watch?v=shIXiYk_NAA

978 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 06:25:50 ID:Jrr9u3cF0
 17歳の吉永小百合さんの笑顔はひたすらまぶしかった。失業した職工の
父親、北朝鮮に「帰国」する在日朝鮮人の級友らを通して、社会の矛盾を
見つめながら、けなげに生きる少女の姿は、40年以上たった今も目に浮かぶ。
 ▼東京・上野の国立科学博物館で開かれている「ものづくり展」(2月18日
まで)を見ているうちに映画『キューポラのある街』を思い出した。日本の素材
加工技術を紹介する展示には、もちろん映画の舞台となった鋳物工業の町、
埼玉県川口市の企業も参加している。
 ▼鋳物とは、溶かした金属を鋳型に流し込んで作るものだ。砂で作る型では、
木型を砂に埋め、それを取り除いた空間が型になる。普通は粘着材を使って
砂を固めるのだが、使用後の砂の処理がやっかいだ。そこで一瞬に真空状態に
して砂型を固める技術が開発されていることを初めて知った。
 ▼経済産業省の統計によれば、平成2年に機械輸出の3分の2が完成品で
あったのに対し、15年時点では、ほぼ半分を機械部品が占めている。国境を
越えた分業体制が進むなか、「世界でただひとつの技術」が求められている
ことがわかる。
 ▼その最たる例が、17年に「ものづくり日本大賞内閣総理大臣賞」を受賞
した福田金属箔粉工業という京都の会社だ。銅粉を使った電磁波を遮蔽
(しゃへい)する塗料は、世界中でパソコンや携帯電話に使用された。産業の
空洞化に備えて、今後の日本産業は、ハードよりソフトを重視すべきだ。こんな
言葉に踊らされていた自分が恥ずかしい。
 ▼そういえば、吉永さんがテレビCMで宣伝している薄型テレビも好調らしい。
映画の記憶を通して、彼女をものづくりの女神に見立てたとしたら、広告担当者の
作戦は当たったといえる。
(2007/01/22 05:01)

----
「あゝ上野駅」の次は「キューポラのある街」で団塊の支持を目指すのか?とか
機械完成品輸出が減ったことをなんで喜んでるんだとか・・・。
ついでに、本日の「主張」の見出しw
>【主張】省庁再々編 議論の前提は小さな政府(01/22 05:03)

979 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 06:34:25 ID:TkrbBQrv0
>>978
珍しく「産業経済新聞」らしい内容だな。たぶん、細かい説明部分は正確じゃないんだ
ろうけどw  ハード vs ソフトって言うよりは、技術をどう生かすか、って"水平思考"の
問題だと思うな。PS3 vs Wiiで、Wiiが勝利する みたいなもんで。

980 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 07:09:53 ID:PX82locy0
>>953

それは、事前に漏洩したのではないよ。
流通業界ならごく当たり前に行われている。

確か、広告代理店を通じて耳打ちされている
のではなかったかな。

漏洩というか、事前にそのような契約になって
いて、大手は「あるある」の内容をあらかじめ
把握しておいて、発注をかけてあるわけ。

おそらく、そうしたプレッシャーも番組捏造
の原因になったのだろう。


981 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 07:25:30 ID:v6tKcSmd0
分業話で特化技術って話のオチに完全内生産化のシャープ亀山工場を持ってくるなよ。
まさか亀山工場はパネルだけだと思っているのか?

982 :T:2007/01/22(月) 08:08:59 ID:vaQpRTcJ0
http://www.asahi.com/jinmyakuki/TKY200611070267.html
>「イラク戦争支持とか先制攻撃がどうとか……。ここはしっかりみんなで考えて、声にださないと大変なことになるという
>危機感が強いんです。憲法九条は読めば読むほどすばらしい。一人一人の命を守るという原点に世界が帰ってくれたら。
>まあ私なんか、そんな力はないんですけど」

物づくりに限らず日本の企業が駄目になったのは
終身雇用などの日本型経営が崩れて
派遣、フリーターに頼るようになったからだと思う
責任や技術の伝承は正社員で年功序列を前提にしなければ守れない
中国のように人件費を削ることばかり考えれば当然の結果

不二屋、北ガス、3k新聞 すべて根が同じ
3kだって朝日並に給料と記者の人数を増やせばまともな新聞になる

983 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 10:02:28 ID:NMcpFtur0
最近知名人の名前が文頭に出てくると訃報かとギクッとさせられるよ。

984 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 11:05:08 ID:9aUotshw0
74集の>>1をつくってみた。

ネタ元:2007/01/10
http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/sankeisho/070110/sks070110000.htm

     。_o=oヽ  / 占領下の日本に連合国軍最高司令官として君臨したマッカーサー
    (__ U)<  元帥は、米国に帰ってすぐ、日本人のことを「12歳の少年のよう」と
    _φ  ⊂)_\ 語って、日本国民を憤慨させた。今なら何歳と見るだろう。
 . /旦/三/ /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
 | 3K新聞  |/

1案
                     ∩ ∧ ∧∩/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ∩∧ ∧∩\( ゚∀゚)< アメリカ合衆国51番目の州
永 遠 の 1 2 歳>( ゚∀゚ ) / |    / \_____________
________/ |    〈  |   |
                / /\_〉 / /\〉
                ̄     / /
                      ̄
2案
                      ∩ ∧ ∧∩/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ∩∧ ∧∩\( ゚∀゚)< 体格は大人 精神年齢は12歳
暴走!あるある防衛省>( ゚∀゚ ) / |    / \_____________
 ________/ |    〈  |   |
                 / /\_〉 / /\〉
                 ̄     / /
                       ̄

1案・2案以外に良いものがあれば、それも募集する。


985 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 11:20:24 ID:hIpiYb7D0
3案
                      ∩ ∧ ∧∩/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ∩∧ ∧∩\( ゚∀゚)< 見た目は大人! 頭脳は子供!
 逆コナンかよ!! >( ゚∀゚ ) / |    / \_____________
 ________/ |    〈  |   |
                 / /\_〉 / /\〉
                 ̄     / /
                       ̄


986 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 11:29:28 ID:N3cFtLOR0
>>984

3案
                      ∩ ∧ ∧∩/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ∩∧ ∧∩\( ゚∀゚)<新聞を疑え テレビを疑え 
暴走!あるある防衛省>( ゚∀゚ ) / |    / \_____________
 ________/ |    〈  |   |
                 / /\_〉 / /\〉
                 ̄     / /


987 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 11:39:21 ID:t4YrX8W10
「北朝鮮に『帰国』』から始まって、日本産業のあり方を真面目に語るなんて
産業や経済の新聞みたいじゃないか。

われらの産経抄なら「ものづくり」から初めて、吉永小百合を経由して
北朝鮮への「帰国」を賛美した進歩的知識人を叩くのが筋だろう。


988 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 12:25:44 ID:L8Is+B1j0
毎週着実に下落する安倍内閣支持率(さすがに支持率は捏造できないようですね)

内閣「不支持」48% 初めて支持上回る 1月22日8時0分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070122-00000004-san-pol
 フジテレビの「報道2001」が21日、公表した世論調査
(首都圏の成人500人対象・18日実施)で、安倍内閣の不支持率が48・0%に達し、
安倍政権発足以来、初めて不支持率が支持率(41・2%)を上回った。
 昨年9月の政権発足直後には67%を記録した支持率は下落傾向に歯止めがかからず、
今年1月に入って、45・0%(4日調査)、43・8%(11日調査)と不支持率と同率で推移してきた。
 昨年末、官舎の不適切な使用で当時の本間正明政府税調会長が辞任したのに続いて「政治とカネ」に
かかわる問題で佐田玄一郎氏が行革担当相を辞任。最近も閣僚らの事務所費をめぐる問題がマイナスイメージとなり、
支持率低下につながっているものとみられる。 最終更新:1月22日8時0分

989 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 12:58:24 ID:sQb0qf6I0
でも、その吉永小百合さんは九条の会の会員。残念でした。

990 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 13:07:59 ID:e9e2Gzp20
>>982
>3kだって朝日並に給料と記者の人数を増やせばまともな新聞になる

くらくらくらw

991 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 13:24:00 ID:7d5fwGCM0
『産経抄』ファンクラブ第74集
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/mass/1169439792/

992 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 17:48:53 ID:Jrr9u3cF0
>991
乙。

関西テレビの「あるある」は、捏造ではありません!
フジサンケイでは、事実と妄想の区別をつけないのが基本なんです!

993 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 20:54:42 ID:dof5PKNd0
一応後ろの方の面の検証記事では「捏造」の文字は使ってたけどなw

994 :文責・名無しさん:2007/01/22(月) 21:53:52 ID:NMcpFtur0
名人劇場以来ずーっとスポンサー続けてきた花王が降りたのは関西テレビにとってもフジテレビに取っても
かなりの痛手だね。それだけ根が深いって事か。週刊朝日の記事読んだらめちゃくちゃだもんな。

995 :T:2007/01/22(月) 23:59:42 ID:vaQpRTcJ0
>>991 乙

>3kだって朝日並に給料と記者の人数を増やせばまともな新聞になる
確かに半分はネタだけど半分は本音だよ(w

リストラ>夕刊廃止>リストラ>値下げ>リストラ>BI、EX創刊と
なんか教科書通りに負のスパイラルに陥っている
読者の欲しているのは低価格でもきれいな写真でもなく
正確な情報とちゃんと取材した上でのジャーナリズム
論調だの思想だの以前に取材能力の差で話にならない

せめて校正だけでもアルバイトじゃなく正社員にすれば「汚名挽回」なんてふざけた誤用はふせげる
新聞業界では常識なのかもしれないが他の企業なら品質管理を
アルバイトに任せるなんてあり得ない

3k社員が批判しなけりゃならないのは朝日の高給じゃないだろ
自分の会社の経営陣

996 :文責・名無しさん:2007/01/23(火) 07:54:42 ID:Dw38Oyuw0
>991


>今後の日本産業は、ハードよりソフトを重視すべきだ。こんな
>言葉に踊らされていた自分が恥ずかしい。

「ソフトを重視すべき」なのに産経文化人の三浦先生は「ゆとり教育」推進w

結局、ハード・ソフトのバランスがとれないと駄目ってことでしょう。

997 :文責・名無しさん:2007/01/23(火) 10:48:28 ID:qiLH7nON0
>>979

ハードとソフトを対立させる考え方はおかしいよな。
だから、
 
 >>978
 >産業の空洞化に備えて、今後の日本産業は、
 >ハードよりソフトを重視すべきだ。こんな言葉に踊らされていた自分が恥ずかしい。
   
は、たしかに恥ずかしい。

998 :文責・名無しさん:2007/01/23(火) 15:04:31 ID:j4VqzMcF0
次スレ
『産経抄』ファンクラブ第74集
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/mass/1169439792/

999 :文責・名無しさん:2007/01/23(火) 15:05:27 ID:j4VqzMcF0
次スレ
『産経抄』ファンクラブ第74集
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/mass/1169439792/

1000 :文責・名無しさん:2007/01/23(火) 15:06:04 ID:j4VqzMcF0
次スレ
『産経抄』ファンクラブ第74集
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/mass/1169439792/

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

427 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)