5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★哀れ『論座』の凋落ぶりをご覧あれ★2★

1 :文責・名無しさん:2006/09/11(月) 05:56:54 ID:y7L3H8h1
http://bignet2.bunkyodo.co.jp/bignet2/magranking.asp?id=bunge

『WiLL』に大差…。
『諸君』に完敗……w

前スレ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1142085255/

81 :文責・名無しさん:2006/09/23(土) 09:37:12 ID:k/odr1gR
>>80
逆だろ。
映画は平成9年くらい。鈴木は平成13年に破綻。
映画は負債60億というのは嘘らしく、資産売却後は47億円程度(日経ビジネス)
鈴木の方は、負債40億円だが、この中でも岩波本体の負担分が債権+債務保証が9億円。
関連会社からの融資が15億円の24億円の負債を背負い込むことになったが、実際にヤバイ
のは>>7が示してくれた出版社リストの左翼系の中でも零細出版社。
鈴木からかなり回収できない債権があったらしい。
経営規模が小さいだけに数千万単位の債権が回収できないだけで債務超過に陥ったりした。
当時で250億程度の売上しかない岩波だけに64億円の負債は大きいと言えよう。

82 :文責・名無しさん:2006/09/23(土) 15:38:28 ID:L8v03xrm
鈴木書店は債務超過を20年続けた。バブル期に改善されたが世の中が保守化した
70年代後半から本が売れなくなり始め、バブルで少し持ち直したに過ぎない。
「保守>革新」が確立した90年代になってからは火の車状態。だから潰れた。
岩波もプレジデントや選択、東洋経済などによると10年以上10%売上減が
続いているらしい。小学館傘下に入るという噂も絶えないが買収するとどれくらい
かかるんだろう?

83 :文責・名無しさん:2006/09/24(日) 04:40:09 ID:SZWumZTT
>>19
aho

84 :文責・名無しさん:2006/09/24(日) 09:28:27 ID:t2iYcFNd
>>82
総売上が200億円で売却されたというと良い例があるよ!
我がソフトバンクホークスがそれ。
球団の売上は200億円前後で安定していたけど、95億円もの巨額債務
があった。状況は岩波と同じようなもの。
その債務を株式にして当時経営母体だったダイエーに引き取らせた。
これで球団は取りあえずは借金がなくなった。
その状態でソフトバンクに売却した額が50億円。
小学館ならそれくらいは出せるでしょう。プレジデント社買収した実績も
あるし。

85 :文責・名無しさん:2006/09/24(日) 10:44:53 ID:a8zVIVCP
>>69
新たなる痛み!
152 :文責・名無しさん :2006/09/21(木) 22:12:21 ID:/CnNaBHa
オピニオン誌なんて全然売れてないじゃん。
よく書店に行くけど発売日からほとんど減ってないし。
なんかどこかまとめて買ってんのかな?

154 :文責・名無しさん :2006/09/22(金) 05:52:09 ID:XjAnWG5O
>>152
文芸春秋以外は、せいぜい10万しか売れてないのだから、普通の本屋じゃそうそう減らないよ。

86 :文責・名無しさん:2006/09/24(日) 12:10:21 ID:scunFYOT
安江良介は、言いたいこと言って、会社を傾かせ、死んでいったんだな、
幸せな奴だよまったく。

87 :文責・名無しさん:2006/09/24(日) 12:17:34 ID:tMuWcZQj
たそかに宮崎・川端対談だけはおもろい。
しかし、宮崎が川端にたいして「出たね、またまたサヨクの珍説」てなことを毎回言ってんだけど。
論座買うような人はこれをどう思うんだろ。

88 :文責・名無しさん:2006/09/24(日) 16:26:10 ID:uixIq2tE
バカ波は89年に871億円もの売上があったのが落ちに落ちて250億まで下がった。
毎年落ちていると言うことは先がないということ。
ホークス球団は収入に関しては安定的。しかも借金なしで50億なら多額の借金
のあるアホ波が割り引かれるのは当然。もっと安く買える。

89 :文責・名無しさん:2006/09/24(日) 19:45:06 ID:MNK2AVeY
2001年12月3日付の日本経済新聞に鈴木と岩波の経営危機が書いてある。
図書館や教育機関の経費大幅削減と高額図書の切り捨てが不振の原因。
それに保守系首長や保守系議員の多い議会の影響、そして市民の保守化が
拍車を掛けて左翼出版を追いつめていったというわけさ。

90 :文責・名無しさん:2006/09/25(月) 21:30:21 ID:5miNFw5y
昔の「論座」には福田和也と磯崎新の対談を連載してたし
昔の「SAPIO」には島田雅彦や高野孟がよく顔を出し
浅田彰とスーザン・ソンタグの対談も連載してた。

当時はいまのような左右の激しい対立関係はなくて
もっと、ゆる〜い感じでマターリしてたんだよ。

最近の「諸君」「正論」「SAPIO」は、ちょっと叩きが強すぎるし
「論座」は追い詰められて余裕が無く必死な感じ。

読売に買われる前の「中央公論」みたいな
中立で質の高い論壇誌を読みたいが、そういうのは日本に無くなってしまった。


91 :文責・名無しさん:2006/09/25(月) 21:40:15 ID:sjoa556K
保守系の人は左系のメディアに呼ばれれば出るが、革新系の人は右系のメディアに呼ばれても出ない。

92 :文責・名無しさん:2006/09/26(火) 14:15:48 ID:dlX9ptHp
ウイルきたあーー。
 明日発売の「WiLL」11月号から
⇒本誌総力特集:反日スクラムに「NO!」を突き付けろ!
■渡部昇一「中・韓・北 悪の枢軸を斬る!」
■黄文雄「永久保存版−韓国・北朝鮮を永久に黙らせる100問100答」
■山際澄夫「中国の手先!?地方紙を蝕む共同通信の偏向記事」
■石 平「軍国主義、ファシズムに走る中国の若者たち」
■宮崎正弘「中国『反日記念館』のデタラメ展示」
■安東幹「日本で反日を煽る中国語新聞の捏造記事」
⇒大特集・安倍新総理へのエール
■大下英治「安倍新総理を育てた肝っ玉母さん大いに語る」
■蒟蒻問答:堤堯×久保紘之「安倍は岸と光源氏のDNAを持っている」
■特別寄稿:八木秀次「今こそ教育再生の嵐を巻き起こせ」
⇒江川紹子「麻原死刑確定がなぜ「司法の崩壊」なのか」
⇒スクープ
■加藤昭「ロシア国防省高官が明かす、テポドン2号の真実」
http://web-will.jp/latest/index.html


93 :文責・名無しさん:2006/09/26(火) 23:49:29 ID:PaF1cYwI
>>89
俺の住んでる近所にある図書館はどこも左翼系出版物ばかり置いてある。
岩波の出版物も大量にある。多分岩波は図書館に相当助けられてるはず。

94 :文責・名無しさん:2006/09/27(水) 07:17:59 ID:yoBH7H89
なんだかレンタルCDショップに卸す分くらいしか
売れないCDみたいだな


95 :文責・名無しさん:2006/09/29(金) 21:35:51 ID:MOY9EFi8
>>94
うまいこと言う香具師もいたもんだ。w

96 :文責・名無しさん:2006/09/29(金) 22:29:48 ID:zoODZP8x
>>90
中央公論は読売に買われたおかげで穏健になったんだよ。
それまでは極左暴力集団を含む左翼過激派を擁護したりする始末。岩波の「世界」
と比較しても遜色ない極左雑誌だった。

ただ、中央公論といえば天皇制廃止、護憲などが売りだったのに読売に買われて
からは、むしろ天皇を護ることや改憲を主張している。
保守の自分からすれば、過去の悪行を忘れていないので何を今さらという感じで
受け入れる気にはならないな。
要するに中央公論は読売買収後は昔の中央公論ではなくなったということ。

保守系論壇誌はもっと左翼系論壇誌を叩くべきだという意見もある。
なぜなら岩波の「世界」が過去にどれだけの嘘を書き連ねてきたかは言うまでも
ないが、北朝鮮問題では詭弁にしかならない言い訳をするだけで、他のデタラメ
オピニオンに対しては何らの総括も行っていない。
それどころか姜尚中氏などは「論座」において、過去を「暴く」保守系論壇誌の
やり方は卑劣と言うことまで言い出す始末。言いっ放しでは競馬場にいる予想屋
と同じレベル。よく予想ハズして「今度は大丈夫!」とか叫んでいるおっさん。
それに「暴く」というのは秘密扱いの情報を表に出す時に使用すべき言葉で最初
から表に出ている過去のオピニオンを検証することは「暴く」とは到底言えない。
左翼は過去を触れられたくないからこういうバカな表現をするのではないかと疑う。

そういう意味で過去の総括を自分で行えない左翼論壇誌をどこかで総括しないと
いけない。第4の権力とも言われるマスコミだけに発言には責任も伴うから、この
プロセスは必須。捏造や歪曲、虚偽情報の流布はもってのほか。デタラメを仮に流して
しまったのであれば訂正、修正を行った上での謝罪が必要。しかし、それをしない。
このことからも保守系論壇誌はまだまだ左翼を叩き足りない。

97 :文責・名無しさん:2006/09/29(金) 23:31:01 ID:+FWUqBRg
と極右が叫んでおります!

98 :文責・名無しさん:2006/09/29(金) 23:51:55 ID:7xV87NHN
と極左がラベリングに励んでいます!

99 :文責・名無しさん:2006/09/30(土) 00:09:57 ID:Dl7w72Ln
>>96はかなり興味深く読ませていただきました。
>>97みたいなバカは邪魔だから消えろ。

100 :文責・名無しさん:2006/09/30(土) 00:35:50 ID:HhvyF9aI
1日(日)発売の月刊誌【諸君!】11月号
⇒本誌総力特集:安倍政権にカツを入れる!
■岸信介のDNAをもっと磨け
平沼赳夫(衆議院議員)/松原 仁(衆議院議員)櫻井よしこ(ジャーナリスト)/遠藤浩一(評論家・拓殖大学客員教授)
靖国、憲法、教基法改正などの重要課題で、保守の精神を忘れたら政権は短命に終わる
■福田がコケたもんだから…「小沢」にすがる「朝日」の魂胆  稲垣 武(ジャーナリスト)
執拗なまでの安倍叩きを続けて最終的に到達した結論が「小沢主義」との共生なのか?
■森の清談「“またヤル”と小泉が言ったら…」森喜朗(元内閣総理大臣)/宮崎哲弥(評論家)
「福田不出馬」の真相から安倍政権誕生秘話まで、オシム語録ならぬ森語録で語り尽くす
■「歴史」で“対日永久縛り”を目論む中国−ならば「政歴分離」で臨め   上村幸治(獨協大学教授)
中国が持ち出す歴史は変幻自在。幻惑されることなく、政治で争い、経済で戦うべし
■さらば内弁慶−「南京の虚構」を世界に発信しよう  北村 稔(立命館大学教授)
アイリス・チャンらに歪められた歴史像修正のためにも「沈黙は金」はもはや許されない
■展示パネル編集責任者の証言−米中の「遊就館」批判に応える
永江太郎(軍事史学会理事) 聞き手・高橋久志(上智大医学教授)
展示責任者がついに沈黙を破って反論。歴史を描く資格は勝者にしか与えられないのか
■男系・女系 激突対談「悠仁さま御誕生で皇室典範はこう改正しよう」高橋 紘(静岡福祉大学教授)/八木秀次(高崎経済大学教授)
「女系天皇、直系の長子優先という有識者会議の結論に今も賛成」(高橋)
「新たな有識者会議を招集し男系皇族を増やすために意を砕くべきだ」(八木)


101 :続き:2006/09/30(土) 00:37:04 ID:M54c88aN
■アスリートが「日の丸」を意識する秋(とき)
イチロー独占インタビュー
日本を離れて「日本」が大好きになった  鷲田 康(ジャーナリスト)
五輪やW杯の本番で、「日の丸・君が代」は選手を励ましたのか、重荷になったのか……メダリストら18人が赤裸々に語る
松井秀喜/村主章枝/上原浩治/釜本邦茂/荻原健司/有森裕子/山本貴司/堀井学/吉原知子/具志堅幸司/城彰二/小野寺歩/林弓枝/斉藤仁/平尾誠二/宮本慎也/秋田豊
特集 真の人権弁護士の結論──「悪い奴は懲らしめろ!」
■少年法は諸悪の根源なり  中嶋博行(作家・弁護士)
イジメ、親殺し……悪化する一方の少年犯罪に歯止めをかけるために社会は何をすべきか
■極悪非道の「酔っぱらい運転者」を征伐せよ  松本 誠(弁護士)
交通事故の急増は人災だ。厳罰化と司法システムの改革で悲劇の連鎖を断ち切るしかない
■「中国はアニメ大国になれない」  江川達也(漫画家)/弘兼憲史(漫画家)
いくら反日教育をしても中国の青少年は日本製アニメに夢中。見かねた共産党は国家アニメの制作を?
■「言葉と世界」拡大版──「参考資料」のうたについて
ゲド戦記 作詞者 宮崎吾朗氏への疑問  荒川洋治(現代詩作家)
貴方の御作りになった歌詞は私の詩ににすぎてはいませんか(萩原朔太郎)
■岩男寿美子・猪口邦子・大沢真理・上野千鶴子
「男女共同参画社会」を夢想したジェンダー女帝たちの相関図 秦郁彦(現代史家)
十兆円もの国家予算が計上され地方には女性会館だらけ。誰がこんなフェミな日本にしたの
■なぜ台湾新幹線は「迷走」するのか  酒井 亨(在台湾ジャーナリスト)
進捗はかばかしくない遠因には日台の文化摩擦? 日本側の怠慢な対応にも問題があったのでは
■マラッカ海峡はイラクより怖い  山田吉彦(日本財団広報チームリーダー)
海賊と海上テロの危険に晒される「日本の生命線」。中国の台頭による地政学的変化を現地リポートする
http://www.bunshun.co.jp/mag/shokun/index.htm


102 :文責・名無しさん:2006/09/30(土) 10:07:29 ID:sw9yhoWC
>>96
激しく同意します。
ただ、朝日新聞の過去の悪行は頻繁に総括されていますが岩波の方には
いまいち甘いですよね。なぜなんでしょう?

103 :文責・名無しさん:2006/09/30(土) 10:40:35 ID:u7cYnEOI
>>99みたいなバカは邪魔だから消えろ。


104 :文責・名無しさん:2006/09/30(土) 10:43:06 ID:NwTPbG18
>>103みたいなサヨは邪魔だから消えろ。

105 :文責・名無しさん:2006/09/30(土) 12:21:32 ID:XDNIxmL9
もう岩波の影響力は学会にもほとんどない。
まして政治家レベルのなると社民党と共産党の一部くらい読んでいないだろう。
はっきり言うと国民意識や政権への影響力が皆無だから叩いても仕方ない。
岩波程度を叩けというなら、高文研とか同じような零細もいちいち叩かなくては
ならない。
それに叩いたところで、みんな知らないから意味もないんだよ。
もっとも見る人も多い朝日はうそばかり書いているから叩く必要がある。
確かにマスコミだから何でも自由に書いていいというわけではなく、責任ある
報道が求められると思う。

106 :文責・名無しさん:2006/09/30(土) 15:51:44 ID:vNpzSPdn
朝日とか岩波って「報道の自由」を免罪符にして
ウソとか歪曲してるような気がするけどどう?

報道機関に責任ある発言が求められるのは当然だと
思うな。左翼は二重基準なんだろうけど。

107 :文責・名無しさん:2006/09/30(土) 18:43:26 ID:/y6hEyzu
60年以上も昔の戦争の総括ばかりしようとしているのが左翼。
そんな昔の総括よりほんの5年前の拉致事件は公安の自作自演という主張を総括しろと言いたい。

108 :文責・名無しさん:2006/09/30(土) 23:39:25 ID:joLUMgQk
>>84
売上が200億円というのはホークス球団を含めた当時のダイエー、故中内功氏が進めた
俗に言う「福岡三事業」(ホークス球団、福岡ドーム、シーホークホテル)の年間売上。
球団だけだと飲食、グッズ込みで60億円ほどしか売上がない。
論壇誌ファンならダイエーが球団を買収した頃のVOICEあたりにも出てるから勉強
しなおしてこい。

補足するとダイエーからソフトバンクに売却されたのは球団のみ。実際には50億円が
ダイエーに支払われたわけではない。ダイエーに40億、米国の投資会社コロニーに10億
程度。コロニーは球場とホテルを買収した際に球団の日程編成権なども購入していたため、
それを買い戻すために支払った。
勘違いしている人もいるが球場は依然としてコロニーのもので命名権がソフトバンク側にある。
球団の累積債務は100億円近くに達していたが、三事業全体では1200億円ほどの累積債務が
生じていた。

よって、250億の売上で60億程度の累積債務を抱える岩波と、60億の売上で100億もの
借金を抱えたホークス球団では目に見える部分だけだと岩波の方が高くなる。
さらにホークスは週刊ベースボールによると年間40億もの最終赤字だということで大きく
値引きされる。ネームバリューという目に見えない部分で、世間の印象の悪い岩波よりは
ホークスの方が価値があるが、総合すると岩波はホークスよりは少し高いと思われる。

109 :文責・名無しさん:2006/10/01(日) 08:16:23 ID:Vof1lvRS
>>104みたいなウヨは邪魔だから消えろ。


110 :文責・名無しさん:2006/10/01(日) 10:02:38 ID:auUk+FWN
>>108
VOICEはずっと買っているので当時のものもあるが「ダイエー」という
よりも「コロニー」や「ウェッジウッド」などのハゲタカファンドの
特集の中で触れられているね。

111 :文責・名無しさん:2006/10/01(日) 10:58:28 ID:vfXaW2AN
>>105
経営破たん秒読みの会社だから銀行も相手してない。
ナルニアで大量在庫を抱えて、ゲドもハウルほどヒットせず。
もっとも映画の興行収入は岩波に入らないので、本が売れるしか
ないが、思ったほどには売れていない。1巻は良く売れてるけど。
>>108
2007年版の業界地図を見ると岩波の売上が200億まで落ちてきている。
業界ベスト10入りしていた頃の面影はないな。
>>110
ウェッジウッド=陶器メーカーのブランド名
リップルウッド=投資ファンド
>>106
そのダブルスタンダードを悪いことと思っていないのが左翼。
指摘されて無視するのはまだましな方でなぜ悪いのかと逆切れ
したり、報道の自由の侵害と叫ぶサヨは始末が悪い。

112 :文責・名無しさん:2006/10/01(日) 21:54:05 ID:4o8Pe7wM
保守系の中ではVOICEが一番政府マンセー系だな。

113 :文責・名無しさん:2006/10/02(月) 20:30:07 ID:k5akLRZ5
雑誌売上ランキング画面 株式会社文教堂 (10月2日更新)
順位 前回 雑誌名    出版社     販売冊数
1  (1)  文藝春秋   文藝春秋    10351
2  (2)  Will       ワック      2350
3  (3)  オ−ル讀物  文藝春秋    1960
4  (5)  ダ・ヴィンチ  メディアファク  1901
5  (7)  ラジオ深夜便 NHKサ−ビス 1742
6  (8)  歴史街道    PHP研究所   1531
7  (9)  歴史群像    学習研究社   1523
8  (6)  正論       扶桑社      1512
9  (13)  現代       講談社      1483
10  (4)  諸君!     文藝春秋    1478
------------------------------------------------------------
22  (22) 世界     岩波書店     472
------------------------------------------------------------
どうも圏外みたいですね、論座。
ttp://bignet2.bunkyodo.co.jp/bignet2/magranking.asp?id=bunge


114 :文責・名無しさん:2006/10/02(月) 21:28:47 ID:+l1DD5uc
金稼ぎのための雑誌じゃないから部数でくどくど言っても意味ないのでは?

115 :文責・名無しさん:2006/10/02(月) 22:52:08 ID:RjlLjNAC
でもさあ、他のオピニオン誌と比べて明らかに売れてないってのはやっぱ問題なんじゃないの?

116 :文責・名無しさん:2006/10/02(月) 22:53:58 ID:hkr5LnA7
 文藝春秋はなんであんなに売れるの?

117 :文責・名無しさん:2006/10/02(月) 23:34:56 ID:9uXpVl8A
どう考えてもWiLLより創の方が面白いんだけど…。

なんだかこの頃WiLLは執筆陣、論調ともに硬直化が見られる。
相変わらず連載人の記事は面白いんだけどね。
創の混然とした面白さに魅力を感じてしまう。

118 : :2006/10/03(火) 00:11:25 ID:Hahb3g1l
1970年代には、岩波の社長と朝日の社長が

毎年のように北朝鮮を訪問して、金日成と会談してた。

オヤジが団塊サヨで、朝日信者で北朝鮮マンセーだたので、

覚えている。


119 :文責・名無しさん:2006/10/03(火) 08:51:02 ID:HS17jtPe
ここは極右の集まるスレ?

120 :文責・名無しさん:2006/10/03(火) 08:57:07 ID:pC2WVM9x
>>119

論座がムーの足下にも及ばない事を、ニヒルな笑みを浮かべながら確認し合うスレです。

121 :文責・名無しさん:2006/10/03(火) 15:44:25 ID:xbD9qhKy
やはりネットウヨのたまり場ですねw

122 :文責・名無しさん:2006/10/03(火) 17:33:08 ID:qo9ZflNY
>>121
論座を批判すると右翼と呼ばれるんじゃ
論坐は左翼なのか・・・
あんまり自分でサヨクと認めたくないんじゃないかな

123 :文責・名無しさん:2006/10/04(水) 22:50:24 ID:/2r4EUqH
明日発売の月刊誌【論座】11月号
⇒本誌総力特集:言論テロと右翼
■対談◎何が彼らを追い詰めるのか 鈴木邦男(一水会顧問)×宮崎 学(作家)
■言論テロ史◎左右がぶつかり合う時期に事件は頻発する 篠田博之(月刊『創』編集長)
■インタビュー◎「標的」となった人たちは、自らの事件をどう捉え、いま何を思っているのか。
●社会の強靭性が試されている 田中 均(日本国際交流センター シニア・フェロー、元外務省外務審議官)
●「何を言ったか」ではなく「誰が言ったか」で叩かれる 姜 尚中(東京大学教授)
●リスクを避けて闘わない大手メディア 山岡俊介(ウェブマガジン「アクセスジャーナル」編集長)
●「おっかない」なんて言ってられない 溝口 敦(ノンフィクションライター)
●私を銃撃した相手に会いたい 本島 等(元長崎市長)
●「体を張る」の前に、リベラル派の言葉は雑音化した 田原総一朗(ジャーナリスト)
●対話が軽視される今の社会では、むしろ右翼民族派の方が、言葉を重んじています。 中尾征秀郎(政治結社「正氣塾」塾長代行) 聞き手=編集部
■[検証]「建国義勇軍」事件 背中を押したのは誰だ 高橋純子(編集部)
■[ルポ]経済同友会をとりまいた抗議行動−台頭する“草の根右派” 高橋万見子(編集部)
⇒大特集:読売新聞「検証 戦争責任」を終えて 表紙:渡辺恒雄(読売新聞主筆)×保阪正康(評論家・ノンフィクション作家)
●編集後記:過去をたどる作業は「現場」そのものだった 戦争を追いかけた1年を振り返って―浅海伸夫(読売新聞東京本社編集委員)
⇒大特集:安倍新政権
■自民党総裁選とメディア 政治報道に「発話力」を取り戻そう 金平茂紀(TBSテレビ報道局長)×外岡秀俊(朝日新聞東京本社編集局長)
■安倍ブレーンが明かすメディア戦略の舞台裏 世耕弘成(首相補佐官(広報担当))
http://opendoors.asahi.com/data/detail/7640.shtml


124 :文責・名無しさん:2006/10/04(水) 23:16:04 ID:Jp7poyVx
>>123
左派オールスターキャストですな。

125 :文責・名無しさん:2006/10/04(水) 23:57:31 ID:g3zIab/m
論座って星座のように右も左も多様な論を載せるって意味で誌名付けてるけど、
最近は左翼論文一色で世界とほとんど変わらない。

126 :文責・名無しさん:2006/10/05(木) 00:05:26 ID:rKRFDwde
●「何を言ったか」ではなく「誰が言ったか」で叩かれる 姜 尚中(東京大学教授)

「ぼくちん東大の教授だもん!」「くおりてぃーぺーぱーにコメント載せてるんだもん!」「とにかくぼくちん偉いんだもん!」
「実は専攻は朝鮮半島現代政治と全然関係ないけれど、在日だから半島には詳しいつもりだもん!」「セクシーボイスだもん!」
と「誰が言ったか」だけでいろいろ語ってきた方だけに、切実な問題意識があるんでしょうな。すごく期待してます。

127 :文責・名無しさん:2006/10/05(木) 00:12:18 ID:cKN5ug2a
>>96

中央公論- Wikipedia

1999年、発行元の株式会社中央公論社が経営危機に陥り、
旧中央公論社の出版・営業など一切の事業を読売新聞社の全額出資で設立された新会社『中央公論新社』に譲り受ける
(旧中央公論社は特別清算され、解散時の商号は『株式会社平成出版』と称していた)。
これに伴い、読売新聞の販売店でも「中央公論」を取り扱うようになった。
読売新聞傘下に入り、読売新聞社発行の総合誌「This is 読売」(1990年創刊、1999年3月廃刊)の後継誌となったため、
中道的論調は薄れ、親米保守・右翼的論調が色濃くなった。

128 :文責・名無しさん:2006/10/05(木) 01:08:36 ID:ZzRluH5t
論座、またナベツネか

129 :文責・名無しさん:2006/10/05(木) 01:16:07 ID:1P2M5ku5
今回は「言論テロ史」の中で
「何が載らないか」に注目してください

130 :文責・名無しさん:2006/10/05(木) 06:16:56 ID:hfPXPTKX
売れる方が影響力が高いのは常識だろう
上手く操作して保守を装いつつサヨクというのが昔は上手かったんだけどな
最近は飛ばしすぎで下手くそになってないか?

131 :文責・名無しさん:2006/10/05(木) 12:39:12 ID:diu1Y0L/
また朝日新聞御用達の朝鮮右翼を紙面に登場させてるな。
うさんくせぇ〜


132 :文責・名無しさん:2006/10/05(木) 14:29:36 ID:l4m+f6dR

 【総合月刊誌の発行部数ランキング】

     社団法人 日本雑誌協会 調査


1位  文藝春秋 626,750
2位  正論           93,271 
3位  諸君!           81,667
4位  中央公論          42,333
5位  Voice 35,592
6位  論座 19,125
7位  世界           廃刊寸前(僅少すぎて推計対象外)  


http://www.j-magazine.or.jp/data_001/main_a.html
http://www.media5.net/mediadata/abcjapan.htm

→いくら左翼の皆さんが吠えても、「論座」や「世界」は全く支持されず、売れてませんよ。


133 :文責・名無しさん:2006/10/05(木) 17:40:38 ID:NA1NvGM4
>>121
国民のほとんどが論座なんて知らんだろうに、
誰も読んでいない論座を批判したらネットウヨなのか???
じゃあ国民のほとんどがネットウヨ???
つーか論座って書店で売ってる本でしょ???
なにが「ネット」ウヨなのか詳しく説明してくれよ。
スルーすんなよw
わざわざスレ違いで書き込んだからには自信あんだべ?
ま、そんな論座を必死で擁護するお前は確実に「その筋」の者だろうがよw


134 :文責・名無しさん:2006/10/05(木) 23:30:35 ID:uGfR2lMn
>>132
それは少し違くて、世界は僅少すぎて推計対象外じゃなくて岩波が部数の公開に応じてないから。
多分その統計を取ってる社団法人日本雑誌協会に加盟してないんじゃないかな。
半年くらい前正論のブログで部数が話題になった時に大島編集長がWILLは今年加盟したから来年から部数が公開されるって書いてたよ。
その証拠に世界は論座よりも確実に売れてる。 

135 :文責・名無しさん:2006/10/06(金) 12:24:35 ID:8f7WfDbT
>>134
>その証拠に世界は論座よりも確実に売れてる。
図書館に入ってるぶんもカウントしてるの?
あのずっときれいなままのやつw

論座の今月のピンクのナベツネはすごいな。陳列数が少ないから惨めなことといったら...w

136 :文責・名無しさん:2006/10/06(金) 14:45:03 ID:A9qq0ftz
教条的な石頭左翼だったら、歯応えwのある『世界』なり『週金』購読するだろうし、
いわゆるリベラルだったら『中央公論』がある。

論座は結局これらを越えるブランド力をつけれなかった。

137 :文責・名無しさん:2006/10/07(土) 06:44:51 ID:jkRumJUL
今月の論座の右翼特集を読んだ。
右翼を語る論客が生姜、TBS金平、田中均などキムチばかり
「日本の右翼団体は、ほとんど朝鮮系」とシンスゴも明言してるんだけど
なぜか肝心なことについては触れないね

138 :文責・名無しさん:2006/10/07(土) 15:57:46 ID:76Y4SVBK
論座はポカミスが多い。
中国での、SK−U(P&Gの化粧品)排斥運動勃発時に、
「中国がSK−Uを叩いたのは、中国世論が、SK−Uはアメリカ企業の製品だと知らずに、
 日本企業の製品だと誤認して、排斥運動を起こしたためだ」、という説が主流になった。
左翼は、「中国は、SK−Uを日本企業の製品だと思って叩いたのではない、成分分析の結果だ」、と主張したが、
論座の掲載写真に、中国による日貨排斥ブランドとして、
他の日本ブランドに並んでSK−Uが載っていたので、言い込められてしまった。

つまり、現在の論座は、左翼にとっても役立たずなのだ。

139 :文責・名無しさん:2006/10/08(日) 01:04:00 ID:JB2eFOaK
雑誌売上ランキング画面 株式会社文教堂 (10月5日更新)
順位 前回 雑誌名   出版社     販売冊数
1  (1) 文藝春秋   文藝春秋    10366
2  (2) Will      ワック        2350
3  (3) オ−ル讀物  文藝春秋     1960
4  (4) ダ・ヴィンチ  メディアファク   1901
5  (5) ラジオ深夜便 NHKサ−ビス  1744
6  (6) 歴史街道   PHP研究所    1532
7  (7) 歴史群像   学習研究社    1523
8  (8) 正論      扶桑社       1512
9  (9) 現代      講談社       1485
10  (10) 諸君!   文藝春秋      1478
------------------------------------------------
22  (22) 世界    岩波書店       472
30  (34) 論座    朝日新聞社      253
------------------------------------------------
参考    ム−    学習研究社     1650

論座ベスト30位に返り咲き
ttp://bignet2.bunkyodo.co.jp/bignet2/magranking.asp?id=bunge


140 :文責・名無しさん:2006/10/08(日) 02:01:27 ID:SClGpKMn
論座>>>>>>>>世界


ってイメージあるけど。世界なんて誰が読んでんの?

141 :文責・名無しさん:2006/10/08(日) 04:22:22 ID:EuY0rX/n
>>140
図書館とかサヨクの大学教授とか。
一応あれでもかつては「インテリの読む雑誌」などと呼ばれていた
時代もあったので、今でもその頃から引き続き愛読している団塊世代の
読者はいると思われる。
要は論座と比べて一応長年の歴史ってものがあるということだ。

142 :文責・名無しさん:2006/10/11(水) 19:36:59 ID:DH7FDxo3
>>136
今の中央公論は改憲支持、自衛隊合憲、社会主義経済完全否定、北朝鮮敵視と
リベラルからはほど遠い論調が大半。核兵器もそう。
昔はリベラルだったが今はリベラルと共鳴できるのは靖国問題くらいじゃないか?

>>138
ポカミスも多いけど執筆者の思い込みや妄想による根拠の薄い推定や憶測で
結論を導くのと、正しい論考を誤りと非難するのは勘弁して欲しい。
毎月買ってあげてるけど誤りとか気付きの点に線を引くだけでもボールペン
なくなる勢い。
例をあげると岸内閣の日米安保改訂の時に世論の多数が支持していたのを
無視して国会周辺に押し寄せた左翼団体の騒ぎをわざわざ指摘していかにも
みんな反対だったような言い方をする。
騒ぐので目立ったけど実際は賛成の方が多かったというのは、直後の池田
内閣が総選挙で圧勝したことからも伺える。

143 :文責・名無しさん:2006/10/11(水) 21:58:26 ID:IS1Vvlm2
バカな出版社が多数存在します。例えば冷戦期に日本経済を欠陥だらけの悪の
システムのようにさんざん罵倒して、ソビエト、中国、北朝鮮の経済を最高の
経済システムと持ち上げ、日本経済が伸び続け西ドイツ経済を追い抜くとこれに
言い掛かりを付けて、言葉で修正できないほど日本経済が西ドイツ経済に差を
付けると急にダンマリを決め込み、ソビエト崩壊で自己の主張が崩壊すると
今までの論調はなかったかのように、また中国、北朝鮮を誉め続けます。
そして、資本主義の権化として、あれだけ罵倒した日本の経済システムを
実は日本経済こそ社会主義だったとソビエト崩壊後10年あまりでほざきはじめる
わけです。マジでいい加減にしろよと。。。


144 :文責・名無しさん:2006/10/11(水) 22:13:52 ID:Oop2w1Yy
>>142

いや、やはり60年安保当時の世論の岸アレルギー(岸憎し=安保反対)が強かったことは否定し難いと思うよ。
国会周辺だけではなくて、全国規模でデモはあったし、岸が辞任したからこそ、池田は選挙で圧勝したわけで。
ちなみに今週の週刊文春のコラムに当時の世相について小林信彦氏が書いていることは興味深い。


145 :文責・名無しさん:2006/10/12(木) 19:20:28 ID:iWUKC085
共産主義による全体主義は是とするって感じの日本特有のリベラル派にとっては
論座も世界も週金も立派なリベラルになっちゃうんだろうなw

論座なんぞ小田川興あたりに歯の浮くような北朝鮮賛美記事書かせてたなw


146 :文責・名無しさん:2006/10/12(木) 23:02:33 ID:3avyRjZM
今日図書館にあったのを読んでいて思ったのだが

論座の編集部は【主観】と【客観】の意味を知っているのか?


147 :文責・名無しさん:2006/10/12(木) 23:52:00 ID:4kIC6iCG
これ中吊り倶楽部だけ読んでる。

148 :主体紀元95年…:2006/10/12(木) 23:59:34 ID:JXEhggHz


       ∧_∧   
     ミ ○<#@Д@> < 科学的社会主義は永遠に必勝不敗なり…金正日将軍様マンセー!!
      ヽ ∧_ ○))   
    ミヘ丿 ∩Д@;)  < もうちょっと待って欲しい…
    (ヽ_ノゝ _ノ 




149 :文責・名無しさん:2006/10/13(金) 00:19:00 ID:ZQjpQcwJ
【論座】取材費詐取の薬師寺克行編集長【朝日】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1115040336/


朝日新聞がモミ消した『論座』編集長・事業本部長「取材費詐欺事件」

週刊文春 2005年5月5日・12日号
ttp://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/

「論座」編集長のY、
元ソウル支局勤務・韓国のスペシャリストで今、文化事業担当してるKが、
国税の査察の結果、領収書を偽造したり二重請求するなどして、
会社の金数十万〜数百万を騙し取ってたことが発覚したが、
朝日新聞社が長らくそのことを隠蔽して何ら処罰せず、
当人らはそのまま出世してるらしい。
両人とも、週刊文春に直撃取材され、口を濁して逃げまくっていた。

なおYというのは今「論座」の編集長をしてる薬師寺克行氏である。
横領犯がオピニオン誌の編集長とは片腹痛し。

薬師寺克行(やくしじ・かつゆき)
55年岡山県生まれ。東大文学部卒。79年から朝日新聞記者。政治部で、首相官邸や自民党、外務省などを担当。
01年6月から論説委員。05年1月から「論座」編集長。
02年には米国・ワシントンのシンクタンク、スティムソン・センター客員研究員。
著書に「外務省−外交力強化への道−」(岩波新書)など。

『外務省 ― 外交力強化への道 ―』 薬師寺克行著 (岩波新書)
ttp://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn0308/sin_k130.html

※ K=清田治史

150 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 10:17:42 ID:5SfyUFGS
中央公論は保守からは昔の傷を叩かれて改心しても認められず、
革新からも変心したと叩かれて、中身は悪くないのにどちらにも
支持されることはない。
中公をリベラルとか言ってる人も読売に買われたの知らなくて
言ってるだけ。実際には読売の保守的な主張を逸脱していない。

151 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 11:01:39 ID:393Yn9O3
へえ、中公は読売に買収されていたのか。
思想が同じ方向の朝日とかに買われれば良かったのに。

152 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 11:34:42 ID:XKiLGZBi
>>138
論座ではなくて世界かもしれないが2000年の夏くらいに出た号に
「財政再建」が「財政債権」になっていた誤植があったよ。
あと「郎」が「朗」になっていたこともある。
たぶん誤植の多さでは論壇誌では抜きんでている。

153 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 12:53:39 ID:1hk3/bca
北朝鮮で騒いでいるけど、洩れの実家の近所の図書館は業務を仕切っていた
左翼司書が未成年少女への売春で逮捕、すでに3回目だったため実刑判決を
受けて現在控訴中だが、そういう事情もあって図書館運営の実権がこの基地
外から奪われた。
しかし、さすがに左翼色が強くて世界は1960年以降、論座は創刊以来全誌
が書棚でいつでも閲覧できるようになっている。ところが正論、諸君は購入
すらなくて取り寄せになってしまうとの利便性のなさ。
で、実家に帰った際に昔の世界を読んでみた。
するとソ連のアフガニスタンへの武力侵攻を擁護する記事があったりした。
北朝鮮といえば岩波書店が社是をかけて擁護尊敬するだけに、今回の非道を
どう擁護するかが楽しみではある。
知らない人もいるかもしれないけど、論座ですら推定無罪としか書けなかっ
た拉致事件を正面から完全に否定したのが世界だった。
市の図書館運営の基準では雑誌は年単位で3年ごとに処分することになって
いて、古いものは大きい中央の図書館で保存することになっている。
つまり今年度(発行日が06.04〜07.03のもの)は、2009年度終了時点で全部
廃棄されるのが原則。
しかし、この図書館だけ世界など左翼系のものだけ永久保存のようになって
いた。ちなみに01年に公共図書館につくる会反対のポスターを貼って問題
になったこともあるいわく付きの図書館。

154 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 13:05:24 ID:5Jaw9cuw
歴史から言っても、クォリティを求めることのできるのは中央公論くらいだろ。
リベラルな中央公論の復活を望みたいね。文芸春秋だけじゃあ、困るって。

日本も教養主義復活といきたいね。
日本のエリート、自称エリート達、もっと本を読め。
外務省もワインやブランドやベンツばっか買ってないで本を買いなさいよ。

世界で日本の自称エリートがばかにされてるのは我慢成らない。

なんの教養も知識もない連中が、教養の塊の欧米のエリート達と会話するから
あれじゃあ、黄色い猿だと思われても仕方ない。

155 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 13:12:52 ID:Vdk6AcTJ
と、糞サヨが叫んでおりますw

156 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 13:13:49 ID:0SD9FtbY
書店勤務。論座は返本率は酷いことになってると思う。
だって、5冊入荷して即日4冊返本しても棚から消えないんだもん。
もう部数伸ばすのは不可能と思われ

157 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 13:19:23 ID:VtFviguh
>>155
まさか「諸君」「正論」を読んで教養を積めるとは思ってないよねw?
主張は正しくても、>>154の言う通り、今売れてる保守系の書籍の殆どは絶叫しているだけ。
商業雑誌なんだから、その方が売れる。

論座がバカ売れするよりはいいんだろうが、果たしてWiLLだの正論が世論をリードできるのかは
甚だ疑問ではある。

158 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 13:36:55 ID:zBbJlAE7
>>139>>140
総合スレの前スレで話題が出たけど世界ってどこの本屋でも扱っているわけ
ではなく、一部の大型店とマニアックな書店しか扱っていないから、扱って
いる本屋だと多めに数字が出るんだって。

例えばある地域で世界が100冊、論座が300冊売れたとする。
その町に本屋が10件あったとして論座は全店入荷、世界が2店の扱いしか
なければ、論座は1店につき30冊、世界は1店につき50冊売れたと出て
しまうということらしい。
したがって世界を扱っている本屋だと論座より多くなってしまうということ
だな。それと文教堂は論壇誌の販売に注力している分だけ各誌とも売上が
他の書店より多く出ているらしい。
常識的に考えてだいたいの本屋にある論座とほとんど見かけない世界を比較
しても世界の方が売れているなんてあり得ない。
池袋のリブロとかジュンク堂でも正論や諸君は複数の売り場に置いてあるけど、
世界は平積みたったの1列で奥の方にあるだけ。

妹の話では世界は大学生協からも駆逐されているらしいよ。

159 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 13:43:03 ID:5Jaw9cuw
日本も、論壇で活躍できる教養溢れる人間を沢山育てるべき。
それには、やっぱり、論壇誌に頑張ってもらわないと。

日本も、政策的に、子供にも大人にも本をもっと読ませる様仕向けるべき。
目を肥えさせないと、どれがいい本かさえも選べない。
どんどん、良質なものが衰退していって、
良質な本=良質な情報が供給されなくなる。

世界のトップと渡り合うには、
教養が共通言語として、てっとり早いんだから。

世界で活躍し、尊敬を得て、勝ち残るには、
知識・教養が最大の武器に成ることをもう一度、
国民全体が再認識すべきだろう。

160 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 13:47:35 ID:yBBWpPwU
と、低脳が叫んでおりますw

161 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 13:58:21 ID:G+25cMSV
>>159
そうなると岩波書店や朝日新聞の存在は最初に否定されることになるのだがw
墓穴掘ってない?w

162 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 14:25:23 ID:VpdpXJIl
>>157
その教養の出発点が「丸山真男」だったりするから始末におえない。

まあ赤信号みんなで渡れば怖くないだからなぁ日本のインテリはww

「正論」が絶叫調になる気持ちも分かるわ。


163 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 14:38:48 ID:5Jaw9cuw
>>161

なんか勘違いされてるみたいだが、
自分は右でも左でもないし、朝日には怒ってる読者の一人。

朝日があそこまで質劣化してものさばらせているのも、
日本人がものを考えなくなったからじゃないか?

自分的には文芸春秋一人勝ちの社会は異常だと思っているだけ。



164 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 15:48:24 ID:+TU2I854
朝日も公称でも800万部をやめ始めた。
実売になると500万部割っているのは確実。

しかし、これだけの数字を確保できるのも販売力の強さのおかげ。
景品の豪華さとしつこい勧誘で成り立つ数字であって、日本人の
思考というより損得勘定で成り立っている。

165 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 15:58:05 ID:PSykMhKs
>153
左翼系の書籍に偏るのは仕方ないにしても「つくる会反対」は明らかに政治活動にあたるから、
その点では図書館運営に問題があったと言えるな。
一時期、図書新聞とか見ると、全国の図書館でプロ市民による保守系図書駆逐運動が組織的に
行われていたらしい。
週に何度か決まった日時にローテーション組んで正論や諸君を撤去するように求めて帰っていく
んだって。
司書の政治活動は図書館運営の自由みたいな主張で言論弾圧と捉えられかねないため、当局も
慎重になるため野放しにされることも多い。

166 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 16:55:56 ID:VMGkXdO4
逆に保守派に市長が替わって、図書館運営のトップも保守派になって、各図書館長が
その息のかかった連中になって左の出版社の本が徹底的に廃棄された例もあるんだが。
もっとも保存期間15年を過ぎたものなので規則上は何も問題がなくて目立たないが、
一方で文春などの保守系出版社の書籍は「保存状態がよい」という意味不明な理由で
昭和40年代のものまで保管されたりしている。
革新出版の書籍のみ規則通りに廃棄して、保守系出版の本だけ規則の例外扱いする
意義が見えない。むしろ思想的弊害の目立つ保守こそ廃棄すべき。
それに産経新聞は本紙が2年間保存されるのに朝日、毎日は縮刷版購入後、即刻本紙が
廃棄されるなど横暴ぶりが目に付く。

167 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 19:39:46 ID:zaodq3dP
左翼活動家の代名詞としての“プロ市民”ていうのもすっかり定着してきたね。
もうすぐ用語集(イミダスとか現代用語の基礎知識)が発売になるけど、載る
ようになるかもね。


168 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 20:24:43 ID:sNa9FbER
>>163
左翼の劣化を右派のせいにするなって

169 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 20:28:36 ID:a6k0V1FQ
世界は返本不可の買取制だから、普通の本屋では置かないでしょう。
文藝春秋は時々、質実剛健・経済粛清・会津武士道賛美とかやらかしますが、
あれには、左翼雑誌の「今、マルクスを読み直す」的な腐乱臭を感じます。

右を志向するなら、文藝春秋型の忠孝教練賛美ではなく、
資本主義や近代民主主義に立脚した雑誌もほしいですね。

>>167
その手の本の出版社は、プロ市民の巣窟なので、まだまだ難しいと思います。

170 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 20:33:03 ID:1F86AVfd
>>169
>資本主義や近代民主主義に立脚した雑誌

PHPが一番近いんじゃない?
アレは教養主義というよりビジネス主義だが。

171 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 20:40:49 ID:/Ytu9sqt
日本国内でここまで左翼勢力が衰退したのはイデオロギーの根本が間違っていた
だけではなく左翼運動に携わっていたインテリ連中の内容が人間的にあまりにも
酷過ぎる屑ばっかりだった事も大きいんじゃないのかな?
身内の恥を晒すようであまり言いたくは無いのだが、漏れの父親(近年定年で
大学を退職した元教授)は女性の権利がどうのこうの云々偉そうに講釈垂れて
いた癖に家庭内では妻に対しても娘に対しても家庭内暴力し放題。
親父の友人の教授連中もいつも偉そうな事ばかり言っていた癖に実際やっていた
事はは女性や労働者階級を馬鹿にする事ばかり。

偉そうな事ばかり言いやがって、言っている事とやっている事が違うじゃねえかヴォケ!


172 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 21:03:46 ID:yBBWpPwU
>>171
井上ひさしの息子乙

173 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 21:27:50 ID:f2hA1U+V
>>166
確かに朝日新聞本紙の保存は必要だな。
朝日は都合の悪い記事は縮刷版ではこっそり消してしまうからね。


174 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 21:30:42 ID:GdxqmoYO
>>142

素朴な疑問なんだが、リベラル=マルクス主義というのは正しい概念なの?

175 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 22:19:06 ID:a6k0V1FQ
合衆国とヨーロッパで、「リベラル」の示すものが異なっている。
ヨーロッパの場合、リベラルとは社会民主主義・共和制などを指すが、
合衆国の場合、リベラルとは日本で言う「サヨク」と似たニュアンスがある。

口では進歩を唱え、やることは全体主義礼賛だったり、
人権尊重を唱えるくせに、実際は人権抑圧に加担したり、
日本の過去を糾弾して、北朝鮮の現在進行中の悪事を隠蔽しようと画策したりする人間のこと。
典型例は、ニューズウィーク日本版のワグナーとかデーナ・ルイスとか、そんな連中をリベラルと呼ぶ。

後者の意味なら、間違いではない。

176 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 23:18:19 ID:GdxqmoYO
>>175

米国のリベラルがマルクス主義に近いというのも面白いものだね。

自由と言うものを当然視し、なおかつ欧州と違って
歴史が浅い故に、逆にアンチの思想も過激になるのかな?


177 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 23:20:25 ID:UYlp+moF
>>165
その活動は土橋悦子という船橋市の図書館司書がつくる会の執筆者の書籍を購入後
すぐに段ボールから出して廃棄したことが問題になって裁判にまで持ち込まれて
結果、つくる会の執筆者側が最高裁で勝訴を決めた。
このときにプロ市民が土橋司書の支援対策のためにはじめたと聞いたことがある。

178 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 23:22:41 ID:dH1sqEox
>>176
欧州はアメリカと違い全体主義(ナチズム、共産主義)の教訓を身をもって経験してるからじゃね?

179 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 23:28:34 ID:a6k0V1FQ
アメリカの場合、「共産主義」とは事実上名乗れないため、
その系列の人間が「リベラル」と名乗った、という経緯がある。
歴史的には、どうだろう?

180 :文責・名無しさん:2006/10/15(日) 23:30:09 ID:yBBWpPwU
ニューディーラーからマッカーシーの流れか

181 :文責・名無しさん :2006/10/15(日) 23:53:27 ID:n4Ykijio
>>179
戦前戦中に極端な赤狩りが横行したのも日本とアメリカの共通項。
逆にヨーロッパでは、共産系組織は台頭するナチズムに抵抗した経緯があるからかどうか
分からないが、民衆にある程度支持されてるのかもしれん。
因みにフランスの労組は共産党系が一番大きかったと思う。

215 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)