5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【仏罰】本尊焼いてうpしました 47【落ちない】

1 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/09(火) 12:29:05 ID:QMUGgAhZ
焼却しますた ◆jLLgFoA9Agさんは、2000年10月に
創価学会の本尊を焼き、 その画像を層化板にうpしました。
また3年前には初代スレでカラビナ◆P6rBQWtf4さんが、
2006年5月には蒼天◆bOY.RfmScIさんが本尊を焼き、
その画像をうpしました。三人とも本尊を焼いて長期間が経過した
今もなお健在で、火にまつわるトラブルなどもなく、
目立った不幸な出来事も特に起きていないそうです。
・・・そう、本尊を焼いても仏罰など落ちはしないのです。

このスレは「本尊には何の効力も無いのだ」と層化の人に解って貰い、
同時に仏罰の懸念を心から取り除き、安心して自分の判断で
継続するか脱会するかを選択して貰う事を最終目的としています。

カラビナ◆P6rBQWtf4さんの本尊焼き画像
http://www.geocities.com/wkim20032000/
焼却しますた◆jLLgFoA9Agさんの本尊焼き画像
http://www.geocities.com/honzon_syokyaku/
蒼天 (反逆創価班願兼於業)◆bOY.RfmScI さんの本尊破り画像
http://briefcase.yahoo.co.jp/souten8

(前スレ)【仏罰】本尊焼いてうpしました 46【落ちない】
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1165724179/

2 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/09(火) 12:29:54 ID:QMUGgAhZ
初代スレ 【画像うpで】脱会前に本尊焼いてみよう【神】
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1062852349/
二代目スレ 【仏罰】本尊焼いてうpしました【落ちない】
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1067684158/
三代目スレ 【仏罰】本尊焼いてうpしました2【落ちない】
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1069480689/
四代目スレ 【仏罰】本尊焼いてうpしました3【落ちない】
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1069876940/
五代目スレ 【仏罰】本尊焼いてうpしました4【落ちない】
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1070619373/
六代目スレ 【仏罰】本尊焼いてうpしました5【落ちない】
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1071933250/
七代目スレ 【仏罰】本尊焼いてうpしました6【落ちない】
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1075993465/
八代目スレ 【会員】本尊焼いてうpしました7【逃走】
http://society2.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1082819001/
九代目スレ 【仏罰】本尊焼いてうpしました7【落ちない】
http://society2.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1082805318/
十代目スレ 【仏罰】本尊焼いてうpしました9【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1086604602/
十一代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました10【落ちない】(実質11)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1094382434/
十二代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました10【落ちない】(実質12)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1094382434/
十三代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました12【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1095872509/
十四代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました13【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1098035037/
十五代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました14【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1100360123/

3 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/09(火) 12:31:25 ID:QMUGgAhZ
十六代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました15【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1101372590/
十七代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました16【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1102522233/
十八代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました17【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1104314812/
十九代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました18【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1107520399/
二十代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました19【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1110016192/
二十一代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました20【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1111655511/
二十二代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました21【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1113139040/
二十三代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました22【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1115279505/
二十四代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました23【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1117433722/
二十五代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました24【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1120816961/
二十六代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました25【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1123428803/
二十七代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました26【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1128100310/
二十八代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました27【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1130196343/
二十九代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました28【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1131410033/
三十代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました29【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1132029863/

4 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/09(火) 12:32:27 ID:QMUGgAhZ
三十一代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました30【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1133316973/
三十二代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました31【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1134914494/
三十三代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました32【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1136467314/
三十四代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました33【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1137557952/
三十五代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました34【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1139171091/
三十六代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました35【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1141432527/
三十七代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました36【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1143017094/
三十八代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました37【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1143949279/
三十九代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました38【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1146215920/
四十代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました39【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1150430155/
四十一代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました40【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1154084586/
四十二代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました41【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1154084586/
四十三代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました42【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1157619740/
四十四代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました43【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1161100972/
四十五代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました 44【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1162899992/

5 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/09(火) 12:33:36 ID:dr2D/GYg
四十六代目スレ【仏罰】本尊焼いてうpしました 45【落ちない】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1164037804/
(前スレ:四十七代目)【仏罰】本尊焼いてうpしました 46【落ちない】
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1165724179/

6 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/09(火) 12:45:02 ID:dr2D/GYg
前スレの1さんが、○年前という修正をしないで済むように、焼いた日を記載して下さったの
ですが、カラビナさんのは分からないということで暫定的に○年前ということにしておられ
ました。私も分からなかったので、引き続き暫定的に○年前としておきました。

カラビナさんが焼いた日の(焼いた月の)情報提供をお願いします。
次スレで反映して下さい。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 13:07:30 ID:???
すごい歴史ですね。46X1000=46000msg挙がったという
ことですよね。いかに御本尊論が重要かわかる。苦しんだり、悩んだり
喜んだりする人も多いのでしょう。

やはり、学会は日蓮正宗と無縁になったとは言え、三大秘法の大御本尊
と言って入会させてきたので、創価御本尊に取り返させた時点で、
「本尊論」と「罰功徳論」の正式見解を出すべきと思うぞ。
悩める学会員も多いのだから。>>創価学会本部
正式な見解を!


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 15:05:02 ID:???
46代目スレより
84:焼却しますた ◆jLLgFoA9Ag :2006/12/13(水) 00:40:55 ID:KLKQDE7A
>蒼天氏。私の知人に不幸にして退職間際に難病で亡くなった方が らっしゃるんですよ。今まで何度も何度も書いてますが。
>家族のために熱心に働いておられて。活動もご熱心でした。
>あれだけ熱心な活動家に功徳はなかったのでしょうか。{一部省略}

功徳というより罰に見えますね。
学会員で功徳どころか、罰に見えるケースをどう解釈するか?
1.本人の宿業
2.日蓮正宗の本尊を取り返させたとき、それを焼却処分など御不敬
  したので、その罰。
3.創価本尊を祈ってたので正宗が言うように罰が出た。

ニセ本尊論争ですので、少なくとも昭和以前の昔から信仰
して御本尊を信じたことがある人の実感を聞きたいものです。
罰としか実感できない現象が各地でたくさんあるようなので。
身の回りの創価会員のマイナス現象あれば教えてください。




9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 15:09:15 ID:???
46代目スレより
84:焼却しますた ◆jLLgFoA9Ag :2006/12/13(水) 00:40:55 ID:KLKQDE7A
>蒼天氏。私の知人に不幸にして退職間際に難病で亡くなった方がいる。
>家族のために熱心に働いておられて。活動もご熱心でした。
>あれだけ熱心な活動家に功徳はなかったのでしょうか。{一部省略}
功徳というより罰に見えますね。
学会員で功徳どころか、罰に見えるケースをどう解釈するか?
1.本人の宿業
2.日蓮正宗の本尊を取り返させたとき、それを焼却処分など御不敬
  したので、その罰。
3.創価本尊を祈ってたので正宗が言うように罰が出た。

ニセ本尊論争ですので、少なくとも昭和以前の昔から信仰
して御本尊を信じたことがある人の実感を聞きたいものです。
罰としか実感できない現象が各地でたくさんあるようなので。
身の回りの創価会員のマイナス現象あれば教えてください。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 17:41:45 ID:e37sOHc0
華ちゃん今でも日蓮が好き?(プププ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 21:25:04 ID:???
他スレにありました下記情報>32
>真正御本尊焼却処分→創価大学ゴミ焼却炉で大量の御本尊を焼却し、
>焼却炉ビルが火災を起こしたという証拠があります。

事実だとしたらとんでもないことだ。
西日本から集めたものは、関西の神戸市長田区近くで焼却した
と言うのも本当なのかい?
それ以後やたらと「センセイが地獄へ行くのなら、私も行く」
という言葉で踏み絵にしだしたのか。
代作が破門された道づれ路線か?とんでもない奴じゃ。
うちが日顕御本ぞん取り替えたのが98年ころじゃ、10年内つまり
2008年まで何が起こるか?会員の皆様家族はダイジョウブか?
焼却ごっこは、止めたいものだ。




12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 21:38:53 ID:???
山形寒いYO!(ププ

13 ::2007/01/10(水) 22:35:04 ID:TDQsDgaQ
名前に氏つけてるよ

ってか燃やしたから何なの?

14 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/10(水) 23:48:19 ID:bDILCRiI
>>1 ◆Bwr5tJDUMcさん
スレ立て、ありがとうございます。 お疲れさまでした。

15 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/10(水) 23:50:04 ID:bDILCRiI
建治元年に書かれたとされている、日蓮の“蒙古使御書”を読んほしいものですね。
当概御書の出だしに以下のようにあるので、必要部分を一応引用しておいて
あげましょう。(なお、以下の引用中の括弧内に記したひらがなは、創価学会発行の
「新編 日蓮大聖人御書全集」において付されているルビ。)

『鎌倉より事故なく御下りの由承(うけたまわ)り候いてうれしさ申す計りなし、又蒙古の人の
頸(くび)を刎(はね)られ候事承り候日本国の敵にて候念仏真言禅律等の法師は切られずして
科(とが)なき使の頸を刎(はね)られ候ける事こそ不便(ふびん)に候へ』

これは一体どういう意味だね?

前スレ896で、『御書を紐解く姿勢は↓でないと曲解・我見等に陥る。
「明者は其の理を貴び闇者は其の文を守る・・」六巻抄3 依義判文抄冒頭
表面上の文字だけを追って、その真意を読み取ろうとしないのはry
御書の一部分は、場合によっては御書全体(大聖人の真意)から判断する』などと宣わって
いる御仁がおいでになるが、どのように「御書全体」からする「理」とやらで説明をつける
お積もりなのですかね?
今後こちらが提示する予定の、立正安国論とこれらの御書との相違点の説明、つまり
「理」と、アナタの言う「理」とのどちらに客観性・合理性が備わるのか、アナタの解説に
期待しておりますよ。
“罪を斬ることなく、施を止むだけ”のはずの日蓮が、この御書では何故「念仏真言禅律
等の法師は切られずして」などと述べるのか、甚だ不思議・不可解な事ですぞ。

16 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/10(水) 23:52:35 ID:bDILCRiI
(レス>15の続き)
また、同じく前スレ904で何やらウダウダ言っているAホウ損御供とか言うヤシがいるが、
「当時、人殺しなどは当たり前、武士が平民を殺すことは当たり前の時代」だから、“念仏
真言禅律等の法師が切られずして、蒙古の使者が首を刎ねられるのは不都合”であり、
「当時の鎌倉時代の時代背景」からすれば変な事だとでも言うつもりなのか、それとも、
明確な日蓮の文言を無視するつもりなのかね?
「心から改心し仏教のために尽くした人は救われる」なら、論理的には、それのみを戒と
すれば事足りるのであって、そもそも不殺生戒など不必要だぞ。
第一、そんな事では、殺された方は救われないんだよ、お馬鹿さん。
そんな事にも気付けないから、原爆は仏罰だとかインチキ宗教の連中はほざくのだよ。

「法華経の敵を殺せなどとは曲解も甚だしい」などと言う無思慮な決め付けこそ、曲解も
甚だしいぞ。
オマエ達のデタラメな書き込みをまって、その後に立正安国論とこれらの御書との違いに
触れるつもりだが、オマエこそ、「当時の鎌倉時代の時代背景」も理解できずに、間違った
解釈をしているにすぎない。

17 :そっかー:2007/01/11(木) 00:06:48 ID:RbOYrGQM

まだ性懲りもなく、

2ちょん固定の古株がのさばってるのかい?


自作自演の大好きな 2ちょん固定


禿慰坊流村くんを見習って、引退したら・・・・そろそろ

もうたくさんなのよ、お腹いっぱいよ、ヲタちゃん












 

18 :桃太郎魔退治:2007/01/11(木) 00:43:41 ID:kQ9N0Z1n
1:火事で
2:爆発炎上で
3:切断電車にはねれ
怖いよ

19 :法孫悟空:2007/01/11(木) 01:52:22 ID:+5GT8+Wj
15 :法律ヲタ ◆これは一体どういう意味だね?

どういう意味も何も、その通りの意味だ。
日本国の敵ということで罪の無い蒙古の使者の首が切られるのに、
何故、念仏真言禅律等の首が切られないのかっていう意味だぞ。
それがどうしたのだ、ヲタちゃ〜〜〜〜ン!

そいから、おみやげだ。


20 :法孫悟空:2007/01/11(木) 01:54:24 ID:+5GT8+Wj
882 :法律ヲタ歴史的に見ても、キリスト教やイスラム教の方が、はるかに早く世界に広まっているんだよ。
しかも、今日の状態をそれぞれの信者数の統計的比較で言えば、圧倒的にキリスト教や
イスラム教の方が巨大だ

何を血迷っているのだ。
誰が外道の話をしているのだ?バカはもう結構だぞ。
仏法西還を果たしたものが創価学会が第一であることを述べたまでだ、アホさん!
>オマエは「310氏の極めて珍しい交通事故、」などと言っているが、それを極めて珍しい事故と言うなら、
先に挙げた事例ではないが、普通なら死ぬことなく済むであろう病気により、聞くところに
よると二十代で亡くなった池田氏の次男の場合なども、当然に「きわめて珍しい」と言うことに
なるのであろう。

あのな、310氏は一般的な立場での死亡ではないぞ、この掲示板で誹謗・中傷の真っ最中に
という条件が付くのでさらに極めて珍しい、ほとんど有り得ない確立となるであろうことを述べているのだぞ。
同様に珍しいと言うのならば、その客観的根拠を示せば少しは納得するぞと言ったのだぞ。
それからな、何度も指摘7しているが、何故学会の内部の活動家?が仏罰になるのだ、なるわけがないではないか。アホを言うな。
お前は正宗側の見解として仏罰としているが、主義主張のないお前がまったく関係のない、また支持する理由もない一方のみの見解を指示する理由は何だ、答えてみろよ。
これを難癖と言わずして何と言うのだ。いい加減弁護士野郎!

21 :法孫悟空:2007/01/11(木) 02:08:04 ID:+5GT8+Wj
それから、「是くの如き重戒なれども法華経の敵に成れば此れを害するは第一の
功徳と説き給うなり、況や供養を展(の)ぶ可けんや、」の部分だが、

この「況や供養を展(の)ぶ可けんや、故に」はとっても重要かも知れんぞ。
阿育大王のことは付法蔵経、竜樹の大智度論に説かれているもので、阿育大王が
釈迦にはいさごの餅を供養したことが説かれている。
これは大乗仏教でいう六波羅蜜の布施に当たる。
しかも、それが第一のものであること。
阿育大王の布施の功徳によるものを付法蔵経、竜樹の大智度論に説いたのだ。
だから、阿育大王の外道の殺生を功徳と解するのではなく、やはりその後の供養を功徳と解するのが自然。
大聖人は「故に外道を殺生した」とあるが、この内容にかかると解するとおかしいのだ。
その理由は、殺生当時、大王は仏法には帰依していなかったからな。
後に仏教の偉大さを理解したわけだから、やはり、やはりその後の供養を功徳と解するのが自然。

22 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/11(木) 03:55:20 ID:aMXa6V8O
>>21 法孫悟空

>この「況や供養を展(の)ぶ可けんや、故に」はとっても重要かも知れんぞ。
>(中略)だから、阿育大王の外道の殺生を功徳と解するのではなく、やはりその後の供養を
>功徳と解するのが自然。

もう少し落ち着いて冷静に合理性をもって考察してごらんよ。滅茶苦茶じゃないか。私は
供養云々という部分に関して、冥福を祈ること云々ではないだろうか?という趣旨のことを
述べたが、何度も述べているように「展ぶ」という言葉の意味がよくわからないので、その部分の
訳・解釈には自信がない。そして、これも何度も述べていることだが、仮に供養がお布施で
あると訳したところで、敵対者を殺害することを日蓮は否定しているのかどうかという論点とは
関係してこないのだよ。

23 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/11(木) 03:56:26 ID:aMXa6V8O
>>22の続き)

まず、「況や供養を展ぶ可けんや、故に」という法孫悟空の文章の切り方がおかしいのは
明らかだ。「況や供養を展ぶ可けんや」「故に仙予国王は五百人の法師を殺し」という文章
なのだよ。(どうも、「だから阿育大王は後に供養をしたのである」という訳をしたいが為の
無理な切り文なのだろうと思われるが、それはいくらなんでも無茶だ。)

次に、供養をお布施として訳をすると「供養を展ぶ」というのは、供養をする・施すという
意味になるのだろうな。その場合、「況や供養を展ぶ可けんや」の訳は下記のようになる。

況や(いうまでもないことだが)供養を展ぶ(お布施をする)可けんや(べきではない)

日蓮にお布施をするべきではないなどと述べるわけもなく、法華経の敵の話をしている途中
なのだから、当然、法華経の敵にお布施をするべけではないという意味になるだろう。
(前スレではこの訳を採用する人が多かったよな。「展:ノばす→延」と漢和辞典にあることや
殺生・死骸の扱いについて論じている途中の文章ということから、冥福を祈るような供養の
行事を延期してしまう・延ばしてしまうべきではない、という解釈をしたのは私だけのようだ。
これは間違いかもしれないね。普通に敵にお布施するべきではないということかもしれない。)

24 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/11(木) 03:58:19 ID:aMXa6V8O
>>22の続き)

訂正
×「供養を展ぶ」というのは、供養をする・施すという意味に
○「供養を展ぶ」というのは、お布施をする・施すという意味に

25 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/11(木) 03:59:35 ID:aMXa6V8O
>>22の続き)

ともかく、供養云々の解釈がどうあれ(個人的には「展ぶ」という言葉の意味に興味があるが)、
敵対者の殺害を容認するのかしないのかという論点に関係してこないことを示す為に、上記を
踏まえて、関係箇所の前後を含めて訳を再提示しておこう。

「是くの如き重戒なれども法華経の敵に成れば此れを害するは第一の功徳と説き給うなり、
況や供養を展(の)ぶ可けんや、故に仙予国王は五百人の法師を殺し・覚徳比丘は無量の
謗法(ほうぼう)の者を殺し・阿育(あそか)大王は十万八千の外道を殺し給いき、此等の
国王・比丘等は閻浮(えんぶ)第一の賢王・持戒第一の智者なり」

この様に生物を殺生することは重い戒めであるが、(対象が)法華経の敵になれば、これを殺害
するのは大功徳である。いうまでもなく(法華経の敵に)お布施をするべきではない。(しては
ならない。)だから、仙予国王は五百人の法師を殺害し、覚徳比丘は数え切れない程の謗法の
者を殺し、阿育大王は十万八千の外道をお殺しになった。これらの国王・僧は世界の才知と
徳を兼ね備えた立派な君主・戒めを守ることにすぐれた真理を知った(経典の知識に通じた)
人である。

26 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/11(木) 04:04:02 ID:aMXa6V8O
>>22の続き)

こちらは、きちんと原文に合わせて訳・解釈をしているのであって「法華経の敵に成れば
此れを害するは第一の功徳と説き給うなり」という一文に拘るあまり、不合理で滅茶苦茶な
訳をして原文の趣旨とまったく違う解釈をしてしまっているわけではない。

法孫悟空の論でいくと、意訳というにも無理がありすぎて、原文とまったく合わなくなって
しまうんだよ。一度、法孫悟空の論を基に原文を訳してごらん。無理がありすぎるのがわかる
はずだよ。(まぁ、残念なことにわからないのだろうけどな・・・)法孫悟空は、文を守って
いない上に、理も貴んでいないし滅茶苦茶じゃないか。

上記で抜粋した文章を簡略化して表せば下記の様になるわけだぞ。

「〜なれども(しかしながら・そうではあるが)、〜だ。」「いわんや(いうまでもなく・
ましてや)〜だ。」「故に(だから・そういうわけで)〜であり・〜である。」「此等の
国王・比丘等は(国王・僧侶等は)〜だ。」

日蓮はどこで「阿育大王の外道の殺生」は功徳ではないが、「その後の(阿育大王がした)
供養を」(第一の)功徳とする、などと述べているというのだ?デタラメな解釈だけを提示
しないで、こちらみたいにきちんと訳して、その原文と、その訳と、自分の解釈の趣旨とが
理路整然としているのかどうか、整合性を保っているのかどうかをもう一度確認しなよ。

まぁ、まずは、きちんとした現代語訳(法孫悟空版)を提示してみろよ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 04:54:28 ID:???
ttp://www2.atwiki.jp/soka_gakkai/

28 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/11(木) 08:46:41 ID:M7Tal1ph
>>17
ニヤニヤニヤニヤ…。
幾らでも好きなだけ祈って叶えればいいんだよ、誰の事を言っているのか知らないが…。(藁
無駄に容量を使ってスレを邪魔するのが目的かい、仮面ライダーにやっつけられるだけの
に過ぎないそっかー軍団の目的は?


29 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/11(木) 08:48:20 ID:M7Tal1ph
まったく、アホウと言うものは…。
>>19 Aホウ損御供よ
>日本国の敵ということで罪の無い蒙古の使者の首が切られるのに、
>何故、念仏真言禅律等の首が切られないのかっていう意味だぞ。

つまりは、日蓮は殺生を認めていると言う事だ。
何故、“念仏真言禅律等の施が切られない(断たれない)のか”としないのだね。
オマエ達の主張するところの、御書とやらの全体理解とやらからする結論に反するぞ。

30 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/11(木) 08:49:33 ID:M7Tal1ph
>>20 Aホウ損御供よ
「仏法西還」を成し遂げたと主張している団体など、創価学会以外にもあるぞ。
しかも、「還」と言うからには、元々の所に帰ると言う事のはずだが、インドにおける布教は、
公称の数で考える限り、藤井日達氏の所の方が、創価学会などより圧倒的に西還
しちゃってるではないか。

あのな、俺の挙げた例も、すべて「一般的な立場での死亡ではないぞ」。
創価学会の幹部として信仰にいそしみ活躍中に、その嘘を証明するかのように生じた事だ。

>それからな、何度も指摘7しているが、何故学会の内部の活動家?が仏罰になるのだ、なるわけがないではないか。アホを言うな。
>お前は正宗側の見解として仏罰としているが、主義主張のないお前がまったく関係のない、また支持する理由もない一方のみの見解を指示する理由は何だ、答えてみろよ。

「主義主張のないお前」とは、何だ?
俺には、無宗教と言う立場しての主義主張があるぞ。
正宗の見解などを支持しているわけではない。
オマエ(等)の見解に客観性の欠ける事の一例として挙げているだけだ。

自分達の主張を客観的・合理的・科学的に証明する事を否定するのであれば、つまり、
その点に関するここで為されたオマエ達の主張に従えば、正宗の考え方・見解も哲学で
あり、否定できない事になるんだよ。(アホ

31 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/11(木) 08:50:42 ID:M7Tal1ph
>>21 Aホウ損御供よ
アショカがシャカに餅を供養?
死んだ人間に餅を供えればいいのか?(藁

第一なァ、「阿育大王の外道の殺生を功徳と解するのではなく」などとしているが、一体、
誰がどこでそのように解していると言うのだ。
おまえ、まともに日本語を理解できないのか?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 23:50:26 ID:6GdlDA51
>>21
安国論の用例にはこんなのがある。

(原文) 僧侶たらんに於ては供養を展ぶべし。
     ↓
(訳文) 僧侶であるというだけで、供養を捧げなくてはイケないのは・・・

日蓮は 供養 = お布施 として多数使ってて、安国論の記述にある・・「謗法坊主の
首を斬ったのは昔のことで、お釈迦さま以降の経典によれば、彼らにお布施をしては
いけない (其の施を止む) と書いてあります。」は秋元御書と同じ内容。

ただし首を斬れとは言ってないにしろ、ちゃんとやってる他宗を謗法と決めつけて、
お布施をするなというのは、ちょっとアレだね・・自分たちだって、他宗の檀家か
ら助けてもらったことぐらいあるでしょうに。

そして「可けんや」を否定形とすれば、秋元御書の部分は「 (昔は首を斬って)
殺しても功徳になったぐらいですから、謗法坊主にお布施をするなんて、とんでも
ないことなんですYO 」かな?

他宗 (謗法) を憎めという教えらしいけど。。

33 :法孫悟空:2007/01/12(金) 00:18:52 ID:HeNGUFvQ
25 : ◆Bwr5tJDUMc 日蓮はどこで「阿育大王の外道の殺生」は功徳ではないが、「その後の(阿育大王がした)
供養を」(第一の)功徳とする、などと述べているというのだ?デタラメな解釈だけを提示
しないで・・・

お前の言いたいことは理解できるが、その理由は述べている。
「阿育大王の外道の殺生」をした当時、大王は仏教に帰依していなかったと述べているではないか。
仏教に帰依していない大王の行為(外道への殺生)が何故、功徳になるのだ。
しかも仏教のために殺生した訳ではない。
功徳になりようがないではないか。
俺はそこのところを指摘している。
つまり、阿育大王の功徳とは、その後の仏教への行為が功徳であることを述べていると考えるのが
自然であると言っているのだぞ。

日蓮門下の者は、阿育大王の故事は知っているとの前提で話をしているとみられる。
阿育大王の故事は付法蔵経、竜樹の大智度論などの仏典にも説かれ、御書の中にも何度となく説かれているから。
お前のような単なる言葉の訳では、その功徳とは「阿育大王の外道の殺生」にかかると解釈ができるが、
それではおかしいとすでにその理由を俺は述べているが、何故そのことを無視するのだ。

それからな、何よりも手紙を送られた「秋元」自身が何故お前の言うように法華経の敵を殺生しないのだ。
おかしいではないか、仏が言われたのだぞ、それが最も功徳となると理解したのであれば、
そのようにしないのは、日蓮に逆らう行為と同じことになる。
つまり、全体としてお前のような解釈ではないということだ。
もう一つ言えば、大乗仏教でいう供養といったら六波羅蜜なんだよ。
そして、国王の布施には、今で言う軍事力のようなものも含まれている。
今ちょっと調べているが時間がなかなか取れなくて時間がかかりそうだ。
分かりしだい述べる。

34 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/12(金) 03:28:46 ID:eaJqDM8y
>>33 法孫悟空

こちらが問題としているのは、(秋元御書の中で)日蓮は敵対者(法華経の敵)を殺害することを
容認していたか否かということなんだよ。それはすばらしい功徳になる(好意的に意訳するなら、
なり得る場合がある)と日蓮は主張しているのか否かという問題だぞ。

法孫悟空の論がどういったものなのか振り返ってみれば、論理破綻していることは明らかだ。
例えば、法孫悟空は前スレで、

>その「説き給うなり」というのは、経典涅槃経『金剛身品第二』に説かれているという意味だ。
(前スレ>>900
と述べていたよな。涅槃経に説かれているならば、涅槃経の敵を殺害するのはすばらしい
功徳であると、涅槃経において(釈尊)が説いている、ということになるはずだ。

ところが、日蓮は法華経の敵を殺害云々と述べてしまっている。しかも、それを否定していない
わけだぞ。背景を考慮すると、涅槃経に説かれていることを日蓮が日蓮なりに解釈し、法華経に
説かれていることと比較検討した上で、秋元御書の中で「法華経の敵を殺害するのはすばらしい
功徳であると説かれている」と紹介しているということになりそうだな。

35 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/12(金) 03:29:59 ID:eaJqDM8y
>>34の続き)

秋元御書の今このスレで問題となっていることに関連する箇所のどこで日蓮は法華経の敵を
殺害するのも、当然、重戒であり地獄堕ちであり、絶対禁止であるなどと述べているのだ?
日蓮はそんなことを述べてはいない。

「涅槃経の敵を殺害するのはすばらしい功徳であると涅槃経に説かれている」と日蓮が紹介
した上で、「しかしながら、殺生というのは重戒であり、いくら、涅槃経の中で国王や僧侶が
敵対者を殺害したという事例が記載されているからといって、それは絶対にやってはいけない
ことなのだ。」と秋元御書の中で日蓮が述べているなら、こちらの解釈が間違っているという
ことにもなるだろうが、そんなことを日蓮は述べてはいないのだよ。御書全体を見て云々という
ことを述べつつ、原文を無視して、勝手な解釈をしてもいいというのであれば、どんな解釈も
まかり通ることになってしまうだろう。

だから、こちらは、その解釈と原文と原文の訳とが、整合性を保っているのか確認し直せと
指摘しているのだ。ひとまず原文を素直に訳してごらんよ。

(その上で、背景となっている涅槃経の内容や、その涅槃経に関する日蓮の解釈は適切なもので
あったのかどうかを考察するのはいいが、今の論点とはまた別の話になるわけだぞ。その話は、
日蓮は涅槃経を適切な内容で理解できていたのか否か?という様な、今とはまた別の論点になる
ということだよ。)

36 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/12(金) 03:31:25 ID:eaJqDM8y
>>34の続き)

そして、少なくとも法孫悟空は自衛の為の殺害行為は法華経を護ることになるはずだから、
敵対者を殺害することも時にはすばらしい功徳になるという趣旨のことを述べていたでは
ないか。法孫悟空は、創価学会の教学用語解説を引用しつつ、こういう解説もしていたのだぞ。

>「迦葉よ、正法を護持する者は無量の果報を得るのである。
>この功徳において、私は今世、ほっしん法身ふかえ不可壊身・金剛の身を得ているのである」と
金剛不壊身の大功徳を説いています。(前スレ>>901

>言ってみれば現在で言う正当防衛のようなものと考えられる。

つまり、法孫悟空は日蓮が紹介している「仙予国王が五百人を殺害」「覚徳という僧侶が数え
切れない程の人々を殺害」「阿育大王が十万八千(又はその数倍)の人々を殺害」という事例の
中の覚徳の件については、その殺害行為を護法という名目ですばらしい功徳であると容認して
いるわけだ。

法孫悟空の論でいけば、「殺生は重戒であるが、法華経の敵を殺害するのは(好意的に意訳:時には)
すばらしい功徳にもなり得る。だから、覚徳という僧侶は数え切れない程の人々を殺害した。
(それは敵に囲まれるという状況での、護法の為の自衛行為だったからだ。)ということに
なるのだろうな。()の中は補足説明ということであり、法孫悟空の解釈ということなる。

この場合は、果たして覚徳の件は自衛行為と呼べるのか?現代における正当防衛に該当する
ような状況だったのだろうか?行き過ぎではなかったのか?等々、問題はあるものの、原文と
原文の訳と解釈は、それなりに整合性を保っていると言えるかもしれない。もし、覚徳の件が
自衛行為とはいえない行き過ぎたものであったとすれば、日蓮は独善的な判断によって、
敵対者を殺害した事例を都合良く美化(?)したにすぎないということになるだろう。

ともかく、覚徳の件においては、敵対者を殺害することを日蓮は容認しており、殺害行為が
すばらしい功徳にもなり得る事例として紹介していることになるわけだ。

37 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/12(金) 03:33:20 ID:eaJqDM8y
>>34の続き)

では、残りの「仙予国王が五百人を殺害」「阿育大王が十万八千(又はその数倍)の人々を殺害」
という事例に関する法孫悟空の解釈はどういうものなのかを見てみると、阿育大王の件について
下記のように述べているわけだ。

>仏教に帰依していない大王の行為(外道への殺生)が何故、功徳になるのだ。
>しかも仏教のために殺生した訳ではない。
>功徳になりようがないではないか。 (本スレ>>33

これは、また別の話なんだよ。以前にも指摘したし、今回のレスでも既に上の方で指摘して
いることの繰り返しになるが、「阿育大王が十万八千(又は数倍)の人々を殺害した」ことが
功徳になるか否かという話ではなく、日蓮はそれを功徳であると紹介しているか否か、敵対者を
殺害することを容認しているか否かという話をしているのだよ。

法孫悟空は供養云々という部分を、敵対者の殺害を容認しているか否かという問題と絡めて
論じているようだが、それを含めたところで、日蓮は、「殺生は重戒であるが、法華経の敵を
殺害するのはすばらしい功徳になる。(時にはなり得る。そう過去の文献に説かれている。)」
と主張した上で、「(敵対者を殺害するが功徳になるぐらいだから)言うまでもなく、その
敵にお布施をするようなことはしてはいけないのだよ。」と補足し、「だから阿育大王は十万八千の
外道を殺害した」と主張しているわけだぞ。

38 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/12(金) 03:34:31 ID:eaJqDM8y
>>34の続き)

>つまり、阿育大王の功徳とは、その後の仏教への行為が功徳であることを述べていると考えるのが
>自然であると言っているのだぞ。

秋元御書の関連箇所において、日蓮は「阿育大王の件は殺生だし、ただの侵略行為だし、いくら
なんでも征服の為とはいえ、多くの人々を殺害して回るのはいかんがな。まぁ、後に改心して
仏教にお布施もしていたようだし、それなりに善政も行ったようだけどな。仏教にお布施した
のはすばらしい功徳だ。」などと述べてはいないのだよ。

法孫悟空の論でいくと、覚徳の件も合わせるとどうなるのかといえば、日蓮は「殺生は重戒であるが、
法華経の敵を殺害するのは功徳にもなり得る。覚徳という僧侶は敵に囲まれて殺されそうに
なったから仕方なく正当防衛として人を殺害してしまったけれど、これは護法の為の行為でも
あるし、正当防衛でもあるし、殺生といえどもすばらしい功徳といえるだろう。阿育大王が多くの
人々を殺害したことは、功徳じゃないよ。後の仏教に対するお布施は功徳だけどね。」と
述べていたことになるが、秋元御書の何処にそんなことが書かれているというのだ?

原文を無視して、無理やり法孫悟空に都合が良い様に解釈してしまっているだけだ。だから、
こちらは、ひとまず原文を素直に訳してごらん、と指摘しているのだよ。

秋元御書の該当箇所の訳(法孫悟空版)を提示しろ。

39 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/12(金) 03:36:09 ID:evixLZm1
>>34の続き)

>お前のような単なる言葉の訳では、その功徳とは「阿育大王の外道の殺生」にかかると解釈ができるが、
>それではおかしいとすでにその理由を俺は述べているが、何故そのことを無視するのだ。

こらこら、レスをよく読んでごらんよ。こちらは無視などしていないのだよ。例えば、私は
「供養」とか「展ぶ」という言葉を調べて、「供養」にはお布施という意味と死者の冥福を
祈るという意味があることや、「展」というのは「延ばす」という意味で使用する場合もある
言葉だから、「供養を展ぶ可けんや」というのは死者の冥福を祈ることを(そういった死者を
供養する行事を)延期すること(または冥福を祈らないこと)はダメですよ、という意味かも
しれないと考察したが、これはどうやら、普通に敵にお布施をするのはダメという意味に
なりそうだな。この場合は、単なる言葉の訳として、死者の冥福を祈る行事を延期する云々と
訳せないこともないが、それではおかしいということになるだろう。そういう指摘ならば、
こちらとしても納得できるが、法孫悟空の指摘のように、単なる言葉の訳どころか、原文を
まったく無視した上で、都合良く解釈するのは不合理だし滅茶苦茶ではないか、と法孫悟空の
主張を無視しないで話をしているのだよ。

こちらは、こちらにとって都合の悪い情報が出てきたから、それをスルーして、言葉遊びに
興じて無理のある解釈を言い張っている、というわけではないのだ。

現代語訳するのは、「単なる言葉の訳」であり、そんなものには拘る必要などないという趣旨で
あれば、そもそも原文なんか意味ないということにもなりかねないぞ。そりゃいくらなんでも
都合が良すぎるというか、なんというか、理不尽だ。

だから、微妙な解釈の問題なのかどうかとか、そういったことを検討する為にも、ひとまず
秋元御書の該当箇所の訳(法孫悟空版)を提示してごらんよ。

40 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/12(金) 03:38:00 ID:evixLZm1
>>34の続き)

>それからな、何よりも手紙を送られた「秋元」自身が何故お前の言うように法華経の敵を殺生しないのだ。
>おかしいではないか、仏が言われたのだぞ、それが最も功徳となると理解したのであれば、
>そのようにしないのは、日蓮に逆らう行為と同じことになる。

秋元太郎兵衛は当時の国主を諫暁(折伏)して回って死刑・流罪に処せられたのか?
法孫悟空の論によれば、そのようにしないのは、日蓮に逆らう行為と同じことになるわけだ。
仮に死罪・流罪に処せられていたとしても、敵対者を殺害していたとしても、殺害していなかった
としても、そんなことは関係ないのだよ。

例えば、私に弟子がいたとして、その弟子に手紙を送り、「何がなんでも敵対者は皆殺しだ!」
と手紙の中で述べていたとしよう。その弟子が手紙の内容を「敵対者は皆殺しというぐらいの
気迫で、話合いで問題を解決しろ」という意味だと都合よく解釈して、敵対者を説得して回り、
決して殺害はしなかったとしようじゃないか。

その場合、私は「何がなんでも敵対者は皆殺しだ!」と手紙で述べていなかったことになるの
だろうか?

ならないのだよ。私は「何がなんでも敵対者は皆殺しだ!」と問題ある主張を手紙で述べて
いることに変わりはない。

手紙を受け取った人がどういう人で、後にどういうことをしたのか、そういうことを考察する
のは背景を知る上でには有益であると言えるが、今の論点には直接関係してこないのだよ。

41 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/12(金) 03:39:29 ID:evixLZm1
>>34の続き)

>そして、国王の布施には、今で言う軍事力のようなものも含まれている。

「況や供養を展ぶ可けんや」と日蓮は手紙の中で述べている。国王の布施には今で言うところの
軍事力のようなものが含まれているから、その軍事力というのは殺生をする力になるわけだし、
そういったお布施はするべきではない、と秋元御書に記載されているわけでもなく、今の論点には
関係してこないよ。(当時のお布施の内容を調べるのは、そりゃ調べりゃいいけどさ。)


「是くの如き重戒なれども法華経の敵に成れば此れを害するは第一の功徳と説き給うなり、
況や供養を展(の)ぶ可けんや、故に仙予国王は五百人の法師を殺し・覚徳比丘は無量の
謗法(ほうぼう)の者を殺し・阿育(あそか)大王は十万八千の外道を殺し給いき、此等の
国王・比丘等は閻浮(えんぶ)第一の賢王・持戒第一の智者なり」

まずは、上記の原文の訳(法孫悟空版)を提示しなよ。現代語訳も重要なんだよ。それを
無視して原文とまったく異なる解釈をしてもいいということにはならない。

42 : ◆AngEcMrbTY :2007/01/12(金) 07:31:49 ID:???
◆Bwr5tJDUMcさんは、どうしてそんなに詳しいのですか?

43 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/12(金) 08:21:00 ID:IDSmHLhr
前スレの896は何も書き込んでこないようだが、もう少し様子を見る事とする。
こちらとしても、(もちろん、外にも用事はあるが)ちょうどまた今日・明後日は、個人的に
飲みに行く約束があったり、加わっている一種のボランティア活動の後に打ち上げを
行う事になるはずであったりして、書き込みをしにくい状態が続く。
「御書全体」がどうのこうのと言っている御仁に、立正安国論とそれ以外の御書なるものの
性質の違いを無視した同一性(「真意」とやら)について、ぜひ詳しく論じていただいた後に、
できる事なら反論させていただきたいと考えている。
言い逃れできないように、な。(もちろん、Aホウ損御供でも構わないけれどな。)

44 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/12(金) 08:24:09 ID:IDSmHLhr
>>33 Aホウ損御供よ。
「もう一つ言えば、大乗仏教でいう供養といったら六波羅蜜なんだよ」とは、いかなる事だ?
「六波羅蜜」とは何か、まるで分かっていないではないか?
(ある種の)供養を六波羅蜜(のそれぞれ)に比肩して把握する事があるとはしても、
その供養そのものが六波羅蜜そのものであるなどと言う事に、どうしてなるのだ?
第一なァ、オマエ達の見解に従えば、日蓮は、六波羅蜜など結局は否定しているわけではないか。
それに、オマエ達の立場からしてどのような意味があると言うのだ?
単なる一般論か?(一般論だとしても、内容が問題なのだが。)

オマエ(達)の考え方や見解そのものには、客観性が欠けるのだ。
それ故に、いつもイイカゲンな事を恥じもなく言い、反省もないのであろう。
そのレスにおいては、オマエが扱おうとしている趣旨からは外れるが、六波羅蜜以外にも
問題があるのだぞ。

45 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/12(金) 08:27:20 ID:IDSmHLhr
(レス>44の続き)
しかし、またまたAホウ損御供はイイカゲンな事を無思慮に書きこむとは…。
ヤシが無知蒙昧な無恥無反省の輩である事はこれまでの書き込みで充分に理解できて
いるのだから、それを繰り返すのは迷惑以外のナニモノでもないぞ。
書かれた以上は、一応、それを具体的に指摘しておかないわけにはいかないのだ。
六波羅蜜以外にもあるぞ。

「日蓮門下の者は、阿育大王の故事は知っているとの前提で話をしているとみられる。
阿育大王の故事は付法蔵経、竜樹の大智度論などの仏典にも説かれ、御書の中にも
何度となく説かれているから。」と言っているが、アショカについて間違った知識に染まって
いようと、それ自体はオマエ達の世界の中だけであれば構わない事だが、それが客観的・
歴史的事実であるとして外部に発表するなら、それは批判の対象となるだけだ。
各種仏典中に記載されているアショカ像は、歴史学・考古学的観点からすれば、その全てを
事実とする事などできない脚色されたものでしかないのだぞ。
屋上屋を重ねるではなく、妄想上妄想を重ねるオマエ達をアホ以外に何と表現すべきか、
言葉が見つからないぞ。

46 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/12(金) 10:53:26 ID:evixLZm1
>>42 ◆AngEcMrbTYさん

「ナムナム、ムニャムニャ、・・・クワシクナルデスヨ!」と呪文を唱えたおかげです(ウソデス

残念ながら、私は詳しくありません。何らかの専門分野というものをもっているわけでも
ありません。私よりも、例えば法律ヲタさんがどうしてそんなに幅広い分野で鬼の様に詳しい
のか問題ですね。問題というのもおかしいですがw なにか特別な呪文でも知っているのでは
ないかと、そういえば、日蓮の生まれ変わりたる法律ヲタ大聖人様という噂もありました。

冗談はともかくとしても(法律ヲタさんが圧倒的な知識を有しておられるであろうことは本当
ですが)、このスレは(シリーズ全体として)とても情報量が多く、私が述べていることは過去に
アンチ諸氏が検討・議論しておられたことの焼き直しにすぎないことが多いのです。ですから、
私が一見詳しい様に見えたとしたら、それは多分にこのスレのおかげであり、過去のアンチ諸氏の
議論のおかげであるということになりそうです。

47 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/12(金) 10:54:21 ID:evixLZm1
>>46の続き)

日蓮は排他的で攻撃的である要素が多く見られる人物であり、残念ながら問題が多い人物で
あるといえるかもしれません。特に日蓮正宗からわかりやすい(?)カルト教団(創価学会や顕正会)
が排出されていることから、種々の議論は過去から手垢がつく程為されているということもあり、
どういった議論があるのかの情報を得やすいですし、議論が落ち着く先というのも見えやすい
側面があるのではないかと。そういうことも関係しているように思えます。

他には、創価学会の信者が詳しくないから相手をしている私が詳しく見えてしまうのかもしれません。
信者は、教学だ、信・行・学だなんだと主張しているわけですし、自身が真理であると信じる
ぐらいなわけですから、それ相応の知識を有していなければならないはずですし、詳しい考察を
既にしていて然るべきなのに、びっくりするぐらい詳しくないことが多いのです。よくアンチ側に
対して難癖だー!とか、教義を誤解しているんだー!とか叫ぶ信者がいますが、アンチの人の方が
余程詳しいと思える程、信者達の主張はお粗末であり惨憺たる状況ですから、こういったことが
私が詳しい人であるかのように見えてしまう要素になっているのではないかと思われます。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 11:40:02 ID:gNcvFSPH
オレ、創価キラ〜い(`∀´)
頭悪い奴しかいねぇ〜んだもん。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 22:59:03 ID:???
>>29
>つまりは、日蓮は殺生を認めていると言う事だ。
ヲタ氏としては、ずいぶん稚拙だな。
殺生を認めるかどうかと、>>15の記述は別問題。
例えるなら、/* 現代日本で死刑は制度としてあるが、「俺は死刑制度に反対(もしくは賛成)」。
そして、ある極悪人が懲役10年にしかならんのに、別人がそれより軽いと思われる罪(あるいは冤罪)で死刑なら・・・・死刑制度に賛成か反対か関係なく納得いかないのは当たり前。 */

>>34
>日蓮は敵対者(法華経の敵)を殺害することを容認していたか否か
少なくとも、大聖人の時代の話としては容認はしていない。
だから「・・・不殺生戒と申すは一切の諸戒の中の第一・・・」と書かれている。
ただ、釈尊以前の話としてそういう事例があると紹介している。
この、過去の殺害例とされる記述で殺害を推奨あるいは容認(註)と取るのは、無理。

(註)間違いや正当防衛で結果的に殺害することはあるだろうけど、それは容認・推奨とは関係ない。

50 : ◆AngEcMrbTY :2007/01/13(土) 00:13:01 ID:???
◆Bwr5tJDUMcさん
長い論争が繰り広げられてるんですね。

私も解釈をめぐる論争に勝てるように、ニセ本尊に一日30時間位ナムナムしてみます。そうすれば、辞書がなくても御書が理解でき(ry

51 :法孫悟空:2007/01/13(土) 01:46:14 ID:Qe5mjyZZ
>>15
だいたい、これのどこが問題であるのかさっぱり分からんぞ。
>日蓮は敵対者(法華経の敵)を殺害することを容認していたか否か
そんな二者択一的問題で語られるものではないな。

戦争では殺人は犯罪になるのか?考えてみろよ。
永世中立国、例えばスイスのように自衛のために軍隊を持つが、戦争はしない。
相手が侵略してきたら迷わず攻撃する。
そのこは、当然であり国民の利益でもあり、英雄ともなる。
このように言うとまた難癖を付けられそうであるが、殺人を容認するのか否かといった
単純な問題でないことは明らかだ。
つまりな、極論を承知で言えば、場合によってはOKだ。
実際な。
だが、だからといって殺生はOKという意味でないことは当然だ。
所詮は人の命も国家とか自衛・正当防衛といった場合には、語弊のある言い方をすれば
認められる。
そんな相対的な?ものよりは、真理(法華経)のために自衛という名目であれば殺害も
価値がある。(覚徳比丘の例)あるいは、過去に人殺しをしたことがあったとしても
罪を悔いて、出所して真理(法華経)のために供養するならば、その功徳は計り知れない(アソカ大王)。
こんな感じかな。
お前は、お手紙の相手がどのような人物かは参考程度であると言っているが、
そんなことはない、重要だ。
送られた相手は殺生を仕事としていた。
だから、本人になぞられた言葉、この場合「相手を殺した事」をストレートに表現することにより
より身近に感じさせることができるし、ストレートに伝わることもある。
であるから、現在、それらを読むと衝撃的内容に感じるが、本人にとっては
自分が今まで行ってきた事を素直に受け入れることに貢献する内容ともなる。
だから、手紙の相手がどのような人間であったのかは極めて重要である。
これが、もし女人相手であれば全く異なる表現であったであろう。
他にも反論したが多忙すぎてできない。
暇な時にでも相手をする。
お前たちのは曲解だ。

52 :法孫悟空:2007/01/13(土) 01:48:51 ID:Qe5mjyZZ
45 :法律ヲタ アショカ像は、歴史学・考古学的観点からすれば、その全てを
事実とする事などできない脚色されたものでしかないのだぞ。

この場合、そんなことは問題とはならないぞ。
仏典では、そのように語られていた訳だから、たとえ現代の考古学的検証で
一部誤りであったとしてもだ、まったく関係がないことだ。
それに俺の言ったことの大意としては現在でも、そのように伝えられている。
お前は何が言いたいのだ?
無神論者という主義主張のない者だそうだが、後で反論してやるよ。
待ってろや!

53 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/13(土) 01:51:05 ID:gMJVdOfL
>>49
>だから「・・・不殺生戒と申すは一切の諸戒の中の第一・・・」と書かれている。
>ただ、釈尊以前の話としてそういう事例があると紹介している。
>この、過去の殺害例とされる記述で殺害を推奨あるいは容認(註)と取るのは、無理。

何故、無理だと決め付けるのですか?日蓮が殺害の事例を挙げてそれを明確に否定している
ならば、こちらの解釈は間違いということになるでしょうけれど、そうではないのだと、
こちらは何度も何度も指摘しているのです。こちらは原文を提示し、原文の訳を提示し、
その上で合理性のある解釈を提示しています。

「不殺生戒と申すは一切の諸戒の中の第一なり」とした上で「是くの如き重戒なれども法華経の
敵に成れば此れを害するは第一の功徳と説き給うなり」と日蓮は主張しているわけです。

そういう事例というのは、不殺生戒というのは重戒であるが対象が法華経の敵になると、
これを殺害するのはすばらしい功徳になる事例なのです。前スレで清掃行者さんも指摘して
おられましたが、日蓮は不殺生戒を条件付で否定しているわけです。対象が法華経の敵の
場合はすばらしい功徳になるんだよ〜(好意的に意訳:時にはなり得るんだよ〜)と。

すばらしい功徳になる(好意的に意訳:時にはなり得る)にも関わらず、容認していないと
受け取る方が無理というものです。

54 :法孫悟空:2007/01/13(土) 02:00:30 ID:Qe5mjyZZ
>出所して真理(法華経)のために供養するならば、その功徳は計り知れない(アソカ大王)。

この部分は、また問題発言となるかも知れないので補足する。
仏教に基づいた戦争の放棄、人のため福祉に貢献する、平和外交厳刑主義ではなく寛刑主義などを行った(実際そのように言われている)
その功徳は計り知れないということ。
外道を殺害したことが功徳なので、お前たちも殺生しろなどという解釈は歪曲だ。
また、殺害を容認するのか否かも、お前が勝手に述べている極論だ。


55 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/13(土) 02:08:04 ID:gMJVdOfL
>>51 法孫悟空

>つまりな、極論を承知で言えば、場合によってはOKだ。
>実際な。
>だが、だからといって殺生はOKという意味でないことは当然だ。

こちらも既に何度も同じことを述べているのだよ。基本的に殺生というのはダメだという
スタンスではなるが、場合によってはOKだと日蓮は主張しており、その場合分け・条件付けが
おかしいと。日蓮的には極論でもなんでもなく、場合によってはOkなんだよ。

法孫悟空はスイスを例として挙げているが不適切だ。スイスは唯一正しい真理を授持信奉して
いる国であり、スイスが信奉する真理を信じなければ、他国は滅びていくだろう、だから
スイスが掲げる真理に帰依しなさい!などと主張していない。これは難癖ではないのだぞ。

「真理(法華経)のために自衛という名目であれば殺害も価値がある。」

また、都合の悪い部分は無視か?覚徳の件にしても好意的に受け止めなければ自衛という
ことにはならないだろうし、阿育大王の場合は自衛じゃなくて、侵略して征服して回って
いたようだな。攻撃こそ最大の防御であり自衛なのだ!とか言いたいわけか?
独善的な主張・条件を基に殺害に価値を見出すなど、現代からすれば大いに問題だ。
そういうことを指摘しているのだよ。

56 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/13(土) 02:09:09 ID:gMJVdOfL
>>55の続き)

法孫悟空の論には無理があることは既に詳しく指摘済みだ。

>これが、もし女人相手であれば全く異なる表現であったであろう。

異なる表現を用いるのか用いないのか知らないが、仮に異なる表現を用いたところで、趣旨は
同じでないと問題だ。相手によって言うことがコロコロ変わるようでは、真理でもなんでも
ないじゃないか。法孫悟空は言を左右にするのが日蓮だと批判したいわけではないだろ?

相手によっては、そりゃ多少表現を変えることもあるかもしれない。だけど、法華経の敵の
場合は殺生もすばらしい功徳になる(なり得る)という趣旨までは変えないだろうよ。

57 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/13(土) 02:14:30 ID:gMJVdOfL
>>54 法孫悟空

曲解だ、歪曲だ!と叫んだところで、法孫悟空が提示している根拠・理由がおかしい。
(お得意のデマだ、嫉妬だ!という感じなのだろうかねぇ。)

こちらは原文と原文の訳と解釈とがきちんと整合性を保ったまま、それらを提示している。
まずは、現代語訳(法孫悟空版)を提示しろよ。既に詳しく指摘したように、法孫悟空の
解釈では原文と整合性を保つことができていないのは明らかなんだよ。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 05:34:12 ID:???
2ch無くなるらしいな。
と、いうことはこのスレも無くなるわけだ。

いいことだ。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 09:21:03 ID:???
>>58
だから?
このスレはなくなっても、他サイトの本尊焼却画像は残る。
ひろゆきのような悪徳管理人でないプロバイダに存在する画像なのだから、閲覧制限も
ないだろう。
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%CB%DC%C2%BA%BE%C6%B5%D1&fr=ush-jp_full
「本尊焼却」で検索した結果だ。トップに来ているのはこのスレではない。
議論が出来なくなり、「本尊を焼却すれば仏罰が落ちる」と難癖をつけられなくなって
しまうのは学会員の方なんだが。
2chがなくなったら批判も封じることができると思うのは勝手だが、その考えを公言してしまうのは
かなり痛いなw

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 09:52:29 ID:???
>>58
ぬか喜びしているところに水をさして悪いが、こういう見解もあるよ。

ttp://danblog.cocolog-nifty.com/index/2007/01/post_947a.html
>そもそも、2chドメインの登録者はひろゆき氏ではない。第三者名義の財産に対する
>執行というのはとても難しい。できたらビックリである。
>この記事を見て私の第一印象は「そんなんできるやったら、とっくに誰かがやっとるがな」である。

学会本部は、なぜ今までこれだけの誹謗中傷をほっといたんだろうね?
創価学会って、公式に本尊不敬行為を止めようとか中断させようとかもしない、ずいぶん無慈悲な教団
なんだね。
会員個人が慈悲深いからって、学会本体には何の関係もないのにね。

会員さんは反論しないように。反論したら、「犯罪者は学会本体に関係あるんだな」って
切り返されるよ。

挙句の果てに、他力本願で「2chがなくなるから、このスレもなくなって、勝利だ!」って?
馬鹿すぎるよ。議論に実力で勝てない学会員のみじめな姿が目に見えるようだよ。
あー、情けない。日蓮上人が今の君の姿を見ていたとしたら、そんな情けない奴は自分の弟子じゃない
って言われちゃうだろうね。
それが「御書根本」の学会員の姿なんだね。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 10:00:56 ID:BOGEoHjR
>>53「不殺生戒と申すは・・の第一なり」

↑これって日蓮御書に多用されてる、「反対語の枕ことばから入って自分の
主張へ強引に持って行く」引っかけテクなんだよね。たとえば・・

「自分はけして他宗を批判するものではありませんが・・」と始まって、そこ
からネチネチと他宗をボロカスにけなして、謗法だと決めつけていく。

「自分は善知識ではない (ただの凡人) ですが・・」と始まって、そこから経文
の知識をひけらかしながら、蒙古襲来を当てただの自慢話もまじえながら、自分
がこの国でただ1人の聖人だと、強引に話を持って行くwww

その逆転の論理から言うと、秋元ナニガシが武士であるなら、具体的にダレかを
殺せと暗示してるのかもしんないな・・w

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 13:28:25 ID:tDFUeDJ2
>>58
今回のことは、どうやら
管理人の悪戯だそうだぞ。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 13:31:06 ID:NZKuFzsN

9条は日本人の心の故郷です。変えさせません。


故郷を変える人は居ないでしょう。 改憲派出入り禁止!!


http://society4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1168581071/l50





64 :法孫悟空:2007/01/14(日) 00:32:16 ID:JFB6JMjM
47 : ◆Bwr5tJDUMc
それはお前が曲解をしているから問題なのであって・・・だから学会ではお前のような解釈をしていない。きちっとした解釈をしている。大白蓮華でも載るくらい一般的な御書だからな。
55 : ◆Bwr5tJDUMc
違うな。殺生が絶対的にいけない行為であるとばかりは言えない例としてスイスの永世中立国の例を挙げているだけだ。正当防衛もそうだ、絶対的に罪なことかどうか考えろよ。
実際違う。・・・また、得意の難癖か。

俺は前にも言ったが、全ての偽善者・エセ平和主義者が「臭いものに蓋をする」といった態度の中で、あえて真正面からこれらの事を語ったということは極めて革新的で価値のある提言と言える。
法律の無い釈迦の時代、また近代的法律の無い鎌倉時代に、このように真正面に正論を言ったということは極めて指導者として優れた危機管理の意識を持っていたと言える。

65 :法孫悟空:2007/01/14(日) 00:36:23 ID:JFB6JMjM
>また、都合の悪い部分は無視か?覚徳の件にしても好意的に受け止めなければ自衛とい>うことにはならないだろうし、阿育大王の場合は自衛じゃなくて、侵略して征服して回>っていたようだな。攻撃こそ最大の防御であり自衛なのだ!とか言いたいわけか?

まったく間違っている。覚徳比丘・阿育大王も仏典による故事であり、その内容は功徳についてのもの。
秋元御書のなかには語られていない内容だが、門下の者ならば知っていることだ。
だから、お前のように文言のみで判断することは問題なんだよ。
有徳王は自身の身によって覚徳比丘を守ることで身を捧げているという内容、
阿育大王も釈迦に供養をしたことが縁で大王として生まれることを説いた内容、
それが分かった上で何故、お前のような解釈になるのだ。
比丘を助けるためには積極的に相手を殺してもよいなどと、どうして曲解ができるのだ。
ともに供養が内容の故事だぞ。
初めお前たちは、「是くの如き重戒なれども法華経の敵に成れば此れを害するは第一の功徳と説き給うなり」
その後の次の文句の意味が分からなかった、「況や供養を展(の)ぶ可けんや」。
俺が今まで言った仏典の故事を理解できればその理由も分かる。お前のは曲解である。
>法孫悟空が提示している根拠・理由がおかしい。
(お得意のデマだ、嫉妬だ!という感じなのだろうかねぇ。)
それはお前のことだ。よく理解しろ。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 00:40:15 ID:???
>>65 法孫悟空
「門下の者なら知ってる事」じゃなくて、他の資料で言及してるのなら
それを提示してから言えよ。
今の所お前が極端に好意的に拡大解釈してるとしか捉えられないんだが。

67 :法孫悟空:2007/01/14(日) 00:42:01 ID:JFB6JMjM
>>59
いやいや、310氏が投稿最中に亡くなったことは語り継がれるよ。
>創価学会って、公式に本尊不敬行為を止めようとか中断させようとかもしない、ずいぶん無慈悲な教団
なんだね。
まったく違うよ、言いたいやつに言わせる、善人はちゃんと見ているだけってこと。
基地外を相手しても、この通りだからな、言うだけ無駄。
主義主張のないヲタのように何とでも難癖は付けられる。悪は必ず滅びる、現証だ。
>>63
それとこれはまったく関係がないってことを付け加えておく。別の問題であり、ここでの議論は馴染まない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
それから法律ヲタ、

実名入りの誹謗・中傷をするな。
お前がまともな弁護士でないことは理解している、だがな法律を語る以上
このような名誉毀損にもなりかねない行為は絶対にするな。
いくら主義主張のない無神論者でもな。
分かったか!!!


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 00:46:03 ID:???
善人ってだれ?
基〇外は世間様はソッカーだと思ってる罠。


69 :法孫悟空:2007/01/14(日) 00:46:25 ID:JFB6JMjM
>>66
違うな。覚徳比丘・阿育大王と言ったら涅槃経で説かれた故事こと、または竜樹の大智度論など仏典の内容を指す。
それ以外、喩えとされない。
現代人が読むから文言以外に目に入らないだけ。


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 01:01:08 ID:???
「是くの如き重戒なれども法華経の敵に成れば此れを害するは第一の功徳と説き給うなり
況や供養を展(の)ぶ可けんや」


結局法孫悟空はどう訳してるの?
先ずそれを示してから自分なりの解釈に進むべきじゃね?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 01:33:19 ID:???
別スレからのコピペだけど

故に仙予国王は五百人の法師を殺し覚徳比丘は無量の謗法の者を殺し
阿育大王は十万八千の外道を殺し給いき、此等の国王比丘等は
閻浮第一の賢王持戒第一の智者なり、仙予国王は釈迦仏覚徳比丘は迦葉仏
阿育大王は得道の仁なり


法孫悟空さん、この部分を現代語訳してみて下さい。
あなたがどう思うとか、「ここはこういう意味『だろう』」とか、
そういうあなたの主観はとりあえず抜きでお願いします。

72 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/14(日) 06:01:03 ID:sK2V7k1+
>>64 法孫悟空

>それはお前が曲解をしているから問題なのであって・・・だから学会ではお前のような解釈を
>していない。きちっとした解釈をしている。大白蓮華でも載るくらい一般的な御書だからな。

あのね、それは権威主義的な考えだし、それだけでは通用しないのだよ。
(権威主義的であろうと、時には、情報源としてそれなりの意味を持つから全否定する気は
ないけどね。)

例えば、「それは法孫悟空が曲解をしているだけだ・・・だから東大の宗教学の教授だった
姉崎氏は私と同じ様な解釈をしており、法孫悟空のような解釈はしていない。」と言ったところで、
その解釈が合理性や妥当性のあるものなのか、原文と原文の訳と解釈が整合性を保っているのかが
問題なのであり、誰某が言ったとか、何処の組織が主張しているというだけでは、それが正しい
ことにはならない。

こちらは原文と原文の訳とその解釈を整合性を保ったまま提示している。法孫悟空は原文の訳を
提示していない。時には言葉の問題や表現の問題として、解釈によっては文章の趣旨そのものが
違ってくる場合もあるだろうが、それでも原文を無視したりはしないよな。法孫悟空の解釈は
無理がありすぎるから、原文と整合性を保っていないのは明らかではないか。

だから、こちらは該当部分の現代語訳(法孫悟空版)を提示してごらんと指摘しているのだよ。

法孫悟空の解釈のままでは、現代語訳できないだろ?意味わかる?法孫悟空の解釈では無理が
ありすぎるということだよ。解釈が先にあり、訳を提示できないなど本末転倒だ。

73 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/14(日) 06:02:55 ID:sK2V7k1+
>>72の続き)

>違うな。殺生が絶対的にいけない行為であるとばかりは言えない例としてスイスの永世中立国の
>例を挙げているだけだ。正当防衛もそうだ、絶対的に罪なことかどうか考えろよ。

こらこら、上記はこちらの指摘を無視して話をまぜ返しているだけではないか。

いいかい、現代においては、普通は人を殺害することが社会的にすばらしいことだとは認識
されていないよな。でも、例えば正当防衛の場合などは、すばらしいことではないにしても、
通常ならば犯罪として罰せられる行為だが違法性が阻却されて罰せられないわけだ。簡単に
言えば、致し方ない・やむを得ない、ということだ。でも、そこにはきちんとした条件や
背景となる法律体系があるわけだよ。合理性のある条件であり体系なのだよ。

これに対して、日蓮が主張している内容は不合理だし独善的だ。これは既に詳しく指摘済みだぞ。
信教の違いが理由で、信じない相手が悪い・信じないと大変なことになる、護法の(特定の宗教観
を護る)為に、時には殺害もやむを得ないどころか、すばらしい功徳であると日蓮は主張している。
こういった原文を無視して、適切なアナロジー(類比・対比)になっていないのに、現代の
正当防衛を持ち出して擁護しようとしているのが法孫悟空だ。その例では無理がある。だから、
こちらは不適切な例を持ち出しても仕方無いだろ、と指摘しているのだよ。こちらは、難癖を
つけているわけではない。

74 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/14(日) 06:04:12 ID:sK2V7k1+
>>72の続き)

>俺は前にも言ったが、全ての偽善者・エセ平和主義者が「臭いものに蓋をする」といった
>態度の中で、あえて真正面からこれらの事を語ったということは極めて革新的で価値のある
>提言と言える。

あえて真正面から、独善的な条件を基に殺害するのはすばらしい功徳にもなり得ると、
エセ平和主義(この表現が適切であるかどうかは疑問ではあるが)を掲げていたのが日蓮だと
いうこともできるだろう。革新的ではない。他の宗教でも見られるドグマに陥っているにすぎない。

ともかく、そういった議論の前に、既に何度も何度も指摘している様に法孫悟空の解釈では
無理があるのは明らかだ。まずは、現代語訳を提示してみなさい。法孫悟空の論では、訳を
提示しようとすれば、原文とまったく合わなくなってしまうことが理解できるはずだ。

75 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/14(日) 06:05:12 ID:sK2V7k1+
>>65 法孫悟空

>まったく間違っている。覚徳比丘・阿育大王も仏典による故事であり、その内容は功徳についてのもの。
>秋元御書のなかには語られていない内容だが、門下の者ならば知っていることだ。

まず、ここで重要なのは、法孫悟空の解釈の要の部分は「秋元御書のなかには語られていない」
ということだ。日蓮やその門下は涅槃経に説かれている故事を知っていたのかもしれないし、
誤解していたのかもしれない。御書からわかることは、日蓮は、そういった故事を背景として、
「法華経の敵の場合は殺生もすばらしい功徳になる」と解釈し、そう主張しているということだ。

>だから、お前のように文言のみで判断することは問題なんだよ。

私は文言は当然のこととして、その背景も考慮しているではないか。都合の良い憶測だけで
文言まで無視して無理のある解釈をしている法孫悟空に問題があることを指摘しているのだよ。

76 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/14(日) 06:06:15 ID:sK2V7k1+
(>>75の続き)

>有徳王は自身の身によって覚徳比丘を守ることで身を捧げているという内容、

仮に上記の内容が正しいとすれば、日蓮の主張は不適切であり、日蓮は涅槃経を理解できて
いなかったということになるだけだろう。(これは前から何度も指摘しているように、また
別の論点に関する議論になるわけだぞ。)

有徳王が身を捧げたことがすばらしい功徳であると日蓮は述べているわけではない。
「法華経の敵を殺害するのはすばらしい功徳になる(時にはなり得る)」とした上で、
「だから覚徳という僧侶は数え切れない程の人々(まぁ、これは数え切れない程の敵対者
ということになるだろう。)を殺害した。」と、すばらしい功徳としての殺生の事例を挙げて
いるのが日蓮だ。

法孫悟空が認めているように、秋元御書のどこにも法孫悟空が主張するような内容は語られて
いない上に、法孫悟空の主張とは違う内容が語られているのだよ。

77 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/14(日) 06:07:30 ID:tWnHXis+
(>>75の続き)

>阿育大王も釈迦に供養をしたことが縁で大王として生まれることを説いた内容、

これも同様だ。法孫悟空の論では日蓮を批判していることになるわけだぞ。

阿育大王は仏教に帰依しておらず地方を征服して回って多くの人々を殺害したが、それは
重罪である。だが、後に仏教に帰依しお布施をして改心したから、そのお布施がすばらしい
功徳なのだと、そういう趣旨のことを法孫悟空は主張しているが、日蓮はそんなことを述べては
いない。

「法華経の敵を殺害するのはすばらしい功徳になる(時にはなり得る)」とした上で、
「だから阿育大王は十万八千(又はその数倍)の外道(仏教徒以外の人々、又は、仏教徒で
あっても教えを守らない人々)を殺害した。」と、すばらしい功徳としての殺生の事例を
挙げているのが日蓮だ。

日蓮は「(法華経の敵を殺害するのが時にすばらしい功徳になるぐらいだから)いうまでもなく、
(法華経の敵に)お布施をするべきではない(してはならない)」と補足しているだけであり、
有徳王が身を捧げたという故事から、その身を捧げる行為はどうこうとか、阿育大王は仏教に
帰依していなかったから殺生をして回っていたが、後の仏教に対する供養(お布施)がどうだとか、
そんなことは述べていないのだよ。背景を知る上で、法孫悟空のように涅槃経には何が説かれて
いるのかを考察してみても、日蓮の主張は不適切であり別の問題が生じるわけだ。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 06:08:13 ID:???
2chは無くなるのだよ。
このスレ7年保たなかったな。
意味無かったな。

79 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/14(日) 06:08:53 ID:tWnHXis+
(>>75の続き)

>初めお前たちは、「是くの如き重戒なれども法華経の敵に成れば此れを害するは第一の功徳と説き給うなり」
>その後の次の文句の意味が分からなかった、「況や供養を展(の)ぶ可けんや」。
>俺が今まで言った仏典の故事を理解できればその理由も分かる。お前のは曲解である。

「況や供養を展ぶ可けんや」を訳してごらんよ。日蓮は、「いうまでもなく、お布施をする
べきではない」と主張している。では、誰にお布施をしてはいけないというのだろうか?
文脈からすれば、当然、法華経の敵に関する話をしているわけだから、法華経の敵にお布施を
してはいけないよという訳になるだろう。

「況や供養を展ぶ可けんや」を法孫悟空の解釈に合うように訳してみると、とてもおかしな
ことになる。前後の文章の並びから、内容から、まったく無視した無理な訳をしないことには、
法孫悟空の解釈の通りに訳することができない。つまり、法孫悟空の解釈では無理がありすぎる
ということだ。まず解釈ありきでは、本末転倒だ。

残念ながら、文言を無視して曲解しているのは法孫悟空だ。こちらは当然ながら文言自体も
重要視するし、その背景も考慮して原文と原文の訳と解釈に整合性を保ったまま、それを
提示している。

いつまでも都合が悪いからといって無視しないで、該当部分の現代語訳(法孫悟空版)を
提示しろよ。訳を提示しようとすれば、法孫悟空の解釈では無理がありすぎることが理解
できるはずだ。

「是くの如き重戒なれども法華経の敵に成れば此れを害するは第一の功徳と説き給うなり、
況や供養を展(の)ぶ可けんや、故に仙予国王は五百人の法師を殺し・覚徳比丘は無量の
謗法(ほうぼう)の者を殺し・阿育(あそか)大王は十万八千の外道を殺し給いき、此等の
国王・比丘等は閻浮(えんぶ)第一の賢王・持戒第一の智者なり」

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 12:38:39 ID:XV0a1bKe
>>71
涅槃経は成立が4-5世紀あたりで、2500年前のお釈迦さまが直接監修したり
すんのはムリだけど、日蓮系の人が釈迦の直説として神聖視してるとこみる
と、「久遠ナンチャラ」のあの世みたいなとこから、電波とばして責任編集
してますから、内容はホントですっ! みたいな話だと思うよwww

>>69竜樹の大智度論
創価・正宗の人が、折伏を菩薩行だの化他行だのと言い張って異常にコダワル
のは、修行の順番が前後逆でなんかヘンだなー? と思ってたけど、この経典を
カン違いして解釈してただけなのね、よーやく意味ワカったw

(注) 大智度論は不住涅槃 (自分だけ仏の世界に行くのはズルいぞ) 思想しか
書いてないミョーな経典。これをウマく利用すると信者を奴隷として死ぬまで
コキ使うことができる、大乗 (俗物宗教) にかかせない便利なツールです。

81 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/14(日) 13:32:59 ID:LdfXmaia
>>46 ◆Bwr5tJDUMcさん
エヘン。日蓮の生まれ変わりたる法律ヲタ大聖人様である私が「ナムナム、ムニャムニャ、・・・
クワシクナルデスヨ!」と呪文を唱えれば、全てが見通せてしまうのです。(モチロン、ジョウダンデス

詳しいように見えるのは、ここで扱われた対象は、私が過去個人的に学んだりした分野に
関係するものが多かったと言うだけの話にすぎません。
例えば、少し前にアホさんが問題とした音楽についてであれば、私は昔、好きでクラシックを
よく聞いていた時期があるのです。(一応、過去形としておきますけれど。)
実は、子供の頃ピアノを習った事もあるのですよ。
(可愛い女の子が習っていたものでして。エヘヘ…。もちろん楽器演奏は好きでしたけれどね。)
そして、高校で “何かの歴史についてまとめよ”なる課題が夏休みに出された時に、即、
西洋の音楽史を取り上げようと思った次第であり、アホさんの間違いを指摘できる程度の
一般人として有する事の不思議でない基礎的な知識くらいなら持ち合わせていたのです。

82 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/14(日) 13:35:14 ID:LdfXmaia
(レス>81の続き)
仏教などの宗教に関しても、学生から社会人になるくらいの時期に様々な形で学ぶ機会がありました。
一つには、当時、創価学会員との知り合いも多く、創価学会の考え方と対決する必要が
生じたと言う事もあるのですが、単に、そう言うだけのものでもありませんでした。
それこそ様々な要因・切っ掛けがあったと思うのですけれど、例えば当時、日本の
古典芸能に近づく機会がありまして、そのようなものの中には、実は仏教の知識がないと
理解を深められないようなところも存するので、それも私の中では、仏教とはどのような
ものなのかを探る切っ掛けの一つとなったとは言えると思いますし、それ以外にも様々な
事が重なって、私なりに学ぶ結果となったのです。
仏教のみならずキリスト教などに関する知識も、この頃に得たものが核となっていますし、
創価学会などの教学に対する批判と言う事であれば、この板に来る前から天台の五時八教
の教相判釈に客観的根拠がない事なども、当然知っておりました。

そしてもう一つ、詳しく見えるのは、現在、創価学会の過去の資料を機会があれば集めている
と言う事が大きいのだと思います。
今では、それを表に陳列しておく事を憚るほどに集まっておりまして、特に必要を感じて
手元に置いているのはその内の一部なのです。
秋元御書も、通常必要ないものと考え仕舞ってあり、少しそこを捜せば良いだけなのですが
面倒だったので今日までそれを避けておりましたが、当概の“日蓮大聖人御書講義 第二十巻
下”その他を今日取り出して参りました。(実は、古本で特に脈絡もなく機会があれば集めて
いますので、同じ書籍を複数揃えている事も多く、この本も複数持っておりますして、
できる事ならば、Bwr5tJDUMcさんに一冊差し上げたいくらいですよ。)

83 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/14(日) 13:38:07 ID:LdfXmaia
(レス>82の続き)
今は出かけなければなりませんので、問題の日蓮の文章だけについて、同書において創価学会が
どのように現代語訳しているかを、「通解」と称する現代語訳の部分から引用しておきます。

(これを殺害するのは第一の功徳であると説かれているのである。≠ニした後に、)
「ましてや供養を行ってよいことがあろうか。」
と訳しています。

「通解」(現代語訳?)ではなく、「講義」と言う部分に書かれていることの方が参考になると
思いますので、こちらも該当部分のみを挙げておきます。
「それゆえに法華経の敵である諸宗の僧への供養などはもはや論外であると戒められている。」
としております。(記憶だと、以前に引用した部分は、ここに続く所ではなかったかと思います。)
(それでは、これで一旦終わりますけれど、飲んで帰る事になると思いますので、今日書けるか
どうかは済みませんが分かりません。)

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 13:39:01 ID:???
なにこのキモイスレ

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 13:55:30 ID:???
仏罰の存在を証明できる奴はいねーの?
何を批判してる間に誰が死んだって?それが事実だとして、それが仏罰によるものだとどうやって証明する?

現状、仏罰は存在しないという結論しか下せないよ。贔屓目に見てもね。
ま、極限まで歩み寄っても、せいぜい
「仏罰が有るとは証明されていないが、無いとも証明されていないよね」ってトコ。

で、科学の原則として、
存在が証明されていないものは「存在しない」ってことになるわけで。
もちろん例外はあるけれど、この仏罰云々の場合はその例外には当てはまるまい。
つまりそう言うことだね

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 14:11:20 ID:???
>>85
仏罰とか神罰は大きく分けて二種類あるよ。

最初に何かが起こる、で、有る人が「これが仏罰だ」って主張すると個人的な仏罰、
周りの人も受け入れると社会的に仏罰になる。

もう一個は、仏罰の名を語って何かの行動を起こす場合。
これも、行動した本人が仏罰だと信じれば、その人の中では仏罰、
周りの人も同じように解釈すると、社会的に仏罰になる。
この場合は、周りの人が実行者やその状況をどの程度知っているかって点に関しては、
かなり段階があると思うよ。一部は上で書いたほうの仏罰と被ってくるんじゃないかな。

今回は仏罰についての話だったんで、
文中の「社会」は、仏教系の文化的基盤を有する社会になります。

結局、仏罰とかそういうのは、原因の捉え方じゃなくて結果の捉え方の問題だね。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 14:28:30 ID:XV0a1bKe
>>85
日蓮本尊は日蓮仏法だから、三証 (文証・理証・現証) にしたがって
証明すんだよ。ただし文証にあたる「創価批判やニセ本尊を不敬する
と仏罰があたる。」という記述は御書のどこにもないから、最初の文証の
段階でつまづいちゃってる状態です。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 23:09:36 ID:???
2chなくなるのに、いつまでグダグダやってるんだよ。
もう何書いても無駄だから。

89 :蒼天 (反逆創価班願兼於業) ◆bOY.RfmScI :2007/01/15(月) 00:14:37 ID:nQG82tfw
>>1 ◆Bwr5tJDUMc さん
スレたてお疲れ様です。

早く春になってほしい今日この頃です。
俺は少々風邪気味ですが大病や大きな怪我もなく楽しい毎日をすごしています。
創価から離れるってすばらしいですね

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 00:27:08 ID:???
>>88
じゃあお前は来るなよ。>>88のレスも無駄なんだろ?

91 :法孫悟空:2007/01/15(月) 01:21:12 ID:miVHhkhp
72 : ◆Bwr5tJDUMc
あのね、それは権威主義的な考えだし、それだけでは通用しないのだよ。

言っている意味が分からないな。他の解釈を知ることはいつでも可能であり自由。
我われは在家、どこかの洗脳された団体とは違う。
お前と同じ一般人、自由に選択できる立場にいる。
・・・だからお前たちのは難癖だと言っているのだ。
>だから東大の宗教学の教授だった
姉崎氏は私と同じ様な解釈をしており、

その姉崎正治氏の本の中ではこんな事を書いている。
「例せば殺生戒は仏誡の第一であり、生物を残害しないのは道徳心の発端である。
それにしても謗法の者を懲罰するは、法華行者の義務であり、いかに折伏してもこれに応じない者は、
これが一命を断つとも已むを得ない。
これかえって真の慈悲である。
この意味からいえば、謗法者を殺すのは、法華経主義からいえば、不道徳でないのみならず、かえって大道徳になる。」

どう思うよ、酷いとしか言いようがない。
それこそこんな訳がまかり通るのなら何でもありだ。どうしてこんな酷い解釈ができるのか。
解釈というより創作じゃんか。
田中智学と関係あるからこんな曲解すんだよ。
東大の教授で宗教学の権威のようだが、この本が学術的立場にたっていない
持論を展開していることは明々白々だ。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 02:31:17 ID:???
>>91 法孫悟空
(個人的には、直訳すればお前が間違ってるとしている訳で会ってると思うが)
じゃあ、お前の正しいと思う訳を提示すれば済むだけじゃねーか。
◆Bwr5tJDUMc氏が再三言ってるのに何でそれをしないんだ?
今の所お前の言ってる事こそ何を切り貼りしたかもよく分からんような
正に「創作した解釈」なんだが。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 03:56:44 ID:???
>>91
>・・・・姉崎正治氏・・・・田中智学と関係あるから
納得・・・・・田中智学(国柱会)の支持者か。
じゃあ、全く当てにならんな。

94 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/15(月) 08:22:32 ID:NL9HOavf
>>91 Aホウ損御供よ
そうだな。自由に選択しなければならないな。日蓮の文言を無視した解釈を。

オマエ達の解釈こそ、解釈と呼べるものではなく、「創作」と言うべきものだ。
>92氏の言う通りだぞ。
なお、そこでそのような嘘八百を並べ立てても、原則的には詐欺罪は成立しない。
安心しろ。(藁

95 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/15(月) 08:23:28 ID:NL9HOavf
>>93
以前、その田中智学の言い出した“国立戒壇”なる妄想を散々言い立てていたのは、
どちら様でしたっけ?
御都合が悪くなると、知らん振りですか。
無責任と言ったらいいのか、嘘吐きと言うべきなのか…。
困った連中ですな、どちらか様は。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 08:48:34 ID:???
>>95
俺が問題にしているのは、八紘一宇。
国柱会の一番の問題は、そこにある。

ヲタ氏よ、国立戒壇に関しても当時の日達上人により公式見解が出されたことを知ってるはずだな。
それを知っていて・・・なんにでも食いつく、ダボハゼか?

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 09:36:10 ID:???
>>96
どうせケチつけるなら内容についてケチつけろよ。
お前のやってる事は他のスレでベンジャミン氏の本について
内容をロクに検証せずに、ただ「信じられない」だの
他の本を持ち出して「これを書いたから信用できない」だのほざいてるバカと同じだぞ。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 11:33:56 ID:???

 だって 学会員だもの     みつを



99 :日目上人:2007/01/15(月) 12:10:54 ID:???
層化も非会員も御本尊を燃やすでない。
日顕御本尊も層化御本尊ももやすという行為そのものが仏に逆らっている。
真贋で喧嘩して御不敬になってはいけない。三大秘法の大御本尊さまが
すべての中心である。日蓮大聖人は、万人の救済が目的だ。
敬虔な気持ちをもって富士大石時の大御本尊中心に信者は異体同心で
進むように。


100 :◆JgJAzfkQlM :2007/01/15(月) 12:13:14 ID:???
**スピリチュアルの裏話です。関係有りそうなので貼らせてね!

江原氏は、 何故あんなに物知りなのかな〜 何処の霊訓に書いてあるのか?
しかも、江原氏のポケットにマネーが収まるように 何時書き換えられたのか?
江原氏の体重増加に伴って・・・・・・大河は無償の愛でしょう?儲かる?
そうして、日本のスピリュアル文明は 出来上がってゆく・・(ほとんどの宗教の始まりと同じです)

私は、あのシルバーバーチの霊媒です、(何故か英語は、しゃべれないが・・)
私は、あのバーチ先生も尊いと言われました霊医団のお一人アトス様のヒーラーでも
あるはずなのですが、はっきりいいまして・・・・・スピリチュアルって霊界の人間界の
人材養成宗教みたいなものです。(ボランティアなんだけど、何でそんなにポケットが
膨らんでるの)次の神候補は、ノーベル平和賞みたいなお方です、命がけで
ただ働きした人のご褒美が、霊界でもあります。ただし、貰えない人のほうが、多いのも
事実です。ライバルは、多いんだから。日本発の日蓮証宗などは、個人で頑張ればいいものを、
団体さんでやるものだから、修行もなんのそのであり、ある宗教団体もしかり
政治と結びつくことを、誰よりも恐れてるのが、ナザレのイエス様です。(聖戦は正義?)
どの時代も、宗教家が陰で操る政治程危ういものは、無い霊界にお住みの
仏陀殿もアタフタされてるようですよ(霊耳でバーチ先生から伺ったこと)そういう訳で
儲かる宗教は、疑え! まず怪しい! 絶対裏がある!   なのでした。

最後に日蓮上人様も、肩身が狭くなるので、創価さんがたにも自重してほしいらしいです 。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 12:50:55 ID:???
法孫悟空が自身の訳を提示できないのも、
>>96が内容について突っ込めないのも、
自分がやってる事がただの難癖に過ぎないことを自覚しているからですよ。

102 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/15(月) 13:47:00 ID:0MrfhC08
>>81-83 法律ヲタさん

私も宗教や歴史を学ぶ機会や、種々の知識を必要とする要因・切っ掛けはあったはずなのですが、
残念なことにそれを学ぶことをしてきませんでした。

「Art is long, life is short.」「少年老い易く学成り難し。一寸の光陰軽んずべからず。」
昔の人は良い事を言ってますね・・・。ハズリットは「私達は年齢を重ねるにつれて、時間の
価値をいっそう鋭く感じるようになる。実際、時間以外のものはまるで大したものではないように
映じてくる。そしてこの点で、私達はいよいよ悲惨な人間になってくる。」と述べています。
ゲーテが言うには、時を絶えがたくするものは怠惰な姿勢なのだそうです。

私は三十路を超えました。人生の短さを嘆き始めるお年頃なのかもしれません。あまり悲観的に
なってしまっても仕方ないですし「無知であることを自覚するのは、知識向上の大きな段階である。」と
ディスレーリが主張しているように、私の知識もまだまだこれから向上していくのだと思えば、
少しは気が楽になります。「遅くなっても全然行かないよりはマシだ。」というリヴィの言葉も
私を前向きな気持ちにしてくれます。

それに、時間が私を待つことなく過ぎ去っていこうとも「ナムナム、ムニャムニャ、・・・クワシクナルデスヨ!」という
呪文を唱えれば絶対的幸福境涯に到達しつつ善智識を得ることができるわけですから、ちょー安心です。
私は多くの人達に憎まれることになっても、命を惜しまずこの呪文を広く宣伝して流布して行こうと
思います。人々に真理としての妙法を教えてあげるわけですから、「迷惑だ!」などという悪口は
却下です。しつこく伝える必要があるのです。奇妙な法に帰命しているわけではないですからね!
カルトとか言わないでください!そんな目で見ないで下さい!世界190ヶ国です!

103 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/15(月) 13:48:53 ID:0MrfhC08
>>89 蒼天さん

>早く春になってほしい今日この頃です。

私も春が待ち遠しいです。知り合いの破戒僧と静かなお寺の境内で桜を愛でつつ日本酒を呑む
季節です。私は春が大好きです。

>俺は少々風邪気味ですが大病や大きな怪我もなく楽しい毎日をすごしています。

油断は禁物です。毎日を楽しく過ごしていても、突然、箪笥の角に足の小指をぶつける等の
悲惨で苦しい仏罰現象に巻き込まれるかもしれません。二日酔い気味で朝目覚めると、隣に
寝ている人の印象が昨日とまったく違うことに気付くという涙なくしては語れない不幸な
仏罰現象に見舞われるかもしれません。その人が誰なのか殆ど思い出せない場合、それは
間違いなく仏罰現象です。買ったばかりのお気に入りの服を着て出かけたら商品タグがぶらさがった
ままだったという恥ずかしい仏罰現象もありますね。私は決して脅しているわけではありません。
厳然と科学的にアレもコレも仏罰なのです。蒼天さんを心配して言っているのです!
カルトではないのです!そんな目で見ないで下さい!200を超える名誉称号です!

104 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/15(月) 13:50:00 ID:0MrfhC08
>>103の続き)

まぁ、でも風邪は安静にすれば治るでしょうし、足の小指をぶつけてもしばらくしたら痛みは
なくなります。アルコールも程ほどにすればいいでしょうし、過ちは誰にでもあります。タグを
ぶらさげたまま出かけてしまっても気付いた時にタグを外せば解決です。創価学会から離れる
ことができないという仏罰現象に比べればどうってことないわけですよ。印刷物を焼却したところで、
なんてことはありません。

ただ、蒼天さんの焼却行為が原因で地球の温暖化が進み、氷山が溶けて海面が少し上昇して
しまったかもしれません。蒼天さんが焼却した現場から少し離れた場所にいた猫がたまたま
あくびをして焼却に際して発生した有害物質を吸い込んでしまったかもしれません。きっと、
その猫は今頃健康を害して床に臥せっていることでしょう。蒼天さんが悪いのです。
因果の理法です(キッパリ!

>創価から離れるってすばらしいですね

同意です。カルトの悪影響で合理性や客観性のある判断ができなくなるのは困りますからね。

105 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/15(月) 14:11:33 ID:0MrfhC08
>>91 法孫悟空

>どう思うよ、酷いとしか言いようがない。

そうか?私はべつに酷い解釈だとは思わないよ。それで、問題となっている箇所の現代語訳
(法孫悟空版)はどうなったのだ?それと、法律ヲタさんの>>83の内容をよく読んで、法孫悟空
解釈(況や供養云々というのは、阿育大王の後の供養がどうたらこうたらってやつだな)と
照らし合わせてみる必要があるだろう。意味わかるだろ?(わからないのだろうけれど・・・)

106 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/15(月) 17:15:46 ID:0MrfhC08
>>96
>俺が問題にしているのは、八紘一宇。
>国柱会の一番の問題は、そこにある。

うーん・・・、疑問が2つ3つあるのですが、国柱会の田中智學が提唱した「八紘一宇」という
理念は日蓮系の人にとっては共感できるものではないのですか?96さんは日蓮系の信者でしょ?

日蓮の思想を基に「日本國はまさしく宇内を靈的に統一すべき天職を有す」というのが本来の
「八紘一宇」の考えですよね。96さんは、当時の時代背景もあって「皇国の国是」という趣旨が
大きく関係していた部分を問題視しておられるのかもしれませんが、本来の日蓮の思想を根本として
人類は手を取り合っていくべきであるという趣旨であれば共感はできるわけでしょ?その中心は
日本ということもそんなに問題とはならないでしょ?違うのでしょうかね・・・。
(日蓮系の信者にとっては、その日蓮の思想を正しく伝え理解できているのが、日蓮系の中の
どの宗派なのかという問題はあるでしょうけれど。)

日本書紀や天皇の存在意義自体も否定する方向で「八紘一宇」という理念を問題視しておられる
のでしょうか?それとも天皇の存在意義自体は否定しないが大東亜戦争に関する戦争史観の問題
として「八紘一宇」に拘っておられるのでしょうか?96さんは「八紘一宇」という理念の中の
どういった部分を問題としておられるのでしょうか?

国柱会や八紘一宇という理念に問題があり、それを提唱した田中智學に姉崎氏が多大な影響を
受けていたところで、今問題となっている秋元御書の該当部分の解説と、どういった関係があるというの
でしょうかね?私には96さんの主張の趣旨がよくわかりません。

例えば宮沢賢治も国柱会に入信していたそうですが、それだけをもって宮沢賢治の思想や作品は
問題だらけでまったく当てにならないということにはなりません。同様に田中智學に影響を
受けていたというだけでは、法華経や日蓮に関する姉崎氏の解説が全てにおいて不適切である
ということになるわけでもないですよ。

そういうのって権威主義的でしょ?誰某が言ったから間違っているはずだ、正しいはずだ
というような趣旨だけでは問題がありますよ。(権威主義的な主張を全否定するつもりはない
ですけれどね。時には有効であるともいえるでしょうし。)

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 18:49:34 ID:???
2chがなくなる、つまり、このスレが7年続かない、無駄スレと化すのが決定したわけだが、
なぜ無駄スレで未だにグダグダとレスのやりとりをしているのか…?
それは、このスレに書き込むことでヤシらはストレスを解消しているからだ。
だから、2chがなくなるその日まで書き込み続ける。
このスレの意味なんて連中には関係ないのだ。


法孫悟空も書き込みをやめたらいいんだよ。
そしたらこのスレは2chがなくなるまでアンチが雑談するだけのスレでしかなくなるんだから。
法孫悟空だけに限らんよ。
アンチの連中も書き込みのやめたら?

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 21:09:55 ID:???
>>107
>2chがなくなる、つまり、このスレが7年続かない、無駄スレと化すのが決定したわけだが、
脳内決定?w
裁判所に申請はされているけれど、それが受理されたっていう話でもあった?
そんな話もないのに決定ってw
それにね、例えば焼却しますたさんのサイトは、2chと関係ないから、ずっと残るよ。
このスレが存在しなくなっても、本尊を焼却した人が7年生きていればいい話なの。
まさか、「このスレ限定」なんておバカな話をまた持ち出すの?

>そしたらこのスレは2chがなくなるまでアンチが雑談するだけのスレでしかなくなるんだから。
この意見が出されてから長いね。それで、その通りになった?
その通りになっても、アンチは痛くも痒くもないんだけど。
「学会側は反論不能、本尊を焼却しても仏罰なんか起こり得ない」って結論になるだけ。

>アンチの連中も書き込みのやめたら?
そんなに目触りだったら、見るのをやめたら?
あなたがずっと敗北を続けた歴史は残るけどねw

109 :法孫悟空:2007/01/15(月) 21:17:11 ID:miVHhkhp
105 : ◆Bwr5tJDUMc それで、問題となっている箇所の現代語訳
(法孫悟空版)はどうなったのだ?

俺は今、全体を読んでいる。問題となっている箇所の現代語訳 はすでにお前たちが出しているものと
違わない。
だが、その一文のみをもって判断することは危険であり曲解をまねく。
お前が、その良い例だ。
覚徳比丘やアソカ大王の例は、あくまで仏典のこと。
どこの仏典に敵を害することを功徳としているものがあるのか。
直後に「供養」が出てくる意味も、その故事から理解できることだぞ。
覚徳比丘やアソカ大王も仏教に供養をした功徳を称えたもの。
そのことを理解すれば、敵を害することを功徳とできるはずがないではないか。
結果として害することになったが、覚徳比丘は有徳王が自身の身を捧げて格闘し覚徳比丘を救った功徳を
アソカ大王は、大王になった後、仏教に供養をしたその功徳を称えたもの。

たった21文字だけ捉えるな、難癖野郎!

110 :法孫悟空:2007/01/15(月) 21:23:14 ID:miVHhkhp
>>107
その通りですね。
この2チャンは、正当に主張し戦うことができない者が難癖を付ける場ですから。
法律家を名乗る者でさえも、この偏狭で極端、難癖しかしない醜い掲示板で
主義主張のない嫌がらせをするのですから。

悪は滅びるなんですよ。
現証・現証。


111 :法孫悟空:2007/01/15(月) 21:24:58 ID:miVHhkhp
102 : ◆Bwr5tJDUMc
心配するなお前のような野郎の相手はしないよ。
こちらも選ぶ権利があるからな。
無駄智恵を積んだり難癖ばかり言わないで、自分が曲解の姉崎教授と同じ解釈をし、
これが正しい解釈などというアホ野郎であることを自覚する方が先だぞ。

国立戒壇を言えば、「問題である」と言い、国立戒壇を取り消す英断をすれば「問題である」と言う。
主義主張のないアホというのはこうも厄介なものか。
アホは相手しないに限るが、今回のようにあまりに難癖が過ぎる場合はそうもいかない。
悪は滅びる、これ法則だからさ。
現証だよ現証。そう言えば政治評論家で元毎日の新聞記者の福千氏も学会が国立戒壇を取り消したことを英断として評価していた。

112 :法孫悟空:2007/01/15(月) 21:28:02 ID:miVHhkhp
法律ヲタ:
「仏法西還」と言えばこんな記述があった。
2002.1.3〜7北インドのラクナウ大学で開催された第89回「インド科学者会議」に同会議の会長であるカンプール大学副総長のカティヤール教授から創大の小暮博士が招聘された。
この会議は全インドおよび世界から5500人の科学者が集まりシンポジウムが8セッションに渡り行われた。
初日にはインド宇宙研究機関のアブドル・カムラ教授が講演をされた。
彼はミサイル開発で高名な方。
小暮博士も「欲望に対する神経生理学的考察」と題する論文を発表された。
この会議はマハトマ・ガンジ―やネルー首相時代から続く由緒あるもの、開催宣言は時の首相がするというほど。
最終日では、「インド科学者会議」の名誉顧問である池田SGI会長のメッセージがカティヤール教授によって読み上げられたそうだ。
池田SGI会長のメッセージに会場から万来の拍手で共感の意思が示されたそうだ。
カティヤール教授も絶賛されていたそうだ。
この光景を目の当たりにした小暮博士は、まさに「仏法西還」の潮流を現実のものとして実感されたそうだ。
主義主張の無い根無し草では未来永劫、このような価値創造はできない、保障するぞ。現証だよ、現証。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 22:07:58 ID:???
いや、仏罰が証明すると断言できる確実なデータを示すのが先だろ。
長々と無意味な文章を書き連ねてるんじゃねえよ。

アンチ側もこの馬鹿に餌を与えるな。図に乗るから。

114 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/15(月) 22:11:37 ID:0MrfhC08
>>109 法孫悟空

>俺は今、全体を読んでいる。問題となっている箇所の現代語訳 はすでにお前たちが出しているものと
>違わない。

ふむ。では、ひとまず現代語訳としては、こちらが提示しているものが適切であることは
認めるわけだな。そこまで認めて、なんで法孫悟空の解釈は無理がありすぎることが理解
できないのだろうかねぇ。何度も指摘していることだけれど、言葉の問題として2通りの意味に
訳することができ、そういった表現の問題で解釈に議論が必要という様な場合ではないのだぞ。
明らかに法孫悟空の解釈では原文を無視しまくった無理のあるものになってしまっている。

>そのことを理解すれば、敵を害することを功徳とできるはずがないではないか。

何度も何度も指摘していることだが、それは法孫悟空が涅槃経を読んでその様に解釈した
という話であって、日蓮がその様に述べているかどうかとは別の問題じゃないか。法孫悟空の
解釈によれば、敵を害することを功徳とできるはずがないわけだ。でも日蓮は、法華経の敵を
害するのはすばらしい功徳であると解釈しそう述べているのだぞ。

>たった21文字だけ捉えるな、難癖野郎!

あのねぇ、こちらは難癖などつけていないのだよ。原文を無視した解釈ありきで滅茶苦茶な
主張をしている法孫悟空に対して、こちらはその主張がいかに不合理でデタラメであるかを
指摘しているのだよ。「21文字だけ捉える」というのは何の話だ?

115 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/15(月) 22:12:48 ID:0MrfhC08
>>111 法孫悟空

>心配するなお前のような野郎の相手はしないよ。
>こちらも選ぶ権利があるからな。

あららら、そんな釣られ上手というか、なんというか、皮肉に対してそのレスは痛すぎるだろw
>>102の後半は創価学会の信者がいかに不合理でおかしな主張をしているかを皮肉っているわけだが
それに対して「心配するなお前のような野郎の相手はしないよ。」って、それは創価学会の
信者みたいなおかしな野郎の相手はしないよってことになってしまうぞ。まぁ、意味が理解
できないのだろうな・・・。

>国立戒壇を言えば、「問題である」と言い、国立戒壇を取り消す英断をすれば「問題である」と言う。
>主義主張のないアホというのはこうも厄介なものか。
>アホは相手しないに限るが、今回のようにあまりに難癖が過ぎる場合はそうもいかない。
>悪は滅びる、これ法則だからさ。
>現証だよ現証。そう言えば政治評論家で元毎日の新聞記者の福千氏も学会が国立戒壇を取り消したことを英断として評価していた。

まったく話が噛み合っていない。少なくとも今回私は国立戒壇を問題とはしていなし>>102
内容も国立戒壇の問題とはまったく関係ないぞ。大丈夫かな?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 23:06:16 ID:Bp2ybv7J
>>107
君、いつもsage七誌で「本尊焼却画像はスレ違い。消すべきだ」とか
頓珍漢なこと言って騒いでる奴でしょ?主張が特徴的だからすぐに分かるわ。

そもそも裁判所に申し立てされたのはドメインであって、
2chを動かしているサーバ類ではないぞ。
コンピュータに詳しくなければ分からないのかもしれないが、
ドメインを差し押さえたところで、また新しいドメインを取れば
それで済む話なんだよ。理解できるか?

簡単な例え話をするとだな。
ある人間が所有する本があったとしよう。本の本体=2chサーバ、
ブックカバー=ドメインと考えれば分かりやすい。

ブックカバーを差し押さえたところで新しいカバー掛ければしまいだろ?


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 23:09:30 ID:Bp2ybv7J
本自体が持ってかれれば一大事だがな。
サーバ類は西村個人の所有物ではなく、借り物なんだよ。
差し押さえができるはずもなく。
ま、法律関係はここのアンチ諸氏の中に専門家がいるからお任せするがww



君は恥ずかしいから少し書き込みを控えた方がいいねwwwwwwwww
あまりに間が抜けてるから理解してるやつから見ると吹き出しそうになるんだよ毎度毎度。


118 :ひろゆキ ◆HEEgvYWvCk :2007/01/15(月) 23:24:55 ID:???
ドメイン、つまり分かりやすく言うと「http://www.2ch.net/」というネット上の住所
を押さえるだけでは2chをネット上から消すことには出来ないと思う。
つまり、http://www.2ch.net/が使えないとするとhttp://www.2ch.jp/でも
http://www.2ch.com/でもいいだろうし、何でもいいだと思うんだ。

お金の心配ならカンパでもなんでもすればいいだろうし、ノープロブレムだよ。

それにしても膨れ上がる鯖の維持費に対して広告収入が限界にきてないのかな?
広告収入自体は増えないだろうし、その一方でログは増え続ける。
ディスクスペースを貸し出している方も、割が合わなくなっていないのかなぁ
そもそも2chは儲かる仕組みになっていないと思う。

119 :ひろゆキ ◆HEEgvYWvCk :2007/01/15(月) 23:28:10 ID:???
>>118
ttp://www.2ch.jp/
ttp://www.2ch.com/
上記全て使われていたorg 

まあ要はアドレスなんて何でもいいと思う。

120 :法孫悟空:2007/01/16(火) 00:01:24 ID:miVHhkhp
114 : ◆Bwr5tJDUMc 何度も何度も指摘していることだが、それは法孫悟空が涅槃経を読んでその様に解釈した
という話であって、日蓮がその様に述べているかどうかとは別の問題じゃないか。

御書には何度となく覚徳比丘、アソカ大王の故事は出てくる。
仏教に供養した功徳としてな。
そして、仏教を守るために戦ったことが書かれている。
武器を持つことを否定しないこと。
そのような時代ということ。
鎌倉時代もしかり、そのことは前段にも書かれている。
当時は人の肉を食らっていたと。坊主もそれをしていたこと。
武器を持たないのは猛獣のいるジャングルに銃一つ持たずに行くようなもの。
大聖人も三条小鍛治宗近作の名刀を持っていた。御書にも北条弥源太が刀をご供養したことが記されている。
日興上人も二十六か条遺誡置文に1、刀杖等に於いては仏法守護の為に之を許す。
と明記されている。
大聖人は小松原で東条影信の一党が大聖人を殺害しようと不意打ちを食らわし襲ってきた。
これに対し工藤左近奨吉隆、などが刀をもってお守りした。

あくまで護持、防衛のため。

「夫れ釈迦の以前仏教は其の罪を斬ると雖も能忍の以後経説は則ち其の施を止む、然れば則ち四海万邦一切の四衆其の悪に施さず」(立正安国論)
とあるのは、仙予国王はその時代にバラモンを殺したが、それ以後の仏法においては布施を止めること。

今回問題となっている箇所にも、「況や供養を延ぶ可けんや」が唐突に書かれている様にみえる理由も分かるだろう。
布施は六波羅蜜の中でも第一のもの、小乗には無いもの。
これは、大聖人の解釈だ。
だから、一文で解釈することは問題なんだよ。
まして現代人では理解できない深い内容が存在する。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 00:06:00 ID:???
>>120
問題となっているのは日蓮が法華経の敵を殺す事が功徳であると
説いてあるかどうかであってお前の読書感想文なんてどうでもいいんだよ。

122 :法孫悟空:2007/01/16(火) 00:06:19 ID:miVHhkhp
115 : ◆Bwr5tJDUMc
国立戒壇の問題は別に誰に対して語った訳ではない。
しつこく食らい付き、難癖を付ける者、全てに対して言ったこと。
法律上できないものはできないと何度言えば理解するのだ、バカ者が!
そして、国会でも国立戒壇を否定していることも、これまた何度も語っているはずだ。

123 :法孫悟空:2007/01/16(火) 00:14:06 ID:RV3g0det
>>121

だから、日興上人も二十六か条遺誡置文に1、刀杖等に於いては仏法守護の為に之を許す。
と明記されている。と言っただろ。
日興上人とは、日蓮の直弟子。



124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 00:29:03 ID:???
あれ・・・どっかに誤爆したかな?
>>106
共感できない。
国柱会 - Wikipedia 
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%9F%B1%E4%BC%9A
>「日本國はまさしく宇内を靈的に統一すべき天職を有す」
大聖人はこのような主張はされていない。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 01:04:45 ID:???
>>123
結局お前が「曲解だ」とか言ってたのが間違いだったって事でFA?

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 01:24:38 ID:???
>>121
つまり、「護るため」という条件付きではあるものの
法華経の敵を殺す事を良しとしていたわけですね?

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 01:25:05 ID:8nVyOHUI
いつからこのスレは宗教知識をひけらかして満足するスレになっちゃったの?


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 04:51:20 ID:hFHVghw0
素直に「日蓮が敵を殺せと言っている部分だけはおかしい。その面だけは日蓮は間違ってる」と
言えばいいのに、「日蓮は絶対に正しい」という結論ありきだからゴチャゴチャと言い訳して擁護するんだよな。

だからカルト信者は嫌なんだよねw
日蓮だって人間だからたまには間違ったことも言うだろうに。

129 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/16(火) 08:37:19 ID:aDVWiDzj
>>120 法孫悟空よ
オマエの言い分に従えば、覚徳比丘やアソカ大王は「仏教を守るために戦ったことが
書かれている」のであり、それは、「あくまで護持、防衛のため」に行った事なわけだ。
そして、オマエの別なレスによれば、それは、「正当防衛」なんだよな?

覚徳比丘やアショカ王の行った事が、どのように正当防衛の要件を満たすのか、
具体的に示してみろよ。
アショカの例などはもちろんのこと、そこではオマエは挙げていないが秋元御書にある
仙予国王の事例も正当防衛の要件を満たさないと俺は思っているぞ、俺の事例把握・
認識に間違いがなければな。
おそらく、正当防衛の要件を満たす可能性があるとしたら覚徳比丘の例(における有徳王
の場合)だけであろうが、それとても、正当防衛の成否に“仏法護持”などと言うことは
全くもって無関係であり、仮に有徳王の事例が仏敵なる者の行った事であっても、正当防衛
は成立する事となるはずのものでしかない。

無知蒙昧のオマエは「布施は六波羅蜜の中でも第一のもの、小乗には無いもの」などと
しているが、「布施」は、いわゆる小乗にも存在する。
好意的に解釈すれば、布施を行う主体の違いを問題としているのかも知れないが、
イイカゲンな知識でデタラメな事を言うな。

130 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/16(火) 08:38:20 ID:aDVWiDzj
>>122 法孫悟空よ
>法律上できないものはできないと何度言えば理解するのだ、バカ者が!
>そして、国会でも国立戒壇を否定していることも、これまた何度も語っているはずだ。

法律上(より正確には憲法上であり、狭義の法律の問題ではない)できないものを、散々
創価学会は主張してきたんだよ。
既に、この過去スレでも具体的に創価学会がこの件についてどのように言ってきたのか
引用して示しているはずだぞ。
明確な憲法違反の内容を主張していたのだ。

「国会でも国立戒壇を否定している」などと言ったところで、政治問題とされたからその様に
せざるを得なくなっただけのことであり、しかも、過去の主張が間違いであった点には一言も
触れておらず、あたかも以前から“国立”の戒壇なる主張などは一切していないかのように
謀る内容でしかない。
このような欺瞞的行為・態度など、容認できるわけがないではないか。

131 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/16(火) 08:39:18 ID:aDVWiDzj
>>123 Aホウ損御供よ
オマエは、日興が「二十六か条遺誡置文に1、刀杖等に於いては仏法守護の為に之を許す。
と明記」しているから、そのための傷害・殺人を容認すると言う事なのだな。
その言葉どおり、早く行ってみたらいいんじゃないのか?
前にも、教えてやっただろうよ。
正当防衛(その他)の成否に、仏法守護なんて関係ないんだよ、アホさん。

日興のその言葉など、彼等の考え方が如何に時代の制約をうけた狭小で誤謬に満ちた
見解にすぎないかの、証左のようなものだぞ。

132 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/16(火) 08:40:00 ID:aDVWiDzj
>>128
間違いを認められるならば何の問題もないのですけれど、創価学会自体が(日蓮をも含めた)
無誤謬神話を作り上げ間違いの認められない構造となってしまっていますから、無理ですよ。

133 :124:2007/01/16(火) 11:22:38 ID:???
>>124自己レス・・・・
寝ぼけて中身のないレスをしたようだ。
・日本国は何をさすか。
・文証は。
・統一手段は。
・他国を、日本国の下に見てないか。
・御書にない言葉を持ち出している・・・靈的?
・統一とは、どのような形態(国を統一するのか考え方を統一するのか)のどの程度のことをさすのか。
特に、具体的な「統一手段」と「日本国」が何をさすかが問題と思う。

ここでの解釈はいくらでもできるけど、現証を見た方がはっきりする。

八紘一宇は軍部に取り入れられ、それに対し田中智学は少なくとも目立った反対表明などしなかったらしい。
ということは、軍部の方針(戦争による膨張政策)を認めたことになる。
→・・・・・悲惨な終戦を迎えた日本国及び国民が残った。
「かかる日蓮を用いぬるともあしく(悪しく)うやまはば(敬まはば)国亡ぶべし」種種御振舞御書

134 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/16(火) 17:10:52 ID:EV43MCKA
>>120 法孫悟空

>御書には何度となく覚徳比丘、アソカ大王の故事は出てくる。
>仏教に供養した功徳としてな。

んあ?秋元御書には、法華経の敵を殺害するのはすばらしい功徳になる(好意的に意訳:時には
なり得る)事例として、上記の故事が記載されているのだよ。

後に仏教に帰依してお布施したのが功徳であるとか、普段から仏教にお布施していたのが
すばらしい功徳であるとか、そういう意味で「況や供養云々」と記載されているわけではない。

これは何度も指摘したとおりであり、現代語訳としてもこちらが提示しているものが適切で
あることを法孫悟空も認めているではないか。(>>109参照のこと)その訳を無視して、訳と
整合性を保つことができないまったく違う趣旨の解釈をするのは無理がありすぎるのだよ。

>まして現代人では理解できない深い内容が存在する。

この主張はダメだろw 法孫悟空も現代人だろ?現代人の法孫悟空には理解できない深い
内容が存在するからどうしたというのだ?仮にそういった内容が存在するとすれば、現代人には
理解できないのだから、現代人の法孫悟空がああだこうだと言ったところで、理解できない
深い内容が・・・ってなるだけで不毛だろ。そういった神秘主義的で不毛な論はあまり意味を
なさないと思うよ。

他にも法孫悟空の主張には問題があるが、>>129で法律ヲタさんが指摘しておられることと
大きく重なってしまうので、私は法律ヲタさんに同意であるとだけ述べておくことにしておくよ。

135 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/16(火) 17:13:04 ID:EV43MCKA
訂正
×述べておくことにしておくよ。
○述べておくよ。

136 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/16(火) 17:13:38 ID:EV43MCKA
>>133 124さん

うーん・・・、どうやら124さんは戦争史観としての問題を論じているということになりそう
ですね。それ以外に関しては、「解釈はいくらでもできる」ということですから、田中智學が
具体的に突っ込んだところでどの様な論を展開していたのかはご存知ないということになり
ますよね?

好意的に解釈すれば日蓮系の人達にとっては共感できる側面も多分にあるということになる
でしょうし、極端に問題ある方向で解釈をすれば否定する方向になるでしょう。
「解釈はいくらでもでき」てしまうということは、判断を確定させるだけの要素(具体的な
情報)が足りないということでしょう。

137 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/16(火) 17:14:41 ID:EV43MCKA
>>136の続き)

>八紘一宇は軍部に取り入れられ、それに対し田中智学は少なくとも目立った反対表明などしなかったらしい。
>ということは、軍部の方針(戦争による膨張政策)を認めたことになる。

これは皇国思想を基にアジア侵略の為のプロパガンダに使用されたとかなんとか、そういった
方向の主張になりそうですね。私は大東亜戦争当時の日本の在り方にはいろいろと問題があったと
考えていますが、所謂自虐史観には賛同できません。私はそういう立場です。「八紘一宇」に
関しても同様であり、自虐史観に基づいての非難だとすれば、賛同できません。(だからといって
問題がないと言いたいわけではないので誤解しないで下さいね。)

日蓮系の人達は(種々の宗派は)当時「八紘一宇」という理念に目立った反対表明を出して
いたのでしょうか?仮に他の宗派も反対表明を出していないとすれば、124さんの論でいく
なら、国是として他の日蓮系の宗派も認めていたということになって、国柱会や田中智學
だけではなく、他の宗派も同様に問題であるということになるでしょう。(現在、当時を
振り返って自省しつつ「八紘一宇」を全否定するような公式見解を出している宗派があれば、
また少し事情は変わってきますけれどね。)

それに、重要な論点である、そういった124さんがおっしゃる「軍部の方針」との兼ね合いで
姉崎氏の今このスレで問題となっている解説部分が不適切であるかどうかと、どの様な関係が
あるのか、回答がないままです。124さんの主張では、該当部分の解説が「全く当てにならない」
という根拠・理由になっていませんよ。

138 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/16(火) 17:23:39 ID:EV43MCKA
>>122 法孫悟空

>国立戒壇の問題は別に誰に対して語った訳ではない。

ふ〜ん。それなら別のレスで述べてみてはどうだろうかね。私がまったく違う話題の話を
しているレスにアンカーをつけてごねられても困るのだよ。どういうことだ?ってなるだろ。

まぁ、今後は気をつけてね。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 19:17:13 ID:hJMpsx0a
福島からは医師は消えてなくなるようです。女子医大はいじめにあっています。
奈良の救急はやる気がないので昔から有名です。高月
整形外科はネット上で営業妨害をされています。洋服の青山はオウム真理教とは
関係ありません。青森では医師不足で大変です。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 19:56:34 ID:4bs2ytHk
秋元御書は、人殺しヒットマンが創価の敵を殺るときに、理論的な文証として
利用する御書でしょ? その他にもしつこくて暴力行為そのものの折伏を、
もっともらしく言い訳するためにも、使ってそうだし。。

中世社会では「法敵は殺せ」がデフォなのに、なんでミョーな言い訳をエンエン
とやってるのかと思えば・・www

141 :元被害者:2007/01/16(火) 20:29:54 ID:???
家から叩き出した馬鹿嫁に無理やり母親と一緒に入信させられ親戚とは疎遠になるし家の中はめちゃくちゃになるし最悪な経験をしました!馬鹿嫁は仕事してないのをいい事に学会活動に励み家の中はめちゃくちゃ学会のために金は使うで悲惨でした!

142 :元被害者:2007/01/16(火) 20:47:43 ID:???
続き>そして僕はキレてしまい母親の腐れ本尊破り捨てました!母親もかなり怒ってたので喜んでました!それを 見つけた馬鹿嫁は悲惨な顔しながら僕に何故破ったのと聞くから僕は学会辞めるか家出て行くかと言うと家を出ると言って出ていきました(笑)

143 :元被害者:2007/01/16(火) 20:57:26 ID:???
続き>僕の腐れ本尊も破りたかったけど知らない間に持って行かれてました!まぁ洗脳されてると訳がわからくなるみたいですね!こんな経験された人意見お願いします?

144 :法孫悟空:2007/01/17(水) 00:42:48 ID:9rtbMWjj
129 :法律ヲタ覚徳比丘やアショカ王の行った事が、どのように正当防衛の要件を満たすのか、具体的に示してみろよ。

いいかげんにしてくれよ。まったく!正当防衛の要件を満たしているか否か、何の関係があるのかね?
>正当防衛の成否に“仏法護持”などと言うことは
全くもって無関係であり、

“仏法護持”とは共通の利害関係ということでもある。つまり同じお仲間ということ。
「功徳」とは仏教の概念である。
つまり、共通概念を持った仲間ということ。正当防衛の成否の要件とは明確に別の問題である。
「法華経の敵を害すれば功徳となる。」この文脈の「功徳」が正当防衛と書かれているならば、
「法華経の敵を害すれば」(法華経の守護のために)が要件となる。
しかし、「功徳」となると言っているだけだからな。
結果としての「害する」が正当防衛か否かとは別の問題だ。
大丈夫か?

145 :法孫悟空:2007/01/17(水) 00:45:04 ID:9rtbMWjj
>>130法律上(より正確には憲法上であり、狭義の法律の問題ではない)できないものを、散々
創価学会は主張してきたんだよ。
既に、この過去スレでも具体的に創価学会がこの件についてどのように言ってきたのか
引用して示しているはずだぞ。
明確な憲法違反の内容を主張していたのだ。

お前は何を求めているのだ? この問題は政治上の解決をみている。
また、憲法上は初めから何も問題はない、その理由は弁護しなら分かるよな。
まさか、聞き返すのではないだろうな?
つまりだ、お前は、ただ、駄々をこねているだけ、お得意の難癖だ。

146 :◆N5mNVdyKqU :2007/01/17(水) 00:48:31 ID:utm01WUW
仏法は形而上の事柄なのだそうですから
@「文証」は、著した人の主観であり
A「理証」も、判断する人の主観であり
B「現証」も、@とAによって条件付けられた人の記憶が生み出す「観念」です。

「仏罰」は、誰しも(一切衆生って言うんですか?)が持つ「恨み・僻み」などの感情が投影され生み出されるモノとしては、厳然ですね!

147 :法孫悟空:2007/01/17(水) 00:51:52 ID:9rtbMWjj
144ちょっと分かりずらいので補足する。
“仏法護持”とは共通の利害関係ということでもある。つまり同じお仲間ということ。
要するに、自分の仲間を助けるという利害関係の一つのこと。
自分の敵だったら助けないことも理由としてはありえるだろ。

弁護士さん、頼むよ! いいかげんにしてくれ。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 01:26:57 ID:???
>>144
じゃあ、仏法護持がどうたら言ってたのって関係なかったんじゃね?
お前が何とか正しいことにしようと屁理屈こねるから
正当防衛なら功徳になるのかと勘違いする(した、かな?)わけで。

お前言ってる事が滅茶苦茶だよ。もう少しまとめてから書き込め。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 01:40:21 ID:???
>>144
お前のいう事がいちいち支離滅裂なんでよく分からんのだが、
つまり
「あくまでも仏敵殺せば功徳になると説いてるだけであり、
従って正当防衛が成立するかどうかなんて関係ない」って事か?

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 06:14:47 ID:???
2ch無くなるのに必死だなおまいらw
ま、2ch消滅までストレス解消を楽しめやw

151 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/17(水) 07:26:30 ID:xT4eyYX3
>>145-146>>147 法孫悟空よ
今日は用事があり早く出かけなけれならないので、言いたい事は山程たまっているが、
昨夜のオマエのレスだけに応答しておく。

>いいかげんにしてくれよ。まったく!正当防衛の要件を満たしているか否か、何の関係があるのかね?

何度言っても、アホには分からんのか?
要するに、オマエ等の言う、つまりは日蓮の言う“法華経の敵を害することによる功徳”
なるものは、今日では違法(犯罪)行為の結果として得られるものと言う事になる
のであり、容認できない。
そんな違法な事を正しいと主張する宗教など、日本には不必要だ。

152 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/17(水) 07:29:21 ID:xT4eyYX3
(レス>151の続き)
>お前は何を求めているのだ? この問題は政治上の解決をみている。

「政治上の解決」とは、過去、国会において問題にされた経過を言っているのか?
その「解決」とやらに、どのような価値があると言うのかね?
創価学会の嘘・虚偽が顕わになっただけではないか。
それにもかかわらず、イイカゲンな国会議員は知ってか知らずか、政治的解決で満足し、
それ以上の追及をしていないと言うだけの話だ。

過去にも何度か引用したはずだが、戸田氏は、昭和30年3月27日に行なわれた講演
の中で(“戸田城聖先生 講演集 下”に所収)、以下のように言っているぞ。
「これらの人々のなかから国会議員が出て、国立戒壇の請願が出され、国会で可決され、
天皇陛下も、また、この御本尊のありがたさを知ってこそ、初めて広宣流布ができるのです。」

この内容が、その政治的解決とやらの中で創価学会側が述べた一連の弁明と、論理的に
どのように整合性を保つと言うのかね?
矛盾だらけだぞ。
どうして“民衆立”の戒壇を建立するのに「国会議員が出て、国立戒壇の請願が出され、
国会で可決され」なければならないのかね?

153 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/17(水) 07:31:43 ID:xT4eyYX3
(レス>152の続き)
また、池田大作氏も、例えば以下のような事を言っているぞ。( “会長講演集 第四巻”所収)
「いまこそ先生の御遺命となった戒壇建立へ、怒涛のように進軍しなければならない
時がきたのだと、涙のうちに思い定めたのである。」(昭和34年3月20日 講演)
「そうして、大聖人様の至上命令である国立戒壇建立のためには、関所ともいうべき、
どうしても通らなければならないのが、創価学会の選挙なのでございます。」(昭和34年
5月3日 講演)
「また、国立競技場、国立美術館、国立公園等も、すべて国民の要望であり、、国民の
ものである。宗教にあっても、最高の宗教が国民の幸福のために、国立戒壇として建立
されることは、必然でなくてはならぬ。(昭和34年1月1日とされているが、場所などは
記載されていないので、日付から考えても通常の講演ではなく、機関紙などに文章として
載せられたものであるのかもしれない。)
(その他にも引用したいものがあるが、これで止めておく。)

これらの内容と、後の説明との論理的整合性が、どこにあると言うのだね。
デタラメにも程があるぞ、ウソツキ君。
「駄々をこねているだけ」であり、「お得意の難癖」で済ませようとしているのは、オマエだ。

154 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/17(水) 07:34:32 ID:xT4eyYX3
>>150
Pu! オマエモナー。

155 :万年救護大本尊に差し押さえられそうです:2007/01/17(水) 11:54:11 ID:afjNPDdn
2ch閉鎖記念にうまい棒を買って食べてみたんだが
あれのどこがうまいのか理解に苦しむ。


うまい棒のうまさが理解出来るまで
修業の旅に出ますので
2ちゃんねる閉鎖前に一言さよならしときます。
みなさんさようなら。

156 :124:2007/01/17(水) 11:58:25 ID:???
>>137
田中智學 - Wikipedia
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E6%99%BA%E5%AD%B8
>・・日本国体学を創始して国家主義を推進し、高山樗牛・姉崎正治らの支持を得た。

>国是として他の日蓮系の宗派も認めていた
他の日蓮宗系は、(例え認めたくなくても)弾圧を恐れた保身の結果八紘一宇を認めることになったといえるだろうよ。
当時、軍部の弾圧を恐れ、新「日蓮宗」(身延派・顕本法華宗・本門宗)や日蓮正宗では御書一部削除・御書発禁などを行っている。
また、具体的に戦争協力した宗派もあるようだ。

>姉崎氏の今このスレで問題となっている解説部分が不適切であるかどうかと、
田中智学自身のその後の運動を見れば、八紘一宇の中の「日本」は「(天皇中心の)日本国体」であることが解る。(あるいは変化)
したがって、彼の運動は、仏教思想というより国家主義あるいは国粋主義(とみなされても仕方がない)。
国家主義は、個人より国家そのもの・威厳を至上とする思想。
つまり田中智学の思想には、(個の)命を軽視する思想が含まれている。(戦争など・・・)
(実際その通りの結果になっている。>>133下段)

そんな思想に傾倒するような宗教(仏教)学者・・・・ry

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 12:13:50 ID:???
>>156(124)
あのなあ、法孫悟空も言われてたことだけど、
現代語訳なり解釈なりが間違ってるというのなら
お前が正しいとするものを提示してから言えよ。豚作と同じ権威主義者が。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 12:37:01 ID:???
>>152-153
田中智学が唱えた国立戒壇という思想は、やがて日蓮宗系各派に広がっていく。
日蓮正宗も例外ではなかったし、その信徒団体である創価学会にも影響はあった。

しかし、この思想は元々大聖人の思想ではないし、そういう言葉もない。
だから、当時の日達上人が正宗として正式に否定声明を出している。
しかも、創価学会の第33回本部総会上でだ。(昭和45年)
正宗の長が声明を出し、創価学会(他正宗関連団体)が受け入れる形だが、支持により学会が国立戒壇を明確に否定したことに変わりはない。
(事前に内部でどのようなやり取りがあったかは知らない。)

これで不足かな?

159 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/17(水) 15:00:25 ID:Olfto/YJ
>>156 124さん

>他の日蓮宗系は、(例え認めたくなくても)弾圧を恐れた保身の結果八紘一宇を認めることになったといえるだろうよ。

保身であれなんであれ、日蓮系は概ねにおいて八紘一宇という理念を認めていたわけでしょ。
それは間違いだったと、後に明確に否定でもしない限りは問題をひきづったままであるとも
いえるでしょう。保身というのも、全否定する気はありませんけれど、当時は、概ねにおいて
保身というより、それなりに納得できる部分もあったから受け入れた(又は影響を受けた)のでは
ないでしょうかね・・・。(国立戒壇という概念も同様に、全肯定しないまでも納得できる
部分があったからこそ日蓮系の宗教は影響を受けたのだと私は考えます。)

>田中智学自身のその後の運動を見れば、八紘一宇の(中略)国家主義あるいは国粋主義(とみなされても仕方がない)。

それで、田中智學の「その後の運動」とやらが、今このスレで問題となっていることや、
姉崎氏の該当部分の解説が不適切であるということと、どう関係してくるのですか?
(背景として、いろいろ考察することを否定するつもりはないので、少し話題を広げてこうして
124さんと遣り取りをしているわけですが、上記の重要な論点に関する回答がないままです。)

160 : ◆Bwr5tJDUMc :2007/01/17(水) 15:01:34 ID:Olfto/YJ
>>159の続き)

>そんな思想に傾倒するような宗教(仏教)学者・・・・ry

以前も指摘したことですが、例えば宮沢賢治も国柱会に影響を受けているわけですが、
それだけをもって宮沢賢治の思想や作品が「全く当てにならない」ということにはならない
でしょう。同様に、姉崎氏が誰某に影響を受けていたというだけでは、この件に対する批判には
ならないのです。そういうのは不適切な権威主義です。

こちらは問題となっている御書の該当部分の原文と現代語訳と解釈とを、当時の時代背景も
考慮しつつ提示しており、補足として宗教学者の姉崎氏も同様の趣旨の解説をしていることを
提示しているだけです。こちらは、姉崎氏や田中智學を信奉していることを根拠・理由として
それが絶対正しいはずだ!と言い張っているわけではないのです。

あなたは、具体的にこちらが提示している内容を批判することなく、姉崎氏が田中智學に
影響を受けていたことを理由に「全く当てにならない」と非難していますが、それだけでは
根拠・理由としては通用しませんよと、こちらは指摘しているのです。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 15:11:03 ID:???
>>151
日本には?
おまえには、だろ。
もしくは「日本国には」かな。法律にできるのは宗教法人格の取り消しまでであって、
法人じゃなくなっても宗教は存続できるしな。
ま、こんなスレでいくら要らないと喚いても無くならないけど頑張れ!

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 23:52:19 ID:/e7+HEaX
>>150
あぁ、ここにも2ch中毒の学会員が。。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 01:17:54 ID:???
>>161
いえ。数%の人達(学会員)を除く全ての日本人に不要なものです。
韓国に帰ってください。

164 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/18(木) 08:33:18 ID:UEtdZTWH
>>158
「これで不足かな?」って、不足に決まっているではないですか。
何の弁明にもなっていないですよ。

>しかし、この思想は元々大聖人の思想ではないし、そういう言葉もない。

「国立戒壇」と言う用語を日蓮が使っていないと言うのは事実であろう(私は使用例を
知らない)が、それほど単純に「この思想は元々大聖人の思想ではない」と言いきって
よいものかに関しては、甚だ疑問を感じます。

先ずその点を取り上げる前に“日蓮の文言としては、その言葉・用語がない。”という
事について問題としておきましょう。
そのような事を創価学会が理由として主張できるわけなど、無いではありませんか。
創価学会が主張している事に、それと同様の用語など幾らでも存在しますよ。
例えは、“人間革命”って、日蓮はどこでその用語を使用しているのですか?
結局、“人間革命なる思想は元々大聖人の思想ではない”と言うことになるのでよね?
「国立戒壇」を否定する為の“民衆立(の)戒壇”にしたところで、まさに日蓮が
使用していない言葉・用語にすぎないではないですか。

165 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/18(木) 08:34:47 ID:UEtdZTWH
(レス>164の続き)
もし、用語としては使っていないが、それを日蓮は「思想」としては認めていたと言うなら、
「国立戒壇」も同様なのです。
それどころか、本門の戒壇建立に関する日蓮等の遺文の文言を読み、今日それを素直に
用いようとすれば、“民衆立戒壇”なる概念の方が、日蓮の言葉・用語に、よりそぐわない
結果となってしまいます。

何ならこの点について、お互い具体的に根拠たる文証なるものを挙げて論じ合いましょうか?
お望みなら受けて立ちますよ、私にとっては面倒なだけですけれど。
アナタ達の論拠って、日蓮の使った“国”なる字の中に存する旁(これを“旁”としてもよい
のかな?)の部分が“玉”ではなく“民”だという点を挙げるくらいに過ぎないのでしょう。
それで、その民によって、本門(寺)の戒壇が建立されるのだと言う内容の遺文自体は、
どこに存するのですかね?
なにしろ、アナタのレス>158に示されたように、日蓮がその通りに言っていなければ
否定するわけなのだから、幾ら捜しても見つからないと思いますよ。
所詮、時代的制約に縛られた客観性に欠ける日蓮の思想など、それがそのまま今日に
通用すると考えるのは、無理以外の何物でもないと言わざるを得ないのです。

166 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/18(木) 08:37:54 ID:UEtdZTWH
(レス>165の続き)
>だから、当時の日達上人が正宗として正式に否定声明を出している。
>しかも、創価学会の第33回本部総会上でだ。(昭和45年)
>正宗の長が声明を出し、創価学会(他正宗関連団体)が受け入れる形だが、支持により学会が国立戒壇を明確に否定したことに変わりはない。

「だから、当時の日達上人が正宗として正式に否定声明を出している」とおっしゃるが、
上に私が述べた事からすれば、“だから、民衆立戒壇についても正式に否定声明を出す”
事が必要となってしまうわけですね?(w
まぁ嫌味はともかく、過去、如何に正々堂々と間違いを正しいものとして主張してきたのか
と言う点が問題なのです。
アナタ達の国立戒壇否定と言うものは、自身が過去にあれほど正しいものとして主張した
内容の間違いを認めたものではなく、それを無理矢理反故にしようとしたものにすぎません。
そのような無反省な言辞・行為が無責任の謗りを免れるわけなど、ないではありませんか。

「これで不足かな?」(藁

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 12:05:13 ID:1zs5hnQ8
>>158>>164-6
国立戒壇は三大秘法なんとかの、「勅宣並に御教書を申し下して・・」の部分
だから、天皇と法主がオッケーすればいんじゃないのか? 日蓮はちゃんと
言ってるじゃんw (御教書は国会決議じゃないと思う、たぶん)

そんなことよりこれ読んでて「三大秘法は二千余年の当初 (霊鷲山で) 地涌千界の
上首として日蓮 (=上行菩薩) 慥かに教主大覚世尊 (お釈迦様) より口決相承
せしなり (直接相承されたYO)」の部分にビックラこいた。日蓮さんは霊鷲山に
いたんだね、すごい電波発言www

168 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/18(木) 23:47:25 ID:pVE4nvWa
>>167
ご指摘の通り、いわゆる三大秘法抄(三大秘法稟承事)には、そのように記されていますね。

そこにお書きになっている事を読ませていただくと、どうやらアナタは創価学会員でもなければ
日蓮正宗や顕正会の方でもないようですし、お書きになっている内容について全面的に賛成
したいところなのですが、しかし私としては、当概文章自体の現代語訳を前提とした解釈として
「天皇(と法主)がオッケーすればいんじゃないのか?」と言う点には、文言を無視する結果と
なるのではないのかと言う疑問から、直ちには賛成できないのです。
「勅宣並に御教書を申し下して」なる文言の「勅宣」はそれで良いとしても、「御教書」とは、
天皇の発するものではないのではありませんか?
参考までにお聞きしたいのですが、アナタは「御教書は国会決議じゃないと思う、たぶん」と
されていますけれど、今日における解釈として具体的には何に相当するとお考えなのでしょうか?

そして、仮に日蓮の文言の今日的解釈としては“天皇(と法主)がOKすれば可”だとしても、
現行の日本国憲法は、それを許しません。
ざっと考えても、3条、4条1項、20条(特に1項と3項)、41条、85条、89条、98条1項、
99条等が問題となるでしょう。
“日蓮がちゃんと言ってる”その内容は、実はそもそも今日の我国では通用しないのです。
だから創価学会は、“民衆立”などと言って誤魔化すしかないのですけれどね。

169 :◆N5mNVdyKqU :2007/01/19(金) 23:50:38 ID:FE8pL2Ds
最近では「仏典」とも呼ばれる「文証」を引っ張り出して来て、あれこれ突っつくと「文証」も結構穴だらけですね。
そりゃそうですよ。
仏法は形而上の事柄なのだそうですから。
再度自分のレスをコピペしつつ書き込みますが

@「文証」は、著した人の主観であり
A「理証」も、判断する人の主観であり
B「現証」も、@とAによって条件付けられた人の記憶が生み出す「観念」です。

自然科学に則っていなければ、表現次第でいくらでも望む結論へ導けますね!
条件付け(脳に記憶された事柄)次第で何でも 『あり』 ですよ!
自然科学に則っていないんですから!
「仏罰」は、誰しも(一切衆生って言うんですか?)が持つ「恨み・僻み」などの感情が投影され生み出されるモノとしては厳然ですが、
そりゃそうですよ。
『仏罰』って、思う・想う・想起するだけの事柄ですから。
『想像の産物』ですよ!
違うんですかね?

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 01:07:19 ID:BnlBOJlG
>>168
御教書は鎌倉の常識で言えば、執権の名前で出す通達で、現代なら総理大臣名で
行われるものには、国会決議が必要・・・そこまでは一見良さげだけど、戒壇の
本来の意味は、国家公認の僧侶認定制度で、今の時代は制度そのものがないわけ
だから、そもそも決議する対象が存在しないって話だと思うよ。

鎌倉時代なら比叡山の天台法主の意向を無視できないので、御教書 = 幕府と天台
って感じでしょうけど、今の時代は、作りたきゃ霊鷲山に似た景勝の場所を探して、
勝手に作れるはず。わざわざ国会でなにを決議すんのか知らんけど、天皇の勅書すら
現在では意味を失ってるもんね。

特に創価は僧侶もいないし、何一つ戒律を守るつもりもないみたいだから、受戒の
ための戒壇は必要ないでしょw

171 :燃料投下乙:2007/01/20(土) 01:41:41 ID:???
>>169
(自分に関係あるある現象の結果)
功徳/罰:自分にとって何らかの利益/不利益を感じること。
感じること自体は当人の思いだが、元になった現象は想像の産物ではない。

交通規則に逆らった生活をしていて、そのうち交通事故に遭う。(あるいはヒヤッとする)
・(仮に、交通規則の何たるかをきちんと理解していなくても)交通規則に逆らった罰と感じれば、その後交通規則を守るようになる。
結果、交通事故に遭いにくいという功徳を得ることになる。
・罰という感覚が生まれてこなければ、相変わらず規則を守らないのでまた交通事故に遭いやすい。

罰功徳は、人間がよりよく生きていくために行う環境とのやり取りにおいて、重要な役割を果たしている。
これを想像の産物と切り捨てることは、実は人間としての基本的な感覚を捨てることになる。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 01:45:15 ID:???
>>171
いや、功徳も罰も想像だから。正確には、解釈の一つでしかないから
交通規則を守らなかった結果、事故に巻き込まれたとしても、それは罰でも何でもないから
自業自得だから

173 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/20(土) 08:04:18 ID:W80kNKXt
>>170
>今の時代は、作りたきゃ霊鷲山に似た景勝の場所を探して、
>勝手に作れるはず。わざわざ国会でなにを決議すんのか知らんけど、天皇の勅書すら
>現在では意味を失ってるもんね。

これはその通りだと思います。
ただ、それ以外の部分は、細かい事を気にすれば多少問題も感じないでもありませんが、
大枠として捉えればそれでいいのかもしれませんね。

174 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/20(土) 08:05:36 ID:W80kNKXt
>>171
創価学会の言う罰功徳などと言う妄想は、人間がよりよく生きていくために行う環境との
やり取りにおいて、阻害的な役割を果たしている。
それを事実として受け入れることは、実は人間として基本的に必要となる客観的認識を
捨てることになる。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 08:49:08 ID:???
>>171
ま、ガカーインにとっては法難(笑)なんだけどな。
つうか、ガカーインに「功徳」はともかく「罰」と言う感覚なんてあるのか?
全部「自分は悪くない、○○が悪い!」「これは法難である!」となって
罰なんて感覚はないんじゃね?

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 10:17:14 ID:3Pafyov+
三大秘法稟承事によると、本尊とはお釈迦さまのことで、超能力
(神通之力) を持ってるらしい、と書いてある。

それなら功徳や仏罰というよりも、千里眼やテレパシーや予知能力が身につく
のでわないのか ? ? ?

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 11:16:27 ID:???
そういう、有る無しがはっきり解る物を身につくとか言っちゃったら
ごまかしようが無いじゃんw

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 03:31:15 ID:???
法律ヲタは空気が読めないヤシ。

179 :法孫悟空:2007/01/23(火) 00:24:35 ID:zT52RNh7
164 :法律ヲタ
は〜?お前は何を要求しているのだ、主張はなんだって言っているのよ。
日蓮の文言に、その言葉・用語があろうが無かろうが、お前に何の関係がある。
「国立戒壇」ではなく本門の戒壇とあるだけ。
本門の戒壇とは弘安二年に大聖人が表したご本尊のこと。
本門の戒壇には事と義の2つの意味があり、その一つに現在で言えば最高権力者が自ら本門の戒壇を建立することが書かれているものがあるので、
それを絶対視する解釈が成り立つのだろう。
だが、本意を理解すれば、最高権力者の影響力がいかに大きなものであり、
そのために最高権力者自らが本門の戒壇を建立することの利益の大きさを言ったものであることが理解できる。
決して、そのことを絶対視していないことは分かるってもんだ。
民衆立戒壇というのは、現在では主権が国民である訳だろ、だから民衆立戒壇になるんだよ。
大聖人が言っていることには、ちゃんと普遍性があるんだよ。
>だから創価学会は、“民衆立”などと言って誤魔化すしかないのですけれどね。
誰が誤魔化しているのだ?それはお前だろ。
そのような態様?がお前に何の利益をもたらすのか、もたらさないのか?
つまり、お前は何を要求しているのだ、主張はなんだと言うことだ。
そのことが、お前に何も利益も不利益も与えないのであれば、お前の主張は難癖以外の何ものでもないということだ。
ご苦労さん!

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 00:28:43 ID:???
>>179
どうでもいいが、アンカーぐらいキチンと貼ってくれよ。読みづらい。

181 :法孫悟空:2007/01/23(火) 00:36:56 ID:zT52RNh7
169 :鼓『想像の産物』ですよ!
違うんですかね?

その『想像の産物』が何か物理的に影響を与え得る可能性を問題としているのではないか。
『想像の産物』だから無いと言いたいのだろうが、それでは人の想像は全て無いと言い切れるのか。
人は、それによって生きている。
仮に存在していようが否か、どちらにしても重要な事である。
お前には「そんざい」していないと言ったところでだ、辞書にも載っている概念である以上
お前以外の多くの人には存在するんだろよ。

気功は人の想像の産物なのか?
たしかに人に物理的影響を与えているぞ。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 00:49:18 ID:???
>>181
仏罰の存在が証明されたわけではないぞ
実在しないもので、辞書に載っているものなんて珍しくもない

183 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/23(火) 08:32:22 ID:eFT3m4OY
>>178
オマエは、「空気」に何か書いてあるのが読めると言うのか?
病院行った方が良さそうだぞ。(藁

184 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/23(火) 08:34:02 ID:eFT3m4OY
>>179 Aホウ損御供よ
「要求」だって??
一体、なぜ俺がオマエ達に何かを、本質的な意味で要求しなければならないのだ?
今のところは、そんな必要などないぞ。
特に、法的意味においてはナ。

この板における俺の根本的な「主張」は、ただ一つだ。
如何に創価学科や学会員がイイカゲンな言動を繰り返してきたか、デタラメすぎる、と
言う事に尽きる。

「国立戒壇」の問題にしたところで、その具体的一場面にすぎない。
既に何回も創価学会の文献から引用し示してきたが、過去あれほど明確に創価学会は
「国立戒壇」を主張してきたにもかかわらず、都合が悪くなると途端に別な事を主張し始め、
過去に行った主張を反故にしてしまう。
間違いであった事を明確にして新たな主張をするならともかく、あたかもそれ以前から
そのような内容の主張であったかのように装うなど、インチキ以外の何物でもないぞ。

185 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/23(火) 08:35:35 ID:eFT3m4OY
(レス>184の続き)
日蓮の文言を「絶対視する解釈」も何もない。
オマエ達こそ、何の客観性もなく時として日蓮の文言を絶対視し、都合が悪ければ御都合
に合わせて解釈すると言うインチキな事を行っているだけではないか。
日蓮の文言が今日の社会に適合しないと言う事は、取りも直さず日蓮の限界を示している
と言うだけの話にすぎないぞ。

バカなオマエは毎度のように訳の分からん事を言っており、「そのことが、お前に何も
利益も不利益も与えないのであれば、お前の主張は難癖以外の何ものでもない」などと
今回もしているが、正当な批判が何で難癖となるのだ?
内容に関して、論理性のある批判をしろ。
それになぁ、そこで言う「利益」とは一体何だ?
俺にとっては、創価学会の欺瞞を暴くこと自体が利益だ。

186 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/23(火) 22:17:12 ID:3SshvRc8
>>181 Aホウ損御供よ
>その『想像の産物』が何か物理的に影響を与え得る可能性を問題としているのではないか。

イイカゲンな事を言うな、嘘吐きめ。
創価学会は、「影響を与え得る可能性」、つまり、一種の仮説と言う形に相当する主張
などをしているのではないぞ。
そうではなく、“確定的に影響を与える”と言う内容、つまり、確実に実在する法則として
主張しているのだ。
創価学会の主張を無視して創価学会を擁護しようとするヤシなど一種の嘘吐きにすぎず、
議論にとって邪魔なだけだ。
まぁ、せいぜいその法則とやらの客観的な存在証明を行ってから来いよ。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 03:04:28 ID:???
>>183
じゃあ、協調性の無いヤシ、と言い替えようか。

「空気を読む」は慣用句だというのに…やれやれ。
法律ヲタは「腹が立つ」や「耳にタコ」にもいちいち突っ込むんだろうなw

188 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/24(水) 08:28:38 ID:n1DqDRJX
>>187
やれやれ、皮肉を言っているのに…。
「耳にタコ」ができるほどに繰り返されているバカバカしい創価学会(員)の主張には、
「腹が立つ」ってもんだ。

「協調性の無いヤシ」だろうと何だろうと、御勝手にどうぞ…。
俺は、自分の書きたい事・書くべきだと思う事を、書きたい時・書ける時に書くのであって、
納得できない話に、唯々諾々と従う気などない。
そうさせたかったら、納得できるように、具体的に説得すべきではないか。
俺はアナタの事を“説得性の無いヤシ”“論理性の無いヤシ”と勝手に判断するだけだぞ。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 10:43:11 ID:???
いやいや、祭に参加していながら、わざわざ氏子の見ている前で神札を破くなんぞ、
空気が読めないとしか言いようがない。
反発買うのが目的としか思えない。つまりは嫌がらせですな。
そういうやつだから、こういう嫌がらせスレも立てちゃうわけだw

自分で言ってるんだよ?「氏子の目の前で神札破るような、空気の読めない人間ですよ」、とな。
論理もクソも嘘も無いのよ。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 11:10:50 ID:???
>>189
お前は本当に空気の読めないヤツだな。
嫌ならこのスレに来るなよ。拒否権はあるんだぜ?

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 12:22:44 ID:???
>>189
そこの神社が創価よろしく一般人に迷惑掛けまくってたら
氏子の前で神札破るような奴が出ても仕方ないだろうな。
他の宗教並みの扱いをしてほしかったら常識くらいは身に付けてこい。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 13:07:21 ID:???
神札を破るなら自分の家でやりゃいいのに、わざわざ氏子の前で破るあたり、
空気が読めないか、読まないとしか言いようがない。
だったら祭にも参加しなきゃいいのに、祭には「伝統行事だから」、と参加する。
じゃあ神札受け取りも伝統行事の一環として素直に受け取りゃいいのに、それはしない。
つまり、法律ヲタは氏子の目の前で神札を破りたいがために祭に参加してるんだな。
嫌がらせをして、ストレスを解消してるわけだ。
クズだな。クズ。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 13:24:55 ID:???
>>192
だからお前が一番空気が読めてないんだっての。
つか、また法律ヲタ氏に粘着始めたの?
「女の子」だの「空気読め」だの手を変え品を変えよくやるよな。
お前のお陰で創価がどれだけ糞かよくわかるのはありがたいが
粘着荒らしは最悪板に逝くか今すぐ回線切って(ry

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 13:51:47 ID:???
>>193
法律ヲタ本人が「何だろうと、ご勝手にどうぞ」と言ってくれてるのに、
「空気が読めない」とはこれいかに?
こっちは本人のお墨付きなんだよ!文句あるか?



と、いうことで、法律ヲタが嫌がらせ野郎であることは本人の書き込みによって判るわけだが、
そんな性格の人間が「脱会希望者のため」などと白々しい…。
このスレも嫌がらせに決まってるだろw
そういう性格の人間なんだからw

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 14:09:53 ID:???
>>192
>嫌がらせをして、ストレスを解消してるわけだ。
>クズだな。クズ。

今まさに嫌がらせしてストレス解消してるのお前自身じゃん。
自己紹介ですか?

196 :191:2007/01/24(水) 14:23:10 ID:???
なんだいつもの基地外か
レスして損した

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 14:24:27 ID:???
>>195
いや、俺は
「法律ヲタが、過去にこういうかとをやったと書き込んだことがある」、という事実を書いたまで。
あるいは、
「伝統行事だから、と祭に参加しながら、伝統行事の一環である神札受け取りは拒否する」
という謎の行動を分析しただけ。
嫌がらせだとしたらたやすく説明がつくから「嫌がらせ」と言ったのよ。
何書いてもいい、って法律ヲタが言ってるんだから俺の書き込みが嫌がらせになるわけないじゃん。
何言ってんの?アホ?

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 15:08:58 ID:???
>>197
粘着荒らしを嫌がらせと認識できないならお前は救いようのないアホだ。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 15:23:38 ID:???
なぜ荒らしなのかね?
過去にこのスレに書き込まれたレスについてコメントしたら嫌がらせや荒らしになるのか?
とんだ言い掛かりだなw
法律ヲタが空気読めない云々については、別に粘着と言われるほど書き込みもしてないけどな?
たった3〜4レスでもう粘着か。レッテル貼り乙!www
それを言うなら法律ヲタはどうなる?
ヤシは7年も嫌がらせスレに粘着書き込みする気らしいぜ?
ヲタにも粘着、粘着と言ってやらないとな?ww

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 15:29:12 ID:???
法律ヲタは嫌がらせをしてストレス解消をするクズ。
間違いない。


(法律ヲタ本人からは何を書き込んでもいいという内容のお墨付きを得ているので、
このレスに対しての文句は受け付けません)

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 17:46:51 ID:???
>>200
その通り。何を書いても基本的には問題ない。


ただ、オマエが倫理というものを持ち合わせない馬鹿であることが明瞭になるだけだw

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 17:56:51 ID:???
>>ヲタ氏はお墨付きを与えたんじゃなくて
お前の阿呆ぶりに呆れただけだと思うが、
どちらにしてもお墨付きをもらえば粘着荒らし行為が正当化されるわけではない。
お前が受け付けるかどうかは知らんが、(粘着)荒らしは所詮荒らし。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 18:02:40 ID:???
>>202>>200宛てね。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 18:06:02 ID:???
>>200
ここの利用者はヲタ氏だけではない。

ヲタ氏が許そうがコテ粘着はスレ違いだ。
珍スレでやってろ。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 19:48:15 ID:7fh1fEbE
良く飽きもせずにやるよな華元ww
お前一生そのままニートで独身で
生活保護受けながら層化板の書き込みして
暮らすんだろうなぁwww

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 20:32:08 ID:???
あのゴミ屑はやく消えないかな?ごくつぶしの、ノータリン、信者、実力なし、無能ごくつぶしWWWW

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 21:39:31 ID:???
>>201
えっ?なぜ、空気を読めない人間に「空気を読めないヤシ!」と言ったら
倫理の無い人間になるわけ?
なぜ、わざわざ氏子の目の前で氏神の神札を破るためだけに
祭に参加してるようなクズに「クズ!」と言ったら倫理が無いことになるのかね?
事実じゃないか。


氏子の目の前で氏神の神札破る人間の方が倫理が無いと思うがね。
でも法律ヲタは「倫理を持ち合わせてなくとも罪には問われませんが、何か?」
とか言いそうだなw
罪には問われないけど、クズには違いないね。100%クズ。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 21:54:49 ID:???
>>202
荒らし?
荒らしの定義って何?
2ch公式の「荒らしの定義」ってのがあって、俺がそれにひっかかってるのなら
荒らし呼ばわりもやむを得ないだろうな。
しかし、俺は荒らし行為などしていない。
俺の書き込みの何が荒らしの定義に当て嵌まるのかな?
具体的に頼むわ。

209 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/24(水) 22:55:30 ID:oP6crujr
Pu! まったく創価学会員と言う存在は…。
そのバカさ加減ゆえに、オワライグサとしかならないぞ。
さて、どこから問題とするかな。
やはり、いきなり核心に触れて決着をつけたのでは、後が面白くはあるまい。
先ずは、周辺からだな。(w

俺が「何を書き込んでもいいという内容のお墨付き」とやらを与えたとか言っているが、
日本語が理解できないのか?
俺が、どこでそのような事を述べていると言うのかね?
レス188で述べた『「協調性の無いヤシ」だろうと何だろうと、御勝手にどうぞ…。』なる
文言が、それに該当するとでも言うのかね?

「御勝手にどうぞ」と言われれば何をしても構わないなどと言う事が、この社会の中で
あるはずなどないではないか。
分かりやすく極端な例を示せば、 “御勝手にどうぞと言われたから人を殺した”などと
主張したところで、通るわけがないのだ。
ここの書き込みにおいてもそれは同様だし、さらに、その文章に続けて「俺は、自分の
書きたい事・書くべきだと思う事を、書きたい時・書ける時に書くのであって、納得できない
話に、唯々諾々と従う気などない。 そうさせたかったら、納得できるように、具体的に
説得すべきではないか。 俺はアナタの事を“説得性の無いヤシ”“論理性の無いヤシ”と
勝手に判断するだけだぞ。」と述べているのであって、“キチンと筋の通った事を書け”と
俺は言っているのだぞ。

210 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/24(水) 22:57:04 ID:oP6crujr
(レス>209の続き)
「御勝手にどうぞ」と言うのも、オマエが“内心で”俺の事をどのように評価・判断しようと
自由だと言っているだけで、それに対して、オマエが説得性・論理性に欠ける内容を
書き続けるならば、俺がオマエの事をイイカゲンなヤシだと判断・評価するのも、俺の
勝手だと言っているのだ。
しかし、それを外部に表現する事には、内心に留まる場合と異なり、制約も当然ありうるのだ。
日本語もよく理解できない無能なヤシにも分かってもらう為に、抽象的に問題とするだけでは
なく敢えて具体例を設定して書く事にするが、例えば、池田大作氏の事を大嘘吐き・詐欺師
だと俺が内心で思っていたとするよ。
それが内心に留まる限りは、仮に事実とは異なるとしても何の制約も受けない。
しかし、それをひとたび外部に示したら、場合によっては名誉毀損などの法的責任その他を
追及される可能性が俺に生ずるわけだ。
分かるか?(w

まったく、一体どこをどう誤解したら、そのようなデタラメな解釈が可能となるのかね?
そういうように日本語もマトモに理解できない程のアホだから、日蓮の遺文もマトモに読めず、
何が書いてあるのか理解できないのだろうよ。

211 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/24(水) 23:02:10 ID:oP6crujr
(レス>210の続き)
さぁて、それでは前置きはこれくらいにして、本題に入ろうではないか。
オマエなぁ、 “俺が氏子の前で$_社の神札を破いた”とか言っているが、そんな事を
言った記憶は一つもない。
俺が行ったのは、申し込んでもいない(つまり、そもそも俺の家はそんなものは要らないのだ)
神札を勝手に配布されたので、それを自分の家の中で破り捨てただけだ。
家の者は、その前で行っているので憶えているはずだと思うが、他人などいないのだよ。
(神札配布等ここら辺の問題は、述べたい事が沢山あるが、今は止める。)

調べる為に一週間の猶予をオマエにやるから、俺がどこにそのような事を書いたと言うのか、
皆が確認できるように明確に引用して示してみろ。
元々存在しないレスを幾ら捜したところで無駄だが、精々御題目やらでも唱えて頑張れや。
あとで俺に、嘘吐き・病的妄想・(日本語も理解できない)無能・スレ荒らし・粘着・無責任野郎
などの類の事を言われないようにしろよ。
楽しみに待っているぞ。(藁々
(なお、期限について一週間では無理だと言うなら、合理的に考えられる範囲内でなら
相談にのるぞ。もっとも、俺のレスはオマエと違ってハンドルを検索すれば済むのだから
簡単なはずであり、合理的に必要となる時間も限られるはずだけれどな。w)

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 23:13:04 ID:???
>>207
公共の掲示板を利用する上でのマナーもろくに守れない
お前こそ100%クズだろ。

>>208
コテハンへの執拗な粘着行為。

213 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2007/01/24(水) 23:34:49 ID:oP6crujr
あぁ、書き忘れていたよ、アホさん。
明日と明後日の朝は、用事があり早いので書き込めないだろう。
やってみないと分からないが、明日の夜も書き込む余裕はないかもしれん。
何かあっても、金曜の夜までレスできないかも知れないので、その点よろしく…。

アホさんの活躍に期待しているぞ。ぜひ、また笑わせてくれたまえ。
それでは、またな。 お休み…。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 04:39:23 ID:???
>>211
「俺」?
女の子なのに?www

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 06:49:01 ID:???
論理で対抗できなくて必死にレッテル貼りかw

無 様 だ ね え w w w



216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 06:50:25 ID:???
>>207
>えっ?なぜ、空気を読めない人間に「空気を読めないヤシ!」と言ったら
>>200のこの書き込みのどこに、「空気を読めないヤシ!」という文言があるのかな?w
>法律ヲタは嫌がらせをしてストレス解消をするクズ。
>間違いない。

>わざわざ氏子の目の前で氏神の神札を破るためだけに
>祭に参加してる
>氏子の目の前で氏神の神札破る人間の方が倫理が無いと思うがね。
このような書き込みが、どこでされたのかな?

捏造し、曲解した意見をダラダラ粘着しながら披瀝している人間のどこに倫理が
存在するというのかな?


この調子で、どんどん自分の倫理のなさを披露してくれw

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 08:34:40 ID:???
デタラメかよwww

だから珍スレ逝けって言ったろ

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 08:38:15 ID:???
>>217
もう行ったみたい

219 :暗黒大元帥閣下 ◆6QYjEf3d0E :2007/01/25(木) 23:38:40 ID:???
クックック・・・

焼却しますた ◆jLLgFoA9Ag
カラビナ◆P6rBQWtf4
蒼天◆bOY.RfmScI

>>1に挙がっとる三馬鹿はドコだね?
姿が見えんようだが・・・生きておるのかね?それとも・・・
余はまったく知らんが ひょっとして○罰とかの現証が出たのではないのかね?w

三馬鹿に告ぐ 即刻出頭し 「仏罰なんてないもんねー」との報告をせぇい
できんのならそれ即ち 仏法破壊の罪にて頭八裂七分の刑が降ったものと断定する
さぁて このお上よりの触を目にした雑魚アンチ共は駆け足でコヤツラを引っ張って来ぉい わかったね


220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 23:50:16 ID:???
>>219
やあ、久しぶり。

>できんのならそれ即ち 仏法破壊の罪にて頭八裂七分の刑が降ったものと断定する
と言うことは、もしも彼らに不幸があった場合、それが仏罰によるものだと断定できる根拠を持ってきてくれたんだね?
じゃ、それを見せてよ。
そうすればこの議論はあなたの勝ちよ?

逆に、それを証明できない限りは
どう足掻いても、あなたに勝利はありえないよ

221 :暗黒大元帥閣下 ◆6QYjEf3d0E :2007/01/26(金) 00:20:21 ID:???
>>220
底抜けにアフォなレスをカマすポッと出アンチ君よ
議論したくばコテハン&トリップを取得し出直せい
話はそれからだ さもなくば雑魚アンチらしく 上記に晒した三馬鹿の腰巾着としてセンセイを呼びに行けぇい わかったね


222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 00:28:51 ID:???
>>221
どうやって呼びだせってんだよw
コテハン?トリップ?どうでもいいよ。大事なのはレスの中身だろ。

いいか?>>1の人達が現れようが現れまいが、状況は変わらんぞ。
>>1の人達がどんな不幸に見舞われようが、それが仏罰によるものだと証明できなければ何の意味もない。
まあ、その程度のことは言われなくてもわかるだろうけど。

で、>>1の人達の出現を待つまでもなく、仏罰現象の存在を証明することができればこの議論は君の勝利だ。
>仏法破壊の罪にて頭八裂七分の刑が降ったものと断定する
・・・なんて言うからには、仏罰現象の存在を証明する材料を持ってきたんだろ?
それを出すだけでいいんだ。簡単な話だろ?
出来なければ君の負け。うん。実にわかりやすい話だ。

あと、くだらない煽りと話題逸らしと雑談しかできないなら、自ら負けを認めることと同義だぞ。

223 :暗黒大元帥閣下 ◆6QYjEf3d0E :2007/01/26(金) 00:39:53 ID:???
>>222
レス番を間違えとるようだぞ?
余は貴様なぞ知らんわw


224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 00:41:49 ID:???
基地外(自分で閣下とかつけてるスペシャル馬鹿)を相手にするな。

225 :暗黒大元帥閣下 ◆6QYjEf3d0E :2007/01/26(金) 00:58:25 ID:???
クックック・・・

どぉしたね?このスレタイを ちょいとでも信じたいとは思わないのかねアンチの諸君
三馬鹿の音沙汰はなぜないのかなあ?
ジョブカフェに入り浸っておるだけなのかぁ?
ネット環境が維持できん程不幸な境遇に陥ったのかなあ?
三菱ハブより放たれた大型ダンプのタイヤに腕を持って行かれたとか?
それともすでに東京湾の水底・・・
いやあ 想像の翼が逞しく羽ばたくに足る現証が在り在りと眼前に存しとりますなあw


226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 04:50:20 ID:???
>>224
ていうかアンチだろこの人。どう見ても層化を騙るネタキャラ。
ここまで露骨な学会員はいないww


159 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)