5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

創価学会の人はクリスチャンをどう思ってるの?2

1 :最近のいつもの人です:2006/06/13(火) 14:30:06 ID:H25oIjGV
メモリーオーバーで書けなくなりました、申し訳ありません。

前スレ「創価学会の人はクリスチャンをどう思ってるの?」
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1068310106/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 14:32:59 ID:eptDusWJ
クリスチャンの人は創価学会をどう思ってるの

3 :最近のいつもの人です:2006/06/13(火) 14:36:50 ID:H25oIjGV
前スレ>858
>おもろいな。 何でもありですな。でもキリスト教信者としてはそれは有ですか?

おそらくキリスト教信者にとってそれが本質的に悪いものでない限り、何ものでも
拒む理由はないかと思います。

しかし先にもまとめたこと
前スレ「創価学会の人はクリスチャンをどう思ってるの?」
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1068310106/859-864
から考えて「創価学会という地上の組織」がそうでないという保証が得られない
でしょう。そういうことですね。

4 :最近のいつもの人です:2006/06/13(火) 14:40:15 ID:H25oIjGV
一応継続議論のため、前スレの最後のレスを再掲しますね。今度はメモリーオーバー
にならないように気をつけますね。

>前スレ865 :最近のいつもの人です :2006/06/13(火) 14:13:32 ID:H25oIjGV
>> http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1068310106/858
>俺は鼻炎でないからよくわからないが前も言ったが鼻炎に効くから他の病気や
>その他の功徳何でも効くといいたいのですか?極論ではないですか?

前にも書いている通りでして、鼻の奥は命の力の通る経路である可能性があります。
「創世記」にある言葉も上げていましたよね。「神はその鼻から命の息を吹き込まれ、
人は生きるものとなった」と。つまり鼻というのは人の命にとって重要な部分なの
かもしれません。そしてかつ、その付近の神経や血流の活性化から始まって、お題目
マントラがもたらす振動が(仮に音声を大きく伴わずとも)、中脳から脳幹への刺激
ともなり生命活動の活発になる基礎を与えている可能性もあります。またこれも書いて
いますが、顔面の筋肉の運動を通じて前頭葉の血流活性化も起こり、意識の覚醒感も
高まり、これらすべての効果に伴って、やがては脳下垂体の機能向上にも繋がっている
と考えられますね。その活性化は全身にある内分泌腺の機能回復に関係してくるのでした。

だから昔から創価学会の信仰体験発表にはけっこう難病からの回復などの体験発表が
出ていましたでしょう、そういうことは大いに関係があったと考えられるわけです。
内分泌腺の機能改善が多くの病気の回復に関係しているからですね。

またそれがまだ未知であるところの「気功」の発動に関係しているかもしれません。
それが故にそれらが「自分の外部への生霊的効能」の増大をもたらしているのかも
しれず、それが創価学会の言う「阿頼耶識」への意図的な介入影響力として利用と
いうことにも繋がっているでしょう。

5 :最近のいつもの人です:2006/06/13(火) 16:51:25 ID:H25oIjGV
>>4
ここの参照レス番号は、正しくは
>> http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1068310106/857
でした。すみません。

6 :最近のいつもの人です:2006/06/13(火) 16:53:00 ID:H25oIjGV
またやはり継続議論のためにこちら↓も必要でしたので再掲しておきます。

>前スレ858 :最近のいつもの人です :2006/06/13(火) 10:19:51 ID:H25oIjGV
>> http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1068310106/857
>また信の意味が異なりますよ

まあ確かにそれはありますか。

しかし問題はいくつかあります。日蓮が信じたことは少なくとも現代の文献学では
否定されていて法華経は大乗非仏説から釈迦の言による経典ではないことは初めから
明らかなので、もう日蓮が残した文書を元に信仰を持つことは不可能ではないかという
こと。これは前にも上げたことですが。

従って、法華経とのからみでというよりも、お題目がこの世の霊的な因縁で何かの
霊的な契約の範囲で、神様がまた別の恵みとしてこの日本で与えられたものである
といった「信仰」を持つ必要があるかもしれません。そこに信仰をおいて、だから
この法華経とのからみで云々されるようにして日蓮を通して仮に与えるようなやり方
で神は与えることを計画され、それがマントラとしての効用を十分発揮するために
釈迦との関連で信仰を後付けるような方法を取られ、そして人々に強く信じるための
根拠として与えられたのだ、そしてそのマントラとしての効果を強めるための方策を
準備されて、異邦人(="ユダヤ人以外の”)地である日本での祝福のための経路と
したのだ、ということにしたのかもしれませんね。

>期間限定でまじめに信仰してみてくださいな
>それを3ヶ月やった結果で鼻炎以外で何の生活が変わったか聞きたいですな

考えておきますか。しかし創価学会に入るという意味ではなく、実質的には同じこと
になる上記のような信仰を持ってという意味になるでしょうが。なぜならやはり大乗
非仏説が現代ではどうしようもないわけですから、日蓮が抱いたのと同じ「信仰」は
持つことはできそうもないわけでしょうから。

7 :最近のいつもの人です:2006/06/13(火) 17:00:23 ID:H25oIjGV
>>6
>この法華経とのからみで云々されるようにして日蓮を通して仮に与えるようなやり方
>で神は与えることを計画され、それがマントラとしての効用を十分発揮するために
>釈迦との関連で信仰を後付けるような方法を取られ、そして人々に強く信じるための
>根拠として与えられたのだ、そしてそのマントラとしての効果を強めるための方策を
>準備されて・・・

つまり、原理としては、当方の申し上げているので良いとして、しかしそれを霊的
なまでの影響力を持たせるために、「信仰」という形で強める方法論のために、
「神」は「日蓮の誤謬を用いた」可能性があるのではないか、ということになります。

しかしそれがそれが現代では「大乗非仏説」がほぼはっきりしてしまった以上は、
もはや原理としては論理的には導入不可能となっていました。つまり「文証」と「理証」
の根底が崩れている以上は、そこに「信仰の根拠」を置くことは不可能になってしまった
わけでしょう。これが「実はこのトリックはすべて神の計画だったのではないか?」と
解釈することが可能になる理由であり根拠となるのではないでしょうか?

8 :最近のいつもの人です:2006/06/13(火) 17:13:24 ID:H25oIjGV
そうなると、最終的に返ってくるところは、法華経という仏教の因縁でお題目
唱えが人間への影響力を持つのではなくて、やはり私が申し上げているような
原因と理由でそれが人間の生命力に影響を与えているということが正しいと考える
べきではないかということになるでしょう。

つまり、仮に人間に霊的な構造があり、そこに気功の原因もあったり、意識の
ニューエイジ的な構造論があったとして、そこを通してでもお題目マントラの
連続的な称揚が、人間の対してなんらかの影響力を持つというようなことがある
としても、それはやはり神の計画の一部であったということであり、しかも
それをあたかも「仏教」であるとか「釈迦」であるとか、そうしたものとの関連
で何か不思議な効果が生まれているのであるかのような錯覚トリック(=現代では
そう考えざるを得ないところの「文証」が否定されるため)を用意して与えられた
と考えるならば、筋が通るはずだ、ということになります。

やがては科学が霊的な領域までそれが拡張されるかもしれないとしても、それが
理解されるべき特性の範囲内でお題目唱えの効果は解釈されるべきときが来るかも
しれないということになるでしょう。それは神の計画であったということになる
かもしれません。

つまり、エクササイズで展開される信念の霊的な影響力がそれを通じて現れるメカニズム
が本当は法華経といった特定の経典の名前というものとは独立に存在しているであろう、
ということです。

9 :はるな ◆D8aROQtru. :2006/06/14(水) 18:14:33 ID:???
キミたちクリスチャンは死んだらどうなるのかね?


10 :645:2006/06/15(木) 02:17:55 ID:???
>>8 :最近のいつもの人です

>おそらくキリスト教信者にとってそれが本質的に悪いものでない限り、何ものでも
>拒む理由はないかと思います。

キリスト教の祈りは功徳を期待するためのものではないはずで
信仰することで幸せになる事が主旨です
でも、あなたはキリスト信者なのに祈りにより現実的功徳を求めている。
自分の信仰に自信があり満足していれば他宗のお経に興味を持ち実践する
ことなど必要ないのでは?
あなたはそういった祈りによる功徳要素を他宗で求めている時点で
キリストに対して信仰が足りないように思えるのですが如何ですか?

11 :最近のいつもの人です:2006/06/15(木) 13:16:05 ID:GmIrxLcN
>>10
>あなたはそういった祈りによる功徳要素を他宗で求めている時点で
>キリストに対して信仰が足りないように思えるのですが如何ですか?

その通りなのかもしれません。ただし、私にとっての最大のテーマの一つとは何か?
それはまさに「真理」の追究です。

世界には宗教がたくさんあり、どれもが唯一だと主張しているのは、論理として
納得しがたいのです。つまりどれにもある性質の共通の内容をどのようにしてか、
共通に認識できるかと検討しているのです。世界に平和が訪れるとしたら、本当には
宗教の分離の問題を放置しておくことはきわめて本質的な課題であるはずなのです。

キリストを信じて祝福を受け、生涯を神に献げ、自分の前に臨在される神の存在に
限りない喜びを感じる素晴らしい信仰の生涯を頂ける信仰者もいます。しかし一方では、
創価学会に入った人々は入った人々でその世界で「真理」だと思って行動し、そして
幸せに感じて生きているという現実がやはりありましたよね。

このどちらもが「真理」で「真実」であるなら、なぜそうしたそれぞれに閉じた
ローカライズが可能になっているのでしょうか?あなたはそういうことをどこまで
も突き詰めて考えたことはありますでしょうか。そこに神が与えられた世界の真実を
知るための鍵が隠されていると私は感じるのですが。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 13:18:57 ID:???
クリスチャンはお洒落だし手頃だからプレゼントに最適☆





Diorね♪

13 :最近のいつもの人です:2006/06/15(木) 13:25:11 ID:GmIrxLcN
そして、そうした個人における幸せのしくみのローカライズがローカライズされた
ままで放置されてきたのは、これまでの歴史の歩みにおいては必然であったかもしれ
ません。それは情報化社会でない世界の現実が、それを保存してきたからでしょう。

しかし20世紀から始まったテクノロジーの発展によって人類は新しい段階に到達した
と言えます。世界の至るところがまさに「ここ」になってしまったのです。アメリカ
の一都市に行くのに、ジャンボジェットの一っ飛びで今日から明日の速さで行けて
しまいますし、情報はネットも使えば常に同時の世界になりました。もうそことここの
文化の違いは「実は思ったほどには”無い”」といっても言い過ぎにはならないほど
なのです。

そういう時代においては、これまでの長い非情報化の時代を経て生まれてきた「宗教」
という世界がそれまでと同じもので在り続けるということは、実はそぐわないことになる
可能性が高いのです。


14 :最近のいつもの人です:2006/06/15(木) 13:30:34 ID:GmIrxLcN
日蓮の誤謬に関しても述べていましたが、それは現代で初めて明らかにされた
ことでした。

彼が当時の天台の常識に従って抱いた観念には、事実関係という次元で間違い
を含んでいたわけですから、それに基づいて提出された彼の「お題目」という
修行法が効果を持つ意味についても、彼とは違う視点で読み説く必要が出ていた
はずなのですが、実際にそれを信仰している人々はそういう試みをすることは
ありませんでした。

しかしすでに述べてきました通り、現代ではそれはおそらく赦されない事柄に
なっているはずなのです。どうでしょうか?「何が真理であり、真実でなけれ
ばならない!!」とお考えになられますか?

15 :最近のいつもの人です:2006/06/15(木) 13:35:43 ID:GmIrxLcN
キリスト教に含まれてきたあらゆる観念もすべてが真実であり真理であるという
可能性は高くはないと実は考えていますが、それはどの宗教にもいえるのかも
しれません。

となると、それらがそれらで独自に真理を主張して世界を分買うt統治するという
発想には、もう本来的な正当性がなくなったと考えるべきではないかとさえ、
考えられるわけです。

そこでどれだけ真摯に考察することができるかに、実は本当の世界の平和という
ものは掛かっているとは考えられないでしょうか。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 14:15:01 ID:???
もうこのスレいらないでしょ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 15:18:42 ID:???
いらんな

18 :最近のいつもの人です:2006/06/15(木) 21:37:59 ID:GmIrxLcN
まぜキリスト者はキリストを信じて救われ、なぜ創価学会信者はお題目を信じて
救われるのでしょう?またイスラム教はなぜテロリズムを自分たちから撲滅できない
のでしょうか?それも神のご計画なのでしょうか?

このことの意味の真実を読み解くことが、これからの宗教の残された課題です。

キリスト者が疑問を持ってはいけないという理由はありません。また仏教徒が他教を
信じてみて悪い理由もありません。むしろそういうことをさせないことが、世界を
すわりの悪いものにしている原因かもしれません。どうでしょうか。

19 :最近のいつもの人です:2006/06/15(木) 21:39:43 ID:GmIrxLcN
>>18(訂正) >まぜ->なぜ

20 :まぁく ◆MAAK7GDa6w :2006/06/15(木) 21:52:28 ID:???
>>18
>多様な宗教の意味の真実を読み解くことが、
>これからの宗教の残された課題です。

さらりとスリリングなこと言ってるなぁ

布教そのものはどこでもあるわけで
とりあえず創価学会も折伏の方法だけ改めてくれれば
少しは共存の道も開けるだろうに

最近さんは、「これからの」布教はどうあるべきだと思ってるの?

21 :興味:2006/06/15(木) 22:00:23 ID:???
>>18
最近のいつもの人です←まだいたんか…
まぜキリスト者はキリストを信じて救われるか?
これには条件がある、キリストの死からの復活を信じるように定められた者は救われるということ、キリスト教は実在論であり経典宗教なんで、なぜ救われるかと聞かれたら神に信じる事を認められたからでしょう

なぜ創価学会信者はお題目を信じて救われるのでしょう?
安心決定みたいなもんやないか?

イスラム教はなぜテロリズムを自分たちから撲滅できないのでしょうか?
彼らの側ではテロではないからでしょう

キリスト者が疑問を持ってはいけないという理由はありません。また仏教徒が他教を信じてみて悪い理由もありません。むしろそういうことをさせないことが、世界をすわりの悪いものにしている原因かもしれません。
キリスト者は疑問を持ってはいけませんよ、でも仏教徒は他宗に寛容でしょう

22 :645:2006/06/16(金) 00:02:09 ID:???
>>13 :最近のいつもの人です :2006/06/15(木) 13:25:11 ID:GmIrxLcN

>その通りなのかもしれません。ただし、私にとっての最大のテーマの一つとは何か?
>それはまさに「真理」の追究です。
>世界には宗教がたくさんあり、どれもが唯一だと主張しているのは、論理として
>納得しがたいのです。つまりどれにもある性質の共通の内容をどのようにしてか、
>共通に認識できるかと検討しているのです。世界に平和が訪れるとしたら、本当には
>宗教の分離の問題を放置しておくことはきわめて本質的な課題であるはずなのです。

あなたは最終的にどんな真理を求めているのですか?
人はどう生きるべきか?もしくはあなたどう生きたいか?
どういう人間になるべきか又はあなたはどうなりたいか?
そして困難に対して、どう考え、取り組むべきか?

23 :最近のいつもの人です:2006/06/16(金) 13:18:16 ID:CG/q06B1
おーレスがついているとはたまにはいいことがありましたか!順番が前後しますが
失礼をお赦しを。

>>22
>あなたは最終的にどんな真理を求めているのですか?

そこに書いてある通りです、つまり「万人にとっての統合された全体を矛盾なく
俯瞰でき、かつ誰もがなるほどそういうことだったのだと完全に納得できる体系」
としての「真理」、それが得られることが理想です。おそらく人類の歴史がずっと
先に行った段階では、(それがどんな形になるかまだはっきりとはしないものの)
それが人類全員に共有可能な真理として地球に実現しなければならないはずである
ということです。これは、本当は無理な話ではないのではないか、ということです。

物理学にも「力の統一理論」というものが求められ研究が進められてきましたが、
まだ実現はしていませんでした。しかし物理学の歴史はその必然に向かって進んで
きたと言えますね。同じことはあらゆる真理分野でいえるはずです。人が不完全で
あるが故に、そこにまだ到達していないだけなのでしょう。

そこには霊的な次元での壁もおそらくは阻んでいるからかもしれません。それは神が
わざとそのように用意しておられるからなのかもしれません。あるいは単に人間の側の
不完全さによってそうなっているだけなのかもしれません。そこもまだ判明はしてはい
ません。しかしそこには何か道が残されているはずでしょう。足りないものは何なのか?

24 :最近のいつもの人です:2006/06/16(金) 13:31:05 ID:CG/q06B1
>>23(続き)
さて聖書には次のような意味の記述があります。「人々は世界全部で同じ言語で人々は
みな効率よく協力し合うことができ、その結果強い力を発揮することができたので、
人間は何でもできないものはないとさえ考えるようになり、天に届くバビロンの塔を
建てる計画をし、実際に建て始めた。しかし、神はそこで人々の言語を乱され、人々
がさまざまな必要な観念を共有できなくなったため、協力関係が崩れ、天に到達する
はずの塔も途中で頓挫して失敗してしまった・・・、言語が通わなくなった地上の
人間はもはやかつての協力関係を保てなくなって、争いも起こり、地上は戦闘と殺し
合いでついに神の座に到達することはできなかった・・・」

人々が違った宗教を持って互いに争いあうのは実は神が地上の人間に故意に仕向け
られたからなのかもしれません。その名残がまだ続いているからのかもしれません。

しかし、ちょうど物理学において、スイスのセルン研究所の加速器を国際的な協力の
元に「力の統一理論」が研究されるようになったように、世界の秘密は宗教の協力に
よって明らかにされる可能性は、ないようでいて、実はあるのかもしれません。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 13:38:35 ID:qmLpNvAJ
ヤキモチを理由にしたやり方ってのもあるのか。または、ヤキモチを妬かれたくないからの防御とかもあるのか。
妬かれるとしたら誰に妬かれる。ヤキモチは彼氏彼女の特別な間柄(恋愛感情など)で妬いてほしいものですね。
片思いのヤキモチや一方的なヤキモチっていうのは、反道徳的なヤキモチであるが、自分を成長させる糧でもある。
自分を成長させるというのは、そのヤキモチを自分の感情の中で処理し、脳内モルヒネのバランスを失わないよう
にすること、それでいて感情を乗り越えるっていうことにほかならない。誰もができなければならないことですね。
日常生活の中や、人が生まれてからの成長のプロセスにおいて、それを自然と誰もが行っているはずなんですね。
つまりは、それも精神的成熟度に関わってくるともいえる(例えば、適性検査)。
恋愛ではないヤキモチに関して言えば、それもまた反道徳的なヤキモチでしかなく、精神的成長(生まれてか
らの成長のプロセス)の度合いに関係してくる。
ヤキモチという感情は、ただの理由的存在ともなるので注意すべきである。

一目惚れとかで何かあるか?それ一目惚れされる人のマインドコントロールではなく、一目惚れする人の恋愛
対象の感性・価値観に、一目惚れされる人の容姿・雰囲気が、「調和」するということでしょうね。ただし、
一目惚れというのは、片方からの観点であるので、「調和」というのは、一目惚れする人側のみの「調和」と
いうことになると思います。
つまりは、一目惚れする人側(A)・一目惚れされる人(B)で、
「Aの感性・価値観」と「Bの容姿・雰囲気」の「調和」が、A側にのみ起きる現象ということ。
この場合、自己責任としてはどちらだと思いますか?A側の自己責任となる。自己責任の問題集でも作ろうかな。


26 :最近のいつもの人です:2006/06/16(金) 13:58:30 ID:CG/q06B1
>>22
>人はどう生きるべきか?もしくはあなたどう生きたいか?
>どういう人間になるべきか又はあなたはどうなりたいか?
>そして困難に対して、どう考え、取り組むべきか?

ですので、そのきわめて個人的な次元のテーマだけではない、というところが
私の問題意識にあるものなのです。あなたのおっしゃっているテーマだけであれば
これまで通り、各人が勝手にどこでも好きな宗教に就いてそこで教えられるそこの
独自の教義なり教理なりを各自そうだと思い込めばそれで済むということになり、
私の問題意識は問題にされなくなるだけのことです。

しかし創価学会も言っている世界平和というテーマが関わるのであれば、宗教の
統一というテーマは少なくとも研究のためには避けて通ることはできないでしょう。
そこではどうしても一つの宗教から逸脱して、客観からの接近がどうしても必要に
なるに違いない。そこをどう掴みとらえるかです。

>>21
はい、ですから、そうしたそれぞれがそれぞれで勝手に独自の世界で閉じたまま
でいられる一方で、しかしトータルでみればそこには矛盾があるわけで、それが
宗教の衝突となり、またかつての創価学会がやった折伏大行進で世界を戦闘に
陥れたりしたこともあったわけですよ。日蓮は自分が勝手に作った宗教が一番だ
から、これで世界を統一しなければならないと信じたからです。

しかしそこを根源的においてそもそも問題にしているわけです。それはそもそも
赦されないことであるのに、しかしそういう暴走が必ず起こり、そして世界は
必ずどうしても争いが起こることになる。そこの何が問題だからそういう非理想
的な状態となるのか?

27 :最近のいつもの人です:2006/06/16(金) 14:15:44 ID:CG/q06B1
>>20
>最近さんは、「これからの」布教はどうあるべきだと思ってるの?

で、キリスト教の元にあったユダヤ教、ユダヤ人の宗教に関しても言及せざるを
得なくなるわけですが、旧約聖書にはヨシュア記にあるように、神が自分の民に
従わない異邦人、異教徒を、「聖絶」という名で虐殺し滅ぼすという仕業に出て
いました。つまり、そのとき神は自分の民に向かって異教徒たちを滅ぼせと命じて
実際に虐殺しまとめて死に追いやったわけでした。

このことへのキリスト教的な霊的解釈というものは確かにありますが、しかし現代の
一般的な視点で考えるときにはそれも必ずしも納得のいくものではないかもしれません。
つまりそのようなことは完全にご法度です。

しかしそれもキリスト教ができた後の、また世界が中世から近世、そして近代を経て
人々の観念が争いや殺し合いを忌避するようになってから初めて生まれた観念では
ありました。つまり、その大きなターニングポイントになった1945年以降の世界に
おいてでした。それ以降、世界はそれまでとは完全に変わったと言えます。

またその中で、キリスト教にも一種のデカダンスが生まれたとも言えるわけでした。
そこは世界が新しい時代を迎えた一つの大きなエポックメーキングな時代の転換点
だったのです。その以後の時代は、平和の時代であり、人権の時代であり、そして
それらを下支えするテクノロジーの時代となったのでした。

こうした中で、あらゆる宗教もまた転換を要求されているとも考えられるでしょうか。
それまでと同じ、旧来の思考でのみ宗教をあらしめるのではなく、ちょうどもう「聖絶」
が誰にも許されていないように、宗教もその客観化から始める試みが必要となる時代が
来ているのかもしれません。どうでしょうか。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 16:17:11 ID:???
糞コテ!!w

29 :興味:2006/06/16(金) 20:35:09 ID:???
712 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 Mail: 投稿日: 05/01/03 18:28:22 ID: KvmuUVgn
1999年7月にキリストが人類を滅ぼそうとしたのを
池田先生が日蓮大聖人のパワーをお借りして撃退した事実がある。
その時はローマ法王も池田先生に謝罪したが、キリストは学会の正義の流布を恐れて
法華経を信じてない者はこの事件を忘れる呪いをしたので
アンチどもは覚えてないんだろうけど。これが現実。

30 :名誉フィフィ:2006/06/16(金) 20:38:03 ID:???
池田先生基督

普通に音読み?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 22:15:55 ID:???
クリスチャンとは関わりもなかったわけだが、このスレを読んでをかなりひいた

32 :最近のいつもの人です:2006/06/16(金) 22:16:35 ID:CG/q06B1
そこで、私は今一つのテーマを検討しているのですが、それは創価学会は”キリスト教
のような色”が感じられるわけです。

仏教と名のつくもので、難病の病気を治すために信じて祈るとか、苦境を打開するために
祈り合うとか、こういう文化は、本来は仏教には元々ない文化だったと思います。しかし
これというのは本来はキリスト教的なるものそのものなのです。それが仏教と自分たちで
読んでおきながらそこで持ち込んで憚らないのが、創価学会という宗教に他なりません。

キリスト教は神をとにかく信仰してその臨在に接する宗教であり、信仰自体が目的ですら
ありましたが、その現われとして神に恵みを求めるのでした。お金儲けをするために祈る
とか、ああしたいこうしたいから祈るというよりも、神を愛し、そのそばで暮らすこと
それ自体の現われとしてそれらの恵みを求めることに意味があったのですが、創価学会
的信心にも一種それに通じるものがあります。

そこで、創価学会的なるものには、実はキリスト教的なる文化が色濃く反映していると
考えざるを得ないわけですが、これは一体どこから来たものでしょう?それは法華経的
なるものだったのでしょうか、それとも別の何かだったのでしょうか。それは日蓮の
オリジナルだったのでしょうか、それとも法華経なる経文に何かの隠された由来が
あったからなのでしょうか。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 22:18:35 ID:???
>>29禿同 ゆえJP2ndは死んだ 馬鹿だった

34 :最近のいつもの人です:2006/06/16(金) 22:27:16 ID:CG/q06B1
日蓮は、他宗に頼ると仏罰が下って日本は他国から攻め入られて滅ぶのだと予言した
わけですが、これも実は旧約聖書の神ヤハウエが自分の民を教え諭すときに自らの
立てた預言者を通して語らしめた預言に実によく似た内容であり、非常に驚かされる
ものがあります。

日蓮はまるで一神教の預言者のような形で自分を表しているのです。

その発した主張は現代ではもはや文献学的には正しくはないと烙印を押されてしまって
いるわけでしたが、当時は天台宗が標榜した考えに沿ったものだったので、それが
論理性のあるものであるかに見られたわけでしたが、その中のものであったとはいえ、
その現われの様相は旧約の預言者のあり方に非常に近いものがあったと言えるのでは
ないでしょうか?

そしてそこから出てきた宗教は、まさにキリスト教的なる文化に非常に近いものを
生み出したということでした。

本当は、これには「宗教的なるもの」にある誰も考えたことのないような何かのからくり
が潜んでいるかにも考えられました。さていかがでしょうか。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 22:31:23 ID:???
創価学会だろうがキリスト教だろうが信仰する者のレベルの問題

自分に酔うな!!バカのくせに

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 22:37:15 ID:???
全身タイツフェチの学会員はこう思ってる

ttp://www2.osamadesk.com/st/us1458/index.php

37 :最近のいつもの人です:2006/06/16(金) 22:38:48 ID:CG/q06B1
そこで聖書にある、世界のあらゆる宗教の共通の観念となるかもしれないものについて
もまた言及しておくべきかもしれないと思います。

これはイエスの言葉にもあるものですが、何がこの世で一番重要なことですか、と
弟子が問うたときに、イエスはこう言ったと書かれています。

つまりそこには「(申命記にあるとおり)心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして
主なる汝の神を愛しなさい、これがこの世で一番大事な戒めである」と言われたとの
ことでした。

さて、ですからキリスト教はこのことをする宗教でした。

さてでは創価学会はどうでしょう、実はこれをある意味で実行しているとも考えられる
のです。

これはクリスチャンとしては口にしてはならない見解だという人もいるかもしれませんが、
私はあえて言えばこういえるのではないかと考えるものではあるのです。さてどうでしょうか。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 22:44:39 ID:???
自己厨=クリスチャン

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 22:45:21 ID:???
二枚舌=クリスチャン

40 :最近のいつもの人です:2006/06/16(金) 23:00:04 ID:CG/q06B1
創価学会という宗教は、私が前スレで言及したように、教義上の唯一性を論理的に
建てることができないかもしれない宗教かもしれないものの、しかしその毎日の
行動としては、いかにも「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして主なる汝の神
を愛しなさい、これがこの世で一番大事な戒めである」を実行している宗教なのかも
しれません。

その中心にいる何かわけのわからない害虫のような一部の人間を除けば、毎日熱心に
祈って真面目に生きている人々は、実はこのイエスの戒めを忠実に実行している人々
にあたるのかもしれないわけです。

そのような似た観念を持って人生を彼ら自身の神にあたるものに精神を尽くして生きて
いる場合、そんな彼らをキリストの神が、形を変えて祝福を与えている可能性がないとは
いえないかもしれない、とも考えたりもするわけです。

彼らの祈りが一部効力を持つのは、もしかすると一部はキリストの神と同じ力が
加担してくれているからなのかもしれないとも考えたりもするわけです。なぜなら
彼らの神は「宇宙の生命」でもありましたから、それは宇宙の神であるキリストの
神からの助けでもあったかもしれないからです。

キリスト教においては、神は「天の父なる神様」と呼びかける対象であり、心と心を
通わせる間柄になり、そこで祈りで意思的なコミュニケーションを取ることができる
方でした。しかしお題目マントラを唱えながら祈る祈りでその神に祈りが通じるの
でしょうか?しかしそれは同じ神の別の表れであったのかもしれない、そのようにも
考えられなくもない、とも思えます。必死に祈って求めるものに、神は同様に恵まれる
のかもしれない。それがたとえ別の仕方で祈られていた場合であっても。

41 :興味:2006/06/16(金) 23:17:17 ID:???
>>34
日蓮はまるで一神教の預言者のような形で自分を表しているのです。

いい表現ですね、キリスト教と違い仏教は聖典(根本経典)を持たないんですが日蓮系は法華経を絶対視しますね、法華一神教なんでしょう、ちなみにパウロと対比される親鸞教も究極は阿弥陀を絶対としない。
しかし、日蓮は法華経を絶対としてしまったんですね、法華経が聖典となり預言の書となってしまったんでしょう。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 01:43:40 ID:???
クリスチャンは死んだらどうなるの?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 02:55:23 ID:???
>>42
天国行きらしいよ
だけど基本はキリスト信仰したらのようだが

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 02:58:49 ID:???
>>43
ぢゃ、天国はクリスチャンだらけ?w

45 :せいきょう(ゆうかん):2006/06/17(土) 03:00:46 ID:eIMCTY+Y
だんだん 創価の教えとキリストの教えが似てきているよね〜
まぁ・・・原型がある意味同じだからな〜

ただ同じ道を歩めば 池田大作氏の理想は一気に崩れるよ

46 :フィフィ:2006/06/17(土) 07:04:56 ID:???
ttp://www.europark.com/ny-wallp/ny-wp003.htm
クリスチャン









サロン

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 08:17:03 ID:tlUrdkCz

【1:26】● 無職アンチのスレはよく伸びますね ●
1 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/16(金) 17:09:48 ID:N1i+GcGR


ひさびさ来たけど相変わらず(苦笑)




48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 18:15:00 ID:???
>>44
そのとーり

49 :645:2006/06/17(土) 19:02:01 ID:???
>>23
>「万人にとっての統合された全体を矛盾なく
>俯瞰でき、かつ誰もがなるほどそういうことだったのだと完全に納得できる体系」
>としての「真理」、それが得られることが理想です。

具体的にいうとどんなものですか?
ほとんどの宗教は人がどうすれば幸せに又は救われるのか?が基準です
それでは幸せや救われるとは何か?ここで宗教によって解釈が異なるものです。
 しかし本当の幸せや救われるとは人は日々何を目指し、困難をどう捉えるかに
大きく影響するのだと思います。
聖書でなく貴方のみの価値観ならば人は日々何を目指し、困難をどう捉えるかが
幸せや救われることだと思いますか?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 19:18:56 ID:dYFbmIMT
邪宗ですよ

51 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2006/06/17(土) 19:29:20 ID:3spVgzbt
日蓮正宗と学会がですよね。=邪宗

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 19:59:35 ID:???
>>51
浄土とキリストより日蓮正宗と創価で邪宗なの?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 20:29:13 ID:???
>>40 :最近のいつもの人です

キリストじゃない他の宗教の人は天国いけないでどこいくの?


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 20:36:39 ID:???
>>51
キチガイは黙っておれ!

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 20:51:05 ID:???
まったくヅラは「クリスチャン」と言う単語に反応するよな

オスカルだった前世ではクリスチャンとセックスしてた筈だ、
と妄想してるんだろうなww

56 :興味:2006/06/18(日) 00:35:26 ID:???
>>55
おお!とわさんでしたか

57 :はるな ◆D8aROQtru. :2006/06/18(日) 00:48:18 ID:6y9IK412
アホか!!

58 :はるな ◆D8aROQtru. :2006/06/18(日) 00:52:28 ID:6y9IK412
妄想してるお前らが邪宗扱いやないの?ww
いつまで経っても成長のない人たちだね〜。

クサバの影からとわさんが苦笑いしてるよ。(藁)

59 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2006/06/18(日) 00:55:00 ID:bLf8E3hA
興味さんは美人のキリスト教のお導きにあったら、コロリといきそうだね。

60 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2006/06/18(日) 00:57:07 ID:bLf8E3hA
だいたいとわさんはキリスト教徒じゃないし、このスレにはいないと
思いますけどね。

興味さんは、何かを穿り返したいんでしょ??(藁)

61 :はるな ◆D8aROQtru. :2006/06/18(日) 01:28:35 ID:6y9IK412
女を蔑視しやがって!!お前ら地獄に逝けや!!

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 01:48:05 ID:???
705:波木井坊竜尊@日蓮宗葵講◆xd7mxrd9Z6 :2006/06/18(日) 01:27:35 ID:/4RjN+XD
政治と軍事は悪魔の管轄か。

永久にマリアと同じ処女らしい人らしいね。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 03:48:29 ID:???
ハキリに餌付けされたアホw

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 09:15:46 ID:pAdEYNmp
>>49
>しかし本当の幸せや救われるとは人は日々何を目指し、困難をどう捉えるかに
>大きく影響するのだと思います。
>聖書でなく貴方のみの価値観ならば人は日々何を目指し、困難をどう捉えるかが
>幸せや救われることだと思いますか?

あなたはこの点だけに視野が限定されているように思う。

もちろんそれは重大で命でしょうが、それでも例えば創価学会に入会してから、
思っていたほど理想とは違う創価学会の実態に触れてこれはいかんとやめて行く
人もいることをどれくらい真面目に考えているかについてはどうです?

醜聞の多い池田氏は害虫ではないとどこまでも信じられるということと、
あなたのおっしゃっている「日々何を目指し、困難をどう捉えるか」と何の相克も
生まれないのだとしたら、それは盲目の謗りをやはり免れないと考える次第。

あなたは私の言葉の端々に出てくるそれらの一部の言及に一言も触れないでこれまで
語ってきているのを知っていますが、その盲目を他人にも押し付けるという教化は
本当に「真理」で「正しいこと」だと、どこまでも押し通すつもりなのはなぜなのか?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 09:23:47 ID:pAdEYNmp
世の中には、「個人の成長に関係のないこと」や「悪徳に関係する事柄」について
は何も言及しないで、霊的な成長を求めるという行き方はないではありません。

それは確かに「ネガティブな観念で頭を満たし」、それによって「堕落する」こと
から人を遠ざける意味はあるでしょうね。

しかし、たとえば政治だのなんだのと世の中の泥臭い領域にまで足を踏み入れて
まで宗教を云々しようという割には、創価学会会員のおっしゃっている教化のあり
様は、いかにも自分らの中心にはなんら目を光らせないのが最良であるかのごとき
印象に満ちてしまうのはなぜだろう。

私たちは奉仕するべきものを選ぶ知性もやはり求められている。それは、困難への
心構えであると言ったプライベートなコンテンツとは別の基準だろう。しかし
それを忘れて人間が何かを選択することはあり得ないはずであるのに・・・

66 :645:2006/06/18(日) 20:38:30 ID:???
>>64
何をいってるんだ?組織の在り方が正しいかやマントラの議論しても平行になるので
無意味だから外しているんだが.
世界共通で人類を救う真理を貴方は求めているので、全て無にして創価やキリストを
考えずにあなたなら「日々何を目指し、困難をどう捉えるか」をどうあるべきかを
聞いているんだ

67 :最近のいつもの人です:2006/06/19(月) 18:02:31 ID:qCS+QdGK
>>66
あなたの話はそれに限定されてしまっている段階ですでに盲目たれと論じている
かに聞こえもするが、どうだろうか。

「平行線だ」と言い切ってしまっている段階ですでに視野を狭めてはいまいか。
平行線にしているのは何も私だけの問題なのか?やはりおかしい、とは思う。

わたしは、あなたの得意なこの「日々何を目指し、困難をどう捉えるか」をどう
あるべきかだけなら、とっくに答えているじゃないか?「それだけなら、すでに
ある宗教にそれぞれが勝手に入ってそこで盲目にそこが表向きに教えてる教義なり
教理なりにしたがってその気になってればいいだろ言ってるでしょが。その範疇
の話を話題にする限りは、既存のままであとは個人の気分と趣味と好き好きでいい。
そこには別になんの問題もないでしょ。あなたが創価学会しか見えてないならそれ
で結構、それでおわっちまうよ。そんなに「日々何を目指し、困難をどう捉えるか」
ばっかりならあなたには創価学会の表向きの感動話で十分だろうよ。

私はそのローカライズを客観化するところにどこの宗教も踏み出さなければ、これから
の宗教としてはいかんのではないか、という話をしているのさ。

68 :最近のいつもの人です:2006/06/19(月) 18:17:12 ID:qCS+QdGK
たとえば、ではあなた方の頭領である、その「困難にどう向き合うのか」の師でも
あるはずのあの池田氏はどんな困難の向き合い方をしたのか、興味ある実例があった
のでお目に掛けようではないか。

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1118492775/160-161

これは、彼はかつての月刊ペン事件で実は裏金を渡して被告の隈部側に池田氏の
出廷要請を出さないように要請していたことの動かざる証拠の一件らしいが、
これはいかにも、「いかに困難に向き合うか」を正義ぶって教えているらしい
師(先生ですか)にしては、まことに以ってあってはならぬほどの不祥事といえる
かもしれません。

末端辺縁の創価学会の会員には「たとえいじめなどに遇って苦しい思いをしたとき
でも、毎日一心にお題目を唱えて乗り切り正々堂々としていたら、やがてみんなが
来てくれて向こうから誤ってきてくれました。お題目のすごさを実感しました」とか
体験発表させて「これを手本にしてみなさんもがんばりなさい」とかおっしゃっても、
いやあ、なんともですよ、これでは。自分はお金を渡してなんとか出廷要請をしない
でくれとか頼んでいたとは・・・

人によっては、「こんな先生」を「必死でお守りする」学会員の言う「困難にどう
向き合うか」など、はてその頭の中はどうなってるんでしょうと考えてしまう場合も
あるかと。これが中心の実態じゃないんですかね?

69 :最近のいつもの人です:2006/06/19(月) 18:22:00 ID:qCS+QdGK
>>68(訂正)>誤ってきて -> 謝ってきて

70 :最近のいつもの人です:2006/06/19(月) 18:31:49 ID:qCS+QdGK
私は別に、

「たとえいじめなどに遇って苦しい思いをしたときでも、毎日一心にお題目を唱えて
乗り切り正々堂々としていたら、やがてみんなが来てくれて向こうから誤ってきて
くれました。お題目のすごさを実感しました」とか

の体験発表がウソだとかおかしいとか言ってるわけじゃないのは、もちろんわかり
ますよね。そんなことは言ってませんよ。それはいいですよね。

では何が問題なのか?それはこうです。私は本当に信じるべきものは「真理」で
なければならない、と前スレからずっと言っていましたよね。つまり、本当でない
ものは「信じちゃいけない」はずだという主張でしたよね。私たちはどこまでも
「真実」と「真理」を求めなければならないと。

「功利」が成り立てば「その団体組織に盲従してもいいのだ」というのは、本当は
「価値的」でもなんでもなく、阿頼耶識を意識の側だどうにでも操って事実も変更
して悪徳も正義だということにして歴史も知らないうちに勝手に変造しちまえばいい、
なんてのは正義でもなんでもないってことです。

なぜ科学は「真実」と「真理」に忠実でなければならないと思いますか?それは
簡単です、そうでなければその理論は完全にならないからです。そして完全になら
ない理論は応用しても失敗してやがては私たちを苦しめることになるからですよ。
同じことなんですよ、なんでもね。

71 :645:2006/06/20(火) 00:19:23 ID:???
>>67 :最近のいつもの人です
通じてない・・
おれは創価の話をしているのでない。

何をもって救われるのか?
「日々何を目指し、困難をどう捉えるか」は創価教義をさしているのでないし
創価を省いた上でのあなたの回答を聞きたかったのだが。
俺は基本的に日々の生活で救われるかどうかが真理で重要と思っている
それは創価教義でなくてもここが最も判断すべきことと思っている

あなたは長々と創価否定と真実か?のみで具体的にどんな真理を求めているのか、
よくわかりませんが、俺が聞きたいのは極論を言えば
”地球上に宗教が全くなく、あなたが世界で初めて人を救うために真理を
つくるならば、どんな真理をつくるかということを聞きたいのですよ”

72 :最近のいつもの人です:2006/06/20(火) 17:13:22 ID:IKSXnff3
真理を考えるということは、必ずしもその探究者の個人の幸福を保証するとは
言えないかもしれない、ということは初めにコトワッテおく必要があるかもしれ
ませんよ。

例えば、科学の探究者は必ずしも幸福で生涯を閉じているとは言えない。

なぜなら、真理はその探究過程で苦しみを伴うものになりうるからで、その結果が
出ないうちに無念の中でこの世を去った科学者は大勢いたでしょう。しかし、その
失敗が材料になって、その後の科学が真理により近づく土台になったり基礎を与える
重要な段階となる知見を与えたりもしたわけです。彼らの苦しみの失敗、もがきが
あったからこそ、その後の科学者の成功があり、その真理への近づきが少しずつでも
成功したと言えるわけです。しかしその過程で死んだ人々は必ずしもその生涯で幸福を
味わうことはできなかったでしょう。しかしそれでも彼らの努力は貴いものだったの
です。それは彼らの味わったものがたとえ苦しみだけだったとしてもです。この価値観
は教諭できますか??

同じように、いかなる真理の探究者も必ずしもその在世の時代に幸福に至ることは
できないかもしれないが、その努力はやはり貴いものとなるはずです。そしてそれを
知っているのはじつは神様だけなのかもしれない。そういう価値観を、あなたは認める
ことができますか??

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 17:24:30 ID:???
真理とは方向性だよ
クリスチャンにガックリ

74 :最近のいつもの人です:2006/06/20(火) 17:37:47 ID:IKSXnff3
>>72(訂正)
>教諭できますか -> 共有できますか
---

さて「宗教」というのは実は皆ひとりよがりという性質を内包して存在していて、
これは養老氏の「バカの壁」みたいなものだというのが、実は私の持論です。

養老氏はその中で、出産の苦しみを知っていると嘯く男子学生を批判していましたが、
その意味は自分がその痛みあるいは苦しみを実体験して経験していないものを、不遜
にも「知っている」かもごとくに述べるのは間違っている、というもので、これを
宗教に当てはめれば、創価学会の信者はキリスト教を信じてみたことがないのでその
信仰生活なるものを知ることは本来はできないのに、勝手に価値判断してそんなものは
間違っていると断定してしまっているようなことに該当しますね。

この傾向は、天台宗や日蓮などの経判などがそうした序列をつけるものであったこと
や、自分の体験している信仰体験だけが素晴らしくそれ以外は全部それ以下のものだ
という観念が生まれることに起因していて、他を経験なしに判断して初めから視野の外
に置くというパターンを取らせているからなのかもしれません。しかしまたキリスト教
の信者もまた自分の得ている信仰体験だけから判断して、その信仰以外のものはすべて
間違っている、という判断をして他のあらゆるものを否定してしまう傾向になるでしょう。

このバカの壁にさせている根本的な原因は、そのような自分のした体験だけがすべてだと
思わせてしまうような、これまでの「宗教」という体系のあり方に起因している、とも
言えそうです。

そしてそういう傾向を持たせてしまう理由の一つには、その宗教というものの物理的
な基盤になっていた団体・組織の、維持運営に関わる信者の囲い込み的世界分割の
方法論、あるいはファシズム的な世界支配があるからなのかもしれません。

これは創価学会だけのことではなく、ニュアンスを若干変更すれば、他の宗教にも
それに似た傾向があるといえなくもないのでしょう。

75 :最近のいつもの人です:2006/06/20(火) 17:51:11 ID:IKSXnff3
しかし、それよりももっと根本的なものは、やはり「自分のした体験だけが、世界で
最高のものだ」という感覚を抱かせてそれ以外はすべて間違っている、あるいはそれ
以下のものなのだ、という感覚を抱かせる、その感覚が生まれるメカニズムに本当は
あるのかもしれません。

そうなってしまって、それ以外は見えなくなる、そういう構造が「宗教的体験」という
ものにはある、といえます。

そうなる根源の理由は、実は創価学会の場合でも、キリスト教の場合でも、実は同じ
ものなのかもしれません。それは我々の存在の構造的な原因に帰着してしまうもの
なのかもしれません。

ちょうど、サッカー選手が、それぞれシュートをうまく決めるコツを掴んでいる選手
がいたとして、彼らが皆同じ感覚を持っているわけではなくて、それぞれが「この
感覚が一番シュートを決めやすい感覚なのだ」という自負と自身を持っているのと
同じようなものかもしれませんが、彼らはそれでいちいち争うといったことはあり
ません。しかし宗教は似たようなものなのに、いちいち優劣をつけて争っているのかも
しれません。互いに他人の神経や感覚など感じたこともないはずであるにも関わらず、
そうしているだけなのかもしれませんね。

76 :最近のいつもの人です:2006/06/20(火) 17:59:26 ID:IKSXnff3
そしてそういう根本が、現実に社会での政治的な存在であるとか文化的な存在である
といった社会的な実体として現われる時に、その実体的な団体組織の維持運営の論理
が持ち込まれてしまう段階が生まれ、その段階以降に>>74のような状況が確固とした形
を取り始め、それが世の中の物理的な分割統治といった宗教帝国主義として現われて
行くようになるのかもしれません。

その段階以降は、この元の原因にまで戻ることができなくなってしまい、もう後はその
物理的に表に出ている団体組織の維持運営の論理に知らず知らずにはめ込まれていって
しまう、ということになるのでしょう。そうなってしまった後のものしか、我々は知らない
ために、初めて宗教に接する段階では皆その世界分割統治のための仕組みにはめ込まれる
状況でしか思考できなくなっている、のかもしれませんね。

どうでしょうか。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 20:22:14 ID:???
ノイローゼか?

78 :645:2006/06/23(金) 01:13:27 ID:???
>>76 :最近のいつもの人です
>それは彼らの味わったものがたとえ苦しみだけだったとしてもです。
>この価値観 は共有できますか??
>同じように、いかなる真理の探究者も必ずしもその在世の時代に幸福に至ること
>はできないかもしれないが、その努力はやはり貴いものとなるはずです。そしてそ
>れを知っているのはじつは神様だけなのかもしれない。そういう価値観を、あなたは
>認める ことができますか??

うーん、言いたいことはわかるけど・・・。
何をもって苦しみというかという所でしょうね。
科学で言えば一歩一歩探求者が研究していく。
もがき、一歩進み、またもがき、一歩進む。
自分でなく後継者が最終的に成功したとしても探求者は使命感で行っているのであれば
苦しみではないでしょう。その中には苦しみもあり充実もあるのですから
努力は尊いのは当然だと思う。しかしその人の幸福は神が決めるのでなく、
本人が決めるものだと思う。
つまり厳しい環境や周囲の評価で人の幸せが決まるのでなく、その人の考え方、捉え方で
幸せ、不幸が決まるものだと思う


>「バカの壁」
「バカの壁」を言うのであれば、経験しないと理解できないから
世界を救う真理はわからないという結論ですか?

貴方の経験上でどこに重点的に目指す真理かを聞いているのですが

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 09:02:58 ID:???
age

80 :最近のいつもの人です:2006/06/24(土) 12:15:48 ID:dKkt498u
>>78
前半は結構です。それで。

しかし普通の世間で言う幸福は得られていなかったかもしれません。創価学会が言う
ところの「福運」は必ずしも来なかったかもしれません。そういう意味です。

後半ですが、私の論点はあくまでも「世界の止揚」です。

あなたの視点は、あくまで狭い「自分の幸福」の範疇にあるような気がする。

どうですかね。

81 :最近のいつもの人です:2006/06/24(土) 12:20:19 ID:dKkt498u
言っている意味がわかりますか?

わたしは数ある宗教がそれぞれ自分のところが真理だと主張して突っ張っている
限り、世界はどんなことがあっても止揚されないといっています。いいですよね。

それがバカの壁の意味です。

世界を止揚するには現在のままの宗教のあり方では、どうしてもこれ以上の進歩は
ないという考えです。それは「自分の納得」や「自分の感じる幸福」という視点を
はずさないとだめでしょうと。

「自分の困難を乗り越える」これだけではできないでしょうと言っているわけです。
ですので、その話から一歩も進まない議論は意味がありません。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 12:20:25 ID:???
教会が格好よく見えたのか?

83 :最近のいつもの人です:2006/06/24(土) 12:25:15 ID:dKkt498u
問題は世界が止揚されることです。

それが個人の幸福でもあるのです。

環境問題がなぜ解決しないのですか?

それは個人が幸福を時々刻々求めているから、それを一度もリセットしない
限り、劇的な解決は望めません。そしていつまでも汚染は解決しないのです。

同じように、誰もが自分の幸福を望んでその狭い視野から出ないで自分の
納得や自分の自己満足、自分の高揚感だけから人生を決めているような行き方
が変化しないのなら、その中からの祈りでしか生きられないのなら、世界は
止揚されることはない、と言っているのです。

創価学会というのは、要するにこのいったいどっちですかね。

自分の満足が第一ですか?それとも世界がすべてまるごと止揚されること
が第一ですか。さて??

84 :最近のいつもの人です:2006/06/24(土) 14:17:47 ID:dKkt498u
例えば、ある人がこういう面白いゲームを考えたのでこれを世間に広めてお金を
儲けよう、と考え、うまくプログラムしてゲームセンターにおいたらこれがヒット。

それでその人はたくさんお金が儲かって幸せな人生が遅れました、という話があった
として、それではそれでそのゲームの面白さにおぼれて学校にも行かなくなった
子供が増えてゲームセンターに入り浸って非行事件も増えたとしたら、さてこの人
の幸せは実に自分だけの幸せでしかなかったかもしれません。

ゲーム理論がそれで進化して例えば株式投資などの理論に応用されたとして、何がしか
の進歩に貢献したとしましょう。しかしそれでもそれで環境問題は解決することは
なく、また貧困に苦しむ人々が助かったわけでもない。

さてこの人はもしかするとこういう証を立てて、創価学会で体験発表するかもしれない。
「私は創価学会でおしえてくれたお題目を唱えて、新しいゲームを思いつき、プログラム
も作ってお金をたくさん儲けることができました。これも全部お題目のおかげです」

さてこの人の幸せが世界を止揚するのに貢献した割合を考えると不思議な気持ちに
なるでしょうね。お題目で誰もが自己中心的な願望や理想を掲げてそれに向けて
祈り、それでどれだけ「困難を克服できたか」を競って発表し、それでどうです、
「お題目は凄いでしょう」とか宣伝しているだけなら、それがナンでしょうか??

そんな感じのものでしかないならそれは「大声で宣伝して世間に害を与える危険すら
ある代物」だと言われかねませんね。どうです?

85 :最近のいつもの人です:2006/06/24(土) 14:21:59 ID:dKkt498u
各個人の苦しみの克服なんて課題はせいぜいそんなものでしょう。

それでもし誰もが各個人の自己中心的な願望を立ててお題目でお祈りし、それで
それが競争しあって世間に騒動を巻き起こし、そのために返って世間が不幸になる
ということだってありうるでしょう。

そんな程度のものでしかないものにでかい顔をされたくはない。

といわれたらあなたは何と答えますか?そして、その答えの心とは「何」ですか?

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 15:56:15 ID:???
肌に合わないと思ってます。>キリスト教

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 15:58:03 ID:???
ここも自慰スレか・・・w

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 17:39:06 ID:???
クリスチャンってのは二枚舌らしいな

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 19:54:25 ID:???
というよりクリスチャンこそ創価をどう思ってんのかね?

本心を聞かせて欲しいんだが。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 19:57:38 ID:???
何とも思ってないですよ

91 :最近のいつもの人です:2006/06/26(月) 20:41:50 ID:2GcBzZ/D
>>88
どうもです。どういう意味かわかりませんが、またあしたにしましょう。
最近少しいそがしいもので。ただ、いかんものはいかんというほかはありません。

ただそれだけです。



92 :さり〜ちゃん:2006/06/26(月) 20:45:28 ID:nglOEned
創価学会を脱退したのですが立派な仏壇が残り困っています
誰か欲しい人いませんか?
タダ同然で結構です。
宜しければとりあえず写真おくりますが・・


93 :最近のいつもの人です:2006/06/26(月) 20:50:07 ID:2GcBzZ/D
簡単に言っておけばこうなります。

世界が各人の勝手な願望をお題目で祈りあって競争が生まれて困るという
事態が生まれるとしたら、それはなぜでしょう?そこに「各個人の願望を
基準にした苦しみからの解放」というだけでは基本的な欠陥があるということ
を言っているのです。

我々の希望は、すべて神から来るものでなければならない。

これが基本です。

そしてそのときに、世界は止揚されるでしょう。

そこに矛盾がなくなるでしょう。だから神というのです。だから神の希望と
言うのです。だから神に任せるというのです。そこに利己的な願望という
ものは無くなるのです。そこに神の介在の意味があるのです。

そしてそこに信仰を置くことが、キリスト教の信仰の真髄の一つでもある
のです。よろしいでしょうか?個人の失敗や成功云々、苦しみの云々でない
世界が、そこにあるということを知る必要があるのです。それこそが本来の
「信仰」なるものの意味でもあるのです。神は我々と同じ実体ではないという
ことの意味もそこにこそあるのです。神は「われら自身」ではなく、「われら
とそもにある」神であることの意味がそれなのです。

そしてそこに「救い」があるのです。よろしいでしょうか?

94 :最近のいつもの人です:2006/06/26(月) 20:53:15 ID:2GcBzZ/D
>>93(後半、誤字と改行のみ訂正)
そしてそこに信仰を置くことが、キリスト教の信仰の真髄の一つでもある
のです。よろしいでしょうか?個人の失敗や成功云々、苦しみの云々でない
世界が、そこにあるということを知る必要があるのです。それこそが本来の
「信仰」なるものの意味でもあるのです。

神は我々と同じ実体ではないという ことの意味もそこにこそあるのです。
神は「われら自身」ではなく、「われらと共にある」神であることの意味が
それなのです。

そしてそこに「救い」があるのです。

よろしいでしょうか?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 21:00:45 ID:???
>>92
あははは。
私は恥ずかしいから粗大ゴミにも出せず、買取に来てもらいましたよ。
どうして脱会したの?

96 :最近のいつもの人です:2006/06/26(月) 21:01:30 ID:2GcBzZ/D
我々がすべて神に任せて明け渡すとき、そこで神は我々に新たな希望と願望とを
与えます。

それはそれまで自分では考えもしていなかったものかもしれません。

それを実現するために、神はまた新しいインスピレーションを与え、また祈りを
求められます。そのときに自分ではない、私たちの中で祈らせる祈りを
キリスト教徒は感じることになります。祈りは実に神の聖霊が与えられるものと
なります。

それと一つになり、行動もその祈りと一つになって新しくなるときに神の意思が
また一つ実行されていくでしょう。その歩みがキリスト教徒の歩みであり、
神の与える希望でもあるのです。

97 :最近のいつもの人です:2006/06/26(月) 21:08:04 ID:2GcBzZ/D
一言でいえば、創価学会の信心というものには、この視点はないと感じて
います。

そこではもしかすると「八葉」などのマルチ商法が入り込んで同じ創価学会
の会員を騙して餌食にしていたかもしれませんね。そういう事例は、いったい
何を意味しているか、です。

まさに私の言った「お題目を唱えて同じ信心を持つもの同士が食い合いをして
たがいに相克している矛盾の様」が露呈しているのではありませんか?

これは言いすぎにならないようにしますが、とにかくそうした問題を含め、
考え方の根本に欠陥があるということを本来的に意味しているのではない
でしょうか。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 00:56:11 ID:AAALgDt2
>>88
元学会員だけど、池田センセには負けますね。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 01:02:48 ID:???
>>98
例えば?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 01:08:30 ID:???
>最近のいつもの人です

要領を得ない人ですね。
箇条書きにでもしたら?(藁)

101 :645:2006/06/27(火) 01:57:08 ID:???
>>97 :最近のいつもの人です

ゲームセンターの話だけどそれでは聞きます。
そのゲームによって人が集まり、またファミリーの集いの場にもなり、
たくさんの人がストレス発散でき、またそのゲームセンターが発展したため
景気が良くなりそれで雇用拡大も増え、たくさんの貧しい人も仕事につけました。
やはり、ゲーム作った人は悪ですか?
あなたの発想は競争=悪ですか?短所がある=悪ですか?
一部悪いから全てが悪という発想は短絡的だと思います。
全て一長一短で、短があるから悪でなく、総合的に見て
長が短を勝れば、実践し、良いものは更に活かすことを考え、
悪い箇所はどう補うかを考えるのが重要では?

また個人の勝手な願望は題目では叶いません。
それとあなたの言う創価の「福運」とは何でしょう?
「福運」とは顕益と冥益ですよ。

またバカの壁のあなたの言いたい事は分かってますよ
でも現在のままの宗教のあり方がかわり統一するならどんな真理がよいかを
の回答が結局キリスト教の神を信じることという回答ですか?

それと「自分の困難を乗り越える」は、まずは個人が救われなければ意味がない。
また人は何のために生まれ、本来人間はどう生きるべきか?
何を目標に日々切磋琢磨しどう生きるべきかにおいて各個人の意識が共通化されたものを
目指すならば世界平和につながるのだと思います。
貴方はここの部分も神の存在重要視ですか?

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 02:28:09 ID:???
>>99
キモい度。
キムチ臭い度。
過去におけるレイプ実行数。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 05:10:30 ID:2+ioKoHR



>>1

もう戦争だけは起こさないでね

と思ってますよ






104 :最近のいつもの人です:2006/06/28(水) 14:26:19 ID:urEGLUDd
>>101
>やはり、ゲーム作った人は悪ですか?

私のしたのは、ゲームセンターの仕事が常に本質的に悪いという話をしたのではなく、
それを利用して利己的な願望であるお金儲けを思いついてそれを実行して自分が幸せを
得ても、逆にそれで返って不幸になる人を生むこともある、という話です。

ですから、

>あなたの発想は競争=悪ですか?短所がある=悪ですか?

そうではない。

>一部悪いから全てが悪という発想は短絡的だと思います。
>全て一長一短で、短があるから悪でなく、総合的に見て
>長が短を勝れば、実践し、良いものは更に活かすことを考え、
>悪い箇所はどう補うかを考えるのが重要では?

もちろん。ですから、しかし私のしたのは「ゲームを思いついてそれを実現してお金を
儲け、自分が大変だった苦境から脱する」という計画がうまくいって、それだけでその人が
その自分の苦境というテーマを解決しただけでは、おしまいだったらおかしいでしょう、
ということですが?

「自分の苦境と戦ってそれを克服する」という意味だけではこの世は救われない、ということ
に他なりませんよね。まさにその意味で言っていますよ。

どうです、あなたは自分の主張を私の言っていることの中に本当に読めているんでしょうか?

やはりそこには、まだまだバカの壁があるように思いますが。


105 :最近のいつもの人です:2006/06/28(水) 14:42:06 ID:urEGLUDd
ですから、あなたのこの

>それと「自分の困難を乗り越える」は、まずは個人が救われなければ意味がない。

の内容は、実はご自分が>>101の前半で出している重要なテーマを台無しにしているの
かもしれませんよ。

私は、初めから自分が救われる、「経済的」にしろ「肉体的」にしろ「精神的」にしろ、
あるいは「霊的」にしろ、あらゆる点で、「自分がまずいい思いをして救われる」ことを
念頭に置くのは、>>104で念を押した通り、本質として「正しくない」ということを言って
いるのです。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 14:46:01 ID:???
逆立ちしても敵わない相手じゃね?



107 :最近のいつもの人です:2006/06/28(水) 14:54:29 ID:urEGLUDd
>また個人の勝手な願望は題目では叶いません。
>それとあなたの言う創価の「福運」とは何でしょう?
>「福運」とは顕益と冥益ですよ。

さて、そうでしょうか??日蓮は言っていますよ「お題目でかなわない願いはない」と。
これは間違いですか?それとも解釈が必要だとおっしゃりたいのでしょうか?

もし解釈が必要であるのなら、その正当性を示す文言をまた、やはり日蓮の言葉から
探す必要があることにもなりますが、さてどうしますか。

>またバカの壁のあなたの言いたい事は分かってますよ
>でも現在のままの宗教のあり方がかわり統一するならどんな真理がよいかを
>の回答が結局キリスト教の神を信じることという回答ですか?

ですから、先入観なしにもっときちんと読んでくほしいものですが、わたしの主張とは
何だったでしょう???

もし幾多の宗教が”同じ神”を”異なる言葉で”表現しているだけであるなら、それらは
皆本質的な意味で一つになれる、それは方言みたいなものでしかない。

もし同じ神を別の言葉で信じていることが互いに納得できることを確かめられたなら、
それは言葉の違いを越えて共存も可能だろうということですね。だからもし、キリスト教と
創価学会が同じ「宇宙の神」に仕えているのなら、争う理由はないことになると。

実際、創価学会の信仰はキリスト教のそれに一部似ているところも多いことも指摘して
いますよね。しかし今述べているのは、違いの部分を述べているわけですよ。それも
実に本質に関わる違いをです。いや少なくとも、極めて異なる本質と私が受け取っている
部分についてです。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 14:57:56 ID:???
中世ヨーロッパ

109 :最近のいつもの人です:2006/06/28(水) 15:01:05 ID:urEGLUDd
ですから、
>また人は何のために生まれ、本来人間はどう生きるべきか?何を目標に日々切磋琢磨しどう生きる
べきかにおいて各個人の意識が共通化されたものを目指すならば世界平和につながるのだと思います。

これは大事なことです。それは「個人の理想がどんなものであるべきか、どんなもので本来無ければ
ならないか」ということの反映であるべきでしょう。

それが>>104で念を押して再度申し上げたことです。そしてあなたも初めから>>101でそれを念頭に
おいた「個人の願いなり願望でなければならない」といっているはずなのですが?

個人の理想はどこにあるべきか、とあなたは聞かれておいでです。ですからそれに答えています。

>貴方はここの部分も神の存在重要視ですか?

そうです。個人の願望は普遍的で気高いものであるべきです。それは全人類の文明の止揚、全地球の止揚、
全世界の止揚のために個人が捧げられるべきだという信念であるべきだと。

その視点を与えてくださるのは、元々生まれ持ってきた理想でまかなえる人もいるかもしれませんし、
そうでない人もいるかもしれません。後者の人には、私が申し上げている通り「神」から新しくその普遍に
捧げられるべき理想を与えられるべきでしょう。

その神がもし同じであるのなら、その普遍的で気高い理想を共有できるでしょう。たとえ宗教によって
「言葉」がたとえ違ってもです。もしそこに意志や理想の中心がないなら、私たちは別の神を崇めているのです。

あなたの人生の霊的な目的は、世界がまるごと止揚されることになっていますか?>>83参照。

そのために利己的な願望を実現するのではなく、そのようなものが微塵も出てこないほどに、
気高い理想に捧げられていますか。それが同じなら、あらゆる宗教は共存できるでしょう。

110 :645:2006/06/29(木) 01:26:12 ID:???
>>104 :最近のいつもの人です
>日蓮は言っていますよ「お題目でかなわない願いはない」と。
死んだ人が生き返るとでも?金が空から降ってくるとでも?
勤行は何のためにするものであり、功徳とは何か?法華経の目的は?そういうことです。

>その自分の苦境というテーマを解決しただけでは、おしまいだったらおかしいでしょう、
>「自分の苦境と戦ってそれを克服する」という意味だけではこの世は救われない、ということ
>に他なりませんよね。まさにその意味で言っていますよ。
>私は、初めから自分が救われる、「経済的」にしろ「肉体的」にしろ「精神的」にしろ、
>あるいは「霊的」にしろ、あらゆる点で、「自分がまずいい思いをして救われる」ことを
>念頭に置くのは、>>104で念を押した通り、本質として「正しくない」ということを言って
>いるのです。

違いますよ、苦境から脱することで終わりではなく、自分への確信や自信や精神面で強くなることですよ
それにより更に大きなものへ挑戦しようと意欲をもてる。
そして誤解しているようなので言っておくが、上記には人は何のために生まれ、本来人間はどう生きるべきか?
何を目標に日々切磋琢磨しどう生きるべきか、この答えが必須なのです。
その答えとはそこには神や仏のような人格者を目標に、日々精進し、切磋琢磨するという条件が
あるべきだと思います。
救われる、幸せになるとは何でしょうか?
苦しみから脱却し社会的に成功することでしょうか?金持ちになることでしょうか?
違います。自分の弱き心に勝て、苦しみを乗り越えようと前向きに考え行動できる心であり、
人のため社会のために役立とうという心になる事なのだと思います。
それには
@今の苦境を乗り越える思想
A日々どうすごすべきか、何を理想にするか、社会にどう役立てる人間になるべきか
 という理想像の目標のある思想
@Aの相互が必要であり、片方だけでも不足だと思います。
私の言いたいこと、ご理解いただけたでしょうか?

111 :645:2006/06/29(木) 01:27:47 ID:???

>>104 :最近のいつもの人です
>問題は世界が止揚されることです。 それが個人の幸福でもあるのです。
>環境問題がなぜ解決しないのですか?
>「神」から新しくその普遍に 捧げられるべき理想を与えられるべきでしょう。

環境問題は本来人間はどうあり何を理想像として生きるかが欠落しているのでしょう。
ただ思想だけでは貧困からは逃れられない。そこには、環境と科学でもバランスが大事でしょうね。
それであなたのいう世界が止揚されるには最終的にあらゆる宗教の真理が統一されると
言うことになるわけで、そうなった時にどんな真理となるべきかを具体的に
お聞きしてるのですが如何でしょうか?
これは「神」から新しくその普遍に捧げられるべき理想という、
あなたの曖昧な回答でなく具体的に、どう人は生き、どう困難に直面した時、
どう考えるべきか?そして人が救われる、人が幸せになるとはどういうことか?
それをお聞きしているのですが如何でしょうか?

112 :最近のいつもの人です:2006/06/29(木) 20:08:13 ID:pg3jyR8p
>>110
どうやらお話はだいぶ通じてきているようです。まあそんな感じでいいでしょう。

しかし、まだ肝心なところは伝わっていないかもしれない。私とあなたには、まだ
大きな違いは残っている、と感じる。

実際創価学会では>>84-85に書いたような体験発表なるものがしばしば掲げられて
来ているのが事実です。そこで全人類が直面している命題に関わる問題に関わって
思案したり理想を掲げて努力している人の体験発表など、実際のところお目にかかった
ためしは皆無と申し上げていいかと感じています。

あなたの言う「苦しみを乗り越える」の語感がかもし出すものとは、どうしても
その創価学会の特質、その信心の自己中心的利得の観念から、やはり抜け出ていない
ように感じられてならないのはそれにもよっています。

あなたは「まず自分が目の前で自分の成功という狭く矮小な理想を実現して、例えば
それで経済的に助かってから、それからはじめて他人の幸せも考慮した社会にする
ために考える人間が出てくればそれでいい、それまでは「切磋琢磨」で構わない、
たとえばそれで世間が「非行が蔓延したり犯罪が増加したときに困った問題がおきて
から」そこで対処方法を考えて「切磋琢磨して」考えていけばいいじゃないか、と
言っているようにも、少なくとも109以前においては聞こえていたわけですが、そう
でもない、という風に受け取るべきでしょうか?

どうでしょう。

113 :最近のいつもの人です:2006/06/29(木) 20:18:35 ID:pg3jyR8p
>>111
>それであなたのいう世界が止揚されるには最終的にあらゆる宗教の真理が統一されると
>言うことになるわけで、そうなった時にどんな真理となるべきかを具体的に
>お聞きしてるのですが如何でしょうか?

もう一度>>104-109も含めてお読みいただきたいとも思いますが、というわけですので
私の論点はあくまでも明白です。

キリストの言葉にはこうあります。「あなたがたはまず、神の国と神の義とを求めなさい。
そうすればそれらのものは、すべて後から付いて来ます。あなたがたは野の花よりも、
空の鳥よりも優れたものではありませんか、それならなぜ神が彼らよりもあなたがたを
恵まないことがありましょう。あなたがたは異邦人のようにそれらのものを切に祈って
求める必要はありません、すべて必要なものは与えられるのです」

つまりキリストはまず、神を求めよと言っているわけです。ですから、自分を富ませるため
に、経済的に成功するためにあれこれと世間を悪くしてしまうかもしれないようなまがい
ものを世に送り出して、少しでも世を汚すことに先に加担する必要などない、それよりも
まず神を求めて、霊的にその存在を知りなさい、そしてその与えられる理想に基づいて
生きなさい、それが人間として求められ、そして本心で求めるべきすべてなのだ、そして
そうして生きるなら、そうしてすべての人々が生きるようになるのなら、世界は救われる、
つまり「世界が止揚される(=数々の矛盾でにっちもさっちも行かなくなっているすべてのことが、いずれ神の与えられるそれらの理想に燃えた人々が自分の成功よりも先にそれを
求めて働いていくことによって、ピシッと解決していくことになる)」ということを言って
いるのです。

114 :最近のいつもの人です:2006/06/29(木) 20:33:05 ID:pg3jyR8p
ですから、「言葉が違えど」この霊的な意味での同じ意味の理想に立つのなら、あるいは
立てるのなら、創価学会とキリスト教はそれほど異なる宗教ではないでしょうと言って
いるわけです。

しかるに私にはそうは思えない。なぜならすでに述べた通りのことだからですね。

>>111
>これは「神」から新しくその普遍に捧げられるべき理想という、
>あなたの曖昧な回答でなく具体的に、どう人は生き、どう困難に直面した時、
>どう考えるべきか?そして人が救われる、人が幸せになるとはどういうことか?
>それをお聞きしているのですが如何でしょうか?

ですから、これには>>113でより明確に答えた通りとなります。

神は、先に自分が成功するためにどうするかをお題目を唱えて実現して、それで
得た成功の代金以前に、自分の理想を「まず先に」世界がよくなるために頭も肉体の力も
使うという霊的なものに振り向けることを望まれているわけです。

115 :最近のいつもの人です:2006/06/29(木) 20:44:39 ID:pg3jyR8p
これが「神の国と神の義とを求める」ということの意味であり、そしてこれが「信仰」
ということの意味です。すくなくとも「キリスト教」においての信仰の意味です。

例えば「学校の教師になる」という目標があるとして、それが「最近は公務員の方が
圧倒的に待遇がいいしなあ、子供に勉強教えるだけなら実際簡単なことだし、毎年同じ
ことをやってりゃいいんだし、休みはたんまりもらえて、しかも給料は確実、しかも
年金は公務員の中でも最高レベルだ。校長にでもなればこんなにいいものはない。
やめてもあっちこっちと旅行し放題で人生安泰」これで先生を選ぶ人も実際多いわけ
ですが、こんな程度の低い理想でなる若い人々は、実際にはたくさんいるのが今の
現実です。

創価大がなんでも教師試験の合格者がたくさんいるとかで、それがもしこんなレベルの
利己的で実利的な理想に基づいてなる人間であふれ返っているのだとしたら、まあいい
面の皮ということになります。

もちろん「そうだ」と言っている、わけではありませんが、不景気が長く続き「幸せ
になるためには給料が不当に良い公務員がいい」と考える若い人々が多く出てくるのは
自然の成り行きなんでしょうね。また、何十年か前から理科系離れが進んでいますが、
そうなる以前からすでに、「理学部を出てるのにわざわざ銀行に勤める」なんて人たく
さん出てきていたわけですが、その理由は「銀行員の方が給料がいいから」というものです。

なんと志の低い人たちでしょう。こういう人々を「信仰」のある人々とは言わないのです。
こういう意味のことを、具体的に言うならこうなるわけですが、いかがですか?

さて創価学会はどっちですか、神の国と神の義とをまず求めて世界を丸ごと良くしようと
考える人々を生んでいますか?それとも自分の経済的な保証を「人生の目標においている」
人々を生んでいるのですか?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 20:45:12 ID:???
中世ヨーロッパ

117 :最近のいつもの人です:2006/06/29(木) 22:18:47 ID:pg3jyR8p
>>116
中世のカトリック教会は実際には悪党が教会を乗っ取ったような状態に近いでしょう。
同じことがまた起きなければいいが、とは思います。

例えば確かにアメリカなどの教会ではなんでもかんでも軍事行動を正当化することに
賛成するキリスト教会系の運動があるように、彼らのすべてがキリストの理想に
従ってはいないかもしれませんね。そういうことはあると思います。

ただ、現代のキリスト教会のいいところは、そうした過去の歴史の経過を経、完全に
個人とキリストが繋がることが可能な教えになっているということです。

現代の正統派のプロテスタント教会の多くは、教会と個人ではなくて個人とキリスト
とのプライベートな繋がりにおいて信仰を持つことで成り立っています。キリスト教徒
で、教会に行かないクリスチャンもいてもよいのです。無教会主義のクリスチャンも
現実にいたし、また現在もいることでしょう。それが本来のキリスト教なのかもしれず、
教会とはそのつながりのきっかけを作るだけの役割を果たせばよいのかもしれません。

そして大きな仕事をしてくれる働き人を、キリストは今もまた求めておられること
でしょう。これが、現代のキリスト教です。

118 :最近のいつもの人です:2006/06/29(木) 22:23:13 ID:pg3jyR8p
あなたももしできることならば、福音書から聖書を読み、その理想を神の心に
あわせて導かれることを祈ってみてください。

キリストは必ずや答えられることでしょう。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 22:26:25 ID:???
冗談だろww

120 :フィフィ ◆hupmbdblkE :2006/06/29(木) 22:47:02 ID:???
相変わらず創価学会とキリスト教は罵りあう。
お互いにすばらしい教えがあるかも知れないのに、

両者レゲエでも聞いてマッタリするのが一番いいんじゃねぇの?



121 :645:2006/06/30(金) 01:29:09 ID:???
>>112 :最近のいつもの人です
>あなたは「まず自分が目の前で自分の成功という狭く矮小な理想を実現して、例えば
>それで経済的に助かってから、それからはじめて他人の幸せも考慮した社会にする
>ために考える人間が出てくればそれでいい、それまでは「切磋琢磨」で構わない、
>たとえばそれで世間が「非行が蔓延したり犯罪が増加したときに困った問題がおきて
>から」そこで対処方法を考えて「切磋琢磨して」考えていけばいいじゃないか、と

いいえ違います。
>>22>>101
>「自分の困難を乗り越える」は、まずは個人が救われなければ意味がない。
>また人は何のために生まれ、本来人間はどう生きるべきか?
>何を目標に日々切磋琢磨しどう生きるべきかにおいて各個人の意識が共通化されたものを
>目指すならば世界平和につながるのだと思います。
について議題にしています。
人間の目標像と目先の困難を打ち勝つことが一貫性がある真理が必要です。
もちろん困難が起こってから考えるのでなく困難が起きないために予防して日々
アクションすることが重要です。しかし実際は予期せぬ困難は来るでしょう。
つまり理想像になるために現在、未来への挑戦させる思想と起きた困難に対しての
乗り越える真理が人を救う基準と思うわけです。
自分に負け続く弱い人が人を救えるのでしょうか?
人それぞれが自分に克て、強い心で、目標像に向かい、前向きに困難を乗り越え、本気で
人の幸せを願えたら世界は平和になるのだと思います。
あなたは困難が起きた時、どのように考え行動しますか?

122 :645:2006/06/30(金) 01:33:24 ID:???
>>112 :最近のいつもの人です
>神を求めて、霊的にその存在を知りなさい、そしてその与えられる理想に基づいて
>生きなさい、それが人間として求められ、そして本心で求めるべきすべてなのだ、そして
>そうして生きるなら、そうしてすべての人々が生きるようになるのなら、世界は救われる、

人は何故生まれたのですか?あなたは最低のお金を残して、貧しい人にほとんどの財産を与えれますか?
それと科学の発展は環境破壊につながります。森林伐採や地球温暖化に関しては如何思われるでしょうか?
それと世の中は競争社会です。弱きものは滅びていきます。これを貴方はどうあるべきと思いますか?

>創価大がなんでも教師試験の利己的で実利的な理想に基づいてなる人間であふれ返っているのだとしたら、

教師は少子高齢化の影響で将来的に安定しない職業と思いますが。

>さて創価学会はどっちですか、神の国と神の義とをまず求めて世界を丸ごと良くしようと
>考える人々を生んでいますか?それとも自分の経済的な保証を「人生の目標においている」
>人々を生んでいるのですか?

基本は成仏であり世界平和ですよ。もちろん人は十人十色で色々な人もいますがね。

>例えば確かにアメリカなどの教会ではなんでもかんでも軍事行動を正当化することに
>賛成するキリスト教会系の運動があるように、彼らのすべてがキリストの理想に
>従ってはいないかもしれませんね。そういうことはあると思います。

これに対してローマ法王はどう考えているのですか?
神の意思を反する者が内部からでるならば、神の意思はその国の教会に
依存することになり、一慣性がないことになってしまいます

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 06:01:19 ID:???
中世ヨーロッパ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 06:40:53 ID:???
魔女狩り

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 08:50:35 ID:???
処女懐妊

126 :最近のいつもの人です:2006/07/01(土) 20:25:04 ID:e3LhZC0B
>>121
>人間の目標像と目先の困難を打ち勝つことが一貫性がある真理が必要です。
>もちろん困難が起こってから考えるのでなく困難が起きないために予防して日々
>アクションすることが重要です。しかし実際は予期せぬ困難は来るでしょう。
>つまり理想像になるために現在、未来への挑戦させる思想と起きた困難に対しての
>乗り越える真理が人を救う基準と思うわけです。

うーんそうだろうか?あなたはこうも書いていたのだが。

>>101
>ゲームセンターの話だけどそれでは聞きます。そのゲームによって人が集まり、またファミリー
>の集いの場にもなり、たくさんの人がストレス発散でき、またそのゲームセンターが発展したため
>景気が良くなりそれで雇用拡大も増え、たくさんの貧しい人も仕事につけました。やはり、ゲーム
>作った人は悪ですか?あなたの発想は競争=悪ですか?短所がある=悪ですか?一部悪いから全て
>が悪という発想は短絡的だと思います。全て一長一短で、短があるから悪でなく、総合的に見て
>長が短を勝れば、実践し、良いものは更に活かすことを考え、悪い箇所はどう補うかを考えるのが重要では?

これはやはり「まがいものを先に世の中に出してそれで幸福になる人間はいてもいい、
そのためにお題目を唱える人間はいてもいい」ということを言っている、はずですが?

もしそうならば、創価学会は先に自分の利益のために世の中を悪くしてもかまわない、
どうせ後から「切磋琢磨して」改善すればいいじゃないか、「それがお題目の功徳という
もの、縁というもの、ホイホイ」と言っているのでは?

>>121
>人それぞれが自分に克て、強い心で目標像に向かい、前向きに困難を乗り越え、本気で
>人の幸せを願えたら世界は平和になるのだと思います。

だからこのように「まず強い心で」世の中を先に悪くするような自己利益の願望を達成して
も構わない、それでもとにかく「強い心なら」と言っているわけですよ。どうです?

127 :最近のいつもの人です:2006/07/01(土) 20:29:31 ID:e3LhZC0B
だからあなたはこう言っているわけでしょう。次のことが本質的で決定的な違いとなります。
つまり「キリストからの信仰」と創価学会からの信仰とのそれです。

>>122
>人は何故生まれたのですか?あなたは最低のお金を残して、貧しい人にほとんどの財産を与えれますか?
>それと科学の発展は環境破壊につながります。森林伐採や地球温暖化に関しては如何思われるでしょうか?
>それと世の中は競争社会です。弱きものは滅びていきます。これを貴方はどうあるべきと思いますか?

ですから、それこそが私の申し上げている「若い人々がもつべき理想の後退」であり、
「キリストから与えられる信仰と理想の後退」なのです。ここにきてこのあなたの言葉
がそれを決定的にしたと感じます。私はこのあなたの言葉を引き出したかったとも言えます。

あなた方の中のどなたかがカトリックのマザー・テレサを誉めているだけのパフォーマンスを
やってくれていますが、彼女の信仰はまさに
>>122
>人は何故生まれたのですか?あなたは最低のお金を残して、貧しい人にほとんどの財産を与えれますか?

を信仰によって行動した人なのです。それもわからずにむやみに彼女の名前を出しては
パフォーマンスだけするのは蒙昧の極みでしょう。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 20:31:24 ID:rUk0wesK
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1148384360/l50


社民党を馬鹿にするな!! http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1148384360/l50


社民党を馬鹿にするな!!

129 :最近のいつもの人です:2006/07/01(土) 20:33:06 ID:e3LhZC0B
>>122
>それと科学の発展は環境破壊につながります。森林伐採や地球温暖化に関しては如何思われるでしょうか?
>それと世の中は競争社会です。弱きものは滅びていきます。これを貴方はどうあるべきと思いますか?

競争で他人が不幸になるのは「しかたがない」と?これこそが、その信仰がまがいもの
である証左ではありませんか?そのごこに「信仰」があるのでしょう?

そういう世の中でない世界にすることに、第一番の理想があるべきだと、わたしが言って
いることは、もうすでに十分ご理解いただけている通りかと存じますが、いかがですか?
そしてそれこそが「神を信じる信仰」なのであるとも。

神は世界をそのまままるごと救うことを計画されているわけです。そのために働く人々を
求めておいです。神がお用いになった卓越した信仰者の一人がマザー・テレサでありましたが、
その「召命」に「信仰」を持って答えた彼女こそはまさに「信仰者」の鏡と言えます。

キリストからの信仰が、特に若い人々にもたらすはずのものとは、まさにこの信仰でなければ
なりません。

少なくとも創価学会員はその任に当たれないことが、やはり思った通りこれではっきりした
でしょう。

130 :最近のいつもの人です:2006/07/01(土) 20:38:15 ID:e3LhZC0B
>>121
>>自分に負け続く弱い人が人を救えるのでしょうか?

それでは「自分のために一時でも他人を不幸にすることがあってもいい」という人間が
「強い心さえあれば」本当に他人を教える教師になるとでもおっしゃいますか?

いいえ、まず初めに置かれる理想こそがすべてです、そして「そこから始める強さ」こそが
「信仰」であるべきだと申し上げています。神がその御業をなされる経路として用いられ、
不可能を可能にされることを「信じる」信仰となるでしょう。

そのために「神に自分を捧げて働く」若い人を求めておいでなのです。その理想を抱く
若い人々が必要なのです。つまり「世界が止揚される」ため「世界がまるごと救われる」
ために。

それは神からしか与えられないものなのかもしれませんね。やはり創価学会ではそうは
教えていないようです、この直前のレスで申し上げた通り。

そんなことなら世の中は救われないでしょう。たぶん、まがいもので世の中は汚されて
満腹になってしまい、創価学会がそれをまたさらに後押ししているのはほとんど事実かと
感じます。それが今まで書いてきていることです。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 21:05:51 ID:???
十字軍

132 :最近のいつもの人です:2006/07/01(土) 21:06:41 ID:e3LhZC0B
>>122
>教師は少子高齢化の影響で将来的に安定しない職業と思いますが。

いいえ試験にさえ合格するなら、これほどの安定職業はありませんよ。すでに1教室2人の体勢
も整いつつありますから、「少なくとも待遇面では」学校の先生という職業ほどめぐまれた
仕事もないと考えて構わないですね。

少なくとも、自己利益を人生の目標とする人々には格好の職業になりつつある現実がありましょう。
年が寄った人間ならいざ知らず、このように、若い人に気高い理想がないのはなぜでしょう?

「創価学会の功利主義」と「まず自分が成功することが一番大事という理想」が蔓延したから
かもしれません。つまりこれが「キリストからの信仰」の後退、「自分のためでない本物の理想」
の後退の最たる結果でしょう。

つまり、キリストからの信仰の後退が意味したものが、創価学会の信心の蔓延でもあったの
でしょう。

>基本は成仏であり世界平和ですよ。もちろん人は十人十色で色々な人もいますがね。

ですから、その「成仏」した人々は、世の中にまがいものを先に出して自分が利益を得て
成功することを「第一」にする理想を持つべきなのでしょうか?ましてそれを若者が持つように
「強い心で信心しろ」と教えるべきでしょうか?

現実に「創価学会の信心」というものは、昔からそういうまがいものだったのです。これは
体験発表会で行なわれるものであれ、幹部の指導であれ、すべてそうでしたね。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 21:11:10 ID:???
ザビエル

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 21:18:23 ID:???
パイプオルガン

135 :最近のいつもの人です:2006/07/01(土) 21:55:34 ID:e3LhZC0B
>>122
>これに対してローマ法王はどう考えているのですか?神の意思を反する者が内部からでる
>ならば、神の意思はその国の教会に依存することになり、一貫性がないことになってしまいます

ですから、創価学会の場合ならそのように批判されるべきだと申し上げています。なぜなら
あなたがたの宗教はあくまでも「求心的」な宗教だと自分たちで述べて喧伝してそれを誇って
さえいるわけですからね。

私が>>117でも再度述べたように、また再び述べるならばキリスト教にはそういうあなたがた
のような「求心性」は「何もありません」。すべて「あなた」と「キリスト」との個人的で
人格的で、パーソナルな関係を「信仰」によって得てください、という宗教なのだと説明して
いる通りです。それ以外の「宗教」ではありませんし、こうしたありかたこそが本来の宗教
といえるでしょう。そして、その個人個人の「信仰」において、キリストご自身から「理想」
を抱く信仰を持つように成長してください、というものにほかなりません、と。

教会はあくまでもそのためのきっかけを得てもらうために、神が地上に残されたしくみに
過ぎません。そのための働き人を得て、そこで働く人々が出てくるためにも用いられる場合も
あるでしょう。そのために存在しているに過ぎません。

政治的な勢力を誇る行き方は、創価学会も含めて本来宗教としては正しくありません、それは
信仰者個人が自分の信仰において、また良心において各自が行動する自由があるべきであり、
神が働かれる余地はそこにあり、全体として判断を間違わないための余地でもあるはずでしょう。

たとえばカトリックで信仰を持ったり、アメリカのどこかの教会で信仰を持てたとしても、
やがてその政治的なスタンスが気になって教会を変わったとしても別段誰も非難も批判も
されることも、することもありません。無教会主義になったって構いません。これが現代の
キリスト教ですから。創価学会のように、求心的に固まって組織を固める必要性も必然性も
なにもありません。ですから政治的な信条もフリーなのです。よろしいでしょうか。

さて同様にすでに>>117で説明している通りですが、またしても何度も言うべきなのでしょうか??

136 :世界人口を100%とすると、 ◆KQi9z66Rsw :2006/07/01(土) 22:05:44 ID:T5cesSq8
ああ、そうだったよね。
 プロテスタントは、特にクールなんだ。

  昔、「古くなった聖書はどうするんですか?」と牧師に聞いたら、
  「紙ゴミの日に出します」と言われて、ドギマギしたな(笑)。

   でもそれで良いんだよね。資料集なんだから。   

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 22:26:14 ID:???
宣教師

138 :645:2006/07/02(日) 23:26:52 ID:???
>>135
まずはゲ−ムセンタ−の話はあなたの善悪の判断が極端なので俺の価値観を言ったのだが
基本は
>人間の目標像と目先の困難を打ち勝つことが一貫性がある真理が必要です。
>もちろん困難が起こってから考えるのでなく困難が起きないために予防して日々
>アクションすることが重要です。しかし実際は予期せぬ困難は来るでしょう。
>つまり理想像になるために現在、未来への挑戦させる思想と起きた困難に対しての
>乗り越える真理が人を救う基準と思うわけです。
これですよw

あなたの見方なら人間は生きているだけで他の生物を殺し食べる。だから悪です
そういう短絡的な見方ですよ。

それであなたの競争社会否定、資本主義の否定ですね。
競争社会は不幸な人がでると言っているが、あなたが言っているのは最近の小学生の
運動会で負ける人はかわいそうだから全員で同着すべしというゆとり教育みたいに
しろということかな。甘やかしで向上心や努力しようという意欲、働く意欲をなくしますね。
そもそも人の不幸や幸せとはなにか?競争に負けた人=不幸なのか?
ここがあなたと大きく異なるところだと思いますが、私の言う不幸や幸せを作るのは
勝ち負けや物、財産でもなく、その人の心の在り方です。
苦労は不幸ですか?苦労を乗り越えようと思える前向きな心があれば苦労は
自己成長のチャンスなのです。幸せとは何事にも前向きに強い心で人のために挑戦していく
ことのできる心をもてることだと思います。
世界全員がそういう心を持てれれば、常に世のため人々のために動き、
困難にも前向きに負けず切磋琢磨し自己成長できるでしょう。
それが現実逃避でなく現実的に人が救われる思想ということを意味しているのだと思います。

139 :645:2006/07/02(日) 23:41:26 ID:???
>>135
あなたの競争のない社会とは具体的にどんな経済の社会でしょうか?

また
>科学の発展は環境破壊につながります。森林伐採や地球温暖化に関しては如何思われるでしょうか?
に関して回答がないですがいかがですか?科学と環境問題に対してどうすべきか
神の意思を想像するならばという貴方の具体的な意見を聞いているんです。

それと人は何故生まれたのですか?に関しても回答頂けないでしょうか?
(おそらくここが幸せの基準の相違かなと思いますので)

またあなたは最低のお金を残して、貧しい人にほとんどの財産を
与えれますか?に対して
>それこそが私の申し上げている「若い人々がもつべき理想の後退」であり、
>「キリストから与えられる信仰と理想の後退」なのです。
とあるが、若い人々がでなく、何故あなたはマザ−テレサのように
全財産を貧しい人に寄付できないのかを聞いているのです。
またキリストを信仰する国はたくさんあるのに今まで、なぜあなたがいうような
競争社会のない社会はできなかったのか?

それと人によりキリストの意思への認識が異なり、認識違いでキリスト内で一部が
戦争賛成しても問題ないと?

>教師試験にさえ合格するなら、これほどの安定職業はありませんよ。
とのことですが、創価大の大多数の人が教師は安定職業だから希望しますといったのですか?
子供を育成するための職業ですよ。そこに、立派な子供を育成したいのですという意見がないと
なぜ思うのですか?それに将来性や安定を求めるならば国家公務員を求めるのでは?

140 :645:2006/07/03(月) 01:12:40 ID:???
>>135
誤解生みそうなので一言
>政治的な信条もフリーなのです。
人によりキリストの意思への認識が異なり、認識違いでキリスト内で一部が
戦争賛成しても問題ないと?
に補足すると神への意思が各個人の勝手な解釈で決まり、戦争賛成論者がたくさんでても許されるなら
あなたのいう世界平和など来るはずがないと言っているのです。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 22:59:37 ID:???
お〜〜〜い!!
クリスチャンのババチはおらんのか??
お前がいないとつまらんがの。ww

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 00:12:41 ID:VimvZr0S
>>141
逃亡だ

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 22:29:47 ID:???
>>1はどうした?

144 :自由騎士団:2006/07/09(日) 22:30:45 ID:???
>創価とオウムは同じ体質<

創価は単なる新興宗教では無い。
ナチス・ヒットラーの再来。
ミニチュア版だが、世界も気がついている。
創価(創価教学の犠牲者)出身=麻原のオウムがサリンを使用したのは事実。
創価魔(創価教学の犠牲者)が殺人マンション(耐震偽装)を量産したのは事実。
こんなのは序の口。
悪の元凶は創価学会。
サタン教=悪魔教=創価学会。
http://mildsevenxx.fc2web.com/index.html

私の周りには真言宗のお寺があり、
曹洞宗のお寺があり、
日蓮宗のお寺がある。
神社もある。
もちろんプロテスタント教会も複数あり、
神学校やカトリックの教育機関がある。
ある意味、非常にバランスのとれた地。

この地では創価学会員は不自然・挙動不審な者が多いのも事実。
私は毎日観察しているが、日蓮系新興宗教カルトはなぜか機械的で底意地悪い観があり、自己満足完結型思考カルトである事に気がつかない患者である。

私はこの地を活かして、創価学会員の精神の治療を地域社会に呼びかける存在として静かに暮らしている。

現在までの情報では、フランス・チリ・オーストリア・ベルギーが創価学会をカルト指定している。
また、アメリカ下院が「創価学会は危険な組織」と指定している。
http://jbbs.livedoor.jp/study/3876/

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 22:21:10 ID:pZKzZMVB




今日ハロワ行ったか?



行けって言っただろ





146 :(・∀・):2006/07/10(月) 22:26:14 ID:???
行かなかった・・・金はほしいが定職につく気はない

自由でいたいんだ
神様お願い!お金ちょーだい!!

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 18:15:35 ID:9pfWrIrw
クリスチャン逃亡
そ−かがクリスチャンにかったようだ


148 :医大なる学会患部:2006/07/19(水) 19:58:25 ID:F8ENQjk2
ヒトラーはクリスチャンの家に生まれたんだよな。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 20:07:44 ID:Sq27SmCM
     ___
    /     \      ________
   /   ∧ ∧ \    /
  |     ・ ・  | < 創価は氏ねよ
  |     )●( |  \________
  \     ー   ノ
    \____/


150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 20:22:21 ID:???
クリスチャンを刺激すると怖いよ

日蓮より怖いかも?

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 20:30:41 ID:l/KvVzbt
十字軍遠征でし!!

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 20:31:30 ID:???
処女懐妊

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 20:33:25 ID:l/KvVzbt
受胎告知やな。

154 :医大なる学会患部:2006/07/19(水) 20:36:33 ID:AlZXo2Fw
ホロコーストじゃ

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/04(金) 22:13:08 ID:JzGvFsEx
私はクリスチャンで、お姑は学会!!それなりに付き合っているけれど、現世利益ばかり祈っているのは、本当に怖い!!

156 :総てを知り尽くした者:2006/08/04(金) 22:21:48 ID:???

現世利益=欲望むき出し=創価学会SGIに力があると思い込んでいる→殺人へ(今日のアルカイダ合衆国ブッシュの大量殺人ホロコースト=ヨーロッパの中世に興った魔女狩り=殺人は神の命令=イスラエルという正真正銘のナチズム)



157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 00:21:20 ID:6AVuY8dx
>>1は生きているのかな
無事に生きていることを祈るよ

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 00:30:14 ID:0eyrz+4p

693 :('A`):2006/08/04(金) 09:18:26 O
恋愛サロン結構楽しいぞw
爽やかな気分になる。この板どんよりするんだよねぇ


694 :('A`):2006/08/04(金) 11:12:52 0
【'A`】喪男喪女のレス貼ってきもがるスレ【'A`】
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/lovesaloon/1154mnbvcdrt78ikjbvcdert678iokmnbvcxsert678ikjhnbvcxser567kjhnbvcxzser678ikjbvcxser56789oikjhbvcxse45678ikjhbvcxswe56789okjhbvcxser5t6789iokjnbvcxser678iokjnbvcxzser56789okjnbvcxzser56787344/l50

をいをい


695 :('A`):2006/08/04(金) 19:56:21 0
最近テンプレ利用されてないよな


696 :('A`):2006/08/04(金) 20:09:45 0
爆撃
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1154688031/l50



159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 19:54:37 ID:2lZiF80F
ジジイとババアの葬式どうしょう??学会の人に頼めば、それなりにやってくれるよね。その後付き合わなくても良いよね。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 00:50:42 ID:fvhbwpks
クリスチャンは葬式どうやってやるのですか?

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 12:54:50 ID:nbzfeKW/
教会で神父様にお願いして行います。

162 :しゃあ ◆BwWlF2.Erw :2006/09/01(金) 05:56:24 ID:???
>>160
それを聞いてどうするんだ。 電報でも送るのか?


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 21:11:22 ID:aZzAiez/
ホントー。ホント。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 02:02:14 ID:???
>>1が逃亡してから、しょうもないスレになったな

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 03:57:52 ID:???
>>164
お前の自慢話でも始めたらどうよw

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 21:34:01 ID:EugyLw7A
現世利益の宗教は、本当にヤダヨWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW.

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 21:48:52 ID:oU+/GoBw
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価字会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!

答えが欲しけりゃ葬火に入信汁!!
こんなところで下らん論議する前にな!


168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 22:04:48 ID:+eESqSZ7
誰が入信するか!!!バ〜カ!!

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 01:45:35 ID:de5MqrVD
草加3世です。
クリスチャンのかっこいい十字架がうらやましい。世界一メジャーでかっこいい宗教だと思う。
一族が草加で、血縁者が揃いも揃って臭そうなおっさんを崇めてるのが悲しい。
狂信者な祖母が天寿をむかえられたら、キリスト様に乗り換えようと、従姉妹と目論んでます。

170 :しゃあ ◆BwWlF2.Erw :2006/09/17(日) 00:14:05 ID:???
>>169
宗派によって微妙に違うので、どれがいいかな?
聖ベネディクトは当然ベネディクト会。
ロシア正教は下のほうにおまけがある。
統一教会とモルモン教はキリスト教ではないので、間違えて創価の同類に行かないように今から調査だ。


171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 19:56:39 ID:2QcR94Ql
頑張って下さい!!聖公会が良いですよ。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 06:31:23 ID:RjXcHsKS
>>170-171
ありがとうございます。
教会については、詳しくないのでわかりません;
17になるまで、教会の近くに行った事が無かったのでorz
小学校の時に、こっそり参加した町内のクリスマス会できよしこの夜の歌詞を知らなかったので歌えなくて、
役員の人に輪を乱す子供としてみんなの前で怒られてしまいまして、
それから邪教だと教えられていたのもあって、キリスト教に関するものを視界に入れない様に生きてきていました。

こんなキチガイじみた宗教から早く抜けたいです。
文章が変ですみません。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 14:35:57 ID:zqOD8O2W
169さんへ
機会を見つけて
色々な宗派の教会に足を運んで
みたら良いと思います。

@牧師または神父が絶対的な権力を持ち
 信仰の対象になってしまっている
A洗礼を受けないと教会に入る格がない
 または天国に行けないと言う
B牧師まはた神父がやたら洗礼を勧める

このような教会には通ってはいけません。
洗礼を勧めるは以外に思うかもしれませんが、
まともな教会では神父または牧師自らが求道者に
対して洗礼は勧めません。
あくまでも本人の希望で執り行われるのです

教会を選ぶときの参考にしてください。


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 14:44:12 ID:q/u+CTka
キリストの人は二重人格が多いな。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 14:43:02 ID:0b+miGPE
2世です。クリスチャン好きです。マザー・テレサの本を読んでます。信仰に対する真摯な姿勢に多くの事を学びます。宗教は違っても彼女の姿に菩薩や仏陀の境涯を見ます。クリスチャンだからキリストと言った方が適切ですね

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 06:58:24 ID:xzAMjCIX
かけてしまいすみませんが

177 :しゃあ ◆BwWlF2.Erw :2006/09/23(土) 07:02:37 ID:???
>>173
ここ2年ばかり、お説教を聴きにいっているが
まったく・入信・のお誘いがない。
まともなところだから。


178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 22:35:37 ID:ZNYbVfNK
>>177
自分から行かないと、何年間も放置されます。(w
「洗礼を希望します」とか言わないとでっかい教会では会衆の一人ですね。

179 :169:2006/10/15(日) 20:24:53 ID:wMiBnetI
今朝、最寄りの教会で集会みたいなのに参加させてもらいました。
キリスト様万歳!

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 15:38:51 ID:oahA1GdO
聖公会においでよー!!

181 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2006/10/23(月) 17:35:57 ID:???
>>169
十字架よりも三日月のほうがカッコイイぞ!!

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 17:41:04 ID:???
けっ、拝む暇ありゃハイキングにでも行って心身鍛えてこい。

183 :健司:2006/10/24(火) 04:51:34 ID:m1mH3Jag
>>174さん。クリスチャンの二重人格は創価学会2代目会長の戸田城聖も著書で
指摘しています。俺?法華講とプロテスタントの二股かけてます(二重人格より
タチ悪い?)

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 05:56:44 ID:/wrBCFfz
小さい頃クリスチャンというのは、「クリスちゃん」という
人物のことだと思っていた。

キリスト教の芸術、文化は好きだし、宗教史も面白いと思うけど
教義は好きじゃない。
日本人の精神に合っているのはやっぱり神道だと思う。
それも国家神道じゃなくて、原始神道。
一神教は日本人には合わない。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 06:08:12 ID:???
>>183戸田城聖?w知らねぇなぁwよかったらそいつの言ってる事を教えてくれよ。そうだなぁ、そいつは宗門について何て言ってる?ww

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 06:11:06 ID:???
「三位一体」
父・子・聖霊

信・行・学
日蓮・池田・本尊←これが創価流三位一体

187 :健司:2006/10/24(火) 20:14:48 ID:m1mH3Jag
>>185
もう死んでいないよ

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 21:59:46 ID:???
創価ってあの奴隷のこと?



189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 19:40:09 ID:???
クリスチャンの二枚舌疑惑について、弁明せよ。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 19:41:17 ID:???
1000万票

池田名誉会長が拘る1000万票

人間は欲深い

欲深い

850万票じゃ満足できないのは何故?

1000万票取れば大臣枠が一つ増えるのか?

亀井静香議員の口を塞ぎたいのか?

与党の立場に何としてでも留まらなければならない本当の理由とは?

金か?

名誉か?

自らの安全か?



その答えを会館で
東京信濃区
学会本部

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 23:09:20 ID:???
十字架雰囲気良好

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 23:30:16 ID:HwvgfFtf
2世なんだが

十字架のアクセとか着けたいんだが
なんか言われそうでw
どう思うよおまいら

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 00:35:52 ID:???
>>192
つければよいじゃん

194 :法律ヲタ ◆8PR9uxYCzw :2006/11/20(月) 00:54:58 ID:PdVgc5fq
>>192
そんな事を言っていたら、赤十字に寄付など出来なくなってしまいかねませんよ。
イスラムの赤新月社のようなものでも設けなければなりませんね。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 18:12:48 ID:???
age

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 18:20:42 ID:Wyu8dHry
瓦解員はクリスマスイヴの日はどうするの?
特に女性瓦解員

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 18:22:39 ID:???
創価でもクリスマス祝うよね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1135418432/

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 01:48:13 ID:yjRDx162
age

199 :いんちき宗教:2006/12/16(土) 00:56:40 ID:pKKaQnYf
創価学会のホームページにありますけど、ブラジルの「バイア・カトリック経済大学」
と言うところから、池田大作が名誉学位をもらったそうです。
キリスト教を含め他宗教は全て「邪宗」として不幸の源のように言っている一方で
称号さえもらえれば何でも良い、もはや宗教として矛盾だらけ。
邪宗とするなら、池田大作はこの名誉学位を喜んでもらったことで地獄に落ちるのでしょう。
名誉のためなら、地獄に落ちても良いとの考えでしょうかね。
宗教ではなく
池田大作を頂点とする「マルチ商法」団体と何ら変わりなし。


200 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/12/21(木) 23:12:37 ID:TP8AImb6
バリ兄夫婦の娘がミッション系の学校に通っています。
創価学園へ行くもんだと思っていましたのでビックリしました。
こうゆうのありなんですね。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 04:33:23 ID:???
かわっとるな

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 07:52:45 ID:???
大学はキリスト教系だったけど、創価のサークルは公認されてた。
原理研は殲滅状態だけど。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 07:58:54 ID:???
創価でもクリスマス祝うよね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1135418432/


204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 04:04:21 ID:6Ypc0pTs
クリスチアーノロナウド?

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 12:28:14 ID:Qg7Fjy/q
聖公会と創価学会は仲が良い。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。 ::2007/01/04(木) 16:41:44 ID:???
私の知り合いでキリスト教の女の人がいるけど、キリスト教って神が一番なんでしょ?
神がトップなわけだ。
だから、戦争になるんだろうね。
「聖戦」とかって称して人殺しあってるもんね。

創価学会の仏法は、命が一番尊くて、命を守るために神がその下にいるんだよね。
思想が真逆だと思う。

カッコいい=正法じゃないよ。

キリスト教の人たちは、神が一番トップにあることについては、どう思っているのですか?

207 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2007/01/04(木) 17:07:50 ID:???
学会は神を下に置くから・・・傲慢になるんだね

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 17:09:09 ID:???
>>206その知り合いの女の人は戦争大好きなのか?

209 :名無しさん@お腹いっぱい。 ::2007/01/04(木) 17:20:31 ID:???
>>207
学会員全員が傲慢じゃないでしょ。その人性格それぞれだから。
でも、神の為だったら何やってもいいっていうキリストの思想と性格は別でしょ。
キリスト教徒だって傲慢な人くらいいますよね。
あまり人のことは悪くは言いたくないですけど。

キリスト教の人ってダヴィンチコードについてはどう思っているのでしょう?

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 17:42:43 ID:???
>>209
>あまり人のことは悪くは言いたくないですけど。

学会員はこれでも精一杯気を遣ってるらしい。
普通の学会員がいかに口が悪いかよく分かるなwww

>>206
>キリスト教って神が一番なんでしょ?神がトップなわけだ。
>だから、戦争になるんだろうね。「聖戦」とかって称して人殺しあってるもんね。
>>208
>でも、神の為だったら何やってもいいっていうキリストの思想と性格は別でしょ。

いくら祈っても願いが叶わない人の数→
http://society4.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1165946608/389
>389 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :[take-01@u01.gate01.com] 投稿日:2007/01/04(木) 14:53:34 ID:???
>死にたいと言っている人は、念仏の害毒じゃないですか?


211 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2007/01/04(木) 17:57:01 ID:???
>>209
キリシタンにもカトリックとプロテスタント、考え方が微妙に違います
>でも、神の為だったら何やってもいいっていうキリストの思想と性格は別でしょ。
キリシタンが本気でそう思ってたならば・・・日本人のほとんどはキリシタンになっていたのでは?
幕末の頃ならば・・・軍事力の差は歴然だったし、やろうと思えばできたはずですよ。

学会員さんは傲慢な方が多いのは事実。
日本の法律道徳倫理よりも自分達の仏法を最優先するのですから。
否が応でも傲慢になりますよ。

悪い事しても・・・謝らないし、知らない振りを平気でする人多いでしょ?最低ですよ

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 18:12:30 ID:???
さらに「正しいことをする者には魔が現れる」。
これにより学会員以外の言葉を全く聞かなくなるばかりか、
相手が目上の者であろうが平気で「無知」「勉強不足」など
傲慢な言葉を吐き捨てるようになる。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。 ::2007/01/05(金) 16:03:20 ID:???
>>211
>悪い事しても・・・謝らないし、知らない振りを平気でする人多いでしょ?最低ですよ
なぜ、謝らないのか聞いてみましたか?
また、「悪い事しても」という具体的な内容はどういったことを指しているのでしょう。
破邪顕正には学会員以外の人は強引な印象を受けることはあると思います。
人の事を悪くいいたくないけれどって気を遣っているつもりではなく、人の悪口を言うと必ず自分に返ってくると御書にも書いているので、言わないように気をつけています。

この仏法は因果の法則なので、例えば人の顔の欠点を言ったりすると、来世で醜い顔に生まれてしまったりするので、悪口は言わないようにしています。
ただし、間違っていることはハッキリと間違っていると言わなければ、邪宗を自分の中で認めることになってしまうので、自分の中の悪を立ち切るために間違っていることはハッキリといいますよ。

それが、傲慢というふうに受け止められてしまうのでしょうけれども。
私の場合は「無知」「勉強不足」という言葉は絶対吐きません。
そういう学会員がいたのかも知れませんが、学会員全員がそうだとひとくくりにしてしまうのは極論かと思いました。

>死にたいと言っている人は、念仏の害毒じゃないですか?
これは、私が他のスレで書いた言葉ですね。
念仏の人は死に向かいやすい思想から、命に刻まれて死にたいと思う人が多いです。
創価学会とは真逆の思想です。

魔が現われる=傲慢な言葉を吐き捨てる
とは限りません。
魔が競うのは事実ですので、魔を断ち切ろうとしてそういう言葉を吐いたのかどうかは、
私がその場にいたわけではないですけれども、
その人のやり方や相手の受け止め方によって、ニュアンスは変わりますよね。

あなたは、何人の学会員の知り合いがいて、そのように判断されるのですか?
性格はそれぞれです。
キリスト教は全員控えめなのですか?相手が間違っていても相手が目上だったら、
間違いを指摘しないのですか?


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 18:22:27 ID:???
>>213
>私の場合は「無知」「勉強不足」という言葉は絶対吐きません。そういう学会員がいたのかも知れませんが、
>学会員全員がそうだとひとくくりにしてしまうのは極論かと思いました。

クリスチャンの知人は沢山居ますが、好戦的と言える人は僅かです。
もしあなたの言う通りなら殆どの信者は戦死し、キリスト教は滅亡しているでしょう。

浄土系信仰者の知人も沢山居ますが、自殺願望のある人は誰も居ません。
もしあなたの言う通りなら殆どの信者は自殺し、浄土宗は滅亡しているでしょう。


あなたの言ってることは間違いだらけですね。
そんなあなたが他人に「間違っていること」などと言うのが傲慢だというのですよ。

「そういう学会員」とは、あなたです。
他の学会員からすれば、一緒にしてほしくない存在なのでしょうね。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 19:27:31 ID:???
子どもばっかりだな、ここは。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 23:54:18 ID:???
>>215
誰のこと言ってるんだ?

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 01:55:24 ID:u+bhOt24
>>213
横レススマソ
浄土は自殺願望でないよ
ただ困難が起きた時に乗り越えようとする生きる希望を失う思想なだけだW

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 01:57:06 ID:u+bhOt24
思うに
キリストは愛を謳っているからね
おだやかな人が多い気がするな
創価は人間革命だから活き活きしている人が多い

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 02:10:40 ID:u+bhOt24
>>206
>神がトップなわけだ。 だから、戦争になるんだろうね。

キリストの聖戦などは政治で利用されたのだと思うよ
悪いのはキリスト教を悪用したトップ
池田先生もそういっているよん


220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 02:14:26 ID:???
>>218
>創価は人間革命だから活き活きしている人が多い

アンチの俺だがそれは否定しない。
人間目的を持つとテンションが上がるものだからね。

ただその目的が、人に迷惑を掛けることじゃなければもっといいんだけどw

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 13:14:42 ID:???
>>220
>目的が、人に迷惑を掛けることじゃなければもっといいんだけどw

目的が迷惑かけること????
なんで?


222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 14:23:55 ID:???
層下は盗聴幾いくつもってんだよwww勝利=集ストの為に、アホ幹部から支給されてるのかな。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 15:35:46 ID:???
>>221
知らんよ。創価に聞いてくれ。

奴ら折伏やら選挙やらが目的だろ。
される方にとっては迷惑以外の何物でもない。

224 :ブッコク堂 ◆.RO2O/mmW. :2007/01/06(土) 15:54:00 ID:B6I550km
ちょいと言わせてもらうが

>奴ら折伏やら選挙やらが目的だろ。>223

いやにトロイ発想じゃねーか
何が目的なんだよ

せめて「手段」ぐらいは思いつけっと・・・
現代におけるもっとも民主的、合法的、時代にあった手段だろ

創価は「法華経」を思想的バックボーンにしているのだが、
法華経の説かれた目的が分からなければ話にならんわけだが・・・


225 :223:2007/01/06(土) 16:12:36 ID:???
>>224
目的
  創価の信者を増やすこと
  選挙で公明党に入れてもらうこと
  聖教新聞を購読してもらうこと etc.
手段
  しつこく頼む
  兄弟・友人等の縁を最大限利用する
   (断り辛いのをいいことにゴリ押し)
  騙して会館や座談会に連れて行く etc.
  
で、法華経の説かれた目的がなんだって?
相手はそんなこと知らなくて当たり前ですが何か?

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 16:13:13 ID:???
>法華経の説かれた目的
目的なんですか?


227 :ブッコク堂 ◆.RO2O/mmW. :2007/01/06(土) 16:31:31 ID:B6I550km
だろっ!
ヘタレどもは、なーにも知らんで批判している批判オタクつーはなしなんだが

228 :223:2007/01/06(土) 17:12:59 ID:???
>>227
>だろっ!
何が?www
基地外ですか?

迷惑って言葉の意味がわからないなら調べてこい。
http://dictionary.goo.ne.jp

229 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2007/01/06(土) 17:37:43 ID:???
>>221
目的達成のためなら・・・手段選ばずどんな汚いマネもするとなったら、迷惑かかりまくりでしょ?
法は犯す、嘘はつく、滅茶苦茶でしょ?違いますか?

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 18:11:06 ID:???
>法華経の説かれた目的
衆の成仏じゃね?


231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 20:57:43 ID:???
f f
 j
 d

232 :DODHRA :2007/01/14(日) 23:08:37 ID:???
目的自体、判っているんですか?  

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 01:37:14 ID:H437boYl
永田町ウォッチャー、冨士谷紹憲氏は創価学会の 池田大作名誉会長が「帰化した在日朝鮮人」であると
暴露 した。
学会をバックにする公明党が外国人の地方参政権付与に躍起 になっているのも、このためである。
冨士谷氏によると、父方の本名は成田作(ソンジョンチャク) で母方は池(チ)姓という。
また、池田は昔から 「日本に先祖の墓がない」
「大田区大森海岸の朝鮮部落の海苔の漁師出身」
「日本語がうまく喋れず、寡黙な男」
などと言われているが、学会機関紙「大白蓮華」(2000年 3月号)に掲載された池田の人生記録の中で
「父が韓国語を教えてくれた思い出がある」
「私の少年・青年時代には多くの在日韓国朝鮮人の方々との 出会いがあった」
「韓日文化交流」と「韓」を「日」の前に記述するなど、 父母が戦前に帰化した朝鮮人であればこそ納得のできる記述が散り
ばめられている。

とにかく、
創価学会=日本攪乱の為の北鮮カルトである事は明白な事実。
フランスが創価 学会をカルト指定しているのも有名な事実。
何しろ宗教団体の分際で原子力発電所の機密を盗もうとした程だから
創価はまさにオウムと何ら変わりはない。実際オウム幹部の多くは創価の人間どもであったのも公然の秘密。
とにかくこんな売国蛆虫団体に騙されてはいけませんよ、まともな日本人であるならば。



234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 01:22:50 ID:???
疑惑

120 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)