5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

田中宇スレpart11

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 14:37:27 ID:xcT0yPqZ
だれも立てないので立てました。

田中宇の国際ニュース解説
http://tanakanews.com/

田中宇インタビュー
http://hotwired.goo.ne.jp/bitliteracy/interview/991026/
はてなダイアリー - 田中宇(画像あり)
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C4%C3%E6%B1%A7


前スレ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1152346572/l50
【テポ丼発射で】田中宇 part10【良い訳、言い訳】

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 14:42:49 ID:DPmVYYFz
過去スレ

田中宇ってどこまで信じられるの?part2
http://society.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1052922203/
田中宇ってどこまで信じられるの?Part3
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1084879825/
田中宇ってどこまで信じられるの?Part4
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1101377991/
【かもしれないと】田中宇スレPart5【思われる】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1109240738/l50
【かもしれないと】田中宇スレ6【思わせる】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1115313223/
【覇権あげます】田中宇part7【いえ遠慮します】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1123692513/
【国際政治界の】田中宇 part8【逆神(森田)】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1133629152/
【rumorを"指摘"と訳す】田中宇 part9【宇宙辞書】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1142503155/


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 14:43:13 ID:xcT0yPqZ
北朝鮮の核実験を、俺は、米とロシアは影では支持しているのだと思うのだよ。
ロシアとしては間違い無く日本が戦前のように進出するときの砦に北朝鮮となればいいのだし。

そして、江畑は米の工作員なので、小さな爆発なのに、核保有したとNHKで
述べていたのだと思うのだよ。未確認なのに、米の与えたセリフをいってしまったのだと思うのだよ。


なにより米の新聞では、日本の核保有が脅威なのだという記事がのるあたりが、
陰謀の匂いがするのだよ。

そもそも米ロの安保理での発言は、日本の核保有を牽制しての発言だと思うし。




4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 14:43:28 ID:DPmVYYFz
言い訳)

私は前回、発射前日の7月4日の記事で、北朝鮮はミサイルの発射準備を
するふりをしているけで、実際には発射するつもりがないのではないかと
書いたが、この分析は間違っていた。

このように私の前回の記事は、冒頭部分の分析は間違えているものの、その後の
本体部分の分析については、ミサイルが発射するふりだけの芝居であっても、
実際に発射されたものであっても、有効な分析になっている。
-------
ああそうですか・・・


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 14:44:33 ID:DPmVYYFz
>イランとアメリカもしくはイスラエルが戦争になるかどうか、確たる予測ができない状態だ。

おいおい、今さらそれはないだろw

>だが戦争になっても外交で解決されても、アメリカの覇権が衰退し、
>中東諸国はアメリカの支配下から出て独自の覇権を希求するようになり、
>世界は多極化する、と予測される点では変わりがない。

そういうのを "結 論 が 先 に あ り き " って言うんだよ、うーたん・・・

【注意】このスレは田中宇さんに関するスレであって、それ以外の妄想を
    書きつづるスレではありません。妄想は該当する別のスレへどうぞ。



6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 14:45:34 ID:DPmVYYFz
FAQ

Q1) 宇宙先生はいつ頃からデムパを受信するようになったんですか?
A1) 妻の留学にくっついていって、もぐりでハーバードの授業を受けていた時に
警備員に追い出されてそれ以来、デムパの受信を開始しました。

さらに、上海での肉欲接待に感動、サウジでの富豪接待にも感動して
デムパの受信感度がさらに向上しました

Q2) うーたんは田口ランディとどういう関係ですか?
A2) うーたんが田口ランディを師と仰ぎ心から尊敬していた事は極秘事項です。
  現在はうーたんのサイトから田口ランディのサイトへのリンクも削除されています。

Q3) うーたんの妻の犬門は層化ですか?
A3) 層化の新聞に連載をもっていたことは確認されていますが、層化かどうかは不明です。

Q4) うーたんて予想はずしまくりじゃね?
A4) うーたんの予想は当たっても外れても、有効な分析になっています。



7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 14:46:18 ID:xcT0yPqZ
ああああ、妄想をいいおわると、安心だあ。

それにしても、タイミングがおかしいよね、明らかに日韓の首脳会談が
終わった明日にでもやったほうが有利なのに。
日韓の会談に会わせての核実験。

っと書いたらば、韓国で観測したよりも地震波が大きいといぶき文部科学大臣が言ったから、
俺の妄想は間違いだったかあ。







8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 14:46:29 ID:DPmVYYFz

Q5) 宇宙先生はドル暴落ネタが好きですね。
A5) うーたんは、ネタに詰まると、ドル暴落 (ちょっと字余り)

通貨から始まったアジア統合 2006年5月9日
http://tanakanews.com/g0509dollar.htm

IMFが誘導するドルの軟着陸 2006年5月2日
http://tanakanews.com/g0502IMF.htm

拡大する双子の赤字 2006年3月23日
http://tanakanews.com/g0323deficit.htm

アメリカ発の世界不況が起きる 2006年1月25日
http://tanakanews.com/g0125mortgage.htm

アメリカの衰退と日中関係 2005年4月20日
http://tanakanews.com/f0420dollar.htm

中国首相がドル急落を予測? 2005年03月18日
http://tanakanews.com/blog/0503181517.htm

基軸通貨でなくなるドル 2005年3月15日
http://tanakanews.com/f0315dollar.htm

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 14:48:07 ID:MG10wac8
FAQ

Q6) ところで、最近の小百合は何やってるの?
A6) 最近は書籍は出版していない模様。

http://tanakanews.com/f0329saudi.htm
> 先週から1カ月の予定で、妻子を連れてやってきた。

サウジアラビア富豪接待旅行には、宇宙先生と一緒に行っているから
離婚はしていないと思われ。
FAQ

Q7) うーたんは、なんで"バランス・オブ・パワー"っていう言葉を使わないの?
A7) "バランス・オブ・パワー(力の均衡)"は欧米の学者なら誰でも知っている
  共和党保守派の考え方で、ライス長官も議会の証言でこの考え方を支持しています。
  うーたんは多極主義って言う言葉が好きみたいです。自分で発明した言葉だからかな?

Q8) ドルが下がりました。うーたんの予想があたったのですか?
A8) 下がること≠暴落です。為替相場は常に動いています。
 いつも下がるといっていればいつかは当たりますが、それは
 何の意味もありません。
 予想するなら「どのような理由で」「いつ」「どれだけ」を
 明言しないと意味がありません。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 14:48:56 ID:MG10wac8

著書 http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=30&g=000&sitem=%C5%C4%C3%E6%B1%A7



11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 14:49:35 ID:xcT0yPqZ
それにしても、シーファー米駐日大使の、これからも日本は同盟国だというのは、
なんだんだ。

ところで、みんな誰かが田中宇スレを立てるのをまってたのかああ。

ロシア国防省は、これが100%核実験だといったとNHKがいっている。
俺は、米ロ韓は、北朝鮮から事前に通告されているはずだとおもっているよ。


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 14:49:40 ID:MG10wac8
>>1
お疲れ&サンクス
うちのプロバイダーからだとすれ立てできなかった、、orz

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 14:55:29 ID:xcT0yPqZ
明日には、うーたんの新作がくることでしょう。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 15:00:43 ID:xcT0yPqZ
日本が休日だったのは、日本国民に恐怖を与える狙いからか、
それとも、平日だと日経が下がるので配慮したのか。


★中国、一層苦しい立場に 制裁反対、核実験には怒り

・北朝鮮が7月のミサイル発射に続き地下核実験を実施したとの声明を出したことを受け、
 日米など国際社会が北朝鮮への経済制裁圧力を強めるのは確実で、制裁に反対する
 中国は一層苦しい立場に追い込まれた。

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1160368352/



15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 15:02:29 ID:xcT0yPqZ
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1160370369/

【モスクワ9日共同】北朝鮮の核兵器保有に反対してきたロシア政府は、北朝
鮮による9日の核実験実施声明に批判的な立場をとるのは間違いない。プーチ
ン政権は北朝鮮に対する影響力行使が困難な現状にいら立ちを強めており、ロ
朝関係の新たな冷え込みも予想される。

ロシアは朝鮮半島情勢で旧ソ連時代のような発言力復活を目指し欧米や日本と
一線を画した独自の外交路線を進めてきただけに、今後の国際社会の対応でど
こまで共同歩調をとるのか微妙なかじ取りも迫られそうだ。

ロシアは旧ソ連崩壊後のエリツィン政権が韓国重視に転じたため伝統的な北朝
鮮との関係が疎遠になり、朝鮮半島情勢で発言力が低下。これに対しプーチン
大統領は、就任した2000年に訪朝するなど露朝関係の復活を図ってきた。

しかし同年から3年連続で行われた大統領と金正日(キム・ジョンイル)総書
記の露朝首脳会談は途絶えたまま。こうした停滞は、核不拡散を国益とみるロ
シアが北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議などで、相互不信を募らせてきたた
めともいわれる。

その北朝鮮に「ロシア指導部が憤りを強めた」(ロシアのミヘエフ世界経済国
際関係研究所部長)のが7月の弾道ミサイル発射だ。ロシアが初めて議長国と
なった同月の主要国(G8)首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)を
前にプーチン大統領は「失望した」と言明。大統領はその後、ロシアの訪朝団
を通じ金総書記に親書を送ったが、内容は明らかにされていない。

http://www.sankei.co.jp/news/061009/kok013.htm


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 00:06:21 ID:wTa8cq80
>>1
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
毎回、スレタイ楽しみにしてたのにぃぃぃ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 09:28:21 ID:nG35CLnZ ?BRZ(3007)
こいつ意味わからん

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 11:09:41 ID:8kDSmGjz
SPAかなんかでレバノンの特集のときの彼はわりとまともだと思った。
普通だった。無難だった。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 15:11:32 ID:3/tIxMHQ
田中宇の中東モノは普段のに輪をかけてトンデモだぞ

例によって単に現地の見聞を書いてるだけのときはいいが
ネット記事を引いて語り出すと・・・

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 17:31:05 ID:rkcSrZs6
そろそろ新作くるな

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 17:40:22 ID:gItolXux
最低限「アメリカが体制保証したから安心して北朝鮮は核実験した」くらいは言ってくれないとな。
うーによれば北朝鮮は経済発展してるらしいから、実験できたのは国民が困窮していない証拠だ、
っていうのも期待。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 21:25:43 ID:wHTnCgKn
新作でホットなネタをスルーするのがうーたんクォリティ。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 22:46:28 ID:sFMWAcLc
 もし日本とと中韓朝が本当に結束できたら、世界的に強大な力を持った勢力になり
うる。(中略)これらが結合すれば、欧米をしのぐ覇権的な勢力になりうる。

 しかし現実には、日本とと中韓朝は、結束できていない。アメリカは、日本とと中
韓朝との結束をひそかに阻止しているふしさえある。ライス国務長官は頻繁に極東を
回っているものの、和平進展に貢献することを何もやっていない。日本は、中国や北
朝鮮と戦争させられかけており、潜在的に滅亡の危機が忍び寄っている。(関連記事)


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 00:04:09 ID:Z1oEXMGO
アメリカ発の世界不況が起きる(2)
の次が
原油安で経済軟着陸?
ってのはギャグなんだろうか?
ころころ変えすぎだろ。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 06:51:45 ID:Zro1Rtpy
http://tanakanews.com/g1010mideast.htm
イスラエルとアラブの接近

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 10:10:57 ID:cFQ6/CTc
>>22
預言者現る
っていうかいつものことか

>>23
名詞変えただけだが違和感ナッシングw

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 16:20:10 ID:o6+o3/wN
立たないかと思ったぜ
つか、最近メルマガ読むのおっくうだ
面白いこと書いてくれー

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 19:02:41 ID:koZk4x3z

核実験はわざと失敗したのかもしれないと思われる

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 19:49:06 ID:1d6/j9WF
あいつは多極、あいつはネオコン、そればかりを5年言いつづけてい
るとか、いないとか。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 00:38:09 ID:9fw4AnkA
うー様の言う「隠れ多極主義」って、単に政治家の日和見、状況判断の変化なだけじゃん。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 00:48:48 ID:wq4QUJDA
>>30
しー、それを言っちゃダメ。
うーたんにとって政治家(特に欧米の)とは、陰謀を張り巡らせることで、
ある1つの方向に国家を進めることができる完璧超人だと思いこんでるんだから。

その素敵な妄想を壊したら可哀想でしょ。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 00:58:27 ID:TWEcq4MR
どうもあれは核実験ではないと思われる(関連記事)

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 01:33:26 ID:JN2aL1xR
>>25
>最近、私がユダヤ人のラディカルさを感じたのは、8月29日のヘラルドトリビューン紙に載った、
>イスラエルの元軍人が書いた記事を読んだ時である。その記事は「これまでのイスラエルは、
>欧米文明の一員としてのアイデンティティを持ち、アラブ的なものを排除してきたが、今後は
>それではいけない。これからのイスラエルは、アラブの一員としてやっていくべきだ」と主張
>していた。

>これまでのイスラエルを全否定するような、過激な指摘に満ちている。

この元記事を読んだが、要するに

「アラブ人の反イスラエル感情が悪化する一方だから、イスラエル人の方がアラビア語や
アラブ文化を学んで歩み寄ってはどうだろうか」

という至極まっとうな記事だった。
イスラエルがアラブになれとかイスラエル全否定みたいなことはぜんぜん書いてなかった。
自説に利用するために他人の記事ねじ曲げたらいかんだろ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 11:54:30 ID:GFGkeKb3
>>33
> 自説に利用するために他人の記事ねじ曲げたらいかんだろ
でも基本的にそれしかしてないような……

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 18:54:27 ID:TWEcq4MR
おまいら本当はうーたんの言う通りだと思っててんだろ。
ツンデレにもほどがある。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 21:47:31 ID:ur/YWIpe
むしろうーたんこそツンデレ。
腹の底では、北朝鮮空爆しやがれとか思っているものと思われる。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 16:33:58 ID:8F8cgcLi
>>22
うーたんん的にあってはならない現実が起きたときはスルーします。
(Ex. 中国反日暴動、日本911総選挙結果)

>>33
うーたんの「超訳」はいつものこと。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 02:08:20 ID:zugc8So5
次の記事は、いくらなんでも北朝鮮問題を取り上げるだろうね。
これをスルーしたらMLの読者いなくなっちゃうよ。

しかしこれまでの「中国に東アジアの覇権を取らせるためのアメリカの演技」という
論法はどう考えてももう無理だよな。今回の件で明らかに中国の威信は傷つけられて
いるし、逆に今はアメリカが安保理をリードしている状態だ。

で、この逆境における俺の田中記事予想
 1.イランへの風当たりを強めるためのアメリカ(ないしイスラエル)の陰謀
 2.覇権をお断りするための中国の陰謀(ついでに人民元のレートも下げたい)
もうこれくらいしか無理なんじゃないか。


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 11:37:13 ID:5BCHd6A0
3.中国とロシアの行動は世界の田極化を象徴していると思われる
4.世界は北朝鮮に釘付けだったが私は実はアザデガン油田に注目していた
5.ハイジャック犯の新映像登場でいよいよ決定的に仕組まれていた9.11

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 11:39:20 ID:bwPS64yi
うー様の考えそうなのは「アメリカ政府の隠れ多極主義者が、
ありもしない北朝鮮の核実験をデッチ上げた」とか、そんなところじゃね。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:06:28 ID:mxrerfWO
田中宇は初心者ですが、ふとしたきっかけで読んだ国際ニュース解説に
疑問を持ったのでココに来ますた。

> 国際協調派とタカ派は、世界を多極化する作戦を行う「ぼけとつっこみ」の
>役割分担であると以前の記事に書いたが、だとしたら、協調派が米経済の
>不況突入を救うのに、もはや手遅れの状況になってから動き出すことは、
>辻褄が合う。

「ぼけとつっこみ」という仮説(?)に基づいて持論を展開することは、別に普通ですか?
そんなもんで、「辻褄」合わせて貰わなくても結構なんですが。。。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:14:45 ID:Z9wMaewj
>>41
うーたんにとって最重要なのは、自説と現実の「辻褄」が合っていること。
そのために、あたかも「仮説」が現実であるかのように論理を展開することは日常茶飯事。

ちなみに、どう考えても無理のあるうーたんの論理展開が「ぼけ」だとすると
このスレが「つっこみ」なのはスレの住人にとっては既出。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 13:22:07 ID:mxrerfWO
>>42
なるほど。。。
それを愉しむ人達が集うスレなのでつね。勉強します。。。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 15:04:08 ID:YjVdX0Of
しかしなぁ、新作もツッコミどころ満載だなぁ・・・・

> この記事の主張は、何の背景もなしに出てきたのではない。イスラエルは、
>今年7−8月にレバノンで行ったヒズボラとの戦争で、世界から非難される
>戦争犯罪行為を数多く行った上、ヒズボラを壊滅させるどころか政治的に
>強化してしまう大失敗をした。しかも、対イラン戦争の前哨戦として、
>イスラエルをそそのかしてこの戦争をやらせたブッシュ政権は、武器支援は
>したものの、自らレバノン南部に軍を出してイスラエルを守ることはやらなかった。

アメリカはイスラエルへの派兵を一度も行ったことがありません。

第4次中東戦争でシナイ半島方面のイスラエル軍が戦線総崩壊したときも
兵器を援助しただけ。ヒズボラよりも比べものにならないぐらいやばかった
のにもかかわらずね。

この辺は昔から変わらないポリシーを踏襲しているだけ>ブッシュ政権。


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 16:35:48 ID:59VvE1sa
北朝鮮の核実験もネタがテレビででつくしているので、うーたんもたいへんだろう。

田原総一郎が今日言っていた、ブッシュの悪の枢軸という演説を書いた米国人ライターが、
日本をNPT脱退させて核保有させろといっている話というのを扱って欲しい。

それにしても、日本以外の国では、日本の核保有オプションが話し合われているのだという。
俺は今回の安保理決議は、日本の核保有と、自衛隊の軍隊への格上げを牽制し妨害しているとおもったよ。

アメリカは北朝鮮の核保有を脅威といわず、北朝鮮から核兵器が他国に渡ると脅威といっているのだから、
日米同盟もなんとなくスケールダウンしている。

俺は韓国からの援助物資の化学肥料あたりで爆弾をつくって爆発されたりしたかもしれんとも思う。
米は本当のことを知っていてだまっているとも思う。

>>16   俺は1だが、いいスレタイ候補がかかれてなかったので、どうしようか悩んでいたのだけど、
   とりあえず、スレをたてることが大事だとおもったのでたてました。
   次のスレタイの候補をだれか早めに・・・

それにしても最近の日本外交はいい。前は本当に見当違いのことを外交関係の人たちが言っていた。
最近では、2ちゃんの発達もあって、いろいろなゆがんだ意見がなくなってきている。

・・・・などと考えると、やはりうーたんが7月4日にミサイル発射は無いという予想をしたのは、
笑いの神様の力なのだなあと思いました。






46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 16:51:05 ID:59VvE1sa
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1160891406/
★百万バレル減産合意へ緊急総会 OPEC、19日にドーハで

 【ロンドン14日共同】石油輸出国機構(OPEC)は14日、原油価格の
下支えを目的とする日量100万バレルの減産の合意を目指す緊急総会を
19日にカタールのドーハで開くことを決めた。ロイター通信などが報じた。

 ダウコルOPEC議長は「価格は(産油国にとって)壊滅的な影響を受ける
水準まで下落しており、OPECとして必要な行動を起こす時が来た」と語った。

 OPECが容認できるとされる価格水準は1バレル=60ドルとされているが、
米先物市場ではこれを下回る相場が続いており、非公式な協議を進めてきた。

 現在の生産量は、公式な指標である生産枠は日量2800万バレル(イラク除く)だが、
実際には2750万バレル程度とみられている。総会では生産規模などに応じた
加盟各国への減産割り当てを協議するとみられる。

中日新聞 http://www.chunichi.co.jp/flash/2006101401000567.html

ブッシュ政権が終わるまでに1バレル20ドルまでさがるといいねえ。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 16:54:16 ID:59VvE1sa
NY原油は今こんな感じ
http://www.futuresource.com/charts/charts.jsp?s=CL1%21&o=&a=W&z=800x550&d=LOW&b=CANDLE&st=

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:19:26 ID:5zGQIYt0
>ブッシュ政権が終わるまでに1バレル20ドルまでさがるといいねえ。

ほんの数年前までそのくらいだったのにな・・・
もう石油の値段はあまり下がらないんじゃないかな

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:28:19 ID:vqFqu0HT
米政権内で宗教保守派を嘲笑・元高官が著書で暴露
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061015AT2M1400E14102006.html

 米ブッシュ政権の元高官が16日発売予定の著書で、ホワイトハウス当局者が同政
権の支持基盤であるキリスト教保守派を政治的に利用し、陰であざ笑っていると暴
露していることが明らかになった。

 元高官は2003年まで宗教団体の福祉活動を支援する「宗教地域社会計画局」の副
局長を務めたデビッド・クオ氏。AP通信などによると、ブッシュ大統領の側近で
あるローブ次席補佐官のスタッフはキリスト教保守派を「政治的には貴重だが(我
々は)利用しているだけだ」と見下していたと指摘しているという。

50 :38:2006/10/16(月) 02:19:07 ID:0Ksb6H6L
もう一個思いついた。
 6.日本の立場を強め、アジア主導外交を行わせるための隠れ多極主義者の陰謀説
田中宇は「多極主義者はかつて日本と中国を仲良くさせてアジアを支配させようと試みている」と
書いてたこともあるから、その点では矛盾が少ない解説になる。中国の威信が落ちたことと北朝鮮
がもうハコテン寸前なのには目をつむるとしてだが。

51 :見よ!これが逆神だ!:2006/10/16(月) 02:49:59 ID:fKptf2KK
http://tanakanews.com/0905korea.htm
>▼核実験計画を意図的に流す北朝鮮
>また、最近よく見かけるようになった「9月9日に保有宣言か核実験を実施するかもしれない」
という予測については「アメリカを譲歩させるため、北朝鮮自身が意図的に流した情報だ」とする
指摘がある。また、8000本の使用済み核燃料棒から核爆弾の原料を取り出す再処理を完了した
という北朝鮮の主張についても、北の核施設の処理能力からすると、まだ再処理は終わっておらず、
これも「脅し」にすぎないという見方がある。こうした指摘が正しいとすれば、北朝鮮が「核武装するぞ」
「したぞ」と言い続けているのは、アメリカに交渉してほしいというシグナルを送るためだということになる。

http://tanakanews.com/f0118korea.htm
>私は今のところ「中国が自国で成功した改革開放政策のノウハウを伝授しているだろうから、
北朝鮮の経済自由化は意外と軌道に乗るのではないか」と予測している。日本政府は、対米従属度が
高いだけに、北朝鮮に対する経済制裁を検討するなど、北の崩壊を支持する立場にあるが、今後の
動向しだいでは、転換もありうる。

http://tanakanews.com/f0922korea.htm
>北朝鮮はこれまでに「核兵器を開発している」と何回か宣言したが、アメリカのCIAでさえ、北朝鮮が
どこでどのような核兵器開発をやっているかということを把握できておらず、アメリカの主張は
「北朝鮮は核開発しているに違いない」といった程度のものでしかない。

>今後の朝鮮半島では、韓国と北朝鮮との直接交渉を中国とロシアがバックアップするという、
アメリカ抜きの関係強化の傾向が強まると予測される。これは米政界内の、アメリカ中心の世界を
貫きたい勢力にとっては、困ったことだが、世界を多極化したい勢力にとっては好ましいことである。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 03:01:04 ID:JRQRzkNG
田中宇宙はこのスレ読んでんじゃね?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 03:26:04 ID:Nnlpy0zU
北朝鮮制裁:「経済的再建支援の用意ある」米大統領
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/news/20061016k0000m030110000c.html


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 17:46:03 ID:fBp5Oo4Y
今テレ朝のニュースで映ってたよ

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 18:33:48 ID:qgdEltKB
私は以前、9月22日の記事で、北朝鮮は核兵器の開発をするふりをしているだけで、
実際には開発するつもりがないのではないかと書いたが、この分析は間違っていた。

このように私の前回の記事は、冒頭部分の分析は間違えているものの、その後の
本体部分の分析については、開発するふりだけの芝居であっても、
実際に開発されたものであっても、有効な分析になっている。

56 :38名無しさん@お腹いっぱい.:2006/10/17(火) 02:37:17 ID:m6Q+WCXJ
>>52 読んでる可能性は高いね。

このスレで記事の間違いを指摘したり、次の記事を予想したりすると、その話題自体
が出てこなくなることが多い。そこであえて(全ての予想を裏切るトンデモな)解説
を載せてこそ、田中宇だと思うんだが。

しかし「国際ニュース解説」者であるわけだし、日本に直接多大な影響があり、また
アメリカも中国もロシアも(つまり国際的に)北朝鮮核実験をニュースのトップにも
ってきている話題だけに、今回は逃げるわけにはいかんだろう。

というわけで面白い(正しいとかはどうでもいいから)解説記事をよろしく。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 22:52:01 ID:QkpZfNwf
すみません、アカシックスレはどこにいったか教えて下さい。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:03:18 ID:FfT554ra
新作来てんじゃん。あげ

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:21:38 ID:9vhVIyHb
>>58
こないだまで核武装は意味が無いとか言っていたのに、
いきなり核武装でアメリカから独立だってさ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:32:22 ID:9vhVIyHb
>>58
北の核実験が安部訪中に合わせたという意見は反日派に多いな。
しかし、韓国のバン氏が国連事務総長に決定したのに合わせたという見方も出来るんだが、、

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:30:18 ID:zCQG9cPp
http://tanakanews.com/g1017japan.htm

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 00:35:56 ID:8Hc/1S2L
>中国共産党は、抗日戦争に勝ったことが政権を支える正統性として存在している。首相の靖国参拝を容認することは、譲れない一線を越えており、
こいつは靖国参拝をやめることは日本にとって譲れない一線を越えている、とは考えないのだろうか?
未来永劫、日本は悪い国であり中国に金を払い続けなければならないとでも言いたいのか?


>おそらく日本政府は、すでにアメリカや中国の思惑を把握し、それに乗りたくないので、首相の靖国参拝が繰り返されてきた。
素晴らしい。アメリカと中国の思惑を把握し、それにのらないように独自の行動をとり、成功しているなんて!!
外交の方向性はおいといて、そうであったらどれだけいいだろう・・・


>北朝鮮と日本の間の貿易はここ数年ですでに激減し、制裁をどんなに厳しくしても、大した効果はない。
『大した効果のある制裁』なんて現実問題できはしない。少なくとも今、体制崩壊や暴発で日本にとっていいことはない。
大した効果がないから、制裁として使えるんだよ。そんなこともわからんのか、こいつは。


>ブッシュ政権が「アジアのことはアジアに任せる」という姿勢を強めていることを考えると、
それはお前の妄想だ。
「アジアのことはアジアに任せる」というのは「アジアの利権は手放す」と言っているのと同義だぞ。
外交的に圧力をかけ、政治を動かし、それによって金を儲けるという行為がどれだけ重要かわかってるのか?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:06:14 ID:GM6CTWyb
>>62
>靖国参拝をやめることは日本にとって譲れない一線を越えている

全然。中曽根以後はそれで何も問題なかった。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:11:04 ID:8Bc/FGoG
こんなスレがあったとは
皆さんよろしこ

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 01:30:06 ID:pVwoSHO9
>>63
それを言い出したら、中曽根以前、吉田茂から歴代総理は普通に靖国参拝しても、中国は
文句一つ言って来なかったんだけどね。どこが「譲れない一線」なの?w


66 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/10/18(水) 02:41:00 ID:rSdJlGjq
>>65 それらはA級戦犯が合祀される以前だからな。別問題だよ。

それはともかく、日中関係を好転させるための陰謀という点では>>50の6
のバリエーションだけど、安倍訪中の奇妙さを隠すために中国が北朝鮮の
核実験の日程をきめた、というのは(論理の飛び様が)田中宇らしい記事
で久々に読み応えがあったな。

以前自分の書いた北朝鮮関連記事を全部すっ飛ばす様も潔い。


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 03:18:28 ID:pVwoSHO9
>>66
違うね。合祀後も鈴木も大平も参拝してるけど中国は一言も言ってきてないよ。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 04:08:15 ID:H+RB4aXX
>>64
うーさんですか? 僕スレの1からの住人です。よろしゅう

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 11:00:30 ID:uw+uAyg7
冷戦開始のわずか数年前、米英の巧妙なプロパガンダ作戦によって
「極悪な世界の敵」に仕立てられ、破滅させられた経験を持つ日本にとって、
1955年の時点で、アメリカの意に逆らって「極悪」
に仕立てられつつあるソ連と親密になることの危険さは十分に分かっていたはずだ。

うーたんの文章です。良く分かってらっしゃいます。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 11:23:12 ID:uA49p21x
新作はいつもよりちょっとおもろいと思った。旬の話だしね。
ゆえにどこか物足りない……。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 11:57:19 ID:uw+uAyg7
昨今の石油相場を動かしている最大の要因は、
中東の緊張を材料にしたアメリカの投機筋の行動である。
彼らは、おそらくブッシュ政権の中枢からの情報漏洩を受けて石油の先物を買い、
現物市場の価格をつり上げてきた。

うーたんの文章です。
この仮説が事実なら、ホリエモンや村上もかわいいものですね。
最強のインサイダーです。

日本でも同じことがおきてたりして・・・。
中国と関係改善→輸出関連アップとかね。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 11:57:54 ID:zxx4O9aL
反日を広めるのは韓国や中国や北朝鮮じゃないよ。
アメリカの民主党。
100%間違いない。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 12:21:24 ID:aSbT7P7u
うーん、むしろ両方が協力しているんじゃない?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 13:09:20 ID:uw+uAyg7
>>72
100%ではないけど、
可能性はあるな。

100%の根拠は?


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:42:51 ID:0xeV51Gl
> 胡錦涛は、金正日の核実験をやめさせることはできなかったとしても「どうしてもやると
>いうのなら、実験をするタイミングは、こちらが良いといってからにしてくれ」と、注文を
>つけることができたはずである。つまり中国は、北朝鮮がいつ核実験をやるかということを
>制御できる立場にいた。

> ここで私が推測するのは「胡錦涛は、日本の安倍新首相を中国に来させて日中関係を
>好転させるために、北朝鮮の核実験を使ったのではないか」ということである。

2番目の段落が推測なのはいいとして、1番目は仮説でもなんでもないファクトとして
語っているんですけど・・・、しかも「関連記事」もなければいつもの超訳もなしw
なかなか凄い仮説だと思うんですけど・・・

76 :72:2006/10/18(水) 22:01:12 ID:Mw05bb8u
>>74
すみません100‰の間違いでした。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 23:52:12 ID:uw+uAyg7
>>75
このうーたんの仮説もありえない話ではないけどね。
結局、北の核と体制はどうなるのか?
うーたんの仮説が聞きたいな。

仮説のトンデモ度で言うと、
アメリカがノリとツッコミで民衆をコントロールし、
世界を多極化へと導こうとしているという仮説のほうが
すごいとおもうけど・・・・

78 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/10/19(木) 00:31:51 ID:UkvMqTkn
>>75 この論理のぶっとび具合が彼の「芸」なんだよ。それをを堪能するのがこのスレ
住人の楽しみであるんだな。

でも流石の彼にもに北が今後どう出るかは予測がつかないから、最後に「北朝鮮がどう
なるかより、日米中の関係のほうが重要だ」などとありえない逃げを打ってるね。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 00:41:19 ID:+9QDstmW
正日のぶっ飛び具合にはさすがのウータソもついていけないのかもな。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 00:51:00 ID:Ctv5JfNI
しかし、冷静に考えたら、中国が安部を訪中させるために北朝鮮に
核実験させたってのは笑撃的な推理だなw
そりゃ、もうどこからも新刊出させてもらえないし、TVにも出られないよ。
何しゃべり出すかおっかなくてしょうがない。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 01:24:27 ID:fOVuP7nf
>>80
いや、仮説としてはあってもいいとおもうけど最新記事ではファクトに
なっているから・・・>安倍呼び寄せのため核実験時期調整。

ぜんぜん根拠が書いていないけどw

「北朝鮮に対する中国の影響力が失われたという印象を与えないように起きた出来事を解釈しました」
と言うことなのかな?

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 06:39:07 ID:iJnv2bX6
>北朝鮮の核実験が不可避になった時点で、
>中国側は金正日に「中国が良いと言ってから実験を実施せよ」と命じる一方で、
>アメリカに「核実験後の北朝鮮との交渉に中国が責任を持つから、その代わり、
>日本の安倍に、首相になったらすぐ中国に来いと言ってほしい」と求め、
>かねがね中国に責任を持たせたいと思っていたアメリカは中国の提案に応じ、
>安倍に「もうすぐ北朝鮮が核実験するから、早く中国との関係を改善しなきゃダメだ」と
>強く言って訪中を実現させ、
>中国は北朝鮮に「安倍が中国を離れたら核実験しても良い」とゴーサインを出し、
>核実験は安倍が北京から離れた半日後に実施された、というのが私の仮説である。


筋が通っているようで何かおかしい・・・

待たせないでさっさと実験やらせて、核実験「したから」真っ先に中国に来て関係改善しろ
と言う方が合理的なんじゃないのか?
「北が核実験やりますけど止められません」とか自分で言ってたんなら、安倍が真っ先に
行く意味もないんじゃないの?

あと、そういうことなら今後は中国が責任持って北朝鮮との交渉やんのか?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 09:41:08 ID:0DbcSc6N
北朝鮮の核が中国の驚異になるなんて発想は田中にはないんだよ。
アメリカと中国の陰謀で世界はきまるんだからな。
北朝鮮も国が狭いから核を持っても中国には対抗できないとか思ってんじゃねえの?
でもこのまま北朝鮮が突っ走ったら人民解放軍が平壌を制圧しかねないぞ。
まあそれが起きても田中には中国の地域覇権の一環にしか見えなさそうだが。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 16:34:21 ID:XYy1a0m4
中国が北朝鮮を制圧しようと、アメリカが北朝鮮を制圧しようと、どちらでも歓迎する。
金正日一派が北朝鮮を支配している限り、北朝鮮に明日はない。
日本にとっても金正日一派さえいなくなれば、核兵器開発なんかしなくて良くなるから助かる。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 16:38:44 ID:1ylRpr5z
>>67
合祀判明後、が問題なんでしょ

86 :にゃ:2006/10/19(木) 17:15:20 ID:+cxYZeg9


>今年6月には、米国務省の元日本担当者が「次の日本の首相が誰になったとし
>ても、次期首相は靖国参拝はしないだろう」と東京での記者会見で述べていた。
アメリカは生ゴミだな。

>米韓の諜報機関が「北朝鮮が核実験しそうだ」と言い出し、金正日が中国や
>ロシアに核実験すると報告した時期である。
米の情報機関は、敵である日本をだますように指示を受けている。
 すると、米の情報担当者が日本に流す情報は、本当とうそがまざったものに
 なるだろう。ミサイルの着弾地点の情報もそういえばうそだった。
 米が日本を仮想敵国として攻撃準備に入ったのがみえてくる。



87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 17:15:56 ID:+cxYZeg9


>アメリカは中国の提案に応じ、安倍に「もうすぐ北朝鮮が核実験するから、
>早く中国との関係を改善しなきゃダメだ」と強く言って訪中を実現させ、中>国は北朝鮮に「安倍が中国を離れたら核実験しても良い」とゴーサインを出>し、核実験は安倍が北京から離れた半日後に実施された、というのが私の仮>説である。
たぶん、正しいね。米議会の日本を侮辱する姿勢とも合致するし。
 アメリカにとって東アジアでは、最大の敵が日本で次が北朝鮮だから。
 ハリウッド映画のアメリカ軍は今、硫黄島で戦っているしね。

>北朝鮮と日本の間の貿易はここ数年ですでに激減し、制裁をどんなに厳しくしても、大した効果はない。
 日本としては船に乗せた核爆弾が港や原発を核攻撃するのを防ぐために
 日朝貿易をやめたのだと思う。これは米の予想外の動きだと思う。
 米の対日攻撃シナリオにこのあたりでズレができたはず。

 チェスなんかといっしょで、予想外シナリオ外の一手で、
 困ってしまうのが現実。このへんが、米の国防総省もわかってないところ。
 日本はしっかり警戒しないと。


>>71  ジョウージブッシュの真実とか言う米選挙中にでた本を読むと、ばかでも石油があがるのは予想できたことだ。

 おおおお、とうかせんと、ジョンイルが会見したという。
 ほほおお。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:07:11 ID:+cxYZeg9
http://night-news.moe-nifty.com/blog/2004/08/post_9.html
年次改革要望書  悪魔クリントン、悪魔アメリカ。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:42:48 ID:tVl97dKZ
>>85
何も知らないならつっかってくるなよw
大平なんてA級戦犯合祀報道の2日後に参拝してるよ。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 19:40:13 ID:wF22M6NB
クリントン以後、共和党政権になってからも
要望書は発展的に強化されてる。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:03:49 ID:+cxYZeg9
今、アンビリーバブルで、子供をつかうアメリカ詐欺師の話を「息子の前世の記憶」としてやっていた。
父親・母親・そのほかが、アメリカ人がうそをつくときの動きをするので俺にはわかる。

それにしても、こうやって硫黄島がでてくるあたりに日米関係の危機を感じる。
アンビリーバブルはいわゆるアメリカのソフトパワー戦略の具現化したものだし。

ひょっとすると、これから数年ほど、日本との戦争を扱った映画がまだまだ作られるということなのかも。

それにしてもアメリカ人となかよくするのは人類には難しい。
アメリカ人がこういう手の込んだことをしてくる人々なのをよく理解しないと。
(子供がI LOVE NY のシャツを着てたよ。911がらみのトラウマが子供にあるのかもしれない)
(911があまりにおそろしかったので、いまだにわけがわからない症状の人がいるのかもしれない)

歴史の流れてとして米欧対立を避けるために、どうしても米はキリスト教を重視しないといけない。
それに民主主義と独裁との戦いというのも、米欧対立を避けるために重視する。

日本は民主主義だが敵の扱いになった。
やはり欧州を味方にして日本を敵にするという前提があって、戦略が作られている。







92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 22:07:51 ID:y0tYsnyN
新作キター
・・・けど、何か読み応えないな。

北は崩壊するってさ、クーデターかなんかで。
んでもって中国はそれを容認するんだと。

でも、どうやってクーデターおこすんだろね。
90年代後半に3回もおこったらしいけど、全部つぶれたらしいし。
核実験でもやって、国際的に孤立して、
金さんが中国に説得されて自ら権力を手放すというシナリオが
一番現実的かな。
ということで、今の核実験は北のクーデターの一環かもしれんね。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 22:30:06 ID:6G5IrOz/
これは素直に北朝鮮が崩壊しないというご神託と受け取るべきだろう。
ご信託を素直に解釈するとアメリカによる空爆で核放棄して金王朝安定化かな。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 01:28:24 ID:6g3u/tGr
「キング オブ 逆神」のうーたんを差し置いて神浦め・・・

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/23949/
>一方、今夏以来の北朝鮮危機に関して、一貫してCIAによる危機創出のための
ニセ情報説を主張し、ネット界で“逆神”のあだ名を奉(たてまつ)られたのが某氏。
「予言したことの逆が現実になる、超自然的存在」という意味で、すでにその予想の
外れ具合に定評?のある某“元帥”に迫る評価を得つつある。国際緊張時に限らず、
普段から自分のサイトで情報発信することで存在感をアピールし、固定読者確保に
努める新タイプの軍事評論家だが、結果的に口数の多さが裏目に出ている格好だ。


うーたんなんてな、「中国は北朝鮮に「安倍が中国を離れたら核実験しても良い」と
ゴーサインを出し、核実験は安倍が北京から離れた半日後に実施された、というのが
私の仮説である。」と書いた次の日、事態があまりにも自分の予測と違うのにあわてて
「中国政府が北朝鮮に対する態度を硬化させたのは、核実験が実施されたことが
最大の原因ではない。核実験は、態度硬化のきっかけでしかない。」と書いちゃうんだぞ。
最大の原因もなにもゴーサイン出したんじゃないのかよ!とか、ツッコミは禁止なんだぞ。
これが「キング オブ 逆神」の実力なんだぞ!

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 01:39:51 ID:CUPN0qNY
うーたんはチョイ悪だからそのくらい何ともない

96 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/10/21(土) 02:10:49 ID:XaBAmaVl
新作(の最後のパラグラフ以外)はまともだね。
中国の誘導でクーデターが起きて、北朝鮮という国がややおとなしい形で残るという
シナリオは、周辺国は一番歓迎するパターンだろうし(韓国の右派は反対するだろう
けど)。

つまらんといえばつまらんのだけど、こういう記事を書けるからこそぶっとんだ記事
が引き立つともいえる。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 02:52:26 ID:UrBYOQZe
中国が北朝鮮を政権転覆する?
http://tanakanews.com/g1019korea.htm
 【2006年10月19日】 中国政府が北朝鮮に対する態度を硬化させたのは、
核実験が実施されたことが最大の原因ではない。
核実験は、態度硬化のきっかけでしかない。
中国が北朝鮮を批判したり、
政権転覆支援を示唆したりする本質的な理由はおそらく
、中国が北朝鮮にアドバイスした経済開放政策が進まず、
中国が目指してきた「北朝鮮を中国のような社会主義市場経済
に軟着陸させていく」という目標が実現していないからである。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 03:10:33 ID:UrBYOQZe
今回はいいできですねえ。アジア版NATOにより日米同盟が解消になったところで核保有かな。

99 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/10/21(土) 04:45:32 ID:jwdjU+dX
アジア版NATOは成立せんでしょ。NATOはお互いが補完する関係でもあった
から(ドイツフランスイギリスそれぞれにメリットがあった)うまくいったけど。
だいたい共通の敵というのがないと成立しようもないし。

しかし彼には前のアジア共通通貨といい、ちょっと「大東亜協栄圏」的発想が見
られるね。良くない傾向だと思う。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 06:25:12 ID:xf2c8AQg
田中の説に従えば、経済開放が進んでさえいれば
その後核武装しても中国は構わなかったということになるのか?
んなこたないだろ・・・それとこれとは全然話が違う

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 07:14:40 ID:hTU3O7C3
NATOの敵はソ連だった。対共産主義でまとまっていた。
現在、ヨーロッパ諸国の非ユダヤ人たちは
ユダヤ国際資本による分割統治と搾取から逃れるためにEUに期待している。
EUの敵はまだ明確ではないが仮想敵は明らかにユダヤ経済資本だ。
ロシアが今後さらにユダヤ国際資本との対立色を強めると
EU圏でも経済支配を続けたがっているユダヤへの対抗でまとまる可能性がある。
今でもエネルギー供給問題では国際資本の支配するメジャーと対抗することで一致している。

アジアでは改革開放以降の中国も含めてほぼユダヤ国際資本が掌握している。
今アジア共通通貨に向けて動きがあればそれはユダヤ主導のものだろう。
仮想敵はEU経済圏ということになる。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 11:22:29 ID:AEEqzMtK
>>96
うーたんは新作の発表間隔が短くなると、妄想を膨らます時間が足りなくなるので
電波の少ない、つまらない記事が多くなる。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 11:38:58 ID:LGcWQnrU
>>98
核実験で改革開放が完全におじゃんになったわけなんだけどね。
理由と結論がメチャクチャだとおもう。

去年はこんなこと言っていたんだけどね・・・
このときは改革開放に熱心でその為に義理の弟まで排除した金正日がどうして
失敗して中国様の懲罰wを受けそうになるのか説明が欲しいなぁ。

ttp://tanakanews.com/f0118korea.htm
> だが、日米などで主張されている北朝鮮崩壊予測の根拠を詳細に検討すると、
>予測の具体的な根拠が薄いことが感じられる。

> 最近の北朝鮮中枢の動きで「崩壊につながりそう」と思われていることの
>一つは昨年、政権内で金正日に次いで力を持っているナンバー2の張成沢
>(チャン・ソンテク。朝鮮労働党組職指導部・第1副部長)とその側近たちが
>相次いで粛清されたことである。(関連記事)
(中略)
> 最近、金正日が政権内で行っていることは、北の国家体制の安定を維持しつつ、
>経済自由化を進めていくことだと分析できる。金正日がやっていることの一つは、
>幹部の若返りである。

> 昨年から、金正日は自らが委員長をつとめる軍の最高決定機関である
>「国防委員会」のメンバーと、経済自由化政策を進める実働部隊である
>政府内閣の閣僚に、40−50歳代の若手を次々と抜擢して任用している。
>軍の各部隊の司令官クラスには30−40歳代を抜擢している。

> 若手を登用するのはおそらく、老人たちに任せておくと「社会主義によって
>理想の国家を作る」という昔の目標にこだわりすぎて「社会主義は失敗だから、
>中国のような自由市場体制に早く移行しよう」と考えることができないからだろう。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 11:45:51 ID:LGcWQnrU
>>99
その通りで金政権消滅後に何が悲しゅうて巨大な軍事同盟を作らなければ
いけないんだよw

インドにヒンズー原理主義独裁政権が出来て東南アジア各国に侵攻するとか
そうゆー妄想をふくらまさないと成立しないぞ。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 12:35:31 ID:vy9IBOid
アメリカという巨大な仮想敵がいるじゃないか

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 14:32:29 ID:jOXUhW9t
>>105

アメリカに占領されてる日本がアメリカを仮想的にして中国と同盟するなんてギャグとしか思えない。内戦でもするのか?

>>101

ユダヤに掌握されてる中国が発展する一方で搾取されてないはずのユーロ圏は低迷したままなのが皮肉だな。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 15:57:31 ID:ZkfTPqDu
なんか、最近の田中は、アメリカ嫌いが昂じて、冷静な分析が出来なくなってきてるんじゃないか。
嫌米でも反米でもいいんだけど、それはそれとして、情勢分析は客観的にやってくれないと。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 20:37:06 ID:uVlM0pFp
新作読んだが、中国の支配のもとでアジアの人たちは幸せに暮らしましょうっていうのが結論らしい。
訳ワカンネ

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 20:38:19 ID:LGcWQnrU
また新作だ・・・

ttp://tanakanews.com/g1021mideast.htm


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 21:18:46 ID:+3Vk696L
世界の歴史・政治・経済の裏を読み解く【図表】
http://www.geocities.jp/bluewhitered34/sekainouraexcel001shousai.htm

神社と旧約聖書の神殿の類似。聖書と日本のフシギな関係【図表】
http://geocities.yahoo.co.jp/stats?fn=/seishotonihon060829excelshousai.htm&ops=17&.dom=0

トップページ
http://www.geocities.jp/bluewhitered34/index.html


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 21:26:04 ID:6g3u/tGr
どんな世界になっても、うーたんだけは幸せに生きていけそうだなw

112 :108:2006/10/21(土) 21:39:32 ID:uVlM0pFp
>>109
漏れが新作って書いたのがそれ。

うーたんは独裁体制に全く警戒心が無いのがすごすぎ。
ってか、アラブの通貨なんか誰が使うんだ?

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 01:28:53 ID:hvPXBw2n
GCCが通貨統合してドルペッグをやめるのがアメリカの中東支配の終わりって
激しく妄想全開だな・・・
つーか田中には残念だけどそんなこと当分実現しないからw

114 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/10/22(日) 02:32:30 ID:8iVVzXLi
GCC諸国はOPECのメンバーでアラビア半島にあってスンニ派で王制という極めて
似通った国々なんだよね。歴史も長いし、すでに関税撤廃とかもやっていて地域
統合という点ではアジアよりも進んでいる。だから通貨統合の話も出てくる。
それでもこの連合はイラン革命があったから(各国とも首長制を取っていること
から危機感が強かった)成立した部分が大きいんだよね。

東アジア共同体はそうした共通の価値観や外敵が存在しない。
中曽根康弘や田中均といった人が日本側の推進人物であることをかんがみても、
短期的・経済的側面が重視されすぎている構想だよ。
そういうメリットはFTAで追求するのが現在の潮流だと思うね。

まあともかく、予言も出たことだしドルを買っとくか...

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 05:33:12 ID:VjB/xMPQ
王様たちは口が裂けても言わないだろうけど
スンニ派諸国はシーア派怖いから
当面はアメリカイスラエルと・・・ゴニョゴニョ
違うの?
取引材料にはユーロネタを使うだろうけど

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 22:15:29 ID:itcg07lE
>>114
アジア共通通貨って、人件費のギャップが大き過ぎてメリットがピンとこない。
おまけに元が固定相場みたいなものだから、日々の為替レートが大きな問題になってる
とも思えないし。素人にも分かる具体的なメリットってあります ?

117 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/10/22(日) 23:22:06 ID:o9S2wWqy
>>115 その通りだね。湾岸諸国はヨルダンを挟んでイスラエル、イラクを挟ん
でイランと対峙していて、アメリカとの関係をみな重視している。

ちなみに今回の記事の2番目の関連記事は「GCC通貨は当面ドルペッグを維持す
る」というタイトルだし。

でもドルペッグはもともと不自然なシステムなので、バスケットを経て自由化へ
と向かうのは自然だと思うよ。人民元のほうがはるかに問題だと思うんだが、そ
れを無視して東アジア共同体とかアジア共通通貨を語るのは片手落ちだよね。


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 00:05:07 ID:rYUzZIMY
>>114

東アジア共同体なんか経済的なメリットも不明だろ。むしろ中国重視という意味の政治的な側面のほうが大きいのでは?
インフレ率とか見るとあと少しくらいは利上げしそうだからしばらくはドル高かもしれないが。

>>116

両替の手間がなくなるぐらいでは?それ以上に金融政策でのデメリットのほうがでかいだろうけど。

>>117

げんがドルペッグのまま東アジア共通通貨にしたら実質太平洋共通通貨みたいになるよね。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 00:18:24 ID:EOHDdaVp
>>116
>>117
東アジア共通通貨なんかにしたら、日本だけ低金利とか出来なくなるでしょ。
中国が勝手に金利を決めて日本の経済目茶目茶っていうのが明らかなのに、、

うーたんって、 アジアって言う言葉を聞くだけで思考がストップするみたいですね

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 00:25:02 ID:dCRIiMFl
ユーロの為にヨーロッパ各国が独自の金利政策が取れず
全体として経済の足かせになってる現実をうーたんは知らないと思われ。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 01:48:50 ID:gxND6X8p
アジア共通通貨で中心になるのは日本円だ。
日本が中国の金利を決めるのだよ。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 21:54:49 ID:qiTT0Iuc
>>120
> 全体として経済の足かせになってる現実をうーたんは知らないと思われ。

うーたんを馬鹿にするな。
うーたんは自分に都合の悪い現実を無視しているだけなんだよ。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 05:39:19 ID:TBqEJqI0
ウータンって在日かなんか?

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 12:24:50 ID:caUPOg3W
新作キタ。
日本は核武装しても意味がないと必死で主張されています。
それから、アメリカは信用できないということも強調されています。

うーたんは
アメリカの態度を邪推しつつ、
日本の立場に立って善後策を色々と論じるスタイルですが、
それだけだと、なんか説得力がないですね。
やっぱり、中国の態度もしっかりと分析していただかないと、
核をもつことの是非はわからないですね。

さしあたって、最近話題のチベットの件について何か書いて欲しいな。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 13:07:42 ID:GazSMf9j
>>124
トップページにはリンクがないからURLお願いします。
日本の核武装反対ってまた国が狭いからとかいう電波かな?イギリスに叱られちゃうぞ。
アメリカが信用できないならますます核武装が必要だと思うけど、もしかしてこれって
日本の核武装を予言してるのかな?wktk

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 14:05:58 ID:K+fqJrCd
>>125
http://www.asyura2.com/0610/war85/msg/1017.html

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 15:37:09 ID:9N7eLzOs
>この件で「中国が5発撃つなら、日本は100発撃てばいいのだ」と言う人がいたが、

あれ?うーたん、ホントにこのスレ読んでる?w



128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:24:30 ID:KUUs1rJp
> 追い詰められて何をするか分からない勢力に対しては、武器を突きつけるの
> ではなく、まずある程度の食い物をやって安心させ、更正していくよう時間を
> かけて説得するしかない。

お前らうーたんを追い詰めるな。
追い詰められて何を書くかわからないコラムニストに対しては、正論を突きつけるの
ではなく、まずある程度ほめてやって安心させ、更正していくよう時間を
かけて説得するしかないわけだからな。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:23:33 ID:utAoCxHJ
>>128
だったら追いつめたほうがいいんじゃないの?
面白い記事読みたいだろみんなw

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:49:53 ID:4b4Vsyer
よし、追いつめようw

>もともとソ連の傀儡国家として作られた北朝鮮は、ソ連崩壊で後ろ盾を失い、孤
立して追い詰められている。そういう勢力に「ぶっ潰すぞ」と脅しをかけたら、
死にものぐるいになって「抑止力」を求めるのは当然だ。

ついこないだまで、北朝鮮が本当に核開発してるかどうか怪しい、CIAが言ってるだけだって
書いてたのは、どこの逆神だっけか?
つか、去年アメリカは北朝鮮に対して「不可侵」を約束したってヨタ話はどうなったの?
不可侵だけど「ぶっ潰す」?w

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 13:16:09 ID:TrAi/tke
>>126


> ところが、ブッシュ政権の先制攻撃の強硬戦略を受けて「アメリカにやられ
>る前に核武装しなくては」と思う国が増えた結果、今や核兵器を持っているか
>持ちつつある国は30カ国以上になっている。

これって核が抑止力になってる証明じゃん。

> イスラム過激派や北朝鮮は、極貧で「失うものがない」勢力である。彼らの
>核武装に対して、日本やアメリカなどの豊かで「失うものが多い」国が核兵器
>を持つことは、抑止力にならない。

この「イスラム過激派」って誰のこと?
アルカイダみたいな組織だったら管理が出来ないから核持ちようがないし、イランを
極貧なんて失礼もいいところ。
北朝鮮も失いたくないものありすぎだろw
本当に失うものがないなら核で防衛する必要もないって。
経済的に貧しい国を馬鹿にしすぎ。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 14:25:09 ID:J/BW4z1Y
そのイスラム過激派ってのは国というよりシーア派のことだろう。
戦勝坊主のナスララ師はスンニ派底辺層の信頼と支持も得てるらしいが、
おかげで「品行方正」な過激派になりつつある。
ある意味でチャベス的な貧困層民主主義ぽい感じだな。

北朝鮮が失いたくないのは「国体」だから
日本の天皇制のように金王朝の保全を図ってやれば中国が飲み込める。
それでも100年後にはチベタンと変わらぬ扱いだろうな。

どっちみち、流民・移民となって散らばっていく貧困層にテロをさせたくなきゃ
現地での社会主義的政策を容認せざるを得ない。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 14:53:21 ID:Ryd7hzZX
このおっさんの「イラク戦争でアメリカは自滅して多極化加速」って予想だけは当たったな
ネオコンが隠れ多極化主義者かどうかはわからないがw

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 18:17:59 ID:bJDX5M9e
>ブッシュ政権は、欧米先進国が支配する世界体制を意図的に壊し、途上国に政治力
>を持たせて経済発展させることで、投資家としての利益を拡大しようとする「隠れ
>多極主義者」ではないかと私は疑っているが

一般的には「資本家」っていうよね。別に目新しい存在でもない。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 22:00:49 ID:ulWr0xos
>イスラム過激派や北朝鮮は、極貧で「失うものがない」勢力である。

これは典型的なウソだな。
失うものが無いなら、北朝鮮は外交交渉なんかしないで核開発をがんがん進めるはず。

失うものがあるからこそ、周りを見ながら核開発をしているんだろう。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 23:38:09 ID:RnN9VsmY

それより、中国がアメリカから地域覇権を委譲されたなら北朝鮮問題をうまくかたづけられないのは何故か説明してくれ。

それとも地域覇権って、有名無実の看板だけの代物なのか? そんなもの移譲されることに何か意味は有るの? とするとそんな意味のないものを譲り合うだけの多極主義にも意味がないという結論になるけどそれでいいの?

説明プリーズ > 宇


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 00:49:25 ID:8z72BPM6
中国はとってもとっても大きな国です。広い土地を持ってます。
いろんなところに人は住んでいます。どこに向けて核兵器を撃てばいいのかわかりません。

・・・どこの小学生なんでしょうか?

中国の政治・経済的に重要な都市の数なんてたかが知れている。
というか、どこの国でもたかが知れてる。互いに十発もあれば壊滅させられる。

軍事施設を核兵器で狙うというのなら、うーたんの言うとおり。
ただし、核兵器で軍事施設をピンポイントで狙うとは思えない。他の兵器を使うだろう。

ついでに、ミサイル防衛も今の技術で難しいからといってダメというのはおかしい。
第2次世界大戦で戦った兵隊さんに今の軍隊の装備・兵器を想像できたか聞いてごらん?
100歳くらいの日本のおじいちゃん、おばあちゃんに今の車や電車や飛行機を、宇宙船を予想できたか聞いてごらん?
1世紀前から比べて夢のような世界に私たちは住んでいるんですよ?

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 01:24:52 ID:8a8rZMg5
>>137
20年前の SF 作品 (漫画、映画を含めて) ですら、携帯電話の普及を予測できなかったしね。
まぁ、携帯電話が存在するとドラマが作りづらいって事情 (すぐに登場人物が互いに連絡とれて
しまう) があったせいかもしれないが。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 01:53:47 ID:dvVUQJX7
10発
東京(横浜川崎千葉さいたま)、大阪(神戸尼崎堺)、名古屋、京都、福岡(北九州)、
札幌、広島、仙台、新潟、
→百万都市は壊滅

北京、上海、天津(北京とは120km)、広州、南京、
深セン、重慶、瀋陽、武漢、大連
→100万都市は半減したとしても50個以上残る。
青島、成都、長春、ハルビン、西安、長沙、杭州などは無傷

だめじゃん。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 01:55:12 ID:qPS2fSqm
>>136
覇権はつらいもの。故に譲り合う。 by 田中うー

(関連記事)
ttp://tanakanews.com/f0615empire.htm


141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 02:12:19 ID:dvVUQJX7
ところが、ただ一つ
「いらないなら覇権はもらいます」という民族があった。
そのミンジョクとは・・・

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 02:14:03 ID:dvVUQJX7
あーこれ貼ればよかったw
【韓国】巡航ミサイルを実戦配備中!東京・北京も射程内、
戦略打撃能力を大幅に向上させたものとして評価できる [10/25] 
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1161784373/l50

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 02:47:49 ID:R9fOuERv
>>137
夢のようなミサイルがそのうち完成されて
どんな防衛システムをもすり抜けることになります



144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 02:51:05 ID:k/+Q0crg
そちらのほうが遙かに簡単だな。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 03:02:02 ID:qAjQfvco
松本晃太郎って知ってる?アゴがアントニオ猪木みたいに長くて、逃げ足が異常に速い生き物。
高校では「ポット」ってあだ名が付いてたけど…
奴ってまだ生きてんのかなぁ…




146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 05:43:35 ID:h3nr8IGz
もし911が自作自演だったら
うーたんは小室直樹なみに一目置かれる?

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 20:18:44 ID:XVhkLIvR
>>139
同じ数だけ打ち合うっていうルールがあるのか?>核戦争


148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 21:31:04 ID:NpWhkTZF
>>139
> 北京、上海、天津(北京とは120km)、広州、南京、
> 深セン、重慶、瀋陽、武漢、大連
> →100万都市は半減したとしても50個以上残る。
> 青島、成都、長春、ハルビン、西安、長沙、杭州などは無傷

間違いなく統制が取れなくなって、内戦をおっぱじめるな。


149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 23:31:14 ID:zPbHQnHQ
>>148
日本だって皇族がおっ死んだらどう混乱するかわからない。
中国はいずれ新王朝ができるが
日本は歴史上経験がないからな。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 00:06:08 ID:9LUxfQst
>>149
精神的な混乱と政治的なカオスを一緒にしても仕方がない。
ここにも北朝鮮と戦前の日本を同一視する左翼プロパガンダに汚染された連中がいるみたいだけど。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 00:30:55 ID:c9dzBCq5
おなじようなもんだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 13:28:28 ID:EFJNuSOC
>>151
宇宙先生見回りご苦労様です

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 23:30:47 ID:B7MZtf8F
数日前・・・朝日新聞にでていたのには笑った・・・・。このスレの人は読んでないようだ・・・・

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 10:34:04 ID:DqfndkH9
>>153
何を言ってたの?


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 11:55:07 ID:DqfndkH9
朝日を調べたら、うーたんが動画で出てました。
メディアの限界について、一生懸命主張されてます。
会場からは拍手も起こっています。
http://www.asahi.com/motion/061020sympo2.wvx

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 21:09:03 ID:C1Gr0+Y1
>>153

うち日系と読売だから

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 21:20:04 ID:C1Gr0+Y1
 追い詰められて何をするか分からない勢力に対しては、武器を突きつけるのではなく、
まずある程度の食い物をやって安心させ、更正していくよう時間をかけて説得するしかない。ブ
ッシュ政権の北朝鮮政策は完全に間違っており、クリントン政権の「枠組み合意」や、今の中国の戦
略の方が、はるかにましである。

 この件で「中国が5発撃つなら、日本は100発撃てばいいのだ」と言う人
がいたが、それは「1人殺されたら10人殺し返す」と言って戦い続けて自滅に向
かっているイスラエルのようになることを意味している。倍返しの報復を表明すること
は、敵を増やし、最後には自分たちの破滅にしかつながらない。
--------------






つまり、アジアの国々のいいなりでいきましょう、ということなんだよな。結論は

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 22:13:38 ID:0OBmXvGI
>>155
> メディアの限界について、一生懸命主張されてます。

メディアの限界について主張するのはいいんだよ。海外の記事を読むのもいい。

だけど、結局結論は >>157 が書いている通り従来のサヨク的な結論に落ち着いちゃうのが
田中宇先生の限界なのではないですかね?


159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 22:31:21 ID:DqfndkH9
>>158
155だけど、うーたんはNYタイムズのやつなんかより好感が持てる。

けど、書いてることは説得力に欠けるとこがある。
左翼的な結論と言うより、
説明過程において説得力がないことが問題だと思う。
157みたいなことを言えてしまう根拠が全く分からないわけだ。

第2次大戦前のドイツの事を考えるとよく分かるが、
危険な国家に対してどう対応するかと言うのは難しいわけだ。
中途半端が一番駄目だと思う。
すでに北が敵意を持ってしまった以上、
この段階で懐柔策をしても手遅れかもしれないと思ってる。
国力がつけば第二のナチスになる可能性もある。


160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 01:05:01 ID:nKeekfps
田中宇どんどん眉唾ものになってきますた恭子の午後

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 11:36:31 ID:4AELNpP+
>>159
説得力がないのは無知とダブスタと自分の間違った発言の責任を感じてないからだろ。
核戦争をやるなら国土が広い国には負けるっていうのなら帝国主義万歳なのに、帝国主義は割に合わない、
覇権は譲り合うっていうんだものな。

>>157
>倍返しの報復を表明することは、敵を増やし、最後には自分たちの破滅にしかつながらない。
って、まさに国家単位で表明してる国があるけど、破滅したがってるまさにその国を破滅させてはいけない
とか言ってるんじゃな。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 21:37:25 ID:85LVVPiA
すべては、北朝鮮と中国の現体制を弁護するため。

たかじんの番組で評論家もいってたけど、金の暗殺しかないよ。一番、平和裏にこの緊張関係を解きほぐすには。
北朝鮮の軍隊の幹部にも各国の息のかかった人間がもぐりこんでいるらしいから。暗殺 --> クーデター --> 緩やかに民主化。
正直、この程度の対立で核戦争なんてやったら、世界の笑いもの。イスラエルとアラブとか、ユダヤ、キリスト、イスラムの
対立に比べたら、東アジアの喧嘩なんてままごとみたいなもの。むこうは有史以来もめてるんだからw

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 21:51:58 ID:85LVVPiA

ちなみに韓国の民主化パターンといっしょね。
79年に独裁者の朴正煕大統領がKCIA部長の金載圭に暗殺された。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 22:03:52 ID:auyuV10n
必修逃れとソフトバンク取り付け騒ぎが、実は裏でつながっているということを
陰謀論で解明できるのはこの世でうーたんだけ。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 23:37:07 ID:ZxCwI749
>>162
そして、民主化後、反米、反日国家が誕生するわけだね。
中国、ロシア、北VS日、米、韓という冷戦構造は
資本主義対共産主義というイデオロギーの対立ではなく、
軍事、経済、政治のパワーゲームとして今も続いているから、
(韓国はすでに心情的には中・露・北のグループだけど。)
どのみち、緊張関係というのは解消しないと思うよ。
核問題ではなくても、何らかの形で緊張関係は維持されると思う。

クーデター後、北が親米・親日になるなら別ですが。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 03:28:49 ID:nzArNB0Z
ちなみにKCIAというのは、事実上アメリカのCIAの韓国支店なw

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 03:46:49 ID:nzArNB0Z
>>165
なんか変なバイアスがかかったレスだなw 逆田中みたいな。

>民主化後、反米、反日国家が誕生するわけだね。
とっくに、これ以上ない反日、反米国家だが?パスポートみたことある?

クーデターが起きれば今以上に反日になるなんて、合理的に考えてありえない。
新しい権力者は前の権力者のやっていたことを否定することで、存在意義を主張できる。
同じ事をしてたのでは飢餓問題も解決できないし、経済発展も無理。民衆の支持も得られない。

日本との国交回復、経済支援、緊張関係の緩和というのは当然の成り行き。三度目の被爆国
になるのだけはマジ勘弁してほしいな。細菌兵器もいやだけど。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 03:55:38 ID:DBuwuw/r
>クーデターが起きれば今以上に反日になるなんて、合理的に考えてありえない。

朝鮮人というのを理解してないな。
何度政権が変わっても一貫して反日の韓国という見本があるのに。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 04:10:42 ID:nzArNB0Z
俺のいうクーデターは、もちろん朴正煕の10・26事件と同じ、第三国の支援があるクーデターな。
2.26じゃない。「緩やかに民主化」って書いてるからわかると思うが。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 04:13:26 ID:nzArNB0Z
>>168
国民感情と国家の姿勢は別。原爆落とされた日本が国の姿勢としては、世界で一番のアメリカの犬。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 14:46:59 ID:+X6D0ZBE
朴正煕がCIAの陰謀で暗殺されたとか田中まがいの陰謀説唱えるなよ。
あんなの反米思想と被害妄想の入り交じったおとぎ話だろ。
アメリカの国家意思として暗殺するなら後釜をちゃんと据えてからやらなきゃ赤化統一の危険さえ
あるのに全斗煥が暗殺時そこまでアメリカの信頼得てたか?
しかもアメリカの大統領カーターだろ?そんな度胸あるかよ。

>>167
>新しい権力者は前の権力者のやっていたことを否定することで、存在意義を主張できる。

全斗煥は核開発をやめはしたが反共はそのままだったよ。内政も開発独裁のまま。
違いをどこで出すかなんて後継者が誰かを想定しなければ予想できないし、権力を簒奪した本人で
ない限り継承するって言う方が普通。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 16:42:44 ID:kNRD1NEj
>>171
横レスだが、おめでたいのはあんたの方だよ。
朴暗殺を簡単に説明すれば以下の通り。

韓国がアメの管理下にあるのは常識。
とはいってもカリスマリーダーを除去するのは工夫が要る。
だからKCIA部長を道具に使ってその後はしごを外した。


173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 17:23:38 ID:+X6D0ZBE
>>172
じゃあまずアメリカが朴正煕を排除する利益を挙げてからにしたらいい。
核開発をやめさせるためだけ?
まさか民主主義を広めるためとか言わないよな?
ID:nzArNB0Z(=ID:kNRD1NEj?)の言ってることは状況証拠以外何もないじゃないか。
全く「説明」になってない。
その程度で断言までするなんて田中と同類だよ。

もし本当に暗殺したいんだったらKCIAなんか使わないで北朝鮮のスパイに殺されたことに
するだろ。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 20:34:05 ID:v3Ik7dgh
新作北 上げ

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 21:02:16 ID:DBuwuw/r
妄想を書くのは自由だが、嘘を書くのはいけない。

>アメリカの脅威に対する警戒は、中国よりロシアの方が強く感じている。ロシアは東欧諸国がアメリカのミサイル防衛システムを導入することに強く反対しているが、中国は日本がミサイル防衛システムを入れることに明確な反対をしていない

中国は台湾にMDが配備されることを恐れ、周辺国の日本のMD導入にも90年代から一貫して反対してる。
また中国は、MDの核心であるイージス艦に対抗するためにロシアからソブレメンヌイ級最新駆逐艦を
続々と取り入れたのに続き、戦闘爆撃機で運用する超音速巡航ミサイル「鷹撃−83」を最新駆逐艦
など実戦配置に入り、戦術応用幅を大きく広げている。1隻で6億ドルのソブレメンヌイ級駆逐艦には
「イージス艦キラー」と呼ばれるSSN−22sunburnミサイルが搭載されている。
これらはもし本当にアメリカがアジアから撤退するのなら絶対に必要のない軍備。うーたんの
脳内にあるパラレルワールドの話はともかく、現実には軍事的にはこの地域の新冷戦はすでに
始まってる。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 21:06:25 ID:DBuwuw/r
ついでだから、これも貼っとこう。

http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/K2006100702880.html?fr=rk
米軍音響測定艦、日本に集結 中国潜水艦の監視強化
2006年10月8日
東シナ海や南シナ海で活動する中国の潜水艦の監視のため、米海軍が、保有する潜水艦探知用の
音響測定艦5隻すべてを日本を拠点に展開していることがわかった。中国の潜水艦が高性能化し、
探知がより難しくなったことが背景にある。日本周辺海域は、冷戦時代に米ソの潜水艦がひしめき合う
舞台だったが、10年以上の「空白期間」をへて、米中の軍事力が海面下でしのぎを削る最前線地帯と
なっている。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 21:06:53 ID:z7q9uYzA
>国連はすでに、中国、ロシア、韓国という、
>東アジアの「非米同盟」の3カ国によって牛耳られ始めている。

これはちょっとなあw

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 21:33:30 ID:v3Ik7dgh
>>177
国連は冷戦時代から第三世界だの、東側だのの巣窟だったからなー

うーたんは、アメリカが拒否権を持っている事をわすれているんだろう

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 22:27:10 ID:mucj3JtY
>第二次大戦後、アメリカのアジア戦略は一貫して、日米、米韓、米台、米中
など、アメリカと各国の2国間関係のみを重視する「ハブ&スポーク戦略」だ
った。この戦略は、アジア諸国に横のつながりを強化させず、バラバラでアメ
リカに頼らざるを得ない状況を永続化するものだった。ライスが、地域の集団
安保機構をアジア諸国に説いて回ったことは、アメリカが従来のハブ&スポー
ク戦略を捨て、逆にアジアに団結を求め始めたことを意味している。

この文章だけ、かろうじて認めてやっても良いだろう。
ただし、中国やロシアは軍事的、政治的、経済的圧力を
これから強めていくだろうから、
うーたんが考えるような平和的な団結には残念ながらならないと思う。
この提案は、むしろ、うーたんも言っているように、
中国とロシアの封じ込め策の一環として
アメリカから提案された物であると解釈すべきだろう。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 22:36:55 ID:mucj3JtY
>>169
その第三国がどこの国か、
さらに、クーデター後どの国が再生・復興で指導力を発揮するかで
北が反日になるか親日になるかが決まるな。
多分、中国か韓国が関わるだろうから反日はほぼ間違いないだろう。

ちなみに、親日国家が誕生する可能性は俺は否定してないからね。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 23:50:07 ID:z7q9uYzA
6者協議再開で一致 米中朝代表が非公式協議
http://www.asahi.com/international/update/1031/012.html

英国:核ミサイル更新の是非めぐる議論本格化へ
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20061031k0000e030035000c.html
UAE中銀、外貨準備で米ドル比率を下げ
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061031AT2M3100531102006.html


182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 05:34:34 ID:oKS9YPyO
>>177
いつもの願望まじりの・・

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 06:51:10 ID:uz848ODH
http://geopoli.exblog.jp/5244491/
「多極化する世界」というコンセプトですが、実はこれも
ミアシャイマーが冷戦終了直後に有名になった論文ですで提出しております。

http://victoria.iza.ne.jp/blog/entry/54057/
この時期だから、敢えて「東北工程」を検証する。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 10:18:46 ID:I+3iZeu0
>朝鮮半島南側は国連の信託統治下に於いて「韓國人の自治政府」の存在を認める。
>ただし、自治政府は独自の外交権・軍事力を持つことは出来ないものとする。

すばらしい、パーフェクトだ。中国万歳! w

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 12:32:07 ID:NIvLdbDd
>私は以前から田中氏の分析がアメリカ嫌いなことと、発言が中国・韓国寄りだということが非常に気になっているのですが

それ言っちゃダメ!w

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 18:32:00 ID:TsjhIybv
ミアシャイマーってだれ?>>183

それにしても、今日の朝日新聞の米戦略なんたらとの対談でも、米は日米同盟を切るというのは、自然なことだとおもっているねえ。
「日米同盟が、米中関係のさまたげになっている」と発言する米のシンクタンクの研究員
・・・新聞ががんばって、日米関係の現状を正しく伝えるのはいいことだ。

アメリカは能力的にイラクと互角程度の実力の国なので、日本は自立しなくてはいけません。

なんで米が急速に衰退し始めたのかを、日本人は議論しないといけません。

これらの問題に対し、国はシンクタンクをつくり、うーたんにまかせ調査をさせるべきだよ。

中曽根が突如として日米同盟を米から切られる危険について今年から語り出したというのもやはりそれなりの調査能力があればこそ。
アメリカのシナリオは素人じみたものなので,今からでも十分対策出来る。

アメリカ人はかなり高いレベルの人材でも日本語がわからないので、
アメリカのマスコミの流すデマで戦略を決定してくる。
おかしな戦略は彼らの小さくなる一方の脳そのもの。








187 :にゃ:2006/11/01(水) 18:44:04 ID:TsjhIybv
アメリカは日本憎しでこの18年ほどがんばってきたのだが、
その結果、民主主義や自由という米のたてまえ上の国是が衰え、
外国人を低賃金で働かせる、米本来の奴隷主義が台頭してきた。

外に中国人を持ち、内にメキシコ人を持つ奴隷制へ。

21世紀を歴史家が降りかえれば、米の第二次奴隷制度時代となるのだろう。
情報を操作し、恐怖で支配するというのが、21世紀の米の流れだろう。
歴史問題なども、同じような文脈で用意したのだが、あまりうまくいっていないところ。

日本人は米のわなに対抗するためにも、高いレベルの歴史の知識をもたないといけない。
中国人にしても、メキシコ人にしてもそれは同じ事だ。

アメリカは日本を牽制するために、北には核をもたせる。これがクリントンからのシナリオだと思うよ。
アメリカの次の行動を予想するには「悪魔ならどうするか」と考えるのが確実でわかりやすい方法だ。
彼らは必ず,キリストの教えの逆に進む。そしてキリスト教徒を支配する。



188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 18:59:05 ID:wOo+bww2
>>139
巨大都市=標的が多いから抑止が成立するんだろ。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 20:36:57 ID:Gn+QlNga
>>183
ぶっちゃけ、東北工程って本当にありそうで怖い。

米中がそこまでグルだとしたら、
共産党が国民党に代わって実権を取ったのも、実は裏で米が手を引いていて、
ソ連に対するスパイ国家として中国を仕立てあげるためだったのかもしれないね。
だとしたら、真に孤立しているのはロシアということになる。
つまり、真の不確定要素はロシアということだ。

一般市民には確かめようもない仮説ですが・・・。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 23:58:39 ID:KCOGG7Cc
>>183

正日氏防護に中国が半島制圧というのはありそうだけど、
韓国が信託統治になるってのが信じられん。

>>189

北方領土とか見てもアメリカが日露が組むのを嫌がってるのは明らかだろう。

>>187

核実験失敗ぽくても手相にないのでは?

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 00:07:38 ID:JmyVKQcK ?2BP(3007)
田中宇宙また電波出てるな

192 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/11/02(木) 00:57:26 ID:JTdtD8Jt
北朝鮮崩壊の際に、人民解放軍が南下することをアメリカが了解している可能性
は否定できないな。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 01:45:46 ID:EYZkVMkV
>>190
韓国の扱いは北崩壊時の状況次第じゃないの。
クリントン時代の武力行使想定シミュレーションのように、韓国軍50万人、
民間人100万人が死ぬような結果となり、さらに北からの難民が100万人
単位で押し寄せたら国家崩壊なんじゃないの。

そのための事務総長かもしれんね > 国連の信託統治

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 02:26:22 ID:UINQClQj
仕方ない。北も南も日本が合併するしかない。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 08:14:49 ID:l88XwJ/w
>>186
>「日米同盟が、米中関係のさまたげになっている」と発言する米のシンクタンクの研究員

もっと詳しく書け! ソースを示せ!


196 :にゃ:2006/11/02(木) 18:13:22 ID:laRhGeqg
>>195 昨日の朝日新聞を図書館で読もう。
   ・・・ああ、そういえば、日米同盟が米中関係の妨げになるという声もある・・・だったような気がしてきた。
まあ似たようなものだが。

>>189  歴史を詳しく学べばわかることだが、普通にソ連が強かったので、中国が共産化したのだよ。
 こういうのをしっかり説明できるハイレベルな人間を、日本は毎年100人くらい作れば、、
ずっといい日本になると思うよ。
平均をあげるのも大事だけど、上をもっと高いレベルに育てないとだめだよ。
 理系にたいして数学だけ熱心にやって世界史を教えない学校がいっぱいあるというのはまずいよねえ。
 でも、20代とか30代とか40代とかに趣味でまなぶだけでもいいような気がするのが世界史だ。
 
計画経済が強かった時代を知らないと、>>189のような若者の意見がネットででてくるのも自然だね。
今の日本でも計画経済を取り入れれば、5%成長なんて簡単。
自然な資本主義というのは、0成長とか、マイナス成長があるのが普通だし。
米の工作で、いろんな安全装置を破壊したので、日本は低成長になったのだし。
団塊の世代にいい学者がいないというのも大きいのだが。

政治家も学者も記者も素人しかいないと、外国の謀略に簡単にひっかかって毎年3万人ずつ自殺させられるように
工作を受けてしまうのだ。

読書の秋だから、みんな図書館でいろいろ本を借りて読むべきだよ、今はいい本があるし。



197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 20:20:36 ID:wMx94rZs
>>196
>歴史を詳しく学べばわかることだが、普通にソ連が強かったので、中国が共産化したのだよ。
>こういうのをしっかり説明できるハイレベルな人間を、日本は毎年100人くらい作れば、
>ずっといい日本になると思うよ。

普通にソ連が強かったので中国が共産化したというのは
おもいっきりベタな知識だと思うのですがww
俺の意図を全く理解していないレスをありがとうございます。

本を読むのは大事だけどね、
その本に書かれたこと以外を可能性から排除してしまうのは良くないよ。
そういう人はうーたんやうーたん的妄想を楽しむ快楽を知らない人になるよ。
ある年代より上の人は本に真実が書かれているかのように言うけど、
自分の頭で考えるという点で基本的に駄目な人が多いな。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 21:26:42 ID:D9Hy3nXg
工工エエエエエ(´Д`)エエエエエ
あんなのにマジレスしちゃうの〜?スルーしよ〜よ〜

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 21:32:40 ID:0HUPTfvn
朝日新聞に寄稿する米国シンクタンク=民主党系最左派。
これ常識。
米国のシンクタンクははっきり党派で別れ、今では左派は本国では相手にされない。
だから日本の朝日新聞くらいしか出番がないw

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 22:32:02 ID:QGoPVaO/
>>196
>計画経済が強かった時代を知らないと、>>189のような若者の意見がネットででてくるのも自然だね。
>今の日本でも計画経済を取り入れれば、5%成長なんて簡単。

ここで爆笑。

>自然な資本主義というのは、0成長とか、マイナス成長があるのが普通だし。

ここで、さらに大爆笑。

愉快な書き込みありがとう。

196の頭では冷戦の勝者はソ連であって、アメリカではないのだろう。でも、ソ連はもう存在してないよね?

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 23:55:57 ID:wMx94rZs
>>198
192みたいのを毎年100人ぐらい更正させられれば、
ずっといい日本になると思って・・・

>>200
192をいじめてもうーたんじゃないので何も出てこないだろう。
結局、192も本を批判的に読むことが出来ない世代なんだよ。
だからうーたんの言うことをすぐに信じてしまうわけだ。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 00:47:19 ID:45q1leYt
計画経済で5%成長が簡単ならなんで北朝鮮は貧乏なままなんだろね。
中国もロシアも計画経済辞めてても高成長だけど偶然なんだ廊下。
0成長マイナス成長なんかデフレ不況のときぐらいしか起こらない。
日本が不況なのは財政再建マンセーの財務省とかとかインフレ抑制しすぎの日銀のせいでしょ。
そういえば、最近は自殺者が減ってて今年か来年は3万以下になり層らしいけど。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 01:05:49 ID:Ofk8no8U
日本でも計画経済を取り入れれば、5%成長なんて簡単、ってのは
現在の中国経済に対する嫌味じゃないか?
独裁国家の計画経済なら数字なんていくらでも作れるというw
実はソ連も数字だけは冷戦時代経済は絶好調だった。
まさか大国が経済の数字に嘘をつくなんて思えなかった初期冷戦の頃の米国は
本気でソ連に追い抜かれるんじゃないかと心配した。でもやがてメッキが剥がれ
米国の経済の専門家もみなソ連の嘘を見抜くようになった。現在では当のロシア人も
当時の数字がデタラメだったことを認めている。さて中国人はいつ認めるのかな?w

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 01:30:16 ID:jXX9fFfx
近代の計画経済とはユダヤ人が描くシナリオのことで、
共産主義もまた経済主義であり、
ユダヤ人の投資がそれを実現している。

東西冷戦はユダヤ人の経済主義の対立であったが、
その決着はまだついていない。
現在はロシアからユダヤ人が追われ、
中国に親ユダヤ政権ができたというところだ。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 01:32:47 ID:0sCCqkmc
北朝鮮で米国が金融ビジネス?
http://biz.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person5/061006_person5.html

<10月31日>(火)
〇今回の日中安保対話、こちら側の注目点は、北朝鮮の核実験に対して中国側がどんな見方を
しているかでした。結論を先に言いますと、拍子抜けしましたな。
中国側、まるでやる気なし、というのがかんべえの印象です。
http://tameike.net/diary/oct06.htm

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 02:09:06 ID:a1xQSeYU
>>205
中央公論にも同じ記事書いてたな。
しかし、あまりに陰謀論くさくて信用できないなぁ。北朝鮮にそれだけ金と
金融運用能力があれば、核開発なんて楽勝じゃないの。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 03:05:45 ID:0AZNMyjA
まぁ、日本の外交力なんてこんなもんだわ。

教訓 1 日本海側には住むな
教訓 2 敵対している国がある国の国民を名乗ることはトラブルに巻き込まれ
る可能性がある。よってお前何人?って海外で聞かれたら「スイス人」とかを名乗
るのがお勧めw

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 03:11:33 ID:HY197a9o
だから貧乏国なのに
パキスタンを抱き込んで核保有できたんじゃないの?
カネは集まると飛躍的に力を持つからね。

「金正日総書記個人資産は約4800億円」
http://www.news24.jp/69303.html


209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 03:13:01 ID:HY197a9o
>>207
>日本海側には住むな

ミサイルに日本海側もクソもないだろw

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 06:41:50 ID:+IKwsIT2
>>205
原田武夫かよ〜w


211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 17:02:06 ID:SzFvOe0h
はらたけはうーたんより高学歴だぞ!

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 02:24:37 ID:dEXW7E35
http://fuku41.hp.infoseek.co.jp/181103.htm

思いっきりコケにされている件について:

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 16:00:35 ID:8iDM30XL
ザコ素人に何がわかる

214 :192:2006/11/04(土) 16:07:04 ID:9+638Oxc
ああ、レスがついてたよ。
ああ、経済とか勉強してないと、90年代の日本とロシアになにがおきたか、
わからんままだよね。

本当に計画経済とか、もうだれも日本でわからんようになっているから、
日本経済がわけのわからない方向に向かうのだよ。
俺は、冷戦に勝利したのは、米ではなく日本という立場だよ。
アメリカが勝利したのは、冷戦後の世界だね。

ソ連の崩壊は、計画経済の失敗ではなくて、CIAなどの情報工作による部分が大きいよ。
日本の90年代もCIAなどによる情報工作による攻撃の結果・・・・。

もちろん、団塊の世代のように、大学で勉強しなかった世代が頭脳を担った結果として、
政府・マスコミ・財界が無能であったというのもあるけどね。

だいたい日本人は、教育システムの欠陥の修正ができんかったのが大きいね。
一度ジャパンアズナンバーワンを読むべきだよね日本人は。
そこに書かれている日本の長所を、その著者が米政府に入ることで、潰すのがアメリカ流だと
知ることができるよ。PTAとか潰すために日本の新聞やNHKを動かせるのが米大使館。
俺は基本的に米とは決別するのが日本のためだという立場だよ。
米が90年代に日本でやっとことを考えれば報復するのが最善の選択だよ。




215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 16:26:24 ID:9+638Oxc
だいたいさあ、経済勉強して無いと、80年代の好景気とか地価の上昇を、
バブル景気といってすませてしまうのだよ。

当然そういうやつらの本や意見のみで判断する日本人は、
米が努力して日本経済を破壊したことも知ることはないわけだよ。
もちろん日本人も、受験勉強以外しないという国民的な病気にかかっているところを
なおせば、今後はいくらでもよくなるところだが。

今日の朝日新聞で、米の予定だと今後何十年も日本とドイツは低成長らしいから、
日本はドイツと結ぶべきだね。米中インドでやっていく予定だよ米は。

アメリカの要求は今後一切跳ねつけて、経済成長を日本は最優先すべきだよ。
防衛費は、GNPの2%にすべきだよ。なんていうのは、NAFTAを作られた年にやっておくべきだったよ。


216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 16:38:06 ID:9+638Oxc
結局北朝鮮危機というのが94年から続いているわけだけど、
これはソ連にたいしてのスターウォーズ計画の、対日本版なのだよ。

90年代以後は(85年以後ともいいえるが)ソ連と同じような敵である日本というにが
米の見ている日本なのだから。

ハリウッド映画で、今硫黄島で戦っているわけだから、
今後、東京空襲・広島・長崎の映画が作られると真珠湾攻撃以後の全部がそろうのだけど、
これは明らかに市民を虐殺する、ナチスのようなアメリカ人というイメージのものになるので
とても作れないので、米はどうするかというと、ラムズフェルドの「北朝鮮は核爆弾を8つもっている」
という発言を、北が現実のものにするように、時間を稼ぐだろう。
そして北朝鮮が東京・広島・長崎、その他の5つの都市を攻撃することで、映画の代わりにするの
だと予想するよ。

そうでなければ、キリスト教徒は満足しないものだよ。

ああ、そういえば、沖縄戦の映画もなさそうだ。アメリカは沖縄を分離独立させたいので、
沖縄には配慮して映画にしないのかも。

映画パールハーバー → えひめ丸の事件
硫黄島の映画     → 北朝鮮の核実験について米が核実験と認める など
映画が現実に影響を与えていると思うよ。
   なんていうのを書くのが好きです。




217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 16:42:50 ID:17oaUpjJ
>>1がこのテンプレを貼らなかった罪は大きい。

>【注意】このスレは田中宇さんに関するスレであって、それ以外の妄想を
>    書きつづるスレではありません。妄想は該当する別のスレへどうぞ。



218 :1:2006/11/04(土) 16:47:24 ID:9+638Oxc
ああ、ごめん。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 17:09:28 ID:9+638Oxc
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1162609452/

・低料金でシャワーや個室などを完備するネットカフェで生活する若者が都市部で増えている。
 彼らの多くが、生活が困窮し、家を失った若年フリーターだ。

政府機能を再構築しないと・・こういうのが加速するぜ。親米勢力を早く倒さないといかんよ。

とはいえ社民党の党首の福島みずほは、
いじめ問題で、「助けると自分が逆にいじめられるリスクがある」とか発言していた。
これを聞いて、こいつはソ連が怖いので社会党に入って売国活動をしていたのだなあと思った。
アメリカも怖いから、憲法も守れ核を持つなというのだろうし。

労働者のための政党をなんとかつくらないといけない。右翼系労働組合とか作れないだろうか。
そもそも議会がもう2つくらい欲しいよ。問題がたまる一方だ。二世議員には無理だ。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 18:16:37 ID:KpDe80c+
 9・11テロは米国の内部犯行であり、その首謀者は、デーヴィッド・ロックフェラーであるとする主張があるが、本当だろうか。
いやいや、D・ロックフェラーといえば世界の経済界の頂点に立つ人物ではないか。そんな著名で有力なD・ロックフェラーが、
9・11テロのような、残虐きわまりない犯行を指揮命令するはずなどないではないか。だがもしも、9・11テロが
D・ロックフェラーの差し金で起こった事件だったら、本当にそうだったらどうしよう。このHPなどは、このようにタイトルにはっきりと、
「911内部犯行の首謀者はCFRの隠れユダヤ人、D・ロックフェラー」
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/rockyuda.htm と、言い切っているではないか。もしそれが本当なら、
D・ロックフェラーともあろう権勢の所有者が、大量殺戮の首魁だということになる。世界で一、二を争う富豪であり、慈善家としても名高い
D・ロックフェラー氏が、アフガニスタンを侵略して石油のパイプラインを確保したいからといって、イラクの石油を奪取し、中東支配の拠点を
打ち建てたいからといって、イラクが原油取引の決済通貨をドルからユーロに切り替えてドル暴落を引き起こすきっかけを作ったのが気に入らないからといって、
侵略戦争の口実が欲しいからといって、9・11テロのような残忍無道な大事件を、自作自演で引き起こすものだろうか。アメリカの富と権威の象徴であり、
米国随一の名士であるD・ロックフェラー翁が、米国民を裏切ってそのような恐ろしいことを。いやいやまさか、そんなことが。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 18:21:42 ID:KpDe80c+
>>220続き
だがもしも、かりにももしも、D・ロックフェラーが9・11の首謀者であり黒幕なのだとしたら、
私はD・ロックフェラーを絶対に、どんなことがあっても許さないぞ。そのあたりはどうやら
この催しで明らかになるらしい。↓↓↓
ワールドフォーラム12月例会 ご案内
「−9・11事件の真相とその歴史的な意味の深層に迫る!!−」 

国際政治評論家・思想家 中丸 薫 氏
米経済誌フォーブスの元アジア太平洋支局長 フリーランス・ジャーナリスト ベンジャミン・フルフォード氏
国際情報誌「真相の深層」編集長・発行人 木村 愛二 氏
ネット・ジャーナリスト リチャード・コシミズ 氏
『9・11真相究明国際会議』主催者・グローバルピース・キャンペーン発起人・代表 きくち ゆみ氏

http://www.worldforum.jp/information/2006/13.html

D・ロックフェラーが真犯人なのかどうか、ぜひ明らかにしていただきたい。期待♪


222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 21:43:26 ID:QUM2KCGC
新作キタ。

>ハイテク立国の日本が、電子式の投票機を使わず、1票ごとの再確認が確実
>にできる紙と鉛筆の選挙を続け、折り曲げても投票箱の中で元に戻る投票用紙
>の開発などに力を入れてきたことは、実は素晴らしいことで、民主主義を実践
>する正しいやり方である。アメリカの民主主義は腐っているという指摘は、米
>英の内部からも出てきている。

基本的に突っ込みはいれないくて良い内容だと思う。
紙でも不正はありうるけど、電子式よりはマシだろうからね。

でも、うーたんの理論では、そもそもアメリカ政界は
ボケとツッコミの役割分担が出来上がっているエセ民主主義なわけだから、
わざわざ選挙で不正を働くまでもないのではないでしょうか?
今ここで、このことを話題にしたということは、
うーたんはボケとツッコミ理論を放棄したと言うことを意味してしまいますが、
それに対して、うーたん、またはうーたん擁護派の方、何か反論してください。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 21:58:49 ID:sACrO0HX
>>222

ボケとツッコミ理論か。それ良いね。
今回は民主党が勝ちそうだが、単なるガス抜きだろうな。

しかし役割分担が出来上がってるとしても100%じゃないだろうから
最終結果を確実にするためにはやはり票操作は必要じゃあるまいか。


224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 22:04:26 ID:vedRKPuf
電子式投票機の問題は、向こうのブロガーや反ブッシュメディアが導入前からさんざん言ってた事で、
うー様が自分が言い始めた、おれの手柄だ、みたいに言うのはちょっと違うと思ったなあ。
暗いニュースあたりもしつこく取り上げてた気がする。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 22:20:47 ID:17oaUpjJ
いいかおまいら、電子投票はベルギーやオランダなどの欧州で米国より先に行われてるって話はうーたんには内緒だぞ。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 22:37:47 ID:srZV6fdn
>>225
OK解ったwww

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 22:49:50 ID:QUM2KCGC
>>223
うーたん返事ありがとう。
最終結果を確実にするために電子式を導入して、
その結果、最終結果が疑われるような結果となったということですね。
だとしたら、アメリカ政界はとんでもないバカという事になりますが。
うーたんの頭の中では、故意に自滅したり、テロを自演したりすることを
お茶の子さいさいとやってしまうアメリカが、こんな簡単なミスをするの?
なんでうーたんは、
「これはアメリカが自らの権威を貶めるために行った故意の失策である」
って書かないの?


228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 23:02:03 ID:nFlxwpfy
>>223
日本の民主党もボケツッコミの技術を上げてきた。
55年体制崩壊で混乱したが
伝統のボケツッコミ政治劇場がやっと正常化しそう。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 23:32:35 ID:8iDM30XL
そりゃ、小沢は国対経験豊富だからな

230 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/11/05(日) 00:08:12 ID:sBKRezRP
選挙予測はリスクの大きい記事だからやめたほうがいいんだが、
あえて書くあたりが田中宇。目新しさはないが、悪くないできだな。

これで結果が民主党圧勝なら完璧だが、さてどうなるか。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 00:16:19 ID:cpN77YaG
>>227

> なんでうーたんは、
> 「これはアメリカが自らの権威を貶めるために行った故意の失策である」
> って書かないの?

えっ?書いてるんじゃないのか?
おれは新作まだ読んでないけど。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 00:31:10 ID:/Rbl6roO
不正が予測される米中間選挙
 【2006年11月3日】 アメリカの電子式投票機の大手メーカーは3社あるが、
最も台数が多いのは「ディーボルド社」の「アキュボート」(AccuVote)という製品で、
全米の投票所の約4割が、この投票機を使っている。
この製品名は「正確な(accurate)投票(vote)結果を出す機械」
という意味でつけられたのだろう。だがこのマシンは、
名前が示すものとは正反対の、不正な投票結果を出してしまうことで、
アメリカの選挙専門家の間で有名になりつつある。

http://tanakanews.com/g1103USelection.htm

ところでみんな今NHK教育でいいのやっているので、みたほうがいいよ。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 00:36:27 ID:1kDIMUFH
>>230
共和党が予想外の善戦をしても
「ほら行ったとおり不正でしょ。」と言える優れたスピン作戦である。

234 :にゃ:2006/11/05(日) 01:00:40 ID:/Rbl6roO
>運転免許証など写真入りで本人確認できる証明書を何も持っていない貧困層が、
>事実上、投票できなくなってしまった州がいくつかある。

民主主義だと思わせて実は奴隷制なのがアメリカ。選挙は献金で決まるのがアメリカ流。
選挙妨害も手品の国でもあるので昔からいろいろあった。
腐った匂いがするのもアメリカ人らしさ。
憲法にも黒人の権利は白人の2/3と昔は書いてあった。
アメリカ人がイラクなどのアジアの国で市民を虐殺するのが平気な理由。
アメリカ人はアメリカ人らしく常に頭がおかしく不正で邪悪だ。
もちろんアメリカ人もアメリカ人の中で暮らしているのでその被害者だ。

>ディーボルドの投票機アキュボートは、OSがウインドウズCE3.0で、
>CPUは旧式の日本のPDAにも多く使われていた日立のSH3プロセッサ(133Mhz)、
>マザーボードにはPCカードがついている。
>投票機は、通常は内部メモリから起動するが、
>独自の起動プログラムを書いて fboot.nb0 という名前のファイルとして
>コンパクトフラッシュなどのメモリに保存し、
>それをPCカードに差し込んで起動すると、通常と異なる動きをさせることができる。

コンピューターに詳しいうーたん。SH2ならセがサターン。
日本は技術者が多いので、電子投票は無理だと指摘できるし、新聞記者も一流だから、
大丈夫だね。


235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 01:13:14 ID:/Rbl6roO
NHKすごいのやってる。米のプエブロ号は今も北朝鮮に展示されていると。
北に謝罪していたアメリカ。アメリカは昔から北には弱腰なのか。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 01:19:17 ID:/Rbl6roO
クリントン前米大統領の一人娘、ヘッジファンドに就職
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061104i412.htm

ヘッジファンドはこねとか、特権層のもつ情報でもうけているのかも。
米の小説のジャックライアンの息子も、秘密のヘッジファンドに所属していたので、
読者みんながそうするようにと、クリントンの娘にアドバイスしたのだろう。
トムクランシーの小説は、結構現実になるのかも。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 02:24:35 ID:/Rbl6roO
いやあ、北朝鮮と共産主義というのは、気持ちが悪いね。

アメリカもかかわりあいになりたくないのがわかるね。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 02:54:24 ID:/Rbl6roO
【軍事】 ロシア機へのスクランブル急増…今年だけで139回、伊豆諸島まで飛来も
1 :( ´`ω´)@ちゃふーφ ★ :2006/11/02(木) 02:47:58 ID:???0
★ ロシア機へのスクランブル急増、伊豆諸島まで飛来

 ロシア機が日本の領空を侵犯するおそれがあるとして、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進
(スクランブル)するケースが、今年度に入り、急増していることが分かった。

 ソ連崩壊後、ほとんど見られなくなっていた、太平洋側を南下するケースも確認され、中には
伊豆諸島の西側まで飛来したケースもあった。防衛庁は「ロシアは国防費が増えており、今後
とも注視したい」としている。

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1162403278/l50

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 13:54:43 ID:JDiL9a/m
>>230
その為の投票機疑惑の記事でしょw

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 14:37:18 ID:0UhCRX9N
米政府のイラク関連サイト、核兵器製造方法の情報で閉鎖
http://cnn.co.jp/usa/CNN200611030011.html

田中先生、政権内部の隠れ多極主義者の仕業かもしれないと思われますっ!!

241 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/11/06(月) 03:04:53 ID:Y+nzZjlo
>>239 >>233 いや、この記事の論調だと共和党はいくらでも電子投票に不正ができるので、
選挙結果は共和党が善戦するはずなわけだよね。

で、田中先生がこう書いたなら、その驚異の逆神力で民主党の勝利は約束されたも同然だ
と私は予想するわけですよ。去年の日本の選挙の予想記事を思うに...

ただアメリカの電子投票に問題が多いことは事実だし、2004年の大統領選で鍵となった州
(オハイオとフロリダ)がDieboldを使っていたのも事実なんだよね。さてどうなるか。


242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 08:48:28 ID:Vg7uxZ9O
現地リポーターとネット記事のまとめ屋にとどまってる限りは使えなくもないんだがなぁ・・・

田中にとってただの事実はロマンがなさすぎるんだろうなぁ

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 12:17:06 ID:dlBv981c
>>241
Dieboldを「いくつ」使ってたのかを隠すうーたんの策略にはまってるね。
現在の電子投票機械市場のシェアと、過去の、それも投票全体に対するシェアは別物。
2004年は88地区のうち2ヶ所でしか使ってなかったのにそれだけでオハイオの結果は全て不正になる
わけないよ。投票結果を変えるほど偏っていたらその地区だけ不自然なことになるのに。

電子投票の方式だってタッチスクリーンを押したら紙が出てきてそれを投票する方式も実施されてるし、
コストパフォーマンスの問題さえ陰謀につなげちゃうのはさすがなのかな?

プログラムを入れ替えたら不正が簡単って、いったいアナログな投票箱はどれだけ頑丈だと信じてるん
だろう。現状との相対的な安全性と比較するんじゃなくて気に入らないものに大しては全知全能を求める
のは脳が偏った人に特徴的だね。

244 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/11/06(月) 13:39:39 ID:izSZ0+bK
でもオハイオでの選挙結果はたった20万票差で、これが今回の選挙の行方を左右したこと
を考えると2/88といっても軽視できない(ニュースによっては3としているところもある)。

ちなみにDieboldの本社はOhioで、社長は共和党に献金していて、これが前回かなり問題
とされてもいた。

Dieboldのセキュリティの安全性はプリンストンの論文より以前から、アイオワ大の論文
でも指摘されていたし、ttp://www.cs.uiowa.edu/~jones/voting/dieboldusenix.html
最近になって印字機能が不十分であることからメリーランド州はDieboldの使用を取りや
めることにしている。問題の多い会社であることは間違いない。

なのにオハイオでは今半分以上がdiebold製の投票機に置き換わっているんだよね。
フロリダも確かそんな状態だったはず。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 14:44:30 ID:dlBv981c
>>244
いやAccuVoteが安全だなんて言ってないよ。記事の書き方がトンデモっていう話。

それにソフトウェアの脆弱性と選挙結果の操作疑惑とは全然別の話しだから同じレベルで話すのは電波に
違いない。
ソフトウェアの欠陥を利用するにはコンソールから利用したりソフトをインストールしたりさせなければ
いけないけど、それは投票用紙を勝手に見たり吟味していいような状態と等しいから、パンチカードと比べ
て危険とは言えない。
AccuVoteはネットにつないで使うわけでもないし。

オハイオに本部があるんだからオハイオで採用がされやすいのはむしろ地元の産業振興で当然なんじゃない
だろうか?機械に問題はあるだろうし、改善していくべき点は当然あるはずだけれど、イコール陰謀じゃない
から。それに何よりパンチカードが時代遅れ過ぎたってことを考えないと。

それからDieboldの本業は確かATM機器やセキュリティサービスだったはずだから、もし選挙結果を勝手に
操作したことが明らかになりでもしたら本業の方も立ち居かなくなってリスクでかすぎだと思う。

>でもオハイオでの選挙結果はたった20万票差で、これが今回の選挙の行方を左右したこと
>を考えると2/88といっても軽視できない(ニュースによっては3としているところもある)。

いや単純計算でも最大1%しか動かせないし、極端に偏ったらバレバレだから。

>フロリダも確かそんな状態だったはず。

これググっても見つけられなかったからソース教えてもらえると助かる。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 17:26:45 ID:RLJ3yoYY
>>242
> 現地リポーターとネット記事のまとめ屋にとどまってる限りは使えなくもないんだがなぁ・・・

わざわざ海外のトンデモ記事を選んでいる時点でだめぽ。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 21:29:45 ID:W6ygA/Ps
>トンデモ話

クンクン、2chの臭いがするぞw

248 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/11/07(火) 03:12:36 ID:U/aXv0ss
>>245 ちょっとうろ覚えなんだが、フロリダは障害者対策として電子投票機の導入を進めて
いたはず。ttp://election.dos.state.fl.us/laws/AdoptedRules/ElectionsRules.shtml
のどこかにあるはずなんだが...

2005年の記事だけど、ttp://www.computerworld.com/printthis/2005/0,4814,103023,00.html
にはフロリダは州法で全部の投票所に一個は電子投票機を置くことを義務付けていると書かれ
ているね(ある郡はdieboldに印字機能がないことを理由にこれを拒否したという内容)。

ちなみに ttp://election.dos.state.fl.us/votemeth/sysvendors.shtml ではDieboldがフ
ロリダ州(ここは州のサイト)で認可された投票システムの3つのうちのトップに来ている。
でも去年Dieboldの投票システムの欠陥を指摘したTV番組が出たためか(ちなみに俺が見た
のはこれ)、一番上にあげたURLでは事前投票は別の会社のシステムでやることを法制化して
いるね。


249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 08:05:00 ID:kEyCtNC8
おまえら、よく調べたな。
いずれにせよ、大部分の素人にとっては
電子式というのは胡散臭い物であることは間違いない。
絶対に公正に行われていると言われても、それを信じるしかないからな。

紙も基本的に同じで
絶対不正がおきないと言うわけではないが、
原始的な分、安心感はある。
簡単に偽造が出来ないし、再検査も可能だしね。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 11:00:35 ID:Bp3/GroD
スレ違いの話題でスレ消費して申し訳ない>皆

>>248
ありがとう。参考になった。
そのサイトで分かるのは同じ投票所でも一つの会社の電子投票機械に統一したり全部を置き換えたりという
ことはなく、アメリカらしくそれぞれの地区の自主決定に委ねられてるということだね。
機械を導入するにしてもどこのメーカーの機械を使うかまで州政府から押し付けられるものでもないと。
たとえ全ての地区に導入されたとしても投票方式が電子投票に一本化されてるわけではないから機械の
出力だけ偏っていたらかなり気まずいことになりそうだな。

>>249
そういう先入観は一種の偏見なんだけどね。
まあ確かに「自分の管理下にある」っていう感覚がないと人間は不安になるから、本質は電子信号だから
そんな必要ないのに車のブレーキやアクセルを未だに踏み込ませるし、デジカメもボタンを押し込む
必要があるわけだけど。
でもその感覚に頼りすぎると逆に騙される時代になっているというのも考慮した方がいいと思う。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 01:28:33 ID:FQTYairO
アキュボートの調子はいかがでしょう

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 01:47:45 ID:IFP8KC0Z
イスラエル、ガザ侵攻作戦完了・軍事目標達成できず
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061107AT2M0701B07112006.html

 【カイロ=森安健】イスラエル軍は7日未明、ガザ地区での軍事作戦を完了し、侵
攻していた北部のベイトハヌンから撤退した。1週間の侵攻でパレスチナ人61人、
イスラエル兵1人が死亡した。武装勢力によるイスラエル領へのロケット攻撃をやめ
させる目的で始まった軍事作戦だったが、進行中も40発のロケットがイスラエルに
発射され、軍事目標は達成できなかった。

 作戦最終日の7日もパレスチナ人5人が死亡した。61人の死者には4歳の子供や女
性も含まれ、アラブ諸国はイスラエルの行動を厳しく非難した。

▲うーたん的にはアラブをわざと怒らせたから成功だよな。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 11:48:01 ID:cP3/V3Yg
逆神デラコワス
しかしあんなでかい国で大勢を決するほどの不正なんてそうそうできっこないよな
常識的に考えて・・・

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 14:20:57 ID:I+fgroKJ
>>253
民主党はうーたんに多額の献金をして、逆予言を出させたものと思われる。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 15:32:15 ID:58LOKcCH
大変だ、うーたん!
電子投票機の不正プログラムにバグがあったみたいだよ!!

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 18:02:55 ID:NpIt+7bX
それもわざとだ。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 00:25:35 ID:s+lzExxc
次のタイトルは「わざと自滅した共和党」で決まりだな。
アメリカ国内の覇権を民主党に譲るということなんだろう。

258 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/11/09(木) 02:38:15 ID:tYqLGaJN
いつも通りの結果だったな。この分だとドル暴落もないのだろうな。ドル買うか...

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 03:33:37 ID:SWAcK1pF
米中間選挙後に世界は混乱する?
2006年11月7日  田中 宇
http://tanakanews.com/g1107america.htm

> 兵士や元兵士とその家族からなる軍関係者は、共和党にとって大切な票田だ。選挙直
>前の社説は、共和党に投票してほしければ、ラムズフェルドを選挙後に辞めさせること
>を秘密裏に約束せよ、という軍関係者からの要求が背後にありそうだ。ブッシュは、選
>挙後の適当な時期にラムズフェルドを罷免するかもしれない。

おおすげー、当ったようーたん!

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 09:42:49 ID:yYgmR+s8
      ∧∧     ∧∧     ∧∧    ∧∧    ∧∧    ∧∧     ∧∧
キタァ━━(*゚∀゚)━━(,*゚∀)━━(  *゚)━━(   )━━(゚*  )━━(∀゚*,)━━(*゚∀゚)━━ン!!!
     と  つ   /  つ     l  、)   と  |    ⊂ 〈   r 、  ⊃   と ⊂)
    〜(_,,つ   〜  〈     〜  )   /  〜  と  〜   ヽ、_ノ〜   〉  つ
       し'    (/"ヽ)    (,/し'     し"ヽ)    し'     (,/      .し'")

さいきんご無沙汰だったけど、中間選挙の結果みて帰ってきた!!!11
「ネオコンは隠れ多極主義者。アメリカの権威を貶めるためにわざと失敗してる」
当っちゃったよ! スゲースゲー
今まで言われも無い非難、迫害がいっぱいあったことでしょう
自分も内心バカにしてました が、これからは神と仰いで生きてゆきます(−人−)

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 09:43:23 ID:f+NvEgZW
いや、田中の説が当たってたら共和党が勝ってるだろ?w

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 09:56:31 ID:0nf9ptpO
>>257
アレンはわざと上院過半数割れにするためにマカカと言ったのだ!
でもこれでバージニアで民主党が投票機を操作したとか言われ出したら面白いな。

>>259
っていうか逆神伝説継続じゃんw
予想「投票して欲しけりゃやめさせろ」→事実「投票しなかったのにやめさせた」

>>260
いや今回選挙で負けたのは共和党穏健派だから、ネオコンは自滅してないよw

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 17:00:25 ID:K2ZVi4zr
>>258
普通に逆で当たってるし…

>11月7日の中間選挙が終わることによって、選挙対策としての粉飾策が終わり、
>その後は化粧の剥げた米経済の本来の悪さが露呈する局面になるのではないか

米国株、3日続伸――ダウ19ドル高で最高値(日経)
ttp://www.nikkei.co.jp/news/market/20061109c8db7iaa0509.html

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 17:31:46 ID:YiOIJ7Ho
いくらうーたんとは言えそのくらいの誤差はある。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 01:45:33 ID:hSgYuRk6
新作キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

米中間選挙後に世界は混乱する?2006年11月7日
http://www.tanakanews.com/g1107america.htm

>最も過激な陰謀論系の分析者は、

自分のことだろ!w

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 02:07:45 ID:IG1Zr9Ex
 最も過激な陰謀論系の分析者は、中間選挙後に作業部会による粉飾が
終わった後「11月中に金融市場の危機が始まって世界に波及し、
1年ぐらいは世界的な金融危機が続く」と書いている。この予測が当たるのか
どうか私は分からないが…
(中略)
 以上、ここに書いた話はすべて不確定ではあるのだが、全体として、
これからアメリカの崩壊、中東の混乱拡大、世界経済の危機などが起きそう
な感じがする。


お前の方が過激だっつのwwwwww

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 04:19:40 ID:yq+CziQX
MMRにスカウトしたい人材だな

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 04:24:58 ID:yq+CziQX
>パレスチナのハマス、イランのアハマディネジャド、レバノンのヒズボラ、北朝鮮の金正日、いずれもアメリカによって「強化」され、現在の強い地位を築いている。
>これは、故意に敵を強化し、アメリカを自滅に導くもので、チェイニーら隠れ多極主義者の戦略の結果であろう。



ぼ、ぼくの隣の家の犬がうるさいのも多極主義者の陰謀かな(;^ω^)

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 12:37:38 ID:JXh2x/NI
経済では増田
国際では田中
軍事では神浦

以上三名の方々を参考にしてますが、あまり当たらないようです

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 12:52:34 ID:+r85z5js
アメリカもまた間接民主制の国であることを、うーたんはようやく思いだすかな。

いや無理か。この選挙結果もまた陰謀か。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 00:47:19 ID:jMYsEzvp
松坂のことで、西武が受け取る金が、予想の半分の15億というのは米野球界の陰謀だ。
うーたん調査してくれ。
 巨人ファンは、15億円と年俸の分を募金して集めて、巨人に松坂を呼ぶべきだよ。
つーか、巨人が強いほうが国民は楽しく生きれると思うので、なんとか巨人に松坂を・・・

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 01:08:43 ID:fcPEtAIe
アメリカが自滅して多極化って予想だけは当たってるなw

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 08:44:24 ID:MxXK7TbZ
>>271
>巨人が強いほうが国民は楽しく生きれると思うので、なんとか巨人に松坂を・・・

スレ違いだけど。まず、松坂は巨人なんか行きたくないだからメジャー希望。黒田も結局そうだったね。なぜかって?

巨人ファンが馬鹿で、間抜けな奴らの集まりだからだよ。

だから、おまえのその馬鹿と間抜けを直すのが先だな。金をいくら積んでも松坂は巨人「なんか」には来ない。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 12:19:18 ID:zH08+/2Z
おまい巨人ファンの悪口言うな
巨人内部に巨人を崩壊させてセ界の多極化を目論む勢力がいるんだよ

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 15:44:37 ID:s9su1dF3
w

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 15:58:59 ID:pl9KkO6I
>>274
とっくの昔に多極化してるじゃん

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 16:17:06 ID:fcPEtAIe
あちこちの国が核を持とうとしてるのは事実らしい

アルジェリア・エジプト・サウジアラビア・モロッコなどアラブ6か国が核開発プログラムに着手〜IAEA谷口事務次長(11/5)
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1163094029/


で、そうやって世界が多極化すると、世界は平和になるのかな
この人は多極化した世界に希望を持ってるらしいが

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 16:59:18 ID:s9su1dF3
べつに平和が目的じゃないし

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 18:46:25 ID:11B8NpJe
>以上、ここに書いた話はすべて不確定ではあるのだが、全体として、これからアメリカの崩壊、中東の混乱拡大、世界経済の危機などが起きそうな感じがする。
>私は、アメリカの中枢にいるのは世界を多極化したい人々だろうと分析しているだけに、今後予測される世界的な崩壊(ハードランディング)は、世界が多極化するプロセスの一つになるのではないかと思っている。
>世界は、混乱の時期を経て、最終的には、アメリカ中心の体制から、より多極化された体制へと転換していくだろうと希望的に考えている。

つまり、世界が崩壊してでも多極化するのを希望してるってことか?
崩壊自体起きないというほうが希望的考えだと思うが。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 19:01:31 ID:tlRYpWTu
なんだか、うーたんの中では多極化自体が目的化しちゃってるからなw

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 19:28:01 ID:fcPEtAIe
神に近い陰謀者たちの計画だから、阻止不可能ということなのだろう。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 19:29:06 ID:fcPEtAIe
多極化というかハードランディングが目的化(ry

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 19:30:23 ID:CDAPRsbA
多極化は必然なんだよ
陰謀なんかなくても

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 20:06:52 ID:dPUNgq/0
とりあえず、うーたんは独裁国家マンセーだからな

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 20:25:25 ID:CDAPRsbA
ペテン師小泉の登場で日本も独裁になりかかったが
それも醒めてよかった。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 21:37:06 ID:auTRvROc
うーたんの「隠れ多極主義者」路線が流行らないのは、言いにくいからだ。早口で言うと噛む。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 21:40:12 ID:dPUNgq/0
うーたんのいう非米国家ってのが意味不明です。
文字どうり解釈すると、非米=米国に非ず っていう意味なんですけど、
米国以外は米国では無いから、非米なんですかねー?

謎だ、、

288 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/11/12(日) 01:44:19 ID:s0FgRH96
彼の記事においては、あらゆる事象を多極化やハードランディング(アメリカ中心
経済・社会の崩壊)に結びつける、というのが先に来ているというのはいえるよね。

ただ彼はこれをある程度(半分くらい)は意図的にやってると思う。

だって普通に「アメリカ経済はやや陰りを見せるが根強さを保つだろう」「イラン
戦争はイラクで失敗している間は起きない」とか書いても、誰も読んでくれないで
しょ? トンデモ説を唱えざるをえない(その意味ではドクター中松とかに近い存
在だな)彼の立場も理解してあげようよ。


289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 02:06:47 ID:FJHmgJWc
うーたんがありがたいのは、米の記事を読んで書いているところ。
日本のマスコミは,戦後米で日本がぼろくそにいわれていても、報道をしないできたので、
米から攻撃を受けているのに気がつかない日本人を作っていた。
そういうのを是正する大きな動きのひとつがうーたん。

米の殺意が仮想敵国日本には伝わらないように工作が続いた十数年が終り、
日本が目を覚ますためにもっとうーたんのような、優れた分析者を育成しないといけない。
学校教育よりも、大人の教育、特に記者や情報担当の自衛官の水準の向上が大事だ。




290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 08:23:15 ID:18xqMqpc
だから色物あつかいされて、新刊も出ないしTV出演もパッタリ、という訳ですね。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 11:46:43 ID:/Nxdh9U+
ラムズフェルド氏の後任はネオコンなのか?

292 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/11/13(月) 01:16:06 ID:vpGx9qp4
wikipediaが詳しいね。ttp://en.wikipedia.org/wiki/Robert_Gates を読むと、
・冷戦時代のCIAのソ連専門家で「ソ連を過大評価して軍需産業を儲けさせた」
・レーガン時代にイランコントラ事件にかかわった
・レーガンとパパブッシュのときにCIA長官に推薦されている
 (でもコントラ事件に関係したため承認されなかった)
・CIA引退後はテキサスA&M大学の「パパブッシュ大学院」の学部長になっている
 (その後大学の学長にまで出世)

ばりばりのネオコンだな。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 01:19:17 ID:McMYbn5M
おまいら、なんでもかんでおネオコンっていう癖そろそろ直せとあれほど・・・
ちなみにラムちゃんですら、ネオコンじゃないぞ。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 04:27:43 ID:XGXNkCSk
>>292
その経歴は単なる保守強硬派にしか見えない

295 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/11/13(月) 06:36:13 ID:vpGx9qp4
ええ、ラムズフェルドはばりばりのネオコンでしょう。チェイニーと師弟関係にあるくらいだし。

あと、アメリカの保守強硬派ってネオコンとほぼ同義語じゃないの? 軍産複合体との関係や
過去の反共路線&中東政策を見るとチェイニー&ラムズフェルドと基本的には似た考えの人のよ
うに思えるんだが。まあ彼らほどの強硬策は取らないかもしれないけど。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 07:17:10 ID:McMYbn5M
>>295
チェイニーもネオコンじゃないって。チェイニーもラムもタカ派であってもネオコンじゃない。
こんなのもはや米国政治の常識だよ。ネオコンも旬が過ぎちゃったから今さらの常識だけど。
つかさ、田中宇宙スレなんだから、宇宙の記事くらい読んでから書こうよw

ネオコンの表と裏(上)
http://tanakanews.com/d1214neocon.htm
ネオコンの表と裏(下)
http://tanakanews.com/d1219neocon.htm
ネオコンと多極化の本質
http://tanakanews.com/g0331neocon.htm

>ラムズフェルド国防長官を辞めさせろという要求も、ネオコンの中から根強く出ている。
チェイニーとラムズフェルドは、軍事産業の代理人として政権中枢に入ってきた色彩が強く、
イラク戦争開始までは軍事費の急増が実現できるためネオコンの戦略には賛成だった。だが、
泥沼化した後のイラクは、軍事産業が望む利幅の大きな新型の戦闘機やミサイル、戦艦など
ハイテク型の軍備ではなく、歩兵関係の消耗品ばかりがかさむ戦争になった。
 米軍の陣容を維持することを重視するチェイニーやラムズフェルドは、表向きはブッシュ大統領の
ネオコン的な強硬路線に賛成する裏で、イラク人部隊の養成や、イラクに影響力を持つイランとの
交渉を目論むなど、何とか米軍を占領の泥沼から脱却させるべく画策しているように見える。
 これに対してネオコンは、泥沼化がひどくなっても「強制民主化」の戦線を拡大してイランにまで
広げたいという方針を持っており、米軍内でネオコンの言うことを聞く特殊部隊を動かしてイラクでの
内戦を煽ったり、イラク人が米軍を嫌うように仕向けるために一般市民を殺害したり、イランと交渉する
構想を妨害したり、ネオコン系のマスコミにチェイニーやラムズフェルドの辞任を主張する論調を
展開させたりしている。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 07:21:20 ID:McMYbn5M
逆の言い方をすると、ネオコンを単なる保守タカ派としか認識してないなら、
一時期とはいえ彼らの思想に染まったブッシュ政権の(少なくとも染まったその時期の)
真の怖さを理解してないんだろうな。

298 :某研究者:2006/11/13(月) 10:49:26 ID:J9oN6Bk6
>ラムズフェルドは、巨額の予算を使って米軍をハイテク化する「米軍再編」を強
>く推進し、911以来急増した国防予算の多くをハイテク化の開発費に使いす
>ぎ、その反動で、イラクに駐留する兵士は、防弾チョッキや装甲車の防弾装備す
>ら足りない状態が続いている。米軍兵士の家族やOBの中には、ラムズフェルド
>を憎んでいる人が多い。

> ラムズフェルドが辞めたら、軍の予算はハイテク化関連が減り、歩兵の関連費
>が増えるだろうが、歩兵の待遇が改善されるとは限らない。ラムズフェルドの辞
>任は、以前からネオコンが要求してきたことでもある。ネオコンは、ラムズフェ
>ルドが辞めて歩兵関連予算が増えたら、歩兵の全体数を増員して、イラクとアフ
>ガンだけでなくイランやシリアなどにも米地上軍を侵攻させ、政権転覆作戦を拡
>大したいと考えてきた。ネオコンの息のかかった人が次の国防長官になったら、
>米軍兵士はもっと酷使されるかもしれない。(関連記事)

ラムズフェルドが辞めたのは
イラク政策転換の為では無く
更成る戦線拡大の為なのだろうか

チェイニー等が多極化を目論んでいると言うが
彼等はグローバリズムを捨てて
米の地方や南部等の古い文化を守ろうとして
居るのかどうかだが
チェイニー派等が大統領選で勝てば
日本も核武装せざる負えぬと言う
事だろうし
保護主義の民主党が勝っても何れ同様の事に
成るかも知れぬが

299 :某研究者:2006/11/13(月) 11:01:22 ID:J9oN6Bk6
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%BC
>妻のリン・チェイニーが以前から歌手のエミネムを攻撃していたことから、近年はエミネムがチェイニーの妻と共にディック・チェイニーを非難する曲を発表している。

米の古い文化を守る為に
米帝国を解体し
グローバリズムも止めると言う
可能性も有るのだろうか

300 :某研究者:2006/11/13(月) 11:15:03 ID:J9oN6Bk6
まあしかしジュリアーニが
孤立主義を望んで居るのかだろうが
チェイニーが予備選で勝てば
彼等が孤立主義を目指す可能性は
有る訳だろうか

301 :某研究者:2006/11/13(月) 11:27:09 ID:J9oN6Bk6
現時点ではチェイニーが一番
大統領選で立候補する可能性が
高いと言う事だっただろうし
ヒラリーに対しても若干優勢なら
チェイニーが勝ち米は孤立主義に
進む可能性が高いと言う事かも
知れぬが


第二次大戦前の孤立主義の米に
政治も文化も戻そうと言うのが
チェイニーの考えであるかも知れぬし
孤立主義を捨てたのはユダヤ或いは
共産主義者に利用された
民主党政権である訳だろうか

302 :某研究者:2006/11/13(月) 12:11:10 ID:+weJWWy6
チェイニーが勝てば米のユダヤ排除と言う事に
成るかも知れぬし
江田島氏の言う様に
ユダヤが日本に移動すると言う
事なのだろうか

303 :某研究者:2006/11/13(月) 12:41:14 ID:+weJWWy6
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061113AT2M1300313112006.html
マケインの可能性も有る様だが
彼もチェイニーと似た様な
物なのだろうか


304 :某研究者:2006/11/13(月) 12:43:13 ID:+weJWWy6
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%B3
マケインは孤立主義では無い様だが
多極主義者はどう考えるのか
どうかだが

305 :某研究者:2006/11/13(月) 12:47:06 ID:+weJWWy6
無謀な戦争をマケインに仕掛けさせた後
孤立主義にさせるとすれば
確かにマケインは多極主義者に取り有用と言う事かも
知れぬが

306 :某研究者:2006/11/13(月) 12:51:31 ID:+weJWWy6
>自身の抑留経験もあり、キューバ・グアンタモ基地の収容所などを強く批判、待
>遇基準を定める修正案などを提案。 特に人権問題には強い関心を抱いており、ブ
>ッシュ大統領の「自由と民主主義の価値観を世界に広める」「全ての圧制の打
>倒」を熱烈に支持している。

まあシリアやイラン・北朝鮮を攻撃するには
確かに打って付けの人材だろうし
此れを多極主義者が利用すると言う
事なのだろうか
(ラムズフェルド更迭も戦線縮小の為では無く
 拡大の為である訳だろうか)

307 :某研究者:2006/11/13(月) 14:35:44 ID:+weJWWy6
>ラムズフェルドの辞
>任は、以前からネオコンが要求してきたことでもある。ネオコンは、ラムズフェ
>ルドが辞めて歩兵関連予算が増えたら、歩兵の全体数を増員して、イラクとアフ
>ガンだけでなくイランやシリアなどにも米地上軍を侵攻させ、政権転覆作戦を拡
>大したいと考えてきた。ネオコンの息のかかった人が次の国防長官になったら、
>米軍兵士はもっと酷使されるかもしれない。(関連記事)

まあ此れはマケインが彼の言う所の
専制国家と戦う為の物であると言う事かも知れぬが
チェイニー等の孤立主義者の暗躍等に拠り
米は負ける運命なのだろうか


>ジョン・シドニー・マケイン3世(John Sidney McCain III, 1936年8月29日 - )
>はアメリカの政治家。パナマ生まれ。

チェイニー(1941生)より
マケインの方が
高齢とは知らなかったが
後10年大統領の任期切れ迄やれるのか
どうかだが

308 :某研究者:2006/11/13(月) 14:40:19 ID:+weJWWy6
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/edajima/vol127.html
>世界最大の石油輸入国であるアメリカが対外収支と財政収支の双子の赤字を抱え
>ながらも、安定的に石油を確保できていたのは、石油取引の通貨がドル建てだか
>らだ。もし、OPEC諸国の多くがユーロへシフトした場合、アメリカ経済の破
>滅、すなわちアメリカ帝国終焉は決定的だ。OPEC加盟国ではカタールが4月に
>外貨準備の一部をドルからユーロに切り替えたと発表した。クウェート、アラブ
>首長国連邦(UAE)の中央銀行首脳も外貨準備のうちドルの比率下げを検討す
>ると警告している。

この侭ではイラクに駐留しても
ドル影響力は低下の一途だろうが
イラクの石油だけでも確保すると言う
事なのだろうか
(此れで足りねばシリア・イラン等も
 攻撃と言う事に成るのだろうか)


309 :某研究者:2006/11/13(月) 14:41:16 ID:+weJWWy6
>このように考えると、アメリカにとってのイラク戦争は、中東全域の平定まで、
>さらには、ドル基軸通貨体制の維持が可能となるまで、終結しないことになる。
>もし、イラクから撤退することがあれば、それは、旧ソ連がアフガンから撤退し
>たのと同様に、「帝国の終焉」を意味する。

チェイニー等の多極主義者は此れを
狙っていると言う事だろうが
此れを行っても米の文化は果たして
守れるのかどうかだが


310 :某研究者:2006/11/13(月) 14:42:31 ID:+weJWWy6
> ここまで読んでこられた、賢明な読者諸兄はお気づきになられたであろう。そ
>れは、「イラク戦争が、ユーロからドル機軸体制防衛のため行われたのであれ
>ば、ユーロを崩壊させれば済む話ではないか」ということだ。

>アメリカには、まだ、切り札が残されている。それは、「NATO解体」だ。E
>Uが基軸通貨の点で、どうしてもドルと覇権を争う気なら、在欧米軍を全面撤退
>させ、ロシアやイスラムの蹂躙にまかせるのだ。これをやっただけで、ユーロの
>価値は暴落するだろう。また、ネオ・コンサーバティヴのグループは、ドルを脅
>かすユーロの脅威に対抗して欧州からの米軍撤退を強く主張している。

まあしかしロシアやイスラムが支配しても
問題が出るかも知れぬし
米撤退は無く共
来年一月のブルガリア・ルーマニアEU加盟後に
ハンガリー等の動乱を拡大させる等すれば
ユーロは暴落するかも知れぬが


311 :某研究者:2006/11/13(月) 14:44:32 ID:+weJWWy6
>EU、中でも東欧には、軍事力も経済力も無い。いわば、不良債権を大量に抱え
>こませる手口だ。

まあ只直ぐに崩壊させられるのか
どうかと言う事は有るかも知れぬが


>このように考えると、民主党の勝利によって、短期的にイラク政策が変化するこ
>とはないが、長期的には、米欧の基軸通貨を巡る争いの激化から、米欧は分裂
>し、EUは崩壊していくだろう。

米よりEU崩壊が先と言う
事なのだろうか


312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 16:48:16 ID:bY+qWQTD
ウイルス(某研究者)侵入を感知しました。

新しいスレッドを立ててください。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 16:49:39 ID:as0zr6kt
っつうか某研究者って誰なのよw
板名物のコテハンか何かなのか?

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 17:03:53 ID:clB1iRc/
軍事板の人

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 06:06:16 ID:VnboSvSj
まったく、どうかだが、どうかだが

316 :ヒューマンチェーン11月16日:2006/11/14(火) 17:06:22 ID:DTSzGpr7



★★ 11月16日(木)ヒューマンチェーン第二弾 ★★


http://www.stop-ner.jp/0609undo.html#06111601

11月8日(水)国会前教育基本法改悪反対ヒューマンチェーン(国会を取り囲む)は、平日にも関わらず2300人の大盛況。
11月12日(日)の日比谷野音での教育基本法改悪反対集会は8000人集まりました!日本全国から多くの人が参加しました。

ヒューマンチェーン第二弾やります。
実施日程● 11月16日(木)午後5時集合〜
場所● 衆議院第2議員会館集合(地下鉄丸の内線国会前下車)

キャンドル・ ヒューマン・チェーン
コール&リレートーク
<呼びかけ人&国会議員など>

行動すれば状況は変えられます!みなさんどうぞ参加してください!!










317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 03:50:49 ID:Nm7j92/x
>>313
確信的なあらし

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 12:50:41 ID:Ed6NDgMr
新作来ないときはええやん。
うーたんより面白いし

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 23:20:43 ID:l4q4iNjj
>うーたんより面白いし

それだけは無い

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 23:37:36 ID:DGPKDkND
http://tanakanews.com/g1114bush.htm
ブッシュ変節の意味
 【2006年11月14日】 ブッシュは、中間選挙での共和党の敗北が決定する前に、
早々と負けを認め、民主党に超党派での協調を呼びかけた。
この変節は、ホワイトハウス内の黒幕たちが、中間選挙で負けることを想定して
事前に考えていたもので、選挙の敗北という好機を使って方向転換が
行われたと私には感じられる。
黒幕たちは「民主党から要求されてやむを得ず」というかたちをとりつつ、
イラクからの早期撤退を実現しようとしている。



321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 01:22:06 ID:p2oANKBa
>>320
おいおい、選挙結果を操作するって話はどうなったんだw

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 01:59:18 ID:HiG1hpIk
操作できるのにしなかった。それはなぜか? が今回のキモなわけだ。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 02:05:11 ID:eg2qRVkw
まだ選挙後に関連記事を書けるだけ良いじゃないか。
去年の総選挙の後なんて、それはもう・・・w

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 09:44:02 ID:I49x5H3H
>ブッシュ政権が、イラクからの早期撤退と、イランやシリアとの協調という路線を
>「民主党に要求されてやむを得ず」という粉飾した形で行わねばならないのは、
>米政界に強い影響力を持っているイスラエルが、これらを望んでおらず、ブッシュ
>政権としては、イスラエルに対する誤魔化しが必要だからであろう。

アメリカのユダヤ人が民主党支持なのを知っててこんな寝言書いてんのかよw
自分自身イスラエルがブッシュ離れしてるとか前に書いてなかったか?

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 11:18:55 ID:zKlaapOg
結論が先にあって裏読みと表読みを結論に合うように使い分けてるように思われる。

326 :某研究者:2006/11/16(木) 17:43:06 ID:8qO8BFUH
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/edajima/vol127.html
>イラク戦争については、ネオコンと呼ばれるイスラエルの代理人によって主導され、嘘で練り固められた理由で始められた、開戦前から必敗の戦争であったことを、
>ようやく、アメリカ人も理解しだしたようだ。私は、この点をイラク戦争開戦の前から一貫して主張しているほとんど唯一の論者だろうと考えている。
>イスラエルの立場で考えると、共和党を操りイラク戦争に突入させ、結果が思わしくないと、容易に本来の彼らの支持基盤であり、宿主である民主党にチェンジするという、
>彼らの常套手段である、「パートナーチェンジ」を行ったとも言える。

と言うのが
正しいのだろうか

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 19:20:03 ID:VMYtbhtL
うーたんの結論は



合っている

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 20:04:38 ID:eg2qRVkw
しかしもうメチャクチャだな。
以前は米国が6カ国協議に固執するのは、中国に覇権を譲渡するため、って
あんだけ主張してたのに、2カ国の協議に応じるかも、ってなったとたん、
それでも中国の協力が必要だから、中国の影響力は大きくなる。
結局、宇宙のにとって現実なんてどっちだっていいんじゃんw

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 20:41:43 ID:lwxP1ptR
私はうー様が

>>この私の分析は、間違っていたようだ。

と書いたことに胸がキュンとしました。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 21:10:44 ID:1w+gxp5o
>>329
ひとつだけ首を差し出す代わりに、全部外れていたことをごまかすわけだな。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 22:33:49 ID:b3RA4aWC
新作きたお。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 11:07:32 ID:yyJgt9EN

▼北の核武装を黙認するアメリカ
▼6カ国協議は多極化のため
▼アメリカに外される日本
▼アメリカ以後に備え出す韓国
▼日米同盟はすでに空文
▼北朝鮮は経済崩壊しない
▼すでに北朝鮮は中国経済の一部?

見出しのお手本のような。


333 :某研究者:2006/11/17(金) 12:04:53 ID:JxMXR6v0
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/edajima/vol127.html
>ここまで読んでこられた、賢明な読
>者諸兄はお気づきになられたであろ
>う。それは、「イラク戦争が、ユー
>ロからドル機軸体制防衛のため行わ
>れたのであれば、ユーロを崩壊させ
>れば済む話ではないか」ということ
>だ。

>まさしく、その通りだ。そのため、アメリカはルーマニア
>やブルガリアといった、NATO加盟国のEU加盟を後押
>し、結果として、EUを崩壊させようとしている。

米英の仕組んだ
来年一月のルーマニア・ブルガリアEU加盟後の
ユーロ暴落の影響で
中国のバブルが崩壊し
ユーロ・中国崩壊に伴なう原油安で
民主主義が抑圧されて居るロシアで動乱が起こり
此れが東欧に波及して更にユーロが
下落すると言う可能性も有るのかも知れぬが
イランや中東・ベネズエラ等・ナイジェリア等も原油安で打撃を受け
動乱が起きる可能性も有るかも
知れぬが


334 :某研究者:2006/11/17(金) 12:05:39 ID:JxMXR6v0
ユーロ高がルーマニア・ブルガリアを
EUに加盟させる為の米英の謀略なら
来年1月加盟後即下落と言う可能性も 
或いは有るのかも知れぬが
最短でも2月頃なのかだが
(江田島氏の言う様に
 ローマのダキア遠征・ヒトラー・ナポレオンのロシア侵攻と同様に
 EU東欧拡大は失敗である訳だろうか)


松坂大リーグ移籍等も有るだろうし
来年の米経済は日本が支えるなら
ユーロ或いは中国からの資金流入等も有り
安泰かも知れぬが
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%8B%F3%91%4F%82%CC%93%E0%8E%F9%8A%67%91%E5%83%6F%83%75%83%8B%82%AA%8E%6E%82%DC%82%E9
日本株は上で言う程上がるのか
どうかだが

335 :某研究者:2006/11/17(金) 12:06:25 ID:JxMXR6v0
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061116AT3S1600C16112006.html
此れもバブル崩壊前の
懐柔策と言う事では
無いのかだが


http://www.teamrenzan.com/archives/writer/edajima/vol127.html
>アメリカには、まだ、切り札が残さ
>れている。それは、「NATO解
>体」だ。EUが基軸通貨の点で、ど
>うしてもドルと覇権を争う気なら、
>在欧米軍を全面撤退させ、ロシアや
>イスラムの蹂躙にまかせるのだ。こ
>れをやっただけで、ユーロの価値は
>暴落するだろう。また、ネオ・コン
>サーバティヴのグループは、ドルを
>脅かすユーロの脅威に対抗して欧州
>からの米軍撤退を強く主張してい
>る。

まあ仏のサルコジ等の右派が
東欧で動乱等を起こされても
簡単に引き下がるのかだろうし
プロディーやサパテロ等も
米に対して強硬であるなら
撤退迄行く可能性も
確かに有るかも知れぬが
メルケルは米寄りだったかも知れぬし
米英の望んでいた独仏分裂と言う事態に
成るかも知れぬが

336 :某研究者:2006/11/17(金) 12:07:51 ID:JxMXR6v0
まあユーロ暴落での中国バブル崩壊・原油安で
中国・ロシア・イラン・ベネズエラ・
或いは中国崩壊で北朝鮮も
崩壊する可能性は有るだろうし
ユーロ暴落のみで日米英の主敵が
一掃出来る可能性も確かに有るだろうが
其の後は日米英間で内紛等は
起こらないのかだが

337 :某研究者:2006/11/17(金) 15:35:06 ID:aUQ2k3m2
松坂が初登板する
4月頃迄にはユーロが崩壊し
日米に金が流入して
米経済は当面安泰と言う事に
成るかも知れぬが
増田氏の言う様な日本株の大幅な上昇は
有るのかどうかだが
参院選対策を考えれば7月迄の
急上昇は有り得る話なら
ユーロは遅く共7月には暴落と言う
事なのだろうか
(参院選直前には日経2万超えと言う
 可能性も有ると言う
 事なのだろうか)


故に来年7月迄には
日米英シーパワー連合が
欧中露ランドパワー連合に
勝利した事が誰の目にも
分かると言う事に
成るのかどうかだが

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 19:43:59 ID:AWF6VD2T
うーたん 凄いなー
北朝鮮は飢餓じゃないってさ

(欧米マスコミでは、北朝鮮の飢餓がひどくなっているという報道が毎年のよ
うに流される。飢餓は1990年代にはあったようだが、実際に北朝鮮の地方
都市もよく訪れている研究者の話を私が聞いた感じでは、今は飢餓が起きてい
るとは考えにくい。マスコミの飢餓報道は、アメリカなどの政治的意図に基づ
いた歪曲の疑いがある)

WFPを使ったアメリカの歪曲報道だってさ

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 20:44:42 ID:jiEm4QWo
>>332
これに
▼崩壊するアメリカ経済
が入ると完璧。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 21:28:20 ID:WkX9eGFP
アメリカ人から見ると日本人の食生活も飢餓に見える。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 23:23:33 ID:hDQSoGZH
ベネズエラの国会が911の嘘を告発(仏『ヴォルテールネット』)(★阿修羅♪)
http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/130.html

[一部転載]
ベネズエラの国会が911の嘘を告発

ベネズエラの国会は、米国大統領に呼びかける決議案を満場一致で
採択した。それは、メキシコ国境における壁の建設を激しく攻撃し
ている。そして第4章で、決議案は、《イスラム・テロとの戦争》
の根拠となった2001年9月11日についての説明を要求してい
る。

《ベネズエラ共和国の国会は、ブッシュ政権が、ワールド・トレー
ド・センターとその犠牲者に対する自爆テロに関し、またペンタゴ
ンに激突したとされる航空機についての明確な釈明、およびビン・
ラディンとブッシュ家との関係を提示するよう強く求める》

911の公式発表に対して疑惑を表明したのは、ベネズエラ国会が
初めてである。----


342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 23:26:55 ID:ayjbJ/4/
>>338
誤) 実際に北朝鮮の地方都市もよく訪れている研究者の話
正) (北朝鮮政府の招待により)実際に北朝鮮の地方都市もよく訪れている市民団体関係者の話

訂正させていただきます。


343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 01:32:27 ID:pKRq0L8y
北朝鮮の飢餓報道は誇張されているというのはそういう部分もあるだろうし、
(日本だって50年前、韓国なら30年前、中国はちょっと前まで
 辺境に行けば木の芽囓って生きているような貧乏なエリアはあったわけだ)
金正日体制はどの国も崩壊してほしいと思ってないから、
中国が迂回融資を斡旋してたとしても不思議でも驚きでもなんでもないのだが、
1カ月前に自分が妄想して書いた原稿とまったく矛盾したこと書いて、
その誤りのワケを他のマスコミの報道が歪曲しているからって言うのは、いくらなんでも責任逃れが酷すぎだ。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 03:25:01 ID:r2+b/FBk
▼アメリカ以後に備え出す韓国

サラリと酋長さん援護記事入りましたよ。
そろそろ核心に近ずいてきましたか

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 14:41:55 ID:3d4RJ4EB
密約や政治的合意だけで覇権が移動し世界が変わるとでも言いたげだな。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 14:45:59 ID:xzz7P5c7
何を言う!うーたんは願望だけで覇権が移動するって言ってるんだぞ!

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 15:23:42 ID:AE/KtnQg
こいつの文章を読んだら、ネタ元がすぐわかる。
さすがだね。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 15:56:50 ID:AkKVxNlD
アメリカが多極化を目指してユーラシアから手を引いたら
世界は戦国時代を迎えるんだけどなw
田中宇はそのことを分かっているのかな?w

今まで、世界大戦に発展しなかったのは
アメリカによってパワーバランスを保っていたからで。

たとえば、アメリカが中東から退いたら、イスラエルは潰れるだろう。
そうなれば、国連の意義(イスラエル建国)が失われる。
また、シーア派とスンニ派の間で戦争になる。
アラブ、イラン、トルコ、クルドを交えての戦争だ。

また、アメリカが欧州から撤退したら、NATOが崩壊
ユーロも崩壊するかもしれない。

むしろ、これらをアメリカは望んでいるかもな。
今みたいに世界唯一の超大国で世界中から標的にされるのは
アメリカにとって不本意だと思われ。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 16:32:43 ID:kAPfwlCD
多極化による地域紛争の拡大によって各国を疲弊させるつもりか。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 16:34:28 ID:nrp8wuhC
>>348
世界中から標的って言っても、問題なのは中東だけなわけで。
中東の処理が酷すぎるからうーたんのような邪推もできちゃうんだよなあ。

>>347
kwsk

>>349
鬼の戦略だな


351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 16:43:56 ID:AkKVxNlD
>>349
そのほうが戦略としては賢いからな。
アメリカが政治的に超大国になった経緯って
まさにそれだからな。

第二次世界大戦直前までモンロー主義で、
ユーラシアで他国が勝手に戦争をして疲弊したところで

突然出てきて、主役を勝ち取ったのがアメリカ。


そういうふうに考えたときに、今のアメリカのやり方は
決して賢いとはいえない。
一旦、自国へ引き下がって、ユーラシアが大混乱になってから
正義の味方として出没したほうが効率が良い。

352 :某研究者:2006/11/18(土) 19:23:43 ID:pWfPGsLP
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061118-00000656-reu-bus_all
まあ米英が此れを
OPECのユーロ採用同様に
座視するとは思えぬし
独の増税やブルガリア・ルーマニア等の
米英が送り込んだトロイの木馬で
来年早々にも壊滅と言う事に成りは
しないのかだが

日本の投信のユーロへの資金流入・
或いは独でのW杯開催さえも
欧州のバブルを演出する為の
トロイの木馬だったと言う
可能性も有る訳だろうか

353 :某研究者:2006/11/18(土) 19:25:28 ID:pWfPGsLP
まあ矢張り
江田島氏の言う
日米英シーパワー連合の同盟も
ランドパワーを打倒した後は
続くのかだろうし
来年にも有る欧中露ランドパワー打倒後に
日本が米英を叩く或いは実質的に
支配する事は
有り得るのかどうかだが
米英はネオテニー化し進化した日本が
ランドパワーを打倒する為の兵士であれば
ランドパワー打倒後は米英は
用済みかも知れぬし
彼等を叩く或いは支配出来る可能性も
有る訳だろうか

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 22:40:19 ID:YLjNwiZ9

被害妄想的、田中流分析

うさんくさ・・・



355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 23:13:08 ID:lKUYGdpe
日本も米のアジア撤退後の戦略くらいは立てておいた方が良いとは思うけど、
その場合はロシア・中国の圧力に耐えられる国になっていることが大前提
だよね。その点、宇ーたんはどう考えてるのかな。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 23:56:31 ID:xzz7P5c7
>>355
うーたんは日本は中国のしもべになれと一貫して主張しておられます。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 00:15:45 ID:dR7nbgKI
その方が楽でいいよ。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 00:18:00 ID:8RlV9QZQ
じゃあ撤退するまでは米国の僕でokってことで。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 00:34:46 ID:n9C/Coo6
> この状況は、対米従属こそが最重要の国是である日本にとって、重大な危機である。
> 本当は「日本はどうしたらいいのか」「アメリカの覇権が衰退した後の
> 日本のあり方を急いで考えねば」といった大騒ぎが、政界やマスコミなどで起きるべき状況なのだが、
> 実際には議論は全く起きていない。

議論するまでもなく、自衛隊の国軍化と核武装が必要だって国民は分かっているからでしょ。

> 9条を中心とする憲法の改定や、最近政界で出てきた「核武装論議」などは、
> アメリカの覇権衰退後を見据えた日本の国体の変更を模索する動きなのだが、
> そのように銘打って行われておらず、話がすりかえられている。

そりゃ、中国の軍事力が危険だからとかっておおっぴらには言わないでしょ。

宇宙先生は執拗に日本の核武装に反対しているけど、日本の独立の維持を考えれば
最終的には核武装までたどり着くだろうな。



360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 03:21:49 ID:Z8jnmeLT
つーか中国や北朝鮮の脅威に対する自衛をどうするかって話なのに
自分一人が執拗にアメリカの話にすりかえようとしてるって気が付かないのかなぁ

361 :某研究者:2006/11/19(日) 08:19:13 ID:pkpRoHha
ユーロ下落と其れに伴なう石油下落で
欧中露ランドパワー連合は来年にも
日米英シーパワー連合に敗れるなら
(中国バブル崩壊なら北朝鮮も
 自動的に崩壊だろうし
 石油安ならイランやベネズエラ等も
 アウトかも知れぬが)
核武装は必要なのかだが
シーパワー連合勝利後の日米英内での内紛に
対処する為に
核は必要かも知れぬが

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 16:12:07 ID:iMGot1tT
「一人負け」の日本
 【2006年11月16日】 911後のアメリカが故意の失策を繰り返し、
何も変わっていないかのように見せながら隠然と世界から手を引き始めている
今の新状況に、日本も早く気づき、次の国是を考え、対策を打った方が良い。
韓国や中国、ロシアは、すでに新状況に気づいている。
北朝鮮の金正日も、もう気づいたかもしれない。
このままでは、日本だけが出遅れて「一人負け」することになる。
http://tanakanews.com/g1116japan.htm

363 :にゃ:2006/11/19(日) 16:29:42 ID:iMGot1tT
>核実験したのにアメリカに黙認されることになった北朝鮮側は、
>気が大きくなり、安倍首相の厳しい発言を揶揄するように
>「日本こそ6カ国協議に出てこない方が良い。
>日本はアメリカの家来でしかなく、外交能力も低いので、
>会議に出てくる意味がない」という声明を発表したりした。(関連記事)

北朝鮮がこのコメントをだしたのは、おそらく,米側の担当者がそういう発言を
 したからだろう。それを北朝鮮がまねただけ。

外務省が現在、かなり緊張した状態にいるのは、民主党政権で日米同盟がなくなるというのが
見えてきたからだろう。

それを避けるには、シュワルツネッガー大統領の誕生しかないのだあああ。
とかいってみる。(憲法の修正は無理だろうなあ。)







364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 16:35:02 ID:iMGot1tT

日米同盟がなくなると、それにかかっている経済的な損失が年間数十兆円ほどなくなるので
劇的に日本が経済成長するというのもありうる。
景気の刺激すら妨害されるこの20年の封じ込めが終われば日本に劇的な経済成長の時代が
くるともいえる。それには自民党や税制調査会などの素人に、プロがとってかわることが
必要だ。政治と経済にプロがいないから・・・日本には。プロを作るところから始めないと。

4兆円も税収が増えたなら、消費税廃止しろという議論が起こせるように、現在の議員を
打倒しないと。

消費につかう金が100あれば、
消費税5%で、売上95
消費税10%で、売上90. 売上の減少は利益の減少、当然税収の急速な減少と雇用の減少
になる。


365 :ららら:2006/11/19(日) 16:36:16 ID:ZiKaMNYj
ららら

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 16:37:46 ID:iMGot1tT

>「日本はどうしたらいいのか」「アメリカの覇権が衰退した後の日本のあり方を急いで考えねば」
アメリカの衰退が、わかる程度の知識人が、団塊の世代にはいないのが日本。
大学でギターを弾いていた世代だけに、英語も苦手だし、そもそも教養がない。

学校のバウチャーとかは、まさに米の失敗した政策なので、安倍政権が米に弱いのはわかる。
日本の教育をどうしても米は破壊したいのだ。
上の世代は、米の教育がどのように壊れているのか知らないので、まあ、ものすごい要求を
軽くのんでしまう。

ところで、韓国から米軍がいなくなると、中国はどのように振舞うのだろうな。
とりあえず、日本と戦略的互恵関係ということで、準同盟関係に入ることになる。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 16:43:05 ID:JtzmkWpg
6カ国協議に日本は出てくるなって主張は北の従来からの一貫した主張なんだけど(苦笑

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 16:45:48 ID:iMGot1tT
> 重要なのは、911後のアメリカが故意の失策を繰り返し、
>何も変わっていないかのように見せながら隠然と世界から手を引き始めている今の新状況に、
>日本が早く気づき、次の国是を考え、対策を打った方が良いということである。
>韓国や中国、ロシアは、すでに新状況に気づいている。


いや、他の国は、まだ米の衰退の本当のところを知ってないと思うよ。
 うーたんが、もっともこの問題に鋭いのだと思うよ。
 

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 16:46:24 ID:aeSmMxIF
うーたんも北朝鮮でビジネスすればいいじゃん。自分で。

俺は仕事で中国にしばらくいたけど、もういいよって感じ
評論家の戯言を相手にするほどビジネス業界もバカじゃない

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 16:53:55 ID:iMGot1tT
不利になる日本外交
http://tanakanews.com/f0930japan.htm
日本の孤立戦略のゆくえ
http://tanakanews.com/f1124japan.htm

過去のもいい出来だね。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 18:27:18 ID:L7SH73Gd
本日のうーたん=ID:iMGot1tT

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 22:02:00 ID:WXgR2ylX
中国の成長が今現在めざましいのは確か。そして力をつけてるのも確か。
だが、すぐに不況はやってくるし、停滞期は訪れる。例えば日本のように。

米国が微妙に不調なのも確か。そしていくつか力及ばなくなっているところがあるのも確か。
このまま英国のようになだらかな下り坂をゆっくり下るか、再びはい上がるかは米国次第。

うーたんもリアルタイムで体験した「ジャパンアズナンバーワン」の経験をいかせよ。
今不調だから同盟をやめるとか、今調子いいからそれについていくとか・・・
それも必要だけど、自国の利益と文化と歴史を考え、誰と組かを考えるべき。

例えば、今まで中国は世界最強の米国と「仲良く」はしていなかったでしょう?
つまり中国は世界最強の国と「仲良く」しなくても発展できることを示してくれている。
中国が世界最強の国になったとしても中国と「仲良く」する必要はない。米国についたままでも問題ない。
それを今現在中国自身が示してくれているじゃなですか。
うーたんはそんなこともわからないの?

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 22:02:45 ID:aeSmMxIF
宇宙先生は、ミサイル防衛の悪口はいつも書くけど、
来年位から実戦配備の始まるレーザー兵器については一言も触れないね。

単に軍事音痴だから?

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 22:15:46 ID:JtzmkWpg
はい、単に軍事音痴だからです。
宇宙先生は日本に原子力空母が母港配備される意味も
グアムの第13空軍司令部を廃止し横田基地の第5空軍司令部に統合する意味も
そのグアムに原子力潜水艦10隻を増強配備する意味も、在日米軍が
西太平洋における指揮統制中枢になることの意味もよく理解しておられません。。。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 20:51:31 ID:jqh5hbJf
じゃあ、そのうち日本でも徴兵制を復活しろとか言い出しそうだな。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 22:01:39 ID:W+rLZIgg
>>375
むしろ「在日米軍撤退の空白を埋め、多ry」の理屈で
中国軍の駐留が「米中の間で進められている」とのたまっていただきたし。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 00:14:40 ID:+essN48q
そうか経済だけじゃなくて軍事もダメなのか。

378 :某研究者:2006/11/21(火) 11:27:52 ID:sP36AEDh
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061121-00000019-jij-int&kz=int
シンプソンが白人至上団体等に
暗殺される可能性は無いのかだが
この様な物の放映を計画して居たTV局も
最早正気では無いと言う事だろうか
(白人至上団体等に拠るシンプソン暗殺で
 人種暴動と言う可能性も
 有るのかも知れぬが
 米に敵対するランドパワー勢力が
 此れを画策している可能性は
 有るのかどうかだが)

379 :某研究者:2006/11/21(火) 11:31:03 ID:sP36AEDh
http://www.chokugen.com/opinion/backnumber/h18/jiji061120_390.htm
>米国は本年インドと核技術協力合意を交わした。小泉内閣
>はインドと安全保障条約を推進することに合意した。これ
>は何を意味するか? 日米両国ともフォーカスを避けてい
>るので今回は述べない。ただし日米にとって、またアジア
>の秩序にとって、2007年からの最重要課題になることだけ
>は確かである。

中国バブル崩壊後に
インド軍がチベット・ウイグルに侵攻し
分割支配すると言う
可能性も有るかも知れぬが
果たしてどうだろうか
(チベット・ウイグルは
 イスラム教徒や仏教徒が多く人種的に
 インドに類似していると言う部分も有る訳だろうが
 ヒンドゥー教徒主体の現政権が
 イスラム教徒を抱え込む事を望まぬなら
 ウイグル侵攻は無い可能性も
 有るだろうか)

380 :某研究者:2006/11/21(火) 11:32:14 ID:sP36AEDh
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/edajima/vol128.html
>ここまでで、チグリス・ユーフラテスのラインが、中東の
>勢力限界であり、最終防衛ラインだということ、そして、
>イスラエルはその防衛に戦略的に失敗したことが、お分か
>りいただけただろうか。家康は、関が原の後、15年をかけ
>て、大坂城を落としたが、果たして、イスラエルはそれだ
>け、もつだろうか?イスラエルの立場では、時間の経過は
>不利を招くだけなので、篭城はできない。つまり、打って
>出るしかない。一か八かの積極策に賭けるだろうと予想す
>る。

>基軸通貨の観点から、今までの動きを整理すると、現在、
>世界の原油価格を決定しているのは「ニューヨーク石油取
>引所」である。イラクが行おうとした原油のユーロでの決
>済、さらには、構想があるテヘランの製油取引所の設立
>は、石油をドルではなく、ユーロで米国以外の国やバイヤ
>ーと取引するということにつながり、さらには、多くの国
>やバイヤーたちが次々とドルではなく、ユーロで石油を取
>引するようになっていく。それは、将来、ユーロ建ての石
>油を買うために、為替市場でドルを売って、ユーロを買う
>という、つまり大量のドル売りが始まり、世界通貨として
>のドル体制が崩壊することに繋がる。

>私は、事態の背景を丹念に追っていくと、全ての絵を描い
>たのは、フランスのシラク大統領ではないかと考えてい
>る。つまり、シラクVSユダヤ(ネオコン)というのが、こ
>の闘争の根底にある。考えてみれば、EUやユーロを推し進
>め、中東でアメリカに挑戦しようとする勢力は、フランス
>ぐらいしかないだろう。そして、フランスと、アメリカや
>イギリスには、本質的な利害の対立がある。それが、ラン
>ドパワーとシーパワーだ。

381 :某研究者:2006/11/21(火) 11:38:10 ID:sP36AEDh
米もイラク戦争の損害も有るだろうし
自分ではイランやシリアを攻撃せず
イスラエルが攻撃して米は此れを
武器の輸出等で支援すると言う
方向に成る可能性も
有る訳だろうか
(米軍へのテロ拡大を恐れて
 空爆でのイスラエル軍支援も無い可能性は
 有るだろうか)


>日本としては、むしろ、この空母削減の動きを利用し、
>「いかにして、親日派が多い米海軍をリースし、日本のた
>めの運用をするか」を戦略的に検討しなければならない。
>米国の財政赤字増大、アクエリアスの技術化と米海軍への
>優先供与、そして私の海洋国家戦略を上手く組み合わせて
>いけば可能だ。武士の情けで星条旗は掲げさせてもよい
>が。キティホークの日本への払い下げと海上自衛隊の運用
>はその嚆矢になるだろう。

連山チームは政府の意を受けて動いて居ると言うが
キティーホーク等の通常動力空母のレンタルが
有るのだろうか
(中国の空母に対抗してと言うより
 中国のバブル崩壊後と言う事に成るかも知れぬが
 米も保護主義等で力を失い
 日本が英連邦ネットワークを利用して
 世界を支配する為の空母の一部と
 此れは成るのかどうかだが)

382 :某研究者:2006/11/21(火) 11:41:50 ID:sP36AEDh
>私は、事態の背景を丹念に追っていくと、全ての絵を描い
>たのは、フランスのシラク大統領ではないかと考えてい
>る。つまり、シラクVSユダヤ(ネオコン)というのが、こ
>の闘争の根底にある。

与党後継のサルコジが
来年4月の仏大統領選で勝ってもこの路線が続くと言う
事かも知れぬが
左派のロワイヤルが勝った場合でも
同様なのだろうか

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 12:26:07 ID:YNd5a3iZ
レバノンに駐留してるフランス軍に威嚇を続けるのも
シラクVSユダヤのあらわれだろう。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 15:22:40 ID:bi848Myr
>>382
サルコジって、移民だよね。
父親がハンガリーの下級貴族。
母親がギリシア系のユダヤ人(スファラディのほう)。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 15:47:44 ID:0kNBkep7
サルコジってすんげえ反日だよなw

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%B8

04年1月に香港を訪問した際、「率直に言って、日本よりも中国の方が好きだ。香港は
魅惑的な都市だが、東京は息が詰まる。京都御所はうらぶれている。有名な庭園も
陰気だった」「ポマードをなでつけた太った男同士が戦うことがなぜそんなに魅力的なのか。
(相撲は)インテリのスポーツではない」などと、日本をこき下ろす発言をしたと報道される。

さすが悪魔の反日ユダヤ人の血をひいてるだけあるな

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 16:35:12 ID:eOvngNCk
日本よりも中国の方が好きだとか東京は息が詰まるとか、以外は基本的に同意できる意見だな

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 16:40:01 ID:QZr61+GR
新作:中国の台頭と日本の未来、頷けるところが多々あった。 

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 17:29:35 ID:j7bqa4ja
親日派でも内心では同じこと思ってるんじゃねえのか?
見慣れないやつにとっては、相撲は醜いにきまってるよ。あんなデブが
汗まみれで抱き合ってさ。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 17:51:52 ID:0kNBkep7
香港や上海は魔都といわれるからな
要は悪魔のすむ都
まあ香港にあれだけビル建てたのもイギリス領下の時のロスチャイルドだろうし
今、現在上海に建設しているのもサッスーン
サルコジを初め悪魔であるユダヤ人にとっては住み心地がいいんだろうな

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 18:02:41 ID:nkFxePPx
高見山が巨漢力士(たった160kgだったのに)と呼ばれていた頃を
知っている日本人にとっても今の相撲はあまりに醜悪。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 18:03:26 ID:grnjfUSQ
ユダヤを味方にできない日本

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 18:28:28 ID:9nTGD/sW
>>391
ユダヤを味方にして戦争に勝って民が幸福になった国があるのか?

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 18:29:04 ID:eWtNUVM+
中国はマカオにラスベガス以上のカジノを作る予定らしい。
こんな金どっから出てるかというと結局はユダヤ人が
日本とアメリカから搾り取った金でつくっている。
景気回復しているというのは嘘でむしろアメリカも日本も
中産階級に非常に住みにくい国になってる。
田中のいうアメリカの衰退も間近なのかもな。

394 :にゃ:2006/11/21(火) 19:07:33 ID:UgMuNpT9
相撲が日本の悪いイメージを代表しているのは、まちがいない。
エネミーオブネイションとかいうハリウッド映画で、相撲の怪しい映像がでていたのを思い出す。
日本の外務省は、こういうのを理解しないと。
お茶とか・・そういうのが、日本の味方を減らしいている・・・・

マンガ・アニメ・すしが世界中で人気・・・これは、21世紀は日本の時代であることを予感させる・・

人材難さえ克服できれば、日本はいくらでも大きくなるよ。
人材難を自覚して、育てないといかんよ。

アジアでは日本は中国を指導する立場・・・極東の盟主の座を得るべきだよ。

最近やっと役人というのは、受験のために学んだ英語と数学の能力以外はあまりないのが
わかって、役人に向かないことをさせているので、いろいろな問題が解決できないでいるとわかってきた。

糸川英夫がいっていたけど、能力を作るには、斜め上の目標に向けて直線をひいて、
そこに自分で階段をつけて登るのが大事らしい。予算140万の研究・・・一本2000円のペンシルロケット。
こういう前段階を用意することで人工衛星打ち上げ成功という研究成果をあげれたのは現代日本にはない研究の仕方かも。
現代日本は知恵がない分、金をつかっている印象があるよ。
 現代日本人は、英語と数学以外の能力をあまり獲得しない。基礎だけしか獲得しない。
現代日本人は、金がなかったころの知恵を学びなおすべきだね。
「知恵なき日本」・・・なんでこうなったのだろうね。





395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 20:43:21 ID:cisB64uR
>>392
つーかユダヤはほとんど全ての戦争で両方の味方であり敵でそ?

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 20:46:00 ID:G0X9GI+x
人材確保は一生懸命やっている

留学生拡大へ合同説明会=東大などが北京で来月開催
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061026-00000091-jij-int


397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 20:53:09 ID:vY1l6qpo
>>389
サルコジは母方がユダヤ人らしいが
それも少数系のスファラディでギリシア系らしいが

アメリカに居る偽者疑惑のユダヤ教徒ハザール人とは違うのか?

ユダヤ人って、流派によって全く違うんだろう?

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 21:05:54 ID:G0X9GI+x
うーたんも再三どっちの陣営にもユダヤ人がいると言ってるじゃないか

 ユダヤ人の最大の敵はユダヤ人であると言われる。ユダヤ人がアラブ人など
を騙すのは簡単だが、ユダヤ人どうしの戦いは秘密戦争であり、外部の人間に
は、誰と誰の戦いなのかも判別しがたい。しかし、アメリカと世界の将来がど
うなるかは、この秘密戦争の行方がどうなるかにかかっている。この問題はタ
ブー視されたり「陰謀論」として退けられることが多いが、この問題を考えず
に、国際政治を語ることはできない。
http://tanakanews.com/f0622israel.htm

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 21:19:40 ID:vY1l6qpo
>>398
ユダヤ人といってもね、
スファラディとアシュケナジは全くの別物だから。

古代ユダヤ人の正当な出自を持つものはスファラディ。

アシュケナジは、全く古代ユダヤ人と異なる民族は
便宜上、ユダヤ人に回収しただけだから。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 21:42:44 ID:plXooTxd
>>399
そんな高度な区別を、保守とネオコンの区別もつかないうーたんがつけられるわけが無い。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 21:47:37 ID:G0X9GI+x
>>399
それも含めてリンク先で言ってるよ

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 23:58:32 ID:RORQl1g/
最後のはおまけだな。
ああ、言っとかないと、「中共の走狗め!」と言われかねないからな。

どうでもいいけど。「ちゅうきょう」で変換できないぞ?


>中国だけがアジアの覇権国である状態は「中国単独覇権体制」
>になるので嫌だと思っている。

そのためにもアメリカの軍事力が必要だろ。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 08:21:53 ID:BBKgKZnI
宇とばしすぎ。うさんくさいのレベルを超えたもう

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 09:13:01 ID:cQaLuWAe
デービッド・サッスーン
デービッド・ロックフェラー

言い換えれば
デビル・サッスーン
デビル・ロックフェラー

悪魔・サッスーン
悪魔・ロックフェラー

http://hiroshima.cool.ne.jp/h_sinobu/Satan_belief_which_Rothschild_deified.html
ロスチャイルドの悪魔教について


405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 12:11:02 ID:4mXAx/aS
アルバート・パイク (1809〜1891年)

★「第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティの
 エージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、
 ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」

★「第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』(パレスチナ地方に ユダヤ人国家を
建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現 されることになる。その結果、
ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の 建設がなされるべきである。」

★「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが
 引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」
 「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」

↑このようなことを考える連中は、もう次の大国は中国ということに決めました。
米の多極化(意図的な衰退)中国への冨の移管が行われます。その為に鬼畜米の傀儡
小泉自民の一連の改革によって日本の金は本当に破綻し無いように米に、そして中国には
金とともに技術までも垂れ流します。郵政民営化で運営会社を外資が行い利回りの低い
日本国債は買わず米国債に当てられそのため日本国債を大量に保有している銀行生保は
傾きます赤字国債の引き受けてもなくなります。そして外資が入り込みますそしてその銀行
から融資を受けている日本の根幹製造業も外資が入り込みます。その為に三角合併も
始まります日本解体破壊です。中国に金技術を流すも外資つまり鬼畜米を支配するユダヤです。
日本を破壊解体することが彼らの目的ですから。米の衰退中国の台頭で日本がどうのように
扱われるかは推して知るべしであって米中は連携しています。無策に日本は傀儡自民に任せ
死ぬのを待つのにということでしょう。米を支配しているのはユダヤですユダヤが主催する
世界経済フォーラム・ビルダーバーグ会議・日欧米三極委員会・外交問題評議会は米政府の
上部機関です。ネオコン、シオニストなど親イスラエルのキチガイたち、こいつらはA・パイクと同類です。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 12:15:42 ID:4mXAx/aS
↑こういう一線を越えた話は昔の日本では国会レベルでも話されていたんだけど
最近は、勝手に脳内で思考範囲を決める従順な人ばかりだから、トンデモ話だとか
で片付けられ、テレビマスコミが報道しないことは信じることが出来ない人ばかり。
そのくせマスコミ批判ばかりするこのアイロニー。
本当は、国を預かる頭脳階級の人はこういうことも真剣に考えていくことだと思ってます
けどね。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 12:41:43 ID:4fK/XAhR
要は一部のネオコン、シオニストはイルミナティ・エージェントということだろ
アメリカとイスラエルを自滅させる方向に導かせるね


408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 18:52:18 ID:gIkGeoKn
>北朝鮮の問題に対する今のような後ろ向きの対応
って具体的にどういう対応?

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 20:04:35 ID:zqctBD7L
>日本が台湾独立派に協力してもうまく行かず、自滅行為になる。むしろ日本は、国民党側との関係を強化し始めた方が良い

もはや何の遠慮もなく本性剥き出しにしてきたなw
多分、もうマスコミに呼ばれたり、出版物を出したりできないって悟ったんだろうな。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 20:19:06 ID:nnWCWhsT
台独は反米だからね

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 00:32:33 ID:K/8qheKz
>>405

郵貯は相変わらずほとんど国債で運用されてるんだが。
民営化しても大部分は旧勘定として政府が管理するわけだし、民営化前から民間に運用委託はしてるわけで実質的な意味はない。
それに役人に運用させるままのほうが本当にいといえるのか?いやなら他に預け変えればすむ話だろ。郵貯に預け続ける義務なんかないんだから。
それと株主が誰になるかと産業が衰退するかは別問題だろ。日本は外国からの投資は少ないほう。
銀行生保が傾くとすれば外資云々よりデフレスパイラルが再来するほうがはるかに高いリスク。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 01:46:21 ID:Vd8Yapwk
>>411
この公社承継法人は、旧勘定の、つまりいままでの大きなお金の保有、
保存の会社ですが、金の運用は自分でやらないと書いてある。自分では運用をやらない。
運用というのはどういうことかというと、丁度皆さんが持っているお金を、
まぁ銀行に預けても役に立たないけれど、投資信託をしてみようとか、
外貨を買ってみようとか、ゴールドを買ってみようとか、なんにもやってもだめだから、
最後には土地に穴を掘ってそこに埋めておこうとか、いろんなことを
日本人はいまみんな考えているわけですが、そういうのを運用というのです。
この運用を任されるのは公社承継法人じゃなきゃおかしいでしょう。
自分で運用しなきゃ嘘でしょう。ところが、これが自ら運用しないとなっている。
外部に委託して安全運用を図るというのです。運用を委託される外部は
どういう外部かというと、さしあたりは新設された郵便貯金会社、
郵便保険会社が運用を託されるということになっているんですよ。
しかし皆さん、じつはここが危ないところなんですよ。
この二つの会社は、日本の会社だから安心だ、と思っていいですか?
じゃないのですよ。51%の条項はついていないんですよ。しかもこれは
民間会社ですよすでに。民間会社は預かったものをどう使うかは自由じゃないですか。
民間会社は政府の管理の外なんですから。ここがこの法律の一番危険
きわまりないところでございます。そうしてですね、大事なことは
日本にはお金を操る才能を持った、長い歴史を持ったユダヤ資本に
比べられるような投資の才覚のある人間が育っていない。
そんな才能はないんですよ。野田聖子さんのところに刺客として迎え
られた女性がいますが、ああいう人が外国へ行って勉強してきて、
偉そうに言ってやっているという程度でですね。郵政省のお役人が急に
郵便貯金銀行の重役になったところで、そんな才能があるわけがないんですよ。
結局どういうことかと言うと、外国に頼るという話にならざるを得ないんですよ。


413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 01:48:50 ID:Vd8Yapwk
>>411

>銀行生保が傾くとすれば・・・

郵政ユダヤ化による日本経済の破壊:郵貯銀行が日本国債を
引き受けなくなる結果、国債が暴落し国債を大量に抱える民間銀行が
疲弊する。ただ同然の株価になった銀行をユダヤ資本が買い漁る。銀行
から借り入れをしている製造業も、ユダヤの手に。日本経済がユダヤに
乗っ取られ、日本人はユダヤのためにただ働き。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 01:59:17 ID:Vd8Yapwk

◎新生銀行のリップルウッドへの売却:国内にいくらでも引き受けての
あった旧長銀をわずか10億円でユダヤ資本に譲り渡し、8兆円の国費を
つぎ込んで再建し、短期間でユダヤ人にぼろ儲けさせた小泉。
「予定通り」、産業再生機構がいのいちばんにダイア建設を救済。
救済されるとわかっていての債権買取。ユダヤ錬金術。
◎為替介入名目で米国債買い支え:04年の4ヶ月間に為替介入資金
として約35兆円を使い、そのうち約30兆円で米国債を購入している。
為替差損を一兆円も出している。為替介入は口実で米国債を購入する
ことでアメリカのイラク戦を背後で支援することが目的。

すでに確信犯であって善意の民営化だと思い込むのはあまりにも稚拙でしょう。
大事なことは単独事象を凝視しすることではなく一連の小泉改革が
アメリカの意志に連動していることの流れを見ていくことだと思いますけど。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 03:01:15 ID:soCLjTKm
素晴らしい! 411はただの工作員!

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 04:26:38 ID:d50DwDDO
いや、工作員はどう考えても田中宇。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 04:43:38 ID:SOLfGwE5
読めば読むほどうーたんは正しい。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 16:52:19 ID:tHpPhn1B
おまいらうーたんの記事の内容にも触れてやれよ
せっかくアメリカが衰退して外国からの投資がなくなったら真っ先に困るのが中国だってことを
無視してつっこみどころを用意してくれてるのに

>日本のマスコミは、アメリカが抱える危機についてほとんど分析しないので、日本人の多くは
>私の分析に懐疑的だが、私自身は、欧米のメディアを毎日読んだ上で、多極化の傾向が強まっ
>ているとますます強く感じるようになっている。

こんな風に泣きを入れて寂しがってるじゃないか

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 00:33:37 ID:WJa4vZbk
うーの多極化は妄想の産物。
多極化のための多極化だ。
目的と手段を取り違えている。
だからうーの「分析(?)」を誰も相手にしない。

他の人のは「何のための多極化か」について
まともな説明が為されているので、相手にされる。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 01:36:15 ID:YYdGoP2i
>>418
以前は結構まじめに付き合ってた奴もこのスレにはいたんだよ。
リンク先の英文記事ちゃんと読んで具体的な翻訳の間違い
(というか、単なる希望的解釈の間違い)を指摘してる人もいた。
でもみんなもう馬鹿らしくなっちゃったんだよ。
漏れなんかもうタイトル見ただけで吹き出しちゃって中身半分も読んでないよ。。。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 06:44:23 ID:10abRmXB
イギリスのロシアKGB暗殺事件はまだか 推理

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 07:08:28 ID:10abRmXB
いや。今回の記事は結論がめずらしくまともだったw

>東アジアと東南アジア諸国のほとんどは、中国人の影響を強く受けている。インドネシアやマレーシアのように経済を華人に握られているか、シンガポール、タイ、フィリピンなどのように中国系の政治家が影響力を持っている。朝鮮とモンゴルは分断され、
半分は中国の影響下にある。  そんなアジアの中で、日本は、中国系の閣僚がおらず、
経済を華人に握られていないほとんど唯一の有力な国である。
アジア諸国は、中国だけがアジアの覇権国である状態は「中国単独覇権体制」にな
るので嫌だと思っている。中国系ではない有力国として、日本の影響力の拡
>大は歓迎されるはずである。

これはそのとおりだが、俺が知るかぎり、はじめて「アジア」と中国を別のものとして扱っ
たなw いままではアジア=中国として扱っていたが

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 12:26:12 ID:tREnV3tr
>中身半分も読んでない

怖くて現実を認めたくない気持ちはわかるよ

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 13:11:22 ID:D9MN0QIZ
中国の台頭と日本の未来
 【2006年11月21日】 かつて、アジア・アフリカなどの多くの
発展途上国にとって、日本は発展のモデルだった。
世界には、欧米文明以外の文明に立脚している国が多いが、
日本が、日本的なものを残したまま、欧米の技術やノウハウを
取り入れて発展に成功したことは、
同様に富国強兵を目指す非欧米系の国々にとってお手本だった。
ところが今、多くの途上国にとって、日本をしのぐ発展のお手本に
なりつつある国がある。それは、中国である。
http://tanakanews.com/g1121china.htm

425 :にゃ:2006/11/25(土) 13:20:36 ID:D9MN0QIZ
>多くの発展途上国にとって、日本は発展のモデルだった。
>同様に富国強兵を目指す非欧米系の国々にとってお手本だった。

日本をお手本にしている国が多い
これは、うそだよねえ。日本でよく見る話だけど。
日本型でうまくいったのは韓国だけだ。中国も日本型に近いが。
冷戦の間は、アメリカ・ソ連・中国のどれかを途上国は真似ていたのであって、
日本型などほとんどモデルとされていないと思う。

日本人ほど世界は努力しないから。

日本の発展を西洋の歴史学者が誤認したまま本をだして、
それがまちがったまま広まったのだと思うよ。

西洋の学者も研究はしていても日本語の壁を乗り越えなれないので、
新聞にのったような話をつぎあわせて適当な日本論を作り上げていたのだよ。

日本がものすごかったので日本を滅ぼ方向だし、、第二の日本をつくらないために
イラクなどを破壊しているのがNATO・バチカンなどのキリスト教の意思だよ。



426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 13:40:19 ID:D9MN0QIZ
>かつて、19世紀にイギリスの覇権が陰り出したとき、イギリスは極東における覇権を日本に委譲した。
>イギリスは長州藩をテコ入れし、ロンドンに留学していた伊藤博文らに
うーたんは、歴史認識がおかしい。世界史の教科書が間違えているところをそのまま間違えている。


427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 14:06:22 ID:D9MN0QIZ
http://www.guardian.co.uk/comment/story/0,,1948666,00.html
うーたんのリンク先の文章はすごいことをいっているね。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 14:09:53 ID:7Lhf/KWH
中国系の閣僚がいなくても
朝鮮系がいるからなw
それも中国とつながりは深い
統一教会とか創価学会とかモロにそうだろう
あんまり意味ねえ〜

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 14:09:53 ID:aY4+68nU
>>425
その適当な日本論をお手本にしていたのが日本の歴史学だったんだが。
左翼史観なんかお手本どころか丸写しだし
大塚史学なんかも五十歩百歩。
最近の史学界は「適当な日本論」の壁を乗り越えたのかね?

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 14:11:32 ID:D9MN0QIZ
今回はいい出来でした。
世界はアメリカ後の世界に向かうのでしょう。
普通に考えるとNO2の日本こそが、世界を牛耳ると思うのだが。

明治維新ででてきた人材というのの、何倍も優秀な人間、
日本史レベルではなく、世界史レベルの人間を
日本が育成できたら、21世紀は日本の時代になる・・・と思う。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 14:25:14 ID:s/Kt6XBf
ユダヤ人は日本人が嫌いあるよ。
アシュともかくセファは。
北朝鮮を使って日本を脅しているのもその中国とユダヤが組んだ一環だろ
田中もそれっぽいこといってるようにもともとユダヤ人の気質というのは
ペルシャ(イランやアラブ)や中国の人に気質が近い。
もともとユダヤ商人はそこらで大活躍していたんだしな
アメリカじゃゲルマンとかアングロ・サクソンとかに阻まれて
いろいろ障害も多くて嫌いな部分も多いと思われる。
その過去の繁栄を復活させようとしてるだけなんだろうとは思う。
中東や中国の高層ビル建設ラッシュはまさにその象徴
みたいなもんなんだよね。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 14:58:33 ID:AYFmu9SM
【1:1】犯人はアルカイダでなく英国(ムシャラフ氏)
1 名前:文責・名無しさん 2006/11/25(土) 14:55:49 ID:Suoecbf7

ウォールストリート・ジャーナル紙のバール記者を殺したのはビン・ラディン側近だ、と捜査当局リークで同紙報道
http://www.asyura2.com/0311/war41/msg/643.html
投稿者 【時事通信記事】 日時 2003 年 10 月 22 日 15:02:35:VvYTIWE87gQ7Y



パキスタンで失踪した米『WSJ』の記者を殺した犯人は英MI6のエージェントだったと、ムシャラフが明かす(パキスタン『TH
http://www.asyura2.com/0601/war84/msg/1006.html
投稿者 さすれば 日時 2006 年 9 月 29 日 06:24:11: reQxnNwQ2shuM

オマール・シェイクはMI6のエージェント:ムシャラフ

http://www.thenews.com.pk/top_story_detail.asp?Id=3313


433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 17:40:37 ID:ES1zhyPq
>>423
> >中身半分も読んでない
>
> 怖くて現実を認めたくない気持ちはわかるよ

いや、元記事をはじめから結論ありきで意図的に誤訳した挙句、それを出発点に
議論を展開しているんだぞ。英文添削以外の目的でちゃんと読む意味はないよ。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 19:19:01 ID:OEgjQxO1
>>412

お前は多くの人が民間銀行に預金してることはどう思ってるんだ?役人が運用したからといって有効な投資とは限らないんだが。
実際公共投資の原資になってきて、無駄だとよく批判されてるわけで。何で国が管理したら大丈夫と思えるのかわからん。
国が管理したら適切な運用になるなら、税金の無駄遣いも社会主義国の破綻も起こらないっての。
外人だろうが日本人だろうが会社員だろうが公務員だろうが、駄目な運用をすることは有りうる。
大事なのは消費者が選べるようにすること。

>>413

郵貯銀行は預金者に対して日本政府が価値を保証してる日銀券で返さなくちゃいけないわけで、日本政府が価値を保証してる国債を買わなくなるなんかありえんよ。
両方価値を保障してるのは日本政府だが国債のほうは利子がつく。日本は国債暴落どころか世界的に見ても歴史的に見ても超低利。
国際価格が下落するのはインフレが加速するときだろうけどそのころは株もちかも上がるので全体としてみると大して打撃にならん。
それと日本の企業は全体としてみると資金余剰になってて、キャッシュリッチな優良企業はあまり銀行から借り入れてないんだが。
借り入れてくれるならもっと貸し出し伸びてるよ。

>>414

為替差損なんか出てないはず。介入したころより円安になってるうえに米債の利息もついてるわけで。
ここ数年は介入してないのに円建てで見ると日本が保有してるがいかが増えてるんだが。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 20:00:55 ID:YYdGoP2i
小田実【作家】
「第三世界にとって、かつては日本が進歩のモデルだった。 しかし、今、そのモデルは、
例えばアフリカの多くの国にとって、 北朝鮮にとって代わられようとしている。」
出典元:小田実『私と朝鮮』(1977年)

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 20:12:52 ID:YYdGoP2i
ついでだから、これも貼っとくか。おもしろがって宇宙なんて読んでると
ホントに世界の動きが読めなくなるよってことで。

http://www.nikkei.co.jp/neteye5/goto/index.html
対中投資の減少をどうみるか(11/17)
「日本の対中投資が2006年に入って大きく落ち込んでいる。1−9月期は前年同期比30%以上の
マイナスになった。03年から3年連続で過去最高を更新し続けてきた日本の対中投資の急減は
何を意味するのか。
■世界規模で減少
 対中投資が減っているのは日本だけではない。欧米諸国の多くも減少傾向にある。世界全体からの
対中投資は昨年が0.5%の減少、今年1−9月期も 1.5%のマイナスとなっている。

【米国は02年の54億ドルをピークに3年連続で対中投資が減少しており、昨年はピーク時に比べ、
43%減の31億ドルにまで落ち込んだ。】

(中略)
対中投資が減少に転じた原因には、中国固有の問題があるとみるべきだろう。
■立ちはだかる貿易摩擦
 中国の投資環境は急激に悪化している。人件費はこのところ毎年、最低賃金が10%前後引き
上げられるなど急上昇している。早晩、「人件費の安い」という形容句は中国からはずされるだろう。
電力や輸送用燃料などエネルギーの不足も続いてる。
 だが、外資を最も悩ませているのは、貿易上の様々リスクだろう。貿易摩擦では、対米、対EUを
はじめ世界とあつれきを起こしている。「中国で生産したばかりに欧米に輸出できない」といった事象は
繊維、靴などで現実化したが、他の分野にも広がるのは避けられない。
■外資から見放される中国(以下略)」

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 20:38:50 ID:2me8AuwG
安倍首相の「大企業減税 庶民は増税」の基本政策
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-11-25/2006112502_02_0.html

05年度決算
参院本会議は二十四日、二〇〇五年度決算についての質疑をおこない、日本共産党の仁比聡平議員が
「大企業と大金持ち減税の逆立ちをただし、格差をさらに広げる庶民大増税の中止を」と、安倍晋三首相の
すすめる逆立ちした税制のあり方を厳しくただしました。

仁比氏は、この間の高齢者負担増の実態にふれながら「小泉『構造改革』のもとで広がった格差と貧困を
ただすことこそ急務だ」と指摘。実質的平等をはかる「所得の再配分」という税制の本来の機能を
強化することこそ国の責務だと強調しました。

その上で、逆立ち税制の例として、この間、高齢者に押しつけられた所得税・住民税増税が年三千九百七十億円
である一方、財界の要求で導入された「連結納税制度」の減税効果は四年間で一兆三百億円にも達していることを示しました。
大企業のもうけは〇一年からの四年間でほぼ二倍化していますが、政府税制調査会会長からは、
法人税のいっそうの引き下げを求める発言まで出ています。

仁比氏は「大企業減税は参院選挙前に、消費税大増税は選挙のあとに検討する。
これほどあからさまな選挙対策はない」と強調し、首相の認識をただしました。
安倍首相は「現役世代、高齢者世代がともに公平に負担を分かち合う税制としていくことが重要」などと庶民負担増を当然視しました。
一方で、企業にたいする税制については「(国際)競争上ハンディキャップになっているものがないのかどうか検証していく」などと答弁しました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-11-25/2006112502_02_0.html

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 21:47:01 ID:ZoZ6aFom
>>435
こりゃまたなつかしいもの思い出したなw

439 :にゃ:2006/11/26(日) 00:37:10 ID:95uqvz+9
>>436 は、半分ぐらい合っている感じだね。
 たしかに人件費があがれば、投資をする外資が減るのはあたりまえだし。
 今後は中国の役人がじゃまをして、まるで清の時代と変わらないという考えが
 広がって投資が減り、中国は低成長になると思うよ。
 
 NATO加盟国は日本を破壊する拠点としての中国の役目を
 考えて投資をある程度続けるのだろう。
 
俺はグローバル化は、文明を後退の方向に動かしていると思う。
低賃金の労働・拷問・市民の殺戮がグローバル化とインターネットの
時代のスタンダードだと思うよ。恐怖と陰謀の時代だね。


440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 00:46:03 ID:0gEy0Fa6

田中さんの米国務省から得ている情報はかなり有益なんだけど、
日本人の外国事情通にはよくあることで、相手側の利益を代弁する
ようになってしまっている。

だから情報から考察した田中さんなりの結論に関しては、
不純物みたいな物なので、それを差し引いて考えれば良いと思う。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 05:18:24 ID:mNoQARLU
低成長じゃあ、中共は万博後は保たないだろうな。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 06:06:20 ID:l0iXp5ec
>>439
半分くらいって、残り半分は何?


443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 06:51:01 ID:dJwBavVn
投資額の話だろ。今まで散々投資してきてこれから生産額が上がるってことだろ。
いつまでもいつまでも投資し続けなければ中国景気が後退してるとか
外資が撤退してるとか極論的にはもう中国がダメだとか、あまりに短絡だろ。
中国嫌いで衰退して欲しい気持ちはわからなくでもないが、どうもねえ。w

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 14:15:37 ID:l0iXp5ec
米ワーナー 中国で映画館経営から撤退 突然の規制強化で決断
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061111-00000010-fsi-bus_all

【ロサンゼルス=松尾理也】米メディア大手タイム・ワーナー傘下の
ワーナー・ブラザース国際映画は9日までに、中国での映画館経営事業から
撤退すると発表した。世界最大のエンターテインメント企業が、ビジネス上の
ルールや規制の突然の変更という“チャイナ・リスク”に直面した形だ。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 14:34:36 ID:H5nKtexv
投資額が30も40%も減ってるって事は最新の技術やノウハウは
もう中国には逝かないってことだからね。先端技術の工場は
建てるより設備投資やメンテナンスで金がかかる。
中国オワタ\(^o^)/

446 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/11/26(日) 19:09:13 ID:HSvQeesp
>>443 同感だね。願望をもとに分析するとどうなるか、田中先生が毎週我々に
示してくれてるし。

人民元の破壊的な安さが維持される限り、中国の優位は当面動かないだろうな。
製造業にいると実感としてそう思う。

アメリカで民主党が動き出せば事態が変わるのかもしれんが、その場合は日本
もとばっちりを受けそうだし。北朝鮮問題もあるし。難しいね。


447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 22:04:11 ID:VMaLjnDO
うーって、一昔前の左翼が中国や北朝鮮に対して憧れをもちつつ、
情勢分析してたあの感じと似てるのかな?

悪魔祓いの戦後史に登場しそうな感じだw

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 23:01:16 ID:QRt4feS4
>>446

人民元はこれからドンドンきりあがっていくはずでは?
そう考えてるからこそ日本を始め多くの国は投資を減らしてるって琴田と思うが。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 00:39:16 ID:M+RgKegj
うーたん的にはドルが暴落するって言ってるんだから、人民元は上がらざろうえないよな。
そうでなくても、上海の市場では実際に最高値つけてるみたいだし。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 01:42:31 ID:BF34Iztm
>>448
対ドルでは切り上がるが、対円では切り上がらない
(アメリカの圧力で円も切り上げさせられる)

ビッグ3、大統領と会談 円安是正を直訴
http://www.business-i.jp/news/world-page/news/200611160003a.nwc


451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 01:57:13 ID:YMMIvjXM
ビッグ3は経営がね・・・。
日本車メーカーも勝ちすぎは良くない。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 02:21:03 ID:dWciDSxj
>>445
「設備投資」って建てることなんだが・・・
中国は韓国と違って生産性の向上が必要だって分かってるから(台湾のお陰かもしれんが)
欧米の企業を買収して技術を得ようとしてるよ。
アメリカに留学した連中が国内で独自の発明をできるかっていうところが課題だろうね。
思想を統制してネットを監視した社会でどれだけイノベーションができるかは未知数だけど。

>>446
中国の発展は通貨管理が経済成長にいかに重要かってことを為替のレベルで証明したね。
マネタリストのご本尊のフリードマンも死んだし、既に発展した後同じ戦略が使えるかどうか
これから見物じゃないかな。

>>450
そういうの今では説得力0だよ。
アメリカ国内でも冷ややかな目で見られてるし、調子が悪いのを日本車のせいにするいつもの
パフォーマンスだと見透かされてる。
アメリカで生産してるトヨタやホンダは為替の影響なんて日本円での帳簿上の利益にしか影響
しない。でもビッグ3はメキシコを始め外国で生産してるからよほど為替の影響を受ける。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 02:40:17 ID:M+RgKegj
>>452
>中国の発展は通貨管理が経済成長にいかに重要かってことを為替のレベルで証明したね。

ユーロにしろ宇宙の好きなアジア通貨にしろ、地域統合通貨がいかに無意味で
むしろ経済の阻害になるかの証明でもあるね。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 02:51:04 ID:BF34Iztm
自動車産業は繊維産業なんかと違って国防に直結してくるから
無理でも無茶でも守らなきゃいけんのよ。

それに家電などでは、元だけが切り上がっても、中国は組み立てだけで、
原価の相当部分を占める基幹部品はみんな日本からの輸入だから
ドル建ての中国製品はあんまり安くならない。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 04:01:26 ID:31jF61Qy
>>452

>見透かされている
何が事実かというより、日本のこと嫌いな勢力は他にもたくさんいるからな。
これを利用しようとする奴らが結集すれば、なんらかの嫌がらせを日本に
対してしてくる可能性は大いにある。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 04:19:20 ID:31jF61Qy
>>454
>自動車産業は繊維産業なんかと違って国防に直結してくるから
気のせいだろ。航空宇宙産業、核関連があれば大丈夫だろ。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 12:29:05 ID:/48kRBjD
>>419
うーたんの場合、多極化の目的は資本の理論と言っているね。
つまり、資本家の金儲けってことだろう。
あるいは、資本家の経済支配≒政治支配ということかな。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 17:20:18 ID:dngbutyW
ビッグ3に対してシニカルなのなんて東西海岸のリベラルだろ。
2ちゃんウヨが頼みとするレッドネック層はやっぱでかいアメ車マンセーだよ。

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 19:06:12 ID:dI2LBXVk
でかいアメ車マンセーなら今の状況は無いはずなんだがw

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 19:06:51 ID:gqzm5w/T
米自動車産業の凋落は80年代のM&Aで米の自国の
工業を見殺し、衰退させた結果だからな。国防だからって
のは間違い。軍産企業体は守られているから違うね。
そして米の工業技術はもう世界的に競争力は失われている。
そして今現在の米景気を支えているのはいつどうなるかわからない
内需に依存している。こう考えると、米の多極化の歴史は長く
さらに多極化を進める準備は整っている。と見るのが正しいと思う。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 19:09:19 ID:dI2LBXVk
わかってないなぁ。いつどうなるかわからない米国の内需がホントにどうかなったら
一番被害を受けるのはアジア、中国。特に中国は確実に崩壊だ罠。
多極化なんて夢のまた夢w

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 22:04:00 ID:n+/X0ajE
お前ら、まじめな国際情勢の分析はスレ違いだぞ!

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 22:15:35 ID:Hp2TKvln
「反米3国枢軸」形成へ=左派コレア氏が大統領当確−エクアドル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061127-00000073-jij-int

 【サンパウロ27日時事】26日のエクアドル大統領選挙の決選投票で、反米・反新自由主義経済を
掲げる左派のラファエル・コレア元経済・財務相(43)の初当選が確実になった。南米の左派政権は
12カ国中8カ国に拡大する。コレア氏は、米政権に対する辛らつな批判で知られるベネズエラの
チャベス大統領と親しく、米国が安全保障・経済戦略上、最重視している地域の一つである南米で、
ベネズエラ、ボリビアとともに「反米3国枢軸」を形成することになりそうだ。 
(時事通信) - 11月27日17時1分更新

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 00:20:05 ID:FbTjdnrK
アメリカもあの時きっちりチャベスぶっ倒しておけば
こんなことにはならなかったのに。

まさかあの工作を妨害したのも国務省かwwwww

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 01:21:19 ID:Q9ojhzeO
まあアメリカに行ってみれば如何に衰退して荒廃してるかなんて
一目瞭然。ここ20年くらい発展などしてないし。
小泉改革同様貧乏人ばっかり増えてる。
世界に誇れるものといったらIT分野と軍事分野だけだろ。
しかも軍事も中身は怪しいものだけどな。中国製品は高価値
高価格なんてないだろ、そんなものは米多極化で全く米の需要が
なくなる性質のものでもないし中国は世界の工場であって
米単独依存でもない。

466 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/11/28(火) 02:28:33 ID:NTmcPytp
>>453 今後世界がブロック経済化していったら(そういう予測もあるよね)、
地域統合通貨(ユーロ)は威力を発揮しそうな気もする。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 02:51:47 ID:hu0pS0dP
>>466
なんで?地域統合通貨(ユーロ)が経済に悪影響を及ぼすのは
各国の個別の柔軟な金利経済政策がとれないからで
ブロック経済とは関係ないと思うけど。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 02:53:39 ID:hu0pS0dP
ついでに言えば、現在でも関税障壁はぞくぞく取り払われてるわけで
どこにブロック経済化する兆しがあるの?

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 03:49:10 ID:IhtcQgh3
いま微妙なところなんでないの。
・日本―アジア太平洋
・米国―米大陸
・西欧―東欧(+アフリカ、中東?)
のワクを越えるようなFTAは
日本―メキシコが最大で、あとは米国―モロッコとか大したのがない。
欧州―ASEANとかができるようなら別だけど。

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 04:20:48 ID:hu0pS0dP
別にFTAができるできないとブロック化は関係ないから。
たとえば日本が米国のNAFTAに入ってないからって日本が
米国市場からブロックされてると思う人はいないでしょ?
ブロック化って言うのは「ブロック」しないと意味がないんだから。
むしろ逆に様々な貿易障壁に努力目標まで付けてこの20年くらい
ずっと日米の貿易障壁は取り払われてきたよ。それこそ日米合わせて
世界経済の4割近くを占める最大規模の貿易関係だよ。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 04:25:56 ID:hu0pS0dP
ツッコミはいる前に書いとくけど、ブロックは本当はブロック(はじく)事じゃないよw
ただブロック経済ってのは元々はそう言うこと。だから宗主国の通貨に統一する意味がある。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 04:31:23 ID:hu0pS0dP
まぁ眠いから筆が滑ったのは事実だw
あとはこの辺読んで自分で判断してね。あくまで自分のブロック以外からは
「ブロック」しなきゃ意味無いんだよ。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=16400400

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E7%B5%8C%E6%B8%88



473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 15:38:38 ID:FwUq8RJJ
>>458
この間南部の田舎に行ったけど、日本車が半分くらいだったんで驚いた。
プリウスは見かけなかったがw
新車のアメ車はジープくらいだったかも。ヒュンデも結構あったよ。

>>466
EUは農業国が工業国を収奪するっていう構造になってるのが解決されないまま通貨統合してもね。
生産性の低い国が国力に見合った通貨をもつなら平等だけど、逆方向に固定だから。
具体的に言うとフランスがいつまでも畑耕してたらフランが安くなってドイツは電気を安く買えて
それなりによかったのに、価格の下方硬直性のせいで頑張る国ほど報われない社会主義になってる。
通貨統合そのものが悪いんじゃなくて、通貨統合しちゃいけないシステムだったんじゃないか?と
いうのが未だに疑問なんだよね。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 15:48:08 ID:dG+GVm7U
>>473
>南部の田舎に行ったけど、日本車が半分くらいだったんで驚いた
たまたま。アメリカ全体における日本車の販売台数知ってる?

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 16:33:16 ID:Gmgfif6I
>>470
>日本が米国市場からブロックされてると思う人はいないでしょ?

でもアメリカは日本市場からブロックされてると思ってるんじゃないの。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 16:43:44 ID:FwUq8RJJ
>>474
知ってるって。じゃなきゃ驚かないよw
もっと地域性があると期待してたんだけどな。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 17:47:20 ID:Q9ojhzeO
アメリカがアジアのブロック経済を認めるわけはない。
アジア通貨なんか出来たら、アメリカ死亡。
日本からの還流、搾取でかろうじて生きてるアメリカにとって
死活問題。ドル基軸通貨を危うくすることは戦争でも起こしてでも
阻止する。イラクは石油取引をドルからユーロに変えようとして
戦争仕掛けられたし。日本から郵政民営化で大金を掴む手筈も整ったし
これから日本からはもっともっと搾り取りまっせ。

478 :にゃ:2006/11/28(火) 18:44:22 ID:CH9Rj/w5
過去1日間に書きこんだ人が、かなりスレのレベルをあげたと思った。

ところで今日の朝日の朝刊で、加藤周一という英語もフランス語もわかるやつが、
いろいろ書いていた。
上の世代は親米なのもあるけど、ばかそのものだね。
うーたんはやっぱりかなり正しく発言しているよ。上の世代に比べると。

上の世代は、左翼という恐怖と情報操作と無知でなりたっている人々と、
それに対抗する人々でなりたっていたので、どうしてもレベルが低い。
そもそも知識人の癖に歴史を知らないのが上の世代の優秀な人。
プロパガンダと歴史の区別がつかない。

上の世代は自国をばかにして金を稼いでいた知識人が動かしいてるので、
現代日本にとってはガンそのもの。うーたんのような人材が多数出てこないと、
日本のガンはなかなか切除できない。

加藤周一が、アメリカ政治をほめて日本の政治をばかにしていたが、
どうしてこんなのが新聞にのるのか。おかしいよね。
イラク人15万人を殺しているのがアメリカで、日本は殺してないのに、日本が間違っている
と、親米世代には言われてしまうのだ。
アメリカにとって加藤周一とかは、ピノチェトのような便利な外国人の一人なのだろう。
アメリカの与えるのは、「悪魔の自由」だといえる。

というかね、加藤周一を担当している米の工作員が、もうすこし良識があれば、
アメリカももうすこし長く人類にとっての役立つ存在でありえたと思う。

とりあえず衰退が決まったアメリカは、これから15年は悪あがきをする。
テロを含めいろいろなことをしてくる。
エクソシストとして世界の国々はアメリカと対峙することになる。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 18:46:39 ID:dG+GVm7U
一気にレベルが落ちたな。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 19:01:27 ID:CH9Rj/w5
ごめんよ。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 19:46:39 ID:WWYgFrV7
へー加藤周一ってまだいたのか、もう過去の人と思っていた。
加藤○一って聞くだけで反吐が出る。

482 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/11/29(水) 15:33:39 ID:ezaWfZgt
>>468 >>469の人が書いている通り、今後ありえると予想されているブロック化とは、
FTAをベースにしたもの。かつての植民地政策によるブロック経済とはちょっと違う。

FTAが経済のブロック化を促進するかどうかは議論が分かれているけど、加盟国間の
貿易を促進することで非加盟国が相対的にブロックされることはありえるよね。

日本企業はメキシコに工場置いてる所が多いけど、これはメキシコの人件費の安さと
NAFTAの利点を狙ってのものだし、企業はそういうところには敏感なんだよね。

483 :名無しさん@お腹いっぱい.:2006/11/29(水) 16:02:17 ID:ezaWfZgt
まあWTOが進展していけばFTAは意味が薄くなるんだろうけど、中国やロシアなんかは
WTOの意味を真剣に理解していないような所があるよね。中国のFTAは日本より全然進
んでいるし、WTOの失敗もある程度見込んで経済政策を立ててるんじゃないかな。

今回の民主党の勝利は、WTO最大の推進者であるアメリカの政策転換の可能性がでてき
たことを意味しているし。WTOが失敗したとしたら、域内で共通通貨をもっている(=
為替リスクがない)EUは域内FTA(RTA)の最終形態みたいなものだから、FTA/RTAによ
るブロック化経済の世界になっても、ダメージは少ないと(素人考えだが)思う。

日本としてはリスクを減らすためにも、FTAを積極的に推進しないとまずいんだよね。
特にオーストラリアやカナダとは早期にまとめたい所。


484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 16:20:51 ID:MgJHSX3P
>>482
そういう意味ではかつてのブロック化(異常な関税による実質的締め出し)とは全然意味が
違うし、ブロック化は地域経済も破壊するということは理解されてるわけだね。少なくとも
政治家はマスコミや記者(や妄想家w)とは違って歴史から学ぶわけだ。
外との貿易を減らすんじゃなくて地域内の貿易を増やすっていうことなら比率的にはブロック
化したように見えるかもしれないけど、経済も発展するし悪いことじゃない。抜け駆けの自由
もあるんだし。
まあ、中国だけは20世紀的なブロック化をしようとしてるようにも見えるけど。

ここはうーたんスレなんで、一応うーたん的なことを言うと、多極化が資本の論理っていう
妄想は一つの国が他国を巻き込まないで滅亡するわけでもないと成り立たないよね。
基本的に開かれた世界では北京の蝶の羽ばたきがニューヨークで嵐を起こしてしまうから、
アメリカを故意に自滅に追い込んだら自分が投資していた先がよっぽど大きな被害を被り
かねない。
陰謀論者が疎まれるのは全てのリスクをコントロールできる全能の存在を仮定せざるを
えないからなんだけど、うーたんやウヨサヨはきっと理解しないな。

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 21:43:26 ID:jPOJlzd6
つか、その場合、中国はまさかあの上海ホニャララ機構ってのでブロック化するつもりか?
中の国なんて大半がしょーもない中央アジアの貧乏国家ばかりなのにw
中国は自地域以外の米国やEUへの輸出で経済やってるわけだろ。GDPの中の貿易が
占める割合は7割以上とダントツ。実は内需が圧倒的な日本や米国とは違って、本当に
ブロック化なんてしたら一番困るのは中国だよ。

486 :にゃ:2006/11/29(水) 22:05:34 ID:pLCQQk+u
全能の存在かあ。
>>484は、まあどうでもいいことを言っているようにみえて、実は重要なことを言っているのかも
とおもって見なおして考えてみると、とりあえず日本の農林水産省は余った野菜を処分しないような
方法をもっと検討するくらいだといいなあと思った。全能でなくてもいいから、無駄を減らして欲しい。


野菜があまったらば、需要を作るためにテレビ局などでの宣伝をするべきだよね。
また、国で漬物でも作れば大根を畑でつぶさなくていいように思えるよ。

最近NHKスペシャルとクローズアップ現代で、車関係でいい内容のことをやっていたけど、
マスコミががんばると国民にわかる範囲が増えるものだね。
役人の力が衰えているのは本当で、本来彼らが調整し情報の流れを作って問題を解決
できるようにすべきところが、そうなっていないというのもわかってきた。

陰謀論者が非難されているので、擁護しておくと、
他国民が知っていて、日本人が知らないことがあるし、その逆がある。
キリスト教徒に関して言えば、キリストがトリックを使ったので、神学が整備されていくことで
信者が異教徒にトリックを使うことが容易になった。そういう宗教なのだよ。
キリスト教徒に常に陰謀があるというのは、歴史的に見て正しい見方だよ。
このキリスト教に対抗できた日本というのは、かなり特別な存在なのだよ。
仏教がかなり高度に進化した結果というのもあるのだけどね。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 22:58:35 ID:w7loeNnZ
>>485
上海協力機構はFTAとは今のところ関係ねーよ。
中国が提唱してるのはASEAN+日中韓。
日本が提唱してるのはASEAN+日中韓+印豪NZ。
日中が別ブロックに属することはありえない。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 01:57:43 ID:PwHXkNkw
>>484
またまた陰謀論擁護で申し訳ないですが長々とコピペしても
いいでしょうか?

>陰謀論者が疎まれるのは全てのリスクをコントロールできる全能の
 存在を仮定せざるをえないからなんだけど、

のくだりでひとつの示唆になれば良いかなという目的なんですけど。
世間一般的に肯定的に世界皆手を取り合って仲良く平和に的なイメージ
のグローバル化と貧困国の正義の手を差し伸べるIMF、世界銀行と言う点
に絞ってコピペしてみます。ほんとに長いので申し訳ないです。
一気に読める程度のものなのでひとつ勘弁ということで。
読んでて怒りとか驚きとか自然に出てくると思います。

489 :488:2006/11/30(木) 01:58:20 ID:PwHXkNkw
IMFと世界銀行を隠れ蓑にしたアメリカの世界支配

IMFと世界銀行において、決議に対する拒否権を持っているのはアメリカ一国
だけだ。IMFと世界銀行は、国連のような一国一票制ではない。出資割当額
に応じて投票率が与えられている。

IMFの決議には85%以上の賛成が必要。
主要国の投票率は以下の通り。
アメリカ:17.11%
日本  : 6.23%
ドイツ : 6.14%
イギリス: 5.07%
フランス: 5.07%
つまり、アメリカ一国だけが単独の拒否権を有している。

世界銀行の決議には80%以上の賛成が必要。
主要国の投票率。
アメリカ:16.40%
日本  : 7.87%
ドイツ : 4.49%
フランス: 4.31%
イギリス: 4.31%
アメリカ単独では拒否権を有していないが、イギリスを合わせれば拒否権を行使
できる。イギリスがアメリカの意向に反することをする可能性は非常に低い。

IMFにおいても世界銀行においても、アメリカ一国だけが拒否権を持っている。
ということは、アメリカの利益に都合の悪いあらゆる議案、議題を葬り去ることが
できる、ということだ。IMFも世界銀行も、実は国連傘下の専門機関なのだが、
両機関は実質的にアメリカの私有物といってもいいだろう。ノーベル経済学者
のスティグリッツ教授も「IMFとはアメリカ財務省のことだ」とおっしゃって
いる。

490 :488:2006/11/30(木) 01:59:00 ID:PwHXkNkw
IMFと世界銀行には明確な役割分担がある。
IMFが政策立案を行い、世界銀行がそれを実際に実行する。
参謀本部と実戦部隊というところだ。

IMFが当該国の政治・経済・社会の状態を調査分析し、政策を立案する。
しかし、ほんの二週間ほど滞在して「調査」するらしいが、実際は調査など
ほんどしない。最初から、プログラムはできあがっており、あらゆる国へ
同じプログラムを適用する。スティグリッツ教授いわく、”同じ書類の国名
をパソコンで入れ替えるだけだ”と。その書類を持ってIMFは当該国との
交渉に当たる。ただし、当該国に交渉の余地は与えられない。融資を受ける
ためには、IMFの「構造調整プログラム=コンディショナリティ」を
無条件で呑むことが要求される。当該国とIMFとの調印がすめば、
世界銀行の出番である。
 世界銀行は、加盟国や民間資本を組織して「構造調整プログラム」に必要
な融資金を集め、当該国に貸し付ける。世界銀行は債権国や民間債権団に
対して、利息の配当と元本を保証する。当該国が遅滞なくスケジュール
通りに利息の支払いをするよう、世界銀行の職員は当該国に常駐し、
忠実にプログラムを実行するよう徹底的に監督・指導する。
 当該国は、教育や医療、福祉などの予算をとことん削り、債務の返済に
あてる。それでも、返済が滞るようなら、追加の融資が行われる。
ただし、これは債務返済用の融資であるから、右から左に消えていく。
単に、債務の数字が増えただけである。こうして、国によっては債務が
際限なく膨らむ債務地獄へと陥る。もちろん、融資増額のたびに、
より厳しい「構造調整プログラム」が突きつけられ、国民生活は極限まで
追い込まれる。
「構造調整プログラム」の結果がどうあろうと、つまり、どのような
破壊的結果をまねいたとしても、IMFや世界銀行は一切の責任を
負わない。プログラムそのものに欠陥があり、当該国にいっさい
落度が無かったとしても、当該国はすべての債務を負わされ、
返済義務を履行しなければならない。

491 :488:2006/11/30(木) 02:00:18 ID:PwHXkNkw
IMFと世界銀行によって進められる「構造調整プログラム」によって、途上国の
国内産業は間違いなく衰退する。そのことによって、大量の失業者を生むと
同時に、労働賃金は必然的に低下する。先進国の製造業は国際競争力をつける
ため、低賃金労働を必要としている。より安い労働力を手にしたものが、競争を
勝ち抜くことになる。現在、先進国の産業基盤の多くが労働力の安い開発途上国へ
と移転している。IMFと世界銀行は、途上国の産業を衰退させることによって、
低賃金労働の下地をつくった。先進国の多国籍資本は、より低賃金の地域を求め、
簡単に生産設備や下請契約を移転する。このため、豊富な低賃金労働を提供
できる予備国家の存在が、世界の労働費用の上昇を抑える役割をしている。
つまり、中国や東南アジア、メキシコなどが労働費用を少しでも上昇させれば、
生産設備はあっという間に他の国へ逃避してしまう。したがって、こうした国では
半永久的に低賃金を維持しなければならない。しかし、こうした低賃金による
世界的貧困の固定は、結局のところ世界的な需要の伸びを抑えてしまう。
途上国を、先進国企業の製品市場にしようという試みは、低賃金労働ゆえに挫折
している。それだけでなく、先進国内でも産業が空洞化し、失業率が増加し、
景気の後退が起こる。
結局のところ、途上国の貧困化と低賃金労働の固定は、世界規模での景気の
沈滞をまねいている。しかし、先進国の生産設備は、今後もより安い労働力を
求めて途上国へ移転していくことになるだろう。果てしない世界規模の悪循環である。
IMFから融資を受けようとする国は、IMFが示す「コンディショナリティ:付帯条件」
を受け入れなければならない。コンディショナリティを構造調整プログラムとも言う。
つまりIMFの強要する「構造改革」を受け入れなければ融資は受けられない。
IMFは、「構造調整プログラム」を実施すれば、国の制度は効率化し、
産業は発展し、経済は円滑になり、最終的に豊かになると主張する。
しかし実際は、世界100あまりの国で実施された構造調整プログラムによって、
途上国の自立への道は塞がれ、多国籍企業による際限のない市場・産業・企業
の収奪がおこなわれた。途上国は、一部の富裕者と大多数の貧者へと二極分解された。


492 :488:2006/11/30(木) 02:00:50 ID:PwHXkNkw
世界そのものも貧困国と富裕国に二極分解され、貧困の拡大再生産の過程をたどることになった。

<主な構造調整プログラム>

●貿易の自由化
IMFは国内産業の競争力を高めると主張するが、貿易の自由化によって流入する
外国製品によって、国内商品は駆逐され、国内産業は没落した。

●民営化
最も収益性のある国営企業は、外国資本や合併企業に引き渡され、当該国の
資産を減少させた。石油やガス、通信などの公共事業の国有化を憲法に規定
している国では、憲法改正までおこなわされ国営企業が外国資本に売り渡された。

●租税改革
付加価値税や販売税の導入により、中・低所得層の租税負担が増加した。しかし、
膨大な利益を上げる外国企業や合併企業は税制上の優遇を受けた。

●土地保有
農耕地が少数に集中するような方向に法改正が推進され、小農は土地を没収
されるか抵当にとられ、季節労働者へと転落した。一部の地主や企業が農業
部門を独占するようになった。大土地所有制の地域では地主階級の利権が保護・固定された。

●金融制度の規制撤廃
途上国の中央銀行は、通貨政策に対する権限を奪われた。金利は、人為的に
高金利へと誘導され、海外から投機だけを目的とする「ホット・マネー」が流入した。
規制撤廃により国内の主要な銀行が外国資本に買収された。

●議会制度
借款協約には、多党制による選挙までもが条件として付加されている。



493 :488:2006/11/30(木) 03:42:48 ID:PwHXkNkw
こうしたIMFの構造調整プログラムは、「自由化」と「緊縮財政」という二つの
考えに基づいて制作されている。「自由化」とは、金融や貿易の自由化、規制
撤廃を意味する。いわゆるグローバリゼーションと言い換えてもいい。それに
よって、途上国では外国資本が自由に活動し、市場や産業、企業、国営企業を
買収していった。「緊縮財政」とは、小さな政府だ。緊縮財政により、利益を
生まない分野である教育、医療、福祉、農業は見捨てられ途上国に未曾有の
人災をもたらした。国民の生活を犠牲にする緊縮財政によって浮いた財政資金
は、債務の返済にあてられる。IMFと世界銀行は、世界100あまりの国に、
まったく同じこの「構造調整プログラム」を強制・実施させる。途上国の経済
発展段階や社会制度には非常な差異があるにもかかわらず、IMFはまったく
同じ政策を強要する。

何十年にもわたるIMFと世界銀行の活動とその結果をみれば、その目的は
明らかと言える。開発途上国の国内経済を破壊し、発展の道を閉ざし、多国籍
企業と多国籍金融資本に占領させる。途上国を先進国の工業製品、農業製品の
市場へと変える。途上国の資源を際限なく先進国へ供給させる。経済崩壊に
ともなう賃金の低下を利用して、先進国の企業へ格安の労働力を提供させる。
途上国における、飢餓、貧困、低賃金労働、疾病の蔓延、教育の崩壊、治安の
悪化、暴動、独裁のほとんどすべては、IMFと世界銀行がもたらしたと
言っても過言ではない。

<世界の食料危機は、IMFと世界銀行の政策>

途上国の人口に占める農業人口は非常に高い。放って置けば、農産物の
輸出国になるのはまちがいなかった。途上国の農産物の生産能力を奪い、
アメリカの市場にすること。そうした目的もIMFは担っていた。
IMFと世界銀行の途上国政策は、アメリカの金(Gold)が枯渇しはじめた
1968年に急変している。両機関の政策は、発展途上国に向けられ始めた。
IMFや世界銀行の融資というのは、使用目的が制限されている。たいていの




494 :488:2006/11/30(木) 03:43:42 ID:PwHXkNkw
場合、農業や教育といった分野には使えない。食料生産を伸ばしたくても、
農業にお金をまわせない。ただし、融資金を輸入食料の購入に当てることは
許されている。そして、その場合の食料購入国もあらかじめ指定されている。
要するに、アメリカや先進国から買わなければならない。隣国で小麦が豊作
であっても買えないのだ。

IMFによるこうした理不尽な制約を「コンディショナリティ:付帯条件」という。
いくら理不尽でも、これを承諾しない限り、融資は受けられない。途上国には、
選択の余地も交渉の余地もない。オール・オア・ナッシングだ。こうして、
融資を受ける途上国は、100余もの付帯条件を甘受する。先に書いたように、
農業や教育、福祉、医療といった分野には一切使えないよう条件が付けら
れている。それでも、無いよりはましと途上国は考えた。しかし、「コンディ
ショナリティ」とは、罠以外の何ものでもない。

IMFや世界銀行の融資というのは、鉱工業などの資源開発分野に集中していた。
鉱物や石油・ガスの開発と輸出だ。また、それらに付随する産業や輸送手段の
整備といった分野も含まれる。アメリカが必要とする膨大な原料や燃料を開発・
輸送することに限定することによって、農業生産力をも奪うことができた。

もともとの農業人口の多い途上国の労働力は、必然的にこうした分野に流れた。
途上国の農業の衰退がはじまる。農業生産力が落ちた分、途上国政府は、
融資金で先進国の農業製品を輸入するしかなかった。

農業の衰退が進むと農産物の価格は上昇し、安い輸入品と競合できなくなった。
農業生産で生活できなくなった農村人口は、都市へと流れ始めた。人口は時と
共に都市に集中し、農業の衰退はさらに進むことになった。したがって途上国
政府は、農産物の輸入を増加せざるを得ない。途上国の農業衰退と食料輸入は
構造的なものになり、歯止めが利かなくなってしまった。

現在、アフリカでは労働力の60%が農業に従事しているが、アフリカの食料
自給率は80%程度だ。食料自給率は下降の一途をたどっている。単位面積
あたりの収穫量も落ちている。

495 :488:2006/11/30(木) 03:44:22 ID:PwHXkNkw
たいていの途上国というのは、豊富な土地と人口を有している。本来、食料の
自給自足を営むことは難しいことではない。しかしそれは、戦後のアメリカの
政策と真っ向から対立する。アメリカは、IMFと世界銀行の「融資」という餌によって、
途上国の食料自給の発展を根本から破壊することに成功したといえる。皮肉な
ことに途上国が求めた「援助」こそが途上国の農業を破壊した。今日の途上国に
おける貧困、低賃金問題もすべて同じ地平にある。

かくして、アメリカは世界一の食料輸出国の地位を確立した。

現在、農産物輸出国は世界でもそう多くはない。アメリカ、カナダ、オーストラリア
が三大輸出国だ。その他にアルゼンチン、ブラジル、EU、ロシア、中国が名を
連ねる。コメに関しては、タイ、インドが顔を出しているが、コメでもアメリカは
世界第三位の輸出国だ。世界の農産物の輸出がごく少数の先進国に限られて
いるというのは、非常に危険なことだ。

<根本的な食糧問題の解決策>

以上に述べたようにIMFと世界銀行は、戦後、途上国の農業生産力を奪うため
の政策を執ってきた。しかし、表面的には途上国の食糧問題に取り組んでいる
ふりをしている。彼らは、様々な農業援助プログラムを実施し、毎年高らかに
その成果を報告している。彼らの農業援助というのは、大半の小作農には利用
できないような高度な技術を必要とするものが多い。すべては、一時的な数字
による見せ掛けの成果に過ぎない。

IMFや世界銀行が、本当に途上国の食糧問題に取り組んでいるなら、まず
真っ先に取り組まなければならないものがある。「農地改革」だ。
途上国の土地制度とは、ほとんどが封建的大土地所有制だ。農民は大土地
所有者の土地を借りて作物を生産している農奴的小作農だ。収穫物の大半は
土地所有者のものになる。農民は残ったものを細々と売ってわずかな現金収入
を得ているに過ぎない。そんなところに、先進国が農業援助と称して近代的農法
や技術など持ち込んでも、農民にはありがた迷惑なのだ。手間をかけて収穫が
上がった分、大土地所有者が得をするだけだ。土地所有者を潤すのだけの

496 :488:2006/11/30(木) 03:45:12 ID:PwHXkNkw
近代農法を受け入れる小作農はまずいない。

IMFと世界銀行が、農地改革に取り組まないのは、「内政干渉」になるからで
はない。「コンディショナリティ」そのものが内政干渉と言ってもいいのだから。
彼らは、ひとえに途上国から農業生産力を奪い続けたいのだ。
世界が飢えるのは、気候や土地に根本原因があるのではない。遅れた農業技術
でもない。努力が足りないからでもない。世界の飢餓は、IMFと世界銀行が、
アメリカの国益のために行ってきた政策によって、人為的にもたらされている。
そして、今後も世界は飢え続ける。援助額がいくら増えても、債務を帳消しにして
も解決にはならない。

497 :488:2006/11/30(木) 03:45:42 ID:PwHXkNkw
アジア通貨危機の際に、タイ、韓国、インドネシアは、IMFの融資を受け入れた。
しかし唯一、マレーシアだけがIMFの支援を拒絶した。

IMFの融資を受けたタイは、100以上ものコンディショナリティ(付帯条件)と
その達成期限を強制された。その結果、もちろん危機は拡大した。
IMFはタイの金利を25%に上げさせた。IMFは、高い金利が外国資本を
呼び戻すと説明した。しかし金融危機の凄まじさに恐れをなした外資は、
まったくタイに来なかった。それどころか25%の高金利は、タイの企業には、
まったく手の届かないものだった。このため、資金を調達できなくなった
タイ企業は、バタバタと倒産していった。長い時間をかけて育ててきた産業が、
IMFの政策により、あっという間に壊滅させられてしまった。その結果、
多量の失業者が生みだされた。

またIMFのコンディショナリティには、なぜか金融危機とはまったく
関係のない社会改革分野まで含まれていた。そのため社会関係費用が
削減され、教育と医療現場が大きな打撃を受けた。児童の教育を受ける
権利は縮小され、多くの貧困層の医療を受ける権利も縮小され、
衛生環境も悪化した。結局のところ、IMFの「緊急援助」の目的とは、
タイに投資していた「外国債権者の利益保護」でしかなかった。つまり
タイの教育や医療まで縮小して、財政を緊縮させ、なるべくカネを浮かせ、
外国債権者にカネを回収させることだった。

そのため、タイの失業率は三倍になり、タイ社会の貧富の差は拡大した。
ごく一部の者だけが、外国企業とともに富を得た。


498 :488:2006/11/30(木) 05:32:23 ID:PwHXkNkw
IMFの融資を唯一拒絶したマレーシアのマハティール首相は、資本の移動を
禁じて外国資本の逃避を阻止した。そして保護貿易に徹っした。通貨も固定した。
IMFとはまったく逆の政策を執った。

IMFの支援を受け入れたタイ、韓国、インドネシア、そしてIMFを拒絶した
マレーシア。いま共に順調に経済を回復している。しかし、そこには根本的な
違いがある。IMFの支援を受け入れた国の主力産業や公営企業は、外国資本
の餌食となり占領された。富は底の抜けたビンのように、外国へ流れている。
数字で見る経済成長は伸びても、アジアの人々の暮らしはまったく豊かに
なっていない。それどころか、貧富の差が拡大し、貧しい人々はより貧しくなり、
一部の富める者だけがより豊かになっている。アジアの中産階級はほとんどが
貧困層に転落したとさえ言われている。

現在、多くの開発途上国の国々は、IMFや世界銀行の正体を見破っている。
しかしながら、すでに多額の債務を負わされ、まったく身動きが取れなく
なってしまっている。主力産業、銀行、公営企業が外国資本に乗っ取られた
あとでは、数字上の経済成長があるだけで、富のほとんどは、外国資本が
持っていく。国庫は債務の利息を支払うだけでも手一杯だ。それどころか、
多くの開発途上国では、利払いにも事欠き、その利払いのためだけの追加
融資をIMFや世界銀行から受けている。サラ金の借金を、サラ金から借りて
返すようなものだ。完全な債務地獄だ。

IMFと世界銀行が活躍するところには、必ず、経済と社会の破壊、
そして貧困がおとずれる。IMFと世界銀行とは、開発途上国の経済を乗っ取り、
外国資本へ富を移転していくための機関にほかならない。


499 :488:2006/11/30(木) 05:32:58 ID:PwHXkNkw
1990年代初頭の旧ソ連と東欧の民主化は、西側諸国にとってあらたな潜在的
脅威を生んだ。それまで共産圏内に閉じ込められていた高い技術力、
技術開発力、先端科学が開放され、西側先端産業を脅かすことになるからだ。
民主化の過程で、これら先端科学や先端技術を破壊する必要があった。
旧ソ連と東欧の民主化、自由主義経済への移行過程に、IMFと世界銀行が
深く関わることになる。

両機関の政策により、旧共産圏の経済生産は半分に落ち込んだとも言われる。
また、経済の全域が商業マフィアに乗っ取られ、正常な経済活動が営まれ
なくなった。先端産業は発展の道を封鎖され、科学者や技術者は失業するか
西側企業に格安で雇われることになった。IMFと世界銀行は、旧共産圏の
経済を見事なまでに破壊し、国民生活を世界最低レベルにまで落とした。

かつての旧ソ連、東欧での生活水準はけっして高くはなかった。しかし、
教育や医療など中心的な社会サービスは無料で提供され、完全雇用が
約束されていた。しかし、IMFと世界銀行の指針により、社会保障制度は
自ら財源を確保しなければならなくなった。教育、医療は有料化され、多くの
人々が教育と医療を受ける権利を剥奪された。かつて西側先進国をしのぐ
ほどの高い教育・医療レベルも維持できなくなった。

旧共産圏は、経済や産業だけでなく、教育、医療、福祉、文化、芸術、スポーツ
などあらゆる分野が瓦解し、第三世界化してしまった。かくして、旧ソ連は
西側先端産業にとって何の脅威でもなくなった。ヨーロッパ産業にとっては、
すぐ隣に低賃金の労働市場が誕生したことを意味する。以降、東欧諸国は、
西側ヨーロッパ産業に低賃金労働を提供するだけの存在となってしまった。


500 :488:2006/11/30(木) 05:35:17 ID:PwHXkNkw
戦後の1946年にIMFと世界銀行が正式に設立され、「ブレトンウッズ体制」が
はじまる。そしてこのたった二つの規約が、今日にいたるアメリカの繁栄を
約束した。第二次大戦末期の疲弊した世界は、アメリカ政府が二つの規約に
こめた真の意図をまったく読めなかった。

●「ドル金本位制」の意味
「ドル金本位制」とは、簡単に言えば、イギリス・ポンドとフランス・フランを
貿易から締め出し、戦前のポンド経済圏とフラン経済圏の復活を阻止する
ことにあった。それによってヨーロッパの戦後復興を抑え、世界をアメリカ・ドル
の一極経済圏にすることができる。

もし、この規約がなければ、復興をはじめたイギリスやフランスは、かつての
植民地と貿易をはじめることになる。そうすると戦後の世界はドル、ポンド、
フランの三つの経済圏に分かれてしまう。アメリカは戦後の世界経済を完全
に支配したかったのだ。

●「通貨の固定相場制」の意味
これも、その意図は同じだ。世界の通貨を、実態よりも高く設定し固定してしまう。
そのことによって、あらかじめ将来の貿易競争力を奪ってしまう。

こうして、アメリカは基軸通貨ドルを好きなだけ刷り、世界の燃料や原料を買い、
アメリカの製品と農業品を世界中に売りさばき、世界の経済を独り占めして
しまった。また、世界中にドルを貸し与え、巨大な債権国となり、今日の礎を築いた。

501 :488:2006/11/30(木) 05:36:59 ID:PwHXkNkw
IMF(国際通貨基金)の設立目的とは、アメリカが戦後の世界経済を支配する
ため以外の何ものでもなかった。いまでも、当然IMFは存在する。戦後、
世界の復興と経済状況に合わせて、IMFの役割も変化してきたが、その目的は
いまも変わらない。すべては、アメリカのために。

<巨大借金国が、世界を支配する>

戦後、世界の基軸通貨がアメリカ・ドルと定められたことによって、アメリカ
一国だけは好きなだけドルを刷り、モノを買えるようになりました。製品でも、
原料でも、燃料でも。ここから、アメリカの超浪費文化が生まれたのだと
思います。輪転機を回すだけで何でも買えるのですから。

1971年までは、ドルというのはいつでも金(ゴールド)と交換できる兌換紙幣
でした(金1オンス=35ドル)。第二次大戦後、アメリカは世界の金の60%
(後に72%)を保有していました。この金が、ドルに信用を与えたわけです。
しかし、じゃんじゃんドルを刷りまくっているうちに、ドル発行量が金保有高を
越えてしまいました。つまり、ドルに対する信用供与がなくなりはじめたわけ
です。世界は、急いでドルを金に換えはじめました。アメリカの金保有高は
急激に減少し、あわてたニクソンは1971年、突然、金とドルの交換を停止して
しまいました。世に言う、ニクソン・ショックです。

世界は大混乱しましたが、アメリカはこんな風に言いました。
”みなさん、心配はいりません。これからは、アメリカ財務省証券(アメリカ国債)
とドルを交換します。これは、金と同じ価値があります”と。アメリカは、紙切れ
と紙切れを交換するという子供だましのような策に出たわけです。


502 :488:2006/11/30(木) 05:37:42 ID:PwHXkNkw
でも、この子供だましを世界は受け入れざるを得ませんでした。なぜなら、
これを受け入れなければ、いままで溜め込んだドルが、本当の「紙切れ」
になるからです。

世界が、金(ゴールド)に裏打ちされたドルを信用して、貿易通貨として
どんどん溜め込んだために、ついにドルに支配されるということになった
わけです。べつの言い方をすると、アメリカは世界中を、ドルでじゃぶじゃぶに
することによって、世界経済を支配してしまったということです。

アメリカがドルを刷りすぎたために、ドルというのは現在でも常に不安定な
状態にあります。世界は、必死になってドルの価値を一定の水準に維持
しなければなりません。日本や世界が、大量のアメリカ国債を溜め込んで
いるのもそのためです。しかし、溜め込んだアメリカ国債を売るとドルが
なおさら不安定になるので、売るに売れないのです。
アメリカ国債というのは、すなわちアメリカの借金です。

世界一の大借金国が、世界経済を支配しているという実に奇妙なことが
起こっているわけです。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 06:22:54 ID:7VQshkI7
おもしろいね、元ネタは何?

504 :488:2006/11/30(木) 10:28:03 ID:PwHXkNkw
世界銀行はIMFの経済政策(構造調整プログラム)を具体的に実行するための
機関だ。その結果、世界中の開発途上国の経済を破壊してきた。途上国の
国内産業は壊滅し、外国資本と多国籍企業に占領された。電力や水道と
いった公共事業さえ外国資本に占領されはじめている。農業も破壊され、
食糧の自給はできなくなり、輸入や援助に頼るようになった。教育、医療は
無きに等しいレベルに落ちた。世界の何十億という人々が貧困と飢餓の縁に
追いやられた。

 途上国の悲惨な現況は、世界銀行とIMFがもたらしたものだ。世界銀行や
IMFがしてきたことは、人類に対する犯罪行為以外の何ものでもない。

<グローバリゼーションの罠>
 グローバリゼーションとは、国家を越えて「地球全体がひとつになる」
ということだ。その理念は否定しない。しかし、自由貿易、自由市場、国際投資
といったグローバリゼーションの経済原理によって、世界にもたらされた結果は、
到底受け入れ難い。

 グローバリゼーション推進派は、全世界の生活水準が向上し、共に繁栄を
享受すると謳ったが、結果はまったくその逆だった。貧困層はより貧困になり、
中間層は没落し、富裕層だけがさらに豊かになった。途上国の、農業、教育、
労働、医療衛生環境は壊滅的打撃を受け、食糧不足、教育機会の喪失、
失業と低賃金労働、疾病の蔓延等をもたらした。それだけでなく人口の
都市集中、地方の荒廃、犯罪率の増加、暴動、内戦という結果まで引き
出している。特に農業の破壊と土地の荒廃は深刻だ。わずかな自然環境
の変化でも、大規模な飢餓が発生し、大量死をもたらしている。いや、
殺戮と言った方が正しい。

 このグローバリゼーションの輝かける旗手がIMF、世界銀行、WTOだ。



505 :488:2006/11/30(木) 10:28:58 ID:PwHXkNkw
上記のような悪事を堂々と企んで誰にも物を言わせず従わせる者たち
が世界を席巻しているという事実を見ると、世界各地の経済活動の
相互作用によってバランスを取っているという考えなど一瞬にして
吹っ飛んだと思います。こういうことを考え、実行する悪い者たちが
存在してるということです、陰謀論じゃなくて。

>陰謀論者が疎まれるのは全てのリスクをコントロール
できる全能の存在を仮定せざるをえないからなんだけど、

いるんですよ実際に。陰謀論的に言うグローバル化=家畜化
なんでしょう。本来なら日本こそが異議を申し立て正すべく
動くべきなのに積極的にそれに加担し経済大国日本自体も
それに付き合ってIMF管理下の国のように作り変えようとしている。
陰謀論じゃなくて目に見える形で行われている陰謀です。



たまたま見つけたのですが、こういう文書も出されてるようです
TO; world bank of govenors 不透明な首脳人選への意見書

http://www.financialpolicy.org/IMFDemocracy/imfdemwbgovernors.pdf#search='board%20of%20governors%20%20%20world%20bank' (pdffile)

つたない英語で読んでみましたが、世界銀行IMFの下で
正義感を持って動いている組織が、世界銀行IMFのトップ
人選が不透明すぎて困ると不満たらたらです。
なにやらまた陰謀論的臭いぷんぷんです。




506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 10:29:47 ID:KUwHKjYc
つか488の言ってることって70-80年代の左翼の言ってたことの焼き直しだよな。
>>489の数字を5位以下も入れて「EU」でまとめたらアメリカよりもEUの方が牛耳ってる
ことになるじゃん。

食べるための農業と売るための農業は別物で、今や輸出産業としての農業はマーケティングと
ロジスティクスをフル活用した先端産業だからアナクロ過ぎ。
「ドルでじゃぶじゃぶ」ってのも、それが本当なら田中の言ってるドル暴落が起こってないと
おかしい。
何でも責任を押し付けられるアメリカは大変だな。

田中なら陰謀論で面白おかしくしてくれるかもしれないけど、芸が無いだけにつまらないな。

507 :488:2006/11/30(木) 11:12:01 ID:PwHXkNkw
IMF、世界銀行、WTOは国連であって国連は第二次世界大戦の
戦勝国仲良しクラブであり、その中で一番特権的にやりたい放題
やってる国はアメリカであり、そのアメリカという国の中枢・・政治、
メディア、金融、軍事、石油、食料を牛耳っているものたちはユダヤ
であることは間違いことでありそれらはバラバラに存在している
わけでなく終局的にロックフェラーに行き着く。そして実際ロックフェラー
はアメリカの上部機関ともいえる世界経済フォーラム(ビルダーバーグ
会議・日欧米三極委員会・外交問題評議会)といったものに必ず名前を
連ねる。マスコミで報道しない、しかし事実を、そのジグソーパズルを
組み合わせていくと、とんでもなく壮大な奇天烈なストーリーが
出来上がってしまう。傍から見れば十分に陰謀論である。しかし
オカルト的陰謀論ありきの興味本位の趣味の範疇で戯言を言ってる
とは必ずしもいえない事実に満ち溢れている。・・これでも昨今はテレビ
マスコミで目に見えるようになってきたと思うんですけどねえ、気がついてる人
多いように思いますけど恐らく手遅れに完全にどうしようも出来ない
状態になっても気がつかない人ばかりなんでしょう。というより小泉改革
以降日本も餌食というか積極的に自殺する方向にIMF、世界銀行、WTO
のやってることそのまま導入してる事実に愕然としてます。
鬼畜米英その背後のユダヤに65年前に対抗して戦ったんですけど
今では完璧に下僕に成り下がり犬ですね。どうすりゃいいのかほんと
欝です。完璧に陰謀論風に話しましたけどどうでしょうか陰謀論だと
鼻で笑うことで済ますことでしょうか、というより経済、マスコミ等は
なぜ、ものの筋道立ててみていくと見えてくるものを見ようとせず無視し
侮蔑するのか正直不思議でならないというのが本音です。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 11:33:08 ID:g4Dx+NCv
いちいちコピペしないで元ネタのリンクを貼りゃいいだろ
ttp://blog.goo.ne.jp/leonlobo
9.11陰謀論かたっててチョムスキーが好きでアフガニスタンとか
行ってる、典型的なポスト9.11反米症候群の人だなぁ
大学生とかでよくいるタイプの普通の人じゃね? ウには及ばないな

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 14:34:52 ID:sCKUsZ5C
ID:PwHXkNkw
うざいコピペだな!
でもためになったよ、ありがとう。

それでもユダヤに関しては最小限にしか語られてないね。
あのチャベスでさえブッシュ政権の背後のユダヤ人には触れないし。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 14:54:44 ID:UbgKLb0X
一通り読んだけど、途上国の人口爆発を無視して、IMF、アメリカ批判している
だけのような。
1960年代、世界の人口は20億人足らず。それが今や60億を越える。移民国家の
アメリカ除けば先進国は60年代から一、二割程度しか増えてないから、人口増の
大部分が途上国でおき、人口が三倍近くになってるのが分かる。それが一番の原因
じゃないのかな > 途上国の飢餓・貧困

それに共産圏がそんなに技術的に優れていたのなら、そもそも冷戦崩壊しないはずw

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 15:39:14 ID:f0ks0iBy
結局イギリスのいうこと聞かないアメリカだから
ユダヤのお怒りによって滅ぼされてしまうわけだな

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:19:15 ID:BZLQ2eAD
人口爆発は原因じゃなくて結果だろ

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:20:06 ID:NRlrY4ek
>>508
陰謀論はともかくとして、IMF・アメリカ批判はなかなか鋭い。
親米工作員丸出しの506あたりが批判に入っているのもそのせいだろう。
陰謀論者とのラベリングで批判の正当性を崩そうとしてる508も506の仲間なんだろうけどw

>>510
510の批判は、
共産圏の過大評価を除けば、488に向けるものとしては筋違いだぞ。
途上国の経済・農業をぶっ壊したって話なんだから。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:23:29 ID:NRlrY4ek
>>512
488の批判がそれだけ的を射ていた、ということですよ。
アメリカ・IMF擁護のレスは相当苦しいものばかりだから。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:29:27 ID:br88mQnE
ここ最近のアメリカはヤバい
最近のアメリカは住宅バブルの低迷振りもウォルマート
のCEOも年末商戦もおおいに期待外れだと落胆してるらしい
原油高騰も影響している


516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:34:11 ID:KUwHKjYc
>>512
んー、それって先進国によるアフリカ援助はアフリカを滅ぼすためにしたことだって意味?
教科書的に言えば人口爆発の原因は衛生環境の整備だよね。

>>513
スルー力がないんで言っちゃうけど、他人を工作員認定するのって恥ずかしいよ。
それこそ陰謀論者のすること。
田中みたいに自称してる人間を陰謀論者言うんでなければ。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:37:56 ID:NtUHAuMu
懐かしの従属理論の焼き増しに
陰謀論塗したレベルの床屋議論にしか見えないが

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 17:51:40 ID:NRlrY4ek
>>516-517
必死だな、工作員もw
スルーする力がないんじゃなく、否定しないとまずかっただけだろw
488が持ってきたIMF・アメリカ批判を、
批判者に対する人格攻撃と的外れな反論でしか切り返せないのが工作員認定された原因なんだから.
恥ずかしいと言う前に工作員認定されても文句言えないような駄レス反論を恥じたら?

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 18:03:30 ID:sCKUsZ5C
降臨と工作員は板の華ってことでよろしく。
嫌いだから滅ぼすってことなら湯田になっちまう。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 18:09:21 ID:NRlrY4ek
>>519
すんません、つい過剰反応してしまいやしたw

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 18:21:35 ID:lL2RkOrx
途上国での農業破壊を語るなら、まず先進国での農業保護の問題を取り上げるべきだろう。
そしてこの問題はアメリカ、イギリスだけが関わる問題じゃない。
仏独を始めとする多数の西側先進国、もちろん日本も関係する。
そして、これらの国は常にアメリカと歩調を合わせて、農業保護をしてたわけではない。
自国の利益誘導や政治家の選挙対策など、まあそれぞれの思惑が絡んで、
あるときは激しく対立し(対立しているふりをし)、あるときは協力した。

そのディティールを全部吹っ飛ばして、アメリカとIMFと世界銀行が世界を完全に牛耳ってて、
たとえば途上国の農業破壊の原因が全部あるかのように語るから、陰謀論呼ばわりされるわけだ。
何かが悪くなった原因を1つのところに押しつけて激しく責め立てるのは、
気持ちはいいかもしれないが、それは何の問題の解決にもならんわな。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 18:31:20 ID:NRlrY4ek
>>521
アメリカIMF世銀がぶっ壊したのは事実ですからw
三者が世界を完全に牛耳っている、まで行けば確かに陰謀論。
しかし、三者が破壊した事のみで留めるならば、鋭い批判。
鋭い批判まで陰謀論に仕立て上げるのは三者を擁護したいが為。
人口爆発の話を持ち出して批判するなんぞただの馬鹿だぞw

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 18:52:20 ID:lL2RkOrx
>たいていの途上国というのは、豊富な土地と人口を有している。
どの国を想定して、それは語ってるんだか。
効率的に耕作が可能な土地は、たとえば中部〜南アフリカ諸国では非常に限定的。

しかも、日本のような極度な労働集約型農業が効果的に働くほどの、
高度な灌漑施設を持った土地の割合はさらに限定される。
(日本のやり方がすぐにアフリカに通用するなら、誰も苦労してないって)
だから、農地改革が農業生産力の向上にすぐに寄与するというのは幻想に近い。

アフリカの農業改善に尽力している人はこういうような難しい課題を抱えつつ、
みんな知恵を働かせて努力しているわけだ。
アメリカ、IMFの反対のことをやれば簡単に問題が解決するなんてありえないし、
彼らを糾弾したところで、さあ大きな変化があるのかどうか(確かにIMFがやってることは酷いけどさ)。
アフリカの農業のために努力している人たちのことも含めて、米帝の手先というならご勝手に。
確かに笹川アフリカ協会あたりはアメリカの手先か……って冗談冗談。w

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 18:58:12 ID:NRlrY4ek
>>523
>確かにIMFがやってることは酷いけどさ

庇い切れず譲歩して認めるわけかw
ってかアメリカIMFの悪逆非道ぶりを知ってればそうなるわな。

>アメリカ、IMFの反対のことをやれば簡単に問題が解決するなんてありえないし、

おやおや、反対のことと来ましたかw
アメリカIMF世銀が途上国を破壊したと言ってるだけで、
反対のことをすれば解決するなんて誰も言ってませんよねえw

>アフリカの農業のために努力している人たちのことも含めて、米帝の手先というならご勝手に。
>確かに笹川アフリカ協会あたりはアメリカの手先か……って冗談冗談。w

どうやらアメリカ人は全てアメリカIMF世銀の蛮行を支持する悪党揃いだと言いたいようだ。

525 :524:2006/11/30(木) 19:00:06 ID:NRlrY4ek
↓ここ削除。つうかどっちにしても523は愉快な香具師だがw

>アフリカの農業のために努力している人たちのことも含めて、米帝の手先というならご勝手に。
>確かに笹川アフリカ協会あたりはアメリカの手先か……って冗談冗談。w

どうやらアメリカ人は全てアメリカIMF世銀の蛮行を支持する悪党揃いだと言いたいようだ。


526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 19:07:35 ID:ROaGbkj6
一応、確認したいんだが、488の書いてることは結局、宇宙の
米国覇権委譲説の完全否定説だよね?
一応、宇宙のスレなんだからほんの少しでも関連づけて欲すい。
つか、ある意味ここまで徹底的に宇宙の説を否定する説も
このスレでは久しぶりだよなw


527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 19:13:43 ID:tqdOY/9O
>>526
確かに思い切りスレ違いかもしれないw
宇宙さんには悪いけど、あそこまで都合よく論理が展開するとは思えんのよ。

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 19:16:08 ID:tqdOY/9O
488の内容が非常に的を射ていたのでついカキコしてしまったわけだが、
スレ違いの内容を延々続けるのもまずいのでここでひとまずやめますね。
ちなみに宇宙さんの記事は楽しく読ませてもらってますよ。

529 :486:2006/11/30(木) 19:18:29 ID:iIv9hCnm
>>488は、あっているところも、あってないところもあるねえ。

日本が停滞していた十数年で、途上国の都市は立派になっているよね。
あれさあ、日本人が利子をもらうべきところでもらってないからだと俺は思うよ。

アメリカは日本にたいしては、ゼロ金利をもとめているようだね。
それでアメリカも途上国も得したようだし。

IMFは悪いところもあるが、まあまあなところもある。
アメリカ人のあたまのおかしな経済学者のいっているまましたがっているから計画通りに
いっていないだけで、アメリカの主張する計画のいいところも少しはあるわけだし、
衰退しつつあるアメリカのためには、IMFはやくだっているわけだし。

「アメリカの計画経済」と呼べば言いのだと思うよ。
深い陰謀でなくて、アメリカ人が能力不足だから、言っている通りにすると、
陰謀でおかしくなるところと、アメリカ人の想定しないところでおかしくなるという
事なのだと思うよ。

イラクでもそうだけどアメリカの秘密の計画通りにおかしくなっているところと
アメリカの秘密の計画にもないところでおかしくなるという2つのパターンが
混じっているのだと思うよ。

>>486でキリスト教徒と陰謀の関係を説明したけど
 キリストが捕まって死んだように、
 人でも神でも、計画とか陰謀の通りには物事は進まないのだ。
 

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 20:42:58 ID:ZSzvqWuG
488 の内容で一番の疑問は、「農地改革」を前提にしていることかな >>494-496
トップダウンの技術改革やろうとするなら、むしろ大地主が富と力を独占している
方が導入は楽のはず(地主側にやる気があるかどうかは知らないが、収入増えること
自体に反対するとは思えない)。

大地主制度を破壊して農民に農地を解放しようなんてのは、身分・階級構成含めて
社会革命できないとそもそも無理だし、それは内政干渉という点では同じでも IMF
の予算管理・経済政策管理と同列に語れることじゃないのでは。
そもそも農業人口80% の社会で平等な ? 土地分配なんて成功するとも思えないし、
細分化された個人には技術や施設の導入に必要な資金は無いし、融資も背負えない
んじゃないかと。

531 :488:2006/11/30(木) 22:37:53 ID:PwHXkNkw
>>526
米国覇権委譲説の否定ではないよ。
ただアメリカを富ませることのみが目的ならアメリカ国内の実情とは符合しない。
アメリカこそ貧富の差が激しくOECD第一位の貧困率であるし治安も良くない。
放置してるどころか悪化してる。逆に言えばそれらの一般民を縛る他国世界
向けプランがIMF世界銀行かもしれないし。陰謀論的に言うとやつらにとって
アメリカさえも約束の地ではなく、もっとこれからが本番てことかもしれない。


532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 00:20:50 ID:tPrkwyTQ
ついこないだまでブロック化とか騒いでた香具師が今度は米国に支配されたIMFに
よる経済のグローバル化の陰謀とか騒いでるに1000宇宙。
このての連中にとっちゃ、とりあえず米国なりユダヤの悪口言えれば
「ブロック化」だろうが「グローバル化」だろうがどっちでも良いんだよなw

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 00:26:42 ID:2OatxevA
多極化=ブロック化ではないし
多極化とグローバル化は両立するのでは。
てかこんなの来てたんだ。

レバノンの暗殺と中東再編
2006年11月28日  田中 宇
http://tanakanews.com/g1128lebanon.htm

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 01:00:07 ID:2OatxevA
> パレスチナ問題では、これまでに何回も「和平案」が出され、世界の期待が集
> まったが、結局すべて頓挫している。私は何度も「和平が実現しそうだ」と書
> き、そのたびに「また予測が外れましたね」と読者から揶揄されるので、もは
> や和平案が出されても期待をかけないようにしている(イラクからの「撤退案」
> も同様だ)。

俺ら揶揄なんかしてないよな。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 01:19:11 ID:tPrkwyTQ
してないしてないw

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 02:46:23 ID:ZmIhKxu9
IMFがアメリカのいいなりで、そのプランは被援助国の経済をしばしば破壊する、
という話は別に目新しくないよね。大まかにいってその通りだし。

ただ途上国の貧困の問題を全てIMFのせいにするのはよくない。またIMFの国の
倒産を防ぐ防波堤としての役割を評価せずに、手法だけ批判するもよくないな。

なんでもネオコンのせいにする誰かさんと同じになってるよ。

IMFの画一的なプランの押し付けには問題があるけど、途上国の貧困の解決は誰
がやっても難しい問題。例えばアフリカへのODAなんかも全然効果ないよね。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 07:51:40 ID:vF5gQ48O
餓えた野良猫に餌を与えたら繁殖して餓えた野良猫が増えるよ。
途上国の貧困問題はそういうことだろ?
地面の下にエネルギー資源や鉱物資源があったりするから
競って餌を与えたり、それを制したりするわけだけど。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 09:36:12 ID:yXKgy3S4
>>529
途上国の都市は立派になっているのはなんだかんだいって
国際金融資本のおかげだと思うよ
サスーン財閥とかベクテル財閥とか
韓国のサムスン財閥とかも今インドとか中東とかにやたらと投資してるらしいが
名前も似ているところからサスーンがただサムスンに変わっただけの
サスーンの手先じゃないのかと勘ぐってしまう
考えすぎかもしれんが


539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 09:54:37 ID:1I9FPRXd
>>529
ゼロ金利続けてたのは日銀の意思でしょ?

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 11:54:01 ID:AmYzPbC2
だって国債がやばいお

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 12:38:49 ID:ez0ipqzo
国債がやばいって!

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 12:45:07 ID:XSmVw/ul
また破綻厨(ry

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 12:47:45 ID:vF5gQ48O
ゼロ金利を続けたら円が借りまくられて、
その償還時期には円高圧力をかけられなくなる
というところまで読んで日銀は円を垂れ流したのかな?
いや日銀は国債金融総連日本支店だから言われるままにやっただけだよな?

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 13:13:31 ID:KvbY/Adb
ゼロ金利維持→国際資本の言う通りにした!陰謀だ!
ゼロ金利解除→アメリカによる円高誘導だ!陰謀だ!

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 17:22:35 ID:tPrkwyTQ
だ・か・ら、IMFが被援助国の経済を弱体化させ先進国と途上国の差を
広げてるってのは「よくあるお話」だけど、ここはうーたんスレなんだから
それがうーたんの米国故意に自滅説と矛盾してるってことぐらいは認識
しようよ。
うーたんの説は米国が故意に自滅してその代わり途上国が米国に台頭
するくらい強力になり、世界が米国一極から多極化するってことなんだよ?
今回の新作だって米国に対抗するイラン大帝国wが撤退する米国に変わり
中東をしきるって話なんでしょ?w ペルシャのイランがアラブをしきるって
いう笑っちゃうような内容だけど、いずれにしてもIMF陰謀説とは明らかに
矛盾するよ。

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 21:20:35 ID:aaha1LP/
レバノンネタが出ると黙ってない某共同出身台湾在住の人が
新作読んで今ごろブチギレてんじゃなかろうか・・・

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 21:39:07 ID:ufZXz/jx
最近うーたんの本も出ないから
きっとむじたんも同情してるよ

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 21:49:11 ID:y6ZuDc1b
>>541
常にアメリカの金利>日本の金利なわけだから、がんがん国債を発行して目いっぱい米国債を買ったら
金利差でウハウハじゃ無いのか?

549 :541:2006/12/01(金) 21:55:58 ID:IpBf2UmS
>>548 >>540に関して揶揄したレスしただけど・・・
実質、名目を考慮しないんだな。


550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 00:26:29 ID:nV+deiQw
>>548
素人でわからんが、米国債など償還なんかしないから
名目が増えるだけの話だろ。
アメリカの借金を日本の借金で買ってるだけで、日本が儲けた金が
右から左にアメリカに渡ってるだけ。たくさんの製品がアメリカに
渡りその代金が日本に入ってきても多くが米国債を買って現金は
アメリカへ。日本に残るのは紙くずだけ。ってことじゃないの?
だから経済大国なのに豊かさなど感じない。よーわからんけど。
んで郵政民営化でこれが加速されると。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 01:01:47 ID:oghwD+YH
>>550
合ってる。
仕事もしない博打好きの放蕩親父は金遣いが荒い。
だから家族全員で親父の畑を耕す。
実った食い物はほとんど全部親父がどこかに持っていってしまう。
家族は残ったもので食いつなぐ。

美しい国、日本。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 01:15:49 ID:Yfvl2Y7s
外資50%超、政治献金OKへ 改正案が衆院委で可決
http://www.asahi.com/politics/update/1201/013.html


553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 01:25:55 ID:awck/Jej
なんというか。。。妙に政治臭いのが入り込んできちゃったな。。。
このスレでそんなことやったって仕方ないのに。
このスレはうーたんをみんなでエンターテーメントするスレだよ!

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 04:44:04 ID:nV+deiQw
>>545
IMFが被援助国の経済を弱体化させ先進国と途上国の差を
広げてるって言うこととそれが米国多極化(故意衰退説)と矛盾してる
とはイコールでは括れないってことじゃないの??
というよりその関係性を探っていくことが有益であるとも思うけど。
少なくとも、この矛盾は何故なんだろう、と疑問を持つぐらいの余裕は持とうよ。

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 08:31:04 ID:DFiAfCOQ
日本の金がアメリカに流れてもアメリカは豊かになってない
というか数字上豊かになっても豊かさを実感できない
すべて日本のお隣の国の金属や石油の急激な需要の価格高騰でパーになってる
というかそういう構造ももうできつつある

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 10:13:59 ID:w0cuzrA+
>>553
だよなぁ、ボケ芸人にツっこむスレなのに
マジ議論はそれ専用のスレでまともな論客とやった方がいいだろ
ここでやるんなら一芸ないとなぁ

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 12:12:26 ID:me7JJh0m
とりあえず今日の書き込みで言うと、>>550 >>551 >>554 >>555 はスレ違いだな。
二度と戻ってくるなよ。

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 13:08:30 ID:lgQ7RLds
新作。おれ中東よくわかんなくて、うーたんは勉強家だなとか思っちゃうぐらいで突っ込めないんだ。

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 14:18:26 ID:UMczcrRr
新作といいつつ中身は以前の意見の繰り返しにすぎないので、全然盛り上がらんな。

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 17:48:45 ID:vX9AhP6C
 自国の軍事作戦を失敗させてしまう特殊部隊や諜報機関の勢力は、イスラエルだけで
なく、アメリカやイギリスにもいて、彼らのせいで、イラク占領は失敗し、アルカイダ
はいつまでも正体不明のままになっている。アメリカのアメリカのネオコンやチェイニ
ー副大統領は、彼らの一味であると考えられる。歴史的に、英米イスラエルの諜報機関
は、イギリス軍の諜報機関(今のMI6など)を組織的な原点としており、半ば国家の
枠を超えた秘密組織になっている。

 ドイツのヒットラーや戦前の日本を引っかけて大敗北させたのは、この米英の諜報機
関の作戦であろう。ソ連を扇動して冷戦に持ち込んだのも、彼らが関係している。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 20:20:31 ID:tJcGJUwi
陰謀論的に言えば途上国を富ませて、先進国を破壊するのが国際金融の目的って言う方が正解だろ。
国際金融が途上国を破壊してるって論は陰謀論を全然理解してないぞ。
宇だって途上国を富ませて、先進国を破壊することが国際金融の利益になるって言ってるし。
国際金融が目指してるのは世界の平板化、水準化だと思う。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 21:03:27 ID:nV+deiQw
>>561
途上国の中の誰が徳しているのかってのか問題だろ。
IMF世界銀行の介入で途上国は数値上回復に見えるが
恩恵を受け儲けているのはユダヤ外資とそれに群がる
ごく一部の連中で大半は貧困化しているってことだろ。
形式上は回復し都市部は繁栄してるように見えるけど
国の根幹はボロボロになってその国の国民は被害者だって。
正直、途上国の回復、富ませるということと、その反対の
破壊しているってことの相反するものは、その算定方法の
やり方の違いによって認識が違って見えるということがあるんだと思う。
日本でも、「戦後最長の大景気に湧いて日本は回復しています」と
言われても一般人には全くピンとこないのと似てるんじゃないの。
二極化貧富の差の顕実化で見た目名目上は良くなっても
実態はそれに則していないってことだと思う。宇氏のいう途上国を
富ませる論はどういう意味なのか分かってる人教えてくれ。(たぶん
個人的にそれ読んでない新参者でスマソ)
いずれにしても、先進国でも途上国でもすべてかっさらって全部
持って行ってるのはユダヤ国際資本ということには変わりないことだと
思うけど。>>561の言う>世界の平板化、水準化 ってのは性善説に
基づく脆弱なものだと思うけど。
ユダヤ国際資本の求めていることは先進国でも途上国でも
名目上成長してるように見えるが国民はそうは思わない。
そして名目とは別に実際は国の根幹を全部持っていって独占する。
これくらいの悪辣なことまでは予見しておいた方が良さそうだと思いますけどねえ。
日本でもユダヤの手下の竹中小泉売国路線にまんまと嵌められて口車に
乗って騙されたぐらいだから国の経済の情勢を見る切り口は多種多様
なんでしょう。


563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 21:58:31 ID:n9nhCMvf
陰謀論といっても、国際金融陰謀論とかユダヤ陰謀論とかいろいろあるからな。
ごっちゃにしないほうがいいぞ。

もしも陰謀の親玉が国際金融だとしたら、彼らが信じてるのは拝金教であって
ユダヤ教とかキリスト教はどうでも良いんだよ。
世間体があるから教会に入ってるだけ。
それは国際金融の親玉がロスチャイルドだとしても同じことだ。
奴らにとっては「同胞ユダヤ人」といっても利用すべき対象にしか過ぎないよ。



564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 22:02:45 ID:n9nhCMvf
>それから、>>561の言う>世界の平板化、水準化 ってのは性善説に
基づく脆弱なものだと思うけど

>561がそう思ってるのかどうか知らないが、
国際資本にしてみれば、やせた豚もふとってくれれば
畜舎がにぎやかになるから良いってことだろ?

植民地解放なんかがそうだしな。


565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 22:07:34 ID:tJcGJUwi
>>562
君は全然理解してないよ。
なんか左翼の敵として都合の良い国際金融って感じがする。
貧困が国際金融の責任のわけない。貧困なんて大昔からある。
国際金融が、全部さらって持って行くっていうのも全然わかってない。
平板化が性善説? 平板化は悪魔のもくろみだよ。
陰謀論は君の思ってるような気楽なものじゃないよ。
その本質をちょっとでも理解すると、世の中の見方がひっくり返る。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 22:36:15 ID:me7JJh0m
>>562
> 宇氏のいう途上国を
> 富ませる論はどういう意味なのか分かってる人教えてくれ。(たぶん
> 個人的にそれ読んでない新参者でスマソ)

新参者だと自覚しているなら半年ROMってろ。
長々と誰も読みたくもない、陳腐でつまらない自説を開陳するのは完全なスレ違い。
このスレの趣旨が理解できるようになるまで二度と書き込むな!

>>565
> 君は全然理解してないよ。

お前もここが何のスレなのか完璧に全然理解していない。
二度と書き込むな。

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 22:36:36 ID:n9nhCMvf
貧困というか、貧乏の問題についてはいくつか考えることがあるんだが

たとえば宗教ってのは金持ちよりは貧乏人にとっての方が大事なもんだな。
困ったときの何とか、とか言うけど、
いやまあ、貧乏=不幸とは限らんが、
一般的には金持ちほど宗教はどうでも良くなる。
ましてや、ロ○○家のように10兆ドルだか100兆ドルだか資産があれば。
まあ、信者を利用するという意味での価値はあるだろうけどな。

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 22:38:44 ID:n9nhCMvf
何か理解の浅さを糾弾するスレになってきたな。
何をどう理解すべきなのかはわからんが。

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 22:47:50 ID:nV+deiQw
>>565
だから「平板化は悪魔」、ここで留まらないんだよやつらの意図は。もっと進めて
先進国も途上国も二極化し支配する。こっちの方が悪辣だろ。昔の貧困の中身が
今意図的に行われていることの違いも理解してないみたいだし。
何言ってんの??反論の為の反論みっともない。
>>563だから国際資本はユダヤであってアメリカを支配してるやつらで国連以下組織も
実質やらせてるユダヤ。金融も石油も政治もメディアも全部支配下であって、
ホロコーストで殺された無害なユダヤではなく、シオニストでサタニストである
邪悪なユダヤだよ十分陰謀論だけど。


570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 22:52:41 ID:nV+deiQw
>>566
何が言いたいのか何が気に入らないのかわからない。
ウータン、ウータンいうのがこのスレの主旨か?
最低限、反論するなら人の書き込みくらい読もうな。失礼だろ普通に。

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 23:29:14 ID:n9nhCMvf
>>569
なぜユダヤでないといけないんだ?

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 00:09:44 ID:6bSO45B6
>ウータン、ウータンいうのがこのスレの主旨か?

YES.

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 00:14:49 ID:KarZ2zlU
違うだろ。
そうだとしたらキモ過ぎる。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 00:40:06 ID:nhz3AzYo
>>550

償還はされてるだろ。米債は不履行になったことなんかなかったはず。
それに現金化されず借り換えが続くという意味なら米国以外の国債だって同じ事。
国債発行残高を0にする先進国なんかないわけで。通常は名目では増え続けてる。
数年前の為替介入とかはほぼ日銀引き受けでやったようなもので日銀券刷ってドル買ったのと同じ。
ドルが基軸通貨だから札を刷りまくれるとか言うけど基軸通貨でない日本のほうがすりまくってたんだよな。
それに郵政民営化してもほとんど日本国債で運用され続けるし、民営前から民間へ運用委託してる。実質的な影響は小さい。
GDP比でみりゃ中国のほうが米国債保有は増やしてるが、豊かになってるわけで外貨保有増やしてるかどうかと豊かさが感じるかどうかは別問題だろ。
あと日本は貿易依存度低いわけで作ったものが外人ばかりに持っていかれてるわけじゃない。作ったものの9割前後は国内で消費されてる。

>>548

実際日本政府は外為で毎年数兆円は儲けてる。財政再建ばかりしてるから国民がうはうはにならんだけ。

>>539

日銀幹部はもともと0金利も量的緩和も反対だった。債券市場が混乱するとか言ってたが、それほどの混乱はなかったけど。
日銀シンパの人はそんなことしても効果ないとかハイパーインフレになるとか妄想振りまいてたけどそんなこと現実には起こってないわけで。
でも0金利解除したら景気が急降下したからやらざるを得なくなった。日本の景気が悪いままなのは日銀がやたらインフレをつぶしたがって財務省が財政再建ばかりするから。

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 03:28:38 ID:s91hKweb
大蔵省時代の禍根の財務省バブル恐怖シンドロームと
日銀の刷り過ぎ恐怖シンドロームは同根だわな。
もう10年世代更新されんと無理ぽいね

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 05:08:09 ID:6JLH+T+X
>>574
郵政民営化したら郵貯の資産運用をするのは外資でしょ。
これを見るとズラッと外資が並んでる。
http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/kawase/040331j301.html
今現在じゃないってことでしょ、これから民営化されてからの運用についての
それを行う会社。日本国債で運用され続けるとか断言できないでしょ、っていうか
危ないでしょこれは。
あとGDPに占める対米輸出の割合は少ないたってある程度の金額はあるわけで。
なんでそんなに楽観視できるか不思議なんだけど。
売国奴竹中の答弁みたいでキモいですよ。

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 07:59:41 ID:mQILIvPn
しかしここでこうして長文ウダウダ書いてる連中見ると、
田中にも読みやすくする文才とくどくない自己アピールの才能はあることが分かるな。
おまいらの文章はオレがオレがばっかりで、さっぱり読む気にならない

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 09:02:52 ID:SFOk2uJ7
>>569

君は、国際金融が途上国を貧困化させてるって書いたけど、
逆なんだよ。途上国が貧困なのは、国際金融のせいじゃなくて、
その国民の資質なんだよ、残念ながら。
国際金融は、そういう国民の資質に左右される経済が大嫌いw
だから、世界を平板化しようとしてるわけ。単純で経済的な原則のみを考えてれば
済む社会w
まあ、一般人にとっては地獄だけどね。


579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 10:52:58 ID:OOkKvgTN
>>570
> >>566
> 何が言いたいのか何が気に入らないのかわからない。
> ウータン、ウータンいうのがこのスレの主旨か?
> 最低限、反論するなら人の書き込みくらい読もうな。失礼だろ普通に。

何でスレ違いの、しかも長文の書き込みを読まなきゃならないんだ?
自分の文章を読んでもらいたいなら、読み手が読みたくなるような文章を書けよ。
お前のスレ違な上に、独りよがりな長文を読めというのは勘違いも甚だしい。
いいから消えうせろ。

>>573->>576 >>578
お前らは明らかにスレ違いだ。
せめて>>577を百回読んで理解してから書き込め。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 11:23:44 ID:xHebYCSK
>>573
勝手に自分の好みでスレの趣旨をねじ曲げるな。
あくまでもこのスレは田中宇の国際情勢分析に関するスレだ。
その限りにおいて、まじめに分析を評論するのも揚げ足を取るのも問題ない。

だが、全く関係の無い自説を長々と展開するのは明らかにスレ違いだ。
どこかよそに行ってやれ。
ここは不特定多数の基地外の面倒をみる精神病院じゃないんだよ。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 11:37:14 ID:sFBNpeJ9
だが、断わる。

俺はスレが脱線する部分だけが楽しみで読みに来ている。
ウーはそのネタを提供してくれる。お題を出す円楽みたいな存在だ。
このスレにいる各方面の専門家は脱線具合も派手でよろしい。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 13:19:11 ID:OOkKvgTN
>>581
> このスレにいる各方面の専門家は脱線具合も派手でよろしい。

どこに専門家がいるんだ?いるのは半可通だけじゃん。
もうお前が知ったかぶりの中学生なのはわかったから、長文を書き込むときはコテハンにしろ。
NGワード登録するから。

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 13:27:47 ID:PhLzYoO5
>>581
>>ウーはそのネタを提供してくれる。お題を出す円楽みたいな存在だ。

宇の誤訳だらけのコラムからは、つっこみ以外のまともな議論が始まるわけがないが。
まさかお前英語が読めないんじゃないのか?
まずは半年間、宇のコラムの引用元と引用後の日本誤訳をつきあわせることから始めろ。
話はそれからだ。

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 14:22:55 ID:6bSO45B6
まぁさ、限度を超えなきゃ多少の脱線は良いんだよ。
だけど最近のは量的に言っても限度越えちゃってるだろ。

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 14:42:20 ID:nhz3AzYo
>>576
>郵政民営化したら郵貯の資産運用をするのは外資でしょ。これを見るとズラッと外資が並んでる。

自主運用とか旧勘定って知ってるか?民営化される前から外資を含め民間に運用委託してるし、
民営化後も今の貯金のほとんどは政府が管理して郵貯銀行は新しく預金を集めることになってるわけだが。
それとなんで外資の運用が駄目で役人邦銀ならいいと思うんだ?邦銀や役人の運用が適切だったという根拠でもあるのか?
適切なら何で無駄な公共事業や土地投機の貸出とか駄目企業においがしたりしてたんだろうかね。
外資の運用が危なくて役人や邦銀の運用なら危なくないという根拠がわからん。それこそレイシストみたいでキモイんじゃね?。
郵貯が外資に運用されて危ないと思うなら邦銀に預け代えれば済む話だろ。
それと郵貯銀行だって預金者には日銀券で返さなくちゃいけないんだから外資になっても経営的には日本国債中心の運用になる。
今が医師の傘下に入ってる金融機関の運用先調べてから言ったら?

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 15:01:58 ID:aYdi4nyS
外資証券の債券営業を知らない奴が多いねえ。
>>585が適切な解答を出しました。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 16:08:21 ID:6JLH+T+X
>>585
だから郵便貯金会社、郵便保険会社は旧勘定のお金の運用を任されている
民間の会社だから、アメリカは運用を委託されている投資会社は当然アメリカ国債を買うわけだよ。
これ文句言えないだろ。アメリカ国債の方が金利が高いから、日本の国債買うよりは。
民間会社なんだから自由だろ。より利回りの高いものを買うのは当り前の話だから。
郵貯はもう国の機関ではなくなるんだから、国策で日本の国債を重点的に買うなんて事はなくなるわけ。
その認識の甘さにびっくりするわ。なに今ごろになっても能天気なこと言ってるし。それに賛同するバカもいるし。
要するに、旧勘定を保存する公社承継法人は、旧勘定の、大金の保有、保存の会社は、
金の運用は自分でやらないとなってる。自分では運用をやらない。
運用を委託される外部はどういう外部かというと、さしあたりは新設された郵便貯金会社、
郵便保険会社が運用を託されるということになってるけどこの二つの会社は、
日本の会社だから安心だとは言えない、51%の条項もついてない。
しかもこれは民間会社なんだよ。民間会社は預かったものをどう使うかは自由。民間会社は政府の管理の外。
そして、なぜ公社承継法人をそっくり外国に売るなんてことは出来ないのかは、
あまりに巨大すぎて、300兆なんてアメリカにだって買う力はないわけ。
売る方も売りたくたって簡単にできない。けれども運用する権利、運用権を外国に
売ることはできるわけ。すなわち民間会社なんだから、運用を託された外部、
郵便貯金銀行や郵便保険会社は民間会社なんだから、どう運用しようが自由だから、
運用方法、運用する権利を外国の投資会社に委ねる。そういうようなことが簡単にできる。

おまえら寝ぼけすぎ。これに関連して三角合併とか施行されるの知ってんだろ?
一連の小泉詐欺改革だよ。IMF管理下国のように二極化、国有財産の外資買収、国民は困窮
のシナリオどおりのアメリカの押し付けグローバルスタンダードだよ。
無知も度が過ぎると怒りが込み上げてくるわ。クソが

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 17:04:35 ID:sFBNpeJ9
「アメリカの」ではなく「ユダヤの」だと正確に書くべきだ。

589 :にゃ:2006/12/03(日) 18:03:06 ID:VwG9WNxK
年間で、もう25兆円ほど消費を増やしたい。いい方法はないだろうか。

消費が落ちているのが統計でわかっても手を打たない。
これが二世・三世議員による政府と、レベルダウンした官僚の支配する日本政府の実力。


消費拡大→経済成長→金利引上げ   こうなってほしい。

消費税なくして、直接税で高額所得者からがんがんしぼれば、80年代のように、
東京はスラムのようだと言われても税収は多くなる。
医者とか税金あげても海外にでていかないタイプの金持ちに多く払わせて、低所得層に金を
まわせば、資本主義的には大量生産の効果で劇的に企業収益が改善する。
在庫リスクもなくなり倒産も減るし、商品の廃棄も減る。

規制緩和で無駄な競争が増えている。こういうのを調整する省庁が必要だし、
行政指導が必要だ。



590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 18:20:49 ID:WQM61hfy
消費が落ち込んでるのはデフレ不況だからでしょ?

>医者とか税金あげても海外にでていかないタイプの金持ちに多く払わせて
ソイツラをターゲットにして狙い撃ちするの?それは税の公平性から問題ないかい 法人税増やすなら別だが

>規制緩和で無駄な競争が増えている。こういうのを調整する省庁が必要だし、 行政指導が必要だ。

行政指導なんてたかが知れてるよ。 戦後の行政指導なんてほとんど役に立たなかったって研究があるぞ
1960年代に旧通産省のお役人なんてホンダが自動車産業に参入するの妨害してたぞ
(三輪 芳朗、J.マーク ラムザイヤー  日本経済論の誤解―「系列」の呪縛からの解放を読んでくれい)


591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 20:46:19 ID:5Nerqhkl
>>590 デフレではない。

企業の業績が良くなる。
1.賃金が上がる。→消費が伸びる。→生産が増える。→雇用が拡大する。
2.税収入が増える。→公共投資が増える。→雇用が拡大する。
本当はこれで景気が拡大する。

ところが某巨大自動車会社を例に考察するとこういう仕組みとなる。

正社員採用を抑制して派遣労働者、季節労働者で労働力をまかなう。
→正社員の給与は微増するが、この会社で働く労働者全体で見れば減少し続ける。
 特に非正規社員の賃金は15年前の60%以下に下げられている。

 また支払われる外注業者への利益配当も、コストカットスパイラルにより
 売上げは増えても純利益が減る、当然そこで働く労働者の所得は減り続ける。
 これはデフレではなく大企業主導による労働者階級の奴隷化である。
 勿論国が法制度的にこの奴隷社会化をマッチポンプで誘導している。
 
 しかも法人税は(文句があったら本社を外国に移すぞとごねて)1/3以下に
 免除させるように税制度まで変えさせて、税金を払わないようにしている。

つまり儲かる理由は労働者、外注への対価を渋った結果であり、
儲けは労働者にも還元せず、税金も払わない。まるでパチサラ朝鮮人企業じゃないか?

これでは消費の落ち込みは回復しない。
しかも下請け業者は賃金が払えないため日本人をクビにして中国人を雇い始めている。
そして外国人の労働者を日本にもっと呼び込めとさらに政府に圧力を掛けている。
ところが一方では金余りの富裕層(日本人じゃない)が贅沢品を買いあさっている。

その一方で借金苦の日本人はサラ金に手を染め一家離散し、最後は自殺させられる。
サラ金利用者の実に1/4が自殺しているそうだ。これが今の日本。
そして政治献金を50%外国人から受けても良いとし、さらに株式の三角交換が始まる。

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 22:01:01 ID:f38M2IDB
もはや完全にスレ違いどころか板違いでさえある。
ここは漏前らの経済学お勉強会のスレじゃねえからとっとと失せろ

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 22:23:13 ID:OOkKvgTN
>>585
>>587
>>591
長文うざい。
チラシの裏にでも書いとけ。
人に読んでもらいたいなら、もっと簡潔にわかりやすく書く練習をしてから書き込め。

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 22:24:04 ID:e7sA9Vs1
>>592
>とっとと失せろ

ちょっと言い方がキツイw
宇宙さんの記事を楽しくチェックするスレなんだからまったりと。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 22:32:47 ID:H9QmAxAr
よもや荒らしのおかげでうーたんの価値を再確認することになるとは。
中身はともかく、人に読んでもらえる文章を書く訓練だけはできているんだよな。

誰にも読んで貰えない長文を必死で書いて、何が楽しいの?
一体一の議論なら誰もいない過疎スレでやればいいじゃん。

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 23:35:10 ID:t5IE5KGM
私の見るところ、スレ違いという多くの日本人の見解は
誤りであって、むしろスレの多極化という視点を持つべきである。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 23:51:54 ID:5Nerqhkl
>>593
IQが低いと3行以上は認証できないのか

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 00:53:16 ID:m2SeVzMq
>>595
正直に言うと、最近オレはうーたんの記事も全文読み難くなってる。
ま、読みやすいかどうかとは違う理由でだけどねw

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 00:56:08 ID:DcyNroNV
>>596
長文を書く人は、わざと嫌われようとしている。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 00:59:52 ID:m2SeVzMq
彼らは意図的に嫌われる事によって、自ら主張してるユダヤ陰謀説に
信憑性を無くすよう画策している隠れユダヤ主義者でないかと思われる。

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 09:33:20 ID:TSa492iu
>>591
トンデモ経済学振りまいて
珍説長々と書くなよww

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 12:36:02 ID:DNxmGa3k
>>597
>>IQが低いと3行以上は認証できないのか

違うね。
IQの低い人間ほど、自分の意見を簡潔にまとめられないものだ。
言いたいことを10行以下にまとめられないようなら、文章力が人として恥ずかしいくらいレベル。
2ちゃんねるに書き込むのは5行以下にまとめられるようになってからにしろ。

603 :今北産業へのレス:2006/12/05(火) 00:53:15 ID:WisoZcvE
郵政民営化しなくてもすでに郵貯資金は外資に運用委託してるし、米国債は外為特別会計で大量に買えるので、外資が米国債を買うために郵政民営化する必要はない。
株主・経営者が日本人でも労働者をこき使ってる企業などいくらでもある。外資参入を嫌うのはレイシストか経営力のない日本人経営者の工作員ではないかと思われる。
短文派は意図的に嫌われる事によって、長文派を煽ってスレを活性化させよう画策している隠れ長文主義者でないかと思われる。

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 12:40:08 ID:tllzSVLs
>>608
つまらないよ。
たとえ中学生の作文だとしても100点満点で50点貰えないだろう。
そこまでして自分の頭の悪さを晒したいのか?

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 12:46:39 ID:brGVImW5
>>608に期待w

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 12:53:49 ID:T3PBWGR1
>>604に期待


607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 21:48:06 ID:On9dGllg
ポロニウムネタは華麗にスルーするのがうーたん。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 22:13:56 ID:vOKNoIkW
>>604
つまらないよ。
たとえ中学生の作文だとしても100点満点で50点貰えないだろう。
そこまでして自分の頭の悪さを晒したいのか?

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 00:06:54 ID:as95xbUX
>>607
以前みたいにアレルギーかなんかのせいにするんじゃね?w

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 00:47:34 ID:tGtFYM6a
>>603
こいつ、まだうわ言言ってるよ。しかも直接レスせずに独り言言ってるし。w
郵政のそれ間違いだから。w

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 09:15:53 ID:+jRtm41d
>>609
うーたんの論法なら、ぷーたんの取り巻きにロシアをわざと負けさせようとする勢力がいる、ということになりそうだな。
目的は旧ソ連及びロシア連邦の完全な解体。
派手なテロで人を大量に殺すより、ぷーたんの側近に紛れ込んで元スパイを何人か派手に片付ける方が効率がいいし。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 11:36:10 ID:30fE8AI5
新作はうーたん節炸裂ですぞ。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 14:05:23 ID:ovo6zdSI
全国規模でイラク人同士が宗派抗争やって自爆テロやって暗殺しまくってて
外国人なんかほとんどバグダッドから出れないような状況なのにまた凄い陰謀説w
アルカイダのどこが地縁血縁なんだw
ゲリラが戦国大名とか・・・寝ぼけてんぢゃないか?

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 16:30:01 ID:5dT6Qugt
どんどん結託してる人間が増えてるw
そのうち自分以外全員陰謀に加担してる闇の組織の一員と言い出すな

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 17:45:36 ID:fQDuPlkQ
米国の陰謀論を喚く田中君であるがその秘密を暴きまくってる田中君をどうして米国は抹殺しないのか

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 20:55:59 ID:MyKngI/H
自滅の仕上げに入った米イラク戦争
 【2006年12月5日】 
イラクでは今後、シーア派の中の最大勢力であるサドル師の派閥が、
スンニ派など他の勢力に呼びかけて、反米の連合戦線を組織し、
イラク議会を席巻する動きが強まりそうだ。
275議席のイラク議会のうち、すでに100人の議員が、
反米連合戦線に参加する意向を表明したという。
アメリカがイラク占領を長引かせているうちに、
イラク人は宗派を超えて反米で結束し、
米軍撤退要求を決議するようになりそうである。
http://tanakanews.com/g1205iraq.htm

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 00:15:04 ID:l55XTyQV
変死したロシアの元スパイ、死の直前にイスラム教入信 
http://www.asahi.com/international/update/1206/004.html

 ロシア通信によると、亡命先のロンドンで変死したロシアの元情報将校リトビネ
ンコ氏の父親は4日、同氏が死の直前にイスラム教に入信し、周囲に多くのイスラ
ム教徒の友人がいた、と語った。また、同氏がロンドンにあるイスラム教の墓地に
埋葬される、と明かした。

 父親によると、リトビネンコ氏の葬儀はイスラム式で営み、イスラム教徒の友人
らも参列するという。父親は「息子の最後の望みをかなえてあげたかった」と話し
ているという。

やっぱモサドだな。

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 01:20:59 ID:w3mv04lB
宇の話を信じていいんですか?

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 01:27:24 ID:EwbYql02
近未来通信の話を信じていいんですか?

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 01:40:32 ID:l55XTyQV
>>615
わざと陰謀を漏らそうとしているから

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 01:57:46 ID:LWNdzPGA
今ドルが凄く弱くなってるんだが、この記事が出たということはドルが反転する
というサインなのかな?

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 03:24:34 ID:l55XTyQV
海外投資家も証券税制を注視、日本株売りのリスクも
http://www.asahi.com/business/reuters/RTR200612060068.html

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 06:46:19 ID:A1eIAIzF
>>619
1. 会社が意図的に自滅した
2. 投資者が意図的に自滅した

どっちなんですか?わかりません ><

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 09:36:16 ID:ys4XXW0V
直後に正反対のニュースが流れたがw
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061206it12.htm

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 09:53:22 ID:POYplel6
うーたんと紙裏って
会ったら意気投合しそうだな

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 10:47:02 ID:/734Cf12
>>623
まだまだ甘いな。
3.. 会社が意図的に自滅したように見せかけた
4. 投資者が意図的に自滅したように見せかけた

他いろいろあるだろう。もっと考えろ。

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 12:29:48 ID:zyj7NkPn
今回の記事は逆神マジで神懸かってるな…
惚れ惚れするほど完璧な外しっぷり

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 12:45:29 ID:X9r2Zbdk
>どうやら、ブッシュ政権の共和党だけでなく、ライバルである民主党も、上層部は隠れ多極主義者のようで


な、なんだってー(AA略

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 12:52:33 ID:X9r2Zbdk
この人アメリカが自滅するって予想だけは当たってるんだよな

ソニーが自滅したのもソニー内の多極主義者の陰謀なのかしら

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 13:09:15 ID:8GnGN2SU
へんなモノを感じさせる人糞だ

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 20:35:45 ID:SYV1tYRv
うーたん最近精力的だなあ。もう次がきたよ。

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 21:16:49 ID:tTr7vPbf
「隠れ多極主義者」は「ユダヤ系国際金融資本」と読み替えるってことでいいんだよな?

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 21:21:06 ID:kYqkKOEU
タリバンを過大評価しすぎているだろ。
NATO軍は確かにゲリラの攻撃を恐れて行動しにくくなっているが
タリバンも各地で包囲戦術がとれるほどたいした数じゃない。
カンダハール攻略なんてNATO軍が撤退しても無理だと思うんだが…

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 21:27:39 ID:Wbu62ltB
>>624
この件についてコメントしてほしいんだけど

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 21:56:20 ID:qbSN08LF
>>624
それは撤退時期も明示してないし、そもそも撤退すべきとも言ってない。
戦闘部隊以外はいつまで駐留するのかもわからない。
何も言ってないのと同じ。

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 00:04:22 ID:v5bJ7wRj
イラク政府に責任をなすりつけて撤退するという行為をできるだけ国際社会の理解を得られるように行え、ということでは

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 01:11:34 ID:+14oNnQt

「国民諸君、同志諸君、最後まで戦い続ける諸君に敬意を表する。すでに戦況は……
私はベルリンと運命をともに……しかしナチスは不滅である……たとえ米ソがいったんは
勝つように見えようとも……。
そうなのだ、それは砂の上の勝利だ。彼らは世界の真の支配者ではないからだ。
彼らの背後で操る者……ユダヤ……イスラエル……世界的なユダヤ国際資本……。
米ソは……おそらく1990年代ごろまで、対立と妥協を繰り返しつつ、世界を運営しようとする。
しかししょせん……ヨーロッパと日本、東アジア、イスラム諸国、インド……いずれ世界は
米ソの手に負えなくなる。そのときユダヤはみずから……に乗り出す。
あわれなアラブ4カ国……最終戦争。東西が激突するだろう。ユダヤはそれに勝って全世界……
なぜならそれが彼らの『旧約聖書』の約束だからだ。黙っておけば必ずそうなる。
しかし、私がそうはさせない。そのための手を、私は死ぬ前に打っておく。
それが最後の秘儀である。それによって人類はわれわれを受け継ぐことになる」・・・・・  
                           ドイツ国民にあてた「ヒトラー最後のメッセージ」

   あわれなアラブ4カ国……


★「第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』(パレスチナ地方にユダヤ人
  国家を建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。
  その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである。」

★「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、
  意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」

   弁護士、詩人、多作な作家として活躍していた南部連邦の将軍、アルバート・パイクは、
   1857年に秘密結社イルミナティの最高幹部(最高位33階級)にまで登り詰め、「黒い教皇」
   と呼ばれるようになった。(彼は「KKK」の創始者でもある)
               彼が1871年に、イタリア建国の父であるジュゼッペ・マッチーニに送った書簡より

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 02:21:38 ID:huoaoM46
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/pike.html
アルバート・パイクの予言の恐ろしいところは
「第三次世界大戦 キリスト教民主主義国家を滅亡させる。世界平和のためのルシファーの教儀が公
に宣言 され、無神論共産主義が世界中で確立する」

と後に続くことだろ
ネットウヨはそれを一番恐れているからそこだけわざとらしく掲載しないんだよなw
都合の悪い部分はシャットダウンしてやがるw
アラブ諸国がどうなろうと日本からは遠い国がほとんどだし実感もわからないから
ほとんどの人間はどうだっていいんだよ
現にイラクだって今は無法地帯だし
ただアメリカやEU諸国が衰退や内にこもるとなるとウヨどころか日本人もめちゃくちゃ困るって話だろw

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 03:26:15 ID:8y8JMX0w
>>635
実際に撤退するかどうかじゃなくて何を言ってるかの話だから。
うーたんは民主党も選挙に勝ってからイラク撤退を躊躇するような
主張をしだすって書いてるんだから。

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 03:38:17 ID:8y8JMX0w
最近のうーたんの記事で気になるのは、以前のように自分の妄想に
いちいちソース記事を求めなくなってることだな。以前はたとえ怪しげな
サイトでも、要所要所はなんらかのソース記事としてリンクしてた。
たとえばイラクの内戦状態は疑問とか書いてるけど、こんな重要な話に
根拠に何のソース記事もない。せいぜい、今のイラクは報道管制が厳しく
不正確な報道も少なくないっていう記事一本で、もちろん元記事は内戦状態を
否定なんてしてない。
もはや自由に妄想の羽を広げちゃってる状態で、元記事の翻訳の違いを
見つける楽しみもだんだん失われていってるな・・・

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 03:47:36 ID:+14oNnQt
>>638
なにひとりで怒ってるの??
第三次世界大戦とかまで言われたら共産主義も資本主義も関係ないだろ。
そんなこと言われたあとに、大戦後に共産主義になるって言われてそこだけ
隠したがるなんて理由も理解できないし。ネットウヨでも共産を根本的に嫌う者も
あんまり見かけないし、そもそも知識もないだろ。w
その共産主義も、個人的には体制的な共産主義もあろうが、資本主義体制の
中にいながら共産体制の中の国民ように抑圧されることを強要されるってのも
あると思ってるけど。日米のような貧困率の高い格差社会や途上国の、底辺の
人たちがそれに該当するという認識だけど。マクドナルドがその時の炊き出しみたいな
存在。結構現実味あって怖い話でしょ。


642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 04:25:24 ID:huoaoM46
アメリカはヒスパニックの恐ろしいまでの急増(2005年では国民の4分の1ぐらいを占めるほどらしい)
EUは人口減と中東系やスラブ系の移民の急増
アメリカのヒスパニックは爆発的に増えてるが基本は働き者で購買力旺盛なので経済が急に衰えることはないかもしれないが
このためにどんどんアメリカが不寛容主義になっていくかもしれない
そして中国を中心としたやインド、ロシアや中東諸国などのユーラシア大陸国家の台頭
そしてユダヤによってこれらの国家の発展のためにアメリカも日本も奴隷のように働かされていく

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 04:32:08 ID:8y8JMX0w
つか、人口増減の話で言ったら、中国はもうすぐ史上最速最大の
少子高齢人口減社会になるんだけどね。すでに上海とかは
この分野で日本を上回るような勢い。日本や欧州のように発展し低成長に
入ってから少子高齢化する先進国と違って、まだまだ発展途上の中国が
急激な少子高齢化社会になればどういう事になるかは推して知るべし。

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 04:44:15 ID:huoaoM46
中国は人口は減ってない
むしろ増えている
一人っ子政策なんて大嘘で
農民をはじめてとして貧困層が子供を生みまくっている
統計に出てないだけ


645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 05:01:44 ID:8y8JMX0w
むしろ増えてるとか何の根拠もなく言われてもねぇ。
「未富先老」は中国当局も認める最大の懸念なのに。
でも本当に農村の貧困層で人口が増え続けてるのなら
なおさら中国崩壊の兆しだな。人口問題の最大の問題は
農民の年金問題でもあるんだし。上海など稼ぎ頭の都市部は
すでに日本同様の少子高齢化が進んできて社会問題になってるし、
その上、都市ではごく一部の肉体労働以外働きようがない教育を
受けてない農村貧困層だけが人口を増やし続ける。。。最悪の
パターンだろうね。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 05:30:36 ID:yJwVDAxn
日本:中国=上海:内陸
日本が滅ぶなら上海も滅ぶ
日本が滅ばないなら上海も滅ばない

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 08:59:46 ID:JNtFd/iU
>>644
そう、統計に出せない人間が2億人くらい居るという話しだね。
生まれながらの性奴隷や最低クラスの労働力として生かされているが
大半が裏社会の犯罪ビジネスの担い手であり
奴隷になるかマフィアになるしか選択肢がない。
女の子は赤ん坊はうちに性具として海外(白人社会)に売られていく。
男は奴隷として育てられ成人すると臓器取り出し用に解体され売られる。
そこをサバイバルして生き残ったまったく道徳心が無く教育を受けてない
鬼畜中国人が世界中に輸出され凶悪犯罪を蔓延させている。
聖書に出てくる一説を思い出すな。

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 13:57:12 ID:yWPoI1L2
さすがにそれはないと思うぜ
法輪功やチベット狙った臓器取り出しとかはあるみたいだが
男はやっぱり労働力だよ
ただ女を捨てる傾向はあるらしい
http://www.china-news.co.jp/society/2003/08/soc03082501.htm

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 16:46:39 ID:vC1a4Qu7
中国はふつうの国ですよ。

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 21:30:47 ID:48oOR6jl
ID:huoaoM46
またお前か!
関係ない妄想を書き込んで話をそらすな。

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 22:07:08 ID:vC1a4Qu7
なんだよまた新作かよ。今読む時間ねえよ

アフガンで潰れゆくNATO
2006年12月7日  田中 宇
http://tanakanews.com/g1207NATO.htm

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 01:46:52 ID:h9xgFxQ4
>>640
イラクが内戦じゃない根拠が、日本の戦国時代みたいなものってところにワロタw
まがりなりにも城持ち大名同士の覇権争いとゲリラ戦をいっしょにしちゃダメだろ
(ゲリラ各派やイラク政府が政略結婚するなんてありえるか?戦国時代は
信長と信玄だってやってた)。あえて言うなら当時なら一向宗の一揆だな。当時の
農民は刀狩り前だから普通に武装してたし戦闘で大名に勝って城を乗っ取ることさえあった。
そして一向一揆が激しかった北陸など一部の地域が当時、今で言う「内戦状態」に
あったなんて事は戦国史では常識的な話なのでは。


653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 10:15:30 ID:+q4Ulz9U
>> 来年には、NATOのアフガニスタン占領だけでなく、前回の記事に書いた
>> ように、アメリカのイラク占領も、崩壊していきそうである。来年はこのほか、
>> アメリカの不況突入や、ドルの大幅下落も起こる懸念があり、大変な1年間に
>> なりそうである。

うーたんがドル下落を予言した途端に、円安展開へ。
うーたんはドル下落のメルマガを配信する前にはドルを買い込むんだろうな。
濡れ手に粟で大もうけだよ。

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 18:34:31 ID:BGAQU1qP
http://durga.nightfall.jp/index.php?edt=007
デッドリー インベスト。
アキラかに田中うーたんを皮肉っていると思われる文章アリ。
わらた。


655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 18:54:16 ID:HjHFRl4W
>>644

今は統計上でも増えてるだろ。出生率から見ると将来は減るという話のはず。
統計に誤差があるにしても中国の出生率は低下傾向にあるわけで証しこうれかすることに変わりはない。
経済発展したら少子高齢化するのは欧米もNIESも同じ。中国もそうなる。

>>642
>そしてユダヤによってこれらの国家の発展のためにアメリカも日本も奴隷のように働かされていく

こういうのはよく見かけるがユダヤがいなかったら奴隷のように働かされずにすむのか?
中国もロシアも社会主義時代だって餓死者続出するくらいで決して楽な暮らしだったわけじゃないぞ。
欧米やら日本だって昔のほうが重労働。働かずに生活できる人なんか昔からほとんどいない。

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 19:09:48 ID:h9xgFxQ4
>>654
この部分?

>国際政治を熱く語るアナリストのひとりも、綿密なデータを駆使して結論を間違えている。
アメリカの同時多発テロからアフガン空爆と続いたあと、フセインの支配するイラクにアメリカが
侵攻するかどうか秒読みになったときだった。
 このアナリストは「アメリカによるイラク侵攻はない」と断言したが、それからしばらくしてアメリカに
よるイラク電撃侵攻が始まって、彼の面目は丸つぶれになった。氏は自分の分析や予測に誤りが
あったことを謝罪した。


うーたんってあの時、謝罪したっけ?w

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 00:24:15 ID:wRZk9xYO
うるさいなあ

・すでにNATOは負けている
・アフガニスタンは、ソ連の墓場となっただけでなく、
 NATOの墓場にもなるかもしれない。

カッコいいだろ? 
ほかの評論家にはなかなか言えないぜ

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 00:55:15 ID:+Vh3yHDZ
言ってやった、言ってやった、の世界だな。

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 00:55:44 ID:aIhouvUE
>>656
> うーたんってあの時、謝罪したっけ?w
「結果は間違っていたが私の分析の内容はそれでも正しい」みたいな発言だったような。

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 04:01:52 ID:b/zLvOJo
>>657
NATO 自体はソ連崩壊で役目を終えたんじゃないか ?
冷戦時ですら仏は米と戦略目標が違ってた訳だから、ソ連崩壊後の今は米と独仏で
足並み揃わなくて当然だよね。
イラクと違ってアフガンじゃ利権にありつける訳でもないし。

しかし、イラスム・ゲリラとの争いじゃ米も西欧諸国もいいところがないな。
イランの核開発も結局止められないだろうし… 大イスラム時代が来るのか ?

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 05:37:45 ID:IgsePmxf
だが待って欲しい
ロシアの強権病はかつてのソ連のように蘇りつつある

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 06:11:25 ID:MB3jAgcS
だが待って欲しい
ロシアの放射性物質による暗殺については事の真偽、ニュースが喧伝される背景など、
ロシアのイメージダウンを容認する組織の存在は無いのか等、慎重に照査しなければ
いけないことが多すぎるとは思わないか?洗脳愚民のように、=ロシアは怖い国と簡単に
思い込んでしまっていいものだろうか?もしそのような心理的要素で国を判断することは
稚拙すぎではないかと思うのだが。

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 09:55:11 ID:u4EXEYmM
ロシアよりアメリカの方がよほど強権病なんだが。
662のいうロシアのイメージダウンってのは、
アメリカの強権病に対するロシアの本格抵抗が背景にありますから。
冷戦構造の再燃というと妙に決まるわけだけど、
実態はアメリカの世界支配に対抗する勢力の対抗劇だから少し違う。
チャベス政権に対するネガティブキャンペーンもその一つ。
日本とアメリカは一体化してるなとつくづく思う。

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 12:42:21 ID:K7ondUES
ロシアの強権病はやはり中国の台頭のせいだな。
ロシアの最大の兵器輸出国は中国だしな
石油や天然ガスも多く輸出している。
なんだかんだいってロシアも中国も仲がよい。

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 12:48:54 ID:KN5A7+Te
>>660
止めるも何も米の目を盗んで核開発支援しているのはフランスですよ。
イラクに対する国連経済制裁の時でも、国連内に協力者まで作ってフランスはイラクから
利権を得ていた。


666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 15:12:06 ID:54vSZbxl
>>665
昔から、そういう国だよなw > フランス
韓国が朴大統領時代に核武装しようとしたときに煽ったのもフランスだし、
イスラエルが爆破したイラクの原子炉もフランス製。

NPT 体制守る気無いの ? フランスって。

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 17:29:55 ID:6HgMllm5
どこだって原発産業もってるところはやるだろう。
フランスはその比重が高いだけ。
やらないとイランもインドネシアもロシアに取られる。
アメリカもインド参入に必死だし、エジプトの原発も容認した。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 18:14:53 ID:weaze5og
ベーカー委員会の報告書をまとめた文庫本が売れているらしいな、今NHKでやってたけど。
これも戦略なのかな

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 18:39:11 ID:ONnprWga
m

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 18:44:39 ID:ONnprWga
,

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 19:17:16 ID:ONnprWga


672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 19:20:45 ID:MkNzTw9w


9条が私達の生命と財産を守ってくれるのです。




http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hoken/1165745532/l50


673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 19:33:26 ID:ONnprWga


674 :にゃ:2006/12/10(日) 22:54:41 ID:WfaaEP6i
NHKスペシャル ワーキングプア2を見終えた。
前回放送分について記者は25年やっていて、こんなに反響があったのは初めてだったといっていた。
2ちゃんねるで叩かれてNHKはよくなったようだ。
女性の学者とか内橋克人とか文系の学者はばかで売国なのが普通だし
議員や内閣は武器で頭を割るべき国賊ばかりであり
まさに国民は武装すべき段階に来ているのだが、団結させるための政党がない状態。
記者でもだれでもいいので、政党を作るべきだよ。
うーたんでもいい。政党を作って、武装して自民の2-3世議員を一人づつ消し去り、
国民を守らねらならないよ。

研修生として中国人などの労働者を入れて、日本の産業を潰すという戦略がみてとれる。
ちょっとまえに中国人の学者が、指を一本一本切り落としていくという、意味のわからないことを
いっていたが、日本の産業はまさにその攻撃を受けて、少しづつ賃金を下げている産業界。
これは民族の防衛のために売国資本家層を武力で打倒すべきである。
学者や売国記者を含む構造改革と名乗る親米売国の勢力との民族の戦いである。
すべての国民よ、武器を取れ。子供たちの未来のために自民党・民主党・社民党議員を武器で
倒せ。売国記者・売国経営者・売国官僚・売国学者の息の根を止めるのだ。

なんてことは無理なので、2ちゃんねるでがんばりましょうみなさん。

675 :にゃ:2006/12/10(日) 23:02:58 ID:WfaaEP6i
ベーカー委員会とかの発言をブッシュは無視するという流れだろうと俺は思う。
軍としてはラムズフェルトがいなくなったのだから兵力を増やすべきであると
思っているところだろうし。

なんか大きな事件を理由にして、イラクの米兵力を30万とかに増やすほうが、
結構自然だと思う。

というわけで、何かが起きると思う。いやそうでもないのか。

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 06:16:53 ID:07eqHmCC
>30万とかに増やす
むりむりむりむりかたつむり

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 11:05:52 ID:AhYkXzTA
>>675
まずベーカー報告書を読めw

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 23:53:06 ID:kc2iT+Fq
ホロコースト:否定も肯定もない?イランで検証会議始まる
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20061212k0000m030120000c.html

 【テヘラン春日孝之】ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を検
証する国際会議が11日、2日間の日程でイランの首都テヘランで始まった。開会式
でモッタキ外相は「会議の目的はホロコーストを否定することでも肯定することでも
ない」と述べ、ホロコーストの検証自体が犯罪視される欧米のタブーに挑戦し、自由
な論議の場を提供することだと強調した。

 イランのアフマディネジャド大統領は昨年12月、ホロコーストに疑問を呈し、数
日後には「欧州がホロコーストという神話を作り上げた」と発言をエスカレート。欧
米やイスラエルから激しい非難を浴びた。今回の国際会議は大統領の着想とみられ、
外務省の外郭団体が主催した。

 主催者によると、参加者は米国や英国、ドイツなどからも含め約60人。欧米から
は、ホロコーストを実証研究しているリビジョニスト(修正主義者)と呼ばれる人た
ちが出席しているようだ。イラン側は名前について「本国でパスポートを押収される
危険がある」と公表を拒否している。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 02:16:02 ID:JOVsMZVp
NATO第2弾キタ

多極化に圧されるNATO
2006年12月12日  田中 宇

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 14:26:16 ID:fqA+GkHn
緊急出版!
「リチャード・コシミズが暴く 911自作自演テロとオウム事件の真相」

本書即売会のお知らせ!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sokubaikai.htm

本書の初版は、12月15日までには、完成します。従って、2006年12月17日のワールド・フォーラム講演会
会場(東京市ヶ谷)入り口で、本書の即売会を開催します。一切の個人情報を開示することなく、購入でき
ます。

1.ワールド・フォーラムに入場する必要は、必ずしもありません。勿論、匿名で購入できます。
2.ただし、本書を当日購入した方で、ワールド・フォーラムに「当日参加」する方には、フォーラム参加費が
5000円から、4500円に割引されるクーポン券を会場で差し上げます。(事前申し込みで、4000円を払い込ま
れた方は、対象外です。あしからず。)

●クーポン券をフォーラム受付で提示して、参加費4500円を支払ってください。
●今回のワールド・フォーラムは「匿名」で入場できます。受付で、匿名とだけ記入してください。
●クーポン券は、本書を事前予約した方にも差し上げます。リチャード・コシミズから送られた「ご注文・ご入金
ありがとうございました」メールのコピーを本書の販売カウンターに、ご持参ください。現金書留・郵便振替で
支払われた方は、「氏名」と「住所」を申告してください。照合の上、クーポン券を差し上げます。(お役所みたい
で、すいません。)
●混乱を避けるため、少し早めにご来場・お手続きください。(フォーラムは、17:30から。)
●ワールド・フォーラム会場・本書即売会場は、下記のとおりです。
●本書で糾弾しているカルト組織による土壇場での妨害などの結果、即売会が開催できない可能性は、全く
ゼロではありません。最悪の場合もありえますので、予めご理解いただきたく。

日時 : 2006年12月17日(日) 17:30 - 21:00
場所 : アルカディア市ヶ谷(私学会館) 5階 「大雪」 会議室
      千代田区九段北4−2−25  TEL(03)3261−9921
交通 : JR、地下鉄 市ヶ谷駅から徒歩2分
地図 : http://www.arcadia-jp.org/access.htm

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 14:27:29 ID:fqA+GkHn
■ワールド・フォーラム12月例会 「9・11事件の真相とその歴史的な意味の深層に迫る!!」
http://www.worldforum.jp/information/2006/13.html 

「匿名」で入場できます!個人情報を開示する必要は一切ありません。受付で、「匿名」とだけ記帳

してください!

リチャード・コシミズの新刊本「リチャード・コシミズが暴く 911自作自演テロとオウム事件の真相」を

当日、会場で購入すると、「当日参加費」5000円が4500円に割引されます。詳しくは、下記サイトで!

本書即売会のお知らせ!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sokubaikai.htm

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 14:36:40 ID:VtW7h1Jx
マルチすんな、蛆虫野郎死ね

683 :にゃ:2006/12/17(日) 17:22:02 ID:2a9Ht2kZ
http://tanakanews.com/g1212NATO.htm
多極化に圧されるNATO
 【2006年12月12日】 NATOに対する仏シラク大統領の提案は、
欧米の集団安保組織であるNATOと、
中露の集団安保組織である「上海協力機構」などが、
協力し合う体制を作ろうとしており、世界の多極化を容認するものだ。
アメリカの自滅的強硬姿勢を危険視する傾向が強い欧州では、
ドイツなど多くの国がシラク提案に賛同している。
欧州は、国際的に危険な存在となったアメリカを抑えるため、
中国やロシアの台頭を容認するようになった。


○ 俺は、以前から、 中国+NATO VS 日本 
というのを予想して、おもしろがって2ちゃんでそう書いていたけど、
やっぱり、日本とNATOは戦う運命なのだねえ。







684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 17:35:32 ID:M51uWGQD
ハァ?

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 17:40:08 ID:2a9Ht2kZ
ああ、本文読んだら、日本もNATOに呼ばれているという内容だね。

まあ、俺はそうならず、韓国とかは呼ばれて日本の敵になるというシナリオが陰謀が濃くていいのだが。



686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 17:43:00 ID:v+SR9C8j
うーは少し間違ってるような気がする
アメリカの多極化を一番に喜ぶのはイギリスだって
イギリスの陰謀だな

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 17:49:56 ID:2a9Ht2kZ
日本は、NATOのアジアに軍を送る戦略とは直接ぶつかるので、
NATOと結ぶことはありえないと思うよ。

日本はとにかく海外投資から国内投資、
 国内投資から国内消費を重視する政府をもつことで、
 高度成長、低失業率を目指すべきだと思うよ。
 経済をとにかく大きくすれば、NATOがアジアで影響力をもつことも
 簡単に防げると思うよ。

 影の政府が必要だよ。
 キリスト教徒の影響力の強い暗黒の時代が蘇る前に、
 日本はそれに備えないといけないよ。

 国際会議でまるめこまれない日本にならないといけないよ。
 
 

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 18:11:12 ID:2a9Ht2kZ
かつての日中戦争は、ほとんど片付いたところに、
米英が武器弾薬を日本の敵である国民党に援助して泥沼化したのだから、
今後欧州が中国に武器を売ることになれば、長い21世紀の日中戦争と、
そこからの日米、日欧の戦争という流れにつながる。
 
日本はこのあたりの歴史研究をしてないので、
白人の企みが今回もわからないだろう。

いいかげんな教科書で歴史を教えるから同じ失敗をする。
教科書には、キリスト教徒は少数派を軍事支援したり生物兵器を使ったり
することを書くべきだよ。
 21世紀の日本の課題はこのあたりにあるのだから。
書くべきだよ。

ただ、歴史の教訓から、日本と戦おうとは英・米・ロは考えないので、
独仏が、中国への武器売却に熱心になるだろうし、敵はこの2カ国に絞れる。
逆にいれば、米・英・ロ・中・韓あたりを外交で味方に出来る。

まず軍事力を増強するのが安全への第一歩。

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 20:28:50 ID:1B3mHdyp
頼むから厶印はいなくなってくれ
連投するヤツはトリップも忘れずにな。専ブラであぼんするから

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 21:29:13 ID:de/JM54S
>>685
上海機構には是非韓国を参加させてくださいw

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 21:29:16 ID:OYbIoHrh
日銀、ドル基軸に”反旗”(2006/12/18)
http://www.nikkei.co.jp/neteye5/ota/

 日銀が外貨政策のドル偏重を改め始めた。保有外貨に占めるユーロの比率が国際
平均を上回っていることが明らかになった。日本は戦後、外貨準備の大半をドル資
産で運用してきた。外貨準備運用の一翼を担う日銀がドル基軸に反旗を翻した格好
で、国際的なドル離れに拍車をかける可能性がある。 (以下略)


692 :にゃ ◆SWnlHO5OgI :2006/12/19(火) 23:27:33 ID:bzGq47Hs
>>691のおかげで、
http://www.nikkei.co.jp/neteye5/tamura/index.html
というのをみつけた。

「ただちに核兵器を開発する技術能力は日本にない。
北朝鮮の核実験後に政府内部の専門家グループがまとめた極秘の報告書によれば、
仮に国家挙げて国産核兵器開発に取り組んだとしても3-5年以上の年月と
3000億円以上の予算が必要になるという。」

3000億円で核保有出来るなら、さっさと持つべきだよ。
日米同盟よりもはるかに安全で低コストだし、アジアが安定する。
がんばれ中川議員。

アメリカが、北朝鮮に安全を約束したら、スタートだね。

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 00:18:10 ID:c4ur/3xX
>>692
アメリカは北朝鮮に攻撃しないと早々に発表してますが。
そもそも極東アジア情勢が不安定化することで利益になるのはアメリカですし。
現状の完璧にアメリカの下僕となり一生懸命日本を解体して売国している現政府にとって
核配備という選択が可能となるということは、更なる極東アジア情勢不安の確定化であり
アメリカの意図、利益に則する予定された行動ということになると思います。
物事を正義という基準で判断することから離れるべきであって、日本がアメリカの許しも無く
アジアに中国、北朝鮮に対等に対抗するべく独立に政治姿勢を固め具体的行動に出ることは
皆無でしょう。愛国を煽り求心力を得てますますアメリカの利益に奔走する与党の醜態という
構図にそろそろ気づくべきだと考えます。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 00:22:05 ID:iHOoHF+1
“ブッシュ寄り”総裁に職員猛反発 イラク支援で世銀内紛 幹部の半数退職
http://www.business-i.jp/news/world-page/news/200612190036a.nwc

695 :にゃ ◆SWnlHO5OgI :2006/12/20(水) 00:37:43 ID:7sM4/Llz
>>693 優秀そうな人がきたようだ。
俺がいいたいのは、口約束とかコメントとかではなくて、
 文章でしっかりした形で不可侵条約レベルの関係に米朝がなるときには、
日本はそろそろ自立しないといけない時期ということ。

最近のアーミテージのインタビューでも、
日本を北朝鮮・中国から防衛する計画はアメリカにはなくなっているし、
米軍人はアジアで戦いつづけたので、アジア人の命をまもるような
ことには関心があまりない。むしろアジア人であるならばだれでも殺したい。

日本はそういう米軍人からは金銭を要求される形になる。
防衛省は、こういう限界を乗り越えて、アメリカを味方にすることが
できるだろうか。イラク撤退の時と、日本から米軍が引き上げていく時には
同じような混乱があることをアーミテージは狙っていると思うよ。
普通に陰謀を考えるならば、旧大日本帝国領が内戦になることを狙うのが、
古典にでてくる賢者の企みだし。

696 :にゃ ◆SWnlHO5OgI :2006/12/20(水) 00:50:46 ID:7sM4/Llz
日本としては、核保有しないならば、米に米がどう振舞わなければいけないかを、
誰かがアドバイスしなければならない。
そうしないと米は戦略的判断の間違いを続け、味方を敵に変えるばかりだろう。

アメリカ人にも、日本人にも共通して質の低下が起きている。
ゲームとかやりすぎだよね子供や青年が。

ただ日本は学力が低下しているというが、アメリカとは水準が違う。
大学生の学力に関しては、浪人して必死にもう1-2年勉強するのが普通だった80年代とは
入ってくる学生の質が違うというだけかもしれないよ。低いことには変わりはないけどね。

アメリカは競争よりも、外国政府を脅して買わせることに熱心であるので、
競争力と味方が増えることはないだろう。文明世界から、徐々に荒野の時代に退化しているようだ。






697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 01:01:11 ID:bHz4zEdj
>>691

対米従属の日本は為替介入や郵政民営化でずっと米国債ばかり買わせられるとか言ってた奴はこの現実もスルーなんだろな。

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 02:33:45 ID:9HulvKRx
>>693
正義という基準で判断することから離れるついでに、
「愛国を煽り求心力を得てますますアメリカの利益に奔走する与党」を
悪と単純に決めつけるのも止めようね。それは極めて現実的な政策だよ。

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 05:02:56 ID:SaQYSEBH
うーたんは心配しすぎだ
日本政府はやることやってる
中国と話をつけて東アジア共同体も着々と進んでいる

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 16:39:51 ID:CMSlo6Ys
トルキーの帰国に、チェイニー・ブッシュの中東訪問・・・。
くわえて、このニュースと(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061220-00000041-mai-int)、
イラクへの増派はウーたんの「中東大戦近し」の予想と連動している。
自衛隊派遣がまた始まるぞ。



701 :にゃ ◆SWnlHO5OgI :2006/12/21(木) 00:30:50 ID:g/ml2TEX
NHKが元旦の未明に、朝生のような長さでニュース解説の番組をやるようだ。
質問を募集している。
うーたんは、「アメリカの自滅と世界の多極化」について質問すべきだ。
俺が代わりに質問してやろうと思ったが、募集しているHPのページをみつけられない。

大蔵官僚が経済についてあまり知らないように、教育システムで教わらないことは、
先進国の人は知らないものである。

税収がかなり増えた。国民は、給料が増えてないと不満だが、今はまだリストラが不必要に
なる程度の企業の業績の回復があった程度である。給料が増えるまでにはまだまだ
時間が必要だろう。リストラが減っただけでも労働者は満足すべきだろう。

おそらく、海外投資を制限して、国内投資を増やさせて、国内消費を増やすための税制改革を
していれば、不況もリストラも年間3万人の自殺者がでることもなかったのだろうと俺は思う。
少子化もなかっただろう。

学者の質を上げ、記者の質を上げ、政治家を監視し、防諜をしっかりすれば、
この世の災いの多くは防げるだろう。

去年程度株価を上げるために、人々が暗躍すれば、翌年には経済効果が得られるのが
わかった。新聞テレビ雑誌書籍では、日本をうまく動かせない。2ちゃんねるは大事だよ。

うまくいってないところには、必ず人の質の低さがある。人材の育成の不足がある。
感覚の鈍さがある。


702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 02:11:29 ID:z2TkZFf9
>>700
宇宙が米国のイラクはおろか中東からの撤退を予測した途端にイラクへ空母部隊派遣増派かw
さすがはキング オブ 逆神・・・あなどれん・・・

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 03:10:26 ID:G3x3RDu1
一時期の某研といい、最近妙な固定が増えたね。

それはともかく、新作が来たね。いつもの展開だと、イラン・イスラエル戦争はない、
ということになるのだけど、さてどうなるか。



704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 07:09:36 ID:g/ml2TEX
http://tanakanews.com/g1219mideast.htm
大戦争になる中東(3)
 【2006年12月20日】 
イランに戦争を仕掛けるのはイスラエルにとって
成功率の低い賭けなので、今のところイスラエルでも戦争を
主張しているのは右派だけで、
オルメルト政権は好戦的な世論に抵抗している。
しかし、おそらくレバノンとパレスチナで親米派が
壊滅するのは時間の問題だから、オルメルトが
抵抗を続けられるのも時間の問題で、
いずれイスラエルはイランに戦争を仕掛けざるを得なくなる。



705 :にゃ ◆SWnlHO5OgI :2006/12/21(木) 07:34:44 ID:g/ml2TEX
>ロシアなど各国の諜報機関も、事前に米政府に「近くテロがありそうだ」と連絡しており、
>有能な各国諜報機関の上層部はみな911のテロ計画を事前に察知していた。
すごいぞうーたん。そうか。

>今回のトルキーの辞任で私がまず疑ったのは
>「911直前のように、間もなく米本土で再び大規模テロが起きることが分かり、
>トルキーは急に帰国したのではないか」ということだった。
おおお。
>アメリカのグリーンスパン前連銀総裁は先日、アラブ産油国(OPEC)が
>ドルを売ってユーロや円を買う動きをしているので、
>これからドルは下落するだろうと述べた。
おおお。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 15:43:56 ID:Jt2ZvuBT
>「家族とすごす時間を増やすため」という理由は、米政府の高官が突然
不自然に辞任するときに理由として発表されることが多く、

サウジでも辞めるときの言い訳の定番だバカ
前任のバンダルだって同じこと言って辞めてる

>バンダルは、アブドルアジズ皇太子の息子で、

スルタン皇太子の息子だバカ・・・ド素人かこいつは
ヘクマティヤール死亡に匹敵する知ったかぶりをまたしても

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 19:26:50 ID:YzOLqe8T
>バンダルは、アブドルアジズ皇太子の息子で、

すげぇ・・・スデイリ・セブン直系のバンダルをアブドルアジズの息子と
勘違いしてるなんて・・・w
うーたん、断片的な情報でいろいろ書いてるけど、実はサウジについて
最も基本的な知識さえなさそうだなww

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 21:34:34 ID:XHoQsA8H
>>707
うーたんは豪華接待されたから、サウジ関連の記事はわざと間違えてるんだよ。

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 22:55:13 ID:I2TMTWOv
うるせえ!
サウジはスーパーマーケットしか取材してねんだよ!

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 01:16:45 ID:xMtFjVTB
サウジの第二世代の王子はみんな「アブドルアジズ」だから、スルタン皇太子の名前にも
「アブドルアジズ」は含まれているけど、アブドルアジズ皇太子とは普通いわないわな。

あとサウジの内政が微妙なのは第三世代への王位継承がややこしくなりそうな点が大きく、
そこをキチンと説明せずに「親米反米」の対立で片付けてしまうのは片手落ちだな。

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 02:23:42 ID:5mlGsk0+
アブドルアジズ国王(アブドラ)
アブドルアジズ皇太子(スルタン)
アブドルアジズ大使(トルキー)
アブドルアジズの息子のアブドルアジズ(バンダル)
でおk

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 02:32:07 ID:5mlGsk0+
>今回のトルキーの辞任で私がまず疑ったのは
>「911直前のように、間もなく米本土で再び大規模テロが起きることが分かり、
>トルキーは急に帰国したのではないか」ということだった。

911直前のとき
トルキーは情報機関の偉いひと→辞任
バンダルは駐米大使→そのまま

今回
バンダルは情報機関の偉いひと→そのまま
トルキーは駐米大使→辞任

なんか推論がおかしくね?

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 08:25:54 ID:oyuWTosL
ややこしいのはファハド前国王が死んでアブドラが国王になったからだけど、
それでも「アブドルアジズ皇太子」とは普通は書かないよなぁ。

714 :某研究者:2006/12/23(土) 17:51:05 ID:gSGeeW/9
http://tanakanews.com/g1219mideast.htm
サウジの政変に拠る民主化を
ケリーが仕組んで居た等と言う情報が
以前有ったかも知れぬが
親米的なバンダル王子がクーデターを起こして
親米的な政策を行っても
反米的な国民は此れに
付いて行くのかだが
中立的な政策を行うなら
反発を受けない可能性は
有るかも知れぬし
この侭反米的なアブドラ国王が
サウジを支配すれば
サウジはイランやユーロ側に傾き
ドルは暴落し得ると言う事だろうか
(故に反米的に成るよりは
 中立に成った方がましとして
 バンダルにクーデターを起こさせると言う
 事かも知れぬが)



715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 17:59:05 ID:XZFPwnBs
結局 アメリカが得をした
という風には、どうやらどんな分野でもならにと
計算したら判った

さて これからどうしようか?

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 17:59:40 ID:XZFPwnBs
結局 アメリカが得をした
という風には、どうやらどんな分野でもならないと
計算したら判った

さて これからどうしようか?

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 18:11:05 ID:XPclLZwM
イランを支援してるのは中国とロシアのユダヤ国際金融資本なんだよ。
アメリカがイランにまで手をだしたらアメリカはマジで終わるぞ。
ロックフェラーは所詮と中国とロシアのユダヤ国際金融資本とグルなのに。

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 21:21:20 ID:/CmalrID
湯田屋がイスラム過激派の金主なのは今に始まったことじゃない。

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 07:57:24 ID:4rjNCv8u
>>717
素朴な疑問ですが、プーチンはロシアのユダヤ国際資本とはどういう関係なんでしょう?
プーチンは石油関連は軒並み国営にして欧米メジャー。つまりユダヤ国際資本とは相反する
立場のように一見見えるんですが。そして最近のポロニウム殺人の過熱気味な報道は
今や産油量世界一のロシアの石油を狙うためのユダヤ同盟国イギリスが仕掛けたロシア=
プーチンへのネガティブキャンペーンではないかと思ってるんですが。米はロックフェラー、
中国はサッスーンというユダヤの名前は有名でロックフェラー自身中国に直接訪問したりと
関係性は知ってるんですがロシアに関しての知識が乏しいので教えていただくとありがたいです。

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 08:14:59 ID:z69KqTnT
ペレストロイカ以降、大量発生した新興財閥というのが○ダヤマフィアです

彼らは卓越した商才でのし上がったのではなく、手口はまさにマフィアそのもので
軍用トラックで国営工場に突っ込む→警備や従業員を皆殺しにする
工場を勝手に占拠して自分の工場とする
こんな手口で政府系の工場や銀行を片っ端から略奪し急成長
勿論役人に賄賂を渡して完全に脱税する
もし税務官が査察に雇用者ならその場で全員を銃殺します

朝鮮人が戦後の日本でやったのとまったく同じ手口ですね
しかし日本にはプーチンは居なかったし、朝鮮人の犯罪を罰することのを
占領軍の中の人である○ダヤは認めなかった

また旧ソビエト連邦の周辺共和国にもロシアマフィアの手引きで
アメリカ系の○ダヤが入り込んで、金融、石油企業を乗っ取り始めたので
プ−チンはぶちきれて、あらゆる武力を行使してマフィアによる支配を
排除しようとしている
これに対抗したのがプーチンの仕業に見せかけた元スパイの殺害ということ

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 01:05:41 ID:4/hStKDo
宇宙はなんで中国よりなん?

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 13:48:50 ID:pGiCwkeI
ドル安は普通の意見なんだが、それを構成する論理は変だな。

タイの株価乱高下を引き合いにアメリカからの資金流出を説明しているけど、そんなこ
といったら日本からの外国投資の額は年々巨額になっている。円が対ドルで安定してい
るのは金利差からくる資金流出圧力による所が大きいし。加えて日本の財政状況はもっ
と悪い。同じ論理を適用したら日本の円ほうが先に崩壊することのなるんじゃないか。

あと記事にも書かれているけど、タイの株下落は、人民元の固定レートの弊害がタイを
直撃した(クーデターもあったので)ということだろう。似た状況は韓国ウォンにも見
られる。円が安定しているのは他の国より経済規模が大きいことと金利差が大きい。
まず人民元問題をなんとかしないとアジア共通通貨構想はありえないだろ。

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 14:11:59 ID:Kx2g3lKC
ていうか、インドならまだしも、根本的に体制の違う中国と
組めるわけ無いじゃん。
日本はある意味社会主義国だからというわけか?w

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 16:24:25 ID:6cUZtBDS
日本と中国の体制はそんなに変わらない

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 17:32:25 ID:Y419BVCT
円暴落かよ。

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 00:54:53 ID:kRGowSnO
>>722

日本の財政が悪いというのは財務省のプロパガンダ。
国債の6割は公的部門が保有してるわけで暴落なんか起こりようがない。
これから再びデフレになりそうなのに国際から大量に資金が引き上げるなんてありえん。
アジア共通通貨なんか中国にも日本にもメリットなんかないだろ。
それに円が安定してるのは対ドルだけでユーロとかそれ以外うごいてるだろ。
ドルと円が両方下落してるからドル円が安定してるように見えるが、日米からそれ以外の通貨圏に資金が流出してるだけ。

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 01:56:19 ID:8qDbZ1B4
近づいてきたドル崩壊
 【2006年12月26日】 
今後のアメリカ経済は、2007年から08年にかけて
住宅バブルの崩壊で不況になり、税収が減る一方で
メディケアや防衛費などの政府支出は増え、
今後の数年間で財政赤字が急拡大する。
その間にアメリカの中産階級は消滅し、国全体としての
消費力が減り、今後10年ぐらいかけて財政が
再建されても、そのころには、旺盛に消費できる
世界経済の牽引役という従来のアメリカの姿は、
二度と再現できない過去の話になっている。
この過程のどこかの時点で、ドルは世界通貨としての役割を終える。
http://tanakanews.com/g1226dollar.htm

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 02:12:19 ID:QNdoEgo3
イラクの泥沼化、911事件の奇妙さ、中国の台頭、世界の多極化など、
私は指摘を早く発しすぎるので、信じてもらえないことが多い。自分を世
の中に売り込みたい評論家は、多くの読者の頭が追いつける範囲内の、半
歩先のことしか言わない。2歩も3歩も先のことを言っても、誰も信じて
はくれないのだが、私は自分が書きたいことを書く方がすっきりするので、
道楽的、隠者的に、読者や世の中に合わせずにやっている

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 02:45:26 ID:9AIO/9hu
>>727
つか、今年中にドルが暴落するって話はどうなったんだよw

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 03:46:21 ID:VPF2BDBT
>>729
多少のズレはありまんがなって事で

暫くこのネタで10年は食えるな!

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 04:03:41 ID:bXLwPzdp
>>726 722だが、俺がいいたかったのは「アメリカ経済がハードランディングすると
田中宇はいっているが、その論旨だと日本経済もハードランディングしちゃうよ?」、
つまり田中宇の記事は極論だということ。

俺自身は財政赤字や海外投資増がそのまま通貨の信用に直結してるとは考えていない。
日本の累積債務はちょっと異常なレベルだけど、金融資産で相殺するとそれほどでも
ないという意見もあるし。

アジア共通通貨は、CMIやABMIあたりが限界だという気がする。


732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 06:12:18 ID:ptcpRTOl
隠者なんだから



いんじゃない?

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 15:55:52 ID:8Fz5Mi7Y
アメリカよりも欧州や日本の中産階級が消滅してるのが事実
欧州は?と思う人もいるかもしれないが実は酷い2極化が進んでいる
たしかその悲惨な状況を特集した番組が1月3日から4日かけて2日間テレビ東京であるから
みてみてもいいだろう
EU全体の人口は4億人を超えたがたいていどの国も競争が厳しくなり
前より苦しくなったと嘆いている国が多いそうだ


734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 16:17:16 ID:8Fz5Mi7Y
たいていどの国も競争が厳しくなり X
たいていどの国もEU参入前より競争が厳しくなり ○

ちょっと訂正




735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 18:46:21 ID:IGvXYWIC
アメリカ人は「未来は明るい」と信じているので気楽に消費ができる。
日本人と中国人は貯蓄に走るので消費が伸びない。

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 20:56:04 ID:sZY+Bk8Q
ウータンはねサカイってゆうんだホントはね〜♪
だけど、オツムおかしいから自分の事ウータンって呼ぶんだよ〜♪
オカシイな〜ウータン♪

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 21:06:34 ID:v45GS6UH
【速報】
死刑判決を受けていたサダム・フセインに刑が執行される
ソース:CNNhttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1166498286/l50

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:08:05 ID:kRGowSnO
>私は今年1月、この件を「アメリカ発の世界不況が起きる」という記事に書いた。当時は多くの読者から「あり得ない話」とあしらわれたが、その後1年を経て、状況は、記事の内容に近づいている。
>あの記事を書いたとき「アメリカが破産するはずがない」という反応を読者からいただいたが、その後、やはりアメリカは破産しそうだという感じが強くなっている。

最近のウー氏は読者の反応をやたらと気にしてるな。
わざわざ「合わせずやってる」とか書くと余計に気にしてるように見えるんだが。
アメリカが不況になるまで毎年(毎月?)言い続けてればそりゃいつかは当たる罠。
新興国が肩代わりするならアメリカ発の世界不況にならんからそういう意味では予測は外れだが。

>>728

イラク泥沼化というのはイラク戦争前からマスコミが盛んに言ってたし、中国の台頭や多極化は冷戦時代から言う人はいたような気がするんだが。
普通の評論家より先を言ってるという自信はどこから来てるんだろうか。

>>731

むしろ日本はちょっと通貨の価値が落ちるぐらいがいい希ガス。信用されすぎで円の価値があがるからデフレが続く。

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 01:45:37 ID:ll8VPCr5
>>728
うーたんは越えてはならない一線を越えてしまったような気がする。。。

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 05:17:08 ID:8/zA0/DV
今年最後のエントリーだろうし決め台詞でも吐きたかったんじゃないの

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 05:20:51 ID:hq5jisCk
あ、新作きたな。
題名は「半年以内に米イラン戦争が始まる?」

742 ::2006/12/29(金) 05:33:03 ID:EtjbugEy
死ね

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 12:32:43 ID:qdTXb/zF
>> アメリカが世界支配という憑き物から解放されて立ち直るのは2020年ご
>> ろかもしれない。そのころには中国はアジアの盟主になっているだろう。日本
>> が中国の威圧感から距離を置きたければ、生まれ変わった後の、自らを地域大
>> 国に格下げしたアメリカに対して従属し続けるのも、良い方法かもしれない。
>> アメリカが日本に従属を許してくれればの話だが。

いろいろ記事を引用して、いかにも客観的に議論している風を装ったあと唐突に、
何の根拠も無く2020年という具体的な数字を持ち出して、そこから結論を導き出して
いるところは典型的な詭弁だよな。つーか思わず、「2020年という数字の根拠を示せ」
ってメール書いちゃったよ。

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 13:45:23 ID:C4espLPX
一回りして、頭冷やした共和党が2020年に政権を握るんじゃないか

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 14:59:12 ID:Q0YVPsap
・米政界へのキリスト教原理主義の影響力は明らかに減退してる。
・アフマディネジャドの強攻策はイラン国民から強く支持されているわけではない。

12月後半に入ってこの二つの大きな要因がまるっきり抜けてる予測なんてあり得ない。

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 15:32:07 ID:sx4OCjaU
半年以内に米イラン戦争が始まる?
 【2006年12月28日】米空母2隻のペルシャ湾派遣、対イラン国連決議などから、
アメリカがイランと戦争に入る可能性が高まっていると感じられるが、
開戦するとしたら時期はいつなのか。
最近、中東情勢をめぐる出来事や要人発言をウォッチしていると、
来年3月から6月ごろに、イランとの戦争が始まるのではないかと
感じさせる発言や出来事がいくつもあることに気づく。

http://tanakanews.com/g1228mideast.htm

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 18:11:57 ID:BZVDkxIg
いや、イスラエルを死守しようという考えるやつは
すべてキリスト教原理主義者だよw

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 18:30:12 ID:lMAUOoUv
89 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2006/12/29(金) 18:23:45 ID:yzKwFaQ30
http://tanakanews.com/g1226dollar.htm

大西の記事を尤もらしく引用している田中字って人も工作員認定?


92 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2006/12/29(金) 18:25:56 ID:prarKKSA0
>>89
あー
その人有名だよ。たしか赤軍派のシンパ。




こんなの見かけました。



749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 19:40:23 ID:lMAUOoUv
96 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2006/12/29(金) 18:27:46 ID:yzKwFaQ30
>92
田中字が赤軍派というソースきぼん


106 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2006/12/29(金) 18:31:51 ID:BsabrQxi0
>>96
俺も初耳だ。ソース欲しいよな。>>92よろしく。





それ以来>>92は出てこない・・・。

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 19:51:59 ID:Gr+i9UkY
田中字って奴はこのスレとは無関係だ。

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 20:16:48 ID:5fdMr+ji
字w

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 21:38:42 ID:SqJTTSAr
違和感はないね(元が違和感だらけだから)

芋じゃどうだろ   「田中芋」

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 23:08:35 ID:D73eoSmp
>>750
>>752
藻前ら、衆議院選挙の結果にだんまりしている宇宙先生にあやまれ!


754 :にゃ ◆SWnlHO5OgI :2006/12/30(土) 05:16:02 ID:fcV7XHbA
http://www.futuresource.com/charts/charts.jsp?s=CL1%21&o=&a=W&z=800x550&d=LOW&b=CANDLE&st=
原油が下がりそうなチャート。

テキサスの利益を守るブッシュとしては、イランを攻撃してでも原油価格を高値で維持するかも。

今1ドル119円  1ユーロ157円。

テレビをみていて地球温暖化問題ってのは、日本がメタンハイドレートを利用してエネルギー大国に
なるのを妨害する米欧の巨大な陰謀ではないかと思った。


都会の気温なんて、日陰を作り、日当たりの悪い街並みにすれば
下がるんじゃねえかと思うよ。

中国が自由に石油を使う現状を考えれば、京都議定書は失敗だよ。
日本がいろいろ金を払うのもいいけどね、メタンハイドレートがいくらになるのか
調べて欲しいよ。


755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 07:08:26 ID:tESrus5k
さすがにイラン攻撃はないと思うよ

756 :にゃ ◆SWnlHO5OgI :2006/12/30(土) 13:01:16 ID:fcV7XHbA
NHKニュース。フセインが処刑されたと。

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 16:48:49 ID:CjVGBbI+
田中宇の予想って当たるのか?

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 17:08:25 ID:o/K048aY
彼の奥さん、エリートだよな。

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 17:09:27 ID:IAWos/1e
>>757  自分で検証すれば、済むことではないかww


760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 19:21:57 ID:M8Lm5Afr
>>758
ヒモこそ男として最高の人生だと思われる。

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 23:03:03 ID:OlXr/aFe
日本て右傾化してるんですか?
なにをもって右傾化と言ってるんですか?

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 00:11:12 ID:qpL1ASp1
>>761
自分で考えるってことできないの?
頭悪いなぁ。
お前みたいなのがいるから日本がダメになるんだよ。
バカは氏ね

763 :にゃ ◆SWnlHO5OgI :2006/12/31(日) 01:58:05 ID:qLR3I0zk
>>761
愛国心とかが重視されてきているから、右傾化している・・・といってもはずれてないと思う。
問題はアメリカがその動きを敵視していることかな。
アメリカは基本的には戦後一貫して、日の丸に反対なので、日本社会党には国旗を掲揚するのを反対させる役割をさせていた。
左翼が衰退して、サッカーがはやったのもあって、若い日本人が日の丸を誇るようになっているのを、
とても米はにがにがしくおもっている。

なんていうのをわかってないと戦後から現代、そして日米関係の暗闘がわかりにくくなる。

戦後の日本では、オリンピック以外での日の丸には、親米勢力と隠れ親米の左翼が反対していた。
そういうのを日本が自力で乗り越えつつあることが、他国からは警戒を呼ぶのだった。

アメリカが小さく縮小する頭脳で世界とかかわることでの限界が、あらゆるできごとに影響している。
イラクの祝日にフセインを処刑したのは、アメリカの新聞が、判決から30日後の死刑執行を30日までの執行と誤訳して、
30日に執行と米新聞がかきたてたので、イラクの司法関係者たちは、執行しないと米の支援するならずものに、
フセインの弁護士たちのように殺害されるとおもってしょうがなく30日に急いでやったということなので
はないかなと思う今日この頃・・・このところ予想がはずれたり注意が散漫だ・・・・

764 :にゃ ◆SWnlHO5OgI :2006/12/31(日) 02:03:16 ID:qLR3I0zk
うーたんへ、大野さんの文章を読んで参考にしてね。

http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20061230-03.html
http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20061207-01.html



765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 02:57:18 ID:i4l7Q/Vi
>>763
何を言っとるのだ、君は。
サッカーよりも、バレーや体操で世界のトップクラスだった頃の方が
はるかに日本のナショナリズムは強かったぞ。

今の日本のサッカーの実力なんて一流半レベルなんだから、ナショナリズムの
盛り上がりとしては大したことないよ。

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 05:03:03 ID:/W6UQeZr
マッカーサーが連れてきたニューディーラーの正体

日本の戦後は、アメリカの政界の最も悪質な部分である「ニューディーラー」にたちによってつくられた。
彼らニューディーラーたちは、1930年代のアメリカのリベラル勢力である。彼らの代表がフランクリン・ルーズベルト大統領であった。
この一部が敗戦直後にマッカーサー元師の取り巻きとして日本にも上陸した。
この者たちによって私たち日本人は、敗戦直後から現在までずっと管理・教育されてきた。この事を英文で書くと次のようになる。
The‘New Dealers'(i.e the prototypical globalists)brought int japan with their ideeas that brainwashed the japanese people
during the Occupation years.As a result,japan has led a sheltered existence for the past half-century from the rest of
the world in terms of prevailing political thoughts,thus creating a one- domineted ruling class. This ruling class then
intentionally isolated the country from the outside, in order to maintain control over the japanese people.
上の英文の訳
ニューディーラー(すなわち、グローバリストの初期の形態)が、占領時代に日本に彼らの思想を植えつけた。その後、それらの
意図的な思想が、日本国民の思考の中に根づいた。だから日本は、この半世紀の間ずっと、世界中で通用している本物の政治
思想や考え方から壁を作られて遮られてきた。そして国内に専制的なひとつの支配階級をつくった。この支配層は日本国内の
支配を維持するために、日本を外側世界と意思が通じない状態に置く原因をつくった。この英文を、自分の友人や知人の
アメリカ人やイギリス人その他の英語圏国民に見せてみとよい政治問題に関心のある少し知的な英米人であれば、必ず
それなりの興味深い反応を示すだろう。もし、本当に頭。の良い賢明なアメリカ人であったら、「どうして、お前は、
このことを知っているのだ?」と驚かれたあとに、さらに多くの恐るべき真実をあれこれ語ってくれるだろう。
引用は副島隆彦「日本の危機の本質」P33〜34


767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 05:59:21 ID:/w8Xs+HL
>>761右傾化のカラクリはこうです。


★これはユダヤとニダヤと売国自民の三位一体のプロパガンダ戦略です。


○ニダヤが悪者になり売国自民の悪行をカモフラージュしユダヤへの利益誘導
 の路線を引き継ぐ為の戦略です。「自民は悪くないんです、統一教会とか関係ありません。
 だってそうでしょう、自民の進める右翼路線は日本人の確固とした正しい姿なんですから。」


○そして、ニダヤだけに目の敵に食いつく似非改革被害者達は愛国を煽られ自分達を苦しめている自民を
  またまたマンセー。w 反特亜のみに凝り固まったバカ連中はもう聞く耳も目も持たない低脳ぞろい。


○「俺達の味方、強い日本正しい日本を作る為に導いてくれる自民党を邪魔するチョンは死ね。
  ぜってー許せねえ!!」
    ↑ぷw 思惑通りに騙されまくりでユダヤニダヤ売国自民の連係プレーに嵌りまくり。


○そして、そいつら日本人達から搾取し苦しめ、在日は優遇され、財産冨はアメリカに持っていかれる。
 でもまだ、愛国を煽られて、未来永劫洗脳されまくりの騙されまくり。w


○大体、自民は統一、創価べったりの一番キムチ臭い政党なのにね。今やってること見れば一目瞭然じゃんよ。
  しかし外交面で良さそうに見えるというだけで支持してしまうバカの連鎖。止める権利のある安部政権は
  小泉似非改革を続行、すなわち推進しますってこと。


薬つけても直らないようですね。 そのうち医療改革やられてこいつらのようなB層はまともに医療受けられなくなるから。残念。w


768 :767:2006/12/31(日) 06:00:24 ID:/w8Xs+HL

注釈)


※ユダヤ・・・国際ユダヤ資本であり米政府上層意思決定機関を含むネオコン、シオニストらの親イスラエルの勢力。てかロックフェラー一味。



※ニダヤ・・・上記ユダヤの意思を汲み極東アジアにおいて彼らへの利益誘導の役割の統一協会ら朝鮮系組織勢力。
        戦後この統一協会、KCIAによって作られた勝共連合や日本会議など一連の反共を旗印に設立された関連組織により
        日本の保守基盤というものが確立し、現在に至るまで自民民主には秘書を送り込むなどの支援をし、右傾化に関連するであろう
        日本人にとって真っ当なに主張と思われる組織に入り込み乗っ取るという手法で浸透してきた。例)作る会、救う会、チャンネル桜など。
        統一協会は教義的にも親ユダヤであって、アメリカにおいてもブッシュの票田に大きく影響を持っている。


 
※自民・・・現首相安倍こそが戦後以来の米傀儡の正当な後継者でありA級戦犯釈放で首相になった岸信介の孫。
       小泉以降自民内で日本の国益を追求する勢力は排除され名実ともに米傀儡の売国政権に成り下がった。
       自民閣僚は多くは勝共連合、日本会議といった統一協会系組織に関連し、連立を組む公明も朝鮮宗教創価という
       どっちを向いてもキムチ臭い、ダブルキムチ与党ということである。国民不在のアメリカに命令されたかのような
       売国法案のオンパレードを見ればよくわかる。というか年次改革書通り。



 

769 :767:2006/12/31(日) 06:02:27 ID:/w8Xs+HL

ユダヤニダヤ売国自民の相関図



     反米反日親北・金大中、盧武鉉
         ↑
         | 北朝鮮、金正日
安倍      |   ↑
 ↑      |   |
自民党⇔統一教会・文鮮明⇔国際ユダヤ資本
  ↑  |             |   ↓     
  |  |             |   米軍需産業体、政治、金融
  |  ↓             |   石油メジャー、メディア、食料etc
  勝共連合            ↓ 
    ↑            ネオコン
    |               ↓
    KCIA          イスラエル
     ↑             ↓
      CIA   ⇔  諜報機関モサド




770 :767:2006/12/31(日) 06:04:57 ID:/w8Xs+HL

上図のようにこいつらが鬼畜米の利益である極東アジアの情勢不安、緊張化を
煽っているという構図です。米は北の核は実質放置し六カ国協議でも解決する
意思はないようです。中東へのミサイル移転等の危惧があるにも拘らずにです。
早々に攻撃しませんよ宣言までしましたし。そして韓国では米軍縮小。日本では
年金問題消費税など国民の切実な問題は放置し誰かに急かされたかのように
防衛省昇格、愛国心を明文化する教育改革等軍拡化一辺倒の不可解政策。
これらは明らかに極東アジア情勢を悪化に向かわせようと一生懸命です。
MD構想から手始めに日本からはタンマリ金儲け。強大なユダヤ軍産共同体を
潤わせます。だって即時平和的解決なんかしたら何のうまみもありません。
それが中東でなくアジアだというだけの話です。その為にニダヤ統一協会を使って
日本の右傾化を煽って煽って煽りまくる。日本のことが心配な純朴な日本人青年たちは
諸手をあげて大歓迎、自民支持。しかし自民は国民困窮化政策ばかりで
その青年達は追い込まれる、だけどストレス解消毅然とした日本の姿を望むので、
再度愛国を煽られ又自民支持という無限連鎖に嵌っているという状況。
日本の右傾化とはこのような状況のことをいいます。右傾化で日本のことを思って
正しい事をしていると思っている日教組自虐教育から開放されたと自負している者ほど
熱狂的になる。しかしこれは全部全く逆で、完全に騙されていたという構図だということです。
ユダヤニダヤ自民のタッグの前に利用されていただけだったという話。
ユダヤに日本の冨は持っていかれニダヤは優遇され自民が法案で縛り付ける。
このような完璧なシナリオだったのです。


771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 06:10:56 ID:ZSM3mHMG
リチャードナントカの説ではロシアも中国の内部対立も朝鮮半島の内部対立も語られないな。

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 07:03:06 ID:YAaRIuxW
>イラクは砂漠の多い、兵器の力が強い米軍に有利な地形だが、対照的に、
イラン西部には広大な山岳地帯があり、米軍はゲリラ戦に対応するため、
兵器ではなく歩兵に頼る度合いが強くなる

イランは国土の大半が山岳地帯で、西部に広大な砂漠があるんですよ田中さんw

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 07:06:19 ID:YAaRIuxW
あ、間違った田中さんが合ってる
   _____
    |  ∧||∧  .|
    | (,, ⌒ヽ |
    |   ∪ 。ノ .|
    |   ∪∪  |

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 08:23:00 ID:FqzrYojZ
北朝鮮核実験に警戒感 中国国防白書、対日懸念も

 【北京29日共同】中国政府は29日、国防白書「2006年 中国の国防」を発表、北朝鮮の
「ミサイル試射」と核実験により「朝鮮半島と北東アジア情勢は複雑さ、深刻さを増している」と
警戒感を表明した。中国の国防白書発表は2年ぶり。

 白書は、日本と米国の「軍事的一体化」が進む一方、日本は「憲法改正と集団的自衛権行使」を
追求し「軍事力の対外的展開の動向は明白」と強く懸念。現在の人民解放軍の人員を230万人と
したが、各軍種の具体的な装備の内容などは明らかにせず、日本、欧米などから上がっている
軍事情報の透明性向上要求には応えていない。

 また、今世紀中ごろまでに情報化された軍隊の完成を目指すと強調。東シナ海ガス田問題などを
念頭に近海の海上作戦能力を高め、原子力潜水艦による「核反撃能力」の強化を図るとした。
                       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(2006年12月29日 11時47分)
ttp://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006122901000150.html



これも米帝の陰謀アルヨ

775 :763:2006/12/31(日) 17:46:29 ID:qLR3I0zk
>>765 うーんそうかも。

 昨日のテレビでうさぎ跳びをしなくなり、部活などで水をのむようになった現代日本についてやっていた・・・
日本はたしかにうさぎ跳びをしなくなり、水を飲んで運動するようになって
 金メダルがとれなくなった。
たしかに俺も体力がない。
・・・体力がないので(残業を含め)仕事がきついので日本企業がまえより弱いのかも・・・
日本人に足りないのは運動だね。

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 17:49:03 ID:NTl5JV30
副島 田中 森田 あと誰?

きちがいは

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 19:42:15 ID:WwnNXuCL
副島なんつうチンピラとは違って
うーたんは人格者

778 :にゃ ◆SWnlHO5OgI :2006/12/31(日) 20:03:21 ID:qLR3I0zk
>>776 うーたんはすばらしいよ。副島とか森田とは、水準が違うよ。
なんといってもおもしろいよ、うーたんは。(選挙の予想とか俺は自分でできるからうーたんがはずしても問題ないし)

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 22:43:58 ID:sX6CyBV8
うーちゃか

と呼ぼうよ
爆笑問題の田中と一緒でいい

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 00:09:43 ID:mQEe2fMT
「706」 会員の坂崎進君からの長文の読書遍歴、自己紹介文を載せるが、それに関連して、藤原肇氏の最近の本について、
副島隆彦は、その政治思想への理解の無さを批判します。「ポピュリズム populism (民衆主義)」という重要な政治用語
をこんなにいい加減に使うことはもう許しません。副島隆彦 2005.11.9
http://www.snsi-j.jp/boyakif/wd200511.html#0901

ポピュリスト populist 、やポピュリズム populism (民衆主義)のことを、こんなにいい加減に使ってはいけない。
絶対にいけない。ただの「民衆迎合主義」で「人気取り政治家」のことを、ポピュリスト政治家だ、と思っている程度の、
その程度の知識人では、話にならないのだ。日本の立派そうな新聞記者たちでも、その程度の知識と知能しかない。学者
や言論人たちでも同様の低レベルだ。話にならない。アメリカ政治(史)の中で、ポピュリスト政治家たちが、どれほど
の血を流し、殺されていったのかを、歴史を全く知らないで、使っている。(私、副島隆彦は日本ポピュリスト言論人
なのだ、と、ずっと書いてきた。)私の映画評論本などでも、このポピュリスト、ポピュリズム(民衆主義)とは何か、
については、しつこく書いてきました。これが分からないと、アメリカ政治なるものは、一番肝心なところが分からない
のです。だから、私は、今日は少し怒っているのです。私のアメリカ研究の本を読めば、これらのことは分かることだ。
(中略)
だから、ロックフェラー石油財閥が、ニューヨーク金融界までも握るようになって、それに対して、「アメリカには真
のデモクラシーがない。死んだ。大統領までもあいつらが決めてあやつる。私たちの真の代表が大統領になっていない」
と騒ぎ出す”草の根(グラスルーツ)”の保守の中産階級の白人大衆の怒りを体現して登場するのがポピュリストたちで
ある。これがアメリカ政治の最大のダイナミズムであり、この民衆反乱の波が、数十年に一度、繰り返しアメリカを襲う
のだ。このことの政治思想上の重要性を理解しなければ、アメリカ政治学どころか、世界の政治学の根幹が分かったこと
にならないのだ。



781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 00:27:54 ID:mQEe2fMT
私は、フランシス・フクヤマの本を読んでいて、これだけは、書き留めておきたくなったなあ、
ということがある。それはネイティビズム対ビヘイビアリズムの巨大な対決ということだ。
ネイティビズム「固有主義あるいは生来主義」とビヘイビアリズム「(アメリカ)行動(科学)主義」
の対決ということだ。
このネイティビズムとビヘイビアリズムの対決は近代(現代)学問500年の、成否を決するぐらいの大きな
大決だ。このことを日本の知識人のほとんどが知らない。
このネイティビズム対ビヘイビアリズムの対立というのが西洋学問で、一番大きな対立図式だ、ということを、
日本の知識人でしっているのは、私の他に、この国に何人いるだろうか。
(中略)
私は日本の知識人で、世界基準だと考える優れた学者には、すでに弟子入りしている。
だからそれ以外は、みんな、アホ扱いすることになる。本当にそう思っている。
私は好き嫌いの感情で動かされる人間ではない。世界水準に達して優れている学者と、
そうでないもの、は、はっきりと点数がつくぐらいに区別がつく人間だ。
(中略)
ネイティビズム対ビヘイビアリズムの対立、というきわめて簡単な図式が分かると、
もしかしたら私の読者でも、一気に、ひらめくように、この世界がどのようになっていて、
どのように人間(人類)は考えてきたのか、とか、この近代500年の西洋学問(サイエンス)の
全体像が、ハッと分かるかもしれない。
副島隆彦「属国日本論を超えて」P51〜52


782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 00:30:58 ID:mQEe2fMT
この数十年間で日本の政治思想・評論業界は孤絶し、かなり立ち遅れてしまった。ドイツとフランスの
古色蒼然たる百年前、二百年前の政治思想の本を。訳も分からないまま読み続けてるのが現状だ。
全くヒドいものだの一語につきる。
日本の八十年代の言論を圧倒したフランスの構造主義の大家ミシェル・フーコのような、現代もの
でも、かなり癖のある思想・哲学なのであって、本当はフーコや、ジル・ドゥールズらの思想は
「人文」である。文学あるいは文化研究なのだ。政治権力なるものを生まで扱う学問ではない。
現在のフランスやドイツの本当の最高の知識人たちとは「どうやったら、自分たちが、アメリカ
の支配から脱却できる」を本気で考えている人々だ。日本知識人は文化研究しかできない人々だ。
副島隆彦「日本の秘密」

前ページに神学対近代学問(サイエンス)の壮大な対立図式を示した。これ以外に下等学問としての
「人文」というのがある。この人文というのはヒューマニティーズの日本語訳である。
ヒューマニティーズとは「人間、および記録された文学に関わること」という意味である。
だから人文は、簡単に言えば現在で言う文学(部)のことである。他には歴史学があり、その内容は
古文書や石碑の文の解説などを行うことだ。これらは、学問としては下等学問である。
副島隆彦「ハリウッド映画で読む世界覇権国アメリカ」


783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 00:32:03 ID:mQEe2fMT
さてユージェニックスにしろ、学問方法(メソドロジー)としては、 social engineering ソシアル・エンジニアリングである。
このソシアル・エンジニアリングなるものの怖さを知らないで、「自分は日本の社会科学者だ」などと信じている土人学者たち
全員を、私は、激しく、蔑(さげす)んできた。この言葉の意味も重要性も知らずに生きてきた、馬鹿たちの群だ。
自分たち日本人(日本部族)白身が、『菊と刀』で真っ裸にされたのち、ロボトミーに等しい、文明化外科手術、すなわち、
ソシアル・エンジニアリングを敗戦後に受けたのだ、と自覚すべきである。

ソシアル・エンジニアリング(社会工学)は、アメリカのリベラル派の学者たちの秘技秘伝であって彼らはこれを肯定する。
しかし、シカゴ学派の本物の保守派やアイン・ランド女史のようなリバータリアンは、ソシアル・エンジニアリングの学問を唾棄
して否定する。未開の現住民たちに施してはならない文明化外科手術である。それをやられたら、原住民たちは、おかしく
なるのだ。 だから、敗戦後にこのロボトミーを施された日本部族の若者が金茶髪にして成人式でも暴れるのだ、とみんな
分かればいいのに。 どうしても、どうしても、敗戦後のアメリカ軍(占領軍、マッカーサー・ニューディーラー)による、
日本国民洗脳がその原因だと、認める訳には行かないのか。そうか、どうしてもいやか。

先生の小室直樹だけが、これが、日本人が敗戦期に天皇=神を否定されて起こした「急性アノミー」だと、はっきりと解明した。
今の私ほどは、あからさまには書かないが。

ソシアル・エンジニアリングというものは、これほどに恐いものなのだ。それが、ソシオ・バイオロジー(社会生物学)と
いう別の名前も持つのだ。ソシオ・バイオロジーについては、コンラッド・ローレンツについて本書の別のページ
でも書いた。だから、シカゴ学派で過激派フェミニストの元祖のひとりであるソニア・シャンクマンが、ウルトラ・
リベラルであるからこそユージェニックス(優生学)をやり、ソシアル・エンジニアリングを治療・方法・政策学
として実践したのだという事実を私たちは確認すべきだ。

副島隆彦『属国日本論を超えて』P120〜121


784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 00:38:28 ID:mQEe2fMT
やはり、あの1991年8月の「八月クーデター」失敗によるソビエト・ロシア(ソビエト共産主義)の崩壊という
ことがなければ、この仕事は完成させることはできなかったと思う。ソビエトの崩壊と冷戦構造の終焉によって、
それまで曇っていた自分の頭がすっきりした。「やっと分かったゾ」という気になったのはこの時期である。
自分もまた、ほとんどの日本知識人たちと同じく、頭の幾分かを、ずっと引きずるようにして、ソビエト型とは
違うのだが別種の社会主義=政治的理想主義に長く囚われていて、この呪縛から開放されなかった。
一九九四年から一九九五年にかけてやっと、この本を書きあげ完成させたときに、私は世界を一極的に
支配する世界覇権国となったアメリカ合衆国の諸思想がどうのようになってできているのかを知ったのである。
(中略)
このとき私は、アメリカの現代アメリカ政治思想の各派を、日本語でコンパクトにまとめて、全体的に
性格描写することで、自分が悩み苦しんできた二十年来の政治イデオロギー遍歴からも開放されたのである。
私は、今や、右(保守)でもなければ、左(リベラル)でもない。
私は、ただ、それらの全体像を大きく眺めつくすものである、ということになった。
私は左右の大きな価値対立に於いて、どちらにも組するものでは自分を発見した。
私は、ただそれらの思想の諸価値の対立点を記述する者である。
(中略)
私は日本知識人層の貧弱な土俵の上に「現代アメリカ政治政治思想の全体像」を植えつけるという大きな
仕事を先駆者としてなしとげた。今や日本知識人全てを足元に見下すほどの地位を、私は自力で
築いたのである。しかし、このことは、私が大秀才である、と自惚れているのではない。
私程度は、アメリカでは頭のいい大学院生程度だということである。ということは、日本の大半の
文科系の知識人の知能水準は、アメリカに持ち出せば、頭のいい高校生程度だ、ということである。
副島隆彦「日本の秘密」


785 :にゃ ◆SWnlHO5OgI :2007/01/01(月) 01:38:32 ID:7IUq6+vO
>>783   SF「幼年期の終り」(少子化)・・・・日本改造計画として名作古典SFを読むと面白いよ。うーたんにもおすすめだ。

786 : 【1768円】 :2007/01/01(月) 01:43:35 ID:wZF4rWPv
うーたん、今年も期待しているよ 

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 01:48:03 ID:sWZ8kfNW
今年もドル暴落ネタで引っ張るのかなー

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 03:06:47 ID:C3WvvoUC
新年から・・・陰気くさいやつらだな

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 09:52:25 ID:hLJaM/iw
うーちゃか、今年も電波よろしく

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 15:24:29 ID:sWZ8kfNW
>>788
それを言うなら、辛気くさい だなw

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 16:57:11 ID:5mnyIEq1
中国が多極化とか言い出したな。やはり田中宇は中国の意向を書いていたんだな。

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 17:12:00 ID:Y0baTNXq
>>791
あんたは今後アメリカ一極集中がもっと強くなると思ってんのか?

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 19:35:23 ID:I5nKyV/7
中国の意向と言うより反米妄想、願望だろ

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 20:03:28 ID:mQEe2fMT
副島隆彦と田中宇の違いと似てるところはどこだろう?


795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 20:56:56 ID:17sdzx4B
副島さんは切り込むって感じがするなぁ。うーたんは溶け込むって感じ。
共通点はどっちも電波。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 02:23:25 ID:1Qv6NUNB
うーたんは電波だと思うけど、国際情勢に関心がないひとを引き込むのには
いいかと思う。

かくいう俺も興味をもって見始めて、半年ぐらいだまされてたけど、
英語とか勉強してうーたんの出してるネタ元のネタ元とか見始めてから

もしかして電波?→やっぱり電波じゃん(゚∀゚ )→でも憎めないからついついみちゃう

と至ってる。

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 05:35:11 ID:pjw446PV
一言目には多極
二言目にも多極
三言目にも多極
四言目・・etc

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 05:47:20 ID:+xO/RtrU
>>797  新人アナウンサーの研修に出てきそうな言い回しだなww


799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 09:11:18 ID:6B1UFJps
「818」 「副島隆彦の学問道場」より新年のご挨拶。2007.1.1
http://www.snsi-j.jp/boyaki/diary.cgi

従って、私は、仏陀(ぶっだ、ゴータマ・シッダールダ、お釈迦様)とイエス・キリストの研究をさらに続けて、自分も、
「人類(人間)への愛の思想」をさらに学ぶ。そして、同時に、既成の仏教集団、キリスト教集団、日本神道(しんとう、
本当は、すべて中国伝来の道教、どうきょう)、儒教(じゅきょう、日本では儒学)を厳しく批判(たたきのめ)してゆく。 
道教(どうきょう、タオイズム陰陽五行、いんようごぎょう)の生き方が、無理が無くて、偽善が無くて、すっきりしていて、
「人間の性欲と物欲(ぶつよく、経済活動、金儲け)も正直に認める、が故に、嘘(うそ)がない。嘘つきでない。無理がない」
という地点への到達が、昨年の11月4日の、自力講演会で達成されたので、この地点から更に研究を先に進めようと思う。

私は、自分が、これから宗教的人間になっても構(かま)わないと思う。 ただし、徹底的に、厳しい宗教を自分の中に築き
上げてゆくだろう。これまでの、偽善(ぎぜん)だらけで、自己矛盾だらけの宗教団体の全てを否定して、乗り越えてゆける
だけの、内実のある信念(信じること)を作り出してゆくだろう。
宗教とサイエンス(近代学問、科学)の壁は、これから大きく崩れ始めるだろう。イスラム教は、西暦622年にそれを始め
ていたのだ。それは決して成功はしていないし、内部に恐ろしい迷妄(めいもう)があるようだが、私たち日本人も、これから、
いよいよすっきりした仏陀の本来の教えと、道教の基本の理念(うらない、まじないも肯定する)に従った宗教(信仰)を築き
上げてゆかねばなならない。 
その際に、一切の嘘(うそ)と偽善(ぎぜん、ヒポクリシー)は排除される。私たちは、自分たちに能力と知能の限界の故に愚か
であることは、仕方がない。それを正直に受け容れる。しかし、だからと言って、誰からも非難され、軽蔑されることはない。
この真摯(しんし)な、真理(しんり、truth トゥルース)の探究者である私たちを軽く見ることの出来る人間などひとりも居ない。


800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 09:13:52 ID:6B1UFJps
http://www.snsi-j.jp/boyaki/diary.cgi

次の世界覇権国は、単一に決まる必要はない。それよりも、金融ユダヤ人と中国の財閥華僑の合いの子の混血児ような
サイボーグのような人間たちが、世界を支配するだろう。
それは、世界のメディア産業を握っている「マードック帝国」のルパート・マードックが、20歳代のセッコウ財閥
の女性と結婚して、赤ちゃんを作っていることに表れている。こういう子供たちが、次の世界の支配者となるだろう。
マードック帝国が、オリンピックの放映権も、それからワールド・カップ(サッカー)も、その他の各種のスポーツ
の放映権も握っていることの強大さを知るならば、分かることだ。だから、私たちは、中国研究を始める。



今年は、私たち学問道場の手で、『ザ・イスラエル・ロビー』 "The Israel Lobby and The US Foreigin Policy"
という、今年の世界中で、話題となって出版される本の翻訳を責任を持って行ないます。 9月あるいは、10月
には、その本は出るでしょう。シカゴ大学とハーヴァード大学の超一流の政治学者二人が目下、書いて完成させて
いる本です。この世界規模の新刊本の前に、日本の政治知識人など、全員が、ひれ伏さなければ済まないでしょう。
あるいは、相変わらず、「井(い)の中の蛙(かわず、かえる)」のまま、自分たちだけで、このいよいよ、ちん
まりとなりつつある。いつまでも日本国の中で、飯事(ままごと)遊びを続けるだけでしょう。


801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 09:33:51 ID:A9qzQRMb
>>799
転載うぜーよ。
転載元に通報するぞ。

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 10:05:25 ID:gBhXiIon
副島いつからおかしくなったの?

元からって答えは無しよw

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 15:21:30 ID:/Z96V9oi
うーたんは、いつもアメリカの凋落と陰謀ばかりを世界情勢悪化の
原因に挙げているので、反アメリカだと思っていらが、よ〜く考え
てみたら、意外に裏でネオコンとかCIAと結びついていて、わざと
反米の記事を流しているのではないかと最近気づいた。

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 15:27:59 ID:rsown0ha
隠れ多極主義者か!!

805 :!omikujidama!:2007/01/02(火) 15:34:26 ID:PimF9F/I
>>1
> だれも立てないので立てました。

> 田中宇の国際ニュース解説
http://tanakanews.com/

> 田中宇インタビュー
http://hotwired.goo.ne.jp/bitliteracy/interview/991026/
> はてなダイアリー - 田中宇(画像あり)
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C4%C3%E6%B1%A7


> 前スレ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1152346572/l50
> 【テポ丼発射で】田中宇 part10【良い訳、言い訳】

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 15:58:54 ID:I008QlEq
俺は、ユダヤ陰謀論を一切言わず世界各国のニュースソースを集め外堀から埋めていき
論を固めていくウー氏の頭の良さに感銘を受けた一人なのだが。
俄かに信じられないアメリカの意図的な衰退を(陰謀論的にはユダヤの意図であり意思だからと
半ば常識的に語られていることを)「多極化」と表現したときには、「この人天才!!」と唸ったものでした。

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 16:13:24 ID:yQ7aTco1
アメリカが衰えていくとは思わないが
父権が失われた家庭のように不寛容主義になっていく流れというのはよくわかる
経済が好調といわれているのも人口がふえているおかげだし
一人一人のほとんどアメリカ人は最近の日本みたいにあまり景気の好調さを実感してないだろうな
クリスマス商戦も思ったほど伸びなかったようだし住宅バブルも非常に悪いといわれている
バブルが弾けて格差が酷くなった近年の日本が歩んできたような道をアメリカが辿っている様な感じはうける

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 19:23:08 ID:I008QlEq
>>807
マスコミの受け売りばっかりの洗脳ぶりにワロタ。

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 23:23:17 ID:13+wqyav
2ちゃんに洗脳されるよりは・・・

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 09:07:23 ID:K8WC4/1d
うーちゃかは反米がらみで金曜日や世界に記事書かないの?

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 09:47:25 ID:lr2Gj77q
>>810 ??????


812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 13:42:31 ID:e+lBgW1X
>>806
同感だけど、うーたんは先人に学ばなかった。
トンデモなユダヤ陰謀論を唱えて狂人扱いされるほうが
贔屓筋の旦那衆がついてくれるのに。
小金持ちの旦那衆は普段そういう話を周囲には聞けないから呼んでくれる。
堂々と、かつ過剰にやるほうがいい、お花畑と思われたら公安にも放置してもらえる。
誰だって我が身がかわいいだろ、今は半マジ状態なのでうかつに近寄れない。

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 15:38:28 ID:40+nyJVi
うーたんにマジレスかっこわるい
ここはうーたんの強引な解釈を嗤って楽しむスレだったはず

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:59:15 ID:7VO4lwd8
今年は本を出せるといいね

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 03:38:14 ID:7YagpqBa
相変わらずだなぁ、おまいらw

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 10:48:15 ID:Xki/oKjL
うーたんが相変わらずだから仕方ない。

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 13:02:13 ID:SFdbCetj
この人商売であんなこと言ってるの?
分裂病?

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 00:36:46 ID:kJkfAVwe
趣味的だからいいの

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 00:38:37 ID:kJkfAVwe
欧州復調、米に代わり牽引車 独主導で潜在成長率2%上回る伸び
http://www.business-i.jp/news/world-page/news/200701040014a.nwc
安倍首相:訪米より欧州優先訪問 麻生外相も東欧へ
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20070103k0000m010034000c.html


820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 01:01:22 ID:Ob2SutUl
アカッシックレコードがメルマガナンバーワンだそうな

うーちゃかも悔しかろう

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 04:28:53 ID:8DujGVdz
<自民党>米以外とも兵器開発を検討 武器輸出3原則緩和も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070105-00000004-mai-pol

田中の大好きな多極化キタコレ

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 16:37:06 ID:zI9aZwyn
新作age

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 01:18:24 ID:/4jQTHY1
>>819

そういえばウー氏は事あるごとに日本は対米従属で孤立するといってたが、
こういうニュースはスルーなんだろか。あべの最初の外遊も中韓だし、同見ても今の政権がアメリカ一辺倒には見えないんだが。

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 01:39:16 ID:42kQcNTF
そろそろ日本が多極化本格的に始めた時の田中の存在に何の意味があるのか真剣に考えようか

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 01:54:28 ID:8BURg7my
>>823
だから、

>日本の中枢は、一昨年までは対米従属を強化していたが、昨年後半から、もうア
>メリカに頼ることができなくなりそうだと気づき、方向転換を始めたのだろう。
http://tanakanews.com/070104japan.htm

なの。うーたんを信じてればいいの。

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 02:00:16 ID:89qgmJNO
閉じられるアメリカの核の傘
 【2007年1月4日】今後、アメリカが中東での戦争をイランに拡大し、
中東の大戦争の中で軍事力と外交力を低下させた場合、
アメリカは余裕がなくなり、国力を温存するためにできる限り
海外から軍事力を撤退しようとする可能性が大きくなる。
日本は独力で自国を守ってくれと言われる傾向が強まる。
だから、今のうちから「日本は核武装すべきか」という議論が必要になる。

http://tanakanews.com/070104japan.htm

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 03:11:32 ID:TO97XP50
2005年10月26日
「日米同盟の変遷 防衛協力と統合の深化に向けて」@AEI
AEI(アメリカン・エンタープライズ研究所)主催の日米同盟シンポジウム(初)。
昨日(10月25日)から2日間にわたって開催@キャピトル東急ホテル。
以下、日米の主な出席者(発言順)。

10月25日(火)
クリストファー・デミューズ(AEI理事長)
ジョセフ・R・ドノバンJr.(在日米国大使館首席公使)
前原誠司(民主党代表)
リチャード・ローレス(米国防副次官)
長島明久(民主党「次の内閣」防衛庁長官)
アーロン・フリードバーグ(米プリンストン大学教授)
ダニエル・プレッツカ(元米上院外交委員会近東南アジア担当上級専門スタッフ/AEI外交防衛政策研究副部長)
額賀福志郎(元防衛庁長官)
石破茂(元防衛庁長官)
鶴岡公二(外務省総合政策局審議官)
ジョン・ヒル(米国防次官補室部長)
ダン・ブルーメンソール(元米国防総省・国際安全保障オフィス上級部長/AEI研究員)
ティモシー・ラーセン(在日米軍副司令官/少将)
金田秀昭(三菱総合研究所主任研顧問)
リチャード・ウィアー(米大統領国家安全保障会議統合参謀本部/中佐)
山口昇(防衛研究所副所長/陸上自衛隊陸将)
トーマス・ドネリー(米議会・日中安全保障検討委員会委員/AEI研究員)
安倍晋三(自民党幹事長代理)



828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 03:15:30 ID:YmzPMvUH
アジアにおける日本を単に一番端の国として捉えているのは認識不足だな。

在日米軍の大きな役割として西太平洋におけるシーレーンの確保がある。
原油を大量に消費するアメリカにとっては生命線の一つといってもいい。
台湾をアメリカが見捨てない理由もここにある。
この辺がドイツや韓国とは違うところなんだな。

あとネタ切れなのか讀賣グループへの食い込みを図っているのか知らんが、
ナベツネを持ち上げるようではなぁ...

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 03:18:24 ID:TO97XP50


10月26日(水)
トーケル・パターソン(元米大統領特別顧問/元国家安全保障会議アジア担当上級部長)
リチャード・J・サミュエルス(マサチューセッツ工科大学《MIT》国際研究センター所長)
佐藤達夫(三菱商事執行役員宇宙航空本部長)
ニコラス・エーベスタット(米国立アジア研究所顧問/AEI政治経済部門議長)
阿川尚之(慶応大学総合政策学部教授)
ケント・カルダー(ジョンズ・ホプキンス大学東アジア研究所/朝鮮半島研究所所長)
久間章生(元防衛庁長官)









自民民主そろってネオコンの犬が説教受けたようですね。どういう結論になったか
詳らかにしませんが、いわばビジネス会議でしょう。日本がいくら金を出してユダヤ軍需産業体を
いかに潤わせるか、でしょう。某きっこのブログではとんでもない内容の会議の結論を書いてましたが。



830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 03:24:57 ID:8BURg7my
>>828
アメリカの原油は太平洋経由は少ないじゃん。
オーストラリアの南を回ってもロスは少ないし。

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 04:06:32 ID:42kQcNTF
シーレーンでとらえるなら台湾はまぁわかるけど何で日本が

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 14:22:35 ID:YmzPMvUH
 台湾とフィリピンはシーレーンの出口にあたり、中国の南シナ海進出を防ぐ
役割を果たしている。この両国を安全保障面で支えてるのが沖縄。沖縄台湾間
の距離は沖縄本土間(ほぼ沖縄フィリピン間に相当)よりも近く、極東最大の
米軍基地がある大きな理由となっている。

 一方アメリカの原油輸入は21世紀に入ってから中東依存度が増している(
2003年からサウジアラビアが第一位、中東全体からの輸入は30%を占めている)
これは今後も増える見通しで、イラク戦争にはこうした文脈もある。

 90年代にフィリピンの基地を無くしたりもしたから、グァムに一部移転する
とはいえ沖縄(日本)の役割はますます重要になっていて、アメリカから安全
保障関係を解消することは考えられない選択肢だよ。シーレーンの入り口であ
るインドとの関係強化も図っているしね。


833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 15:26:06 ID:0AyD2I3l
でもさ、本当にアメリカが多極化を狙っているのだとしたら、イラク戦争なんて
面倒なことしないで、日銀の金利を上げるだけで一発なのに。

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 15:47:35 ID:aazPqL8e
ブッシュは多極化の抵抗をしている
もちろん任期が終わるまでだろうけどね
アルバート・パイクの予言も実は知っており
それを非常に恐れていると思われる

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 20:11:45 ID:IpzE6lE2
新作はいい出来してるな

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 20:33:13 ID:Z3Yyq/gw
フレンズの最終回は、明日だってさ。


837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 20:37:39 ID:XiedQsRH
>日本の中枢は、一昨年までは対米従属を強化していたが、昨年後半から、もうア
>メリカに頼ることができなくなりそうだと気づき、方向転換を始めたのだろう。

これは間違いで、識者は最初っからアメリカがイラクで失敗することも、
将来は東アジア共同体しかないこともわかっていた。
にも関わらず小泉はノリツッコミで自衛隊派遣でアメリカの背中を押し、
アメリカを安心させるため、どうでもいい靖国の問題で
中韓と距離をおくふりをした。


838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 21:00:50 ID:IpzE6lE2
星の夢の終わり
http://hiromorita.exblog.jp/4938800/

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 10:01:59 ID:vf/0VqT8
東アジア共同体・・・・・・・・・・





840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 11:35:21 ID:tHDJMO5g
今の日本のユダヤ支配の属国体制から離脱するためには東アジア共同体もアリだけどな。

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 13:02:00 ID:SCbPN2z4
だんだんイエスマンしかこのスレにこなくなったなw まともな奴は見限ったか

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 13:45:20 ID:DWCtpiNl
>>840
文化、言語、歴史、価値観、経済力を共有する国が存在しないから無理。
台湾が例外になるかも知れないが戦後60年で大陸移民による価値観の破壊は取り返しが付かない
中国というのは国家そのもが蛇頭みたいなもので金のためならどんな残虐行為も平然と行う
鬼畜の集まり、どんなに金を持ち、高級車を乗り回し、大豪邸に住もうとも鬼畜は鬼畜だ。
北朝鮮は犯罪によって利ざやをかすめるだけの893国家だし、
韓国もおよそ礼儀や恩というモラルなど存在しない、嘘と捏造と泥棒とレイプによって成り立つ
精神異常者の集団に過ぎない。

共同体を結ぶとするなら東南アジアの海洋国家とオーストラリア、NZと仲良くするしかない。

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 13:49:29 ID:B4LUj8zK
はいはい

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 15:45:06 ID:q7xTCo1M
東アジア共通通貨圏構想とか止めてほしいな
金融政策できなくなるからw

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 18:22:45 ID:pk23rXhd
【イラン核問題】イスラエルが核攻撃を計画か イランの核施設にと英紙[01/07]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1168160772/


846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 18:30:08 ID:pk23rXhd
http://hiromorita.exblog.jp/4938800/

のサイトは役に立つね

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 18:47:23 ID:pk23rXhd
【米国】米新型核「RRW」の設計案、開発に1000億ドル以上……米紙報道[01/07]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1168154704/


848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 20:54:42 ID:8o29tWQt
>今の日本のユダヤ支配の属国体制から離脱するためには東アジア共同体もアリだけどな。

すごい電波w

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 23:57:04 ID:K2Ye9K3u
>>839
> 東アジア共同体・・・・・・・・・・
>
>
>
> w

否定してる政党がありますか?

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 00:07:53 ID:tHDJMO5g
>>848
洗脳愚民B層乙。もしくは統一協会信者工作員御苦労。


851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 02:21:41 ID:ZIvtcELO
>>844
東アジア共通通貨構想って、日本人の貧乏人は死ね ! って言ってるも同然の
ような気がするんだけどなぁ。

ブルーカラー層の人件費が日中で 20倍違う状態で固定化されてしまったら
とんでもないことになると思うんだけど、所詮貧乏人がどうなろうと構わない
んだろうか、マスコミも政治家も。これだけ格差社会・格差社会と五月蝿いのに。

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 09:20:40 ID:LTeUoShM
>洗脳愚民B層乙。もしくは統一協会信者工作員御苦労。

妄想すごい
このテーマにしてこのカキコありってところだw

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 10:59:42 ID:gzL5uemw
>>850
『東アジア共同体』はともかく、『ユダヤ支配』、『属国』とか言い出すと
電波だと思われても仕方ない。
仮に東アジア共同体が議論に値するテーマだったとしても、電波を
飛ばした時点でまともに相手してもらえなくなる。

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 11:45:11 ID:LTeUoShM
本人は世の中で自分だけが真実を知っていると思いこんでいるところが怖い

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 13:12:33 ID:F6M3QdXk
「戦後民主主義万歳」みたいなことを長年書いてきた知識人たちは、このことに自覚がない。
欧米では、戦後の日本社会のことを「ニューディーラーが植えつけて育てた日本体制」と呼んでいる。
これを英語では、‘New Dealr ingrained japan system.'(ニューディーラー・イングレインド・ジャパン・システム)と言う。
引用は副島隆彦「日本の危機の本質」P296

社会党や日教組、それから戦後日本共産党という「反戦平和・護憲、再軍備反対、海外派兵阻止」を主張する勢力は、
ソビエト・ロシアによって作られた勢力ではない。
これらの勢力は、実はマッカーサーが憲法典と共に予め意図的に日本の戦後体制の中に仕組んだ装置であった。
引用は「日本の秘密」副島隆彦 P22


856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 13:19:52 ID:GjBcCaY0
>>854のレスは>>855に対してのものか?>>854の先見性に期待ww


857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 14:17:01 ID:gzL5uemw
>>855
副島ネタは完全にスレ違い。

>>これを英語では、‘New Dealr ingrained japan system.'(ニューディーラー・イングレインド・ジャパン・システム)と言う。
残念ながら、これでは英語とは言えない。
せめて New Dealer ingrained Japanese system だろう。
明らかに英語力が高校生以下の日本人が考えたような、怪しげな造語を引用している時点で
ソースとしての信憑性は−100以下。

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 14:48:11 ID:+Xzn0PYR
>>853
物事の本質を簡潔に表現したまでだが。w
日本がユダヤ支配、属国で無いと証明する方が非常に困難だが。
マスコミ様の報道でしか判断できない愚民ということを自己紹介してるんですか?w
日本の現状を見ればそのような状態にあるということぐらい常識の範疇だと思っていたが
どうやら知識が足りない人が多いみたいだな。

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 14:50:59 ID:4mNEnBdd
陰謀論を否定して良識派を気取りたいだけでしょ

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 14:59:28 ID:0+RalRWh
http://www.google.com/search?hl=en&q=%22New+Dealer+ingrained+Japan+system%22
Your search - "New Dealer ingrained Japan system" - did not match any documents.


861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 15:38:12 ID:gzL5uemw
>>858
> 日本がユダヤ支配、属国で無いと証明する方が非常に困難だが。

つまり、日本がユダヤに支配された属国だと証明するのは簡単なんだな?
ちゃちゃっと証明して見せてくれ。

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 15:47:48 ID:gzL5uemw
>>860
"New Dealr ingrained"で検索すると、副島の引用しか出てこないんだが。
それに"japan system"でも"Japan system"でも英語としておかしい。

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 16:08:09 ID:+Xzn0PYR
>>861
俺が言わなくてもニュースなどいっぱい流れてるだろが。
甘えすぎだお前は。しかもネットやる素質が無い。
やっぱり、陰謀論否定で良識派を気取りたいって事ですか?

あーあとニュースは単独事象でどうでもいいことを議論するようじゃ
ダメだよ。組み合わせて斟酌していかないとね。教育改革法案の時と
同じくしてマスコミで昔からあるいじめ問題を急に過剰に報道してた時に、
「先生が悪い」とか「教育委員会のシステムが・・」とか言ってる思う壺の
人間ではないということが最低限の条件だが。

グーグルのHPのURL貼ろうか??w

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 16:25:06 ID:gzL5uemw
>>863
> 俺が言わなくてもニュースなどいっぱい流れてるだろが。

いや、日本がユダヤ支配の属国だというニュースは見たことが無いです。
後学のため、是非とも教えてください。

> 甘えすぎだお前は。しかもネットやる素質が無い。

そうですね。嘘を嘘と見抜けない人にはネットやる素質は無いですね。

いずれにせよまともな議論をしたいなら、お互いの立脚点を明らかにする必要が
ありますね。そういう意味でも、あなたがどういう根拠で日本がユダヤ支配の
属国だと考えているのか、簡潔に示していただけると助かります。
まあ、端から議論をする気が無いなら別にいいですけど。


865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 16:54:34 ID:+Xzn0PYR
そうですね議論できないでしょうね。
マスコミ様が明確に日本はユダヤ支配の属国ですと言わないと
理解できない人とは無理でしょうね。w


866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 16:59:40 ID:8hXPqz8G

早くも勝利宣言で〜すかw プッw
早く脳内ソース以外でソース出してくださいよw

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 17:13:25 ID:gzL5uemw
>>865
> マスコミ様が明確に日本はユダヤ支配の属国ですと言わないと
> 理解できない人とは無理でしょうね。w

つまり、あなたはマスコミが明確に『日本はユダヤ支配の属国だ』
と言わなかったのに、それを理解したということですね?
どういう根拠でそういう理解に至ったのか教えていただけないでしょうか?

普通の知力の人間には>>863のような簡単なヒントだけから>>858のような
理解に到達するのは難しすぎますので。

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 17:19:49 ID:+Xzn0PYR
>>867
真面目で粘着な性格だから自分でできるでしょう。
個人に頼むより調べなさい。一からの説明を期待されてるようですが
それから始めていくことを考えただけでも途方にくれます。
誠実に対応してくれないからこの私は信用の置けない人間だとか
言い出さないで、がんばってくださいね。w


869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 17:26:40 ID:+Xzn0PYR
>>867ヒントをあげますよ。こい言うのから調べていけばいいんじゃないですか。
現政権与党自民党についての超基本

落選時代に福田赳夫の玄関番をしていた小泉純一郎は、統一教会の
隠れシンパとして勝共連合と強い結びつきを持ち、文鮮明に操られて
政治家としての道を歩んだことは、知る人ぞ知る小泉がひた隠しにしてきた
巨大な秘密である。しかも勝共連合はKCIAの手で作られた組織であり、
この朝鮮半島の謀略機関の手先として育てられた自民党タカ派の一員だった
小泉が首相になり、福田二世や安倍二世を小泉内閣の閣僚としてと登用したことは、
ワシントンの右翼勢力の指令にもとづくものだった。日本は小泉と結託した
売国政治家によって、米国と朝鮮半島のハイエナによって食い荒らされようと
しており、すでに食い尽くされているといえる状況にある。

自民党⇔勝共連合⇔統一教会⇔ネオコン・シオニスト・親イスラエル・ユダヤ

 「岸信介元首相と統一教会」http://www.chojin.com/history/kishi.htm

岸信介・・・いわずと知れた安倍晋三総理の祖父。
A級戦犯として収監されながらも戦後のアメリカによる日本統治の為に傀儡としての
役割を帯び、無罪放免で釈放された人物と見るのが妥当。その際取引があったとされる。
         ↓

1968年、KCIA・統一協会の主導により、児玉誉士夫・笹川良一・岸信介らが
「勝共連合」を結成し、これにより日米韓、CIAが連携プレーをするようになった。
  なおこの三人は自民党結党に大きく関与していることは周知の事実である。

つまり安倍晋三とは、戦後以来の傀儡の子孫として正当な後継者ということになり、
日本人の方を向いていない、アメリカ朝鮮のための政治家といっても過言ではない。
事実今おこなっている事を見れは一目瞭然。統一教会に祝電など当たり前の関係
であることがわかる。小泉も安倍もマスコミ一体となって祭り上げた都合の良い人物
であって、個人の実力で獲得した首相の座ではないともいえる。
そして連立を組むのが朝鮮人教祖・創価学会の公明党。まさに最強タッグである。

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 17:59:25 ID:gzL5uemw
>>868
> 個人に頼むより調べなさい。一からの説明を期待されてるようですが
> それから始めていくことを考えただけでも途方にくれます。

それはおかしいと思います。

>>858
> 日本の現状を見ればそのような状態にあるということぐらい常識の範疇だと思っていたが
> どうやら知識が足りない人が多いみたいだな。

のように述べられているわけですから。
つまり、あなたは常識の範疇にあるようなことを説明するのに途方にくれるほど
知識の足りない人なわけですね。

> 誠実に対応してくれないからこの私は信用の置けない人間だとか
> 言い出さないで、がんばってくださいね。w

別に誠実に対応しないから信用が置けないというよりは、上記の理由のように
知識が足りないので信用が置けないと思っています。

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 18:01:32 ID:mUWvYbka
リチャード@電波本CM神降臨w

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 18:11:58 ID:+Xzn0PYR
>>870
ご丁寧にレス参照付きでご苦労様です。やっぱりひとつひとつ反応してくれる
真面目な人でよかった。その信条でがんばってください。
ところで、陰謀論、トンデモ話という形容詞はその人が無知なことから逃れる為の
便利な免罪符だということに気づいているでしょうか。そういうことですのでがんばってくださいね。w

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 18:22:39 ID:gzL5uemw
>>872
> ところで、陰謀論、トンデモ話という形容詞はその人が無知なことから逃れる為の
> 便利な免罪符だということに気づいているでしょうか。そういうことですのでがんばってくださいね。w

なるほど。あなたはそうやってもっともらしいことを述べて、議論から逃れるわけですね。

>>870
> つまり、あなたは常識の範疇にあるようなことを説明するのに途方にくれるほど
> 知識の足りない人なわけですね。

あなたの知識が足りない、ということに異論がないようなので申し上げさせていただきますが、
このスレは知識の足りない人が怪しげな(根拠を説明できないわけですから)自説を主張する
場所ではありません。是非ともお引取りいただいて、二度と書き込みをなさらないよう
お願い申し上げます。
どうしても、というのなら禁止はいたしませんが、これまで書き込まれた内容を完全に
納得できるようになるまで追及させていただきますので、どうぞご理解ください。

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 18:40:20 ID:+Xzn0PYR
>>873
それより先に多角的に日本がユダヤの属国で無いとあなたがこの場で証明し
誰もが納得できるよう提示して初めて言える言葉でしょう。自分が知らないから
議論も禁止するという尋常でないファシズムを押し付けようとしていることを
理解して発言しているのでしょうか?納得いかないならそこから始めればいいのでは?
こちらはヒント提示しましたしあなたが頑として動こうとしないことを他人のせいにされても
誰もが困ることでしょうから。そういう態度を改めない限りあなたはこのスレに参加する資格さえないと
言わざるを得ないということになると思いますが。陰謀論を否定することで良識派ぶる人ではないかという
疑義されかけられてもいるんですから尚更ですね。しきりに知識が足りない人ですねと
連呼しているようですが、その人に教えを請うあなたはなんなんですかという声も
聞こえてきそうなので早めに証明作業に取り掛かった方が賢明かと思います。
がんばってください。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 18:46:04 ID:+Xzn0PYR
あーあと、あんまりレス参照付きでの書き込みは度が過ぎると、」ただの揚げ足取りではないかと
疑われますので極力お止めになることをお薦めします。
レス参照つきは、真面目に真摯にお答えする姿勢であることは理解していますが
他人の面来はそういう風には映らない場合もあるということですのでご理解頂ければと存じます。


876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 19:35:42 ID:qWsLKCqn
>> ID:gzL5uemw
悪魔の証明をさせようとするキチガイ相手にしても無駄だから
これ以上やめとけ

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 20:59:20 ID:mIkmVYIl
精神科に行くかうーたんや副島に弟子入りしたら幸せな人生送れるかも

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 21:06:31 ID:gzL5uemw
>>874
> それより先に多角的に日本がユダヤの属国で無いとあなたがこの場で証明し
> 誰もが納得できるよう提示して初めて言える言葉でしょう。

私は別に『日本はユダヤの属国では無い』とは主張していませんが?
>>867を読めばわかるように、私はあなたが『日本はユダヤの属国だ』
と主張するに至った根拠を質問しただけなのですが。
何で主張もしていないことを証明しなければならないのですか?

私があなたに文句をつけているのは、自説の根拠を示さないからです。
根拠が無い説とは議論の仕様が無いので、掲示板に書き込まれても有益な
議論にはなりえませんから。

> 誰もが納得できるよう提示して初めて言える言葉でしょう。自分が知らないから
> 議論も禁止するという尋常でないファシズムを押し付けようとしていることを
> 理解して発言しているのでしょうか?

別に議論は禁止していませんが?
ただこれ以上議論を続ける気なら、納得がいくまで追求する、と宣言しただけです。

> 納得いかないならそこから始めればいいのでは?
> こちらはヒント提示しましたしあなたが頑として動こうとしないことを他人のせいにされても
> 誰もが困ることでしょうから。

納得がいかないから追求しているわけですが?
普通の人間には>>869程度のヒントであなたの主張は理解できません。

> 疑義されかけられてもいるんですから尚更ですね。しきりに知識が足りない人ですねと
> 連呼しているようですが、その人に教えを請うあなたはなんなんですかという声も

>>858を読めば明らかなように、初めて『知識が足りない』という言葉を使ったのはあなたの方ですが。

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 21:16:28 ID:mchMebEi
うぜー
副島スレに引き篭もってろよww

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 21:50:46 ID:+Xzn0PYR
私は別に『日本はユダヤの属国では無い』とは主張していませんが?
私は別に『日本はユダヤの属国では無い』とは主張していませんが?
私は別に『日本はユダヤの属国では無い』とは主張していませんが?
私は別に『日本はユダヤの属国では無い』とは主張していませんが?


4回コピペしてみた。


881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 23:18:26 ID:mUWvYbka
淋しい人間だと言う事はわかった

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 01:08:01 ID:fD8ToSkg
うーは徹底してアメ衰退論者だが何か恨みでもあんのかね?
衰退論なんてベトナム戦争のころから言われ続けてもう数十年なんだが未だとびついてるとは

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 03:12:53 ID:S+HigO2o
副島も次の大国は中国だとロックフェラーが決めたとかいってるから
田中と似たようなもん
まあそれは事実なんだが

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 08:16:38 ID:LXh1LBU8
まあそれは事実なんだがw

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 08:30:51 ID:PVtuzXNL
お前らユダヤプロトコルが単なる偽書だと思ってないか?
現段階に置いて、あそこまで適中しているものを偽書で
片付けてる場合じゃないぞ。中身はタルムードと同質なんだからな。


886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 08:59:00 ID:LXh1LBU8
精神科へどうぞ

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 11:44:25 ID:SXLwoVeE
陰謀厨は
ノーマン・コーン『ユダヤ人世界征服陰謀の神話』をどうぞ

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 14:25:55 ID:nIC0wkof
ノストラダムスの次はユダヤかw

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 15:38:23 ID:PVtuzXNL
ユダヤの陰謀であって欲しくない人達の心の叫びが聞こえる。

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 16:00:35 ID:NaDIEyAi
田中宇自身がユダヤ陰謀論を参考にしまくりなのに、今更否定してもね。

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 16:32:42 ID:nIC0wkof
http://homepage3.nifty.com/boumurou/tondemo/dic/kimura.html

これすごい
うーたんを越える人がいた

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 21:21:17 ID:O3utPx9s
>>890
> 田中宇自身がユダヤ陰謀論を参考にしまくりなのに、今更否定してもね。

いや、それ自体が突っ込みどころだろう。

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 21:41:12 ID:NDuSXDvT
さっそく来てたのか

イスラエルがイランを核攻撃する?
2007年1月9日  田中 宇
http://tanakanews.com/070109israel.htm

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 21:50:47 ID:bpJqcmP6
tesuto


895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 01:20:07 ID:0p28Uzj0
年内にイランで戦争が起こるかどうかで
田中宇やユダヤ陰謀論の正否が出るってことでOK?

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 01:42:54 ID:RC/xS7iJ
だめ。うーたんはまだ隠者の域に達してないようだw

>私は前々回の記事で「イランとの戦争が始まるとしたら今年3−6月の可能性が
>高いのではないか」と書いたが、もしかするとそれより早く戦争が始まるかもし
>れない。
 ↑
 ↓
>もしオルメルトが賢明な人であるなら、チェイニーからの圧力を受けて今にもイ
>ランを空爆しそうなふりをしながら、何とか時間稼ぎをして自滅的な戦争を回避
>しようと努力するだろう。(中略)結局戦争になりそうでならないかもしれない。


897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 02:48:25 ID:tRY2zUeO
新大陸開拓から現在に至るまで米は一貫してユダヤ支配だし、彼らの旧約聖書の
約束どおりに大イスラエル帝国ができる一歩手前まで来てるのにこのままアラブを
そのままに平和裏に歴史が進むわけが無い。イランをどうしても手に入れるか、戦争
をして傀儡を打ち当てるかしか道は残ってないだろ。しかしまあ日本はこれに付き合わされるわけか。
先の戦争では対抗したこの国が下僕となって率先してやらされるとは因果なものだ。


話は変わるが、
ウータンはユダヤ陰謀論的答えを用意しあらかじめ回答を用意し、それを既存の
真っ当なメディアを通じて流されるニュースを理路整然と外堀を埋めていきその正解を
導き出し証明するという作業をしてるんではないかと思えてならないんですよね。

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 12:56:21 ID:MX4m/mV+
降伏して傘下に入った軍は先兵として使われて消耗品として使われるのが人類史の鉄則。

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 21:29:24 ID:AO5VLlXV
>897

だから精神科行けって

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 21:29:33 ID:mXT30CIa
>>897
> 新大陸開拓から現在に至るまで米は一貫してユダヤ支配だし、

南米に関して言えば、ユダヤも許さないガチガチのカトリックが、北米だって
主に清教徒が最初に移民したわけですが。
ユダヤ人が大量に移住するようになったのは、東中欧からの移民が増えた
19世紀後半以降。

> 彼らの旧約聖書の 約束どおりに大イスラエル帝国ができる

別に旧約聖書には帝国をやるとは書いていない。
約束された土地は現在のイスラエル+α程度の狭い領域。

> 一歩手前まで来てるのにこのままアラブを
> そのままに平和裏に歴史が進むわけが無い。イランをどうしても手に入れるか、戦争

酷い勘違いをしているようだが、イランはアラブではない。

> 話は変わるが、
> ウータンはユダヤ陰謀論的答えを用意しあらかじめ回答を用意し、

だから結論が最初にありきで、いつも外してばかりいるんですね。
非常に適切な解釈だと思います。

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 17:43:37 ID:VpBq3ijZ
最近の田中宇の記事を読んだ印象。

田中宇氏は無意識で戦争を望んでいるな。

以上

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 20:51:39 ID:I1Uhj7hm
>>901
いや、>>897の言うようにユダヤ陰謀論の電波を受信しているのだとすると、
ユダヤ陰謀論者が戦争を望んでいる、というべきだろう。
まあキリスト教的には、イスラエルを追い詰めてハルマゲドンを起こすのが
天国への近道なわけだし。

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 21:54:41 ID:e665joZV
キリスト教原理主義者のみなさんに
アメリカのどっかの大平原に集まっていただいて
静かに天国に行っていただくというのは

904 :にゃ ◆SWnlHO5OgI :2007/01/11(木) 22:08:33 ID:0EiND6Yp
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003017&sid=a726t.ZFKzUY&refer=jp_japan
中国株式市場の時価総額、1兆ドル超え−株価上昇や新規上場で

中国株式市場の規模は2006年初め以来、3倍以上に拡大している。
主に政府が保有する2000億ドル超の非流通株の転換が進められていることが背景にある。
停止されていた新規公開が06年5月に再開されたことも投資家を市場に呼び戻した。

アジア最大の日本市場の時価総額は4兆8000億ドル。2位の香港は2兆 1000億ドル。

日米の対立に乗じて、「中国共産党政府」が勝利するぞと。
冷戦後の世界は、政府の計画がすべてを決める時代になったのだと思う。


905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 12:07:41 ID:A5LgpjaI
国際的分業を理解しろ

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 22:20:10 ID:+y6m3MPD
【ネット】 2ちゃんねる、閉鎖か…すでに壷は差し押さえられ★48

★「2ちゃんねる」閉鎖か 仮差し押さえ請求、再来週にも強制執行

・ネット界激震!賠償命令を無視し続けてきた「2ちゃんねる」(2Ch)の管理人、西村博之氏
 (30)の全財産が仮差し押さえされることが12日、分かった。
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1168606822/l50

田中宇スレも、次のスレは立たないかもしれません。

(日本にとってプラスも大きいのが2ちゃんねる。)


907 :にゃ ◆SWnlHO5OgI :2007/01/13(土) 13:51:37 ID:GbaUCtWv
>>905 計画というよりは、計画と陰謀の時代になったというべきだね。

計画と陰謀のなかった日本は衰退した。
80年代に、米議員が「日本の陰謀とか」「日本は社会主義国家」とかいっていたけど
ばかな話を米議員がしていても、それに対処しないでいては、
敵の目に見えている日本と現実の日本とのずれと、敵の攻撃が理解できない。

80年代の日本の躍進の結果、世界は「日本化」したのに、
日本は逆にだめな80年代のアメリカ、レーガノミクスのアメリカを竹中のようなのが
学びに行って、90年代にだめなアメリカに似せた日本にしたから、急に3万人自殺者のでる
80年代のアメリカのような三流の国になったわけだよ。

日本は今後、米・中・EU・NATO・ロシア・イスラム・産油国の計画と陰謀を予測して
対策をたてないと、衰退は避けられない。

自由貿易から国家間で統制された貿易の時代になったのだから、
製品に競争力があってもだめなのだよ。
ぼんやりしていたらば、当然戦争の時代になるのだし。

米が北朝鮮の核保有を認める流れなのだから、脱日米同盟の準備もしないといけないのだよ。
企みを理解しないと、国は守れない。

まず基本は勉強だよ。数学と英語以外の力を学生に与えよう。
英語なんか、日本語から遠い言語なので、学習の成果があがりにくいから、
勉強させなくてもいいかもしれないよ。



908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 12:01:01 ID:lL6OVBYd
悪しき「開発主義」よ、再びかよ、全く
それに小泉構造改革自体、初年の2001年以外腰砕けに
なって改革と呼べるものは殆ど行われていない。(郵政民営化自体、景気回復にはほぼ関係ない。)
デフレ不況下で本気で構造改革してたのならもっと自殺者続出のはず


909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 12:37:04 ID:S9vHu0OM
結局、日本がやるべきことは規制緩和と公益法人の撲滅なんだよね。
ただし、官僚・族議員・ぶら下がり地方企業の3者の利益に反するから
改革は行われず、財政は悪化し、生産性の低い業界や企業が延命すると。

ま、国を滅ぼすのは上記の政官財の一部の癒着であって、それに
たいして選挙で意志を示すことのできない日本は終わっているわけですよ。

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 20:39:43 ID:hm3fpkUF
Caballero and Hammour の論文によると生産性の低い業界や企業の淘汰はデフレ不況下では進まず
新規参入が困難なために、寧ろゾンビ企業が生き残る。

http://papers.nber.org/papers/W4768
http://papers.nber.org/papers/W7355
http://papers.nber.org/papers/W7849
(http://web.mit.edu/caball/www/ Caballero のウェブサイト)
または竹森俊平「経済論戦は甦る」の第三章をみてくれい
構改は、デフレ鎮圧マクロの改善、景気回復してからの方がうまくいく。



911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 04:27:19 ID:CSEOrpQp
B層の人へ

今から思うと、靖国問題も郵政法案が通ったらいつの間にか音沙汰なくなってしまったな。
中国の反日路線は今に始まったことではないのに、小泉が靖国に行って、型通り中国の
スポークスマンが靖国反対と通常業務の中とも言えるそのような発言を日本の保守系メディア
も含め、どこの局も靖国問題のオンパレード。そして中韓に毅然と靖国参拝する小泉首相の
態度を持ち上げ、それに多くのB層が乗っかり支持率大幅アップ。ハッキリ言ってこれらは
電通マスコミ、自民公明の売国タッグの自作自演だった訳だな。そして郵政法案の中身などは
一切論議されることも無く、反対するものは抵抗勢力といつものワンフレーズポリティクスと、
マスコミはマスコミで反対議員は利権、族議員なのだとか根拠のない中傷に終始したことも
大いに解せないことのひとつだ。
まあ、おまいらは騙されて騙されて、騙され倒されたな。w もうここまで売国の限りを尽くしている
自民公明の与党のペテンに気づいてないバカは極少数だと思いたいが、はっきり言って日本は
死亡宣告受けてるも同然だ、ほんとにおまえら大変なことしてくれたよな。日本の先祖子孫に
顔向けできないと思うよマジな話。

最近の安倍バッシングで参院選に向け新たにまた麻生とかなんとか期待持たせる首相候補とか
担ぎ出されて、いつの間にかまた自民支持になってしまうんだろうな。同時にまたマスコミの洗脳
にまんまと嵌ってさあ。目に見えるようだよB層の行動が。

しかもどうして創価学会・統一協会という朝鮮宗教まみれのキムチ政党を一生懸命支持するのか
不思議でならない。特亜嫌いなのにそこはテレビで言わないから知識も無いし興味も無いというだけの
頭の悪さ。これこそ自民のターゲットB層様々だということだな。笑わせる。・・・といいたいところだが
もう日本は終了だから笑ってられないんだけどな。
この期に及んで自民支持とか言い出すキチガイは創価統一の工作員だから。
この2ちゃんにいっぱいいる売国工作員だ。特亜の工作員なんていないよ、チョンは自民支持の
工作員だ、今も昔も。公に存在する統一協会系保守メディアも自民マンセー、特亜の脅威を煽る
パターンだよ。そろそろ日本人として頭使って判断できるようにしろよ。



912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 09:52:28 ID:B4OLnTQA
ユダヤ陰謀説や創価陰謀説を唱える人は気疲れしないんだろうか。

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 10:10:41 ID:2r1PGQw8
>>911
民主党も同じ穴の狢、どっちを選んでも変わらないよ。
米国化・新自由主義改革の障害となる対立軸破壊の為に作られたのが民主党。
自民党の改革を更に右から煽りまくったり、改革競争を唱えてたりして、
反新自由主義改革の民意が国政に反映されない状況を作ったでしょ。
自民民主の偽装二大政党体制が続く限り打つ手がないってこと。
郵政問題はあなたの読み通りだろうけど。

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 10:16:12 ID:Z5xqLjx4
B層にとって一番やばいのはグローバリズムだろ。これやられるとB層は即死する。
だから、与党だからB層はだまされてるとかそういうんじゃなくて、
与野党関係なくグローバリズムを阻止する人たちを支持するのがB層にとって賢明な方法。
今のB層の行動はそれほどバカじゃない。

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 11:24:33 ID:0wDY+5HE
>>910

景気回復した後でリストラする経営者はいない。
結局、中途半端な景気回復は低成長を恒常化させて国を滅ぼすだけ。


916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 11:33:14 ID:QTIEX+I/
>>915
馬鹿丸出し
マクロとミクロの区別ぐらいつけろ
低成長を恒常化させるって何だよw

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 11:33:23 ID:mYOZmQ1g
http://www.youtube.com/watch?v=BLi_m656tQQ
http://www.youtube.com/watch?v=QzjKiQX9O_4
http://www.youtube.com/watch?v=CMYkxszXe9s
http://www.youtube.com/watch?v=cj3Jun2JMOU
http://cccpcamera.photo-web.cc/Hi-Ho/IROIRO/Sov_Old.mp3
http://www2.veldia.net/~jyo_ho/1/sw/sovi.swf

1.自由な人民の国、不倒な連合、大いなるロシアは、永久に存立する。
 人民の苦闘により造られた、強力な結合、私達のソビエト連邦!

 自由な祖国、諸民族団結の砦を讃えよう。
 人民の力、レーニンの党は私たちの力を共産主義の勝利へ導く!


2.暴風雨を通じて、自由の太陽は、偉大なレーニンが導いた新しい道筋に沿って私達を照らした。
 彼は正義の事業に民族を立ち上がらせ、労働や勇敢な行為に奮い立たせた。(*)
 
 自由な祖国、諸民族団結の砦を讃えよう。
 人民の力、レーニンの党は私たちの力を共産主義の勝利へ導く!


3.不滅の共産主義理念の勝利に、私達は親愛なる国土の未来を見る。
 祖国の栄光の赤旗に、我らは無私の忠誠を誓う。

 自由な祖国、諸民族団結の砦を讃えよう。
 人民の力、レーニンの党は私たちの力を共産主義の勝利へ導く!


918 :にゃ ◆SWnlHO5OgI :2007/01/16(火) 22:59:22 ID:MAzaUUnj
http://www.futuresource.com/charts/charts.jsp?s=CL1%21&o=&a=W&z=800x550&d=LOW&b=CANDLE&st=
おお・・・週の初めは原油が安い。

日銀は金利を上げてみるべきだ・・・・



919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 09:57:22 ID:BUMAUwFq
はあ?

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 19:15:50 ID:YAZPvnb0
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
●箱入りミカンに製造年月日の表示を [食べ物]
  超人気歌手・安室奈美恵さん(30)死亡   [邦楽女性ソロ]
【社会】 "夕張市職員、怒り" 手取り、生活保護以下の19万円に?…住宅ローンなど引くと残り19万円★4 [ニュース速報+]
男性差別大国日本 [男性論女性論]
★★食品添加物は本当に必要なのか?part3★★ [食べ物]


921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 19:37:57 ID:MWq8/Zx5
>>920 安室が30歳というので嘘だなw 誕生日は9月20日ということで>>920とは物凄い偶然


922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 22:27:33 ID:HEVGykDQ
すでに米イラン戦争が始まっている?
2006年1月16日  田中 宇
http://tanakanews.com/070116iran.htm

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 23:16:29 ID:sUpCvW/q
戦争になりそうでならないかもしれないんじゃなかったのか

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 23:40:20 ID:sOKxiK5f
アメリカの手口がもうばればれだから、国連の安保理は
もうアメリカに煽動されないだろう。
北朝鮮なみの拉致をやってるわけだし、もう国際的な
信用は得られないと思う。イラク戦争をまったく反省
していないのには、あきれる。

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 23:49:20 ID:c69ZCeHg
でも結局はアメリカ重役ユダヤが世界を支配している。
メディアも一般企業も国も支配してるんだから、敵は地球上には
いないんじゃないの。

すべては、出来レース

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 00:08:13 ID:Ux2W8KzS
イスラエルとシリア秘密交渉か・地元紙「和平条約の条件合意」
http://www.nikkei.co.jp/kaigai/asia/20070116D2M1600Z16.html

 イスラエルの有力紙ハーレツは16日、イスラエルが国交のないシリアと2年間に
わたり秘密交渉を重ね、和平条約を締結する際の条件で合意したと報じた。イスラ
エルがゴラン高原を全面返還するものの、同高原の大半に緩衝地帯となる公園を設
け、イスラエル人もパスポートなしで訪問できるようにする。公式な交渉ではない
が、和平に向けた指針となりそうだ。

 AP通信もイスラエル政府当局者が交渉の存在を認めたと報じた。交渉に参加し
たのは元外交官や学者らで、イスラエルのシャロン政権、オルメルト政権とも認識
していたという。イスラエルのオルメルト首相は交渉の存在を否定している。
(カイロ=森安健)


927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 12:58:48 ID:CpZKRzVF
「816」崎谷博征(さきたに・ひろゆき) SNSI研究員 の 新刊 『グズな大脳思考 デキる内臓思考』 を紹介します。
浅薄な「合理主義的思考」に代わる新しい思考法は、現実の生活にも大いに役立つ思考法です。2006.12.24
副島隆彦が文末に加筆しました。2006・12・26
http://snsi-j.jp/boyakif/wd200612.html#2401

この日本の土人の知識人階級の人間たちには、この「ネイティヴズム 対 ビヘイビアリズム」という、
ヨーロッパ近代思想の土台 ( 基礎、岩盤、インフラ、基本枠組み)が分かっていない。この基本の
土台のところの、思想用語は、今、日本全国で、合計500人も理解していない。この国は、その程度
の土人の国なのです。そのくせに、高度情報社会で、高度技術大国だとまだ、勝手に信じ込んでいる。
もうすぐ同じ東アジア土人国である、中国にも、韓国にも追い抜かれるだろう。
日本の全国の大学知識人のうちの、社会学・政治学・政治思想あるいは「哲学」などの 専攻 の大学
教授たちであっても、この Nativism (ネイティブズム、人間の知能の生来決定主義)と、Behaviorism
(ビヘイビアリズム、人間は学習で知能が増す主義 ジョン・ロック主義) の巨大な対立軸のことを
知らない。かすかにも知らない。本当だよ。彼らと話してみるとよい。だから副島隆彦の本を自ら進んで
読んで、粗(あら)っぽくでも、西欧の近代学問の枠組みを知った君たちは、日本の国内水準は、軽く
抜いたのだ。
(中略)
私の書いた主著の『世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち』(講談社プラスアルファ文庫刊、
2000年)をしっかり読んで震えるような感動を味わった者たちだけが、共有できる、日本における
世界政治思想理解の、素朴な基本段階の、初歩ではあるか、荒削りの世界水準に、何とか到達している
段階だ。
この思想勉強の作業が出来ていない者が、いくら、この学問道場に近寄ってきても、どうせ、土人
(原住民とも言う)だから、何も分からない。 分からないものは、分からない。分かったふりさえ
も出来はしない。私に、堂々と対論を申し込む人間もいない。臆病者どもの、卑屈な人間たちだ。


928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 15:55:00 ID:Wuaf9lth
さぁ、軍事オタの反論を聞こうか。 川崎汽船のタンカーと原潜の衝突について

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 21:11:07 ID:j44Kqau1
はぁ?

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 21:25:02 ID:Dqvvmrgu
>>922
アメリカがイラク相手に戦争しないというご託宣キター!

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 03:39:44 ID:pNvHB9Q+
ついに民主主義を否定しだしましたぜ。>うーたん

ここにも何度か書いたかもしれないけど、うーたんには知的エリートに対して、
圧倒的なコンプレックス、というか信仰や崇拝があるとしか思えない。
だから、アメリカが衰退していっていると、わざと落ちぶれているに違いないと思いこむし、
民主主義ではなくエリート官僚によって支配されている
中国やロシアを真面目に羨ましいと思っている。

まあそれは好き好みだからいいとして、ミャンマーはまた違うと思うよ。
占いで政策や首都移転を決めたりしている人間(軍人なのに)を
トップにおいているミャンマーの軍政が本当にミャンマー国民にプラスになっているのか、
少しは真面目に検証してから原稿書いてみるのがいいと思うよ。
(いやアウンサンスーチーが実権を握ったところでいい方向に進むとは限らないのも事実だけどさ)

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 08:39:25 ID:NjHQ6tkm
人権外交の終わり
2007年1月18日  田中 宇

http://tanakanews.com/070118UN.htm

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 08:45:03 ID:NjHQ6tkm
>>931
>932の記事によると中国やロシアの指導者は素晴らしく、
日本やアメリカと違って民衆に支持されているそうです。



934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 10:39:35 ID:ccnY3zhs
拉致問題を中韓が公の席で非難してくれているとは
驚いた。いい動きではないか。

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 15:28:54 ID:9pMSdekU
>>932
実際そうじゃん

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 18:11:05 ID:55k4bjBu
警察の捜索の入ったカルトの摂理のバックにはいつものように
KCIAとかCIAとかいるのだろうか。

・・・安倍政権になっていろいろ問題が解決している。

 マスコミ受けしない安倍だが、 実績はすばらしい。

 過去30年間でベストの首相だ。

田中宇もそうだが日本はとにかく記者がおかしいのだと思う。


937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 18:16:16 ID:9pMSdekU
統一の本家が分派を粛清してるだけだろw

938 :無党派さん:2007/01/19(金) 18:28:28 ID:YIx5fEmO
>>936

何を言ってるんだ?
寝ぼけてるのか?



939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 19:20:59 ID:55k4bjBu
教育再製会議は失敗だったけど、それは会議のメンバーがひどいからだし。
ワタミの社長を会議に入れた結果、ワタミで働くのに適した人材は作れるように教育が変わるのだ!!
せめてさあ、東芝の社長とかを教育再生会議に呼べよ。彼らが必要とする人材を作るべきだろ。

ワタミは輸入食材を使う(のと小さな小料理屋を潰すのがうまい)ので、外国からの支持があった。
ゆえに今回外国人教員・社会人を教員の2割にするというおかしな話が入ったのかも。

地味に日本の教育が、アメリカレベルに下がる改革となる。
アメリカはインド人・中国人そのほか貧しい国から来る人材があるから、教育ががらくたでも大丈夫。
移民に頼らない日本はアメリカとは違うのだから、この改革を、潰すのが国民にとっては大事。
授業時間を増やすのはいいけどね。






940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 19:21:59 ID:55k4bjBu
訂正 再製→再生 

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 19:24:28 ID:55k4bjBu
フォント

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 19:50:36 ID:/cW6izY8


http://blog.livedoor.jp/tsubakix/

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 20:02:22 ID:55k4bjBu
いいね>>942
僕は田中宇とか、朝日とかNHKを、ねらーといっしょに叩くのが好きでした。
でも間違っていました。彼らは保護すべきなのです。
保護のために「記者保護法」を作るべきです。
記者には、内外で接触した外国人のリストを政府・警察・防衛省に提出するのを義務づけ、
悪い人たちのハニートラップにひっかからないようにいろいろな制限を加えましょう。

田中宇さんもこれで中国のスパイという嫌疑が晴れて安心。


944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 22:03:26 ID:iHmp3220
>>933
> >>931
> >932の記事によると中国やロシアの指導者は素晴らしく、
> 日本やアメリカと違って民衆に支持されているそうです。

過去の政府が酷ければ酷いほど、簡単に政権の支持率って稼げそうなもんだがな。
逆に繁栄している国では国民の目が肥えているから、簡単なことでは支持率は稼げない。
まさかそんな簡単なことすらわからないようなアフォがジャーナリストを気取る、なんて
ことは無いだろうけど。

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 22:41:40 ID:EpK2OvGj
>>944  もう少し婉曲に言ってあげて!うーたんは物凄く傷つきやすいんだからww


946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 23:04:11 ID:jTBscEfi
愛されているのが事実なら
何も余所の国がお節介焼いて変えることはないだろう。

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 03:26:53 ID:jMNuPAsP
もう、目がチカチカするわw 以前みたことある文章が何回もでてくるからデジャヴみたいw

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 03:39:28 ID:yWfE0QOF
>1月12日、国連の安全保障理事会における決議で、中国とロシアが、初めて一緒に拒否権を発動した。

初めてだっけ?
ソ連はロシアと違うという認識かな?

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 03:40:04 ID:+G3EE+7q
↓このスレの皆さんクリックすると幸せが訪れますよぉ♪
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/auto/1160797303/

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 03:56:50 ID:EdC2o4Xt
>>948
そういうことでしょう。35年ぶりですから。
少なくとも漏れが物心ついてからは
中ソは同時に拒否権行使するような関係じゃなかった。

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 09:04:12 ID:LGee34C+
736 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2005/10/18(火) 23:35:53 ID:Yssbm+Bu
>>693
ネタじゃなく、これは漏れ自身の体験なんだが。 1.2年前、夜中、目が覚めて、奇妙な音に気付いた。
30分から1時間のインターバルで、地の奥底から爆発音が聞こえてくるのだ。
初め漏れは、三宅島が又火山噴火したのか?と想った。 漏れは湘南に住んでいるのだが、大島とか三宅島の噴火の時、
そんな感じだったから。 ところが、ラジオをつけてもそんなニュースはなく、一体何だろう?と、
なかなか寝付けないまま、夜を過ごした。 ずうっと、夜中中続いていたから。

明くる日のニュースにも出てなく、マスコミに問い合わせても、結局、分からなかった。
それから数日後、在日米軍が、日本全国の周辺の海底で、何か作業をやってる、というニュースが流れた。

それがそうだったのかは、無論、分からない。 ただ、報道された日時に、相模湾一帯で、断続して、
奇妙な爆発音が起きていたのは事実だ。 漏れ以外も、何人も、聞いてる。
そうして、この1.2年、これまで起こらなかった地域で、しかも地震学者が想定すらしていない日本の各地で、
地震は起きている。
漏れは、断言は、勿論しない。 ただ、あらゆる可能性は、常に考えておいた方がよいと思う。

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 09:07:00 ID:LGee34C+
ゴメン。誤爆した。

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 11:25:14 ID:IBd+xbkZ
うーたん、どうやらアメリカは多極主義を捨てるようですよ。

温暖化対策強化へ、米政権が方針転換
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070120it01.htm?from=top

ちなみにうーたんが2005年に書いたコラムの見出しは
『▼温暖化対策を拒否して世界を多極化する』
でした。
http://tanakanews.com/f0906multipolar.htm


954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 12:40:54 ID:yLjjfMEk
>>946
今回のコラムのおもしろいところは、結論ではなくて論理展開。
支持率という相対的な指標の絶対値を比較して政権の優劣を議論しているところは中学生の作文なみ。

読者をだますつもりで書くにしても、もう少しもっともらしい論理展開を考えられないものだろうか。

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 20:20:24 ID:NsQScZkY
>>953
何でもかんでも多極化に結び付けるんだなこの人

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 21:34:30 ID:vwA1Kjin
http://www.asahi.com/business/update/0121/004.html
中国、外貨準備の運用を多様化 金融工作会議で方針

じりじり進むドル安・・・となるのかも。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070120ib02.htm
米シティ・グループ、日本の消費者金融事業縮小で減益

日本の低金利と、日本人に高利で貸す米資本(やくざとぐるのアメリカン)

中国はちょっと強くなり、米はちょっと弱くなる。多極化しているじゃん。


957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 22:02:07 ID:poXdCgOk
多極化なんてのは歴史の必然
逆らうより乗ったほうがいい


958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 23:28:28 ID:vwA1Kjin
NHKスペシャルで、グーグルで検索しても名前がでなくなった企業の話をやっていた。

そこでグーグルで田中宇が表示されなくなる日もくるのかもなあと思った。
今田中宇で検索しても愉快なだけだけどね。

関連検索:
田中宇 陰謀 田中 宇 国際 2006 イラン 田中宇 IAEA 田中宇 2ch 田中宇 ニュース
田中 宇 売国 田中宇 ゴールド 田中宇 ジャーナリスト 田中宇 電波 田中宇 うーたん

と表示されたのには笑った。

「グーグルは順位を自由に決める権利がある。」
「キンダースタート社のホームページはグーグルにとって価値がないと考えている」
と裁判で述べるグーグル・・・天安門事件のことで中国に譲歩したグーグル

それでも広告収入1兆円♪

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 00:23:26 ID:7i2zGTIJ
なんか新作は今ひとつだな。

ミャンマーとイラク・イランの問題はまったく別の話で一緒してはいかんね。
また中国やロシアは自分達に都合が悪いから反対しているだけで、内政不干
渉の原則に則って反対しているわけじゃない。彼らは周辺の国にはパイプラ
インを止めたり勝手に油田を掘ったりガンガン干渉している。

あとミャンマーをASEANに入れたのはマレーシアとかの「建設的関与」策で、
中国は関係ない(中国はASEANのメンバーではない)。しかも民主化が進むこ
とを期待してASEANに入れたのに、全然進展がみられずアメリカの禁輸措置も
喰らって経済も資源輸出以外は停滞しているのが実情だし。

ASEANやGCCのような経済ブロックの政治力は今後増すだろうが、東アジアで
同じことができると考えるのは、ドイツや日本を民主化できたからイラクも
できると考えたブッシュと同じレベルの発想だといわざるをえないね。

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 00:43:10 ID:d6PFDpR1
・パイプラインや油田掘削は他国の「内政」ではない
・アメリカがミャンマーを敵視しはじめたのはASEAN加盟のずっと後だ
・日本は別に中国に民主化を求めていない(求めるべきではない)

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 03:14:08 ID:+MzraP4B
>>932
ただまぁ、中国の台頭は世界の人権状況的にどーだろう ? ってのはあるよな。
東西冷戦はソ連が経済破綻して終わったが、今の米中見てると米の方が財政赤字
と貿易赤字で破綻しそうだw

残念ながら、基本的人権が保証されている国って現実には少数派だから、今のまま
中国が経済発展続けてしまうと、途上国の民主化が止まってしまう。そのことは
憂慮しなくていいのかな。個人的には不気味な世界になっていきそうで嫌だ。
宇ーたんは、多極化主義者で民主主義とかどーでもいいと思っていそうだが。

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 17:45:20 ID:vyyHQz6n
次スレのテンプレにこれ貼って

 イラクの泥沼化、911事件の奇妙さ、中国の台頭、世界の多極化など、私は指
摘を早く発しすぎるので、信じてもらえないことが多い。自分を世の中に売り込み
たい評論家は、多くの読者の頭が追いつける範囲内の、半歩先のことしか言わない。
2歩も3歩も先のことを言っても、誰も信じてはくれないのだが、私は自分が書き
たいことを書く方がすっきりするので、道楽的、隠者的に、読者や世の中に合わせ
ずにやっている。
                                ――田中宇

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 21:31:20 ID:bIBudrb5
古代ギリシャの昔から、民主主義が機能しないことはわかっているのだから、
民主主義に期待するというのは、教養がないということなのだが。

それにしても今TVタックルが教育委員会をなくせといっている。
民主党議員が、米では教育委員会に権力を集中させているといっていることから、
教育委員会は日本にとってプラスなのだと予想する。

日本を滅ぼすためにがんばる民主党議員の発言から、今日も民主党を滅ぼすのが
日本に必要だと再確認。
アメリカの教育は、教員の質が日本に劣ると、クリントン大統領任期中に夫人がレポートをだしたのを思い出す。
 ヒラリーが大統領になれば、日本の教員の質を破壊する要求をしてくるのが予想できる。
大統領候補になった段階で、ある程度の権限が与えられる傾向から、ひょっとすると、
ヒラリーから指令を、米の駐日大使は極秘に受けることもあるだろう(記者がそれで動く)。

(アメリカも国際共産主義も日本の教育と日本人を滅ぼそうとする時代になった。大変だね。)



964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 21:47:17 ID:bIBudrb5
245時間が175時間に授業が減るというのは、
70%の教育になったということで、6+3+3年で12年が、12×0.7=8.4年レベルへの低下。

昔の学習量だと、他国に対して2学年分多く勉強していたので、当然世界最高の学力。
それが低賃金で働いていたのだから当然にして経済成長したのだよ。
だめな社員でも、他国にいればトップレベル。

小学校の英語教育は、翻訳ソフトの使い方を教えればいいと思うよ。
ワタミの社長は、私学を運営している・・・(タックルに教わることもある。)

国家が決意すれば、優秀な人間が量産できるのだ。

うーたんみたいなすばらしい人がいっぱいるゆかいな世界を作るのだ。


965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 11:17:31 ID:al8lGLgO
北朝鮮問題の解決が近い
2007年1月23日  田中 宇

http://tanakanews.com/070123korea.htm

▼後回しにされた日本
 1月9日の山崎拓の訪朝自体、米朝関係が好転しそうだという情報を受けて
挙行された可能性がある。山拓の訪朝は、小泉前首相の訪朝の前座として行わ
れている。首相時代に2回も訪朝した小泉は「拉致問題を解決して日朝国交を
正常化した人」として、歴史に名を残したいと考えている。拉致問題が解決さ
れる前に、先に核問題が解決して米朝関係が好転してしまうと、アメリカに追
随する日本も、日朝関係を好転せざるを得ない。05年9月の6カ国協議で発
表した北京宣言にも、核問題が解決したら、米朝関係と同時に日朝関係を好転
させることが明記されている。

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 11:28:37 ID:al8lGLgO
うーたんは日本を孤立させたがっているようだけど
残念ながらそれは不可能。
大体、対米従属一辺倒で世界2位の経済力は保てない。

うーたんは日本から外に出て見直すべきだろうね。
もっとも中国やアメリカじゃあ意味が無いけど。

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 14:01:44 ID:ZC4g9tO4
自然法・自然権・人権・人定法の対立と関係の説明をします。
世界では常識らしいです。

(1)伝統保守派(保守本流)。これはバーキアンBurkean(エドマンド・バーク主義者)=「自然法」派である。
彼らは「人間社会には、社会を成り立たせている自然の決まり、掟(natural law)がある」と考える。この伝統保守派の代表は、
長年『ナショナル・レビュー』という政治評論誌の編集長を務めているウィリアム・バックレーという老大家の評論家である。
彼こそは”アメリカ保守の守護神”と呼ばれて、歴代共和党大統領から尊敬されている人物である。
日本でいえば小林秀雄や福田存にあたる。その後継者はABCのコメンテイターのジョージ・ウィルである。

 アメリカの正当保守派はほかに、レオ・シュトラウス(シカゴ派哲学の大御所)や、フリードリヒ・ハイエクのような
日本でも知られた古典保守思想家も含まれるが、同じ保守思想でも、アメリカ土着の保守であるラッセル・カークらの
フィジオクラット(重農派)や後述するリバータリアン保守派とは区別される。
このウィリアム・バックレー派の知識人の大部分は共和党の本流として保守勢力の中心を支えている人々である。
 バーキアンの標語は人類の歴史をとうとうと貫く普遍の真理を暗示する永遠の相の下に”という言葉である。
だから彼らは本来あまり泥臭い現実政治には関わりたくないと思っている。
続きはここから
http://jcpw.site.ne.jp/bbs/bbs23.cgi?id=&md=set&tn=1809#1839


968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 14:24:54 ID:UXdKUWgK
>>967

> このウィリアム・バックレー派の知識人の大部分は共和党の本流として保守勢力の中心を支えている人々である。

> だから彼らは本来あまり泥臭い現実政治には関わりたくないと思っている。

「本来」という但し書きはあるものの、思いっきり矛盾してるな。

泥臭い現実政治には関わりたくない人たちが共和党の本流として保守勢力の中心を支えている
という理由の解説がないと説明になってないだろ?


969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 15:02:06 ID:f5wlQrjs
そろそろ次スレどうする?
【世界は多極化】田中宇part12【宇は孤立化】

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 21:29:16 ID:U+05KppT
なんか「アジアのことは中国に任せる」と書いてある割には、「アメリカ大活躍だな」という印象しか受けなかった。
読解力が足りないのだろうか。

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 22:54:45 ID:2BnM9rMR
要するに日本社会は他国の主観・都合を最優先して動き続ければそれで良いと言いたいだけの人だから、
書いている事が微妙に辻褄が合わなくなってしまうこともあるんでしょう。


972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 23:24:51 ID:PwrOows1
>>962
うーん、いよいよノストラダムスじみてきましたなあ。
色々書いとけば、いつかはどれか当たるだろうってか?

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 00:18:23 ID:B2OZ3Z/R
・金融制裁の一部緩和
・CVIDじゃない(甘い)核廃棄
・米朝国交正常化

おまいらは全部なしと言えるか?


974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 02:39:03 ID:WqVtnyL1
2、3月と時期まで明記して予想をするのは久しぶりなんじゃないか?
いつもの通りなら予想が外れて北朝鮮問題の進展はないことになるね。

かなり円安だけど、ドル買っとくか迷うな...

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 14:30:45 ID:b20t5OJ8
>>972
外れたように見えたら読み方が悪い、と言い出したら・・・
>>973
期限を区切らなきゃ何とも言えないし何とも言える。
百年後も両国が存在していたら制裁もなくなってるし国交できてるだろうよ。

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 17:10:37 ID:m49om9Fs
予測に関して期限を区切るってのは
本当に重要な要素だしなぁ

今回、時期を明示したのは評論家の姿勢として好感が持てるな

ただ、この予測って当たっては欲しくないね
国民何万人も餓死させて、自身は喜び組だコニャックだって独裁者が
体制維持し続けるのってはロクなもんじゃないだろう

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 18:03:37 ID:7jLHOuIC
ブッシュだって貧乏人が砂漠で犬死にしてるのに
愛犬つれてマウンテンバイクだぞ

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 19:03:46 ID:XVW8SpOD
田中宇の記事はレベルがどんどん低下してるね。
昔の記事の方が取り上げるテーマと距離感が保てているよ。
気のせいか文章力まで徐々に落ちている。


979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 23:32:34 ID:xwi7gmng
http://www.asahi.com/international/update/0124/018.html
三菱・東芝など重電10社に制裁金1200億円 EU
2007年01月24日22時30分
 欧州連合(EU)の欧州委員会は24日、
変電所設備の納入を巡る国際カルテルで三菱電機、東芝など
日本の5社を含む日欧の重電企業10社に
総額7億5071万2500ユーロ(約1200億円)の制裁金を科すと発表した。
単独のカルテルに対する制裁金としてはEUで過去最高という。


日本政府は、報復で制裁する仕組みを整えよう。
そのためには防衛力とかの基礎の力を整えることだ。
キリスト教徒がわかるのは、武器の力だけだ。
ふざけた態度には、報復するのが、キリスト教徒となかよくする秘訣だ。


ところで・・・スレタイ候補がもっとないといかんよ。


980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 01:07:23 ID:o0gLVvmI
NATO本部で首相が中国への武器輸出に反対したので、
経済的被害を実際に受けたフランス人が
「罰を与えよ」と主張したのか・・・とも思った。

世界を動かすのは多極化と陰謀・・・そして戦争への布石・・


981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 07:20:06 ID:3zjt93s1
「北朝鮮問題の解決が近い」という題名を見て久しぶりにメールを読んだけど,
北朝鮮問題ではなく核問題の事ね.拉致問題は北朝鮮問題ではないのね>うーたん.
苟も田中姓を名乗る人間の言うことではないな.

つうか,前から疑問だったのだけど,この人は日本人なの?

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 10:52:49 ID:ZH4g/xGD
>>981
うーたんは共同通信に勤めていたし、
在日朝鮮人をテーマにした本も出版している。

↓その本の書評ね
ttp://tanakanews.com/i11.htm

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 10:54:01 ID:xM3/A3k7
うーたん、ダカーポでのコラムが始まったね、共同通信の先輩の魚住のコラムが終わったので次は誰かなと思ってたらうーたんだった、アルジャジーラの英語放送を取り上げて、メディア界も多極化だってさ。

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 11:37:02 ID:XrN0PYAC
>>978 なんかこのスレのレベル低下とマッチしているような気もする。

そういや次のスレタイどうするか決まってないよね?

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 16:00:31 ID:y9GqATLP
日本には人権という概念しか広まっていないけどちゃんと欧米にはそれとは違う概念がちゃんとあります。
日本にも否定する人はいますけどちゃんとしたそれに対抗して独立した思想にはなっていませんよね。
なので、

1. 自然法 ( natural law ナチュラル・ラー ) 
2. 自然権 ( natural rights ナチュラル・ライツ) 
3. 人権  ( human rights ヒューマン・ライツ )
4. 人定法 ( positive law ポズィティブ・ラー) 
の関係と対立をアメリカ思想を分析した副島隆彦の本で知ってください。

この四つが分らなければ、欧米の思想界では高校生並みにさえ扱ってもらえないらしいです。
欧米人の本気の議論の輪の中に入る前に知らなくてはいけない最低限の常識です。
人権しか知らない前近代人どもよ滅びよ。

詳しくはここから
http://jcpw.site.ne.jp/bbs/bbs23.cgi?id=&md=set&tn=1809#1839


986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 17:07:49 ID:bchmVbrQ
対北強硬派の次官が辞表=米の譲歩に反発?−ロイター通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070125-00000057-jij-int

 【ワシントン24日時事】ロイター通信は24日、対北朝鮮・イラン強硬派で知られ
るジョゼフ米国務次官(軍備管理・国際安全保障担当)が辞表を提出し、2月に退任
する見通しだと報じた。同次官は北朝鮮への不信感から、同国と「真剣な協定」を
結ぶことに懐疑的な立場を取ってきた。

 北朝鮮の核問題解決を目指す6カ国協議の再開見通しが強まり、核問題で何らかの
合意が成立するとの期待が高まっている。ロイター通信は、ジョゼフ次官ら強硬派は
北朝鮮への譲歩に反対してきたことから、同次官の辞任という決断が、米国の譲歩に
よる合意の可能性と関係があるかもしれないとの見方にも触れている。

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 19:50:22 ID:o0gLVvmI
スレタイは>>969でいいですね。

◇田中宇 一九六一年東京都生まれ。繊維メーカーを経て共同通信勤務。
ってのは、しらんかった。

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 21:17:08 ID:u2Lnjk+N
>>985
> この四つが分らなければ、欧米の思想界では高校生並みにさえ扱ってもらえないらしいです。

このスレでは、副島の言うことを鵜呑みにしているようでは中学生並にすら扱われないわけだが。
何だよ『らしいです』って。そういうことは自分でヨーロッパ人と議論して確認してから書き込め。

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 21:45:29 ID:o0gLVvmI
俺は鵜呑みって言葉を、使わなくなった。なぜだろう。
古典をある程度読み終わると、見通しがつくというか、昔の人もよくわかってないで、
いろいろ発言して後世の人々を混乱させているとかそういうのがわかったからかな。

20代のうちに、欧州の古典、中国の古典とか、手に入るものを読んでおくといいよ。
世界を理解する人が増えるためには必要だよ。
 


990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 22:42:00 ID:o0gLVvmI
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1169723331/l50
【文化】 "歴史を改竄する悪とバトル" 17代目の仮面ライダー「電王」、乗り物はなんと「電車」★2

敵は未来から来た形のない「イマジン」で、
過去にさかのぼり、歴史を改竄(かいざん)しようとする。

(俺は仮面ライダーは、左翼の学生になったらいかんという洗脳番組だったと思うこともあるが、
 今回のこれは、なんだろう。米大使館?テレ朝だから韓国?白人?
  歴史を日本が改ざんしようとしているという主張はニューヨークタイムスとかもしていた。
  彼らはプロパガンダと歴史の区別のつかない国に住んでいるから狂っているのもあたりまえだがね。)
  とりあえず、巨大な陰謀だ。悪魔が動いている。

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 22:58:51 ID:o0gLVvmI
22 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2007/01/25(木) 21:59:32 ID:AkTzUwHX
ドイツ買いの現場では  2月14日(水) 後9:10〜10:00 BS
ドイツの高い技術レベルを入手しようと中国の大企業がルール工業地帯にある最新鋭のコークス工場を買収した。
中国側の目的は、工場を解体して、この工場の設計図を手に入れること。
この設計図で中国各地に最新鋭のコークス工場を作り、ドイツその他の先進国にコークスを輸出するのがねらいだ。
この番組は、中国企業に買収されたドイツのコークス工場が中国人労働者によって解体され、
上海に移設される様子を1年にわたり撮影。コークスとは、石炭 を蒸し焼き (乾留 )したもの。

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 22:59:23 ID:o0gLVvmI
解体が進むにつれ、双方の技術者の間で、様々な軋轢が生じる。
そのコミュニケーションギャップを描く中で、ドイツ人と中国人の考え方は相容れないことが浮き彫りになる。
ドイツ人技術者は解体を安全に実施することを優先するが、「安全」の基準が中国人技術者とは全く異なる。
ドイツ人から見ればずさんきわまりない危険な現場感覚で通訳を通じて議論が日々行われ、あるとき、
解体作業は中断する。ドイツ側の強い意志を見て中国側はようやく安全確認を行うようになる。
中国各地からの労働者たちは、低賃金労働者だが多くの人たちが「これで家族を養える。
これで子どもが学校に通える」と語り、早朝から夜遅くまでの作業を黙々とこなした。
高い足場から中国人労働者が転落し、重傷を負うが、中国企業は、「安全確認を行わなかった労働者の責任」と
補償額を減らすとほのめかす。
ドイツ人技術者は「彼らは蟻のようにわいてきた」と中国人の集団主義と勤勉ぶりを揶揄するが、
1年で最新鋭の巨大工場は見事に解体された。このグローバリズムの市場原理の中で、
ドイツの魂とも言える高水準の技術を中国に渡し、勝者は明らかに中国人となっている。
〜Winners and Losers〜(原題)
制作:ドイツ/2006年

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 23:38:22 ID:bchmVbrQ
日中次官協議、「戦略対話」に格上げで合意
http://www.asahi.com/politics/update/0125/013.html

 外務省の谷内正太郎事務次官と戴秉国(タイ・ピンクオ)・中国外務次官による
日中総合政策対話が25日、北京市内で始まり、7回目になる同協議を「戦略対話」
に格上げすることに合意した。中国側の要請に日本が応えた。双方は、李肇星(リ
ー・チャオシン)外相や温家宝(ウェン・チアパオ)首相の訪日を通じて両国関係
を強化していく方針を確認。安倍首相の昨年に続く訪中も検討される。

 日本はこれまで、中国に対して政治体制の違いなどを理由に「戦略」との文言を
避けてきたが、昨年10月の日中首脳会談で初めて「戦略的互恵関係の構築」と明
文化され、官僚レベルでもより積極的に成果を求めていくことになった。


442 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)