5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

超管理社会の到来/見えない洗脳

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 06:45:33 ID:gMzIZ5pe
以下は、ヒトラーが語った言葉(予言)である。

『1999年以後』(祥伝社)から抜粋


「…“2つの極”はますます進む。
1989年以後、人間はごく少数の新しいタイプの支配者たちと、
非常に多数の、新しいタイプの被支配者とに、ますます分かれていく。
一方は、全てを操り、従える者。他方は、知らずしらずのうちに、全てを操られ、
従わされる者たち。

しかも進むのはそれだけじゃない。
人間がそうなるにしたがって、地球にも宇宙にも大変動が起こるのだ。
1989年以後、人類には宇宙から、かつてないカタストロフィ(大破局)が近づくのだ。
若いころ私は、『わが闘争』に、いずれ人間が大自然から復讐されると書いた。
それが1989年以後の状態だ。
人間が思い上がって宇宙の自然を犯すため、宇宙が人類に復讐の災厄を下すのだ。
そしてそれが人類を、想像を絶する究極の状態にみちびいていく。
私が生まれてから150年後、21世紀に来る究極に。
私自身もそれを霊感ではっきりと見てさえ、信じられないような究極に。」



2 ::2006/01/06(金) 06:46:51 ID:gMzIZ5pe
「しかし諸君、
さらに重大なのは、私がいま、これを話している100年後のことだ。
それを告げるためにこそ、私は今日を選んで諸君を招いたのだ。
今日から100年後といえば、すなわち2039年1月25日だ。
諸君にはわからないだろうが、そのとき人類には真の究極の状況が起こっている。
そのとき人類は──少なくとも、いま言っているような意味での人類は、2039年1月、地球からいなくなっているのだ。」

「それは諸君、
何かの異変か大戦か災害のために、2039年、人類が残らず滅びるという意味ではない。
たしかに、それまでに多くの大難が続けて起こる。
1989年から1999年まで、世界は続けざまの天変地異と戦乱の中にあるだろう。
そのため一部の恵まれた国を除き、多くの国が飢える。いくつかの国は崩れて燃える。
毒気で息絶える街もある。
2000年以後は、それが一層ひどくなる。
2014年にはヨーロッパの3分の1とアメリカの3分の1が荒廃してしまう。
アフリカと中東も完全に荒廃する。結局、いまの文明は砂漠しか残さない。
しかし人類はそれでも滅びない。わがドイツの一部と米ソの中心部、日本や中国は深い傷を負いながらも生き残る。
ただ諸君、それでも人類はいなくなるのだ。いまの意味での人類は、そのときもういない。
なぜなら、人類は2039年1月、人類以外のものに“進化”するか、そうでなければ“退化”してしまっているからだ。」



3 ::2006/01/06(金) 06:52:03 ID:gMzIZ5pe
それをもっとはっきり言えば、人類の一部はそのとき、
人類から、より高度なものに進化して、神に近い生物になっている。
人類から神のほうへ進化するのだから、それは『神人(ゴッドメンシュ)』と呼んでかまわない。

残りの大部分は、これも進化なのか退化というべきかわからないが、
一種の機械になっている。ただ操られて働いたり楽しんだりするだけの、
完全に受動的な、機械的な反応しか示さない『ロボット人間』になっているのだ。
それまでの気候異変と環境異変、政治と娯楽と食物、それから起こる突然変異が、
そのようなロボットのような人間を大量に生み出す。

神人のほうも同様で、同じ原因から生まれてくる。
ただ突然変異が大脳にプラスに働いて、進化の方向がロボット人間と別方向になるだけだ。
その前段階の『超人(ユーベルメンシュ)』たちも、より進化して神人になる場合がある。
いずれにせよ、彼らはいまの人間の数次元上の知能と力を持つ。
彼らは団結して地球を支配する。
それまでのあらゆる危機や問題は、彼ら神人たちの知能と力で急速に解決されていく。」



4 ::2006/01/06(金) 06:52:56 ID:gMzIZ5pe
ただロボット人間たちは、与えられ、操られていることを意識できないようになる。
自分たちの意識では、何もかも自分で選択して勝手に生きているのだと思う。
しかし、じつは神人たちがすべてを見通して、管理工場の『家畜』のように彼らを育て飼うことになるのだ。

こうして人類は、完全に2つに分かれる。
天と地のように、2つに分かれた進化の方向を、それぞれ進みはじめる。
一方は限りなく神に近いものへ、他方は限りなく機械的生物に近いものへ。
これが2039年の人類だ。その先もずっと人類はこの状態を続ける。

そしておそらく2089年から2999年にかけて、
完全な神々と完全な機械的生物だけの世界が出来上がる。
地上には機械的生物の群れが住み、神々がそれを宇宙から支配するようになるのだ。」


5 ::2006/01/06(金) 06:55:28 ID:gMzIZ5pe
これって・・・・

今に日本にも当てはまるんだけど・・・

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 07:06:49 ID:gMzIZ5pe
「今に」じゃなくて「今の」

7 :D:2006/01/06(金) 07:20:10 ID:6ET8/Itg
民主主義体制なんてのは、被支配層に自分が支配されているという現実を自覚させない支配方法に過ぎないからな。
支配されてる事が気にならなければ、反乱の矛先が支配層に向く危険は小さい。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 08:16:53 ID:gMzIZ5pe
そうなんですよね。
あと、我々は武器を奪われている。

人間はみんな平等だ、とか、戦争は絶対悪だ
そうやって教え込まれる。

だがこれは理屈でしかないもので、
結局支配層のほうは、好き勝手に暴力使うし、
平等?・・・は?みたいなかんじでしょ。

きれい事ばかり教えられるから、
民主主義だって 、悪いと思っても変えることはまずできない。
表向きは正しいから

これは人間の道徳的な部分につけこんだ支配といえる

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 15:05:22 ID:JVHR6H83
ヒトラーは天才だな。
数十年前からこんな的確な予知をしてたなんて信じられん。


人間技じゃない

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 15:40:22 ID:Bk3qQ/DZ
出典キボンヌ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 16:21:24 ID:LXXgzbZ5
読んでてなんかゾクゾクとしちゃったよ
その操る側の人間はユダヤ人ということなのかな、ヒトラーの認識だと

12 :12:2006/01/06(金) 17:24:47 ID:DSn8H5WK
「…(20世紀末は)たとえ表面はデモクラシーや社会主義の世であろうとも、
実質はナチズムが支配していよう。デモクラシーの国も社会主義の国も、
われわれナチスの兵器を競って使い、殺し合い、社会は私の望むとおり、
強く支配する者と支配される多数者に分かれていよう。それは天変地異の期間でも
ある。人類は大自然から手ひどく復讐される。気候も2つに分かれ、激しい熱と
激しい冷気、火と氷、大洪水と大旱魃が代わる代わる地球を襲うだろう。」

「レニ、こんな時期にこんな所へよく来てくれた。でも、
きみはここを去って、二度と戻っては来ないよ。そして、それでいい。
きみは長生きして名声を得るだろう。また、死ぬまで映像の美とともに
あるだろう。将来の……今世紀末から来世紀はじめの文明国では、
きみのように結婚もせず、子どもも生まず、一生、男以上の働きをする
女性が増えるよ。しかし、それは当然、女性の見かけの地位の向上とともに、
その民族の衰亡──ひいては人類の破滅につながるワナなんだけどね。」

「未来の社会はどんな様相を見せるだろうか。同志諸君、申し上げよう。
まず闘争によって選りぬかれた貴族階級が現われる。新しい中産階級、
無知な大衆、新しい奴隷、仕えるものの集団、『永遠の未成年者集団』
があろう。そしてこれらすべての上に、さらに新しい貴族がある。
特別の指導的人物である。このように、支配をめぐる闘争によって、
国の内外に新しい身分が成立する。しかも東方が巨大な実験の場になる……
そこに新しいヨーロッパの社会秩序が生まれるのだ」

13 :12:2006/01/06(金) 17:35:49 ID:DSn8H5WK
「よろしい、では解説してやろうハンス。私が言った未来に現われる
『永遠の未成年者集団』というのは、もちろん、死ぬまで大人になりきれない
人間たち、ということだ。そんなことは、厳しい正常な社会ではありえない。
だからそうなる背景には、甘やかされた異常な社会が当然ある。その中で、
同じように大人になりきれない親に、愛玩動物のように育てられるため、
子どもも成人しても真の大人になれないのだ。

しかもハンス、それは人間の発育状況だけじゃないのだ。人類と社会の
あらゆることが、未来には、そのように両極端に分かれてしまうのだ。
たとえばカネだ。一方には腐るほど大量のカネを持ち、広く高価な土地を持ち、
労せずして限りなく肥っていく階級が現われる。貴族とか新しい中産階級とか
言ったのはその意味だ。だが少数の彼らが現われる一方、他方の極には、
何をどうやっても絶対に浮かび上がれない連中も現われるのだ。
それはカネだけの問題でもない。より正確にいえば、精神の問題だ。
限りなく心が豊かになっていく精神の貴族、精神の新しい中産階級が現われる半面、
支配者が笑えと言えば笑い、戦えといえば戦う『無知の大衆』『新しい奴隷』
も増えていくのだ。」

「人間だけではない。国もそうだ。恐ろしく豊かな、労せずして肥っていく国が
現われる。他方、何百年かかっても絶対に払いきれないほどの借金をかかえ、
水一杯すら容易に飲めない国も現われる。気候もそうだ。とほうもない旱魃や
熱波におそわれる国と、寒波や洪水におそわれる国が出る。
災害におそわれつづける地域と、楽園のような地域、人っ子一人いなくなる荒地と、
無数の人間が鼻をくっつけ合って生きる都会とが分かれる。

愛もそうだ。特定の男女にだけ、愛と肉体の快楽が集中する。一方、
一生に一度の真の愛も快楽も得られない男女も増える。
要するに、土地や金や支配力を得る者は、ますますそれを得、支配される者は
ますます支配されるだけになる。そうだハンス、それが未来なのだ。
私の見た未来だ。未来はそうなるのだ……

14 :空母「キティホーク」の後継に原子力空母配備が持ち上がっており:2006/01/06(金) 17:50:01 ID:+lFLKHSg
米兵・横須賀女性惨殺事件から逃げ回り、アジア叩きにすり替えるマスコミ。
http://www.asahi.com/national/update/0105/TKY200601050165.html
在日米海軍/空母キティホーク所属の乗組員が日本女性を正月に殺害/内臓破裂
http://web.digitalway.ne.jp/users/walumono/ronbun20043zenei.htm
http://zenkyoto68.tripod.com/kyoikucyokugo01.htm
教育勅語(原文) 
おれ、近頃つくづく思うんだけどよ、おれの先祖ってすげー偉いんだぞ。
おれ様一家はおまいら奴隷国民共をいつまでもいつまでも支配できるようなチョーシステムを構築したんだ。
そんでもって、おれの先祖さまはおまいら奴隷国民共を
生かさぬように殺さぬように特に甘やかさないように上手くうまく支配してカモってきたわけだわな。
犬も魂消(たまげ)るようなおまいら奴隷国民の忠誠心はおれにとってメッチャ都合がいいんだよね。
だからこれからもおれ様一家のために朝早くから布団と職場の間を往復してだな一生汗水垂らして働くんだぞ。
おまいらは放し飼いにしておくとロクなことをしないから、ま、オヤジとオフクロの言うことは何を言われても良く聞いて、
つまらん夫婦ゲンカなんてするんじゃねぇぞ。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 18:49:08 ID:HMgbb/qD
猿の惑星はヒトラーの予言を元に作られたはず。

16 :1:2006/01/06(金) 23:50:25 ID:gMzIZ5pe
>>10

http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html

17 :D:2006/01/07(土) 01:33:28 ID:KKIugqq0
五島勉…だけか?
それは非常にマズイな

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 01:58:19 ID:q6Zh+Mq7
他にも、とほうもない未来予知がいくつか語られたらしい。
が、なにしろ整理された資料などない。
やっと探し出した資料も、それ以前の資料と重複していたりして、
とてもヒトラー「究極予言」の完全版はお目にかけられそうもない。

ただ重大な核心の一部だけは、
ヨアヒム・フェスト著『ヒトラー』(河出書房)
にかろうじて見ることができる。
そのほか、カリック編の『ヒトラーは語る』(中央公論社)、
ポーウェル&ベルジェの『魔術師の夜明け』(サイマル出版会)、
サスターの『黒魔術師ヒトラー』(徳間書店)……
などのわずかな部分。

さらに予言研究の雑誌の編集者とか、
ナチス史にくわしい古い研究者たちに当たった私(五島)のいくらかの取材などがある。

「今の文明は砂漠しか残さない。文明の砂漠だ!」という恐ろしい叫びは、
ヒトラーが騎士団以外の側近たちにわめいた言葉だったと、
ラウシュニングが書いている。

「将来、人類(の少なくとも一部)はロボットになる」──この不気味な予言も、
ヒトラーまたはゲッベルスが若いころすでに言っていたと、
ジョン・トーランドの本に出ている。

そういう重複や混乱がいくつもある。
だが、そんな欠点があっても、
それでもヒトラーが予知していた究極の人類像、
2039年(とそれ以後)の未来図が、かなり浮かび上がってきたのではないかと思う。


と以上のように申しておりますが、五島て信用できないの?


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 02:21:25 ID:J2vSKIF0
ヒトラーは純粋な予言者ではない。
ヒトラーは大きな組織の陰謀者達の仲間であった。
予言が的中することをあらかじめ知っていた。
ヒトラーは、全て命令に従っただけである。
ユダヤ人が後に被害者となり、
最大の同情をされるべく勤めただけだ。
その後は組織の手下マスコミや著名人達などが世界の人々に、
ヒトラーは「差別主義者、非道、ユダヤ人は被害者」だったと延々と訴えるのである。
歴史を歪曲、捏造するのはお手の物だ。

一部のサイコパスのようなユダヤ人は今大手を振って弱者を演じ、
権力を手に入れ、人々を裁き、人間を雑魚のように扱い、悪魔を崇拝し、
世界をコントロールできる体制へと持っていき、
世界の人々を奴隷にする気である。
その為にはエイズや鳥インフルエンザなどの様々なウイルスを作り、
または戦争を定期的に起こしてコントロールしやすい人口まで削減する。

ヒトラーのいう世界は間もなく間違いなく来る。



20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 02:25:01 ID:q6Zh+Mq7
朝鮮人もそうだな
ユダヤ人のまねごとのように被害者面してやりたい放題している。

ただこっちは幾分稚拙に過ぎるが

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 03:00:17 ID:7HO+bqE0
何ちゅう的確な予言だよ…
悪魔でも取り憑いてんのか?ヒトラーは。ガクブル物だな

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 03:08:11 ID:2BaP9LxC

朝日新聞とNHKがまたもや政治工作をやって

民主主義をゆがめ 国家社会主義に日本をしようとしている

朝日新聞のこのような目的に対し  自民党で新たに選ばれたのが

山崎拓 副総裁である

前は加藤元幹事長だったが

朝日新聞は 山崎拓 副総裁を使って 自民党を食い物にして

社民党の目指している 国家社会主義に日本を陥れようとしている

この 日本の敵  民主主義の敵

 朝日新聞  NHKを  問答無用で たたき殺す必要がある






23 :10:2006/01/07(土) 10:42:25 ID:0eoLrypm
>>16
ありがとう
(・ω・)ノ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 14:44:56 ID:9/XtzLr3
日本人なんか
特に格好の管理対象だな。
変なまとまり感があるし。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 15:11:30 ID:7HO+bqE0
>>24
だから今実験中なんじゃないか?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 16:23:08 ID:9qqaJFAG
最近、細木を始めとしたアホくさい論調の奴らが多いシナ
団塊辺りは特にカモ
団塊二世を乗せられ結婚に追い込み、国中のリスクを負ってくれる計算
所得面での差異が縮まってるのに法令や社会サービスは♀優位なのばかりだしな
奴隷化する団塊二世♂はあとどれだけ出てくるかのう

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 17:35:27 ID:qTwwNeiz
あれ、逆でしょ。細木数子はアンチ丸出しというか、絶対意識して歯止めを掛けようとしてるし、
日本人のまとまりをなくす方が彼らの意図に合ってる。
彼らの敵は国家主義者ですよ。だから、国家主義者のヒトラーは悪者なわけ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 02:33:23 ID:xvCu0Dkz
だからなんなんだよ。
ユダヤや、そのバックにいる闇によって支配された世界?上等じゃねえか…

ファッキン ライト!!!

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 03:25:14 ID:F48L52PG
日本人はもうとっくに奴隷化が完了してる。
日本人は気付けないようになってるけど。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 03:37:15 ID:IshMKXgS
おまえら管理されてる事実をどう捉えているのか
意見しろ

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 05:01:45 ID:nJblA/nZ
奴隷になってるかのように見せかけておいて実は日本こそが世界の支配層だからそんなに心配してないな。
マヌケな奴らはただの奴隷と思ってる日本によって自分が支配されている現実に死ぬまで気付かない。
これが究極の支配手段だ。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 06:37:58 ID:3JPPHNtt
倒錯者の戦略そのものだな。
>>31
ミトコンドリアかよ。



33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 12:46:28 ID:xvCu0Dkz
まあ、誰が一番得してるかって言ったらユダヤなんだけどな

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 12:49:16 ID:IshMKXgS
洗脳されていると思われる要素をあげてみた

・学校の勉強ができないやつは頭が悪い。
 (政府によって作られたクイズに答えられない奴は社会的弱者となる
   いや、おそろしい)

・人間はみな平等であるべきである。
 (平等などありえないのは皆知っているよな。でもこれが常識。
  これによって、どんな悪い奴にもしっかりと人権が・・・)

・民主主義が絶対に正しい
 (民主制は表向きすばらしい、だが裏を返せば間接的独裁制。
  しかも悪質の)

・個人主義、自由主義を過度に尊重する風潮
 (わがままで、責任感がなく、かつ操られやすい人が増えたのも
  これが原因?多少の弊害はあってもいいのかと・・)

・男女平等
 (本来、男は仕事をし、女は家を守るもの。
  その考えを古くさいものにし、女の増長、さらにはこれは民族の弱体化へ
  女を差別するのはよくないがな)

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 13:39:17 ID:QwpKNiay
>>34
結局、共同体を破壊したいんだろ。そのための洗脳だね。
平等、民主主義、個人主義、自由主義、男女平等、みんな共同体を解体する働きがあるよ。
共同体がなければ、個々のバラバラの人間なんて極めて弱いし、簡単に操れる。ある意味
ロボットみたいな存在になるね(自分では、自らの意志で動いてると信じててもね)。

それで、彼らにとって一番の手強い共同体が国家なわけ。国家以外の共同体なんて彼らにとっては屁みたい
なもんだし、いくらでも自由に操れる。
まあ、欧米にはカトリックというもう一つの強力な共同体が存在してこれも彼らにとって大きな敵。中東のイスラムもそう。
究極的には世界全体を1つの共同体にするという美名で(そんなもの実質的には共同体の機能を果たさない
のでないのと一緒)、国家やカトリックなどの厄介な共同体を解体したいんでしょう。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 13:47:09 ID:IshMKXgS
これは、そのユダヤとかが操っている陰謀論とかあるが、
人類共通の潜在意識が働きかけている、
ということも言えないだろうか?

人類そのものの意志が、そっちの方向、
つまり二極化への舵をとっている。
突飛しすぎかな


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 14:30:49 ID:QwpKNiay
>>36
二極化と言っても、昔から世界は激しく二極化してるけどね。
ただ、共同体内での二極化で、国王なんかでも、
自身が持つ共同体の利益と自身の利益が一致してた。
そういう縦型の共同体は気にくわないんだろ。
これから行く先は、支配者層のみが
横のつながりを持つ共同体を形成し、一般人は個人個人がバラバラになり
魂が抜けたような感じになるのかもな。「下流社会」で指摘されてた
生きる意欲が低い人たちみたいな。
まあ、ある意味、彼らには旧来の共同体に対する歴史的に育まれた「憎しみ」と「恐怖」があるんだと思う。
だから、「復讐」も動機の1つかもな。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 14:47:04 ID:IshMKXgS
なるほどね。

それを利用してさらに加速を進めている勢力があるということだな

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 16:20:39 ID:Jnf3CgkC
政治において、暴力と恐怖こそが力である。
我々は、表向きは道徳的であらねばならないが、裏では策謀と偽善をもって
事に当たらなければならない。民衆の欠点、悪習、欲情を助長し、社会生活上の
取り決めを複雑化することで、彼らの心の中に不和の種を蒔き、
我々に従おうとしない集団を攪乱せよ。

新聞・マスコミは我々の手中に落ちている。これを用いて、民衆の盲目的な
信仰を高め、彼らの不満を煽り立てるのだ。また、経済生活で優越を得るための
激しい闘争と市場での絶えざる投機に民衆の関心を引きつけねばならない。
そこから得られる利益は、すべて我々の金庫に収まる事になる。
自分の利益に没頭し、高尚な政治や宗教に嫌気がさしていった社会は、
やがて瓦解してしまうだろう。まったくの自由の権利は、長い年月、人民を苦しめ、
生活の道を奪い、自らの罪を知らぬペテン師どもの搾取を欲しいままにさせた。

我々が国家を覆すために幾度となく彼らをそそのかして起こした無意味な
革命によって、うんざりしてしまった人民は、名目だけの自由の権利よりも、
安楽に暮らせる奴隷の方がましだと思うようになる。

民衆を憎悪、闘争、欠乏、餓鬼にさらし、最後には我々の金力と
その支配下に入る以外に道がないように追い込むのだ。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 16:31:26 ID:IshMKXgS
あなたはもしや・・・・

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 16:41:39 ID:Jnf3CgkC
「大衆の多くは無知で愚かである」

「熱狂する大衆のみが操縦可能である。」

「大衆は小さな嘘より、大きな嘘の犠牲になりやすい。」

「大衆は理解力が小さい 大衆は忘却力が大きい
  大衆は理屈よりも感情に流されやすい」

「大衆は女のようなものだ。自由を支配してくれるものの
出現を待っているだけで、自由を与えても戸惑うだけだ。」

「民衆の圧倒的多数は、冷静な思慮よりもむしろ感情的な感じで
考え方や行動を決めるという女性的素質をもち、女性的な態度をとる。」

「人々が思考しないことは、政府にとっては幸いだ。」

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 17:18:20 ID:ExZpRZY+
ヒトラーの予言面白いな
何気に当たってるし
つーか、このまま当たり続けて良いもんなの?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 18:10:27 ID:GLN4Ml0U
良くないよな。明らかに。

二極化して多様性が失われたら、
正直宇宙で生きていけない。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 20:27:00 ID:QwpKNiay
>>43
一般人の多様性は失われないよ。
一般人には無限の自由と多様性が与えられるでしょ。
多様性が失われるのは支配者層かもね。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 22:15:28 ID:nJblA/nZ
無限の自由など決して与えられない。
与えられるのは幻想だけだ。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 22:34:49 ID:xvCu0Dkz
>>44
無限の自由なんて言葉を使ってる時点で香ばし(ry

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 22:42:42 ID:r47XEouG
うはwwww
『1999年以後』ってこの本以外には出てこない出典不明のヒトラー発言がいっぱい出てくる本じゃんwwwwwwww

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 23:23:57 ID:fZQCdX2O
47 おなじような内容のヒトラー最後の演説ってのは別に五島の本と無関係に実際に存在してるから、ヒトラーがこんな内容を言っていても不思議じゃないとは思うが。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 01:03:05 ID:mPMxwhxi
ネット上の何処もかしこもVIP臭い草生やした馬鹿ばかりだな。精神の病んでる奴が多い事この上無い

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 02:17:55 ID:2EMdHkVv
愛人のレニ、予言で
「きみは長生きして名声を得るだろう。また、死ぬまで映像の美とともにあるだろう。」
本当に長生きだよー。
2003年9月、その102年に渡る生涯を閉じた。
レニの写真集、本当に美しいよー。
写真集「Africa」283,500円もする。しかも買えない。



51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 02:36:31 ID:2EMdHkVv
絶版で買えないと思ったら、売ってる所が有った。ゴメン。
でも高くて買えない。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 02:41:22 ID:/NeApgpY
昨日適当にいろんなDVD借りてきたんだけどアメリカンヒストリーXという映画をみてたらナチが登場してたよ
WW2ものじゃないけどね


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 02:53:14 ID:72orI+ii
>>47
逆に五島がこんな名文を自分で書いたとは思えないんですけどw

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 04:59:36 ID:2EMdHkVv
3年間の徴兵制度のあるイスラエルでは訓練も半端じゃなく入隊前と入隊後では明らかに人格が変わるらしい。訓練はここには書けないような内容だったがとにかく人間のする事ではなかった。
若いうちに洗脳されなんの感情移入も無く人を殺すように訓練されたイスラエルの若者達は、日本人の僕なんかが理解できる常識を持っていないとのことだった。


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 08:11:13 ID:mPMxwhxi
>東方の巨大実験場
これは日本の事なのかな?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 08:16:47 ID:TvihK7/G
特定アジアへの謝罪外交は向こうになめられ、
金をむしり盗られるだけの失敗に終わった。日本は今こそ特定アジアへの
弱腰外交を止め、毅然とした態度をとるべきである。


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 08:46:44 ID:b/GPH7Vp

朝日新聞  NHK  日本テレビが社民党の指示を受けて政治工作用の情報操作を 政治家  経営者にたいして行っている。
これは 政治では 自民党  民主党  公明党に対して行われているものであり上記の政党を 社民党の政策に従わせるために
国会内の番記者を使って 行っているものである。さらに 企業に対しても行っているが これは 社民党系の
労働組合を 企業に築いて 企業を 労働組合のものにして企業を破壊しようという目論見からである。
マスコミは このとき 政治家に対しては 政策を作るための有用な
民間情報を提供と偽り企業にたいしては 経営企画の提供といって 経営のっとりのために
情報と提供してくるわけである。この情報工作を行っている連中は 以下のようなやり取りでおこなっている

情報偽造のおばさん 
「  そうですよ  そうですよ  いってましたよ
ききましたよ 取材メモに書いてますよーーーーーーーーーーー」
注 伝聞証拠
いいっぱなしの証拠とでも言っておきましょうか。
つまり,この証拠は,捜査当局が一方的に供述者から聞き取った内容を
書面におこしたものであって,果たして正確なものかが怪しいのです。
怪しいのは,人の供述です。ですから,そのまま鵜呑みすることは真実発見の上で危険なわけです。
単に一方の立場にある者が話を聞くだけじゃなく他方の立場にある人にも質問をさせること,つまり,反対尋問することが適当なのです。
そこで,原則として,伝聞証拠は証拠として採用することはしません。
検察官をして,伝聞証拠にある事実を証明しようとする場合には,
公判廷に供述者を連れてくるほかないのです。これが 伝聞証拠というものであり ほとんど 証拠能力がないものである
奇妙なことに このおばさんは 取材源の人間と第三者が
直接接触することを 絶対許さず ここ十年間 取材が始まってから
一回も 被取材者と 第三者をあわせようとしないのである。
テレビ局の 管理者も あわせようとしないので管理者も処置に困っているのである
これは 偽造発覚の隠蔽の目的を十分疑わせるものである
 



58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 18:08:38 ID:GMROL6tY
ヒトラーの予言の実現を阻止するには?
もうある程度当たっちゃってる観があるけど、止めるのは不可能だろうか

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 18:41:47 ID:E10i04Yo
どの予言を止めたい?全部は無理だ!
言ってくれたまえ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 19:16:16 ID:GEXVjbL4
いかなる宣伝も大衆の好まれるものでなければならず、その知的水準は
宣伝の対象相手となる大衆のうちの最低レベルの人々が理解できるように
調整されねばならない。それだけでなく、獲得すべき大衆の数が多くなるにつれ、
宣伝の純粋の知的程度はますます低く抑えねばならない。

大衆の受容能力はきわめて狭量であり、理解力は小さい代わりに忘却力は
大きい。この事実からすれば、全ての効果的な宣伝は、要点をできるだけ
しぼり、それをスローガンのように継続しなければならない。
この原則を犠牲にして、様々なことを取り入れようとするなら、
宣伝の効果はたちまち消え失せる。というのは、大衆に提供された素材を
消化することも記憶することもできないからである。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 20:34:16 ID:QiO+Hv/W
ユダヤのやらせじゃね?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 20:52:18 ID:GMROL6tY
>>59
究極の二極化を阻止して 支配からの卒業

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 21:08:42 ID:E10i04Yo
よし。支配からの卒業か!まあ尾崎も草加なわけだがな

究極の二極化を阻止ということは現状維持なわけだな?
現状維持の日本。
しかし、諸行無常という言葉を知ってるか?
つまり物事は一定ではありえない。ということだ。
そう。究極の二極化を阻止するために現状維持というのはありえないということだ。
それではそうなる?
回帰だ。
維持の状態から進むことを止めるには回帰しかない。
今の現状は二極化への途上、登山でいうと3合目ぐらいだ。
山の3合目で永遠に止まってはいられない。
どうする?上るか?
否。下りるだ。それを回帰ということにしよう。

人類は回帰を始める。世界中に王政が復活する。
戦争が始まる。文明は科学を捨て去る。
資本もなくなる。人は馬に乗るようになる。
京都あたりではウグイスが鳴くようになる。
人類は石器を使いはじめる。
そして、原始人に戻る。
言葉を失い、毛むくじゃらになり、マンモスを追うようになる。

つまりどっがいい?
二極化の将来、そして原始時代の仮想未来
どっちもあんまり変わらないよな
原始時代のほうがたのしいかな?くらいだな
そういうことだ青年!


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 21:25:47 ID:GMROL6tY
二択しかねーの?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 21:39:54 ID:E10i04Yo
まあ、結局どこへ転ぼうとおなじようになる。
二極化は人類の大河の進む方向だ。
その流れを変えることはできない。
それが嫌だというのは、
64自身が支配される世の中が嫌ということだろ?

64は支配者側にまわれそうか?そんなことないよな
ただ完全な支配などは絶対にありえない。
だから自分自身をもって社会のアウトサイダーとして生きていけ
それならば、二極化の波には呑まれない
普遍的な人生がおくれるかもな

あ、そうだ出家をすればいい。
高野山とか。だめ?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 23:35:08 ID:FpTBE1o2
出家しても無駄でしょうね。
社会から逃れるのなら死んでみるのが一番かな。
死んだらホントに逃れるのかはしらない。
その先を知ってる人がいないから。

科学を棄て王政復古、というのは中世ヨーロッパのようだ。
あり得るかも。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 12:49:49 ID:wrC92KT3
>ホリエモンを支援するのは、常石(つねいし)造船。
>5代に渡り神原(かんばら)一族が社長を務める地元有力企業。
>最近の著書には、「勝つためのインターネットPR術」というのがあり、その共著者の名前は、
>ホリエモンが社外取締役を務めるITベンチャー ニューズ・ツー・ユー社長神原弥奈子(みなこ)氏。
>そして、その弟が、常石造船神原勝成社長という構図。              

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 16:19:52 ID:IPKp4OKv
ヒトラーの予言って超能力とかそんなんじゃなくて、
当時からあったシオンの議定書を踏まえたうえでの
極めて論理的な予測だよね。
ヒトラー並に頭の良い人なら100年前に十分に予測できた内容なのに
並の人間は今ごろ気づくorz



69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 17:23:57 ID:IPKp4OKv
結局さ、支配者層と一般層が同じ共同体に属していれば、
共同体の利益=支配者層の利益なんだから、一般人を管理するにしても
スパルタ式管理にして、共同体の力を高めようとするでしょ。究極はナチスみたいな奴ね。
でも、支配者層と一般層が同じ共同体に属さないなら、一般人を墜落させた方が管理しやすくて
楽。つーか、逆かな。支払者層と一般層を分離するために、一般人を墜落させるのかも。
その理由は。。従来の共同体に対する「復讐」と「恐怖」しか思いつかないけど。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 17:42:39 ID:gTJO8Rxa
2039年に進化するって事は、2039年生まれの人類が対象?
既に生まれている人間が、進化するとは思えないし...
線を引いたように二極に分化するのは、良くわからないですね。

ネタに反応するのもなんだけど。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 18:34:16 ID:SVNX5lH+
いやもう少し抽象的な意味かと・・・

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 18:40:50 ID:oVmJ8MXg
政治家から見れば国民なんて金を運んできてくれる豚でしかない。
しかもその豚どもは金を運ぶことに疑問も持たないから洗脳された信者と同じだ。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 18:43:05 ID:40dG1SYH
その政治家を選ぶのは国民だということをお忘れなく

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 19:40:46 ID:rynrk1RE
選んだつもりで選ばされ

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/12(木) 09:25:07 ID:W0UYUnic
そういやマイケル・ムーアが大統領選挙の不正投票を調べてるとかいうやつの
続報がないね

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/12(木) 19:06:07 ID:BDyHI7g7
自由とはなんぞや
現在の自分たちが真に自由であるとでも?まして中世や古代の人間が?
現在の政治家や大企業トップですらはたして本当に自由であろうか
富の支配という観点を除いても所詮は生まれてから刷り込まれてきた自らの主観から逃れることは出来ない

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/13(金) 01:45:30 ID:nx6nE4po
主婦に野菜の先物取引を広めるのは無理な気が

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/13(金) 02:53:35 ID:HyrZCSBr
スレ見た瞬間、なぜかアルビントフラー「第三の波」が
あたまをよぎった

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 10:06:29 ID:5ufGZN9Y
あげ

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 22:33:09 ID:LzZzpkSU
操られてそうで
操られてない
管理されてそうで
管理されてない

オイラ

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 22:44:47 ID:1PZkYyL5
奴隷どもはまんまと欺かれている様子だ。
我等の支配は安泰だな。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 22:58:37 ID:5ufGZN9Y
マスコミ関係者の話

「ルーシー・ブラックマンさんレイプ殺人事件の犯人が元在日で、女性をナンパするのに
都合がいいから日本国籍を取得した」なんて記事にしようものなら、社内に死人が出るよ(笑)。
やつの家族は今でも全員在日籍のままで、被害者に謝罪すらしていない。オウム真理教にしても、
創価学会にしても、統一教会と同様、事実上は在日韓国朝鮮人のダミー団体みたいなもんだが、
そんな事実は怖くて書けない。とにかく彼らのことは「タブー」なんだよ。
上司は「朝鮮総連」と聞いただけで顔を引きつらせるよ。「触らぬ在日にたたりなし」だな。
「2ちゃんねる」だけじゃないの? 本当のことが書けるのは。

マスコミやってると、様々な裏情報に接するが、日本が半ば在日に乗っ取られているのは間違いないよ。
犯罪界、宗教界、政界、芸能界(笑)と至るところ在日が主導権を握っている。
在日が裏で操っている創価学会=公明党だけには、絶対に投票したり献金したりすべきではないね。
でも、政治家の秘書として統一教会信者が百人以上も入り込み、
さらに朝鮮総連からも賄賂がいってるんで、政治家がこの問題で動くこともないだろう。

我々の間には、経営陣が在日暴力団や在日偽装右翼に弱みを握られてるんじゃないかという噂まである。
ちなみに暴力団員の半数は正真正銘の在日だ(笑)。
戦後の日本で異常なほど覚醒剤が蔓延したのも、韓国で製造したブツを在日がフェリーを使って日本に大量に持ちこみ、売りさばいたというのが真相。
かつて山口組が「麻薬撲滅運動」を始めたのも、実は麻薬売買で在日の犯罪組織が力をつけつつあるのに危機感を抱いたからだよ。

連中が今、目をつけてるのが、映画産業だね。
パチンコ漬けにした日本人から巻き上げた金で、映画のスポンサーをやる。
最近、やたら韓国ものの題材が多いだろう。これは日本人の潜在意識に訴えかけるためさ。

要するに、かつて在米のユダヤ人が映画産業を通してある種の心理操作をしたように、在日の組織も同じことを日本人に対してやっているというわけだ。
テレビ・映画・マスコミ報道・・・こういったものは、もはや韓国と韓国人がいかに素晴らしいか、ということしか伝えないだろう。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 00:30:33 ID:jTpUh0LA
「民衆などというものは、いつでも支配者の思い通りになる。
 ・・・攻撃されるぞと恐怖をあおり、平和主義者の奴らには
 愛国心がなく、国を危険に晒していると非難しておけばいい。
 このやり方は、どこの国でもうまくいく」

by ヘルマン・ゲーリング

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 00:33:22 ID:NLrXV1La
大丈夫だ。絶対にヒトラーの予言通りにはさせない。いやならない
俺がいる限り!

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 00:39:53 ID:mXsqPT2/
ネットも超管理社会の一部だ馬鹿

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 00:42:11 ID:6Gzbw1XD
http://valentineday.nandemo-ya.info/

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 02:32:48 ID:eiJGdQyz
管理社会からの脱却は、
自分は確実に管理されていると自覚する所から始まる。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 03:39:02 ID:TuvmCvk8
いつの日にか日本人は必ずヤツらの仕掛けた罠を噛み破る。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 11:54:20 ID:P9vKYzin
結局の所、農民社会から商人社会への変遷ということではないかと
人手のかかる農業やるためにグループ化して定住したのが従来の共同体だろう
より共同体の力を高めるため周辺と合流していき、より効率の良いトップダウン式の支配体制が徐々に確立されていったわけだが
工業の発達等により商人達が非常に大きな力を持つようになった結果が現在だと思う
それにより今は従来の縦中心の社会と横中心の社会の入り交じった形ではないかな

横社会といってもすべてが横一列になるわけがないのは共産主義の失敗でも明らか、それがほぼ二層化社会というやつ
まあゆるやかに二層化社会に進んでいるにしても急進的な進み方では共産主義の二の舞であるし、いつまた社会のパラダイム変換が起こるかわからない

あと2chだって利用者はほぼ横一列だが管理者というものが存在している二層社会、そういうことですよ
それを見せかけの自由であるというならそれで否定してもいいわけだけど
見せかけの自由すら否定してすべてを失うのは愚行。
ただの○○活動化に感化されて自由を・・・と活動してもそれで本当に自由が手にはいるかはよく考えた方がいい

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 13:19:05 ID:Sxt4bsbK
暗黒の3日間については、旧約聖書、聖母預言、ポール・ソロモンもその様子を伝えています。
また、日月神示や新約聖書にも同じような記述がありますので、これはかなり信頼性が高いことだと思っています。
 しかも、最近では地球がフォトン・ベルトのヌルゾーンというところに突入すると、太陽の光が全く届かなくなり、暗黒の状態が続くと言われています。
しかも、そのヌルゾーンを抜けるまでにちょうど3日かかるというのです。
このフォトン・ベルトの存在はアメリカの当局も公式に認めたということですが、その影響についてはもちろん発表されてはいません。
はっきりわかっているのは、地球がフォトン・ベルトのヌルゾーンに突入する日は2012年12月22日だということです。
 この日は、マヤの暦が終わっている日だとも言われ、
また、アメリカのテレス・マッケンナという科学者が独自の計算をした結果、いまスピードアップしつつあると見られる時間がゼロ・ポイントを迎える日だとも言うのです。
この日が、いわゆる地球の次元アップスタートの日となるのでしょうか。
その時、この三次元地球は海と陸が逆になるほどの大天変地異に見舞われるという予測もあるのです。


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 13:21:27 ID:Sxt4bsbK
インディアンに伝わる「ホピの予言」に、つぎのように予言が述べられています。

 白人は、世界中の先住民や、先住民にかぎらず、すべての人々の生活や精神を破壊しようという悪しき企みのもとに、この文明を創りました。
そして、その文明が崩壊していくのは直前に迫りました。私たちのいのち、未来が危険にさらされています。
 ですから、今、ひとりひとりが何ができるのか、何をしたらよいのかを考え、行動していくことを迫られています。
こんにちは、まだ大丈夫といえるかもしれません。
しかし、近い将来にやってく変化は、想像を越えるほど困難なものとなるでしょう。
 例えば、戒厳令のようなものが世界中のいたるところで敷かれ、外から押しつけられる法律などに従わなければ殺されたり、
追放される時代がやってくると、預言には伝えられています。
カリフォルニア地震のような多くの天変地異が起こり、世界の仕組みが急速に変わり、多くの人命が失われていくでしょう。


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 13:21:31 ID:/cFvIgWR
あああ

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 13:34:41 ID:Sxt4bsbK
●「メーソンの教皇」と呼ばれたアルバート・パイクが、
イタリア建国の父とも言われるジュゼッペ・マッチーニに送った秘密の書簡には、恐るべきことが書かれていた。

「第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、
広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。
そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう」

●アルバート・パイクの書簡は、さらに続く。
「第二次世界大戦は、ドイツの国家主義者と
政治的シオニスト(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)のあいだの圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。
その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナにイスラエル国家の建設がなされるべきである」
 
パイクは、第二次世界大戦が始まった1939年の68年も前に、このことを予告していたのだ。
恐ろしいのは、第二次世界大戦の構図をハッキリと言い切っている点だ。
「ドイツの国家主義者」を「ナチス」に、「政治的シオニスト」を「ユダヤ人」に置き換えると、
これ以上説明する必要はあるまい。

●さらにパイクの書簡は続く。

「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、
イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。
世界的な紛争の拡大が計画されている‥‥」



94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 13:36:22 ID:6GuoDu8Z
ヒトラーの予言が秀逸なのはこの部分
>残りの大部分は、これも進化なのか退化というべきかわからないが、
>一種の機械になっている。ただ操られて働いたり楽しんだりするだけの、
>完全に受動的な、機械的な反応しか示さない『ロボット人間』になっているのだ。

>ただロボット人間たちは、与えられ、操られていることを意識できないようになる。
>自分たちの意識では、何もかも自分で選択して勝手に生きているのだと思う。

陰謀にせよ、自然なパラダイムの推移にせよ、この予言を的中させる頭脳は
ただものじゃない。既に当時からあった風潮を考慮した上での高度な予測だと
思うけど。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 13:41:37 ID:Sxt4bsbK
コンピューターによって世界の人々を管理するというプランは、
1974年、EECの本部ベルギーのブリュッセルにおいて、
EECの指導者、オブザーバー、科学者を招集した重要会議で決定されている。

●EECの行政管理ビルの
「コモン・マーケット・アドミニストレーション・ビルディング」の一階から三階までを占拠している
巨大コンピューターで、その巨大さゆえに“獣”と呼ばれている。
あの『黙示録』の“獣”と同じ名前だ。

それだけではない。
この時からEECのヨーロッパ共通市場に出回る商品マークには、
すべて“666”の数字が刻印されているのだ!

●世界共通コードが“666”となり、それに国家コード、地域コード、個人コードなどがつき、
一人の人間のすべてが打ち込まれる。
それはちょうど商品コードならぬ、人間バーコードだ。
 われわれの右手か額にそのマークが押される人は近い。(中略)
 近い将来、“666”の悪魔の数字を刻印された者と、
十字架の印を額に刻まれた者のふたつに分けられるようになるというのである。
ついに、山羊と羊の選別の時代が来る。


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 14:26:43 ID:Sxt4bsbK
以下は、およそ270年前に流布した予言書「をのこ草紙」である。


「今より五代二五〇年を経て、世の様変わり果てなむ。
切支丹の法いよいよ盛んになって、空を飛ぶ人も現れなむ。
地を潜る人も出て来べし。風雨を駈り、雷電を役する者もあらん。死したるを起こす術もなりなん。
さるままに、人の心漸く悪くなり行きて、恐ろしき世の相を見つべし。
 
 妻は夫に従わず、男は髪長く色青白く、痩細りて、戦の場などに出て立つこと難きに至らん。
女は髪短く色赤黒く、袂なき衣も着、淫りに狂ひて、父母をも夫をも其の子をも顧ぬ者多からん。
万づ南蛮の風をまねびて、忠孝節義は固(もと)より仁も義も軽んぜられぬべし。
 斯くていよいよ衰え行きぬる其の果に、地、水、火、風の大なる災い起りて、
世の人、十が五は亡び異国の軍さえ攻め来りなむ。
 此の時、神の如き大君、世に出で給い、人民悔い改めてこれに従い、
世の中、再び正しきに帰らなん。
其の間、世の人狂い苦しむこと百年に及ぶべし云々」


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 20:00:14 ID:ENvH4jou
>>96
>男は髪長く色青白く、痩細りて、戦の場などに出て立つこと難きに至らん。
これってニートじゃ・・・・

>女は髪短く色赤黒く、袂なき衣も着、淫りに狂ひて・・・
これってヤマンバギャルじゃ・・・

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 20:15:42 ID:vmfsgYKW
>>94
実は似たようなこと言ってる人はすでにいる
たとえばキルケゴール(1813-55)は
ジャーナリズムは自分では何一つ責任を負おうとせず、常に大衆や世論の名の許で個人の主体性を押し殺してしまう。
具体的個人が消滅すると、マスコミが人間平等という名目の許に水平化の運動を推し進める。
って言ってたり
マルクス(1818-83)のいう資本主義の資本と労働の関係もこれに近い話(にされてると思う)
(だから共産主義革命だ!ってやった、やってるわけ連中は・・・)
あとヒトラーの言う神人なんてのはおそらくニーチェ(1844-1900)からインスパイア(利用)されたものだろう

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 22:35:47 ID:qyldM/iE
age


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/19(木) 15:11:30 ID:nyZfv1iU
>>69
>結局さ、支配者層と一般層が同じ共同体に属していれば、
>共同体の利益=支配者層の利益なんだから、一般人を管理するにしても
>スパルタ式管理にして、共同体の力を高めようとするでしょ。究極はナチスみたいな奴ね。
>でも、支配者層と一般層が同じ共同体に属さないなら、一般人を墜落させた方が管理しやすくて
>楽。つーか、逆かな。支払者層と一般層を分離するために、一般人を墜落させるのかも。
>その理由は。。従来の共同体に対する「復讐」と「恐怖」しか思いつかないけど。

ビンゴ!! 陰謀論を信じるならそれが結論になりますよね。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 17:54:40 ID:JUz1hKhv
          , -‐く   ̄`ヽ、      
            〃   \、゙`` il!ヽ        
             ;l!'      ヾ、、 i|!゙:、     
           i|l! ヽ、_  i1 |i  ヾ、,,. l|l!   
            i^Y  ,; i`tァ、! jl,ィァ'"! `Y^!    

    />       k'   ゙`,.ン";' `゙ヾ~´   トリ       />   ロボットはどもは
  
   < </\    ゙、_, '″, ;. 、 =R、  r'     < </\  余計な詮索をせんでよい!          
  <\> <\>     |   /   嵶寥  、  |     <\> <\>              
   \/> >     ゙! ;'   / ̄` ', ,!     \/> >
     </        ,:! ! r'´ / ゙`   ! /        </
            .:::'~/ト、       /゙k、_
          ヾ、iレ':::::! ヽ、.____,ノ /:゙i:::`ヽ、
          .::::/:::::::::i   ヽ._/  /:::::::!:::::::::.
          .:::く::::::::::::|   ,イ ト、 ,':::::::::::、:::::::::.


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 18:08:26 ID:XA6Ea18g
得体の知れないものに知らず知らずにロボットにされるんだぞと脅しをかけて
その前に自ら進んで私のロボットになりなさいってことだよな
人間はわからないものを酷く恐れるという、つまり自殺志願者であっても事故死を恐れるのと同じ心理を利用してるわけだな
うまいわこの人は

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 18:12:26 ID:BEpEoh77
http://j.pic.to/41q6m

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 18:20:52 ID:JUz1hKhv
>>102
というか、人民に語ったわけではないから。。。
側近の人に喋った内容を、そのときどきメモしてあって、
それをかき集めた資料をもとにつくられた予言書だから

もちろん、人民は拒否反応起こすだろうよ

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 19:21:45 ID:ql7XWxls
>>102
それがお前たちの怖がらせ方か。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 23:48:29 ID:w+DdTmAD
最近、マスゴミは愚民化政策でも進めてるのか
俺がやらなければ!なんてノリの内容ばかりで、なぜか男にばかりそういう風に押付けようと必死
女は女ででしゃばるな、男の後を行けみたいな論調ばかりだし
全員がそんなことしだしたら、折角の高水準の社会が破綻するんだが

こうやって頭の悪いDQNがリスク踏まされて、躊躇されていくんだろうな
どこのマスゴミも同じ論調なのが痛すぎ


107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 03:25:52 ID:rMxUnDf6
それ細木のこと?

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 14:04:23 ID:rMxUnDf6
以下の項目を果たさなければ、戦後民主主義の日本は瓦解する

・道州制を導入し、地方分権を確立させ、文化、言語などの地元個性を取り戻す。
・東京は連邦の首都に。政治の中心として機能させる。
・経済の中心を大阪に移し、学芸の中心を京都に
・一部を除く在日外国人の強制送還(特に三国人やブラジル人)
・移民の受け入れ拒否。
・中国、韓国、北チョンとの国交断絶
・竹島、北方領土、尖閣諸島の奪還
・在日米軍の完全撤退
・自衛隊を無くし、日本國軍隊と兵役義務の導入(侵略戦争を行わない事)
・天皇を国家元首にし、半象徴的な存在で、メディアへの露出は局限控えて頂く。
・国家社会主義政党による寡頭政治を行う(民主主義の腐敗を打開するため)
・創価学会、統一協会などカルト団体を厳しく弾圧(幹部は国外追放)
・暴力団、右翼団体に対しては在日を追放させ
 麻薬の売買、売春の斡旋、詐欺、などを厳しく取り締まり
 規模を縮小させた上で、警察の及ばない範囲の裏警察として各々の地元で機能させる。
・記者クラブを撤廃させ、言論の自由を取りもどし、記事捏造及び、政府企業との癒着を阻止
・テレビ放送の倫理基準を底上げし、下品なタレントを追放
・パチンコを廃止、もしくは税金でガチガチに(勿論在日は追放)
・米国の国債売りつけを拒否。
・インド、東南アジアなどとの同盟強化
・第一次産業の活性化。農業、漁業などの人口を増やし、自給率を上げる。
・経団連の解体、官僚支配体制の改善
・仏教、キリスト教など認めるが、国教はあくまで神道。(戦前の国家神道ではない)
・IT系や工学、宇宙関連の事業を推進する一方で、
 伝統に裏付けされた職人の育成をすすめ、新旧文化の美しい融合をはかる
・住宅関連に関しては、国産の木材を使った、
 景観のよい町作りをすすめる。
・政治家、官僚など公務員の給与を大幅削減。収賄罪は即死刑

109 :1:2006/01/23(月) 18:54:06 ID:cqYNom4p
二極化を防ぐために
我々は何をどうするべきでしょうか?

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 00:21:20 ID:pA/5qNom

本来人間は自分の意思でどうにでも変えられる能力があり、
それを信じればいいだけ!
マスコミを鵜呑みにするのではなく、極力遮断し、洗脳されなければいいのでは?

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 00:50:27 ID:5Zo5Vf3f
まあ、一番の対処法は、自分が金持ちになることかもよ。

二極化の流れは、止められない。

自分が勝ち組になってしまえば、
自分を優遇してくれる優しい社会というわけだしw

112 :1:2006/01/26(木) 03:20:47 ID:kJMdd2TL
そうですね。自分自身のことならなんとか出来るかもしれません。

ところで、ヒトラーのいう二極化というのは
単純に

金持ち>貧乏

の構図ではないような気がします。
操作側と被操作側に分かれていると思うんんですが
それは、金持ち=操作側というわけでもないでしょう。
どこまでが操作側で、どこからが被操作側であると思いますか?


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 04:45:54 ID:Lcil2Ltz
爬虫類脳の部分だけ発達するような薬やら電磁波みたいのがあれば
バーサーカー(獣人)とかつくれそうだけどねえ・・・超人とはなんぞや

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 17:24:54 ID:a0XKahUj
超人は超人だべ。
本当の意味での、自らの意思通り、行動できる人間。
自ら価値を創る者。

他人が欲しがる物を、欲しがらないような変わり者ともいうか?w

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 03:57:34 ID:G6M3FjMi
こんなスレがあるとは

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 04:28:39 ID:Opac7KeD
民間は堀江や堤みたいに
「国策」で身ぐるみ剥れるから「高級役人」が最強。
北と同じだけど。


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 10:45:28 ID:Tkw3ATA3
ヒトラーはナチスを率いて世界を征服し、何をしたかったんだろうか。
これらの予測に基づく未来の世界を阻止する為に立ち上がったのかな。
阻止して、ヒトラーは何をしたかったんだろう。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 12:49:58 ID:dGGCSV2P
>>112
>どこまでが操作側で、どこからが被操作側であると思いますか?

これは明確な境界線を引けないと思う。

例えば、進化論と同じで、サルが人間に進化したのは、
誰かによる陰謀ではないし、自然のプロセスの中で進んできたわけで、
ヒトラーが言う、「人類の二極化」も、誰か(人間)の陰謀によって進むのではなく、
単なる大自然のプロセスに沿って進むと考えたほうがいいと思う。

しかし、やはり、中にはこういうプロセスを自分たちの手の中で
操作(管理)したいと考えている権力者はいると思う。

だから、自然的、人為的、様々な要因が重なって、
ヒトラーが予言したような未来社会が姿を現していくのかもしれない。



119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 12:56:43 ID:dGGCSV2P
>>117
>ヒトラーはナチスを率いて世界を征服し、何をしたかったんだろうか。

ユートピアの建設ではないだろうか?

それがどのような形のユートピアなのかは、よく分からないが、
完成させることができずに、第三帝国は崩壊してしまった…


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 13:50:24 ID:klvw/l25
まっ、どっちみちヒトラーは偏り過ぎの人間だから成功しないよ。
偏り過ぎだから真実の一端が見えたのかもしれないけどね。

121 :1:2006/01/28(土) 19:09:25 ID:3jwilbvE
>>118
なるほど。ありがとうございました。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 19:56:39 ID:/QfWPWTQ
>>117
ユダヤが支配する前に駆逐するタメとか行ってなかったけ?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 17:35:32 ID:AQDJENuF
今の男女平等の原理は、男女の質違いを無視している。
女は子宮で考える言われているように、理性での判断は苦手
であるということが忘れられている。
よく心の時代を女たちは叫んでいるが、俺から見ると子宮の時代と
言っているように聞こえるのだ。男女の脳の差を顕著にあらわしているのが、
将棋である(自分がやっているから多少詳しい)
勿論アマチュアレベルで見れば男女の差はみられないものであるが、
プロとなればその差は歴然で、脳の差を感じいられないのだ。
将棋で要求されるのは計算と思っている方々が多いと思われるが、
それも一つであるが、ここには男女に大きな差はなくたいしたことではない。
では何が要求されているのかというと大局観という総合的な判断力なのである。
それが女には欠けているのだ。もし女指導者が誕生した場合、総合力が要求される
この職務を遂行することは困難が予想される。もし女特有の感情的判断がまかり通るに
なった場合、国は崩壊するだろう。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 17:52:48 ID:rTdudlKt
へぇ〜

面白い(・∀・)

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 18:48:33 ID:u10d01JI
で、結局どうしろと?


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 18:51:17 ID:TLzTOUjT
女性に人気のあるサヨクは善である。
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1138272236/l50

女性に人気のあるサヨクは善である。
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1138272236/l50

女性に人気のあるサヨクは善である。
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1138272236/l50

女性に人気のあるサヨクは善である。
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1138272236/l50

女性に人気のあるサヨクは善である。
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1138272236/l50

女性に人気のあるサヨクは善である。
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1138272236/l50

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 20:22:19 ID:PXTlKT+n
ヒトラーの予言…
昔も同じような世界だっただけなんじゃないの


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/30(月) 02:30:49 ID:v6HT23g9
 
★ヒトラーの予言スレ★


 【怖いほど】 ヒトラーの予言 【当たってる?】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1138382950/

ヒトラー「二極化は進み人は神とロボットになる」
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1074710284/

超管理社会の到来/見えない洗脳
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1136497533/
  

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/30(月) 11:52:40 ID:yWte4njD
>>127
ちょっと違うけど古代ギリシャ的な市民と奴隷の関係に近い世界のことだろう
こっちの場合理想は奴隷がいなくなり(技術の発達によって必要でなくなる)
人類はみな労働から解放されたユートピアとなるわけだが

まあ、わかりやすい頂点のある支配被支配体制から頂点のわかりにくい支配被支配の体制になるってことかな
例えば宗教に代表されるような民衆の価値観を作っていた物がマスメディアに取って代わられるとかね
やっぱり実態は昔とそれほど変わらずと思われ・・・

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 07:15:48 ID:2qX2stbc
おれ、この前新宿でヒトラーに会ったよ。
もうよぼよぼのじじいで見る影もなかったけど
彼、朝方に歌舞伎町の路地でゴミあさっててさ・・・
予言みたいなの全部ウソだっていってたよ。
馬鹿なこといって許して欲しいって。
記念に写メ撮っといた
http://www.miscelle.de/andere-seite/hitler/tod/hitler-altersheim.jpg


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 12:27:36 ID:MiFneOTA
予言も何も言ってることの大半はヒトラーの時代にも
存在していたわけで。曖昧すぎてどよのうにも解釈できる

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 15:18:30 ID:iQFhhnPy
ユダヤ工作員、必死だなw

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 16:06:48 ID:BVB3gNZa
陰謀論の本質は、共同体が解体されるかどうかでしょ。
二極化は昔から激しくなされてるからね。
>>129のローマ市民と奴隷の関係がやっぱ近いかも。
ローマ市民と奴隷は同じ共同体に属してないし、
奴隷だけの共同体を作ることは厳しく制限されてた。
奴隷はバラバラの個人である方が扱いやすい。
日本で言えば、天皇みたいに一般人と同じ共同体に完全に組み込まれた
上位者の存在は、彼らにとって激しく邪魔だろうと思う。


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 20:05:20 ID:dEMRERHp
一応
元ネタがあたかも五島だけだと思い込まれているカタが多いようだが・・
実際問題ヒトラーが神々と獣(ようは二極化ね)について言及しているのは
わが闘争だとか歴史的に資料が残っているヒトラーの演説とかにあるよ。
 よく見て味噌。ちょと詳しい書籍にはそんな記述もある。
大概はアーリア人種優勢主義と一括りにされがちだが・・
 ただアーリアが創造的新種、日本他東洋人が模倣的追従人種
ユダヤが反人間人類の価値観とは相反する寄生的害毒人種とし
この傾向が生物学的に進行していくのだ。
と明白に主張している。
 さらに違う箇所でユダヤが存在しなければ私は作為的にユダヤを作り出すだろう。
とも述べている。
この点からもヒトラ−のいってるユダヤとは人種や民族ではなく特定の思想価値観
(それを信じる人々)を指しているようです。
 

 

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 22:02:23 ID:BVB3gNZa
元ネタって確か1989年ぐらいに出版されたと思うんだけど、バブル真っ最中だよね。
あの予言をその当時に本気にした日本人はほとんどいなかったのでは? 今でこそ
背筋が寒くなる内容だけど。悪いけど五島氏だけで創作するのは無理だと思う。

136 :D:2006/01/31(火) 22:07:41 ID:9myuzFW1
ソースが五島だけなら、単なる後出しジャンケンだよ。
五島以前のソースはあるの?

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 23:34:08 ID:2qX2stbc
伊勢神宮の御遷宮に左右される社会情勢)

伊勢神宮の鎮座は20年ごとに「金の座」と「米の座」に移るが
金の座は不安定期。米の座は安定期となる傾向がある。

1849年遷宮(金の座)
          1854年 ペリー来航 安政の大地震
          1858年 日米修好通商条約調印
          1859年 安政の大獄 吉田松陰死刑 1860年 桜田門外の変
          1862年 寺田屋騒動 生麦事件 
              高杉晋作らイギリス公使館を焼き討ち
          1863年 新撰組結成 薩英戦争
          1864年 池田屋事件 禁門の変 第一次長州征伐
          1866年 薩長同盟 第二次長州征伐  1867年 大政奉還
          1868年 鳥羽伏見の戦い 江戸無血開城
1869年遷宮(米の座)
          1871年 廃藩置県    1874年 台湾出兵
          1877年 西南戦争勃発  1878年 大久保利通暗殺
          1885年 清と天津条約を結ぶ
              伊藤博文内閣成立
          1886年 ノルマントン号事件

1889年遷宮(金の座)
          1889年 大日本帝国憲法が発布 1890年 第一回帝國会議。教育勅語発布
          1894年 日清戦争勃発     1904年 日露戦争勃発
1909年遷宮(米の座)
          1910年 韓国併合       1912年 明治天皇崩御
          1915年 第一次世界大戦勃発(戦争特需)
          1919年 ベルサイユ条約締結  1920年 国際連盟加盟
          1921年 裕仁親王ヨーロッパご旅行
          1923年 関東大震災      1926年 大正天皇崩御


138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 23:36:11 ID:2qX2stbc
1929年遷宮(金の座)
          1931年 満州事変   1932年 五・一五事件 
          1933年 国際連盟脱退 1936年 二・二六事件
          1937年 廬溝橋事件。支那事変勃発
          1939年 国家総動員法公布。ナチスドイツがポーランド侵攻。第二次世界大戦勃発
          1940年 日独伊三国同盟締結
          1941年 ハワイ真珠湾攻撃。マレー沖開戦。大東亜戦争勃発
          1943年 ガダルカナル撤退。イタリア降伏 1944年 神風特攻隊出陣
          1945年 東京大空襲。ドイツ降伏。広島、長崎被爆 玉音放送
          1946年 天皇人間宣言。東京裁判
          1950年 朝鮮戦争(特需景気)
          1951年 サンフランシスコ平和条約。日米安保条約
1953年遷宮(米の座)
          1954年 自衛隊発足   1956年 日ソ共同宣言調印。国際連合加盟
          1959年 明仁親王ご成婚 1960年 ベトナム戦争。浩宮徳仁親王ご誕生
          1964年 東京オリンピック開催
          1967年 人口一億突破  1970年 大阪万博開催。よど号事件
          1972年 沖縄日本復帰。札幌オリンピック開催
              あさま山荘事件

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 23:36:52 ID:2qX2stbc
973年遷宮(金の座)
          1973年 第四次中東戦争  1976年 ロッキード事件
          1978年 日中平和条約調印 1979年 イラン革命 アフガンにソ連侵攻          
          1980年 西側諸国がモスクワオリンピックボイコット
              イランイラク戦争
          1984年 ガンジー暗殺  ロサンゼルスオリンピックをソ連圏十五カ国がボイコット          
          1985年 ソ連共産党 ゴルバチョフ書記長就任
              南アで黒人の反乱 日航機墜落
          1986年 チェルノブイリで原発事故 1987年 ニューヨークで株価暴落
              沖縄国体で日の丸焼き捨て
          1988年 リクルート事件 
          1989年 昭和天皇崩御。美空ひばり死去。ベルリンの壁崩壊。冷戦終結
          1990年 イラクがクウェート侵攻 バブル崩壊
          1991年 ソ連崩壊。    1992年 ボスニア・ヘルツェコビナ紛争    
1993年遷宮(米の座)          
          1993年 皇太子殿下ご成婚
          1995年 阪神淡路大震災 地下鉄サリン事件
          1997年 酒鬼薔薇聖斗事件  1999年 ITバブル
          2000年 皇太后崩御 日韓ワールドカップ共催
          2001年 米国同時多発テロ  2002年 北朝鮮拉致被害者帰国
          2003年 イラク戦争勃発
          2004年 新潟県中越地震 スマトラ沖地震
          2005年 終戦60周年  ローマ教皇ヨハネ・パウロ二世死去 
              郵政民営化法案可決           
          2006年 ライブドア事件  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2013年遷宮(金の座)

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 23:52:03 ID:2qX2stbc
しかも金の座、米の座
ともに前回の鎮座よりは不安定が安定より
安定が不安定よりになる傾向がある
金の座では、
明治維新の次の日清日露では比較的安定ではあったが
その次の金の座時期である太平洋戦争では不安定そのものだった。
つまり前回の金の座、冷戦時代は比較的安定していたが、
次回、2013年からの金の座では、
まさに不安定そのものの情勢になる可能性がある。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 23:57:17 ID:2qX2stbc
それは米の座についても同じことがいえる。
そして今時期の「米の座」鎮座は比較的安定を欠いた安定ではあるが
その次の「米の座」では安定そのものの情勢があるかもしれない。

ヒトラーの予言した二極化完成の2039年は
まさに、次回の「米の座」鎮座の時期(2033年遷宮)に当てはまるのである。

142 :公正な社会の実現:2006/02/01(水) 01:34:45 ID:PGgAP1hu
この巨悪犯罪!もはや国民の力でしか止められない!!
違法に私共の財産権を侵害した行政当局が、私共の損害回復
の措置は法を無視し尽くしてでも講じない。国家ぐるみでも
って私共家族を皆殺しにする。そして、自らの違憲極まりな
い凶悪犯罪行為を国民の前から永久に葬り去るとした。
通算4410日(平成18年2月1日現在)
この確信的国家犯罪(これが許されたら日本における犯罪者
はそのすべてが冤
罪で裁かれたこととなってしまう)にピリオドを打つこと。
それは国民全体の責任です。
http://www.ryucom.ne.jp/users/kayoda/


143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/03(金) 11:26:32 ID:5poHsm7Y
不満を持つ人間の心理状態に暗示をかけ繰り返し洗脳を行うと、思考だけに異常を来し集団催眠に掛かり易くなります。
集団が徒党を組んでシュプレヒコールの大声を上げたり、集会に集結して講演者の意見に気勢を上げ賛成・同調の拳を振り上げたり、
あるいは惜しまない拍手を送ったりするこうした心理状態は、一種の同胞相哀れむの集団催眠であると見ていいと思います。
 これは一種の巧妙な洗脳であり、唯物弁証法(materialistische Dialektik/マルクス主義の中枢をなす弁証法で、
もともと弁証法がヘーゲルにおいて精神や理念を基礎としているのに対して、マルクスは逆に物質的なものの弁証法的自己展開を基本とした
特に否定と実践との契機を重視し、「否定の否定」というような連鎖性を導き出した)を理論詰めで追求していくと、誰もが陥る、
麻薬を用いない麻薬的洗脳法が容易になります

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/03(金) 13:11:40 ID:x8s//b4H
>>143
それは、ヒトラー側の方法だね。作用、反作用で言えば反作用の方かな。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/03(金) 22:56:43 ID:G2CI4nnV
あげ

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/05(日) 03:29:54 ID:c5JtIj7D
すげぇ・・・

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/07(火) 12:08:25 ID:schAWHrq
なるほど。ヒトラーすげぇ!


148 : ◆arIX8g1nwo :2006/02/07(火) 12:14:44 ID:MJHNXtcv


149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/07(火) 12:18:02 ID:RTPNgETE
洗脳されてない人間が精神的なゆとりを持てるのかというと、
それに気がついても何も出来ない人がほとんど、
気がつかないよりまし、
皆が気がつかなければ良い世の中なんか来ない。
弥勒菩薩がおりて来る時がそれなんだろうけど、宇宙時間で10億ねんだからいつのことやら。
今アメリカや日本だけじゃなくて世界中の国がそうなのか、
テレビなんかつかって本当に上手に洗脳するよね。
国民に精神的な余裕なんかこれっぽっちも与えません、
消費上手な右派を大量生産です。
NHKじゃ缶詰はすばらしいとか放送してるの、庶民はそれで満足しとけってこと。
変なもんばっかり喰わされて、よく働き消費をする国民、文句は北朝鮮、中国、ロシアに誘導します。
リストラブームで不安にして軍事国家に押し進める、これが国の仕事なんだろうか?

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/07(火) 13:23:30 ID:O55es9En
電子レンジと並んで危険なものはパソコンです!ほら、こうしてみているときにも・・・↓

たいへん!
パソコンであなたの免疫力がじわじわと下がっている・・・

パソコンは電子レンジと同じマイクロ波 → 有害電磁波が出ています。
パソコンを使うたびに、脳みそが電子レンジの中に入れられた状態???

電磁波防止エプロンを付けていても、キーボードやマウスに触れることにより、
電磁波は人体にアースのように入っていってしまいます。

死にたければ使えインターネット
http://www.1happymama.com/11renji.html




151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 15:40:17 ID:dbrE5btX
在報告されているマインド・コントロールによる心身への影響には下記のようなものがあります。

- 耐えがたい痛み(!)
- 高い頻度で新しい記憶を消去され、新しい思考が浮かんでいる時にそれが消去される。
- まるでカフェインを大量摂取した時のような激しい睡眠障害。
- 真夜中の同じ時刻に目を覚まされる。これは少なくとも数ヶ月間、継続的に行われ、例えば午前4時0分0秒という風に正確な時間に起こされる。
- 突然、体の動きがにぶくなる。それによってころぶか、正確な動作ができなくなるか、怪我をする。
- 極端な疲労感。時々、発作を起こすはずもないのに身体が麻痺する。
- 発疹もないのに頻繁にかゆみが生じる。それは弱い感電のような感覚から始まる。
- 蜂に刺されたかのような人工的な痛み。それは特に眠ろうとする時に起きる。
- 理由もなく鼓動が高まる。
- 理由なしに起きる体温の上昇。
- 眠ろうとする時に生じる四肢の麻痺。
- スイッチが切られている時に目ざまし時計が鳴る。呼び出しがないときに電話のベルが鳴る。外に誰もいないのにドアをたたく音がする。
- 非常に侮辱的な声、もしくは犠牲者が監視下にあるという意味合いのことを犠牲者に話すという声によるハラスメント。
- 眠ろうとする時に身体の一部が振動する。
- 耳の中で高いピッチの音声が響く。そのトーンは電化製品の電源を切り替えた時に変化することもある。
- 一部では犠牲者が昨晩、どんなものを食べたのかについて知っているという意味合いの事柄を見ず知らずの人が犠牲者に対して話し出すというケースがありました。
- 赤の他人が犠牲者の思考を読むことができるという意味合いのことを犠牲者に対して話し出す。
- 人工的で強力な性的刺激。
- 性的反応に対する人工的で強力な妨害。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 15:43:03 ID:dbrE5btX
- 人間の聴覚に直接、音声が送信できるように調整されたレーダー・シグナル。この研究はウォルター・リード陸軍研究所のジョセフ・シャープ博士によって1974年に発表されました。
この音声はサブリミナル・コントロールにも適用でき、もしそういった使用方法でこの音声が使われた場合にはターゲットはそれを自覚することなく心をプログラミングされます。
- 「リモート・ビューワー」は65%(訳注:プロのテクニカル・リモート・ビューワーは85%以上の確立でターゲットを見抜きます。僕自身リモート・ビューワーですが、
僕の的中率は45%程度です)以上の成功率で過去、現在、そして未来の出来事及び人々を透視することができます。
- 遠隔地からターゲットに催眠をかけ、病気にし、行動できなくさせる超能力。ターゲットの鼓動に干渉するという極端なケースも一部ではありました。
- 遠隔地から人間の無意識に影響を与える超能力。
- 人間の超能力を機械に転送する技術。この技術はチェコのエンジニアによって発見され、超能力兵器または「PSI」兵器として冷戦期にソビエトによって開発されました。

上述したいずれもがインプラントを必要としません。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/15(水) 16:37:19 ID:4pTGOUXO
>>151-152
某サイトからコピペね

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/16(木) 17:58:02 ID:2vWw6NPO
あげ

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 01:05:24 ID:9B8Qe1S8
大衆は常に何らかの固定観念や記号を植え付けられている。
ある固定観念を植え付けられた人はその固定観念を現実のものとするべく行動するようになる。


156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 09:02:24 ID:j/3NiGgH
例としては
陰謀論を信じてる人には、三界すべての動きがユダヤやら朝鮮やらその他もろもろの陰謀にしか見えなくなる
といったところですか

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/18(土) 01:42:30 ID:buZ+fVvr
大衆は興味を抱くものに対して、都合良く解釈する傾向がある。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/18(土) 01:48:29 ID:ItAuwJF0
格差社会は良くない・・・・・こう言ってるほとんどの人達がいわゆる「公」に属する身分であるということをご存知だろうか?
彼らは格差、つまり上層の人間から多くの税を取り立てることで自らの保全を図る、いわば寄生虫である。
とある地方公務員の異常な給与体系(教職員編)
春・夏・冬休みあり(自宅研修と称して勤務扱い、出勤しなくても給料は貰えます)
毎年確実にボーナスあり(休職してても給料・ボーナスは確実に貰えます)
老後をリッチに過ごすための共済年金あり(教員夫婦で毎月90万円)
分厚すぎる退職金あり(最低レベルでも約3000万円)
残業ほぼ皆無(夜は出前を頼んだりお茶を飲んだりダベッたりしながらダラダラとテスト採点などを
行い”今日も働いた”と自己満足している方もいらっしゃいます)
土日休日あり(部活動と証して生徒をプライベートに連れ出す方もいらっしゃいます)
性犯罪を犯しても転勤で継続  子供たちに反日教育を施します

特殊教育諸学校 校長   :年収1260万円
    高等学校 校長   :年収1200万円
    小中学校 校長   :年収1150万円
特殊教育諸学校 教頭   :年収1120万円
    高等学校 教頭   :年収1100万円
    小中学校 教頭   :年収1060万円
特殊教育諸学校 教諭45歳:年収 960万円
    高等学校 教諭45歳:年収 920万円
    小中学校 教諭45歳:年収 900万円
特殊教育諸学校 教諭35歳:年収 800万円
    高等学校 教諭35歳:年収 760万円
    小中学校 教諭35歳:年収 760万円

教職員平均年収:850万円  教師夫婦平均年収:1700万円
教師夫婦30歳前半にて6000万円以上の住居購入率70%以上
教師夫婦定年退職時平均貯蓄額=2億4000万円

http://www.2log.net/home/zk1/archives/blog36.html
彼らの恵まれた生活は皆様の税金で支えられています。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 02:16:10 ID:bdjDFIg+
細木の洗脳の仕方は最初に脅しまくって最後に救いの手を差し伸べる。
ヤクザなんかと一緒。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 02:33:30 ID:h7aYtjk9
それが全然救いになってないから、笑えるけどね

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 02:37:33 ID:/U296W0R
救いの手がくる前に俺は自殺しますけどね。
準備万端でーすよ。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/21(火) 02:41:53 ID:h7aYtjk9
んで、ヒトラーは電気ノイズによる弊害を知ってただけじゃないのかな
1920年頃からはじまった無線通信、それが人工衛星にまでなって人間の
恣意が地球を覆うことを予見してたんだろう
 
問題は、その電気ノイズを関知しない人間(ユダヤっぽいけどな)がどうなるかだけ


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/24(金) 01:58:02 ID:/zOtumdf
ばか正直すぎるのも困りもの
少しは自分の頭で考えろとゆいたい

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/26(日) 00:01:54 ID:4XNW30aP
1、 このままだと最悪の結果になりますよ
2、 でも、安心してください。良い結果を出す方法があります。
3、 それはOOを買うことです。

相手に1を信じ込ませるために星座、血液型、手相、等何でも利用する。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 15:35:19 ID:PRBHtlWj
あげ

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/06(月) 03:09:26 ID:V5Hp/5z3

映画「イノセンス」 監督: 押井守

レビュー(安川正吾)

人々が電脳化された近未来。少女型の愛玩用ロボットが暴走し、
人間を殺傷するという事件が頻発する。それを捜査する公安9課の刑事バトーは、
自らの脳にハッキングを受けるという妨害を受けながらも、真実に近づいて行く…。

1995年に公開された『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の直接的な続編であり、
押井守監督のアニメ作品としても9年ぶりとなる、全世界待望の1作だ。
前作の主人公、草薙素子ももちろん“登場”する。

美麗なCGで彩られる画面の情報量も、サスペンス調の本筋を時に逸脱して
語られる“禅問答”の量も、前作を遥かに凌駕。躊躇なく難解な一方で、
バトーという寡黙なサイボーグに感情移入しやすい
味付けがなされているのが今作のミソだ。

そうして描かれる“未来”は、機械とネットに支配されながらも
この上なくウェット。それこそが、前作が提示した“人間とは、
魂とは何か”という問いへの渾身の回答なのだろう。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/06(月) 05:55:14 ID:EBKRmE+y
そういや『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の
IN THEって△になってたな

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 11:51:05 ID:uWp8W/h7
その渾身の回答が、
渾身の駄作になってしまったという、非常に悲しき現実が広がる。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 14:09:56 ID:ILkF9/hb
「イノセンス」みたよ。

ワケ分からん映画だったw

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/09(木) 02:12:35 ID:q67NYMA3
操っているようで操られ〜♪

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/09(木) 22:42:21 ID:nD8iqsxF
イノセンスよかったけどな


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 16:57:51 ID:gxkH24I8
>>171
あ、あれよかったか?
どの辺が良かったのだ。

オシイ作品は好きだったから、良さが理解できんのがなんだか・・・。

173 :171:2006/03/11(土) 18:55:21 ID:9IBnIO87
>>172
まあ、俺はアニメとか普段見ないから押井もよく知らないけどな。
こむずかしさが癪だし、脚本も悪いけど、世界観や音楽がすばらしかった。


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/16(木) 20:03:46 ID:ggpNV5eB
俺もイノセンスよかったと思う。
まぁ癖が強すぎて好き嫌いがでるのは当然かもね。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/17(金) 05:36:09 ID:W/YP941i

ロ ボ ッ ト 帝 国 を 築 こ う !

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/17(金) 05:51:05 ID:FLQtAbAZ
既にロボット帝国でつ。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 21:28:53 ID:nO90iMWQ
英中銀金庫から約52億円強奪・複数犯が管理責任者脅す

【ロンドン22日共同】英国南東部ケント州トンブリッジでで22日未明、複数の男が
イングランド銀行(中央銀行)の現金を保管している警備会社の管理責任者を銃で脅し、
金庫から少なくとも2500万ポンド(約51億6000万円)を奪い逃走した。
英PA通信によると、同国の強盗被害額としては過去最高。
被害の詳細な集計は終了しておらず、総額は4000万ポンド(約82億6000万円)
に上るとの未確認情報もある。
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20060223STXKE004223022006.html


一月前のニュースだけど、まだ捕まらないのかね・・

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 06:10:02 ID:rBKC8tfv
あげ

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 08:06:01 ID:J4vnNs9V
ブログ「なめ猫♪」にコールマン博士のタビストック研究所の書評が

http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-74.html

「300人委員会」の戦略を遂行する見えない政府「タビィストック」の仕掛けた戦略通りにアメリカはじめ先進国は動いており、
麻薬の氾濫や同性愛の奨励、ポルノ、家庭や結婚の否定、子供の権利という名の反抗の推奨はタビィストックの心理・精神戦争の一環だと断言されます。

だそうだ。コメントしてみよう。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 10:42:31 ID:tBGyYjTX
2chやってる日本人をヒトラーが見たら
「俺の想像した通りの未来になった!」って
とっても喜びそう。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/02(日) 12:38:49 ID:5/ATqMu7
マジで日本はヤバいっしょ。

将来、確実に中国に抜かれるな。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/02(日) 21:25:41 ID:WBYL4Yow
>>181
一時的には抜かれるだろうね。
でも、拡張主義者は現代の思想とはかけ離れてるから、
かなりのタイミングで世界中から叩かれるようになる。

中国が文字通り「完全」にアメリカのマネをしたら、
ちょっと厄介だけど、そんな兆候も無いし。



183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 11:47:14 ID:LHbdpGqi
あの国は無理。革命によって独創性を失ってしまった。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 07:07:58 ID:coEKDdl7
アングロサクソン型社会の限界に
もはやきている。

やはり日本型社会が
日本にはふさわしいのだ。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 16:40:15 ID:cLz8njic
日本はダメな国

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 13:55:21 ID:zKVuwcMi
アングロサクソンは自分達のやり方が常に最高だと思っている。
日本人も彼らのやり方が常に正しいと思ってる。
つまり日本人はアングロサクソンの最先端を真似することが成功の秘訣と信じ込むようになる。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 11:48:58 ID:lt9lEWbN
>>184
日本型村社会はクソ、まさにクソ
新しいものは新しく変わっていなければならない
過去へのノスタルジーは無用だよ

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 12:13:23 ID:lt9lEWbN
日本型村社会はクソ
日本人の短所がすべて集約されていると言っても過言ではない
これ以上つまんねークソみたいなスケールの小さい人間を大量生産する気かよ

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 20:22:13 ID:178rvxC1
人工衛星からのプラズナーは、故障の為
使用できないはずなんだが、・・・・・
又 打ち上げたのか。
だとしたら、NATO内で、忌まわしい過去のような争いが・・・・
一般には知られる事は無いけど・・・・・

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 20:28:00 ID:vytKuxlB
日本の常識=世界の非常識

191 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/04/19(水) 22:04:26 ID:hFC+AMGN
人種、性別、年齢、国籍を問わず、アンテナの高い人はもう動きはじめていますよ。
つまり新しいパラダイムを模索しはじめています。
そこにはイデオロギーなどというクソ小さい概念は存在しません。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 00:37:33 ID:CRtGk/ZF
ガクガク((( ((;゚Д゚)) )))ブルブル

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 07:30:20 ID:J4bHmfhw
>>187>>188
同意。
日本型村社会に戻したくてしょうがないやつがいるようだが
やりかたを間違えると本当に日本は終わるぞ。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 16:46:43 ID:MnO0xk8c
レッツ新世界秩序

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 18:34:08 ID:oW6iWyTP
日本人にとっては個性は悪で強い集団に同調するのが正義
個性を持つ人間は徹底的に叩き潰すのが日本人
強力な個性を持つ人間には媚びへつらうのも日本人

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 20:40:20 ID:MnO0xk8c
>>195
なんかすごく情けないな

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 22:00:09 ID:DZKfH1pn
>>個性を持つ人間は徹底的に叩き潰すのが日本人
これだけは消えて欲しいけど、
たとえば佐藤琢磨に対する過剰なまでのアンチの出現を目の当たりにすると、
こりゃ、なおらんわな…って気になる。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 00:44:39 ID:6DeFB3Vk
個人的な経験からすると、中途半端な個性を持つ人間が一番嫌われる。

人の2〜3倍ぐらい突出した異彩を放つヤツは、むしろ慕われる。

出るクイは叩かれるけど、圧倒的に飛びぬけたクイは叩かれない。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 17:35:21 ID:8mDy/X6N
村八分は世界中にあるだろ

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 00:29:45 ID:OtXKLvA4

テレビ真理教を撲滅せよ!!

最近、あまりにも低俗番組が多い!

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 18:56:31 ID:I0WXfDht
どの国でもマイノリティーは差別されるだろw
お前らって海外では、どんな人間も分け隔てなくフレンドリーに付き合ってると思ってるのか?
白人国家での有色人種に対する締め付けはすごいぞ。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 19:10:29 ID:ETkIjzg5
老人駆除

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 17:36:52 ID:X1cprITG
187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 11:48:58 ID:lt9lEWbN
>>184
日本型村社会はクソ、まさにクソ
新しいものは新しく変わっていなければならない
過去へのノスタルジーは無用だよ

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 12:13:23 ID:lt9lEWbN
日本型村社会はクソ
日本人の短所がすべて集約されていると言っても過言ではない
これ以上つまんねークソみたいなスケールの小さい人間を大量生産する気かよ

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 07:30:20 ID:J4bHmfhw
>>187>>188
同意。
日本型村社会に戻したくてしょうがないやつがいるようだが
やりかたを間違えると本当に日本は終わるぞ。

?????????????????????????????

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 03:42:46 ID:Lknkmobl
系列は批判してM&AのっとりはOKのダブルスタンダードってやつね

戦略の基本中の基本ですな

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 15:07:25 ID:TjO6hqJW
日本人は日本船の乗組員。
日本船が沈んだらアメリカ船か中国船に乗り換えるのか?
そこでは日本人は奴隷みたいな扱いしか受けないぞ。
日本人が人間として扱われるのは日本船の中のみだ。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 16:22:39 ID:0q7OAL6I
>>205
偉そうに吠えるな。
ずっと以前からそう言ってた人も数多くいる。
聞く耳持たずに欲望を追い求めていた奴が最近急に「日本!日本!」と五月蝿い。

207 :188:2006/04/26(水) 19:20:13 ID:WLk25VKh
また愛国教徒がぞろぞろとww
ぶっちゃけ「古き良き日本」なんか洗脳だから

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 20:19:50 ID:FsA5hOx/
パラダイム変換というか悟ったというか。
まあ、騙されてたって感じか。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 20:58:04 ID:dBXtqvwL
2極化はほぼ完了してるんじゃね?アメリカに年間数兆円搾り取られてるし
だから日本人がいくら働いても年に1週間も休みが取れずに働き続け
家族とは疎遠になり子供は引き篭もりまさに蟻地獄
これがユダヤの日本人奴隷化計画の結果というわけだな

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 03:37:36 ID:tPj+Mttk
>>207
「古き良き日本」と考えられるものはあるよ。
ただそれを「洗脳」に使っている人もいるのは事実。
「日本の再生のために!」と言いながら自分に利益が来るように様々な
洗脳の仕掛けがね。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 13:05:00 ID:10a6T1nD
日本人は、外国のために働いている奴隷なんだな。


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 14:19:36 ID:D+SXoBWb
日本人ほど印象操作に疎い民族っていないでしょ
シナチョンのほうが、メディアリテラシーがあるんじゃないのか

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 15:51:29 ID:zOjSWUwz
東シナ海を東中国海にしろって、赤ネクタイが言ってました。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 16:03:23 ID:tRfSS/Vy
大本営のウソ八百に騙された事はメディアは取り上げないから皆忘れますた

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 16:41:05 ID:llbVare+
戦時中は新聞などは報道翼賛会を作って、戦争に協力したのだが
そういうことは一切報道しなもんね
調子のいいオポチョニストだな ジャーナリストだなんて言ったら
猫にでも笑われるよなあ

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 01:13:34 ID:QMXnEOYR
アムネスティインターナショナルより、
中国政府と米YAHOO!による検閲についての情報です。

政府がインターネットを監視する
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=168



217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 16:36:20 ID:tSlkHaFG
>もう一つ、興味深い数字がある。

> 警察庁の外郭団体「社会安全研究財団」が○二年に実施した世論調査によると、
>自分の居住地域の治安が悪化したとの回答が一割にとどまったのに対し、日本全体
>で治安が悪化しているとの回答は六割に上った。
>これとは別に、○四年の内閣府調査によると、国民が治安に関心を持ったきっかけ
>は、九割がテレビや新聞の報道だった。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 20:12:15 ID:52QH7b9m
そりゃ、一日に何時間もTVみてりゃ、影響受けるって

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 19:46:34 ID:LdKDvMYH
というか、支配しているのは人間ではなくて
違う力なんだろうね。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 22:04:25 ID:zDPUKnKK
>>219
そういう気もするが、そうとも限らない。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 13:00:33 ID:jIq3jmO3
そう、結局パンピーには知るすべがない!

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 15:22:24 ID:B2F5trfw
日本型っていってもねえ・・・
刀狩りや検地、士農工商なんてのはあんまり

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 19:35:10 ID:M8dPFhXH
これって共産主義を多少アレンジした物の様な…コミュニズムを標榜した国はファシズムに至っている現状をみると結局地続きって事かな

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 19:56:42 ID:iTZF1dtH

http://www.youtube.com/watch?v=LJhpBRgZScI&search=illuminaty

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 23:50:41 ID:/qeMPWO3
>219
悪魔だよ。聖書にも書いてある。この世の支配者はサタンですって。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 17:06:59 ID:X1ZMvqIB
聖書だなんて…。一神教は排他的だからな〜 まあ、支配するには便利な道具だけどね。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 22:33:14 ID:3F2ZObY5
224見たけどなんか気持ち悪いなー、これ。最後の方にブッシュたちがしてる
ハンドサインなんか特に。あれはどういう意味があるの?
俺英語さっぱりわかんないんだけど、メッセージの内容はどんな感じなの?
イルミナティが作る新世界ばんざーい!…とかじゃないよね。
音楽の雰囲気から察するに、奴らの企みを止めろ!って内容でしょ?
そうじゃないと困るんだけど。
いやー、変なモヤモヤが残るね、これ見ると…。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 21:11:06 ID:qYoRj3xl
五島勉って前にノストラダムスの時に騒がした人でしょ?
また同じなんじゃないの?

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 21:34:50 ID:Ln8TgfeK
>>224に貼られているリンクは削除されたとさ

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 22:58:16 ID:22HNimkg
頭の中に一神教がインストールされると
支配欲と服従欲がかきたてられますから、
従順で頭が悪い奴だと思考停止に陥りやすいし。

人は他人の言うことを無条件には聞きませんからね
ならどうやって『支配』するか・・・

軍産複合体が宗教に関して『新たな証拠』を創ってなきゃいいですけど、
自分達で作って自分達で本物認定してりゃ世話ないから。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 22:59:48 ID:p11ehh2O
このまま国際金融資本の権力が拡大していけば、世界は1984年の社会になるだろう。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 23:00:57 ID:Qv/W7UXB
最近やたら数字が気になる

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 23:22:31 ID:ocnthsyg
ダビンチ・コードが1000万部突破とかいってた。
中身はどうも聖書などに対するありえないゴシップなわけ。週間実話とかの延長。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 12:54:40 ID:keoNJmQV
>>223
アーレント読んだのかお前?

コミュニズム>ファシズム

ヴァルガスのざまからしてファシズムとやらは右翼の専売特許ではなくなった。
いや、ファシズム自体が弁証法的綜合でコミュニズムに淘汰された。
よくナチを過大評価するけど彼らがアカから戦術を学んだのはメディア史における定説としてよく登場するのは知られてないね(プロメテウスみたいなマルクスが縛られていたのにはワロタが
ヒトラーはナチのスパイになる前に共産政府の評議員だったし、ゲッベルスの手記にも他の幹部には見られない共産党を誉める文章が散見されるし、戦艦ポチョムキンとか十月とかのソビエト映画のファンだったとか。まぁ、失業する前は猛烈なインテリ左(ry
だから、選挙勝利の時も共産党を一人で励ましてた。
さらに独ソ間のポルシェ合戦は有名です。もし、当時のポルシェが若かったら、ロシア語を勉強して、工業公団長に・・・科学技術に関してもソ連の技術供与も一時期あった
まぁ、ヒトラーがマジギレしたのはメッシングをスターリンが庇護したのが原因だから、別にイデオロギーの問題ではないよ。

あと、中共をファシスト視するだけじゃ懲りない極左工作員たち。そういう事するから極右が真面目になっちゃって送金するんでしょうが。酷似しているからといってペロンを左翼とかコミュニストにはできないのだよ。
何れにしろ彼らの目的がコミュニズムとするならばファシズムは単なる手段の一つなだけであって、ナチもコミュニズムを手段の一つにしているわけ。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 14:17:17 ID:BzcDBrlm
日本では問題にされていないようだが、イスラエル訪問中の小泉首相がキッパというユダヤ教徒の帽子を被り、
ホロコースト博物館を訪問している写真がアラブ人、イスラム教徒の激憤を買っている。12日付のイラク・パト
ロールは激しい口調で論評した。

http://us.news3.yimg.com/us.i2.yimg.com/p/ap/20060712/capt.tok20407120921.israel_koizumi_visit_tok204.jpg


236 :名無しさんの主張:2006/07/21(金) 14:18:41 ID:mFWz6MD3
それで会談中にミサイル飛ばしたんかいw

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 20:56:31 ID:8IKQWHDR
共産主義の、「俺はシェークスピア全集より一片のパンが欲しい」的
人間精神の全否定たるクソ唯物論には吐き気を催すが
物質的に共産化は困るが水平化することは、俺には悪い事とは思えない

優秀な人間は、スポーツによって、純粋な恋愛によって、シェークスピアによって
結局精神と肉体とに多大な富を獲得するのだから

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 01:04:39 ID:UKEayPW5
>>236
ミサイルを飛ばしたのは日米の軍部だ。

239 :168:2006/07/30(日) 01:20:54 ID:Uiwo2uSq
↑妄想もいい加減にしろよ

240 :238:2006/07/30(日) 01:21:27 ID:UKEayPW5
↑ほんとだって。

241 ::2006/07/30(日) 01:48:39 ID:mmGMzvwi
168、238の方へ
そういう可能性も1%あるかもしれません。
どちらにしろミサイルを飛ばす行為自体がまずいのですが。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 13:22:55 ID:IhEPmywR
対決か!! 高山VS光の声一派

高山椿己(神の右腕)〜アメリカチーム・・・「罪罰」ブログ

VS

光の声一派(士族の末裔)〜シンガポール拠点
http://blogs.yahoo.co.jp/koji3tokyo/MYBLOG/yblog.html
【砂漠緑化】光の声【水素文明】5
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1153140018/l50


高山のブログは休憩
光の声一派はグランドデザインの必要性を主張
ほとんど動きの無い光と闇の戦い!
さあ!!結末やいかに!!!

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 01:38:32 ID:InMgYf2R
「カースト」とか「格差社会」とかまどろっこしく報道しないで「シナルキー」に統一すりゃいいのに

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 10:13:35 ID:10EVwH0s
【斎藤貴男「二極化・格差社会の真相」】

貧乏人が命がけで金持ちに奉仕する社会になる

“新たな段階”とは、日本列島を丸ごとアメリカの戦争の戦略拠点に提供すること以外の何物でもないのだ。
前回も指摘した徴兵制の構想は、早ければ数年のうちに浮上しよう。
あるいは格差社会がより拡大されて、戦争で手柄を立てるしか生きていくすべがない階層が量産されるのが先か。
貧乏人が命がけで金持ちに奉仕する米国式社会構造の完成こそ、実は構造改革のもうひとつの狙いなのだ。
http://gendai.net/?m=view&g=syakai&c=020&no=26171

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 17:13:03 ID:tGgfAUWy
age

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 23:10:28 ID:xt06Kl54
ほしゅ

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 03:59:50 ID:6wnzau1s
>>244
斎藤貴男の書くことはいつも薄っぺらで妄想の固まりだな。
左翼ジャーナリズムの論者がこの程度だというのは右翼にとっても
悲しいことだ。

>日本列島を丸ごとアメリカの戦争の戦略拠点
>徴兵制の構想は、早ければ数年のうちに浮上しよう。
>戦争で手柄を立てるしか生きていくすべがない

まともな軍事知識なしに己の妄想で戦略を語るとどうなるか、その
良い見本がこの斎藤貴男の駄文だ。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 15:27:27 ID:KOh4hZzq
クレーン船の企業(三国屋建設?)による不祥事を全く追求しないどころか
企業名すらまともに発表しないマスコミ・・・やらせかぁ?

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 16:45:42 ID:EZjEl1ag
超管理社会=管理の範囲を越えている社会=管理されていない社会=制御無き自由ってことだろ
だが真の自由とは制御があって存在するのだっていいたいんだよ だからマズイんだよ

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 20:00:38 ID:zUsRXwuJ
この国は敗戦してから、ずっとアメリカに管理、洗脳されたままだよな。
敗戦するってことは、そういうことなんだよな。


251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 22:19:44 ID:06AV4TDs
>>250
全くその通り!

戦いに勝っても『支配』できなきゃ意味がない
近隣諸国のなりすまし民族に権力を与え、国民の頭の中を徹底的に乗っ取り、都合の良い価値観を植え付ける
兵法でいう『分割統治』ってやつですな。

人間は情報を元にして動くから、情報を抑えてしまえば支配できる
アメリカがイラクを乗っ取っていくプロセスは参考になるぞ。


敵意のある三つの新聞は、千の銃剣よりも恐ろしい。
by ナポレオン

もし新聞がなかったら、フランス革命は起こらなかっただろう。
by ユゴー

米国では、大統領が四年間支配するが、新聞は永遠に支配する。
by ワイルド

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 01:25:13 ID:QLep4SMe
今はネットでむしろ管理社会から脱しつつあるんじゃないか
アメリカのメディアもそう語ってるし

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 05:17:43 ID:9wt7lEdO

■『10年後の日本』(『日本の論点』編集部・編/文藝春秋)2005/11出版

この『10年後の日本』には「夢のある未来」は描かれていません。
というより、まさに「悪夢の未来」が列挙されています。
その見出しから少し拾ってみますと――

 ・ 治安悪化――警官増員するも検挙率上がらず
 ・ 消費税二けた化――大幅引き上げは必至
 ・ 老朽化するインフラ――巨額の血税が廃墟列島に消える
 ・ 大量定年のその後――700万人が“無職老人”と化す
 ・ 逃げ切り世代の落とし穴――退職金、年金が危ない
 ・ がん人口急増――団塊世代ががん年齢まっただなかに
 ・ フリーター500万人時代――定職をもたずに老いる若者たち
 ・ ひきこもりの高齢化――親の負担から社会の負担へ
 ・ 虐待の連鎖――殴られて育った子が虐待する親になる
 ・ 切迫する大震災――30年以内に首都圏直撃の確率は70パーセント
 ・ 飽食の未来――食糧危機がやってくる
 ・ 財政破綻へのシナリオ――2010年、国債大量償還の危険


‥‥とまだまだ続きます。
とても10年後に夢など持てそうにはありませんが、
これが「日本の現実」なのです。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 13:17:54 ID:jeG1bTTy
>>252
むしろ日本の場合は逆だし

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 15:54:30 ID:IyiA55jz
>>252
アメリカの場合は管理社会というよりも監視社会。
特に911以降。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 11:41:21 ID:a9mf5VxO
>>254
日本も反マスコミ勢力が出来て脱しつつあると思う

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 20:55:12 ID:CPKV1FEk
>>253
日本終わったな

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 21:17:51 ID:QrCH7hn2
>>255
正解!
911から5年を経過して
空港で搭乗ロビーへ入る検査が少し緩くなってきたのを見計らったかのように
英で複数航空機利用テロの疑いで容疑者一味逮捕の報
また5年ほど行列が続くのかな

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 01:44:25 ID:/RKUGALc
やはり、究極的には人間の選別っていうか、
「遺伝子の管理」に行き着くんだろうね。

遠い将来、優生思想は復活すると思う。



260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 02:58:58 ID:APKX4Ctw
>>259

でも、人はみな平等というか、それでも皆生きているというか・・。

人間事態の進歩も必要だけど、必然的に、社会の方から、人間に合わせる

ようになってくると思う。優秀な人間がいなくちゃ、機能しない社会じゃなくてさ。


人がそれを望めば、なんでもできると思うよ。なんでもね。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 20:23:49 ID:uq952SBh
>>253
>・ 虐待の連鎖――殴られて育った子が虐待する親になる
日本の場合、甘やかしの方が心配。

>・ 切迫する大震災――30年以内に首都圏直撃の確率は70パーセント
世界の60%の地震が発生する日本なら「大震災が来るぞ」と言っておけば誰でも当たる。

>・ 飽食の未来――食糧危機がやってくる
未来より現状の食物時給率40%をなんとかした方がよさげ。

この手の本は不安を煽らないと売れないのでご了承ください
「これからの日本は安泰だから大丈夫」なんて本を買うヤシはいませんから。

夢ってのは社会に与えられるものじゃない
自分自身を取り戻すことで初めて手に入るものなんだ
それはどんな時代でもどんな環境でも変わらない。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 17:09:56 ID:saQ4/Fv3
ネットも監視社会だけどね

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 18:26:51 ID:Or8jpnN0
あげ


264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 00:35:58 ID:C5IPLc0B
カルト資本主義 (文庫)
斎藤 貴男

京セラ『稲盛和夫』の信仰。ソニーと超能力。船井幸雄と労務管理。
生きがい商法「アムウェイ」。永久機関開発に群がる大企業──

バブル崩壊以降の90年代、日本の企業社会は、寄り添うようにオカルティズムに傾斜していった。
ソニーの中にあった「超能力」研究所。
エネルギー保存則によってその存在を否定されたはずの「永久機関」に投資する商社。
科学技術庁のオカルト研究会。
一見バラバラに見えるこれらの現象はその深層海流でつながっていた。

なぜ大衆はオカルティズムに魅かれるか?
終末思想を説く人の真の目的は? バブル崩壊後、忽然と現れたオカルティズムと日本の企業社会との関係を、
歴史的な考察、取材をもとに浮き彫りにしたノンフィクション。

第1章 ソニーと「超能力」
第2章 「永久機関」に群がる人々
第3章 京セラ「稲盛和夫」という呪術師
第4章 科学技術庁のオカルト研究
第5章 「万能」微生物EMと世界救世教
第6章 オカルトビジネスのドン「船井幸雄」
第7章 ヤマギシ会―日本企業のユートピア
第8章 米国政府が売り込むアムウェイ商法
終章 カルト資本主義の時代
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4167443023/sr=1-1/qid=1157814163/ref=sr_1_1/249-5850645-2146764?ie=UTF8&s=books

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 19:01:11 ID:5vWvXyUO
http://homepage.mac.com/chibi_maruko/tama/

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 19:40:11 ID:nJRtT2q+

虹の戦士たちへ 物質文明 ▽ クニツカミ ▽
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1159291169/l50

虹の戦士たちへ 精神文明 ▽ アマツカミ ▽
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1159165436/l50


oneくんがアセンション祭を実行するそうです。
ホゼとは関係なしと言っています。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 16:05:25 ID:k+Nbds5j
カルトが政治を握るとお札もこうなる。 YOUTUBE

http://www.youtube.com/watch?v=1HgSz6EHb-g

検証するべし

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 08:54:45 ID:fIRci7sO
東方の実験場とは、日本ではありません。
東欧、ロシア、中共、北朝鮮を指しています。
特に北朝鮮の場合、労働党エリートと一般大衆に見事二分されてます。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 10:23:56 ID:5S9yZtsG
>>268
いや、基礎実験場は日本でしょう。
愚民化と経済コントロールで人口抑制に成功した。
実証実験というか応用が中国とインド。
ここで人的資源の生産管理体制を完成させる算段かと。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 10:35:27 ID:M72aict2
人的資源というと聞こえはいいが、こりゃもうモノ扱いだな・・・。
しかし愚民化実験が実際に成功した以上、くだらん愚痴は俺も控えたいところだ。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 16:39:58 ID:+BQmIPo7
新年あげ

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 18:22:35 ID:x9GZ0kyz
兄貴の社会がくるのか!

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 11:19:21 ID:6KrfSs46
宇宙全体にあるアカシックレコードに気付きはじめたんだろな。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 11:50:56 ID:+eZldc1r
>>264
水瓶座(アクエリアス)の陰謀が入ってないね

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 13:58:41 ID:NsEo6aSk
>>269
同意!
残すは、烈しい滅亡だけだよ!



104 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)