5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

地球温暖化を真面目に考えるスレ

1 :ななめですがなにか?:2006/07/24(月) 20:50:20
皆さんで地球温暖化を真面目に語り合いましょう
真面目じゃないやつ逝ってよし

2 :名無電力14001:2006/07/24(月) 21:19:48
野生の虎は、後10年で絶滅します。

ttp://teamrenzan.com/hara/

3 :名無電力14001:2006/07/24(月) 21:47:44
アリの巣コロリってあるじゃん。
蟻の行列にポンと置くと、一瞬ビックリして列が乱れる。
邪魔だなと言わんばかりに迂回する列が出来る。
そのうち好奇心旺盛な一匹がアリの巣コロリに入る。
そいつをマネして何匹も入る。
毒とも知らずにツブツブを運び出す。一匹が一粒づつ。
いつのまにか行列はアリの巣コロリが折り返し地点になる。
黄色い粒と黒い蟻が作り出す模様は綺麗で見てて楽しい。
一匹が一粒づつ、丁寧にせっせと毒の粒を運ぶ。
せっせと、せっせと、せっせと、せっせと。
蟻さんって働き者だなと思う。俺も頑張らなきゃなと思う。
次の日、あれほど沢山いて俺を困らせた蟻が一匹もいない。
ほんとにいない。探してもいない。泣きたくなった。                   


このレスを見た人は4日後にあなたの大切な人がいなくなるでしょう・・・・
それが嫌ならこのレスを5つの板にコピペしてください。 
信じるか信じないかはあなた次第です。

4 :億kw:2006/07/24(月) 23:11:19
馬鹿な>>3はほっといて
その膨大な使用に頼ってる化石燃料は.特に石油天然ガスは早晩枯渇する
人類は100年とか出なく3,4十年で枯渇に対応せざるをえない、その枯渇対策を早めにすればそれがすなわち温暖化防止なのだ

温暖化防止は決してマイナスでない、むしろ未来を開く道

 まず化石燃料の次にどういうエネルギーを使えるか研究しよう.その方向を踏まえよう、次にまず車を脱石油を徐々にすることを考えよう
なんといっても車が入り口、車をあまり使わない都会はまずクーラーの控えめ、いずれは太陽光発電による昼だけクーラーになることもかんがえよう」



 

5 :名無電力14001:2006/07/24(月) 23:45:49
>>4
はいはいわろすわろす

重複
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/atom/1037156323/l50

6 :ななめですがなにか?:2006/07/25(火) 08:25:52
やっぱり真面目に考えないとやばいことになるぞ


7 :名無電力14001:2006/07/25(火) 09:46:44
>>5 どこがおかしい?

8 :名無電力14001:2006/07/25(火) 10:07:25
冬が寒いのはなぜ?

9 :名無電力14001:2006/07/25(火) 13:41:23
>>8日本が北半球にあって地球の地軸が公転面に対して傾いてるから。

10 :名無電力14001:2006/07/25(火) 20:19:35
化石燃料が数十年後に枯渇するということは
数十年前からいわれている。
今残っている燃料をいかに有効利用するかが問題だ

11 :名無電力14001:2006/07/25(火) 21:23:49
首都圏は土地が高いから、倉庫代をケチってトラックに荷物を乗せたまま
公道をぐるぐる回っているトラックが結構ある。アレを何とかすれば
マイナス6%などすぐ達成できると思うが。

12 :名無電力14001:2006/07/25(火) 23:42:27
>>10某英経済学者が最近発表した論文だと、石炭がまだまだあるから当分余裕って言ってる。
まぁ、そこらへんはわからないけど、もう化石燃料はイラネ。早くリニューアブルに転換汁!

13 :名無電力14001:2006/07/26(水) 20:48:08
ハイリスクハイリターンな原子力を使うか
ローリスクローリターンな風力・太陽光を使うか
ローリスクハイリターンなエネルギー減は・・・人力?

14 :名無電力14001:2006/07/27(木) 21:52:04
突然ですがクイズです。

次のうち、地球温暖化について正しく書かれた文章には○、間違っている文章には×をつけなさい。
[問一]人為的なCO2排出を大幅に削減しさえすれば、地球温暖化の進行を絶対に
   食い止めることができる。
[問二]もしも、北極の氷河が全部溶ければ、世界の海水面は平均約5メートル上昇する。

正解は数日後・・・。


15 :名無電力14001:2006/07/28(金) 21:36:38
 1がややまる 2はばつ

16 :名無電力14001:2006/07/28(金) 21:39:50
>>13
エネルギー保存則から原子力と風力太陽光類の2種のエネルギーしかない

 石炭でやって、CO2を地中処理するというのがちょっとはあるかな
超大規模にはできんだろう

17 :名無電力14001:2006/07/29(土) 09:20:25
>>14
1は×。今更大幅に削減してもある程度上昇はする。>>14はCO2が主因じゃないからって言いたいのかもしれんが。
97年くらいの段階ならそういう説もかなり有力だったがね。

2は『北極だけ』なら×だな。

18 :名無電力14001:2006/07/29(土) 21:37:30
無駄な公共工事すべて廃止するだけで
たくさんの排気ガスと無駄な税金が削減できる
(道路工事の渋滞も大幅に減るから自動車の排気ガス削減もできる)
むだな税金出費と二酸化炭素排出を大幅に減らす一石二鳥のいいアイデアだと思う
から国会に提出してよ

19 :名無電力14001:2006/07/29(土) 21:58:08
北極に氷河はないんだが。。。w

20 :名無電力14001:2006/07/29(土) 22:23:22
  地球温暖化の進行かなり食い止めるためには、人為的なCO2排出を大幅に削減しなくてはならないということだから1はかなり○

21 :名無電力14001:2006/08/13(日) 03:07:32
産業革命以降地球の温度は上がり続けているというからねぇ
ならば、現代文明を放棄すればいいか、って言っても難しいよね
特にひどいのは車だよな。大量のガソリンを消費し、大量の排気ガスを撒き散らすこの走る公害は大きな問題だよ
車を走らせるために草木を伐採し大地をアスファルトで覆ってしまったことも大変深刻だと思う
この車とコンクリート砂漠が現代病のアトピーやぜんそく、花粉症のアレルギー疾患などの元凶と考えられても不思議じゃない
かといって車のない生活は不便だし、国としても今さら自動車産業やめられないだろうし。
とかく人の世は問題だらけですな。う〜ん、まさに地獄だ。


22 :名無電力14001:2006/08/13(日) 05:05:48
>>21
1980年代初期まで地球の平均気温は下降していたんだが。
ソースはどっかググってくれ。

23 :名無電力14001:2006/08/13(日) 08:49:56
あのさ、1グラムの水を1度上昇させる時に必要なエネルギーの量が1カロリーだっけ?
地球ってさ、地面とか水とか大気とか、地球の平均温度に関係する物質があるけどさ、
地球の平均温度を2〜5℃上げる為のエネルギーってどのくらいなんだろうね。
部屋の空気を2〜5℃上げるのはすぐだけどさ、体育館レベルだとかなり時間がかかるようになるよね。
それが地球レベルっておそろしいわ。

24 :名無電力14001:2006/08/13(日) 09:00:53
0,00000000000001℃上げるだけのエネルギーが原爆以上のエネルギーだったりしてなw

25 :他力本願寺:2006/08/13(日) 12:05:56
理系の人計算よろ

26 :最下層 ◆GIYSgVHmog :2006/12/29(金) 15:16:35
最下層へようこそ(´;ω;)

27 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/12/29(金) 19:38:20
冬型の気圧配置と寒気の影響で、西日本から北日本にかけての広い範囲で雪が
降りました。西日本などの雪は峠を越えましたが、東北の日本海側と北陸では、
29日夜遅くまで風が強く、山沿いを中心に雪が降り続く見込みです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    気候というのは一種の流体だからね。温暖化で
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /    単純に「あったかくなる」という訳ではない。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| つまり温度上昇によって気象の流動は激しく
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l なるため、局所的に極寒も起こりうると。 (・д・ )

06.12.29 NHK「北陸以北の日本海側 強風と雪」
http://www3.nhk.or.jp/news/2006/12/29/k20061229000100.html

28 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/12(金) 23:02:17
  2050年に(いやたぶん2035−2040年に)化石燃料の使用量を60-67%減らす(今より)試算をしてみよう。
1990年基準だと67%以上もへらさなければいけない、もうちょっと上だろうが、2040年で67減としてみよう

全消費エネルギーは産業用が45%、民生用と運輸が55%だという、うち運輸が25%くらいのようだ、
全エネルギーのうち17%は原子力と水力だから.減らすべきエネルギーは化石からのエネルギーで67%*83%で56から57%である


まず車を中小型を、主として電気で走るようにする、効率があがる、更に総走行距離を小さくする、
第3に長距離貨物はすべてといってくらい鉄道輸送にする(電気化ではある)これで17%減残り8%くらいにできないか.
ただし火力発電からの電気を雨の日の次にちょっとは使うから其れが3%、差し引き14%減

 運輸の次に民生用では30%のうち15−17%くらいが暖房と給湯であるようだ、これをこたつ中心と
ビルはさむいままさらにそうそうお湯を使わないとするとにするとここから8%くらい引けないか.相当寒い中をすごすことにはなる

 第三に総エネルギーのうち電力が40%あるがこのうちの火力発電の分の6割を4000億kwhを太陽光風力にする、
この分の削減量は40%*40%で全エネルギからは16%

 3部門の削減量をあわせると38%になる残り19%のうち産業等から45%のうち13−15%.
暖房給湯以外の民生用から4ー6%だろうか、これで57%になる,産業からもっとひけるかもしれないが予備

以上焦点を運輸暖房給湯に合わせてみた

 この計算どうおもうか、むろん非常に大雑把で根拠も今いちだが

 これを2035年か2040年までにして(早いほうがいい)2050年までにもうちょっと(きついよ)絞るのである
 
文中削減するエネルギーは化石燃料の分である
この分のエネルギーが各部門から全部使えなくなるかというとそうでない

原子力発電と太陽光風力発電から補充するエネルギーが若干ある


29 :名無電力14001:2007/01/13(土) 11:52:00
温暖化を食い止める為に何か出来る事があれば、
是非やりたいと思う

30 :名無しさん:2007/01/13(土) 11:56:38
ドイツでは車を動かす燃料に
水素を使っているらしいです
だからガソリンスタンドには水素が流れているそうです
水素は宇宙には無限にあると聞いていたので
これはけっこう使えるじゃないか?と思って書き込みしました

31 :名無電力14001:2007/01/13(土) 11:59:39
無限じゃないがかなりの量の水素が宇宙にはある。ただし、軽いので地球には
水素自体が少ない。欧州の水素スタンドは水道水を電気分解して水素を作って
いると聞いたことがある。問題はその分解するのに必要な電気をどうするかと
言うことだ。

32 :名無電力14001:2007/01/13(土) 13:03:30
>>28
>この計算どうおもうか、むろん非常に大雑把で根拠も今いちだが

根拠は「今いち」ではなく「皆無」であり、大雑把というより妄想そのものである。


33 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/13(土) 13:28:17
  皆無だとしか思えないのは失礼だが相当00ですよ

34 :名無電力14001:2007/01/13(土) 14:52:49
このサイトは無視できないぞ!

http://env01.cool.ne.jp/

本もオススメ!

35 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/13(土) 19:53:34
>>34 はどきどきいるいかれたやつ
世界の科学者はみな変やつぞろいで全て間違えてる。CO2は温暖化の原因でないという妄想に取り付かれたいわば病気
石油中毒症のと一種か、意外とおおくいるけどね

36 :名無電力14001:2007/01/13(土) 19:56:59
>>35


37 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/13(土) 22:57:47
>>35 いかれたやつというのは悪口過ぎるが、石油中毒症は多いだろうなあ

38 :名無電力14001:2007/01/13(土) 23:33:45
日本の海外投資が地球温暖化を加速させている。
と言ってみる。
結局自分達の利益を求めるあまりに自分の首を絞めているんだよ。
それに気付かないと温暖化は止まらないだろうね。

39 :名無電力14001:2007/01/13(土) 23:50:50
危機感なさすぎる、下手に子孫残せないよ

40 :名無電力14001:2007/01/14(日) 02:29:13
>>35
え?CO2はまったく根拠ないと思うけど。

・温室効果は水蒸気が圧倒的(全温室効果7割〜9割が水蒸気)

・CO2による温室効果の現れ方は大気中水蒸気濃度の低い地域であり、低い時期。=乾燥している冬に暖冬として現れる。

・CO2濃度の上昇によって最も顕著な気温上昇が現れるはずの極地方で、著しい気温の低下が観測され氷原が拡大している。

・同じくグリーンランドでは沿岸部とその周辺では氷河の厚さが減少しているが、内陸部では増加している。

・第二次世界大戦後の大気中のCO2濃度の上昇率が大きくなった時期に逆に低温化していた。=CO2温暖化説の矛盾。

・特に(産工業の急発達でCO2が増加した)70年代からは寒冷化が心配され、事実平均気温は下がった。現在の気温上昇はむしろ『普通の状態に戻りつつある』といってもよい。

・スーパーコンピュータの気候予測シュミレーションでは異常気象と関連付けることは非常に困難。そもそも気候変動とはシュミレーションにはなじまない現象である。

・そもそもCO2が原因で気温上昇したのでなはく、気温上昇が原因でCO2が増加した可能性が極めて高い。CO2は太陽活動による海面水温変動と相関性が非常に強い。=CO2濃度を変動させる主因の一つは海面水温(温度が上がって海中のCO2が溶けだす)。

・つまるところ温暖化の真の原因は自然(太陽)活動である可能性が最も有力で説得力がある。CO2温暖化脅威説には検証すればするほど科学的根拠はなく、政治的に利用されたにすぎない。


これはCO2温暖化説否定論のほんの一例。

具体的にどこがどう間違ってるのか教えて下さい!

41 :名無電力14001:2007/01/14(日) 06:44:54
俺様理論ではすべて間違い。CO2温暖化説は正しいのだよ。

42 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/14(日) 07:02:33
  世界でCO2原因説を言ってる科学者は全て間違いで人類はだまされてるというのか
>>40なんぞはよく見る是、そういう議論は以前はあったのだよ

43 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/14(日) 07:07:35
>>40の 3とか7見れば妄想屋が書いてると一目瞭然、今北極がどうなってると思ってるのか

44 :名無電力14001:2007/01/14(日) 12:06:01
(^_^;)???
今、北極で海氷が縮小しているのは知ってる。でもそれは1970年代の寒冷化からの回復過程と考えられると思うよ。(70年代の北極の海氷は1年間で12%増加という異常な拡大をみせた)

それでもまだ妄想?

45 :名無電力14001:2007/01/14(日) 12:08:09
あらためてCO2温暖化説の根拠はなんですか?

46 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/14(日) 12:37:40
>>45 君が石油中毒症でないという根拠はなんだ

47 :名無電力14001:2007/01/14(日) 13:35:13
失礼ですが石油中毒症の意味がよくわかりません。石油依存ってこと?
まぁなににしろ人為的CO2排出が温暖化の原因にしてしまうのは乱暴すぎる。観測事実と矛盾してしまう。CO2温暖化否定をしている科学者は少数派ながらいることは事実。なかには荒唐無稽な説を展開している人もいるがw。

独善的で嫌悪感を感じてしまうことは無理ないけど、CO2温暖化否定論は妄想なんかじゃないよ。

48 :名無電力14001:2007/01/14(日) 13:35:47
>>46
それでは全然答えになっていないことは自分で理解できるよな?w
「CO2が温暖化の原因である」
というのは、現在においてもあくまでも仮説。
仮説であることを否定できる学者こそ、この世界に一人もいない。

その「仮説」を「事実だぁ〜」と言い出すならば、そう信じる根拠を
示すのは当然のこと。

まあ、億馬鹿には無理だがね。w

49 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/14(日) 14:14:39
  中毒症の多くは自覚できないんだよ
自分ではCO2が温暖化の原因だってのはうそだろう、つくりごとだろうとしかおもえない

きみは 人為要因の主はCO2が原因だといってる多数派の科学者の頭の中はどうなってると妄想してるんのかな??

50 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/14(日) 14:15:23
>>49>>47

51 :名無電力14001:2007/01/14(日) 14:22:27
「温暖化二酸化炭素原因説」は仮説です。

52 :名無電力14001:2007/01/14(日) 15:54:26
根拠を示しているにも関わらず何の反論もしないで中毒症呼ばわりするのは説得力に欠けるといわざるをえない。
以下>>49の反論
・『中毒症の多くは自覚できないんだよ』
確かに空論を盲信することは危険だが、CO2温暖化否定論はそのような邪説とはまったく異なる。きちんとした根拠がある(根拠についてはほんの一例ではあるがすでに>>40>>44で述べた)。


・『きみは 人為要因の主はCO2…(略)…』
……といってるがそもそも日本語が変ではないかw
とりあえず反論をすると、北極海やグリーンランド、南極または70年代懸念された寒冷化などの観測事実等を見ればCO2と温暖化は何ら関係ないと断言できる。>>40>>44

したがってCO2温暖化脅威説を支持している科学者が大勢いることについては危惧すべきことだと思う。

これが私の見解だ。

53 :名無電力14001:2007/01/14(日) 16:30:49
そういや、CO2が原因の温暖化を指示している科学者が多数居るっていうが、
本当に多数の割合を占めてるのか?マスコミの宣伝で数多くの科学者が指示している
感じがするが、実際多数決取ったらそんなこと無かったりして。プラズマで有名な
早稲田の某教授は温暖化を頭から否定してたし。

54 :名無電力14001:2007/01/14(日) 17:29:46
確かにそうなのかも。
マスコミが情報操作しているにすぎないのかな?

まぁいずれにしろCO2温暖化脅威説の根拠は薄弱だからCO2温暖化否定論者が増えるのはむしろ科学者として自然な成り行きだと思う。

55 :名無電力14001:2007/01/14(日) 21:40:38
アイスホッケースティック論争

西暦1000年ごろから1400年ごろまでの温暖な時代には、北極圏に
近いグリーンランドにアイスランドの人々が移民して、農業を行っていた。
彼らはコロンブスよりはるかに前に北米大陸を探検していたが、その後の
気候の寒冷化によって農耕ができなくなって入植地から撤退し、その後
現在までグリーンランドでは農業は行われていない。こうした歴史的事実
からも、中世に今より温暖な時代があったことが分かる。



56 :名無電力14001:2007/01/14(日) 22:11:04
アルベドコントロールすれば、
地球の気温はだいぶ下がるよ。
まぁ、エグイほどハイリスクだけどね。

57 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/14(日) 22:58:09
  ふんふん、化石燃料を67%も削減なんてとんでもないひどいことになると
感じれば、まてよ温暖化はCO2のせいじゃないんではないかと考えたくなる

 アメリカが2002年に世界に向かって政府始め一部科学者も入りそう発言して.物議をかもした
、というか世界中の顰蹙を買った、もう過去のことだ、最後にブッシュがまともな科学者に説得された、

 むろん反論は上のようなものでひとおとり議論された.4年後に2ちゃんに出でのかそんなものだ
確かに67%もの削減は大変だ

 

58 :名無電力14001:2007/01/14(日) 23:44:33
>>57
おいおい、「ひととおり議論された」その内容を聞かれてるんだよ。(アホ


59 :名無電力14001:2007/01/15(月) 11:37:08
すべての答えは出ている。 「人口抑制」です。人が大杉
人が減れば車も減る、温暖化も抑制できるのです。日本は
人口が減少に転じました。人口の多い国や出生率の多い国に
規制をかけるべきです。人類滅亡の危機に経済がどうのこうの
言ってる場合ではありません。

60 :名無電力14001:2007/01/15(月) 11:38:27
http://www.arkot.com/jinkou/index.htm#suii

61 :名無電力14001:2007/01/15(月) 14:47:43
温暖化すること自体は生物にとって好ましい現象だといえる。byCO2温暖化否定論

詳しくはまた後でね。

62 :名無電力14001:2007/01/15(月) 18:07:13
植物を植えろ!
風力発電だけでは無理なのか!?

63 :名無電力14001:2007/01/16(火) 01:12:15
明日だっけ?news23にゴアが出るみたいですね。

>>59 人が大杉←同感
でも、他国に出生率低下の規制を課すのはまず無理。
戦時下の国で出生率が高かったりするので、そんな国はまず飲まない。
中国は一人っ子政策してるがその歪みもあるだろうし、よくやるもんだと感心。
日本は人口減少に転じてはいるが、23の筑紫が言うには、温室ガス+8-6=14という現状(まだ目標まで8足りない)では、
日本は他国に意見する立場に無い。むしろ世界の手本となるようなモデルを目指すべき。
新エネルギーでも出来ないと根本的解決方法は無いんだろうね・・。

64 :63:2007/01/16(火) 01:18:21
人口減少に転じてはいるが←ゴメ、間違いか、「今後減少に転ずる可能性がある」


65 :名無しさん:2007/01/16(火) 12:22:24
二酸化炭素が温暖化の原因じゃないというのは本当ですか?
知らなかった・・・
ではオゾン層が破壊されているのって
二酸化炭素のせいではないんですか?
自分はオゾン層が二酸化炭素のせいで破壊されて
有害な紫外線が直接降り注いでいるから、
地球があたたまっているのだと思っていました
アホな横槍すみません;;

66 :名無電力14001:2007/01/16(火) 12:45:30
地球は温暖化傾向だが、何で温暖化してるのかよくわかっていない。
温度に比例してCO2濃度も増えてるからこれじゃねーか?と言う仮説に過ぎない。

67 :名無電力14001:2007/01/16(火) 15:55:39
>>65注意!
オゾン層破壊の原因は二酸化炭素じゃなくてフロンガスだよ。

もっともフロンガス説も最近批判がある。

詳しくはまた後でね。

68 :名無電力14001:2007/01/16(火) 17:33:21
>>61つづき

温暖化自体は生物に悪影響ではない……その理由

・温暖化は水循環を活発にし、農作物の栽培敵地が拡大する。

・温暖化で海水位が上昇することはない。
※理由


69 :名無電力14001:2007/01/16(火) 18:14:08
>>68つづき

!!温暖化すると南極大陸の氷は多くなる。

氷が溶けて崩れる量より、海水の蒸発によって増える降雪のほうが多い。

↑↑南極大陸はほとんどが一年中氷点下で氷河の後退は見られない。

南極では今現在明らかに氷河は増加傾向にある。


!!1978〜2000年の間に北極で20%の海氷が消滅した(NASA)。

マスコミはこのまま温暖化が進めば海氷が消滅するとまで煽り立てた。

>>44でも言及したが、1970年代は寒冷化が大きな話題となった。

その寒冷化は一年間で北極の海氷面積が12%増加するという17〜18世紀の小氷期に匹敵する。

現在の気候はこの異常な寒冷化からの回復過程と考えられる。

>>55の方が言及したとおりかつては文字通り『緑の島』だったグリーンランドは17〜18世紀の小氷期に氷の島と化した。

そして19世紀後半から再び気温が上昇に転じている。

ただしそれは一貫した上昇ではない。

前途のような70年代の寒冷期を経て平均0.5度程度上昇したに過ぎない。


!つづく

70 :名無電力14001:2007/01/16(火) 19:01:19
>>69つづき

!!仮に北極海に浮かぶ氷が融解したとしても海水位の上昇には結び付かない。

地球上の氷河は90%以上グリーンランドと南極大陸にある。

また繰り返し言うように氷が溶けて崩れる量より、海水の蒸発によって増える降雪(降水)のほうが多い。(温暖化による水循環の活発)

よって海面水位が上昇するという主張には科学的根拠はない。

=温暖化は生物に悪影響な現象ではない。



まだまだ続く
つづきはまた後でね。

※文章がきちんとまとまらなくてごめんなさい。
納得いかぬ点等あると思います。

質問してくれれば解る範囲で答えます。


まぁこの論が正しいかどうかは別として知らないよりは知っといたほうがよいと思います。

71 :名無電力14001:2007/01/16(火) 21:19:46
温暖化による海水の膨張っての聞いたことあるな。
水の温度上昇による膨張なんて微々たるものだけど、
海ほどあつまればバカにできないそうな。
しかも膨張のペースは非常にゆっくりだから例え
今すぐ温暖化が止まっても膨張は続き、ツバルの
ような島国は沈んでしまうとか。

72 :名無電力14001:2007/01/16(火) 22:16:54
>>70にはまだまだ続きがあるんだけど>>71の海水の温度上昇に伴う体積膨張説についていうと……。

◎温暖化によって海水は表面から熱を受けることになる。

液体は下から加熱されると対流によっては熱は液体全体に輸送される。

※ココカラ重要

!!しかし上から加熱された場合は対流が起こらない。

海水温の上昇は表層の限られた範囲にとどまると考えられる。

仮に水深200mまで影響を受けるとする。

1度の気温上昇で起こる海水位の上昇は4p程度(計算省略)。

よってさほど問題扱いするほどではないと考ることができます。

73 :名無電力14001:2007/01/16(火) 23:02:07
10度上がっても40pか。そんなもんなのか。

74 :名無電力14001:2007/01/17(水) 00:49:24
異常気象はどう説明するんだい?         あと適当なこというのやめてくれる


環境破壊促進させんな

みんな

絶滅したいの?

自分にできることからしていこ

75 :名無電力14001:2007/01/17(水) 00:52:14
とりあえず何か始めよう。話しはそれからだ

76 :名無電力14001:2007/01/17(水) 01:28:43
・巨大タンク作って雨水を貯めたら?その水を再利用したり。
・ゴミ類を機械で極限までプッシュ圧縮したらどうなる?
・地球の氷が溶けてるなら逆に冷却装置を作って凍らせたら?
・世界の国々から協力を募って環境地球防衛軍を作って募金を作り活動するとか

77 :名無電力14001:2007/01/17(水) 01:31:05
とりあえず日本政府が日本の不要な道路を壊して植林するとか

78 :名無電力14001:2007/01/17(水) 01:32:56
車とエアコン。この二つだな

79 :名無電力14001:2007/01/17(水) 01:33:31
オゾン層を人工的に創る、もしくはオゾン層に変わるバリアみたいなものを創る

80 :名無電力14001:2007/01/17(水) 01:35:47
トラック無くして、バスのトラックみたいな車を作る。バイオ燃料の

81 :ミク:2007/01/17(水) 03:01:06
地球破滅はそう遠くないよ!それから日本沈没も…
CO2を多く出しているワースト一位はアメリカ。二位は中国だそうです。
経済成長にばかり執着し,地球環境なんかどうでもいいブッシュ大統領…金の亡者
研究結果が出ていても,現実を受け止めずあらゆる産業を進めている。
中国は深刻に受け止め,鉄鋼産業を盛んに行っているがCO2の排出量を減らす対策を政府が公に発表した。
もう国レベルで取り組まなければ手遅れですね。
世界中に起きている様々な災害も人間の都合でしてきたことの天罰なのかも知れません。
この世は因果応報…今まさにその状態なのですね。
私達人類は美しい自然の中に生かされているということを,いつからか忘れてしまったんでしょう。
便利になった現代の代償は,あまりにも大きいということか…
〔自分に出来ること〕
必要最低限の車使用(アイドリングしない)
ヘアスプレーの使用を最低限にする。フロンガスも原因だから。
エコの生活を心掛ける!



82 :名無電力14001:2007/01/17(水) 05:28:51
北極と南極に巨大クーラーを設置する
電気は原発2個でなんとかなる
地球温暖化はこれで解決

83 :名無しさん:2007/01/17(水) 09:56:36
やっぱりまず自分から何か始めなければいけませんね・・!
やっぱり省エネでしょうか
夏は冷房の温度を下げすぎないとか?

84 :名無電力14001:2007/01/17(水) 10:49:32
寒がりの俺は冬の暖房温度をガンガン上げてます。

85 :名無電力14001:2007/01/17(水) 14:38:40
>>74『あと適当なこというのやめてくれる』文章がいかにも適当な印象を受けるかもしれないが、自分はかなり真面目に書き込みました。

それに”適当”だけじゃ全然説得力ない。どこがどう間違っているのか指摘してもらえばありがたいです。

今まで自分が示した論は少数派だけど、今温暖化脅威説が跋扈(ばっこ)しすぎている。
だから『ちょっと待てよ』っていう意見も必要だと思う。"少数派"="異端"ではないよね。少なくとも耳を傾ける必要はあると思う。空論じゃないし。

『異常気象はどう説明するんだい?』

説明できます。が(笑)
、文字だけだと説明が伝わりにくいうえ、話がすごい長くなります。
そもそも"異常気象"とは何かというところから話が始まるので非常に面倒臭い。

とりあえず端的にいうと……。

・過去の地球をみてみると温暖だった時期と寒冷だった時期が交互にある。(これは屋久杉の炭素同位体分析と尾瀬ヶ原の花粉分析で明らかになった)

※ココカラ重要

過去2000年間で見ても100年間で3〜4度の変化は決して稀でない。普通な出来事として人類は経験している。

=過去の記録から帰納的に言えることは文明は温暖期に栄えている(具体的なことは省略)。

寒冷期には飢饉が頻発したりしている(日本)。
温暖化すると異常気象が頻発するという割りには過去の歴史の史実に異常気象の記述が極端に少ない。

科学的な視点からみた歴史的な事実とも矛盾する。
早い話、"異常気象の頻発"はありえない。

そもそも問題はありもしない異常気象や温暖化ではない。

書き込みしすぎたのでこの続きはまた後でね。

86 :名無電力14001:2007/01/17(水) 14:43:09
>>85
>"異常気象の頻発"はありえない。

現在、日本のみならず、世界中で異常気象が頻発してますが??

87 :名無電力14001:2007/01/17(水) 17:34:09
ガイアを守れ

88 :名無電力14001:2007/01/17(水) 17:45:27
>>86
だからさ、何をもって「異常気象」としているのか
明確して味噌。

89 :名無電力14001:2007/01/17(水) 18:26:07
この間学校で地球温暖化はCO2のせいじゃないって習ったよ
でもここ1週間で地球温暖化に関するニュースを5回は見たね。
CO2が原因じゃないって言われると余計気になって見ちゃうんだけど
本当に正しいのはどっちなのかまだ良くわからない。
でもリサイクルとか考えるのは良い事だと思うし、どっちにしたって
自然を大切にしていこうと思えればいいかなと思うんだけど・・・

つたない文章でスマン・・・


90 :名無電力14001:2007/01/17(水) 20:32:23
既出な内容だったらすいません。
以前、ある大学の経済経営学部の教授の模擬授業を受ける機会があったんですが、そのときのテーマが「資源と環境を考える」についてで、内容は
・ペットボトルリサイクルは分別や運搬、洗浄などで逆にゴミを多く出して石油も多く使ってしまう。
・古紙リサイクルでもペットボトルと同様資源をムダにするだけ。
などでした。環境問題に関心がありリサイクルをもっともっと進めていかないといけないと思っていた私はその授業でとてもショックを受けました。実際、リサイクルはすべきかしないべきかどうなんでしょう??

91 :名無電力14001:2007/01/17(水) 20:37:34
>>90
本当だとしたら驚きです。そうだとするとなぜあえてリサイクルするんでしょう?
新しく作るより安いとか・・・?

92 :名無電力14001:2007/01/17(水) 20:54:22
授業の資料プリントにはペットボトルのリサイクルの場合、新品ボトルは7.4円、再生ボトルは27.4円のコストがかかるそうです。
他にも、レジ袋を日本人が一年間使わないと、50年後石油が枯渇するしたとき1.8日枯渇が延期するだけ、という事も言っていました。
あの授業の主旨は、
世間の常識は誤っているかもしれない。新聞や本にも誤解間違いがある。事実か自分で確かめる。科学的に考えるようにする。
というもので経済学の先生だったので、何とも言えないんですが、頭に引っ掛かっていて...

93 :名無電力14001:2007/01/17(水) 21:04:01
>>92
>新品ボトルは7.4円、再生ボトルは27.4円のコスト

本当になにが真実なのか分からなくなりますね。
自分で確かめることは重要かもしれませんが大多数の人は専門知識がないわけで
考えることもなかなか難しいなと思ってしまいます・・・


94 :名無電力14001:2007/01/17(水) 21:29:57
>>92
よく調べてますね。

95 :名無電力14001:2007/01/17(水) 22:01:07
>>94
そうですね。私が新聞などでは見たことのない資料がいくつもありました。
もしよければ資料からもう一つ。
〔廃棄物処分場とペットボトル〕
ペットボトルを普通に捨てる場合の廃棄物量比を1とすると焼く場合は1/25、リサイクルすると3
さっきから長文失礼しました。

96 :名無電力14001:2007/01/17(水) 22:36:47
異常気象:おおまかで説明)過去、近年に見られない現象が定期的に、毎年、頻繁に起こるようになるとか。

97 :名無電力14001:2007/01/17(水) 23:51:59
>>90
そのデータは武田邦彦氏のものですね
武田氏の主張には多くの反対意見が出されています
一番の間違いは、「コスト」=「エネルギー量」だとしている点
詳しくはリンク先参照
武田邦彦氏著「リサイクルしてはいけない」のおおいなる問題点
http://www.kankyoshimin.org/jp/library/takeda/index.html

98 :名無電力14001:2007/01/17(水) 23:56:54
追加
市民のための環境学ガイド
「リサイクルしてはいけない」武田邦彦著 
http://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/NoRecycle.htm

99 :名無電力14001:2007/01/17(水) 23:58:06
>>86

誤解させてしまったようなので訂正します。
『異常気象はありえない』ではなくて『"温暖化"による異常気象の"頻発"はありえない』が正確です。どうもすいませんでした。

『現在、日本のみならず、世界中で異常気象が頻発してますが?? 』
マスコミを通してよく見られることだが……。

・[異常気象が"増加"している]というのは乱暴。というのも(日本の場合)地域によって差が激しく、地域を指定しないと何とも言えない。全体的には著しい増加は見られない。
・そもそも意外なことだが、異常高温(低温)や異常多雨(少雨)は呼び名とは裏腹に、2年に一回以上は起きてる、いたってありふれた出来事である。

(↑異常高温などの定義については省略。機会があったら書き込みます。)

・驚くべきことに(?)温暖化脅威説で言われている異常気象による災害(20年に一回の頻度)が"頻発"する確率は減少している。
・温暖化脅威説が想定している"異常気象"というのは発現確率が0.27%未満(超異常気象)の災害が頻発する稀現象をいう。

(↑具体的には『気候の体制の変化を伴うような現象』)

>>85でも述べたが異常気象は"温暖化"が原因だと一概には言えない。
・仮に最近になって旱魃や豪雨などの自然災害を含む"異常気象が頻発"しているという事実があるならば、まず個別の気象現象についてその物理的な背景を検討すべき。

<最近の(世間でいう)異常気象の物理的な原因については必要性があるにも関わらず解明にいたってない。>

>>85の続きになるがありもしない異常気象の頻発や温暖化は問題ではない。真の問題は………これもまた後でね。あっ、リサイクルが実は逆効果という話も後でしますね。

100 :名無電力14001:2007/01/18(木) 01:10:29
>>97
もう資料元が分かってしまうなんて凄いですね!ありがとうございます。リンクの所じっくり読んでみます!!

101 :名無電力14001:2007/01/18(木) 01:52:04
>>99
例)日本が何ともなければ世界、地球は何ともないと言えるのか?

異常気象が起こるのは温暖化“だけ”が原因じゃないけど、要因ではある。

そもそも温暖化は、現在に至るまで長年にわたる人間による
環境破壊、自然破壊が引き金になってる。
最近の著しい環境変化はそれのツケ、結果。

102 :名無電力14001:2007/01/18(木) 03:36:34
さっさと具体的な「異常気象」とやらと
それを「異常」と呼ぶ理由をUPすべし。

103 :名無電力14001:2007/01/18(木) 04:59:55
それより温暖化防止に役立つ行動をしようよ。
最近レジ袋有料化されてきてるとこがあるから、俺はスーパー行くときマイバッグを持って行こうと思う。
小さなことからコツコツと。

104 :名無電力14001:2007/01/18(木) 13:55:00
>>101

『日本が何ともなければ世界、地球は何ともないと言えるのか? 』

→あくまでも日本を例に出しただけです。>>99で述べたことは世界全体にいえますよ。

『そもそも温暖化は、現在に至るまで長年にわたる人間による 環境破壊、自然破壊が引き金になってる。 最近の著しい環境変化はそれのツケ、結果。』
→『人間による』というがCO2のことを言ってるのですか?CO2は科学的根拠はありません。これはほぼ確実。>>40を見てください。きっと視野が広がるはずです。>>40以外にも理由はありますがこれは次の機会で。
温暖化の真の原因(最も有力な説)も次の機会で。

現在の真の問題は温暖化ではありません(>>68>>69>>70参照)。

直視すべきはかつてない規模と速度で進行している世界的な森林の破壊、農地の破壊、砂漠化、焼畑による森林の消失、水質汚染という人間社会に直接・物理的な生態系の破壊の問題であり、これにどう取り組むかが大切ですね。

※リサイクルの逆効果についてはまた後でね。
※『異常気象』の定義もまた後でね(温暖化脅威説が想定する異常気象については>>99に記述)
※異常高温(低温)、異常多雨(少雨)についての定義もまた後でね。

105 :名無電力14001:2007/01/18(木) 16:15:10
理屈ばかり並べてるけどさー

>現在に至るまで長年にわたる人間による 環境破壊、自然破壊が引き金になってる。最近の著しい環境変化はそれのツケ、結果。
>世界的な森林の破壊、農地の破壊、砂漠化、焼畑による森林の消失、水質汚染という人間社会に直接・物理的な生態系の破壊の問題

それが人間による環境破壊、自然破壊のことだろ!

用するに地球にとって人間が一番、害w

106 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/18(木) 19:52:07
>>104   >CO2は科学的根拠はありません
お利巧そうなことかいてもこのひとことでどっちらけ

 化石燃料をまだまだドン使えなくては社会が大変なことになる、
やっていけるわけないとの思いが先行してしまってるんだ

107 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/18(木) 19:53:01
 ドンーーー> ドンドン

108 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/18(木) 19:55:46
温暖化防止をまじめに考える

日本の非発電エネルギー使用はほぼ化石燃料に頼ってるわけだが
非発電エネルギ使用は総エネルギーの60%あるといってもそのうち25% (総エネルギーの25%)は運輸、要するに車
これを電気化、走行距離の低減、モーダルシフトの三つでいって、低エネルギ化するともに
基本的脱石油を果たす .これで25%の使用エネルギーのうち化石燃料分の削減が15%近くおこなえるだろう
非発電エネルギー使用の60%のうち40%を削減しなければならにとすると、あと25%だが、民生部門のうち消費が多い暖房と給湯を着目、うち暖房はある方法で低エネルギー化する(若干寒いだろう)とともに
非化石燃料化する.給湯も準ずる、ここで残り民生部分合わせて10%いくと削減目標の残りは15%、其れを産業部門でなんとかすると(60%のうち)40%削減つまり3分の一にできる

化石燃料使用を3分の一にというのはできないわけでないが非常に大変だ.俺は電力部門は死力を尽くして温存し、
化石燃料が大部分を占める非発電部門に電気エネルギーを若干使って補充しつつ何とかしようといってるわけだが
第一の焦点は自動車なのは明らかだ





109 :名無電力14001:2007/01/18(木) 20:25:24
>>103
えらいね。

おれは、よっぽどの必要性がないなら
自動車(マイカー)を購入しない、運転しない!と決めている。

110 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/18(木) 22:20:54
>>108 >>109 電気化される乗用車とはちっこくてのろい車、電気での走行4ー50km
そして田舎の人だけ限定だったりして

111 :名無電力14001:2007/01/18(木) 23:52:16
>>105少しややこしくなるが……。

『現在に至るまで長年にわたる人間による 環境破壊、自然破壊が引き金になってる。 最近の著しい環境変化はそれのツケ、結果。』

→うんうん納得。全くその通りだと思う。自分もそういったし。ただ、引き金とか環境変化、ツケってなんのことだろうと思った時、あなたは>>101の時にはこう言ってるよ。

『"そもそも温暖化は”、現在に至るまで長年にわたる人間による
環境破壊、自然破壊が引き金になってる。
最近の著しい環境変化はそれのツケ、結果。』

→似てるようで違うね。『そもそも温暖化は』……温暖化のことを説明してるんですよね??『現在に至るまで長年にわたる人間による』……温暖化の引き金は"人為的"だと言ってるんですよね??うちが勝手に誤った解釈してたらごめんなさいです。

しつこくて恐縮なんですが、私が繰り返して言ってるのは『CO2温暖化説は信仰であって科学ではない』『温暖化は脅威ではないし環境問題でもない』『温暖化は人為的なものではない』ということです。

そして自分が>>104で言った危惧すべき環境問題はこれです。
『世界的な森林の破壊、農地の破壊、砂漠化、焼畑による森林の消失、水質汚染という人間社会に直接・物理的な生態系の破壊の問題』
→これは温暖化とは全く関係ないですよ。
>>105の二つの意見は似ていますが、問題の"焦点"が違うのでニュアンスの履き違いには注意してくださるようお願いします。揚げ足取りみたいですみません。

『それが人間による環境破壊、自然破壊のことだろ!』
→さっきの文の続きから読むと環境破壊、自然破壊のことと温暖化のことを混同してる気がします。繰り返し言うように両者に因果関係をつけるのは難しいことです。

『用するに地球にとって人間が一番、害w』
→深く同意。自分も何か出来ることないかなぁって本当思うよ。ただ"温暖化"は人間よる害ではないよってのがうちの主張。これでうちの立場解ってもらえたかな。

112 :名無電力14001:2007/01/19(金) 00:08:06
お前、メンドクサイ

113 :名無電力14001:2007/01/19(金) 11:59:44
>>111 はお利巧馬鹿

114 :名無電力14001:2007/01/19(金) 13:23:05
牛の飼育は、クルマよりも地球温暖化ガスを作り出してしまうらしい。
クルマを利用しないことは難しいけど、牛肉や牛乳を摂らないことは簡単だね。

ttp://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=20772

115 :名無電力14001:2007/01/19(金) 13:31:22
  おまえ牛のげっぷの話してるのか 00だなあ

116 :名無電力14001:2007/01/19(金) 14:58:12
>>112-113は単なる馬鹿。w

117 :名無電力14001:2007/01/19(金) 15:17:48
>>116 CO2は温暖化の原因でないという厨房向けほら話を本気にしてるの??

118 :名無電力14001:2007/01/19(金) 16:29:09
>>117
二酸化炭素原因説が仮説に過ぎないって事実を知らない厨房?w

119 :名無電力14001:2007/01/19(金) 20:12:38
機械的に動作してるだけの今の信号機では燃費悪化、環境破壊は必然。
車が来てはじめて青にすべき。車の来ない脇道はセンサー式がいい。
地方に行くと車もいないのにずっと赤で止められる。
これほどバカバカしいことはない。
全国で考えるととてつもない無駄が発生してる。
前々からみんなもいらだってたはず。
こんなこともすぐ出来ない組織ってなんだろう。



120 :名無電力14001:2007/01/19(金) 20:51:15
牛のゲップすなわちメタンガスは二酸化炭素の21倍の温室効果がある、しかしゲップどころではない、二酸化炭素濃度と地球の年平均気温は比例して急上昇している。
この上昇によって永久凍土に含まれるメタンが放出されると温暖化はさらにすすむ。温暖化はもうとめられないところまできている。
温暖化の暴走はすでに始まっている。北極が夏場氷がなくなる日も近い。旱魃、場所によっては洪水、海水温度の上昇による台風の大型化、冬の低気圧の大型化など異常気象は日常になる。
すでにみんな気がついているはずだ。人類は50年後は生きていけないかもしれないのだ、いやひょっとしたら10年後かもしれない

121 :名無電力14001:2007/01/19(金) 21:45:58
>>119
信号は車の流れを止める働きもしてるんだがな。特に深夜は飛ばす奴が多くて
裏道からの飛び出しも多い。下手に信号は変えられない。

122 :名無電力14001:2007/01/20(土) 00:14:49
環境って、誰でも「考えなきゃいけない」(もはや、考えないやつは死んでいい、
ってくらいの状況だと思っている)ことだと思う。
その中でも、主婦は考えていて当然だと思っている。

が、しかし、既婚女性板には、エコライフに関するスレがまったくない。
ありえるか?
できているスレといえば、くださねぇエロ話、不倫してるやつのブログの話、
芸能人の話、血液型を叩くスレなどなど。
このクズどもが、いちばん地球環境汚染を早めているような気がしてならない。

123 :名無電力14001:2007/01/20(土) 00:16:24
>>118
CO2が温暖化原因じゃないとしたら、原因はモマエの息だろうな。


124 :名無電力14001:2007/01/20(土) 00:35:53
>122
大半の既婚女性は2ちゃんに書き込みしていない
見てもいない

125 :名無電力14001:2007/01/20(土) 00:37:51
私は電気を使って、この書き込みをしています。矛盾してますよね。みなさん近代文明なしで生きられますか?衣食住だけでいいのですか?近代文明は地球をまもない。

126 :名無電力14001:2007/01/20(土) 00:46:50
ようは産業革命以前の生活にもどる必要あり。マンパワーの農業ができますか?世界の全てが納得できますか?しかしそれをしないと人類は終る。終わってもいいと思う。人間は罪深い。本当は温暖化よりオゾン層破壊のが深刻

127 :名無電力14001:2007/01/20(土) 03:11:41
CO2を減らす物質をつくる巨大機械や 他の物質に変える巨大機械 をつくれませんか? 専門家の方お願いします


128 :名無電力14001:2007/01/20(土) 03:19:07
巨大CO2変換機 巨大CO2削減機 巨大オゾン修復機 研究者や専門家の方お願いします

129 :名無電力14001:2007/01/20(土) 03:28:19
ヘリコプターから植物のタネをばらまくのもいいと思う

そうすれば森林がすぐにできると思う


130 :名無電力14001:2007/01/20(土) 03:36:56
袋詰めの肥料付きのタネばらまく 私本気です みんなも提案してよ

そうすれば関係者が少しは参考にするだろ

研究者 専門家 関係者 たのむで

131 :名無電力14001:2007/01/20(土) 03:59:30
億馬鹿か。w

132 :名無電力14001:2007/01/20(土) 07:16:14
石油の採掘所で塔の上で燃えているのって天然ガスなんですね。
それを回収すればすごい量になるしCO2も減るらしい。(コストがかかるらしいが)


133 :名無電力14001:2007/01/20(土) 08:35:56
とりあえずレジ袋有料化はやめてくれよ ゴミ出せなくなるよ
でかいゴミ袋なんか置けないよ  銀行やパチンコ屋のエアコン
のほうが問題だろ 結局レジ袋みたいなのドンキかホームセンターで買わなきゃ
いけないんだから  企業に協力求める前に消費者的にするなよ

134 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/20(土) 09:40:06
>>131 どれが億だって言うの??俺はコテはずしてないぜ

135 :名無電力14001:2007/01/20(土) 10:16:40
>>115>>120
牛というのはなにもゲップだけの問題じゃないんだけどね。
糞尿からも大量のメタンガスが出るし。
それに、エネルギーの消費(=CO2排出)は牛の飼料となるトウモロコシや
大豆用の化学肥料や農薬の製造から始まっているからね。
世界で生産される穀物の3分の1は家畜の飼料だそうだよ。

とにかく食肉や酪農製品の生産、加工、流通、保存・・等々は莫大な
エネルギーと穀物の無駄使いによって成り立っているということ。
あ、あと、中南米の森林(アマゾン等)減少の主な原因も牛の放牧と
家畜用飼料のための大豆の栽培なんだよね。

だからなるべく加工度が低くて近場で生産された農産物を選び、
肉より天然の近海魚等を食べることがエコなんだよ。

136 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/20(土) 10:21:24
  農業活動からも多少のCO2がでるのは知ってますが

>世界で生産される穀物の3分の1は家畜の飼料
この分のCO2発生量は全世界の化石燃料消費からのCO2発生の何%くらいになるんですか



137 :さば街道:2007/01/20(土) 16:39:02
地球温暖化でCO2の削減が世界の大命題になっているが、排出を0にすることが不可能であるならば別の方法を考える手もあるのではないか。
いわゆる発想の転換というやつ。水は酸素と水素の化合物だし、CO2すなわち二酸化炭素は、酸素と炭素の化合物。
H2Oが分解できるようにCO2は分解できないものか。石油すなわち炭化水素物が酸化して二酸化炭素になるならこれを還元して炭化水素と、酸素に分解する事ができれば
化石燃料に頼らずに燃料のリサイクルが出来るのではないかなどと単純に考えるのだが・・・・。

138 :名無電力14001:2007/01/21(日) 09:28:00
おい! 研究者、専門家、関係者! ↑ 137を参考にしろ! 少しは頭ひねって頑張ってくれよ!

139 :名無電力14001:2007/01/21(日) 10:41:44
>>137
小学生の発想だな

140 :名無電力14001:2007/01/21(日) 10:48:20
放射能除去装置ならぬ、CO2除去装置などつくれんのか?

141 :名無電力14001:2007/01/21(日) 11:04:12
オイ! 研究者、専門家でてきて、具体的に答えろ!
布団の中で丸くなってんじゃねぇよ!

142 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/21(日) 11:12:53
>>137 CO2除去装置などつくれないよいまだにどこでも話題になってないからちょっと考えればわかるだろうが

無理に作ろうといしてもも除去にもとのCO2元が出すエネルギ以上のエネルギーを食ってしまうから意味ない

143 :名無電力14001:2007/01/21(日) 11:15:11
>>137
温暖化が人間が出した二酸化炭素の為と言うのは数値気候シュミレーション
の結果であって、シュミレーションのパラメーター自体がそうなっているから
であって、真実かどうかは疑わしいところがあるよ。
仮に、温暖化が二酸化炭素のせいだとして、対策として、二酸化炭素を減らす
ことなんて、容易でないよ。 原子力発電所の建設だって、何十年の話しだし、
人間の活動に影響を与えないで、減らすことなんて困難。

温暖化の原因が何であるにしろ、ほんとに困った時には、アルベド・コントロール
が一番現実的だし、クイックだし、容易だよ。 アルベドっていうのは太陽光を
地球が反射させる割合の事。地球は 0.3だけど、森林の 0.1から雪や氷の0.8
まで幅がある。火山が噴火すれば気温が下がると言う事実があるし、氷が溶け出し
て、地表が出てくると解氷が早いというのは、みんなアルベドの変化なんだよ。
すなわち、アルベドを増やしてやれば、気温が下がるんだよ。 アルベドの効果は
温暖化ガスの効果どころでなく、気温に与える影響ははるかに大きいんだよ。
アルベドを上げる方法としては、道路や大地を白くしたり、建物の屋根に反射板を
つけたりするだけで効果が出てくるし、自動車をホワイト色に限定するのも良い。
大気にエアロゾルをまくという方法はより効果的。エアロゾルによる反射や雲が
できることによる反射がアルベドを上げるんだよ。もっと、極端な例では地球と
太陽の間に何か光を遮るものを置くという方法もある。
このアルベドについては、当然に数値気候シュミレーションに反映させなきゃいけ
ないんだけど、まだまだ分かって無いところが多いいから、是非に研究を進めて
貰いたいね。 でも、温暖化対策としては、アルベド・コントロール以外には現実的
でないことだけは確か。



144 :名無電力14001:2007/01/21(日) 11:18:07
最近、あちこちの板の温暖化スレに億が居るな。
名無しでも億の書き込みは一発でわかるw

145 :名無電力14001:2007/01/21(日) 11:23:35
CO2が原因だってー!?
太陽熱が原因だとばっかり思ってたw

いくらなんでもCO2で大気の温度が上がるなんて、幼稚園児でも理解不能だろ、常識的に考えて

146 :名無電力14001:2007/01/21(日) 11:29:57
最近は学校で温暖化の授業やってないのか?これもゆとり教育か?

147 :名無電力14001:2007/01/21(日) 11:35:17
>>144
石油板の億といっしょにしないでくれ。あっちは、幼稚なんだから。

環境省のHPにもアルベドの話はのってるんだよ。

>アルベド・コントロール
>温暖化を相殺するために太陽から入射するエネルギーを遮ってしまうという方法
>も考えられているが、他の悪影響のリスクも大き過ぎる。
>温暖化を相殺するために太陽から入射するエネルギーを遮ってしまうという方法
>も考えられなくはない。火山噴火で2〜4℃近くも気温が低下するように、人工的に
>成層圏に二酸化硫黄の霧を撒くとか、地球と月と太陽の引力がバランスする宇宙
>空間に太陽光を遮るものを浮かべることなどが考えられる。少ないコストで済むと
>いう試算もあるが、他の地球生態系への悪影響というリスクが大き過ぎ、実用化は
>考えられない。

実用化は、考えられないと書いてあるけど、研究が進めば可能って事なんだよ。
実際、数値気候シュミレーションにはアルベドにかんするパラメーターが絶対に
必要なのに研究が進んでないから、二酸化炭素のせいにされたりしてる訳。
太陽熱をアルベドの変化で評価すれば、アルべドの影響が非常に大きいことが
わかるよ。

148 :名無電力14001:2007/01/21(日) 11:38:57
アルベド・コントロールなど今の技術でも実用化が可能だが、未知の影響力を
考えると実行できないね。下手に手を出して氷河期になったら洒落にならん。
そもそも、未だに温暖化の原因がCO2によるものか確認できてないんだから。
学者共はいったい何をしてるのかと。

149 :名無電力14001:2007/01/21(日) 13:14:24
↑ いい感じの書き込みが増えて来たな。 こういうのを書き込んでもらいたいよ。 勉強になるよ。布団なかでヌクヌクしてる奴もでてこい! 丸くなってんじゃねぇよ! マルちゃんかよ

150 :名無電力14001:2007/01/21(日) 13:24:48
>>148
まぁ、CO2の原因かどうかを明らかにさせるほうが先だけれども。
原因が分からないまでもいよいよ温暖化の影響が大きくなってきたら、
回収可能な遮蔽からはじめたらよいと思う。

151 :名無電力14001:2007/01/21(日) 13:26:52
>>148
まったくもって同意。
CO2が原因かもしれないから、
今やっていることは無駄とはいわないけれど、
そうでないかも知れない、
という事を少しでも考えて欲しいものです。

結論を早く出せ、とは言えないけれど、
せめてあくまでも仮説である事は明言すべきだと思うのですが。

152 :名無電力14001:2007/01/21(日) 13:28:36
ageてもうた・・・スマソ

153 :名無電力14001:2007/01/21(日) 13:49:43
コンピューターはいくら高性能でも知能じゃないんだよ。パラメーターが同じなら
何度ランさせても答えはまったく同じになる。 数値気候シュミレーションでも少ない
パラメーターで 二酸化炭素と温暖化に相関があるとしたから、将来予測でも二酸化
炭素が増えれば、気温が上がるという結論になる。 初めから、設定がそうなっている
から二酸化炭素が悪者になる訳。 実際には、雲の影響だって、太陽光を反射するから
気温を下げるのか、水蒸気の吸収帯が太陽熱とあっているから気温が上がるのかさえ
分かっていない。 今のシュミレーションは 何百KMの格子の集合だけど、雲の大きさ
は、非常に小さいわけで、評価ができていない。こんなシュミレーションの結果を鵜呑み
にする方がおかしよ。 それより、地道な研究が先だよ。 最悪時には、アルベド・コント
ロールがあるんだから。

154 :名無電力14001:2007/01/21(日) 13:58:17
地下で暮らせばいいんじゃないの?

155 :名無電力14001:2007/01/21(日) 14:10:19
ドラゴンボールがあるから大丈夫

156 :名無電力14001:2007/01/21(日) 14:49:34
154と155はくだらねぇ事言ってんじゃないよ。 ゲンコくれますよ。 ゴッツン、ゴッツン

他の方、ためになる書き込みお願いします

157 :名無電力14001:2007/01/21(日) 15:05:28
IPCC第三次評価報告書〜第一作業部会報告書 気候変化2001 科学的根拠
政策決定者向けの要約(気象庁訳)
ttp://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/ipcc_tar/spm/spm.htm

158 :名無電力14001:2007/01/21(日) 15:54:49
>>157
過去のトレンドは、科学者の英知でシュミレーションと実際が合うようにしました。
合うようにする為には、人間要素が必要でした。それも二酸化炭素に注目して
みました。
でも、将来は、「1990年から2100年までの間に1.4〜5.8℃上昇すると予測される。」
と書いてあるように幅があります。って言った所か。
20世紀中の気温の上昇が0.6℃ってかいてあるけど、こんなもんで氷の面性が
減ること自体、理解できない。 もともとマイナスの世界であり、氷の融点は、ゼロ℃
以外に変わりようがないのに。また、将来的な二酸化炭素濃度を何ppmで安定させ
なければならないのか全然分からない。1000Pppmなら現在より倍増させても
問題がないのか、ちっとも分からんな。

159 :名無電力14001:2007/01/21(日) 16:01:31
×もともとマイナスの世界であり

160 :名無電力14001:2007/01/21(日) 19:13:17
うちのほうも最近、発砲トレイに加えてプラスチック類もリサイクル用に分別回収やるようになったんだが
実際分別して出そうとすると、プラ製の包装にいちいちシールが張られてて綺麗に剥がせないってことが多い。
アイロン当てると綺麗に剥がせるのかもしれないが、販売店やメーカーももうちょっと考えて欲しいなと思ったりする。

161 :名無電力14001:2007/01/21(日) 19:14:35
ごめん、プラスチックのスレにカキコしようと思ったら誤爆してしまった。

162 :名無電力14001:2007/01/21(日) 19:47:25
ポチ君が帰ってきたみたいだよ
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/earth/1011681483/

163 :名無電力14001:2007/01/21(日) 20:33:01
素朴な問題。
1火力発電所の煙突に電動機械をつけ、発電電力の一部で二酸化炭素を固定。
2同じように発電電力の一部で海水を淡水化し、砂漠にまいて植物を育てる。
3同じように発電電力の一部で化学肥料を作り、栄養に乏しい外洋に薄く散布する。

どれが、発電所がまず起こす電力から、それが出す二酸化炭素を
全部処理するのに必要な電力を引いた場合の電力が一番大きい?
それとも、どれも電力でかえって損になってしまう?

164 :名無電力14001:2007/01/21(日) 20:35:12
ブッシュは、昨年の一般教書演説では、脱石油を掲げたけど、今週の
火曜日の一般教書演説では、温暖化の対策とバイオ・フュエルの重要性を
言うらしい。 ブッシュは温暖化対策がビジネスになることが分かってきたようだ。

また、2008年の次期大統領選では、温暖化への取り組みも焦点になると言われて
おり、民主党は、オバマもヒラリークリントンも既に温暖化対策の重要性を言い出し
ている。 昨年の12月は世界の平均気温が観測史上で最高だったこともあり、
住民の関心が高いが、間違った方向にいかないか心配なところがある。

ゴアの「不都合な真実」の映画を見たが、ゴアのパネル講演をメインにしたドキュメン
タリーでありながら、氷河の崩壊やハリケーンの被害などセンセーショナルな動画を
多用し、ピュアな人間を温暖化問題に感化させる内容になってり、二酸化炭素の
増加を防がなくては、という偏った内容にうつった。

165 :名無電力14001:2007/01/21(日) 20:36:10
CO2温暖化否定論 環境省の反論は『幻』
ttp://env01.cool.ne.jp/frommanager/fm2006_7.htm

166 :名無電力14001:2007/01/21(日) 20:50:18
>>163
発電所の排ガスから二酸化炭素を回収するのが一番現実的だよ。
既に、日本でも三菱重工が技術を持っているよ。高温の排ガスから
選択的に二酸化炭素だけを吸収する吸収液がキーになってる。

米国では、自動車から排出される二酸化炭素を回収するより、大型の
発電所から二酸化炭素を回収したほうが、余程、効率的で安価だと言わ
れている。石炭発電所の排ガスから二酸化炭素を回収して、回収した
二酸化炭素は地中に貯蔵する計画があるよ。米国では、もともと原油
等の油井に二酸化炭素を押し込んで油を回収するEORという技術がある
ので、油の出なくなった油井に押し込むのが現実的。カリフォルニアでは
石油大手のBPが石炭ガス化で二酸化炭素を回収し、更に石炭ガスの
改質で水素にして、この水素で発電する水素発電所の計画もある。
石炭を燃料にしながら、まったくのクリーンな発電所になるわけ。

167 :名無電力14001:2007/01/21(日) 21:42:05
なんで、人類が生き残る必要があるんだい?

168 :名無電力14001:2007/01/21(日) 22:04:24
>>166
素人考えなのだけど地中処理って、地震などで何かの拍子に閉じ込めたはずのCO2が噴出して、
大気中に放出されないのかな?
(たくさん地下に貯めるほどリスクが高まるような・・・・)

169 :名無電力14001:2007/01/21(日) 22:40:23
気候モデルの仕掛け
ttp://www.geocities.jp/obkdshiroshige/ondanka2/zondanka2.htm

170 :名無電力14001:2007/01/21(日) 23:14:38
ベストではないが原子力への依存度を引き上げるのが当面の現実的戦略だろう。

171 :名無電力14001:2007/01/22(月) 20:16:11
>>168
二酸化炭素は、圧力があれば液化するし、地下水には解けて
炭酸になるし、岩石と反応すれば炭酸塩になるらしいけで、
安全性の問題は、これからの研究によるみたいだね。

172 :名無電力14001:2007/01/22(月) 20:29:32
おーい!書き込みがすくねぇぞ! 学者!コタツでヌクヌクしてんじゃねぇぞ!餅なんか食ってポコチンイヂッてんなよ! 出て来い! 三菱重工関係者もでてこい! コニヤロ

173 :名無電力14001:2007/01/22(月) 20:30:54
>>170
炉心のメルトダウンの心配の無い安全な原子力があるよ。
ペブルベッド型原子炉 PBMR (Pebble Bed Modular Reactor)という
もので、南アフリカで導入されてる。 日本の三菱重工も作れる。
こういうのが普及しなきゃいけないのに、日本じゃ、プルサーマルだとか
高速増殖炉「もんじゅ」だとか、危ないのばかり。

>PBMR:Pebble Bed Modular Reactor
>原子炉から出る熱で放射化しないヘリウムガスを高温に熱し、そのガスでタービン
>発電機を回す。耐熱性に優れた被覆燃料を採用しているため、炉心を傷つける
>心配もない。地域性・環境問題・安全性に着眼したPBMRは南アフリカのみならず、
>電力不足に悩む世界各国にて需要が期待されている。

174 :名無電力14001:2007/01/22(月) 20:49:38
今日本にある稼働している原発を全てそれに替えることは不可能?

175 :名無電力14001:2007/01/22(月) 21:40:40
>>174
今現在の、日本の稼動原子力は 55基で 4760万kw。 平均で 87万kwだけど、
最新の原子力は 大型化してきて、1基で 150万kwってのもある。 電源構成に
占める原子力は 現在 30%だけど、2030年見込みで 41%だから、まだまだ
増やす必要がある。 PBMRは容量が大きくても30万kwだから、大型化には
なじまないところがある。 日本じゃ、環境的に大型のもので数を少なくしないと
導入が進まないから、小型のものを分散するのは難しいんじゃないかな。

世界の原子力の状況は PRISが参考になるよ。 日本の原子炉も1基毎の情報が
見れるんだけど、今、サーチが利かなくなってるみたい。
http://www.iaea.or.at/programmes/a2/

176 :名無電力14001:2007/01/22(月) 21:41:00
新しい技術は必ずその技術に付随した新しい未知の問題を引き起こすものだ。
闇雲に新技術を賞賛するのでなく、現在の手持ちの技術で何が可能で何が出来ないか、
常に検証することも大切だ。

177 :名無電力14001:2007/01/23(火) 23:53:59
京都議定書の日本の目標は、2010年で、1990年比で 6% 削減だけど、
以外に知られていないのは、この中に 1.6% の京都メカニズムが入って
いるところ。 これは、海外での二酸化炭素削減を政府が買うという事。

いよいよ昨年当たりから本格的に CDM (クリーン開発メカニズム)が
始動してきて、今日の新聞によると海外案件が 100件になったらしい。
これって、完全なビジネスなわけで、儲かるのは商社だったり、重工
メーカーだったりする。 表向きは、日本が途上国に省エネの技術供与
を行う形だけど、政府が買うんだから、結局は我々の税金が使われる。

日本の国内では、自動車の燃費向上やトップランナー家電等の省エネ
の促進で、二酸化炭素排出量は 2030年には 1990年レベル以下になる
のが見えているのに、今の時点で、二酸化炭素の削減を買うのは如何な
もんか。 儲かるビジネスに加担しているようなものだ。

178 :名無電力14001:2007/01/24(水) 00:24:12
2001年のIPCC報告以来の報告書が来週当たりから出てくるらしい。
人間による温暖化の確実な証拠が記載されているんだって。
"explosion of new data" 新しいデータが提示されるらしい。

過去30年間は、過去数千年の間で最も気温が高くて、1901年から
2005年で 1.5F気温が上がって、2005年と1998年が最も高い気温で、
アメリカでは 2006年が一番気温が高かったらしい。

179 :名無電力14001:2007/01/24(水) 13:36:29
一部
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070123it07.htm

180 :名無電力14001:2007/01/24(水) 20:10:50
ブッシュがやってくれました。 一般教書演説で、2017年までにガソリン 20% 削減
だって。 二酸化炭素削減の意味もあるらしいけど、僅か、10年で、20% 削減なんて
ありえないよ。 レームダック化して、受け狙いかな。 
食べ物になるコーンで、エタノールなわけで、食糧難の人たちが怒るぞ。
自動車の燃費向上では、ますます日本車が優位になるね。

>読売新聞 1/24から
>ブッシュ大統領は、輸入石油への依存が「敵対国やテロリストに対し、米国の脆弱
>(ぜいじゃく)さをさらすことになる」と位置づけ、エネルギー安全保障の重要性を強調。
>2017年までの10年間にガソリン消費量を20%減らすという数値目標を掲げ、具体
>策として〈1〉エタノールなど代替燃料の供給を現行の54億ガロン(1ガロン=3・8リットル)
>から350億ガロンに拡大する燃料基準導入〈2〉乗用車の燃料消費を85億ガロン削減
>する燃費基準改正――を盛り込んだ。戦略備蓄を2027年までに15億バレルに倍増
>する計画も明らかにした。


181 :名無電力14001:2007/01/24(水) 20:30:03
>>180
なんだっけ、なんとかグラスって言う雑草からエタノールを作る研究を命じたらしいよ。
変な名前からアメリカのマスコミがちゃかしてるとか。ガソリン2割減らすんなら
燃費を2割よくすれば良いだけじゃまいか(^^;) それでなくてもアメ車は燃費悪すぎ。
燃費規制すると日本車のひとり勝ちだから民主党でもやらないだろうな。

182 :億kwの男 ◆BN8ofhI8Eg :2007/01/24(水) 20:38:12
  プラグインハイブリッド車は、一回充電でバッテリだけでは60kmくらい走るようなものが適当、
不可欠だといわれてます

 多くの乗用車ユーザーは1日4,50km走行が多く其れはカバーするプラグインハイブリッド車は、
乗用車の非石油化、ひいては温暖化防止に、すごく重要だと思われます

 ただし何千万台もの車がそうなるためにはそのための優秀なバッテリーの材料である
リチウムが絶対量がとてもたりないんではないかという危惧がある、車メーカーは困ってないか

 この問題はどうなるでしょうか、アメリカでも>>180>>181のように超重大問題だろう


183 :名無電力14001:2007/01/24(水) 20:39:01
ブッシュ親子、市ね

184 :名無電力14001:2007/01/24(水) 20:57:38
>>181
スイッチグラス(Panicum virgatum)ってやつ。
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=Panicum+virgatum&btnG=%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E6%A4%9C%E7%B4%A2
土留めようにアメリカの草原にたくさん生えている。 セルロース・エタノールの
技術が確立すれば、安価にエタノールができる。 MSのビルゲイツもセルロース
エタノールの開発会社に 8400万ドルも投資してるよ。 


185 :名無電力14001:2007/01/24(水) 21:46:28
スイッチグラスの刈り取り、輸送、エタノールへの生成の
エネルギーは加味してるんですかね。

186 :名無電力14001:2007/01/24(水) 22:05:31
素人が思いつくようなことはとっくに考えられてる

187 :名無電力14001:2007/01/24(水) 22:12:04
アメリカ人は車に限らず、無駄にエネルギーをたくさん使っている。

まず暖房がセントラルヒーティングとかで、家全体を暖めるところが多い。
年中エアコン付けっぱなしのところも多い。
それも日本のような効率の良い室外機別のものではない安いもの。
洗濯物は干さずに乾燥機。
クリスマス前にはカラフルな豆電球で家や庭を光らせる。

188 :ぶっしゅだいとうりょう:2007/01/24(水) 23:06:13
>>185
あ・・・、しまった・・・orz

189 :名無電力14001:2007/01/24(水) 23:24:07
>>184 バイオエタノールは、2割強くらいがいいとこだから中距離バス中距離貨物(遠距離貨物はモーダルシフト)にあてるだけで大変でほかにはまわらない
乗用車短距離バス貨物はもし走るとしたらプラグインハイブリッドでないとはしらないあるいはEV]

190 :名無電力14001:2007/01/24(水) 23:35:37
アメリカは、石油に依存してる割に、製油所は 30年も新設がないし、
既存の製油所の稼働率は 90%と高いし、100歳なんていう製油所もあるし
ハリケーンや停電や事故で止まるとたいへん。 備蓄は戦略備蓄だから
使えない。 日本は、アメリカに石油製品を輸出してるぐらいだし、
アメリカも脱石油していかないと危ないところがある。 温暖化と関係なく
脱石油は必要な状況になってるから、バイオの促進は順当なところかな。

>>189
アメリカでも エタノール20%混合のE20が、増えてきて、普通の車も対応
してるよ。 ブラジルじゃ、E20〜E100だし。

191 :名無電力14001:2007/01/24(水) 23:37:22
アメリカ人がトラックに乗るのをやめて2000ccまでの車に乗るようになれば
2割程度のガソリン消費削減は十分可能だろう?

192 :名無電力14001:2007/01/24(水) 23:48:47
アメリカ人にとって、ピックアップトラックは現在の馬車です。
でも、軽油でいんじゃないかな。

193 :億kwの男:2007/01/25(木) 09:04:23
>>191 かなり先の近未来 2割とかでなく石油のかなりを他に替
えるとなればバッテリーでは無理な中距離用にバイオマスを集中せざるを得ない

バッテリーではしれる分はバッテリーでということになるだろう
というわけさ

194 :億kwの男:2007/01/25(木) 09:07:27
>>191 かなり先の近未来 2割とかでなく石油のかなりを他に替
えるとなればバッテリーでは無理な中距離用にバイオマスを集中せざるを得ない

バッテリーではしれる分はバッテリーでということになるだろう
というわけさ

195 :億kwの男:2007/01/25(木) 09:08:34
  日本はどうするんだだろう

196 :名無電力14001:2007/01/25(木) 09:10:09
そんなことよりもっと考えるべきことがあるだろう。
たとえば『地球温暖化』だ。CO2排出量増加による地球温暖化は常識だね?
そう、常識だ。いや、常識だと多くの人々が思っている。
だが、実はCO2が地球温暖化の原因だという証拠は無いんだよ。
そもそも地球温暖化という現象は仮説に過ぎない。そう主張する人も少なくない。
ふっ、どうも私は口下手で困るよ。つまり常識を疑えということだ。

197 :億kwの男:2007/01/25(木) 09:10:10
>>193 は>>190

198 :名無電力14001:2007/01/25(木) 15:22:42
あんまり気分よくないけど、
航空機が飛行中に冷却作用のあるエアロゾル(硫黄酸化物なんかだろうけ)を、
意図的に放出する案も緊急避難的にはありなのかな。
オゾンの破壊で発ガンのリスクは増えるけど、それはうけいれるしかない。

199 :名無電力14001:2007/01/25(木) 19:40:44
ブッシュは、一般教書演説で、エタノール導入の目標を示した後に、
早速、セルロース・エタノールの研究所のツアーに出かけたんだって。
行動が、早いけど、イラク政策から世間の関心をそらす目的が感じられるね。
http://www.msnbc.msn.com/id/16792788/displaymode/1176/rstry/16792220/

エタノールの導入目標が2017年で350億ガロンだけど、キロリッターにすると
1億3200万キロリットルになる。 これって、ちょうど、日本でのガソリンの年間消費量
の2倍だよ。 すごい量だね。 

今のアメリカでのエタノール生産量は53億ガロンで、350億ガロンを更にコーンから
生産するとした場合に必要になる追加の耕作面積は 129,000平方マイルだって。
33万5千平方キロメートルの追加が必要になる。 日本の面積は 37万8千平方
キロメートルだから、日本の面積の約90%が必要になる広大な面積ということに
なるね。 まあ、将来は コーンばかりでなく、スイッチグラスや木材や農業廃棄物
からエタノールができるんだろうけど、こうやって考えて見ると、バイオマス日本とか
いってても、とてもじゃないけど、日本はエタノール大国にはなれないね。望みが
あるとすれば、お金の力で、ブラジルのサトウキビでエタノールを作って貰うぐらいかな。 

200 :名無電力14001:2007/01/25(木) 19:47:56
サトウキビ畑のために更なる森林の伐採なんてことにならないといいけどなあ。

201 :名無電力14001:2007/01/25(木) 19:50:24
外洋に化学肥料をまいて海藻養殖筏を設置し、
それを収穫してバイオエタノールにできないか?

202 :名無電力14001:2007/01/25(木) 19:56:15
>バッテリーでは無理な中距離用にバイオマスを集中せざるを得ない
近距離の人が中距離の人より高い値段を言えば、近距離のほうに回る。

>バッテリーではしれる分はバッテリーでということになるだろう
どちらが安いかで決定される。
サラダ油が安ければ、わざわざバッテリーなんか積まずにディーゼル車にサラダ油を入れるに決まっております。

市場経済だということを忘れてはならない。


203 :名無電力14001:2007/01/25(木) 20:28:51
>>201
日本は、穀物の超輸入国だから、コーン、小麦、大豆が値上がりすれば、
穀物を飼料にしてる肉も値上がり。 温暖化で、干ばつにでもなったら、
日本は、たいへん。 日本は、海洋国なんだから、海を利用したいよね。
海草で、海洋バイオ。 政府も沖縄で、サトウキビからエタノール作るより、
海洋バイオを研究にお金を使って貰いたいよ。


204 :名無電力14001:2007/01/25(木) 21:56:34
CCS技術って有望みたいだぞ

http://blog.drecom.jp/yamada_shuzo/archive/35

205 :名無電力14001:2007/01/25(木) 22:17:10
>>204
岩の隙間じゃ、そこらじゅうに穴を掘って、注入しないとダメっぽくて、
効率が悪そうだな。

206 :名無電力14001:2007/01/25(木) 23:11:12
中華人民共和国のCO2なんとか・・・。
あとSOx、NOx、黄砂、鳥インフルエンザ、衛星のくず・・・北朝鮮。



207 :億kwの男:2007/01/25(木) 23:17:01
>>202 世界がかなり必死で車用バイオマスを生産しても到底、全体量は足りないことに馬鹿無知であるなあ
かといって中距離バストラックは社会維持にある程度欠かせない

 そうなると乗用車用バイオマスはない、純粋な市場自由経済は物が豊富な範囲でしかできない

 

208 :名無電力14001:2007/01/26(金) 00:28:20
>>207
億としては、ブッシュの10年で20%のガソリン消費量を削減目標ってどう思うよ
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20341467,00.htm

209 :名無電力14001:2007/01/26(金) 03:38:01
そもそも食料が世界の人口に比して足りてないのにバイオマス原料なんか栽培してどうするんだ?
貧乏人は地球のために死ねってか。

75 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)